現在の閲覧者数: 2007年04月の記事 - hatti元気の素 観劇 ミュージカル
fc2ブログ
プロフィール

hatti (はっち)

Author:hatti (はっち)
石川禅さん応援中!
劇団四季・東宝ミュージカル・・・時には宝塚
観劇大好きなhattiです 

記事に関係のないコメントは
削除させていただく場合が
御座います。ご了承ください。

石川禅さんのお仕事
石川禅さん
これからの予定

舞台******
ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年3月7日~29日
日生劇場
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月4日~14日
skyシアターMBS
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月19日~21日
愛知芸術劇場大ホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月26日~28日
久留米シティプラザ 
ザ・グランドホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月3日~4日(土)
熊本城ホール メインホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月11日~12日
高崎芸術劇場 大劇場
ニック役他

石丸幹二 
オーケストラコンサート2024
石丸幹二
東京フィルハーモニー交響楽団
2024年6月21日(金)
会場:東京芸術劇場 コンサートホール
ゲスト出演

舞台
ヒストリーボーイズ』
2024年7月20日(土)~28日(日)
あうるすぽっと
へクター役

********
Netflix
「モンキー・キング」
声の出演
“竜王"役 吹替=石川禅
2023年 8月19日より配信開始

Netflix
『氷がすべてを隔てても』
声の出演
アイナー役=石川禅 (3/2より配信開始)

Netflix
『サンドマン』
声の出演
第6話 吹替=石川禅

コンサート*******
★『石川禅 6th ソロ・コンサート』
2021年3月20日~21日
よみうり大手町ホール
※公演延期 ※

石川禅さんのプロフィール
FCについては
サイドバーのリンクから
ホリプロブッキング
エージェンシーへどうぞ
禅さんの舞台
石川禅さん次回は % 『COME FROM AWAY』
禅さん 出演公演
Blogランキング参加中です
見たよ 読んだよ ポチっとな!
よろしく お願いします。
4月の観劇予定

■『町田くんの世界』
■『銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件』
■『カラカラ天気と5人の紳士』
■『Le Mele~母~』
■こまつ座『夢の泪』
■『王様と私』
■『COME FROM AWAY』
大阪・名古屋
■『VIOLET』
■『デカローグ A/B』
■『アラジン』
■宝塚花組『アルカンシェル』
■『ハネムーン・イン・ベガス』
■『クロスロード』
■『Le Fils~息子~』
■『オペラ座の怪人』KAAT
■地球ゴージャス
『儚き日光のラプソディ』
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

『マリー・アントワネット』4・30マチネ

開演時間よりもだいぶ早めに着いた帝劇です
先ず、帝劇おにぎりお弁当を仕入れます
これが、なかなかのお気に入りなのですが
どちらにしますか?と聞かれ???
良く見たら種類が2種類で中身も4月と変わってる 
月替わりメニューらしい(笑)

そして売店で 例の錬金術師お奨めの
これさえあればあなたも幸せラムネ
買ってみました~ (^^♪
ramune

そしてプログラム、
舞台写真が、綜馬オルレアン&今フェルセン版に
なっていたので、こちらもお買い上げです(笑)
忘れてはいけない!
キャストさんの色紙が飾られてます
このためデジカメ持参ですよ(笑)

今日のキャスト(そしてこれも、パチリとね)
070430 cast

まだ18日に見たばかりなのですが、
細部でやはり微妙に違います

新妻マル
今日は怒りの度合いがすこし強め?
アニエスとの
今は勝利を祝う時・・・のシーン
~お説教はやめて!~あたりも強め
前回は、一瞬の迷いの表情があり
~あたしもう生徒じゃないわ~の台詞が
自分に対して言ったような感じを
受けたのですが、今日は
けっこう強気なマルに戻ってました

涼風マリー
バスティーユ事件のシーン
~彼等から逃げたりしない!~という
禅ルイ陛下に・・
~国王のお傍が私たちの居場所です~
と微笑みながら言うシーンが美しい!
このへんから、覚悟を決め、誇り高く生きる
2幕のマリーへの姿が見え始めると
思います

綜馬オルレアン候
私こそがふさわしい~♪のシーン
最後の決めポーズ 型が決まってきました
そして早めに塩ちゃんのあおりがあって・・・
オルレアン候も もちろんあおり 
拍手が大きくなって~
ボーマルシェが、もう~って感じで止める(笑)
この流れは定着するのか(爆)
群集の行進 アニエスの
~神が罰を与えますよ~の言葉に
命が危うくなり・・マルグリットが
止めに入るシーン
~あなたが貴族でないと言うのなら~
今日は、這ってこの台詞言ってました(笑)

今日の席が前方下手席だったので、
オルレアン候客席降りのシーン 
僅かな時間ですが、目の前で・・・睨んでます
 怖いですよ~(笑)

今フェルセン
回数を重ねるごとに、包容力のあるフェルセン
静かに燃える男です
涼風マリーと二人のシーン
肩を抱きとめる手に 力が入ってる!(笑)

山路ボーマルシェ
今日も好調・・というか元気に舞台を
駆け回り・・・休憩タイムのお喋りが
すこしだけ復活 塩ちゃんに
トーク・ショーネタでふってました
バスティーユ事件の時は、 
綜馬オルレアン候の投げた金貨の袋を
受け取り損ねました
回数のうちにはこんな事もありますね(笑)

祐様カリオストロ
首飾り事件のシーン
7つの悪徳を調合して・・・
その後後ろのほうで・・踊る?(笑)
黒いマントで後ろ姿でゆらゆら~
わかめを連想してしまうのだ(爆)
祐様ファンの方 ( TДT)ゴメンネー
娼館から~もしも~への登場
見逃しました~残念!
下手からは、見難くて・・・
気がついたら中央に来てました
今日は覗きポーズ あったのかな?
歌声はいつ聞いても凄いです~
劇場が震えるくらいに響きます

禅ルイ16世陛下
本日もほんわかルイ16世陛下でした
舞台登場のタイミングなどすっかり
わかっていますが、
動き・表情・・歌も、ぶれません
そう言えば・・久し振りか
被昇天の祝日シーンで
ねぇ~ いっぱい!が出ました(笑)
皇太子のシーンから
コミカルさが消えてルイの優しさや
家族への思いが透けて来る
~もしも鍛冶屋ならば~♪
いつにも増して感情がこもっていたようです
今日も、うるうるとさせられてしまいました

他キャストさんも熱演ですが・・
今日はミニ・トークショーの日です

スタンディングも出たカテコ
ドレス姿の王妃様と新妻マルの
しっかりと抱き合うカテコまで見て
終演ですが・・しばし待て(笑)
席を立つお客様はわずかです

ではミニ・トークショー
思い出せるところを・・・・

司会 塩田明弘
ゲスト 山口祐一郎
    鈴木綜馬
    山路和弘 (敬称略)

この3人面白いで~す
先ず山路さん 体調管理などは?と
塩ちゃんが司会でネタふりしても
裏切ります(笑)
聞いて! 聞いて!と自分の話を始めます(爆)
塩ちゃんが聞いた事と全然別な話ですから~
嫌な話・・と言いながら話した地下鉄事件(笑)
綜馬さん すかさず突っ込む
祐さんそれに乗ります
山路さん 分が悪いか(笑)
おしゃべりタイムのネタ話
祐さん時間を計ってたとか?
綜馬さん・祐さんのお二人は
なが~~い付き合いなので
通じ合うものがありそう
・・・で結果 山路さん健康管理
  なにもしてない!(笑)

