現在の閲覧者数: 2009年03月の記事 - hatti元気の素 観劇 ミュージカル
fc2ブログ
プロフィール

hatti (はっち)

Author:hatti (はっち)
石川禅さん応援中!
劇団四季・東宝ミュージカル・・・時には宝塚
観劇大好きなhattiです 

記事に関係のないコメントは
削除させていただく場合が
御座います。ご了承ください。

石川禅さんのお仕事
石川禅さん
これからの予定

舞台******
ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年3月7日~29日
日生劇場
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月4日~14日
skyシアターMBS
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月19日~21日
愛知芸術劇場大ホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月26日~28日
久留米シティプラザ 
ザ・グランドホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月3日~4日(土)
熊本城ホール メインホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月11日~12日
高崎芸術劇場 大劇場
ニック役他

石丸幹二 
オーケストラコンサート2024
石丸幹二
東京フィルハーモニー交響楽団
2024年6月21日(金)
会場:東京芸術劇場 コンサートホール
ゲスト出演

********
Netflix
「モンキー・キング」
声の出演
“竜王"役 吹替=石川禅
2023年 8月19日より配信開始

Netflix
『氷がすべてを隔てても』
声の出演
アイナー役=石川禅 (3/2より配信開始)

Netflix
『サンドマン』
声の出演
第6話 吹替=石川禅

コンサート*******
★『石川禅 6th ソロ・コンサート』
2021年3月20日~21日
よみうり大手町ホール
※公演延期 ※

石川禅さんのプロフィール
FCについては
サイドバーのリンクから
ホリプロブッキング
エージェンシーへどうぞ
禅さんの舞台
石川禅さん次回は % 『COME FROM AWAY』
禅さん 出演公演
Blogランキング参加中です
見たよ 読んだよ ポチっとな!
よろしく お願いします。
3月の観劇予定

■『モンスター・コールズ』
■『ウィリアムのウィリアムとウィリアムたち』
■『アナと雪の女王』
■『COME FROM AWAY』複数回
■『スウィニートッド』
■『リア王』
■『千と千尋の神隠し』
■『ライオン・キング』
■『メディア/イアソン』
■『美女と野獣』
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

『蜉蝣峠』3・31マチネ

赤坂ACTシアター
劇団 新☆感線で~~す。

作:宮藤官九郎 
演出:いのうえひでのり
今日 会場にいのうえさん見っけ! (笑)

 『蜉蝣峠』

出演
闇太郎・・・・・・・・・古田新太
天晴・・・・・・・・・・堤真一 
お泪・・・・・・・・・・高岡早紀
銀之助・・・・・・・・勝地涼
サルキジ・・・・・・木村了
がめ吉・・・・・・・・梶原善
流石先生・・・・・・粟根まこと
お寸・・・・・・・・・・高田聖子
立派の親分・・・・橋本じゅん ほか
       (敬称略)

それに、SP出演 軍鶏!
ここまでやらせます?(笑)

古田・闇太郎
過去も未来もない男
しがらみの無いはずが
なぜか 蜉蝣峠で人を待つ
それは お泪との約束?

クールなのか 熱い男なのか
よくわからん(爆)


堤・天晴
派手な着流しの堤さん
お約束の殺陣ありの敵役
こちらはクールに見えますよ~(笑)
斜にかまえ 世の中見てる
そんな天晴です。


高岡・お泪
お泪ちゃん 可愛いし~
天晴との並びの方が
絵になるけど・・・・
なぜか 闇太郎と所帯を
持つんだよね~(笑)
やっぱ・・・・・・ 
主役は闇太郎だからですか?

橋本 立派の親分
高田お寸の絡みは
もうサイコウ!(笑)


勝地・銀之助に連れられ
闇太郎たちは街に下りて来る
街の名前は、ろまん街
一文字ずつの街の名前の看板
風にとばされ ま・・・の字が
落ちてしまいます

確かに、この街では論外(ろんがい)な
出来事が起こりますが!

