現在の閲覧者数: 2007年07月の記事 - hatti元気の素 観劇 ミュージカル
fc2ブログ
プロフィール

hatti (はっち)

Author:hatti (はっち)
石川禅さん応援中!
劇団四季・東宝ミュージカル・・・時には宝塚
観劇大好きなhattiです 

記事に関係のないコメントは
削除させていただく場合が
御座います。ご了承ください。

石川禅さんのお仕事
石川禅さん
これからの予定

舞台******
ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年3月7日~29日
日生劇場
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月4日~14日
skyシアターMBS
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月19日~21日
愛知芸術劇場大ホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月26日~28日
久留米シティプラザ 
ザ・グランドホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月3日~4日(土)
熊本城ホール メインホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月11日~12日
高崎芸術劇場 大劇場
ニック役他

石丸幹二 
オーケストラコンサート2024
石丸幹二
東京フィルハーモニー交響楽団
2024年6月21日(金)
会場:東京芸術劇場 コンサートホール
ゲスト出演

********
Netflix
「モンキー・キング」
声の出演
“竜王"役 吹替=石川禅
2023年 8月19日より配信開始

Netflix
『氷がすべてを隔てても』
声の出演
アイナー役=石川禅 (3/2より配信開始)

Netflix
『サンドマン』
声の出演
第6話 吹替=石川禅

コンサート*******
★『石川禅 6th ソロ・コンサート』
2021年3月20日~21日
よみうり大手町ホール
※公演延期 ※

石川禅さんのプロフィール
FCについては
サイドバーのリンクから
ホリプロブッキング
エージェンシーへどうぞ
禅さんの舞台
石川禅さん次回は % 『COME FROM AWAY』
禅さん 出演公演
Blogランキング参加中です
見たよ 読んだよ ポチっとな!
よろしく お願いします。
2月の観劇予定

■『ハリーポッターと呪いの子』
■『夜は昼の母』
■『ジョジョの奇妙な冒険』
■『アラジン』
■『中村仲蔵』
■『インヘリタンス』前・後編
■『不思議の国のエロス』
■『テラヤマキャバレー』
■『月の岬』
■『骨と軽蔑』
■『ボディガード』
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

『ピーターパン』7.31昼公演

昼公演・・・11時開演です(笑)
そして2回の休憩をはさみ約3時間!
ほんと中途半端、幕間にパンやワッフルを
頬ばってるお子ちゃま多数でした(笑)

昨年の夏、禅さんのフック船長に呼ばれて
すいぶん国際フォーラムCに行きましたが
今年は1回だけ・・・・
それも東京楽の この日をチョイス(爆)

キャスト
ピーターパン    高畑 充希
フック船長
/ダーリング氏    鶴見辰吾
ウエンディ     劔持たまき
ダーリング夫人   比企理恵
タイガーリリー   峯 眞琴
海賊スミー     植本潤
海賊スターキー   伊藤明賢
海賊チェッコ    佐藤淳
海賊ジェークス   星智也
海賊ヌードラー   原慎一郎
迷子セール     岡本易代
迷子ドートルズ   吉岡麻由子
迷子カーリー    鬼頭典子
迷子ニブス     あべこ(胡蝶蘭)
迷子ニコ      吉川恭子

インディアンさんたち
皆さん凄い運動神経だ~

ジョン 大久保祥太郎 
マイケル 奈良柚莉愛   
         (敬称略)

鶴見フック船長
上手いんだけど・・歌が物足りない(爆)
昨年の船長は、あれだけ歌ってくれていたんだ!
と改めて実感(笑)
禅船長って やはり濃かったのね~(笑)

劔持ウエンディ
おねえさんな雰囲気の
ウエンディです
飛び跳ねたりしてちょっと無理があるかも
・・と思う時もあった?
なので・・ジェーンのお母さんになっている
シーンが、納得です(笑)

植本スミー
どなた様?なキャラを作ってます
昨年と違いすぎ (爆笑)
金髪カーリーヘアー
黒い扇を手放さず!
ほんと目が離せないよ~~
金髪のカツラ&時々坊主(笑)
独り言のように突っ込みしてるし
最前列で・・よく聞こえたわ~(笑)

峯タイガーリリー
ダンスは 振りが変更になり
ピルエットは無くなってましたね
演じる方が変わった事もあるのでしょうね
最後のジェーン役も 今公演では
タイガーリリー担当に変更になってました

比企ダーリング夫人
暖かみのあるお母さん
歌声も暖かいですね~
ジェーン役が無くなってしまったのが残念!
あれ 可愛かったのに~(笑)

星ジェイクス
あのナイスGUY 長身のジェイクス
帰ってきました 
怖い海賊さん かっこいい!

原ヌードラ
昨年の日替わりネタだった部分
ジェイクスに
一緒に行ってくれるか?と言われて
夏季講習を受けに行かないと・・・(笑)
見に行ったのが今日だけなので
さて今年も日替わりだったのかな?

佐藤チェッコ
張り切ってチェッコしてました(笑)

大久保ジョン
祥太郎くんでした
めがねを掛けてるので
ちょっと感じが変わるけど・・
楽しそうに演じてましたね

奈良マイケル
小学2年らしいけど とても小さくて・・
あの激しいダンスに食いついて
しっかり踊る 歌う! 凄いゾ(笑) 

海賊さんたち いろいろベタな
ワニネタ駄洒落を連発したり
ノリノリでしたねぇ

インディアンズも
ハイレベルなアクション


そして、フライング 妖精の粉
客席降り・・と子ども達の歓声

お隣は大人なお姉さまお二人・・・と自分
子どもが居ない・・・
絡みにくい一角なのに ようこそ(笑)
劔持ウエンディに、手を振ったら ハイタッチ
植本スミーも 軽くポンって応えてくれました♪

最後の あのダンス ってわかるかな?
フック船長とピーターが一緒に踊るのは
知っていたけど、すぐ後ろで
植本スミーとナナが 踊ってた (爆笑)

ほのぼのした舞台
2007 東京公演 千秋楽でした!

Blog管理

記事書くだけで そこそこ忙しいですが・・(笑)
Blogパーツ四季編「キャッツ」を貼ってみました
「Wicked」に続き 二つ目です

でも気づいたら、Blogの下~~の方にしか
表示されてない・・なぜだ~~~~?
という訳で、テンプレートを変えて
気分一新してみました

背景もしばらく黒仕様だったので
戻して・・・夏の日差しの如く
 まっ まぶしいかも~~~~(笑)

引き続き 皆様 宜しくお願いしま~す
                 <(_ _)>

『カリギュラ』の日程が・・・

気になる公演 『カリギュラ』 

  演出:蜷川幸雄
  出演:小栗旬・勝地諒・長谷川博己
      横田栄司・月川悠貴 ほか
11月7日~11月30日
うちマチネ公演数えてみたら11回のみ
なるべくソワレは避けたい・・・・
土日の出勤があるので、選択肢がかなり
狭められているよなぁ と公演日程じっくり見て・・・
しばし フリーズ(爆)

18日からは、応援中の石川禅さん出演の
『ウーマン・イン・ホワイト』が始まるので
既に行けそうな日には予定あり・・(笑)
ますます、厳しい~~!

でも行きたいので、仕事休むしかないかっ!
定休日は禅さんの舞台を見に行って、
更にお休み取って蜷川芝居、

お休み日が無いんですけど・・・・(汗)
   これでいいのかにゃ?(なぜか猫)

雑誌『華麗なるミュージカル・ガイド』

お高い雑誌です(笑)
本体価格 2000円也!
これに消費税ですから~

舞台関連の雑誌は 全般的に高いですよね
シアターガイドの400円は 破格値かもしれない
多分広告収益で、あの価格を維持して
いるのかなぁと・・・(笑)
・・で『華麗なるミュージカル・ガイド』
の話に戻りましょう~

パッと開くと 岡アンジョ!
そう 『レ・ミゼ』20周年舞台ルポです
続いて 日本キャストではありませんが
『ヘア・スプレー』
『Wicked』 

アクターズ・インタビュー
市村・鹿賀・山口(笑)
井上・中川・森山・川平さん掲載 

それ以降のページには 宝塚特集と
今話題のミュージカル 網羅されてます
おなじみのミュージカルがページを繰ると
次々と現れるのが嬉しくて・・

そして『エリザベート』のページには
東宝版でフランツ・ヨーゼフを演じた
石川禅さんが載ってる~~♪
しかも 若フランツの写真付きですから(笑)

それぞれの紹介ページには
縁ある日本のミュージカル俳優が一人
ページの隅とか 横に場所とって 
コメントがつく(笑)
おまけみたいだ~(笑)

グランド・ホテル = パク・トンハ
ジキルとハイド = 戸井勝海
タイタニック = 岡田浩暉
ダンス・オブ・ヴァンパイヤ = 浦井健治
ハゥ・トゥ・サクシード = 藤本隆宏
ベガーズ・オペラ = 高島政宏
ペテン師と詐欺師 = 鶴見辰吾
マリー・アントワネット =鈴木綜馬
モーツァルト = 吉野圭吾

ウーマン・イン・ホワイトについては
べっし~(別所さん)が担当
おっきな写真つき
別ページで 語ってます

お値段高いかも・・・と思ったけど 
これだけ載ってちゃ仕方ないか(笑)

『キャッツ』7・28マチネ

出没予告のとおり・・(笑)
猫屋敷にやってきました~♪
まとまりのいいキャストが揃った
公演だったように思います
会場のボルテージ度も 丁度いい感じ?