綜馬さんの発言に、突然祐さんが謝ったり
なんとも面白いトーク連発です

綜馬オルレアン候
以前の仰向け?で歌った事を聞かれて
そのあと声の調子がおかしくて
止めたと言ってましたが、会場に
見た方と塩ちゃんが振ると拍手がおきて
楽あたりにまた見たいとリクエスト(笑)
会場の拍手もあり・・演ろうかなだって
楽日に注目ですね(笑)    

祐様カリオストロ
回り盆に乗る事が多いけど・・の質問に
乗り物に弱い虚弱体質?なので
盆が止まったら おっとっと!となったり(笑)
盆との狭い間を歩くシーンがあるけど
足のサイズより狭い場なので
苦労してるんですとか、
綜馬さん(だからと・・ちょっとNGばらし)
こういう人と20なんねん一緒で・・・幸せです(笑)

次の質問は、ストレス解消について
山路さんから聞こうとすると 
綜馬さん?が
地下鉄の事件を蒸し返す(爆)

綜馬さんオルレアン候
健康管理について何か?
唐辛子など刺激物を取らない・・
睡眠をとる
え~ そうなの~唐辛子ダメ?と山路さん
聞いてますよ~(笑)

衣装についてもひとしきり
祐さまマントが長いのと短いのの違いだけ
山路さんもだよね
土居アニエスも着たきりだ~(笑)
そして祐様 ちょっとここで危ない発言を!
綜馬さん ここでも突っ込む!

塩田さんにも質問で
指揮のときはなにを考えながら・・を
祐様カリオストロが読み上げますが
優等生な答が返り会場大拍手
そこでまた綜馬オルレアン 一言
~表彰状~ (笑)

綜馬オルレアン候に
私こそがふさわしい~の役作りについて
これも面白い裏話
ぁんぁん~♪誕生秘話(笑)

祐さまカリオストロの
首飾り事件の最後
マルグリット マリー ルイの3人を
じっと見つめますがその時何を思ってますか?
マリー・・・きれいだなぁ
マルグリット・・かわいいなぁ
ルイ・・・・・来月かつぐんだなぁ(大爆笑)

おちがついて そろそろ時間です
綜馬オルレアン 挨拶でも面白い
マリー・アントワネットと愉快な仲間たち?
見に来てくださいだって(笑)

退場するのに・・祐様がいきなり
回るんじゃないんですか?
盆をまわして~と言ってます
スタッフさんリクエストに応えて
盆が回りだす・・・と祐さんってば、
よろけます(笑)

 最後まで、愉快な仲間たちでした~♪

『マリー・アントワネット』ロビーにて

先日の公演時には ロビーにある
各キャストさんの旗が なかなかいい感じに
飾られていたのですが、
今度はメイン・キャストさん達の
メッセージ色紙が 貼り出されて
いるようです~ ・・・・・・・東宝Blogより

そう言えば、プログラムも
そろそろ新キャストさん版に
変更になる頃かも知れません
博多・梅芸版は持っていませんが
帝劇版だけで、既に3冊!(笑)
初回昨年の お稽古版・舞台写真版(表紙は
4月開演版は でした~♪

3色とか面白いと思ったけど
3色も使うとロゴが映えないから
やはり これで良さそう(笑)
ちなみに 博多・梅芸が 
 ・・・でトリコロール完成してましたが
新キャストを加えた舞台写真版が
出る頃だと 踏んでます(笑)
表紙は変わらず 密かに変更なんだよね・・・きっと!
今度 聞いてみよう~~~っと

『きれいな肌』CLEANSKINS 4・28マチネ

新国立劇場の大階段を上がって
『モダン・ミリー』を見に行く方々を横目に・・・・・
今日は、小ホールです
斜めに設置された舞台って珍しい~

『CLEANSKINS』
DOTTY・・・・・ 銀粉蝶
SONNY・・・・・・・北村有起哉
HEATHER・・・・・中島朋子
   
3人の登場人物と
英国・アパートのある一室で、
暗転により時間が経過して行く舞台
いたってシンプル!

日本では、あまり馴染みのない
イスラム教・・・・
その宗教色を排除しては
語れないとは思うけれど
母親・娘・息子の心の葛藤と絆が
描かれ、母親の傷までがあらわになって行く

銀粉蝶DOTTY
自然な佇まいで、母親として
そこに存在していますね
けだるい動作の中でも、フッと
別の表情を見せたりしてくれます

北村SONNY
反イスラム運動に行動する青年役
イスラム教徒となって現れた姉に
強く敵対します
依存心を捨てる事が出来ないSONNY
自分が見えないSONNY
芝居の底辺に熱さを感じる
有起哉さんです
2年間も酒を飲まない?信じられない・・と言うような
シーンが出てきて・・
なんか実感がこもっていて笑えた(爆)

中島HEATHER
回り道をして、心の平穏を見つけた
自分を取り戻すための父親探し
宗教が支えなのか・・・・
数年前のHEATHERは見えないけど
ここでのHEATHERは強い

痛みと共に心の傷を見せ合って
中島HEATHERの 祈りの言葉

※なにもかも上手くいくはず!
 インシャアッラー
 
        (パンフより)


小さな劇場なのに拍手がとても大きくて
繰り返されるカテコにスタオベも出て・・
カテコの3人の笑顔が凄くいい!(笑)

これさえあればあなたも幸せ・・(笑)

嘘のような本当の話?
『マリー・アントワネット』上演中の
帝国劇場で 4月27日から限定・・つぅーか独占販売!

祐様カリオストロがインタヴューで
話していた 

錬金術師カリオストロ調合の 
これさえあればあなたも幸せ
 ラムネ・・・・・だそうです(爆)


 何味なの?(笑)

『きれいな肌』CLEAN・SKINS

明日は、たしか楽日!
日程都合で楽に見に行く事となりました
初日が楽日だとどんなに見たくても
追加観劇が出来ない~(爆)

オレステスや 私は誰でしょう の舞台に
ご出演だった北村有起哉さん
ご出演で~~す

新国立劇場ってあまり行った事が無い!
迷子にならずに行けるだろうか?
帝劇・日生劇場なら 慣れたもんだけど・・(笑)

『オンディーヌ』4・26マチネ

四季・自由劇場で上演中の
『オンディーヌ』
お馴染みのキャストでがっちり
固めてくれたストプです

保坂オンディーヌが演していた頃から
見ている筈なのに、3幕構成と
いうことを忘れてました~(汗)
各場のセット組だけでも、確かに
時間がかかりそうですけどね(笑)

本日のキャスト
オンディーヌ・・・・・・・・ 野村玲子
騎士ハンス・・・・・・・・・・ 石丸幹二
水界の王・・・・・・・・・・・・ 日下武史
ベルタ・・・・・・・・・・・・・・ 坂本里咲
ユージェニー・・・・・・・・・木村不時子
オーギュスト・・・・・・・・・維田修二
王妃イゾルデ・・・・・・・・・中野今日子
王・・・・・・・・・・・・・・・・・・・山口嘉三
ベルトラム・・・・・・・・・・・深水彰彦
侍従・・・・・・・・・・・・・・・・・鈴木 周
裁判官I・・・・・・・・・・・・・・川口啓史(劇団俳優座)
裁判官II/劇場支配人・・高林幸兵
詩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・味方隆司
マトー・・・・・・・・・・・・・・・田島亨祐
サランボー・・・・・・・・・・・重水由紀
皿洗いの娘・・・・・・・・・・・都築香弥子

野村オンディーヌ
なんと表現すればいいのか・・・・
女であり、少女であり、
透明感を感じさせるオンディーヌ
一途な愛が確かにあるのに
と~っても儚げなのです
それでいて相反する
何者にも染まらない
凛とした雰囲気もあって
オンディーヌらしい・・・

石丸・騎士ハンス
登場しただけで貴族ですね~♪
甘い雰囲気と、立ち居振る舞いが
貴族です(笑)
愛を語らうシーンも苦悩のシーンも
紛れもない騎士ハンス!