立派の親分と 天晴れの縄張り争い
立派の親分とお寸さんの祝言の場

 何回目って言いましたか~?(笑)

言葉遊びあり ラップあり
ワンマンショーあり・・えっ?(笑)
思わず 拍手でした~♪

賑やかに遊ぶシーンあり
でも、新☆感線メンバーだけの
トリオは やっぱ 地味でしょ

笑いを取りに来ますね~
 (こんなん 好きだけど・・・)

一気に見せて3時間、
あ~あ 終ってしまいました~♪

 結局 闇太郎は・・・・・誰
 あの人でいいんですよね?(爆)






『ブラッド・ブラザーズ』@クリエ

シアタークリエで中抜けしていた
スケジュールが発表になりましたね~♪

『ブラッド・ブラザーズ』

ミッキー  エディ
武田真治×岡田浩暉
藤岡正明×田代万里生

リンダ・・・・・・鈴木亜美

他に・・・
金志賢 TSUKASA 久世星佳 
金澤博 下村尊則 (敬称略)
 

『この森・・・』まではチケットを押さえましたが
『ゼブラ』『異人たち・・』『グレイ・ガーデンズ』は
お休み予定で、クリエに行くのも6月から
ご無沙汰になりそうな雰囲気が
かなり色濃く漂ってました。(汗)

でも~この『ブラッド・ブラザーズ』は
足が向きそうな予感がします・・(笑)

ブラザースの4人は勿論のこと
深く静かに潜伏していた下村さん登場と
金志賢さんの出演
久世さんもご出演だし~

  惹かれる~♪ 

金澤さんは CHICAGO・タイタニックに
続いてのご出演ですね

ちょっと気がかりなのは、
リンダ役の鈴木亜美さん
ミュー歌いは大丈夫なのでしょうか~?

そこだけが ちょっと不安です(爆)

『カルメン』ビデオ収録版

ちょっとビデオDVDの整理をしていたら
出てきたよ~(笑)
『カルメン』東宝版
大地真央さんのカルメンが。

録画した記憶はあれど・・・
何処だっけ?と言う
よくあるパタ~ン!
それを目的に探す時は見事に
見つかりませんが
ひょんな事から見つかったりする(爆)

ビデオ収録時の出演者
カルメン・・・・・・・大地真央
エスカミリオ・・・石井一孝
ミカエラ・・・・・・・鈴木ほのか
タンカイロ・・・・・宮川浩
スニカ中尉・・・・・海津義孝
レメンタード・・・福井貴一
メルセデス・・・・・麻生かほ里
フラスキータ・・・岡田静
ラ・ロニューナ・・江波杏子
バスティア・・・・・近藤洋介
ドン・ホセ・・・・・・錦織一清
      (敬称略)

豪華キャスト陣ではありませんか?

華のあるカルメンの大地真央さん
ラテン系の闘牛士 石井カズさん
清純なミカエラのほのかさん

ワイルドな魅力の宮川さん
その仲間のちょっと人の良い
イメージの福井さん
占い師の江波さん
たまり場の店の主人の近藤さん

撮り貯めたビデオ、DVD
なかなか見直す時間が無いけれど
たまに、見返すのはとても
懐かしい~





2009年4月観劇予定


増えることはないだろう
・・・・・・・・・・・・・・と思ったら、
Triangleが都合により
4月にずれ込みました(笑)

■宅間久善コンサート
■淫乱斎英泉
■蜉蝣峠
■ひかりごけ
■回転木馬
■Triangle~ルームシェアの・・・
■ダウンタウン・フォーリーズ
■キャッツ
■ライオン・キング
■アンデルセン
■その男
■赤い城・黒い砂
■三文オペラ

結局二桁になってる~(汗)

四季の演目が4演目を占めてるのが
相変わらず?
『キャッツ』は千穐楽の週・・
特別カテコありと予想して
予定をいれたら 読みは大当たり!
でもさらに延長になってるけど?(爆)
14日から特別カテコ実施は変更なし
のようです。

宅間久善って???
?が並ぶのはごもっとも(笑)
その正体は・・・・・
さだまさしさんとず~~~とツァーなど
一緒にまわり ある意味家族よりも
親密(笑)なんじゃ?といわれる
マリンバ奏者で~す。
なのでコンサートの内容はマリンバ演奏!