本日のキャスト

グリザベラ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 早水小夜子
ジェリーロラム
 /グリドルボーン・・・・・・・・・・・・ 遠山さやか
ジェニエニドッツ・・・・・・・・・・・・・ 高島田 薫
ランペルティーザ・・・・・・・・・・・・ 磯谷美穂
ディミータ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 団 こと葉
ボンバルリーナ・・・・・・・・・・・・・ 南 千繪
シラバブ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 紺野美咲
タントミール・・・・・・・・・・・・・・・ 河西伸子
ジェミマ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 王 クン
ヴィクトリア・・・・・・・・・・・・・・・ 宮内麻衣
カッサンドラ・・・・・・・・・・・・・・・ 永木 藍
オールドデュトロノミー・・・・・・ 種井静夫
アスパラガス=グロールタイガー
 /バストファージョーンズ・・・ 村 俊英
マンカストラップ・・・・・・・・・・・ 西門宇翔
ラム・タム・タガー・・・・・・・・・ 阿久津陽一郎
ミストフェリーズ・・・・・・・・・・・ 杜 彦昊
マンゴジェリー・・・・・・・・・・・・ 武藤 寛
スキンブルシャンクス・・・・・・・ 岸 佳宏
コリコパット・・・・・・・・・・・・・・・ 王 斌
ランパスキャット・・・・・・・・・・・ 張 沂
カーバケッティ・・・・・・・・・・・・ 劉 志
ギルバート・・・・・・・・・・・・・・ 范 虎
マキャヴィティ・・・・・・・・・・・・ 片山崇志
タンブルブルータス・・・・・・・・ 張 野


早水グリザ
聞かせどころのメモリー
素晴らしかった~
歌い終わり・・・・静寂の中
グリザは去って行きます
でも、その歌の世界に引き込まれ
拍手すら出来ないっ!
その分カテコでの拍手が大きかったです

磯谷ランペル&武藤マンゴ
小気味の良いダンス
タイミングやら合わせにくい
ナンバーだと思いますが
ここがピタっと決まると満足度が
ぐっと上がります(笑)

団ディミータ&南ボンバル
マキャ・ナンバーも同じく
二人の呼吸が合ってこそ・・・・
歌もダンスも、キレイでした
団ディミータ 気性の荒い猫の
筈ですが・・・可愛いです(笑)

紺野シラバブ
子猫ちゃんなのでOKなのでしょうか
お歌が舌足らず感ありませんか?
早水グリザとハモリ部分では
特に感じてしまったのでした

岸スキンブル
楽しそうなスキンブル
歌声も癖がなく素直に伸びてる~
ノーブルな印象のスキンブルです

村ガス・グロタイ・・
余裕のグロタイ/バストファー(笑)

今日はグリドルボーンとのシーンで
杜ミストが扮する手下君
グロタイが目を離した隙に
グリドルボーンのほっぺに
チュッてしてましたよ~♪
グロタイ気がついてますか~?(笑)

阿久津タガー
見る度に弾け度UP!
遊びも感じられます
でもでも~阿久津君まんま!
メイクもわかりやすいっス (爆)

キャッツはキャスト・コメント
全部書くとなが~くなるから
省略形で・・ヾ(゚д゚;) スッ、スマソ

ネーミングはタントミールが近くで・・
握手は種井デュト様でした
一緒の友は・・阿久津タガーと
握手してたし~(笑)

カテコもしっかり タガー〆
襟で煽って・・歓声 ヒューヒューも混じる
一発照明消しのあと
もう一度 トースター陰から覗き
シッポで バイバイ
ここまできっちりやらなけりゃ
お客さん席立たないし~(笑)

あ~~楽しかった!
クイズ・リレーも忘れずに参加で、多分正解
・・でもって 今回も何も無いと・・(笑)
抽選ってまず当たらないし・・・
いいのよね 参加する事に意義がある!
 
      負け惜しみだけど!(笑)

壁紙変更!レ・ミゼ編

東宝「レ・ミゼ」BlogからDLした
ジャベーズの画像をMyパソ君の
壁紙にしてみました(爆)

自分行けないのに 博多座の文字が・・・(笑)
画像サイズが、それなりにあるので
鮮明で綺麗ですが
PC起動の度に 4ジャベーズに睨まれて
何気に怖いです(笑)
禅ジャベ 端っこなので、よく見えるように
アイコンの整理整頓!
デスクトップがすっきりしました~
 
 思わぬ効用があるもんだ(笑)

『石川禅後援事務局』ZーAngle

禅さん超多忙~~!と
パソコン君の不調のため
発送が遅れていたらしい(笑)
Z-Angleの会報誌が来た!

会員継続のお知らせも同封です
早いね~(しみじみ)
また1年経ってしまった!

思い立ったが吉日と会期など気にせず
途中入会したのを思い出す。
こういった組織に初めて入ったので
どんなもんかいな?と思ってましたが、
禅さんらしく 会のほうも地道? 
派手派手な事もなく まったり感
あふれる素敵な癒し空間
いつの間にか また一年の時が
過ぎてましたね~♪

いまだに他の会は知らず
比較など出来ないけれど
居心地のいい会(笑)

ふと感慨にふけってしまった~(笑)

・・・・・とMIXI日記にUPしたけど
こちらにも会報到着の記録を
残しておこう(笑)



週末は、『キャッツ』

猫屋敷 7月の出没予告!
週末 回転・・まわって来ます(爆)

クイズ・リレーも参加します
マニアックな問題なので
正解出来るかな?(笑)
6月 正解してた筈だけど
静かなもの (笑)
抽選に外れると 何もないんだよネ

猫さんたち
前回キャストとは また変更あり
(直前変更なけりゃ・・・)
早水グリザが戻ってる~♪
阿久津タガーも久しぶりな気がする
最近ヴィクは、宮内さんが多い気がする
杜ミストの回転が気になったりする(笑)
岸スキンブルだし~

ではでは 週末

それでは・・ミュージカル『キャッツ』開演いたします!(笑)

チケット着々と 増殖中!

☆『モーツァルト』井上ヴォルフ
☆『LIGHT IN THE PIAZZA』
☆『キャッツ』 回転最前&
         回転2・3列GET!(笑)

四季『ウエスト・サイド物語』に続き
プレ先行&会員先行で 3公演チケ鳥捕獲完了
『モーツァルト』は、クレジット枠で
押さえた井上君枠 クレジット系は
井上君の日が多い気がする  
中川君はソワレ公演が
少しあったけど日程があわず・・残念
中川ヴォルフ!かも~~~~~ん!!
井上君だけって訳にはいかないわ~(爆)
どっかで押さえなきゃ

そして、『☆お願い~!』と声かけてある某所
『欲望と言う名の電車』・『ハゥトゥ・サクシード』
 も 多分追加になると思われま~す(爆)

新国立劇場のギリシャ悲劇三部作のうち
アンドロマケとアンティゴネの
2作品だけ 見たい・・(わがまま?)
3演目通し券悩み中 

博多へは行けないので、禅さん祭り小休止の
割りに 増え方が激しくないか?

んっ? ちょっと待て!
禅さん 博多で9・10月 
11月ウーマン・・・ これは12月2日で楽!
それ以降は空き?
あっと『ウーマン・・』地方公演あったか~(笑)
年内の舞台予定がこれから発表って
ことはなさそうだし・・・
本公演が 少し空くってことは
年末の1日を Z- Angle会員と過ごそうって
考えたりしない?(笑)
公演予約と 禅さんのイベントが
かぶったら やだ~~~~!
スケジュールあけておいて
なんにもないのも やだ~~~(笑)

だんだん年末年始の予定が埋まって行くゾ

禅さ~~ん もし予定がわかってたら
大人の事情もあると思うけど・・・(爆) 
早目に教えてネ


NODA・MAP『キル』

気になる公演の 続き・・・(笑)

NODA・MAP第13回公演

 『キル』

公演期間 2007年12月から1月
会場:Bunkamuraシアターコクーン

速報チラシが入ってました
しかも出演が、妻夫木聡 広末涼子
   高橋恵子 勝村政信 村岡希美
   市川しんぺー 小林勝也 高田聖子
   山田まりや 中山祐一朗
  そして 野田秀樹 (敬称略)

野田さんの演出は、自分的には
合わないと感じる部分もあるけれど
なんとなく 見ちゃってる(爆)
で 結果 不満もなく劇場を後に
してるんだなぁ  なんのこっちゃ?(笑)

多分 行けたら行くんだろうな~♪

『カリギュラ』

気になる公演で タイトルがあがった
この公演 蜷川芝居(笑)
『カリギュラ!』
bunkamura シアター・コクーン
2007年 11月7日~30日の上演期間だ!
カリギュラ

 出演者には・・・・・・
    小栗旬 勝地涼 長谷川博己 横田栄司
    月川悠貴 廣田高志 塾一久 青山達三 
    磯部勉 若村麻由美・・・・の名前が並ぶ 

チケット争奪戦・・・・
蜷川・三谷はいつも激戦なんだよねぇ(笑)
自分都合で行けないのはあきらめもつくけれど
チケットが取れないのって凄く悔しい~~~と思う(爆)

一応 参戦の予定 先ずはチケメから。
結果はいかに?(笑)

その前に日程が・・・(汗)
いける日はあるのか~~?