日下・水界の王
独特の間合いの台詞回し
これが日下翁ですね(笑)
魔術師の軽妙さや
王としての威厳を、自在に魅せてくれます

坂本ベルタ
王女ベルタ・・・・
意外な秘密が隠されているのですが
美しく聡明で、嫉妬心や残酷さも
持っている人間らしいベルタ
オンディーヌとの対比が鮮明に
見えます

維田オーギュストと木村ユージェニー
山口・王と中野・王妃 鈴木侍従
味方詩人も、温かみのある詩人です
オンディーヌを取り巻く人々の
台詞の確かさに・・・・・
紡がれてゆく一幅の絵のような
美くも残酷な愛の物語・・・
どこかで聞いたようなフレーズですが・・(汗)
幻想的な世界にしばし時間を忘れました

07・5月の観劇予定

順調に観劇予定をこなして
4月分チケット枚数が少なくなってきました

5月と言えば・・・ゴールデン・ウイーク
もちろん観劇予定が入ってますよ~(笑)
数えてみれば 二桁観劇になってます

■キャッツ
■マリー・アントワネット
  ×7回
■ハゥ・トゥ・サクシード
■ユタと不思議な仲間たち
■夢から醒めた夢
■薮原検校
■くたばれヤンキーズ

四季復活?で3演目を占めましたが
『M・A』には及ばず(爆)
乾あきおさん出演で観劇決定の
『ハゥ・トゥ・・・・・』と
古田さんの『薮原検校』が予定されては
いるけれど、
5月も引き続き禅さん祭り継続中!
禅さん出演舞台が数多いのは、
仕方ないですか?(爆)

でも、トークショーの日には、行けない~ (T_T)
他の予定が入ってた~(汗)

『マリー・アントワネット』4・24マチネ

再びの『マリー・アントワネット』
完全にピン・ポイント観劇になっている
今日この頃でございます・・・(笑)

本日のキャスト
MA070424

最近の新妻マルグリット
怒りのマルグリットから印象が随分
変わった~
アニエスを助けに入った時の
~私の教師です~ の台詞が、力強い!
武器にした憎しみから生まれたものの
大きな結果に 悩みの時や 
苦渋の時を超えて・・・・
本当の自由が掴めたのか?

最近の涼風マリー
過酷な運命の中 懸命に誇り高く
生きたマリーが見えて来た気がします
思わず差し出したマルグリットの手を
静かに押し戻すマリー
時代に流され成す術が無い中でも
それでも、王妃として死んでゆく事を
自ら選び取ったのが感じられます

最近のオルレアン候
こちらはキャスト変わりなので、
当然な事に、タイプの違う
オルレアン候を作り出しています
狂気が感じられた 前オルレアン候に対し,
綜馬オルレアン候は、なんとも奇妙な
ザラツキ感を感じさせて 落ち着かない
気分になります
まだ型が決まらず、試行錯誤中?
進化中と言うべきか(笑)

先日、見せてくれた祈りのポーズ
今日はありませんでした
以前に 這った状態で言った事のある
~あなたが貴族でないというのなら~と言う
マルグリットに対しての台詞も、
そのポーズで言ったのは
その時だけだったのかな?

~私こそがふさわしい~の
最後の決めポースでの拍手煽りは
演ってくれました
山路ボーマルシェも
~それがどうした~ぁんぁんぁん~♪
一緒に振りまねして 拍手をしっかり
仕切って止めてる(笑)
そのうち エリザの「キッチュ」見たいに
3本〆になったりしてね・・(笑)
~ベルサイユへ~の言い方や
~何をまっているの~ あたりの
言い方もすこしずつ変わってる~
まだ 変化がありそうな予感(笑)
本当に目が離せません!

最近の禅ルイ16世陛下
登場時のコミカル系、定着ですね
歌ばかりだった最初に比べ
笑い声や えっ~ えっ~が
しっかり聞こえてきます
~ドレスやアクセサリーだけでなく!
「ハイッ」って合いの手を入れてたのが
今日は陛下では無くて・・・・
ローズ・ベルタンや ラ・フェルテや
ランバル公爵夫人たち(笑)
~不器用~~だけど~~~~♪
の時の引きっぷりもさらに大きくて(笑)

でもこれ以上は コミカルに
しなくていいかなぁ
ルイ16世お笑いの人じゃないんだし・・
2幕とのバランスが悪くなると思う~

王子の死では
一筋の涙を光らせての熱演って
毎回毎回・・禅ルイ陛下泣いてます
泣き虫禅ちゃんといえども・・これは凄い!

タンブル塔幽閉シーン
~もしも鍛冶屋ならば~♪
歌の最後、綺麗に伸ばして歌うように
なりましたよね
静かにスゥーと消えていた昨年に比べ
少し強くなる感じな裏声にビブまで効かせて
丁寧に歌っていますね

マリー・テレーズとのシーンは
絵本バージョン!
お姫様抱っこ無くなりました
二人仲良く・・見つめ合ったりしながら
話しています ほっぺツンがあります。
何を話してるのか聞いてみたいゾ~(笑)

祐様カリオストロ
あの動き・・見る方もすっかり
癖になってるかも(笑)
黒マントを翻し・・早足
 駆け抜けるんじゃなくて・・(爆)
歌う時のリズムを刻む揺れ方
アコーデォンを奏でるような手の動き
アレが無いと寂しいかもしれません
首飾り事件のシーンの
舞台奥での踊り?もあるし

今日の娼館から~もしも~への
転換シーンでは またまた覗き見です
セットからヌッと
横に顔を出すのですから~(笑)
そして怪しいおっさん(失礼!)・・・
から一転、新曲も、
劇場いっぱいに素敵な歌声を
響かせてくれますし~
こちらも、見所満載なカリオストロ様です

斜めな見方ばかり書いてしまいましたが、
『マリー・アントワネット』
時代にうねる不条理の力
革命を起こした群衆すら 
望んだ結果にはならなかった皮肉
自由とは? 人間の尊厳とは?

何を感じるかは・・・・・舞台を見る人の
感性でこれも 

 自由!

だと思いますが、
しかし、重いテーマを含んだ舞台です

これから・・・だけど

今年も 4分の3くらい過ぎてますね 
何の話かって?(笑)
チケ話です~~

4月は只今消化中なのですが
今現在確保した一番先のチケットが、
11月分キャッツ! 