4月は 淫乱斎 三文オペラ その男と
 赤い城・黒い砂と傾向の違う演目が
多いみたい~♪

恒例の気になる公演 3月編

次から次と見たいなぁと思う
公演速報が入ってくる・・・(笑)

困ったもんだ?
探してるからと言う話も
もちろんありますが・・・・
まっ それは、ひとまず置いといて-

まずは SISカンパニー
 『牡丹燈籠』
 演出はいのうえひでのりさん
段田安則 伊藤蘭 秋山奈津子
千葉哲也 柴本幸 瑛太 他
09年 8月公演 シアターコクーン


『奇跡の人』 
アニーサリヴァン・・・鈴木杏 
09年10月30日~11月8日
シアターコクーン


劇団AUN
『アントニーとクレオパトラ』
剛太郎さん・安寿ミラさんご出演
9月30日~10月4日
サンシャイン劇場


こまつ座 
『兄おとうと』
辻萬長 剣幸 大鷹明良
宮本裕子 他
紀伊国屋サザンシアター
09年7月31日から8月16日
出演者の皆様 、敬称略で <(_ _)>


チェックはするけど・・・・
見られない公演が出て来そうだなぁ~

『ムサシ』3・27マチネ

予告通りの長さ!(笑)
休憩は15分含みの3時間30分
でも 面白いから
長さは感じなかったですよ~

パンフは2種類 
稽古写真ヴァージョン(白表紙)
舞台写真ヴァージョン(黒表紙)
悩みどころですね~

舞台上演 最初の頃はお稽古版
リピートして舞台写真版と
普通なら2回 通って2冊のパンフ
それが一回で買えるならお得かもネ?
         え~~~~っ(笑)


出演

宮本武蔵・・・・・・・・・藤原竜也
佐々木小次郎・・・・・小栗 旬 
筆屋乙女・・・・・・・・・鈴木 杏
柳生宗矩・・・・・・・・・吉田鋼太郎
沢庵宗彭・・・・・・・・・辻 萬長 
木屋まい・・・・・・・・・白石加代子

平心・・・・・・・・・・・・大石継太
浅川甚兵衛・・・・・・塚本幸男
浅川官兵衛・・・・・・高橋努
忠助・・・・・・・・・・・・堀文明
只野有膳・・・・・・・・井面猛志
    (敬称略)

幕があがると何もない舞台

背景には波 大きな燃える夕日が
映し出される
ムサシと小次郎 決闘の場

勝負は、良く知られるシーン
待たされた小次郎は刀のさやを
投げ捨てる

舟のかいで作った木刀で
ムサシは勝利し、小次郎の手当てを
頼み姿を消す

・・・・とココから物語が始まる(笑)




続きを読む

『ウーマン・イン・ホワイト』2010年公演

待望の再演決定!
笹本玲奈主演・・・の文字が躍ります。

今日観劇した『回転木馬』の会場
天王洲アイル銀河劇場で
速報チラシをGETしました~♪

2010年1月開幕  青山劇場って
書いてある・・・




んっ? ちょっと待て!

2010年1月って確か、
禅さん
『パイレート・クイーン』
12月帝劇のあと大阪だっけ?
出演決定していたよね


すると、パーシヴァル卿はないと言う事か
ショック~~~~~
禅さんのパーシヴァル卿
もっと見たかった~

別の舞台があっては仕方ないですけど・・・

マリアン役しか書いてないので、
キャストはとても気になります!




『回転木馬』3・26マチネ

石川禅さんが帝劇で演じた事のある演目
『回転木馬』
銀河劇場で ずいぶんと時間をおいての
再演です

ビリーの衣装が違う!(笑)
見てもいないのに・・・・
初演東京キャストCDを2種類
しっかりパンフも持っているので、
まず浦井ビリーの白い衣装に
そっか~となりました(笑)

キャスト
ジュリー・・・・・・・・・・・ 笹本玲奈
ビリー・・・・・・・・・・・・・ 浦井健治
イーノック・スノウ・・・・・ 坂元健児
キャリー・・・・・・・・・・・・はいだしょうこ

マリン夫人・・・・・・・・・・ 風花 舞
星の番人・・・・・・・・・・・ 安原義人
ジガー・・・・・・・・・・・・ 川崎麻世
ネッティ・・・・・・・・・・・・安奈 淳
カーニバル・ボーイ・・・・中川賢
    (トリプル・キャスト)

アンサンブル
小宮健吾 乾あきお 小林遼介 
俵和也 東文昭 
秋山千夏 伽藍琳 玉城晴香
中村友里子 藤山すみれ 
三木麻衣子

西本健太郎/岡亮(Wキャスト)
         (敬称略)

聞きなれたCDのメロディが
耳に入ってきます・・・が
歌詞が違う~! (笑)


笹本ジュリー
おとなしく耐える人?
浦井ビリーの怒鳴り声に
寂しげに応えるだけ
二人の絆みたいなものが
あまり見えないかな

浦井ビリー
肌浅黒くて・・モテ男(笑)
強くてワイルドに見せようと
しても・・どこかマイルド(笑)