07年 8月の観劇予定

7月も 後半に入り、観劇予定は
あと2公演・・・・ まだあるんかいっ!
と言う突っ込みは スルーさせて
頂きま~す(爆)

そして、8月も『レ・ミゼ』祭り続行中ー 
3ヶ月目に入り、息切れ・・・・
している暇はなさそうだ
ますます熱いらしい(爆)

8月予定
■レ・ミゼラブル×5回
石川禅メンバーズ・ギャザリング
    ×2回
■宝塚『エリザベート』
■キャッツ
■地球ゴージャス
  『ささやき色のあの日たち』
■錦繍
■ライオン・キング
■Wicked

お決まりの四季定番3演目
『キャッツ』クイズリレーも参加の予定(笑)
それに 禅さん本舞台中なのに
メンバーズ・ギャザリングの開催もしてくれる!
中身の濃い8月です~
本公演中なので、M・Gの話題も
多分コレが多いだろうと予測
めっちゃ 楽しみ!

久しぶりの宝塚もあります

苦労の果てに~♪
勝ち得たものを捨てられるか~♪
・・と思わず歌ってしまったレミゼ・モード(笑)

人気演目 宝塚版『エリザベート』
友の会などに縁がないので、
あちこちを探し、予定枚数終了の憂き目を
見ながらも なんとかA席GETで~す

一ヶ月の観劇数
以前 12演目予定を入れて
たいへ~ん 怒涛の月間なのだ!
と言ってましたが
いまやそれが普通っぽくなってるぞ (爆)
禅さん絡みで7回もあるし~ 

 禅さ~ん たくさん逢えて嬉しいよ!

『エクウス』7・22マチネ

劇団四季『エクウス』
少年アランと医師ダイサードの
緊迫の心理戦
心の細部・暗部を言葉を選びながら
切り出して行く・・・・・・
アランは何故 愛していた馬の目を
ピックで突いたのか?
正常と異常、そのはざまにあるのは?
心の闇を抱えて生きる・・・・
アランにとって エクウス(馬)は
聖なるもの
馬のひずめの音が、耳に響く
ダイサードは、言葉鋭く問い続ける
けれど、その結果は
アランを救うことが出来たのか
見る側にも 問いかけてくる
 『エクウス(馬)』
今公演は、思い切ってステージ・シートを
予約してみました

舞台上に用意された席で
目前で演じられる 演者と同じ目線の舞台
客席に向かって演じるので、
裏側から見ることになる・・・
台詞もこちらを向いて発せられる
事は少なくて・・・
劇として楽しむには、1FS席一番(笑) 
ステージ・シートは、
やはりリピーターさん、お奨め席かな?

本日のキャスト
マーティン・ダイサート・・・・・日下武史
アラン・ストラング・・・・・・・・・望月龍平
フランク・ストラング・・・・・・・山口嘉三
ドーラ・ストラング・・・・・・・・・木村不時子
へスター・ソロモン・・・・・・・・ 中野今日子
ハリー・ダルトン・・・・・・・・・・ 緒方愛香(劇団昴)
ジル・メイソン ・・・・・・・・・・・・田村 圭
ナジェット・・・・・・・・・・・・・・・・ 田島康成(劇団昴)
看護婦・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 岡本結花
馬たち ・・・
 岡本繁治  芹沢秀明  徳永義満  
 渡邊今人  森 健太郎


一部キャストさんだけ抜粋
(手抜きとも言うかな?(笑)

日下武史 ダイサート
重々しい日下翁 貫禄ですね 
アランを問い詰める・なだめる
はぐらかす 緩急自在です

望月龍平 アラン
馬との出会い・高揚感・絶望
あらゆる感情・・・
ストレートにぶつけてくれます
ダイサードに対してですが・・
こちら(客席)にもしっかりと
伝わって来る

中野今日子へスター
アランをダイサードに引き合わす
温かみのある弁護士
四季ストレート・プレイの常連さんと
なりましたね

田村圭 ジル
最初の登場で・・・木村花代さんかと
思いました~ 良く見ると別人(汗)
ちょっと気の強い 年上の女性

馬たち ・・・
 岡本繁治  芹沢秀明  徳永義満  
 渡邊今人  森 健太郎
独特の馬の表現なのですよね
ジルバーのラインで現した
馬の頭部のかぶりもの
高下駄のような ヒズメ
そのヒズメで 床を蹴る
並足で走る・・・

ステージ・シートでは、
やはり 演者の呼吸というか
緊迫感などがスゴイ!
息を詰めて見入ってしまう
新たな舞台とのふれあいでした

回転する 盆の上に
四角いステージ
長椅子を置いたシンプルな舞台

開幕・・・幕は最初からあいていて
舞台上に置かれた椅子と
四角く区切られた一角
ここが病院になり アランの家になり
厩となって・・・ゆく
ステージ・シートの一部を使い
役者さんが登場 待機します
暗転のみで舞台は進んでゆく・・・・
1幕終りも2幕開幕も 終りも
幕がおりる事無く 暗転で退場
これも初演と変わらずに面白い

  四季 『エクウス(馬)』

ダイサード×アランの渾身の舞台でした

BS2 『ヒヤシンスブルーの少女』放送決定!

確かこのタイトルだったと思うけど・・・・
禅さんが 吹替え演った作品

石川禅 吹替え作品も何気に多いですから~(笑)

長編ドラマ「ヒヤシンス・ブルーの少女」放送決定!

BS2 9月13日(木)

午後9時00分~10時40分
17世紀のオランダの画家フェルメールを
モチーフにしたオムニバス・ストーリー。
出演:グレン・クローズ、トーマス・ギブソン、ほか
アメリカ作品

ず~~と放送未定で 気になっていたので
時々チェックしていました

まだだいぶ先のお話ですね(笑) 
そういえば・・・・
映画『ふみ子の海』も秋公開らしい
駅員姿も気になるなぁ~


『ザ・ヒットパレ-ド』7・19ソワレ

~ショーと私を愛した夫~と
サブタイトルのついたこの作品

幸運にもとちり席 どセンターの
良席から拝見させていただきました

戸田恵子さんのお名前に惹かれて
取ったチケットなのですが
そしたら、北村さん・升さんもご出演でした~(笑)
杉崎さんの弾けたやんちゃぶりに笑い
原田泰造さんも初ミュージカル
思ったとおり・・(笑)
歌がきつい?ながらも、好演だと思いました

キャスト
◆原田泰造 (渡辺晋役)
◆戸田恵子 (渡辺美佐役)
◆堀内 敬子 
  (ザ・ピーナッツ/妹・伊藤 月子役)
◆瀬戸 カトリーヌ (
  (ザ・ピーナッツ/姉・伊藤 日出代役)
◆升 毅(山崎役)
◆北村 岳子(洋子役)

◆杉崎 真宏 
◆和田 正人 
◆RAG FAIR (敬称略)
    
和田正人・杉崎真宏ご両人は
いろいろな役を演じてます
そしてRAG・FAIR 出番は多いです

NEWミュージカルとタイトルあり(笑)
なので こだわってはいけないでしょうか?

シン(原田)さん 歌弱いっ!(笑)
キャラ的には いい雰囲気だと思いますが・・
笑顔も、動きも・・・まだ固いですね~(笑)
周りが 戸田さん 北村さんだし~
升さんも、ストプでばかりお目にかかって
いましたが・・・奮闘!

仲間だけど・・・時の流れの中で
隔てられて行く寂しさがあって
しみじみとしてて良いです
ここに、洋子(北村)さんが
昔の仲間で、夫婦と言う役どころ
・・を上手~く演じて鉄壁の布陣(笑)
ほろりとするシーンもしっかり
織り込んで、長い上演時間のわりに
舞台展開は、早く進みます

「ザ・ピーナッツ」に扮した
瀬戸カトリーヌさん&堀内敬子さん
二人は、息ぴったり
歌だけでなく 台詞も揃ってます
懐かしい歌の数々 素敵でした~♪
双子には見えないかな?
・・可愛いから別にいいけど(笑)

歌の数々・・メドレーで、本当に
たくさんの曲が使われていますが
これを歌うのが RAG FAIR
けれど RAG FAIRの歌のメドレーシーン
なんとなく 座りが悪い感じ?
お芝居の舞台用の歌ではない気がして・・
これは 単なる偏見でしょうか(爆)

クレージーキャッツに扮したシーンも
ありますが、かなり無理があり
大きな名札はないでしょ!(苦笑)

まぁ名札を付けても
わからないし~(笑)
・・と言いたい放題・・(反省!)
 
彼らの特徴を生かして各シーン
登場してくれますので
ファンの方は・・素敵!と
なること必至だと思いま~す


 シンさんの スマイ~ル!
 ミサさんの笑顔
   
    元気をもらったよ!



気になる公演 7月編

再演決定!
『歌わせたい男たち』
2008年3月1日から23日
新宿 紀伊国屋ホール

戸田恵子 大谷亮介 小山萌子
中上雅巳 近藤芳正 (敬称略)

気になっていて見られなかったこの舞台
今度はいけるかな?