5月  13公演
6月  11公演 
7月  9公演 (1公演チケット狙いあり)
8月  6公演 (M・G+3公演取りたいの~)
9月  4公演 (1公演プレ挑戦中)
10月  2公演
11月  2公演

さすがに9月からは まだ少ないのですが、
コレは発売していないからであって・・(爆)
気になる公演で 秋に開演予定の
舞台が幾つか あった筈!
こりゃ~ チケット増えるなっ(爆)
つぅーか入れるのは、自分だけど、
休みの日が 極端に少ないです(笑)

興味ある公演の情報があると
ついチケ鳥捕獲に、力がはいってしまう~
11月って、禅さんご出演の
『ウーマン・イン・ホワイト』があるし
また増える事は、想定内な事(笑)

これはヤバい!

『マリー・アントワネット』4・21ソワレ

日生劇場『ジキ・ハイ』終演後
すぐお隣の帝劇へ・・・
演目違いマチソワもこのくらいの移動なら
楽でいいわん♪
またまた『マリー・アントワネット』!(爆)

本日のキャスト
070421

既に見慣れた舞台に・・・
照明が揺らぎ、静かな音楽が鳴り始める
カリオストロのシルエット!
歌詞が変わり スタンスが違って見えます
より大きく俯瞰するような感じになっていま~す

本日のポイント
☆鏡の間のルイ陛下
マリーに~大臣を止めさせて~と
言われているあたり
相槌で ハイッ ハイッと言ったり
えっ~ えっ~~!などと大きく聞こえます
けっこう微笑ましいのです・・・(笑)

☆娼館から~もしも~への転換
前回 奥からの登場で、変更されたと
思ったオルレアン候は、サイドからの登場でした
?と思っていたら祐様カリオストロも
普通に奥から中央へ登場してサイドに回る・・
これは変質者に見られかねない(爆)ので
戻したのでしょうか(笑)
それとも、覗きシーン見落としたかな?
オルレアン候に気をとられていたので
自信ないけど・・・・・(笑)

☆~私こそがふさわしい♪ 
最後に決めポーズ!上げた片手で煽る?
すぐ会場乗りました!(笑)
 拍手~~~~ しばしそのまま固まってます
ボーマルシェ あきれ顔で 止める(爆)
そして捌けるオルレアン候
去り際 壁に手をからめるようにしてる
・・・これも細かい!

☆ロアン司教の紹介は、久し振りの赤頭巾ネタ
ふくれた赤頭巾!って
それかなりひどいっしょ(笑)

☆ボーマルシェの休憩タイム
飲み物 一口・・・・・で
客席に ね~っとライトに絡むだけだったのが
本日は 塩ちゃんとやりとり(笑)
もう一口飲んでも良いの?といいながら
二口目を飲んでましたね

☆派手な金遣い かくすため~♪
このシーンの最後では
ひざまづき、祈りのポーズ
綜馬ジャベの姿が見える?
と勝手に妄想です

☆国王一家 幽閉シーン
ひざにもたれ眠ってしまった
マリーテレーズを抱き抱えた禅ルイ16世
舞台奥へ移動・・添い寝するシーン 
絵本?を手に二人並んで奥へ移動
一緒に本を読む?もしくは勉強なのか?
そんな感じに変更でした
今度の二人の絡みもほのぼのしてて
いいですね~

前の抱きかかえる時の禅ルイ陛下の
表情も本当に、優しくて
好きなシーンでしたが、
腰を痛めそうだったので
ちょっと心配してました~

ここまでの変更は演出変更なのか?
演出変更とまで大きな変化ではなくても
やはり生の舞台・・
全く同じ事はないのですよね

舞台全部を、それも細部まで見落とさず
見る事は難しくて・・・・
見るたび、何かが見えるのが面白い!

『マリー・アントワネット』
まだまだ 観劇予定あり(爆)


『ジキルとハイド』4・21マチネ

鹿賀丈史さんファイナル公演とされている
『ジキルとハイド』
ジョン・アターソン役が前回の石川禅さんから
戸井勝海さんに変わりました
ファイナル公演を意識してか
今回のプログラムには歴代出演者から
コメントが寄せられていま~す

さて 本公演
キャストは、
ジキル(ハイド)・・・・・・鹿賀丈史
ルーシー・・・・・・・・・・・・・マルシア
エマ・・・・・・・・・・・・・・・・・鈴木蘭々
ジョン・アターソン・・・・戸井勝海
ダンヴァース卿・・・・・・・浜畑賢吉
サイモン・ストライド・・宮川浩(敬称略)他

鹿賀・ジキル&ハイド 
ブレスが気になったり 
独特の節回しなどの歌唱の癖もあるけど・・
もう、その辺はどうでもいいです(笑)
圧倒してくれますね
声の出し方からして違う感じ!
歌い分けがさすがですね

マルシア・ルーシー
娼婦だけど、可憐さをも感じさせます
罪な遊び・・・二人の絡みは必見です

蘭々エマ
すこし不安定?な感じを受けた歌
マイクも一人だけ口元まで伸びていますね
エマとしての雰囲気はいいと思うし
綺麗な歌声だけに惜しい・・・・

戸井アターソン
端正なジョン・アターソン
優等生な親友に見える
『仕事をするだけ』も綺麗に響き
安心して聞いていられます
ただ、ご贔屓禅さんの作り上げた
アターソンが、強く印象にあり
あっさり演じてるように思えてしまった(笑)
禅さん演じるアターソンを思い出して
しまったhattiを許してくださ~い(爆)

浜畑ダンヴァース卿
よき父親でありジキルの理解者
温かみのある演技が素敵です

丸山プール
謹厳な執事・・・
ジキルの父親役でもありますが
なんと行っても執事役がはまり役(笑)
上手い!

宮川サイモン
前回から参加の 宮川サイモン
嫌味な奴なんです(笑)
でもって・・・目を引くんです~♪
歌声が飛び抜けて来ます
今年は、エマに横恋慕してジョンと絡むシーン
酔っ払い度が上がりましたか?
前回公演 あんなに足元が覚束ない事は
無かったように思うのですが・・・
お髭で顔をかえ 市民役でも
いろいろ演ってますね(笑)
その宮川さんの歌声 
~人前ではお付き合いの♪~で始まる 
『嘘の仮面』や
事件!事件!・・と耳に残るフレーズの
アンサンブルさんたちの力強い歌声も、
魅力的な、この舞台

もうお目にかかれないのは寂しいです~

さ~て お隣の帝劇に急ぎましょう
これから『M・A』ソワレです(爆)


『Wicked』チケット到着

届きましたよ~♪
新作『Wicked』のチケット
なんとコレで9月・10月に予定が、
入りました~♪
11月の猫屋敷記念日が一番先の予定ですが
なんともせっかちな事ですね(笑)
四季はほんとに気が早いっ!

こうやって 先々予定が埋まってゆく~
楽しみでは歩けれど 休む暇がないゾ(爆)

『Wicked』3枚増えたけど
明日は、2枚のチケット
演目違い『マチソワ』消化!
差し引き 1枚増えてる(笑)
こんな計算式ってありなの?

『レ・ミゼ』7月分チケット!

