現在の閲覧者数: 2006年02月19日 - hatti元気の素 観劇 ミュージカル

hatti元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。

TOP > 2006年02月

『アンナ・カレーニナ』2・19 マチネ

『アンナ・カレーニナ』2・19 マチネ

皆様の見て来たよ~・・という声を聞きながらこの日を待っていましたようやくの観劇日ですアンナ・カレーニナ役・・・・・・・・・・・・・一路真輝アレクシス・ヴロンスキー役・・・・・・・・井上芳雄 コンスタンティン・レイヴィン役・・・・・葛山信吾 スティーバ役(アンナの兄)・・・・・・・・・小市慢太郎 キティ・アレクサンドロヴィーナ役(アンナの義理の妹)・・・・・・・・・・・・・・・新谷真弓プリンセス・ベッティ役(ヴロンスキーの従妹)・・・・・・・・・・・・・・春風ひと...

... 続きを読む

* by すもも

私もTBさせていただきました~

レイヴィン、私もはまり役だと思いました(笑)
なんだかよくわからないけど、あの髪型も好きです。
黒板アルファベットのシーンは明るくって救われました。

カレーニンが歌う歌にはぐっときますよね・・・あの歌を聴くまではひどいおやじだとばっかり思っていたのに・・・。

* by hatti
こんばんは~♪
カレーニンのあの歌あたりからやられて
涙を抑えるのが大変になりました v-409
1マイしかチケットが取れなかったのですが
もっと見たい舞台ですね  

* by sugar
先週行ってきました。
しんしんと降りしきる雪がよかったですね~。
一幕までは、(う~ん、それぞれに魅力的だし健闘してるんだけど、
何かもう一押し欲しい・・)と思いながら、観ていたのですが、
私も2幕の山路さんにヤラれました(T_T)

2幕の曲は、アンナがいなくなってから彼女の存在の大切さに
気付いた、というより、一幕の一見冷たそうにしてた時から
カレーニンは常に日々そう思っていたのね・・という
感じで切なかったですね~。
寝室に向かいながらの「・・すぐに来るか?」と尋ねた台詞と、
「いいえ」と言われた後の山路さんの間合いに、夫婦という関係の
中でのリアリティがすごく感じられて、あれは大人な場面だったなぁ・・
セリョージャへの厳しさに秘めた愛おしい思いとか、
アンナの死後、遺された女の子をとても可愛がってると語られてた
ところなどなど・・一幕の苦りきった抑えた芝居あってこそ、の
泣きどころ満載の山路カレーニンに、私も周りを気にしつつ、
鼻すすり禁じ得ず(笑)。
というわけで、今回一番期待していた初・山路さんには
大満足でした^^
ああいう愛溢れてるのに愛情表現がヘタで、実直不器用な夫、という
役どころで来られちゃうとね~(笑)。そこ、私たち弱いんだから(爆)。


* by hatti
雪は、特殊な人工雪?でしょうか
溶けて無くなってますよね
山路さん、かなり以前に禅さんご出演の『ムーラン・ルージュ』で舞台を拝見してるんです
今回はミュージカルなので、山路さんの名前をみて驚きました。しか~し(笑)蓋を開けて見れば 
男っぽい >愛情表現がヘタで実直不器用な夫 
という泣き所を責めてくる役作り 参りました~
アンナが出て行った後のセリョージャとのふれあいが、また魅せてくれます 厳しくても愛している事が
伝わりますね う~~また見たい!



* by うーさま
雪も素敵でしたね~。
ヴロンスキー伯爵は、やっぱり若さゆえの暴走だったのかなあ…、アンナを本当に「愛」していたのかなあ、とか後からいろいろ考えてしまいました。

私もTBさせていただきますね~。

* by hatti
> うーさま 様

TB有難う御座いま~す
チケ戦線が、厳しくてリピ出来ないのが残念です
雰囲気もよく、若さゆえの情熱が見えたヴロンスキー
目立ちますね。カレーニンも渋くて素敵でした(^^♪