現在の閲覧者数: 2006年11月24日 - hatti元気の素 観劇 ミュージカル

hatti元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。

TOP > 2006年11月

『マリー・アントワネット』11・24マチネ

『マリー・アントワネット』11・24マチネ

連日観劇になりましたが、土日出勤のかわりにお休みになったら・・ そりゃ劇場へ・・・ネ(笑)『マリー・アントワネット』禅ルイ16世陛下は、相変わらずキュートでしたよ革命を描いた舞台・・・狂った民衆の暴力で革命広場で処刑される『マリー・アントワネット』最後 自由~♪で幕が降りて・・・カテコ 誰にも笑顔はありませんこれは、役に入りこんで まだ戻れていないかの様です涼風マリー日を追う毎に、役に入り込んでいると感じさせます2...

... 続きを読む

* by tiro
山路さんが独自の色が出てきたような感じですね。
山口さんのロングトーンといい、次回楽しみです。
私も題名は「M.A」のままにして、もうちょっと二人の対比みたいなのをテーマに持ってきたほうが面白かったのではないかな??
と思いました。

* by hatti
> tiro さま
役者さんは、回を重ねる毎に、
練れて滑らかに・・・
観る方も慣れて違和感が薄れて(笑)
相乗効果もあるのでしょうか
山路さんのお遊びも好きです
カリオストロも、登場の意味が
あやふやながらメリハリが
出て来たようです

長編の原作・・・どこを切り口にするかで
作品も大きく変化しますよね?
もっと 『M・A』に焦点あてて
欲しかった。
無いものねだりでしょうか?

* by sugar
5ルイ目行ってきましたよ♪
今日の陛下はギヨタン博士のシーンでフリーズする時に
口を閉じて微笑んでました!(ここ、愛があっても
ちょっとキツかったので^^ホッ)
ヴァレンヌの後の爆発頭も普通になっててホッ(笑)。
禅さんはコミカルなシーン、かなりギリギリなバランス
です(笑)。何せ王妃様が依然としてかなり・・・なので、
陛下はやや抑えめな方が程よいかも・・。
最近そこが少しハラハラしたりもするのですが、まあ
大きなお世話ですね(笑)。
ボーさんの愚痴りの長さもちょっとギリギリです(笑)。

今日は芳雄くんのギリギリ具合(このギリギリは前者とは
意味が違いますが)がやや物足りなくて、自分の満足度が
かなりそれに影響されることが分かりました(笑)。
禅さんの鍛冶屋も塩田さん、もうちょっとゆっくり溜めて
指揮してほしいなあ(笑)。
王妃様は力が入りすぎてドラ声になったりドスが効きすぎて
しまったところがちょっと・・でしたが、断頭台前での表情
はそれまでのダメダメはまあいいや!と思えるくらい高貴で
威厳のある表情でしたね。
そしていつも(結局何考えてるかわからんよ~)という点が
消化不良感の新妻マルですが、こちらも断頭台まで来て
取り返しのつかない事態に加担してしまった自らの愚かしさに
呆然として後悔に震える表情が、それまでの数々の矛盾を
忘れさせました。
なんだかんだ言って、今日も納得して帰ってきてしまった・・。
騙されてるかなあ(笑)。

あ!立ち読みしたトプステはなかなかフフフでした^^

* by hatti
> Suger さま
5ルイ目お疲れ様です(笑)
28日のフリーズシーンの微笑みは
お口閉じ最新バージョンでしたね(爆)
1幕のコミカルシーンは、けっこう
とばしてる?かも・・と思う今日この頃です
~あなたを愛している~♪など
笑っちゃいけないけど少しだけWW
でも、あのシーンがあって2幕との対比が
生きてくるのかも知れません
ボーさんは、なんかのゲームのように
ひとつずつ何か増えてるような・・
塩ちゃん相手に・・どこまで長くなるのか?(笑)

新妻マルも、感情が見えてきたように
思いました~ 
同じくだまされてるかなぁ(笑)
 TOP・STAGE しっかりGET!
なかなかでしたね
あとは 月ミューに期待のhattiです。