7月のマリウス・・・・禅マリウス出演の回
歌穂ニーヌとのSP週なので、
チケ戦線は覚悟していましたが
東宝ナビザ・@ぴあと連戦連敗ですわ

テレザの日は仕事だったし~
クレジット系はSPの日は
さすがに該当なしが多い

確保出来ないままで・・・・
Z-会さまにお願いしていたのが
頼みの綱でしたが(笑)
希望公演を確保していただけました
Z-会さまさまだわ~♪

出来ればもうすこし欲しいのは
確率は低いけど一般で・・・ガンバ!

7月9日から16日までの限定マリウス
期間的に、集中しての公演!
本当にコレが最後かと思うので
目に焼き付けるべく通いま~す

ジャベールとマリウス
対極をなすこの二役を演じるのは
役に入り込む禅さんなので、
大変だろうな~

禅さ~~ん
柵越え 頑張れ!

    そこかいっ!(笑)

『マリー・アントワネット』4・18マチネ

連日の帝劇出没です(爆)
本日のキャスト
MA070418

イベント企画 ミニ・トークショーに
見事釣られて 追加購入してしまったのだ!
連日観劇でも、本編でも またもや変更箇所を
見つけました~まだまだ変わるのかなぁ
『マダム・ラパンのお店』から
『もしも~』への転換での綜馬オルレアン候 
昨日は 舞台袖から登場 マルグリットも
捌けずに立位置だけ変えていたのに
本日、何故か祐様カリオストロが
娼婦たちの踊りを、覗くようにセット裏から
出てきましたね~ 
怪しいおっさん?になってるかも(笑)
祐さまファンの方 ( TДT)ゴメンナサイー
綜馬オルレアン・笹本マルグリットは、
奥から みんなで揃っての登場と
なりました~ この辺は、前に戻ったのかな?

土居アニエス
綺麗な歌声の『流れ星のかなた』
王妃処刑シーンの歌
~どこにも人間の顔が見えない~♪と歌い
アニエスらしさが見えますね
ところで、尼の頭巾から
後ろ姿で髪が見えてちょっと気になった
いつもは 見えてなかった気がします

綜馬オルレアン候
私こそがふさわしい♪~は、聞かせどころ!
会場を、オルレアン色に染めてましたが・・・(笑)
昨日よりも、さらに大人しい?
すこしオカマチックな仕種が、目を引きま~す
初日の怪演、もっと見たかった~(笑)

今フェルセン
エコーが聞いて 高音での歌声に
井上フェルセンを思い浮かべる事があります
声質は違う筈なのに・・・?
マリーからの手紙が、王室救援だと
知った後のフェルセンの絶望は
立ち去ってゆく足取りからも
感じる事が出来ます
王妃としてのプライド云々の
台詞が無くなり、芝居に集中
出来るからでしょうか?
王妃を愛した思いが伝わって来る・・・・

涼風マリー
鏡の間でのため息、いったい幾つ
ついたでしょうね(笑)
王女に生まれ、ちやほやされて~♪
と歌われるように、周りの人は
持ち上げるばかり 心を許せる人は
いなかったように見えました
前回の帝劇公演では まったく
感じられなかった部分
これは変更の成果(笑)

禅ルイ陛下
被昇天の祝日シーン
今日も ~いっぱい~
    ・・・は無しでした~(笑)
挨拶の後の 息切れ?(笑)と
いちいち涼風マリーを見てますね~
~私がなにかしたのか~状態?(笑)
あのマント捌きが何気に美しいです
モコモコしていて重そうだけど
禅ルイ16世陛下頑張ってます(笑)

いつもの如く禅ルイ陛下
皇太子の死のシーン
もしも鍛冶屋ならばの歌に
うるうるさせられてしまう
毎回、子を亡くす親の悲哀を
見せてくれるのです
家族を守れなかった悔しさを
見せてくれるのです
誰も恨んだり憎んだり出来ない
善良な人間ゆえの哀しみを
見せてくれるのです
舞台の上でルイ16世を
生きてくれているのだと思います

涼風マリーの
この命に代えてもあの子を守ります~♪
のシーンに泣かされて・・・・・・
悲運の結末へ 
 
  自由~♪
 
  の歌声の響くエンディング!
大きな拍手の中のカテコ!


さて、カテコ後しばらくして
今日の目玉、 トーク・ショーです
塩ちゃんの司会で、始まり、始まり!
塩ちゃん指揮者なのにトークのお仕事が
増えてます(笑) なので目指すは、
ミュージカル界のみのもんた!
塩ちゃんから『M・A』ご覧になってますか?
一回? 5回・ 10回? 20回?・・と会場に質問
会場からはコレに応えてますが
落ちがありました~ 僕160回!(笑)
(おいっ)
ここでトーク・ショー出演者登場です
涼風真世さん・石川禅さん・今拓也さんの三人。
舞台衣装のまま まだ役から素には完全には
戻ってなさそう(笑)
禅ちゃん 椅子に座るのに、長い衣装の裾を
気にしてると思ったら 裾ってプリーツになってて
開くのね?孔雀の羽みたいに
開いてから座りました(笑)
今ちゃんのお辞儀は フェルセンだったし~

塩ちゃんが、『M・A』について話し出して
さっそく 今ちゃんに振ります

今ちゃん・・(塩ちゃんも今ちゃんと言ってる)
ので、ここでは今ちゃん
クンツェ・リーバイ作品について
どういうところに興味を持ったか

『エリザ』のエルマー役もあるけど
音楽が語りかけてくるから~と・・
曲は難しいのですが歌うごとに音楽が
感情を語りだすところとのお答えだったかな?

禅ちゃん(笑)にも、
クンツェ・リーバイ作品について
曲が難しく『エリザ』フランツの時
トンでもない音を出して
塩ちゃんを コケッとさせた事など
不器用な王のシーンなどは、自分は歌で
涼風マリーが全部台詞なので
台詞の方が大変だと思うのですが・のような話で
会話中、涼風さんに同意を求めると
ううん?だって! 
涼風さん ねぇ~~~~~
禅ちゃんも、ねぇ~~~~~~ って
普段もそんななの?(笑)

涼風マリー
マリーを演じるにあたって難しいけれど
曲の中に込められている事を演じてるので、
演じやすいというような感じ

次に塩ちゃん
世界初演の『M・A』に話をしっかり
持っていきますね(笑)

禅ちゃん
昨年11月から演じて来て
気持的に変わった所・・
東宝Blogで答えていたような内容だたと
思うけど・・・・
ルイ16世になれている気がしますと。

涼風さんにも
涼風さんの本名!塩ちゃんからも
カナメさんと呼ばれてま~すが
禅さんと同じで 演じ続けて
削ぎ落とされた部分というか
クリアな感じで 演じられている
というような話をしてた

会場からの質問も読み上げられます
どの衣装がすき?
~ みんな好き!(笑)
今ちゃんにも・・・ 
僕 3着だけです
禅ちゃんは・・・・
え~~と (数えて) 3着ですね!

ルイ16世を演じるにあたって念頭に
おいている事は?と言う質問
人を嫌いにならない事?
『エリザ』の雑誌取材で撮った写真の顔が
全部ルイ16世風だったとか(笑)

今ちゃんに
途中参加で苦労された事は?

新しい事にチャレンジが好きなので
苦労と感じていない
カンパニーが暖かく迎えてくれて
その事が嬉しいと言うようなお話でした
前向き思考な今ちゃん!