『カリギュラ』
2007年11月7日から30日
Bunkamuraシアターコクーン

小栗旬 勝地涼 長谷川博巳
横田栄司 月川悠貴 廣田高志
若村麻由美 ほか (敬称略)

NODA MAP『キル』
2007年12月から1月 
Bunkamuraシアターコクーン

妻夫木聡 広末涼子 高橋恵子
勝村政信 高田聖子 市川しんぺー ほか
(敬称略)

『身毒丸』復活
2008年3月7日から4月10日
彩の国さいたま芸術劇場

藤原竜也 白石加代子(敬称略)


ちょっと拾ってこれです
チケ戦線 厳しそうな演目ばかり?
みんな 気になるんだもの~(爆)

『お気に召すまま』7・19マチネ

蜷川演出『お気に召すまま』の舞台
アーデンの森に行って来ました~♪
再演という事もあり、ネタばれしてますが・・
お許しあれ(爆)

成宮ロザリンド 
     美しい姫君役 ドレス姿も華麗に
     可愛い・・・・(汗)
     けれど、より魅力的なのは
     追放されて男の姿に身を変えてからって 
     どう言うこと?(笑)
        
     男が女性を演じる設定で
     その中で男装をするので
     訳わかんなくなりそうなのに
     ちゃんとわかって・・・・・     
     なんか、その落差が、笑いを誘う
     男の子にならなくてはいけない
     シーンで女の子になってるのが
     と~~ても可愛くて・・・・(笑)
     その憂いを秘めたようなメイクも、GOOD!
     惜しいのは、時折入るブレス?のような声
     成宮君の特徴でもあるけれど
     役の上からすると気になりま~す
 
小栗オーランド-
     水際立った貴公子振りで 
     一途に恋しておりました~♪
     でも 男の子(ロザリンドが変装)相手に
     翻弄されているのが、貴公子らしくて・・・
     舞台栄えしますね 

月川シーリア
     いつも言うけど 美女です!
     違和感なく冷たい美女ですから~
     行動力もありますね
     ロザリンドが一緒でなければ死んでしまう
     ・・と言っている割りには、シニカルな雰囲気で・・
     その突き放し感 絶妙ですわ~(笑)

吉田前公爵
     豪胆な、そして人を魅了する公爵とかを
     演じさせたら嵌るんですよね~(笑)
     渋い統率力のあるリーダー
     追放された不遇の公爵です
     
高橋ジェイクイズ
     宮廷を追放された人々の一人    
     同じく追放された人々の中に
     在って自分だけ斜に構えている
     この作品で不思議な存在感を放って
     傍観者のようなジェイクイズの
     観点が面白いですね
     今回も、シェイクスピアものお決まりの
     長台詞ありです(笑)

タッチストーンの恋やら シルヴィアスの恋も絡み
あちこちで大騒動で、4組の恋人たちが 
HappyEnd(笑)

通路多用の蜷川芝居
目の前の通路では、ご機嫌斜めのフレデリック公爵
当たり散らして 従者を杖で殴っていた
あれ マジに背中に当たってたよ(怖)

お小姓君ズの中に 某大作ミュージカル『M・A』に
出演していた 桝井賢斗君発見しました
子役ちゃんたちも可愛い~
そしてとっても、目を引く出演は
 坂本メイ君? 
なんと  本物の羊さんです(笑)
メイ演技を魅せてくれましたよ   

日常を離れた アーデンの森
ロザリンドのお願いの魔法

これは 効く~~!

『お気に召すまま』と『ザ・ヒットパレード』

どちらも長かった~~(笑)
『お気に召すまま』 
1:30開演で、会場を出たのは、5:00近かった
(開演5分くらいは押してたような・・)

そして『ザ・ヒットパレード』
7:00開演で 会場を出たのは
10:00過ぎです(笑)

それから 地下鉄・電車を乗り継ぎ
約2時間(爆)
なんとか午前様セーフか?の
微妙な時間のお帰りとなりました(笑)

明日は仕事だし~
レポはまた・・・と言うことで・・yoroshiku !

『お気に召すまま』チケット救済

一緒に行くはずだった友人が
急遽行けなくなりました

公演『お気に召すまま』
 bunkamuraシアターコクーン

本当に急遽なので・・日程は
明日19日マチネ 13:30開演

1F J列 端席です
チケット代割引可

ご都合つく方がいれば 
ご一緒にいかが? メールお待ちしています
Blog サイドバーのメールをご利用ください

チケは当日会場で!


『レ・ミゼラブル』カテコ動画

東宝『レ・ミゼ』Blogで、
SP公演カーテンコール&SPキャストの
コメントがUPされてま~す

禅マリウス歌穂ニーヌ
お二人のほのぼのうるうるトークが
見られます
終わってしまったんだなぁ~と
寂しい想いも感じてしまいますが、

終了後のインタ
お二人とも お疲れのところ
すがすがしい表情が、なんとも印象的です

改めて、良い舞台だったと・・・
 
      しつこい?(笑)

『レ・ミゼラブル』禅マリウス祭終了

昨日の、『レ・ミゼラブル』でひとまず 
『勝手に禅マリ祭』は、終わってしまいました

SP公演 5公演を見ることが出来て
バルジャン・ジャベール
そしてSPキャスト 軸になる役が
生きると、舞台も生きる
今回の公演 禅マリ祭と 公言して
はばからず・・・・(笑)

禅マリウス視点の 観劇でしたが
これほど泣けた事はなかった~
禅マリウス現役の時でも
これほどじゃなかったなぁ
これは 現在の禅マリウスが
現在、出来るマリウス像を演じてくれたからだと
信じて疑いません

特に、今回砦の学生たち
アンジョやグランデールとの絆が
際立って・・・アンジョルラスや
グランデールの行動までが
なんとくっきりと見えたことでしょう

コゼットの恋をからかわれたマリウス
すこしだけ むっとしてます(笑)
注がれた酒も飲まず
・・何気なく置いてしまう

アンジョの決意に共に戦う決意を
した後は、一気飲みをしてますね

エポニーヌの死に・・嘆くマリウスを
フッっと抱きしめるアンジョルラス
(肩をたたくアンジョもいたっけ・・・)
そのアンジョルラスに まったく自然に
大丈夫だ!と応えている
けど大丈夫じゃないんですね

戦いが始まりアンジョと共に戦っては
いるけれど、禅マリウス
・・泣きながら戦っているのです

~誰も寝るな~♪
見張りにつこうとするマリウスに
アンジョルラスの
~マリウス、少し休め!~
の台詞はここに繋がってくる
立ち直っていないマリウスを
気遣ってますね

一瞬、いやっ 大丈夫・・・・と言いかけて
力なく見張りから降りてくる
言葉はないシーンですが、
きっとそう言ってる!

ここまでの 流れの中で台詞は
マリウス 少し休め!だけしかないのです

死など無駄じゃないのか?と歌うグラン
休んでいるマリウス 
共に戦う仲間を見つめていますが
どことなく空虚感の見える視線
でも禅マリウスは回し飲みも
しっかりします
ここで グランの隣に座り直しながら
スッと近づきます 寄り添いながら 
死んでもいいさ~♪
捨て鉢でもなく、あきらめ・空しさも、感じられず
なぜか、明るささえ見えるのが、なんとも
切ないのです
死を覚悟して 無になってるのかも
しれないと思える透明感のある歌声でした

グランと目を見交わして、微笑むのが
悲しみを誘います
グランのお腹あたりに ツンッと軽いパンチ!
戦う同志が納得出来てしまう
コンブフェールとも・・・・・ですね
台詞がない部分でも友情が
見える禅マリでした

だからこそ
感情に流されない
押さえた歌いだしのカフェ・ソングが
より素晴らしい
対立していたアンジョルラスと
いつものように皮肉っぽい
笑みを浮かべたグランが並び
あたたかくマリウスを見守る・・

まっすぐでピュア 誠実なマリウス
苦悩し 真摯に生きた
愛された者・・・

 明日が来るぞ~~~♪
マリウスと共に過ごした3時間でした!

そして今日になっても
感動がさらに押しよせて来る
シーンを思い出すと涙が・・・・
こんな公演は、久しぶりのこと!

『レ・ミゼラブル』7・16マチネ

SP公演 最終日
いよいよ禅マリウス&歌穂ニーヌとも
お別れです
2005年を最後に、もう石川禅
演じるマリウスを見られ機会は無いだろうと
思っていましたが 嬉しい誤算(笑)

若さが、なければ表現できない部分が
あっても、それを補って余りある深い役作り・・・
本日も、役者石川禅 に魅了されて来ました

本日のキャスト
lem070716zen


今日も禅さん ウオッチング
思う存分してきました~
囚人から  農場・司教館
労働者・治安官・裁判官
一日の終わり・は
後ろの方に位置しているので、
前にいる役者さんに
隠れてしまう事があるので
なかなかウオッチングも大変です
ちょっとした動作が ツボ
うなずきもよく見られますね(笑)

ここまでで 舞台はけっこう進んで
しまいま~す
馬車が暴走して来るわ~ 
さらに バルジャンの自首まで
これで、いいんでしょうか?(笑)

山口バルジャン
ミュージカルの人だなぁ~とつくづく思います
だた バルジャンになっても・・
最近続いていた マントの役が
体から抜けていないの?(笑)
対決シーンでも バルジャンの手の動きに、
ついマントを着せたくなりますが・・(笑)
砦でマリウスを見つめる眼差しや、
エピローグでのコゼットを愛する
様子が優しい・・・・・バルジャンです
今日も、ぬくもりのこもった歌声
沁みこんできました

今ジャベール
相変わらず 熱いジャベールです
stars♪ 溜め加減に歌う 今節です
低い声がきつい気がしてしまうけれど
気迫がスゴイです
自殺♪ ここでも表情・動きともに豊か
深いセーヌ川に身を投じて逝きました

富田コゼット
しばらくぶりの 富田コゼット
随分表情が豊かになったと・・・
高音もあまり弱さを感じなくなったかなぁ
なにぶん コゼットの歌う曲が、
あのメロディなので、聞く方も
難しい?(笑)

東山アンジョ
岸アンジョを2回見たあとなので
若い・・と思うけど
こちらも落ち着いたリーダーぶり
岸アンジョ どんだけ老けてるんだ?って
話ですが・・・いや 岸アンジョは
雰囲気が大人なんです
まぁまぁ お気になさらず・・・・
今日なら、隣にSPマリウスが控えてますから~(爆)

駒田テナ&森テナ妻
阿吽の呼吸?
二人の呼吸 ぴったりですね
だからこその遊びの余裕も
生まれてくる・・
でも 遊びすぎちゃや~~よ(笑)

歌穂ニーヌ
今日もエポでした!
この一言に尽きます
オン・マイ・オウン♪ 
ブラボー!が出てましたが
ここではあまり声は掛けて
欲しくないです
余韻に浸りたい~~~
一瞬の静寂後
嵐のような拍手です

禅マリウスとの
恵みの雨♪ しっかり切ない!
切なさを余すところ無く伝えて
くれると・・・言いたいのですが
あのシーンは言葉では
伝わらない!
今日を限りに見ることは叶わなく
なってしまうのですね(泣)
 (あっ 博多があった~~ 爆)

そして禅マリウス
心に焼き付けておきたい禅マリウス 
熱く命にふれた人~~~♪(笑)
まっすぐで ピュアで 心優しい
(誉めすぎですね~)
ちょっと 鈍感・優柔不断な面も
全部ひっくるめているのが禅マリウス
その禅マリウスが 歌うカフェ・ソング
しっかりと覚えておきたい!

SP公演最後の日!なので
お花を拾ったキャストたち・・・
あれ SPの二人を中央に
行って~~と

真ん中になった二人
照れくさそうに 顔を見合わせ

僕? てな感じで
禅さんが ご挨拶を始めました
~この役は賞味期限と言うのがあると
以前の記念公演の時、言ったと思うけれども
実は・・先日43才になりまして
  と・・自分で年をばらす!(笑)
若い時では解らなかった部分
こう 演じれば良かった!とか
こうしたかったとか言う部分がいろいろ
出てきたのを 本舞台で演じさせて
もらえるのが嬉しい~
そんな内容を、禅さんなりの言い方でご挨拶

この挨拶の中で 歌穂さんの年の話まで
つい ばらしてしまった禅さん(爆)
歌穂さんにらまれて・・でも気づいてない? 
(ちょっと やばっ!て顔してたか)
カテコの列に戻り ニコニコですよ
まだ、マリウス演ってるの?
エポの気持ちに気づこうよ(笑)

禅マリウス
世界のエポニーヌ! と
歌穂さんに挨拶を促します

歌穂さん
40代のコンビです(笑)
挨拶を言いはじめたら
涙ぐんでしまった歌穂ニーヌでした
その涙をみてしまったら 
いろいろ言っていたのに
こちらもじわ~~としてしまい
忘れてしまいました

挨拶のあとに お花投げです
熱かった舞台と 思い切り
役に向かい合えたと笑顔で
カテコにいるお二人

アンコール・拍手はさらに続き
SP公演の定番となった
禅マリウスが歌穂ニーヌをおんぶで
捌けて 幕となりました

思い出に残る舞台だよ~ 素敵だったよ~   

  歌穂ニーヌ  禅マリウス


『レ・ミゼラブル』7・15マチネ

台風の真っ只中(笑)
横殴りの雨と、列車のダイヤ乱れを
気にしつつ・・・・帝劇まで出かけました
ふぅ~~ 飛び乗った列車の
次の便は 運休だってさ~(爆)

『レ・ミゼラブル』SP公演 4回目
嵐の中 舞台は帝国に開演です
期間限定禅マリウスは
いよいよ明日まで・・・・となりました!
lm0707015

冒頭の囚人シーンから
今日も禅さんチェッ~ク 入ります(笑)
囚人
定位置で、今日も真面目に作業中
かなりの重労働・・でもバルジャンが
呼び出されてる時、お隣と会話なども
してるし~(笑)

農場・宿屋
こちらでは、人々の周りで
覗き込んでいるような感じが多い
宿屋ではバルジャンのかばんを
放り出す・・
投げ出すというより 置く感じに近いか
禅さんらしい と変なとこで納得(爆)

司教館
取り押さえられたバルジャン・・・
この騒ぎに集まってきた見物人禅さん
警官をうしろから覗き込んだりしてますが
頭のバンダナ?目立ちますね(笑)

工場
禅労働者、本日は左手が痛いらしい
だから金くれ~ ポーズしてました (笑)
その後ファンテのいるほうにまわり はやしたて役

治安官
事件の真相詳しく話せ~♪
ジャベールと共に治安官マリウス(笑)
治安官アンジョ・クールフェラック治安官
硬い表情で他の人を制しています
この制服姿 お似合いです

裁判官
ここは、アンジョとの並びが美味しいシーン(笑)
違う~~~~って!
真面目なよい子はしっかりと
バルジャンの自首を見ましょうね
多分? こちらが本筋なのです(笑)

・・・・と ここまで、一味違う『レ・ミゼ』
楽しんできましたが、ここからは、
禅マリウス登場を待つばかり!
禅マリDayが始まってから
コレばっかりですから~ ^_^;

誰が導くか~♪
今日もマリウス声 健在です
さらに若くなってないか?
と一人つぶやいてました~

岸アンジョルラスとの今日の公演 
コゼットと出会ったマリウス・・恋に落ちた
マリウスを、はやし立てたりする
仲間を制止しつつ 自由への道を説く
アンジョ 立ち上がろう~♪
共に立ち上がるマリウス
信頼すべき仲間・・がここにいる
二人の姿が カフェ・ソングの嘆きに
繋がってゆきます

エポニーヌの死
腕の中に抱きしめていたエポニーヌが
運ばれて・・・唖然としているマリウス
ふらふらと立ち上がるマリウスを
ガシッっと抱きしめるアンジョ
大丈夫だ!と抱きしめ返すマリウス
このシーン!
二人の心が見えて来て
ジーンと来ます!

砦のシーン
死など無駄じゃないのか?
と歌う グランデール
死んでもいいさ~ コゼットは旅に出る~♪
と歌うマリウス
それを見つめるアンジョルラス
このシーンも泣かされます

岸アンジョルラスと禅マリウス
間合いがとても 良い~

山口バルジャン
~彼を返して♪ などは充分謳い上げて
くれるのですが・・・・
台詞っぽく言うようになった部分が
増えたので、”山口祐一郎の歌”を
聞こうと思うと物足りないと
思うかも知れませんね
今日もテナ夫妻にお金を渡すシーン
3枚目の紙幣はテナの帽子の上(笑)
この渡し方がお気に入りのようです
リトコゼチャンぐるぐる・・・
よいしょ!と言ってからですね(笑)

岡ジャベール
ファンテーヌの願い
本当に冷たく突き放す・・
冷酷なジャベール像です
砦のバルジャンに命を助けられるシーン
解かれた縄が首にかかったまま・・
最後の最後 むしりとって 去ってゆく
これもありですね
対決も山口バルジャン相手に
ジャベール!も揃ってキレイに決まります
stars 岡ジャベの場合は 歌です
自殺・・叫ぶような歌い方もしながら
落ちて行きました~

徳井テナ&瀬戸内テナ妻
テナ妻の方が絶対強い!(笑)
声質・歌い方が他のテナ妻さんと
一線を画します(爆)
あまり拝見する機会がないので
慣れてないからか ちょっと違和感が・・ryu

徳井テナは、今日一箇所 
めっちゃ オケとずれていて 
なおかつ必死に歌ってる感が感じられて
しまうのですが・・・(汗)

今井ファンテ
すみませ~ん
工場あたり ず~~と禅さんウオッチのため・・
ファンテの登場シーンから お留守状態です(爆)
貫禄のある歌穂ニーヌの娼婦姿は
チェックしてるっぽい (笑)

辛島コゼット
コゼットの歌は・・やはり難しい
よ~く聞くとしっかり歌ってくれてますが
なぜか 上手に聞こえなくて・・
でも三重唱などキレイに聞こえて来ますよ~

岸アンジョ
マリウスとの絡み方が、一番好みかも
間の取り方が上手い
あっ それとアンジョの赤旗の上の死のシーン
岸アンジョは両手の開き方が
小さいので、下で亡くなっている
ガブローシュとのシンクロがちょっと微妙に
なってます
このシーンは 拍手しない方なのですが
ビジュアル的に考えられたシーンならば
シンクロがキレイに見えたほうがいいのかなぁと
思ったもので 一言だけ・・

歌穂ニーヌ
オン・マイ・オウン
少し かすれてしまった~
それでも歌の心は損なっていない
声の情感が伝わってくるので
切ない~

禅マリウス
登場前の いろいろ禅さんから
書いてますから・・書くことが無くなる?
いえいえ いくらでも 続きますが
きりがないので すこしだけで・・(笑)

恵みの雨♪はもちろん素晴らしく
絵になるシーン(泣)
カフェ・ソング 聞いていたら
やはり涙が溢れてきて困った(笑)
ここのシーンには毎回泣かされる~!
感動的な名場面の禅マリ 
脳裏に焼き付けておかなければ・・・

しかし熱い舞台は、時間の経つのが早い
エピローグ 幸せなコゼットとマリウスを
亡くなっていったバルジャン
エポ・ファンテそして学生たちが
囲んで・・・・列に入れよ♪

『レ・ミゼラブル』SP公演
今日も素敵な舞台でした
台風に喧嘩を売って出かけて来た
甲斐があると言うものです(笑)

カテコも、台風バージョン?
なんと祐さまバルジャンから
ご挨拶がありました
~ 台風の中 靴の中がぬれても暴動も起こさず
  帝劇の席に静かに座って 『レミゼ』を
  見ていただいて有難うございま~す
 こんな意味合いの事だったかな?

そんなお客さまがたなので、カテコアンコール拍手も
何度も続きま~す

SPキャストの二人を中央に・・
禅マリウスの おいで~ポーズ(笑)
遠慮がちなエポをしっかりハグ!