塩ちゃんへの質問は
涼風さんが読み上げます
塩ちゃんの元気の秘密は何?だったかな
温泉好きなのでお風呂らしいです?

思い出しながらなので、抜けてるとこが
多いとは思うけど・・・・
なかなか中身の濃いトーク・ショー
時間も15分より押してたと思う(笑)

さらに出演者への質問を書いた人の中から
3名さまにトーク・ショー出演者の
サイン入り色紙プレゼントありで
楽しいイベントでした~♪

『マリー・アントワネット』4・17マチネ

お休みなので・・・帝劇へ
チケは最初から持っていたので
まぁ 予定の行動ですが、何回目?の
突っ込みはなしで・・・(笑)

本日のキャスト
070417MA

初日の強烈なインパクトが、
薄れて来た?綜馬オルレアン候,
見る方が慣れたんだろうか?(笑)
~革命を非難したぞ~後
アニエスを庇ったマルグリットに対し
~市民マルグリット 
あなたが貴族でないと言うのなら~
の動きが前回と違っていたしー
まだ、これからも変化ありですか?
台詞は かなり早口で・・・
でもしっかり伝わってくるのが
さすが綜馬さんだ~

~私こそがふさわしい~のソロの
動きも少し変わってる?
歌い終わった後の口をパクパクしてたけど
初日とその後の数日の期間限定?
演らなくなってましたねぇ~

薄れて来たと言いながらも
綜馬オルレアン候の事から書いちゃいました~(笑)
ちなみに指輪の数が 高島オルレアンより多い!
さそりの指輪は高島兄だけなのですね
大きな石の指輪を幾つかして
黒マニキュアはなし(笑)

山路ボーマルシェ
綜馬オルレアン候を横から覗き込んでいて
私こそが~~ぁんぁ~ん♪ 
あれっ 手の動きを真似しましたよ~(笑)
ボヤキコーナーもおとなしいし
赤頭巾ネタも言わなくなってますが、
細かい芝居をあちこちで
マメに見せてくれてます

お目当ての禅ルイ陛下
鏡の間では、コミカル路線まっしぐらです
台詞の間に ~はいっ~
えっ~とか ちょこちょこ入ります
以前も動きとしてはあったけど
言葉はついてなかった
自然に出てる感じですが・・・(笑)

被昇天の祝日
マリーの様子を伺いながらの挨拶
そして客席を見ての 
そう~ ねぇ~・・までで
いっぱい~  今日は無かったなぁ
ようこそベルサイユへ~だけだったけど
空席でも目立ちましたか?
ルイ16世は 凄い近視のはずなので、
空席でも見えないかもですね~(爆)
首飾り事件の最後 逮捕しろ~~
と言った後、周りを見る動きは
見えてない風でキョロキョロしてま~す 

バスティーユ事件
王宮にパンを求め乱入した市民に
~彼等から逃げたりはしない!~と
すこし恐れが見えながらも
国王としての決断、対するマリーの
~国王のお傍が私たちの居場所です~
なぜか 今日はここでも涙腺を
刺激されました

皇太子の死
子どもを心配する父の顔
国王陛下 万歳~♪の声に
微笑む陛下ですが 心なしか
寂しげで・・・
我等は呪われている~からは
一気に涙の陛下に・・・

2幕の幽閉シーンでの
~もしも鍛冶屋なら~も
もちろん感情を込めて聞かせてくれます 

今フェルセン
初日から完成度の高いフェルセンを
見せてくれていますが、
癖というか、今フェルらしさというか
台詞の言い方に感じた事
間が独特で、すこし溜め気味なんですね
聞いているこちらで、もどかしい感じが
する事があったりして・・・(笑)

祐様カリオストロ
今回の帝劇公演では すこし物語を
繰っている感じが見えて・・・
怪しい動きは変わらずですが
追加された新曲のメロディも
すこしだけ馴染んで来ました(笑)
~それともすべて幻か~♪
あの祐様の声が会場をおおいつくします

ところで カリオストロ様の曲の中で
火薬が焚かれるシーン
・・・あれってまぶしいですよね~
最近では、タイミングを覚え
目を閉じる事にしました~
確か4回ほどありますが、
 全部スルー成功!(笑)

笹本マルグリット
前編を通しての、マルグリットの感情の動きが
感じられるようになったかな?
台詞変更によって整理された部分とあわせ
演じ方も緩急がついたというか
一面的ではなく、戸惑いもはっきり
見える気がします
『100万のキャンドル』
闇に目をむけて~♪ この曲も好きだ~

終幕は、暗転にした事と
ギロチン台から立ち上がって
来るのでは無くなった事で
随分、受ける感じが変わって、
同じ王妃の死を描いていても、
まだ鬱鬱とした気分が和らぎますね

カテコ順は相変わらずです
タイトルロールが最後ではないカテコに・・・
プリンシバルの後に出て来る
アンサンブルさんに、未だに違和感あり!
一部だけ変更した送り出し曲後のカテコは、
マルグリットとドレス姿になった涼風マリー
カテコらしくていいよね~♪

禅さん絶賛?リピート観劇中なのに・・・(爆)
ミニ・トークショーなんて企画を
演ってくれますよ
出演:涼風真世・石川禅・今拓也 だって~

ご贔屓禅さんの名前に思わず追加! 
 
   明日も『M・A』です

MUSICAL『ザ・ヒットパレード』

MUSICAL
ザ・ヒットパレード~ショウと私を愛した夫~
2007年7月10日(火)~31日(火) 
会場 ル テアトル銀座

脚本 : 鈴木聡
演出 : 山田和也
音楽 : 宮川彬良

出演 : 原田泰造 戸田恵子
    堀内敬子 瀬戸カトリーヌ
    北村岳子 杉崎真宏 和田正人
    升毅 RAG FAIR (敬称略)


戸田恵子さん出演で 気になっていたけど
ミュージカルで・・原田泰造さんですか?
さてどんな舞台になるのでしょうか~

レミゼってる時期だけど(爆)
禅マリウスってば、7月、中の週しか
出ないから 日程的にはなんとかなりそう?(笑)

よし、 行っちゃえ~~~~!

『ユタと不思議な仲間たち』開幕

いくつもの演目を同時上演して
いた四季にしては、珍しく 
『L・K』と『CATs』の2演目しかない
寂しい時期がおわり・・・・ 
『ユタと不思議な仲間たち』開幕です。
『オンディーヌ』も始まり、4演目
そこで気になる、開幕キャスト

ペドロ・・・・・・・・・ 田代隆秀
ダンジャ・・・・・・・・増本 藍
ゴンゾ・・・・・・・・・ 芝 清道
モンゼ・・・・・・・・・ 青山弥生
ヒノデロ・・・・・・・ 劉 昌明
ユタ・・・・・・・・・・・ 田邊真也
小夜子・・・・・・・・・ 笠松はる
寅吉・・・・・・・・・・・ 吉谷昭雄
ユタの母・・・・・・・・ 菅本烈子
クルミ先生・・・・・・ 丹 靖子
大作・・・・・・・・・・・ 菊池 正
一郎・・・・・・・・・・・ 遊佐真一
新太・・・・・・・・・・・ 小川善太郎
たま子・・・・・・・・・ 礒津ひろみ
ハラ子・・・・・・・・・ 佐藤夏木
桃子・・・・・・・・・・・ 石栗絵理 市村涼子

ペドロの田代さん Σ(゚Д゚;エーッ! 
おさよ坊は・・・・誰っ(爆)
ヒノデロに 劉さんって?状態!
・・・・な訳ですが(笑)
南部弁にこだわりの四季で
劉さん(ユ・チャンミンさんらしいですが・・)
大丈夫なのか?