辛島コゼットと歌穂ニーヌ 両手に花状態の
禅マリウス だったり

岸アンジョと一緒だったり

岡ジャベと歌穂ニーヌと禅マリ 
3人で捌けていったり

最後の最後は、 
禅マリウスの歌穂ニーヌ おんぶで
 
    さよなら~でした!



そういえば・・・・

続きを読む

『ウェスト・サイド・ストーリー』チケットは・・

禅さん祭りの『レ・ミゼ』にも行かず
珍しく 家に居るゾ(笑)
でも おとなしいと思ったら大間違い!

四季『ウエスト・サイド・ストーリー』
12年ぶりの上演!
いつもの如く キャストの発表も
製作発表もありませんが・・・(爆)
チケット発売日が今日ではありませんか(笑)

10時きっかりに電話作戦開始です
ネットの方は、何度か繰り返してTRYしても
ぜんぜん廻らず・・・
電話の方が繋がるチャンスが多いらしい
何とか2公演押さえてみました
4列 と 5列だって!
あら~~まだネットの方は
サイト探しのたびの途中だ~ (笑)

演出の都合によって 前方座席が
取り払われたりするのですが
さてこの公演は何列目が最前なんだろー(笑)

『レ・ミゼラブル』7・13マチネ

本日も禅マリウス・ディ~♪
優しくピュアな禅マリウスに
会いに来ていま~す(笑)
石川禅演じるマリウス・ポンメルシー
『レ・ミゼラブル』SP公演 3回目!(爆)
lm0707013m

昨日の変身前の”禅さんを探せ!”
全部見つからず・・・なのでリベンジ?
見方を間違ってますが
気になって・・・・気になって
眠れない(爆)

開幕直ぐの囚人シーンは、アクシデント
禅囚人 作業中に、帽子が落ちてしまった!
何気に拾い、作業再開でした

・・で、昨日はよくわからなかった
労働者禅さん、しかと確認。
賃金をもらう時、手の親指あたりが
痛いんだよ~と、さかんにアピール
してました

司教館での見物人は、またまた
治安官の影あたりで見えず!
残念~

一日の終り~♪のベガーズでも
禅さん 後ろの方で、歌ってます

治安官も裁判官も逃さず チェック完了!
もう、片方の目の隅っこでは、祐様バルジャンと
岡ジャベを見て・・・忙しいったら
嘘!両方は無理だろ~(笑)

しかし
岡ジャベと祐様バルジャンの組み合わせは
歌に聞き入ってしまいますね

祐様バル 
台詞を散りばめたような
歌い方を増やして
ささやきヴォイスが多くなってる気がします
某『M・A』のインタで 来月は・・と言っていた
祐さま 禅マリウス 肩がけと おんぶで
下水道を乗り切りました
肩担ぎと背負いは省略~ね(笑)

岡ジャベ 
今期 初めての岡ジャベは
縦ロールの美しい孤高なジャベール 
眼光鋭く、非人間的な香りが感じられます
stars 冷たさが舞台から客席に
降りてくるのではないかと・・

渚ファンテ
初見のファンテさん
う~~ん 自分的には?が残るファンテ
演技も歌も・・・自分の中のファンテの
イメージとは 違う気がしました ^_^;

安崎テナ
3度目、ダンスなテナが少し復活
宿屋シーンで、ターンも出たゾ(笑)
下水道シーン 死体の置き方が
乱暴気味・・・この方がテナっぽいですね
この世は生き地獄さ~♪
声が伸びる~ 伸びる~(笑)
ダンステナ そして歌テナです

坂元アンジョ
歌声は復調してきたようですが
高音になると平たく感じる 
完全復調まで、いま一歩ですか?
砦の陥落シーンで
エポニーヌの死のシーン
落ち込むマリウスの方をポンとたたく
目を見交わし マリウスがコレに答える
あっさり目ですが 慰めてくれてますね(笑)
マリウスの怪我に、死と思い込み
赤旗を振りながら銃に打たれ落ちて行く
いいところなのに見事過ぎる懸垂を
しながら・・落ちて行くので・・・
現実に戻されてしまいま~す(爆)

歌穂ニーヌ
やはり エポニーヌの歌穂さん
好きだぁ~(笑)
禅マリウスとの ♪恵みの雨~
二人の作り出す世界が
切なくて 美しくて 哀しくて・・・
このシーン切り取ってみています
オペラ越しだとまぁそんな感じ?(笑)

禅さんがジャベ役の時って
禅さんジャベの表情が小さく揺らぎながらも
エポニーヌの死に対して表情を見せないって
そっちを見ていたのに勝手なものです(笑)
だから舞台はリピートしたくなるんですね!

禅マリウス
コゼットとの出会いのシーン
バルジャンとコゼットがジャベールとの
関わりを避けて消えるシーン
~どういう事だ どうして消えた~♪
それに気づいた禅マリウス
置いてあった本をとり、ジャベールに一礼・・・
お行儀いいです 
いいとこのボンボンだものね(笑)
コゼットのあとを追いかける時
橋の上のエポニーヌに どっちに行った?
みたいに聞いて あっちよ!と
教えてもらってから追いかけて行きます
裏の方でも細かい芝居してますね~

柵越えシーン
今日も OKですよね(笑) 
~僕はマリウス・ポンメルシー♪
直立不動 きおつけ~!
ここ、と~っても微笑ましい (笑)
~誰かの足音隠れよぅ~~♪
門扉の影に隠れたままで、
門からコゼットを覗いてます(笑)

生き残ったマリウスの歌う
カフェ・ソング♪
エポニーヌの死 そして仲間の死
禅マリウスの歌は、つぶやくような冒頭も
言葉は届いてきます
聞いているうちに こちらまで
悲しみが溢れて来る~
今日も『レ・ミゼ』を見た~と思えるのが
この曲を聴いたあと・・・・
石川禅のマリウス声だから・・なのですが(笑)

きょうのおまけ
坂元給仕
田中テナ妻が スプーンを大胆に隠します(笑)
なにも言えない坂元給仕 仲間に言いつけに
行ってますけど・・・(笑)
口あんぐりのキッシーアンジョとは
また違うパターン!

今日も素敵な舞台でした~
カテコも元気に盛り上がりました

恒例のお花投げのあとも
アンコール拍手
歌穂ニーヌ・禅マリ そして坂元アンジョ
3人肩を組んで捌けていったり

祐様バルが 歌穂ニーヌと禅マリと三人で
登場 と思ったら 祐さまは
二人を思い切り前へ押し出しました
拍手を浴びる SPキャスト二人を
まわりも讃えます

真ん中の二人 お互いを手でひらひら~
そして 禅さん 歌穂さんを ハグ!
最後には禅マリウス
歌穂ニーヌをおんぶして捌けてゆく!
おんぶが定番になりつつあるのか~(笑)


『レ・ミゼラブル』7・12ソワレ

禅マリウス公演 正しくは
『レ・ミゼラブル』SP公演ですね
 SP公演 2回目!
lm070712s


すこし落ち着いて見よう~っと (笑)
耳に馴染んだ あの音楽と共に開幕です
靄の中 歩いて来る囚人たち・・・・

マリウスを探せ やってしまいました
禅さ~んみっけ! その1(笑)
苦しそうな表情で、振り下ろしの仕種
ソロなどなくて、ここでは
ひたすら真面目に作業中~
奴をここへ呼べ 24653♪
今ジャベの声を聞きながら
目は禅囚人にオペラロックでした~(爆)

禅さ~んみっけ! その2
シーンは変わって、バルジャン釈放後
賃金半分しかもらえないシーンと
続いての宿屋のシーン
人々の中にも禅さん・・・・いるはず?
顔が他の人にカブって良くわからん
 残念でした~

その3は、司教の館
銀のコップを持って逃げたバルジャン
すぐ捕らえられ 司教の館につれて
来られますが ここでの見物人にも
いるはず?
こちらも警官の影だったらしい・・
見つからず?

まだあるよ その4(笑)
一日の終り・・・
群集が一人 また一人とシルエットで
その後ろの方に帽子をかぶった禅さん
こちらは、しっかり確認!

はい しつこいけどその5
ラブリーレディのシーン
3人の治安官が厳しい顔で立っています
 病院へ!とさとしバルに言われて
倒れたファンテを病院へ運んで行く
ジャベール警部の部下の禅さん!

その6もあるよ~
捕らえられた身代わりバルジャンを
救うため 自分がバルジャンだと
告白に行く裁きの場には
裁判官の禅さんが・・・・(笑)

ここまでの『レ・ミゼラブル』
禅さんを探せ状態になってしまった(汗)

全部見つからないなんて・・
愛が足りない?(爆)

本当に、落ち着いて見なくてはと
思ったところに、
さわやか禅マリウスの登場は・・反則です!
落ち着いたつもりだったのに 
ちとヤバイかもです
レミ舞台全体に戻った方が良さそうなので
努力してみま~す(笑)

橋本バルジャン
芝居のバルジャンに・・
全体の流れに乗って
とてもスムーズに演じてると感じました
今ジャベとの対決
熱くて緊迫感がある
今ジャベが、あまり濃く感じないって
さとしバルが相手だから?(笑)
禅マリを助ける下水道ではスポットごとに
ちゃんと担いだりおぶったりと
変えてました

菊池コゼット
今日も頑張ってました
バルジャンとの別れのシーン
泣いていましたね
愛されたコゼット
そんな感じ♪(笑)

歌穂ニーヌ
歩き方も、座り方も
そこにいるだけで エポです
緩急をつけて、エポニーヌの切なさを
見事に謳い上げます
オン・マイ・オウン
ショーストップに近いなが~い拍手でした

今ジャベール
SP公演初日より熱い
熱いけれど冷静?
日本語が可笑しいけど
受ける印象は、青い炎
stars♪も、今ジャベ仕様
自殺の台詞っぽい叫びをいれたりで
ふはぁははは~ の笑声は
自嘲なのか 壊れ行く自分への
哀れみなのか・・・・・・
今ジャベの世界でした

駒田テナ
アクが強いテナ
下水道のソロは必聴です
駒テナ 自在に声を使い分け
生き抜くしぶとさが見えるの良い!
丸~い月が~♪ 拍手がありましたね

田中テナ妻
オーソドックスな安心出来るテナ妻
何気に、悪そうな雰囲気も充分
ありますね(誉めてますよ~)

キッシーアンジョ
力強いアンジョです 
マリウスと並んで、頼もしいゾ(笑)
エポニーヌの死に 嘆くマリウスを
ガッチリと抱きしめ ポンと肩をたたく!
それに対し 大丈夫!といった感じで
答えるマリウス・・ジーンと来ました
マリウスが負傷した時の
階段降りの素早さ!
グランと一瞬目を合わせ・・・
また駆け上り 一心に赤い旗を振る
まさに アンジョでした!

禅マリウス
今日も張り切ってマリウス!
青春してま~す って感じで
歌声 ビンビン響かせて調子良さそうです
柵越えも 今日も自分で
OK出した事でしょう(笑)
恵みの雨♪も言う事なし!
カフェ・ソングも・・・禅マリウスの歌は
なぜ、悲しみが透けて見えるんだろう

今ジャベに負けずに 熱いマリウス
そして熱いバルジャン
脇から顔を出す駒テナ(笑)
この辺がしっかりと絡んでます
SPキャストが浮いて感じる事も
無いとは言わないけど
許容範囲だと・・(爆)
初日よりも バランスが
良くなってる感じ!

おまけ 
宴会乞食のシーン
金が先だ~~♪とやっている
そして 田中テナ妻 お約束のスプーンを
ドレスに隠そうと・・いや隠しますが
それを見てしまった キッシー給仕
あんぐりと口をあけてまま固まってます(爆)
そして知らん顔のテナ妻をチラ身してます
これもなかなか面白いです

禅さん視点の 偏りレポを書いて
しまいましたが
バランスのいい盛り上がった舞台でした
カテコも大盛り上がり

いつ果てるともしれない拍手・・・
ほんとそんな勢いの会場でしたから!
さとしバルとくれば、カテコは弾けて
くれる?
ガッツポーズは小さかった(笑)
幾度めかのカテコ
さとしバルの捌け方を歌穂ニーヌが
まねをして仲良く捌けていったり
 一番最後
禅マリが歌穂ニーヌをおんぶして
捌けていったら・・・
さとしバル 何を思ったか
今ジャベをおんぶして
捌けてゆきました~(笑)
会場もスタンディングで 熱かった!!

『レ・ミゼラブル』 マリウスはどこに?

今、公演中の『レ・ミゼラブル』
SP公演第2弾・・
石川禅さんがSPキャストのマリウス役!
久しぶりのマリウス!

あまりの恋する青年に
感嘆のため息をつきながら帰ってきたのですが
ジャベール役で見た6月には、気にしなくて
済んだ別役のお話・・・(笑)

そうなんです
ジャベール役は ジャベールとしてだけ
舞台に立っている筈ですが・・・
マリウス役の場合、いろいろなシーンで、
いろいろな役を演じてます
SP公演で禅さんマリウス登場時に
その事を思い出した!

SPマリウス初日には、
当日の席が遠かった事もあって
禅さん あまり見つからなかった~(泣)
裁判官などはすぐわかりましたけどネ

次回のため お勉強する事にしました(笑)
2005年版『レ・ミゼラブル』パンフ
ここに当時の香盤表が掲載されているので
引っ張り出してチェックです(笑)

ちなみにマリウス役を見てみると、
※囚人・・・・・・囚人   
※農場・・・・・・労働者 
 今回復活の宿屋シーンにも多分居る?
※教会・・・・・・見物人
※工場・・・・・・失業者・労働者
※赤線地帯・・治安官
※裁判所・・・・裁判官

その後パリのシーンではじめて
マリウスとしての出番ですね
コレ以降はマリウスだけ 変身はなさそうです

演出が変更されたりしてるので
当時と変更の可能性もあるけれど
参考にはなるでしょ?(笑)


まだ、チャンスは残されているぞ
 
     禅さんを探せ!(笑)

でも、照明当たっってない・登場時間が短い 
    条件は良くない気がする
   全部発見は・・・・

     う~~ん 自信がないっ (笑)

東宝Blog『レ・ミゼ』動画最新作?

せっせと動画をUPしてくれてま~す
なぜか禅さんの登場率が高い気がする(笑)
新キャスト なので 注目されているのか
動画のネタ?(爆)提供元と化してますか?
柵越えシーンにしても・・・ 
パラパラ・シーンにしても・・・

今度は SPマリウスの動画のUP予告(笑)
マリウス姿の動画なんて 貴重じゃない?

サーバー故障のせいで待ちぼうけですが
 
     なんと楽しみな事!(笑)

『レ・ミゼラブル』7.9 ソワレ

SPキャスト公演第2弾が始まりました
島田歌穂エポニーヌ×石川禅マリウス 
他のキャストが、若いです(笑)
禅マリ×菊池コゼットなんて・・・
大丈夫ですか~  お~い?(笑)
と余計な心配をしながら出かけましたが
舞台ってすごいのね~
つ~~か禅さん スゴイのね~(笑)
完全に化けましたよ~!
 
本日のキャスト
070709cast


別所バル
禅マリに視線をとられ・・
別所バル熱演なのにすこし視点が
ずれましたが、(爆)
休んでいる禅マリを前に歌う
♪彼を帰して~が切なく沁みこんで
来ました

今ジャベ
え~~と
熱いと思ってましたが、一段と熱い!
そしてバルを追う執念が、更にねちっこぃ(爆)
言い方がよくありませんが、
ジャベール警部としては正しい方向?かと(笑)

歌穂ニーヌ
帰ってきました 歌穂ニーヌ
佇まいがエポなんですね
歌声は抑え気味?
でも ♪恵みの雨も、オンマイ・オウンも
雰囲気がいい~ 
あの歌の表情があって
泣かせてくれます

シルビア・ファンテ
♪夢破れて~はそんなに感じなかったのに
低めの声で・・歌われる最後のシーン
♪讃えますわ~
別所バルが高めのトーンで
♪支度は出来た~
音域が逆? 歌パート取り替えて~ 
とか思ったhattiは変ですか(笑)
それくらいシルビア・フェンテ低めなんですけど~

菊池コゼット
歌声 聞こえて来てました
禅マリ・歌穂ニーヌ相手じゃ大変でしょうに
頑張ってましたね

駒田テナ
テンション高めか?
森クミさん相手で少しお遊びが
はいりますね
下水道のシーンなど
悪辣さが出ていて見応えあります
駒ちゃん 上手いです!

森テナ妻
安定演技・・ですね
もうどこをとっても
森クミテナ妻ですね(笑)

東山アンジョ
今期初東山アンジョ 
禅マリとの並びが、美しいです~ 
見方が違うか?(笑)
リーダーとしては、弱めかも知れません
見た目は、ひ弱な感ありですが、歌声が強い
粗い感じはあるけれど、聞かせてくれます

とっておきの
禅マリウス(笑)
冒頭の囚人シーンから
オペラ駆使です
バルジャンのすぐ後ろに位置する囚人な
筈なんだけど照明暗いし~ 
でも禅さんらしい(笑)

♪誰が導くか~ ♪誰がこの国を~
そう そう  この声でした!
2005年SP公演を思い出す(笑)
細身の黒い衣装もすっきりと・・いいじゃん!
気になっていた髪は・・・・
シッポはありませんでした~(笑)
自前の髪?ふんわりとしたカールで
ちょい長めで・・・
お得意のミラクルメイクです 若っ(爆)
東山アンジョと並ぶとお兄さんなのは・・以下略
でも ビジュアルOKじゃないですか~
この間まで 目の下に隈を作って
ジャベってたとは思えませんから!

エポとの絡み
♪エポニーヌ どうした~?どこに隠れてた~?
優しいけど、妹みたいな接し方。 
これからが恋する青年!禅マリ(笑)
♪ゴメン~気づかないで~
動きがシンプルになってると感じましたね
ここのシーンを初め
全体的に、シンプルかなぁ~と
シンプルなのに、
コゼットに恋するのも、
戦うのも
エポニーヌの死に涙するのも
バルジャンの告白を聞くのも
・・・自然に感情が見えて来ます
すっきりとマリウスを生きています

そして歌も
禅マリの声が、ワンディ・モアなど 
一人だけ響いてますよ
マリウスが違うパートを歌っているのが
とても良~くわかります
カフェ・ソングも絶品!
悲しみ 友への惜別 生きる意味
いろんなものが全部込められているように
思えて・・・・泣けてしまう

全体的に見なければ、いけないと
わかっていて・・禅マリに目を奪われて
しまった 本日の公演でした

う~~~っ すこし 反省(笑)
でも 禅マリ やはり良い!