弥生さんモンゼだって~ 
くるみ先生も、なんと懐かしい~
だいさぐ~ いぢろっは、
もう学生服が苦しいんじゃないだろか?(笑)
芝さん 神様の所から抜けて大丈夫?
Y原ユダに任せたのか
吉谷のじっちゃん!あえて嬉しいけど・・・(笑)
なつかしのメンバーなら
いっそ加藤さんユタ!
今 シャベリっぱで立てこもりの稽古だし
無理ですね(笑)
開幕キャストで これからは週代わり(爆)
懐かしのキャストもある意味 ビックリだし~
さらなるビックリキャストも
これから登場ありますかね~♪

一方の『オンディーヌ』
こちらは手堅いキャストですか
つぅーか かなり贅沢なベテラン陣で
固めているようです

オンディーヌ・・・ 野村玲子
騎士ハンス・・・・・ 石丸幹二
水界の王・・・・・・・ 日下武史
ベルタ・・・・・・・・・・ 坂本里咲
ユージェニー・・・・ 木村不時子
オーギュスト・・・・ 維田修二
王妃イゾルデ・・・・ 中野今日子
王・・・・・・・・・・・・・・ 山口嘉三
ベルトラム・・・・・・・ 深水彰彦
侍従・・・・・・・・・・・・・ 鈴木 周

王妃が末次さんでは無くなって
いるくらいで主だったキャストは
ほとんど、前回公演のまま・・
まずは『オンディーヌ』を、
来月になってから『ユタ』を見る予定

その頃は きっと変更なのでしょうね~
最近キャスボのチェックも怠りがちですが
もっともっと((o(´∀`)o))ワクワクさせて欲しいなぁ

『コリオレイナス』BS2放映!

 ■『コリオレイナス』
5月6日(日)PM1:00~

NHK-BS2
”新”華麗なる招待席 で放送決定!

2月に見たこの舞台

蜷川さん演出の舞台は よくNHKで
取り上げてくれるので期待してました~♪

忘れずに 録画予約しておこう

チラシ速報ですが・・・

シアターコクーンの
素敵なお土産は公演チラシ(笑)

■『シェークスピア・ソナタ』
2007年8月30日~9月26日 PARCO劇場
松本幸四郎 高橋克実 緒川たまき
松本紀保 長谷川博巳 岩松了 他

■『井上ひさし 新作!』
2007年6月16日から9月30日
世田谷パフリックシアター
こまつ座・シスカンパニー共同ポロデュース
大竹しのぶ 松たか子 段田安則 生瀬勝久
井上芳雄 木場勝巳

■『欲望という名の電車』
2007年11月16日~11月25日 東京グローブ座
篠井英介 北村有起哉 小島聖 伊達曉


■『ヴェニスの商人』
2007年8月17日~9月30日
天王洲銀河劇場
市村正親 藤原竜也 寺島しのぶ 西岡徳馬

チラシの山には 素敵なお知らせが
隠れてます(笑)
チェック作品 全部見られるだろうか
日程的には『レ・ミゼ』祭り真っ最中な8月!
9月にはいれば、東京は終わってま~す
やっぱ9月かなぁ~
これで 9月も忙しくなる事
間違いなしか(笑)

『写楽考』4・12ソワレ

『マリー・アントワネット』終演から
すぐ渋谷に移動して・・・・
今度は 『写楽考』
和の世界に遊びにゆきま~す

先ほどまでのブルボン王朝から
変わりすぎ!
組み合わせ 考えた方がいいと
自分でも思う~(笑)

『写楽考』
Bunkamuraシアターコクーン

出演 堤真一
   高橋克実
   長塚圭史
   キムラ緑子
   七瀬なつみ
   西岡徳馬
   
写楽の人物像とか浮世絵とか
その辺の知識はほとんどなし(爆)
登場人物の有名どころは
名前は知ってるよ・・くらいですから
先ずは、入場してプログラムを買いました
なぜか、堤さんサイン入りポスターまで
買っちゃったゾ(笑)

さて どこから語りましょうか(笑)
ネタばれになってしまうので
ここからは 続くで・・・

続きを読む

『マリー・アントワネット』4・12マチネ

本日も帝劇へ・・・・・・・
石川禅さん演じる ルイ16世目当て(笑)
・・・・ではありますが、
4月からの舞台 メンバーの2人が変わり
細部に変更が加えられた事もあり
大筋は変わらないのに 印象は変化しています
本日のキャスト
casut0412


ネタばれなので ここからは続くへ・・

続きを読む

『シラノ・ド・ベルジュラック』

■出演:シラノ=市川右近 ロクサアヌ=安寿ミラ
   ド・ギッシュ伯爵=加納幸和
 市川猿弥、たかお鷹、桂憲一、坂部文昭 (敬称略)
■劇場/青山円形劇場
■期間/2007年8月29日(水)~9月8日(土)

7人で何十人もの登場人物を演じ分けるらしい
この出演陣の多彩さも 注目なので
思わず チケットを手配していたし~(笑)

右近さんの舞台は始めて・・・・
安寿ミラさん、先日の少年を思わせる
『ハムレット』から 我が侭な? 
ロクサアヌへの転身も
楽しみですね♪

『マリー・アントワネット』ミニトーク・ショー

現在、帝国劇場で上演中の
『マリー・アントワネット』

熱演しているキャストさんの
ミニ・トークショーが決定したと
公式HPに掲載されました
出演者に 石川禅さんの名前がある日が
2回もある~~(笑)
しかしチケットは無いゾ(笑)
早速 チケット・サイトにあたって見たら
▲マークなのよ
さらに次へ・・とクリックしたら
前方S席端っこ席をご案内(笑)
悩みつつ一旦抜けて他サイトを確認して
戻ったら ×マークに変わってる!
売れたんかぃ~ 
別サイトで再検索したら
先ほどより後方だけど・・・まぁ 押さえるか!(笑)

( ̄д ̄)エー 1回だけ追加してしまった
15分で3人、トークショーと言うには
短すぎのような気がしますけど(汗)

東宝さんに、見事釣られてま~す (^_^;)

『WICKED』チケ会員先行発売!

昨日発売でした~
だけど『マリー・アントワネット』
予定があったから~ 
NTTのお姉さんの声ばっか
聞かなくて済みますようにと
祈るような気持ちだったのですよ(笑)

結局35分間 お姉さんの声
聞いてしまいましたが、
これだけ開始から時間過ぎてると
初日完売は、当たり前だね~
噂では 2分で捌けたらしい? 
ほんとかいな(笑)

即 公演日を変えて、申し込みです
無事 1公演GET出来た♪
携帯に四季友からのメールが・・・・
さらに1公演が取れたって~ (^_^)v
それでもしつこく リダイヤル攻撃
程なく3公演目! (しつこい?)