もう 会場の盛り上がりのスゴイ事

終わったら拍手の嵐です
花束投げの後も、アンコール拍手で
2度・3度・・・
挨拶こそありませんでしたが
SPキャストの二人を真ん中に
送り出し 讃えます
禅さん 歌穂さんと一緒に中央に
出た・・とみせかけ フェイント(爆)
歌穂さんをたてて手をひらひらさせながら
少し横に・ずれてますよ(笑)
歌穂さん照れ臭そうだ~

最後に 別所バル,恒例の
ファンテを姫抱っこ(笑)
おっと負けずに禅さんも・・
歌穂ニーヌを姫抱っこでした~

そしたら 駒テナさんも 森クミ妻を
姫だっこ~しようとして・・
 やはり無理!と逃げ出しました(爆笑)

『レ・ミゼラブル』SP週間第2弾!

いよいよ明日のソワレから
禅マリウス&歌穂ニーヌが
登場します
8回限定公演なのだ~

 は~い 明日行く人!
あちこちで手が挙がりそうですね(笑)
『レ・ミゼ』祭り真っ最中で
禅さん祭りが
佳境に入って来たと言うところでしょうか?

盛り上がっている中
気になる事がひと~つ

 ひょっとして しっぽマリウス?(爆)

『氷屋来たる』7・5ソワレ

マチネ公演の 早めに終わった『ジーザス・・』
頭の中で、グルグル回り続ける
メロディを楽しみながら・・
新宿経由初台  新国立劇場まで移動

『氷屋来たる』は小劇場での上演
なんの予備知識もないままの観劇です

作:ユージン・オニール
『氷屋来たる』
キャスト
ヒッキー・・・・・・・・・・市村正親
ハリー・・・・・・・・・・・中嶋しゅう
エド・・・・・・・・・・・・・宮島健
パッド・・・・・・・・・・・・小田 豊
ヴィリー・・・・・・・・・・大鷹明良
ジョー・・・・・・・・・・・二瓶鮫一
ジェイムス・・・・・・・花王おさむ
ヒューゴー・・・・・・・・久保酎吉
ラリー・・・・・・・・・・・木場勝巳
ロッキー・・・・・・・・・たかお鷹
ドン・・・・・・・・・・・ 岡本健一
パール・・・・・・・・・野々村のん
マージー・・・・・・・・岡 寛恵
コーラ・・・・・・・・・・・明星真由美
チャック・・・・・・・・・粟野史浩
モーラン・・・・・・・・・武岡淳一
リーフ・・・・・・・・・・・伊藤総


飲んだくれが集まる安宿?
それぞれの過去を背負い現実逃避?
ひとりひとりが、淡々と語りだす導入部
まだ各人の背景は少ししか見えてこない

現実から逃げて
明日こそは! 明日こそは!
・・・・・・・・・・・・・・と生きている
さらに 一人 また一人と自分語り
それまで話していた人はまた
寝たり・・酔いつぶれたり・・
そんな人々の口の端にのぼり
呼ばれるかのように ヒッキーが登場

ヒッキーは、時折この宿に顔を出す
腕利きセールスマン
確かに弁が立つ(笑)

いつもは洒落を飛ばし一緒に
酔いつぶれる筈のヒッキー
でも、今日のヒッキーは、いつもと違う
何かがおかしい
ヒッキーは、皆に語りかける。
明日になれば・・・と言っていていいのか?

しずかだった水面に一石を投じたように
さざめきが広がる・・・・
ヒッキーのこの変化の影には
大きな事件がおきていたのだ
やがて明かされる事実

静かに じわじわと引き込まれてゆく
最後近くのヒッキーの長台詞
誰に語るのではない
舞台にいる人たちともに
客席にも問いかけているのだろう

彼らを見ながら 何を思うか
それぞれに答えを出せばいいのだろう
彼らは また同じ日々に戻って行く・・・・

『ジーザス・クライスト・スーパースター』7・5マチネ

ジャポネスク・バージョンの
『ジーザス・・』は、
歌舞伎の様式を随所に取り入れていて
独特の空気をかもし出す。

舞台セットも 御神木らしき
大木が左右に2本
八百屋舞台の奥には、
黒子?さん?実際は白衣装(笑)
・・によって自在に形を変える
大八車をイメージしたものが配置され
シンプルな舞台

エルサレムの荒野とは違うけれど
シンプルさゆえの荒涼感
その中で叫ぶ、群集のパワーが
飛びこんで来る

本日のキャスト
ジーザス・クライスト・・・ 柳瀬大輔
イスカリオテのユダ・・・・・・・芝 清道
マグダラのマリア・・・・・・・・・ 高木美果
カヤパ(大司教)・・・・・・・・・ 青木 朗
アンナス(カヤパの義父)・・明戸信吾
司祭1・・・・・・・・・・・・・・・・・・・阿川建一郎
司祭2・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 田辺 容
司祭3・・・・・・・・・・・・・・・・・ 川原信弘
シモン(使徒)・・・・・・・・・ 神崎翔馬
ペテロ(使徒)・・・・・・・・・ 飯田洋輔
ピラト(ローマの総督)・・ 村 俊英
ヘロデ王・・・・・・・・・・・・・・ 下村尊則
          (敬称略)

柳瀬ジーザス
このジャポネスク・Veでは、白塗り・隈取りメイク
歌舞伎の様式が特徴で
隈取りメイクの面のような表情から
かえってジーザスの苦悩が透けて来る気がする
柳瀬ジーザスのマリアを見返す笑みは大きい

芝ユダ
ユダの隈取りメイクは顔の左右で
違い左の方が赤く大きい眉が
引かれている
赤は怒りを現す・・とも聞いたような
気がするが、もしそうであるなら
このメイクにも・・・
ユダの怒りとも、哀しみともつかない想いが
込められているように思う
芝ユダの歌い方の印象が変わった?
時にかすれてしまったと思う箇所があっても
ジーザスを愛し 愛ゆえに裏切る苦悩が
より伝わって来る 

村ピラト
う~~ん 凄いわぁ ♪歌で圧倒される
罪はない、この男が何をしたと言うのだ!
しかしその声は。その想いは群集に
かき消されてしまう

高木マリア
意思の強さを感じるマリア
ただジーザスを愛し、癒すだけじゃない
♪私はわからない~
このフレーズが、繰り返し繰り返し
頭の中でリピートしました

青木カヤパ
隈取りメイクでも・・お髭とその特徴で
青木さんとすぐわかります(笑)
悪なカヤパですが・・なんとなく愛嬌がある

明戸アンナス
高音が不安定な気が・・(汗)
アンナスはカヤパの低い声と
対になって高音があるけれど
ちと辛そうな感じをうけた
そして すぐは明戸さんだとは、
わからない~~~
隈取りメイクがそれだけ濃いのか?
すぐわかる青木さんとの違いはどこにある?(笑)

下村ヘロデ王
下さま 白塗り度数200%
真っ白メイクで素顔全然わからず(笑)
動きやら おみ足の美しさから
そうなのよねと確信したり・・(爆)
竹棒のバトン回しに納得したり・・
動きは濃~~い下さまヘロデ王!
見得の切り方も決まってる!
歌声も下さま~って当たり前か(笑)

一緒の花魁太夫がぎこちなくて
なんかツボに・・
歌舞伎役者の女形の修行までは、
無理よねぇ(笑)
・・とまたまた斜めな見方をしている
自分がいます

ジーザスとユダの心の葛藤が色濃さを
増したと思う今期のジーザス
観る回数を重ねて見えて来たものなのか
演じる役者さんの深みが増したのか
アンサンブルさんのダンス等
群集としての迫力もありレベルは高いと思う
そしてジーザス処刑のシーン
竹垣から見える群集の変顔は必見(爆)

上演時間が短いこの作品ですが
本当にあっという間に7日間を
駆け抜けます

内緒だけど・・(どこがやねん!)
このあと行った『氷屋来たる』
上演時間がめっちゃ長いっす!
ジーザス・・・・1時間40分
氷屋・・・・・・・3時間50分
ねっ 足して2で割りたくならない?
では~ 『氷屋・・・・』の感想はまた後で!


ジ~ザ~~~~~ス♪!

思わず叫びたくなる舞台でした~
半端な迫力じゃないゾ
梁ジーザス・芝ユダの苦悩が~
ビシバシ来るし~(泣)
下さまヘロデ王 登場も
待ってました~!
ちょっとおとなしいかも?
もっと弾けてもらってもいいかなぁ
おみ足の美しさに見とれ・・・あれっ(笑)

ただこの舞台終了後
なんと『氷屋来る』新国立劇場へ行って
しまった(笑)
帰宅はついさっき!(爆)


『ジーザス・クライスト・・』ジャポVe

明日は 浜松町!
神さま詣でで~す
白塗り柳瀬ジーザスの
ゲッセマネ・・♪
白塗りユダのジーザス・クライスト・・・
いろいろな曲が浮かんでは消え
浮かんでは消え(笑)

そして下様ヘロデ王
ビジュアル的には、さらに以前の公演の
助六バージョンがもう一度みたいけど・・・(笑)
ヘロデ王の登場で、一瞬で空気が変わります
これは、下さま限定かも(爆)
このシーン
目を奪われてほかには何も目に入らない~~(笑)

ついに、予定は明日!

WOWOW 放送忘れそう?

この間見てきた舞台
『薮原検校』
コクーン歌舞伎『三人吉三』
早くも放送予定が・・・・

■『薮原検校』
8月10日(金)深夜0:00~

■大人計画『ドブの輝き』
8月17日(金)深夜0:00~

■コクーン歌舞伎『三人吉三』
9月24日(月・休) 午前10:20~

でも、ちょット微妙な放送時期
録画を忘れそうな・・・気もしたり(笑)
まだ一ケ月以上先なんだもの~^_^;

検索フォーム
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

いらっしゃいませ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
71位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
俳優
4位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りBlog
Blog開設カウンター
ブログの更新率
月別アーカイブ