そんなこんなでバタバタしてたら
『マリー・アントワネット』を
見に出かける時間になってました~

なんか忙しかった~ (笑)

『マリー・アントワネット』4.8マチネ

早くも2度目の『マリー・アントワネット』(笑)
禅ルイ陛下の謁見の儀 無事終わりました♪
070408kyast

綜馬オルレアン候と今フェルの登場によって
何故か、各キャラの印象が変わった気がします
高島オルレアン 井上フェルセンは
初演で 自分の役どころを作り上げて
練り上げていったと思いますが、
その土台の上に、色をつけて異なる
キャラを作って来ていますね

例によって この辺からネタばれです(笑)


続きを読む

さだまさし『美しき日本の面影』5・7in川口

昨年9月・・・
ツアーの始まったばかりに1回目
今年1月に2回目を見て
そして本日 川口リリアでのコンサート
なんと3回目のチャンスです(笑)

2回目は まっさんの声の調子が変だよ~って
心配していたら その後の公演で
休演になった事もあり
長期ツアーの大変さを思わされました
え~~と何回目って言ってたっけ
ものすごい公演回数です(笑)

今日は 声も復活 トークも絶好調(笑)
そりゃ3回見ていれば・・て
同じツアーだしトークのテーマは同じですよ
でも微妙に語り口が違いますから~
今回のツアーは 友情がテーマとの事
テーマを決めてはいても
まっさんの歌の根底には友情だけでは無く 
心と心の触れ合い 愛情・思いやりなどを
美しい言葉で、伝えてくれていると思う
四季おりおりの姿を織り込んで
綴るのは、人間としての大切なものを
忘れてはいけない!と言う事、

素敵な爺様になりたい という 
   まっさん
誰かの元気を後押し出来たら
素敵ですものね
まっさんの歌に後押ししてもらったら
次の誰かの後押しをしていきたいなぁ~♪

『マリー・アントワネット』4.6ソワレ

『マリー・アントワネット』が帝劇に
戻ってきました~♪
博多座・梅芸での上演は 
風のたよりを聞くばかり(笑)
6時開演! 仕事を少し早めに切り上げ
帝劇にと急ぎました

あの音楽、カリオストロ伯爵のシルエット、
蝋燭のまわる盆・・・・・・ 始まりです

本日のキャスト
marie キャスト



例によってネタばれありなので
先への読み進みは充分にご注意くださいネ




続きを読む

M・A初日!

初日 待ち兼ねた禅さん。でも、インパクトがあったのは、綜馬さんダッタ。
高島兄が、普通ぽく見える気がして来た。(笑)今は携帯からなので詳しくは あとデネ~

明日は『M・A』初日!

My・Blogのカウント・ダウン
ついにあと1日と表示しました~

いよいよ明日、帝劇で開幕する『M・A』
明日4月6日から5月30日の大楽公演まで、
定期券ほしいなぁ~♪ (笑)

禅ルイ陛下、博多・大阪と演じて来て
今回の帝劇公演では さらに変化が
ありそうな予感?

そして6月には 新ジャベ 
6月12日がお披露目公演です
  ・・宝塚じゃないから~(笑)
7月は、あのマリウスにまた逢えるし~
8月の『レ・ミゼ』禅ジャベ再び!
千秋楽まで気を抜いてる暇はなし?
忙しい最中 と思われる8月に
『M・G』とかも開催してくれるし・・Σ(゚∀゚ノ)ノキヤー

でもねぇ
チケット増やそうと 東宝ナビザ申し込みしたのに
メールが来ない! やはり籤運ないなぁ~(泣)
 

チケットへの挑戦?

いろいろな方法が混在する中
郵送による申し込み・・・・

シアター・コクーンでの公演で、
チケット・メイトという会員による
申し込み方式は 郵送によるものがある
勿論 電話もあるけど・・・先行のある
該当公演はHPにある専用書式をDL
必要事項を記載して締め切り日までに
必着で郵送
後日、当落が葉書にて通知されて来る

ご贔屓禅さんのとこ(Z-Angle)も 
郵送による申し込み方法をとっている
後日、予約確認カードが送付されて来る

ポチッとな!で申し込み完了
席番も直ぐわかり・・・な
プレイガイド等と比較すると
なんともゆったりしたものだと思う(笑)

果報は寝て待て!(笑)
ことわざにあるように、じっくり待つのも
悪くない・・・けど
これって、たまにイラつく~~~~(爆)

『メトロに乗って』DVD

レンタルCDのお店を覗いたら
このタイトルが並んでいたので
つい 借りてしまった~
舞台版『メトロに乗って』で
禅さん演じる小沼真次を見て、
泣かされた作品。

映画では、堤さんが同役を演ると聞いて
気にはなっても、観劇三昧の日々・・(苦笑)
映画館に足を運ぶ日が無いままでした~

舞台を見て 原作を読んで
映像でまた出合ったこの作品は、
新たな別の顔を見せてくれたけれど、
やはり最初に見た舞台の印象が一番強い!
原作を読んだ時は、舞台で語られて
いなかった部分を埋めるような
感覚を味わったものでした~

長谷部(小沼)真次・・堤真一
軽部みちこ・・・・・・・・・・岡本綾
お時さん・・・・・・・・・・・・常盤貴子
小沼佐吉・・・・・・・・・・・・大沢たかお

銀幕での演じ方なのでしょう
自然体な印象で、舞台の禅さんの
あの全身全霊で入り込んで
演じる世界とはまた違った世界を
作り出していたけれど
全般的に、表面的な感を受けてしまった
映画版でした。

舞台版を先に見ているのでその印象が
かなり強過ぎる所為でしょう

すまけいさんが演じられた野平先生の

   忘れろ~ 忘れろ~
 
 ・・・・の台詞が浮かんで来る!

『レプリークBIs』エリザベート!

一冊まるごと『エリザベート』の副題の
ついたこの本 あちこちで話題ですね~♪
ウイーン版公演中だし、宝塚再演の予定もあり
時期的にいい感じの発刊ですね

勿論東宝版も割合は少なめながら
載ってます
禅フランツも・・・よっ禅さん(笑)

舞台写真とコメントと・・・
素の禅さんみっけ!

でも・・・・・あのお写真微妙~~~~(笑)

『タンビェットの唄』再演

TSミュージカル・ファンデーション
再演決定ですね~♪

2008年公演
『タン・ビエットの唄~美しい別れ~』
東京公演 :東京芸術劇場中ホール 
公演期間 :2008年2月10日(日)~2月17日(日)

 高知、大阪公演も予定ありです

出演:安寿 ミラ、畠中 洋、吉野 圭吾、
   宮川 浩、駒田 一、戸井 勝海
   川本 昭彦、福永 吉洋、平野 亙、
   島田 邦人、藤森 真貴、長尾 純子、 
   中野 祥子、久積 絵夢、土居 裕子 (敬称略)

2004年の公演を見逃してしまったので
今度は見たいなぁ~ 魅力的な出演陣!

こんな事ばかりいってるから(笑)
しかし、もう2008年の舞台ですよ~
『ミス・サイゴン』はもっと前に
発表されてましたけどね・・・(爆)
検索フォーム
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

いらっしゃいませ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
俳優
7位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りBlog
Blog開設カウンター
ブログの更新率
月別アーカイブ