最後の最後で
口下手で素直じゃないから
愛してるが伝えられずに
ジュリーに寂しい思いを
させた後悔が
やっとわかった(爆)

坂元ミスタースノウ
この方の持ち味?
明るくて正直で働き者
キャリーを愛して・・・
ちょっと振り回されているのが
似合ってますよ(笑)
ソロ歌はチョビッとだけど
気持ちよく突き抜ける高音を
きれいに伸ばして~~~~
気持ちイイ~

はいだキャリー
ちょっと天然なの?無邪気なの?(笑)

そんな割にはスノウの言う
いやみには なかなかの返し(笑)

ジュリーにはとても救いになる
友達だろうな~と思える
キャリーでした

川崎ジガー
悪だよね~(笑)」でもカッコイイ!
船乗りのジガー 
久しぶりに麻世さんの歌
聞いた気がする~

安奈ネッティ
ジュリーをかばい 力になるネッティ
優しげなふんわりとした雰囲気の
ネッティですね。


バレエ・シーンが多く取り入れられて
ジガーの手下?がバレエを
踊ってますけど?(笑)
いえ間違いじゃないです
だけど 漁師とバレエって合うの?(笑)

そして アンサンブルさんの中で
気になるお名前・・乾あきおさん
いった何役 演じられていたのか?

移動遊園地のシルク・ハットおじさん

ジガーの仲間の漁師役?

金ぴかの豹柄・セブラ柄の
ど派手な衣装も着ちゃってます

最後はジュリーの娘の
学校の校長先生もです。

どこに出ているのか
キョロキョロ探すのもまた楽しみです

俵和也君も・・・
漁師役で踊ってたかと思うと・・
坂元スノウのお坊ちゃまに!(笑)

全体的には落着いた舞台
懐かしささえ感じる舞台でした

ビリーとジュリー
この二人 若いはずなのに
若さはあまり見えない(爆)
でも、希望に向かって
歩いて・・・!のラストは、
救いがあっていいですね~♪

1時30開演 休憩含んで
2時間30分・・・・

 カルーセル(回転木馬)は廻り続けます




『Z-Angle』メンバーズ・ギャザリングⅡ

タイトルに偽りあり!
Ⅱってなんだよ~

二日目が正しい~ うんッ(笑)

昨日の昼夜公演
本日の昼夜公演 計4回
禅ステいたしました(爆)

めったにない禅さんとの
ふれあい・タイム~

これはホントだよ 握手できるもん!(笑)

午後2時 軽やかな足取りで
登場の禅さん

4回とも衣装が違います。

ただネ 禅さんの衣装アイテム
文字で説明が難しい模様の
シャツばかり選んでくれるんだけど
ちょっと書いてみま~す。

一日目 昼
クロのTかタンクトップか不明・・
の上に濃紺の皮ジャン系のジャケットを
羽織り, ダメージ・ジーンズ
ペンダントは小さいクルス
ブレスレットもキラリ光ります

1日目 夜
アンダーにクロっぽいピタT?薄地
上からキレイなブルー系の
波の模様が流れたシャツ
ボトムはシンプルにクロのパンツ
ペンダントも大きな石のついたのに
変わってました

2日目 昼
黒いアンダーに
豹柄っぽいシャツを上に着て
クロのパンツを合わせています
それに、短めのネックレス

2日目夜
クロと白 いろはモノトーンですが
背中に可愛いワンちゃんの絵の
入ったシャツ
肩周りの模様も良く見ると
ダルメシアン柄みたい? (笑)
パンツはカジュアル系
照明の下で目がごまかされて
いるかも知れませんが
カーキのカーゴパンツ
短めのネックレスは変わりなかった

衣装を変える予定と
宣言したように、すべての回
衣装を変えて、サービス満点!

いろいろな禅さん見られるし~
内容は、歌や話の順番が変わったり
したけれど ほぼ同じ

ご自分でも言ってたけど・・・
話に熱中すると声が小さくなる?
質問コーナー
ちょっと話声は 小さめです (笑)

中日楽 禅さんの挨拶時
いいタイミングでいってた駒ちゃんみたいに
 声ちっさっ! と突っ込む勇気が
あったら良かったのに~(笑) 
 
小さくなったら言ってね・・と言われても
お話止めてまで いえないよ~(笑)



『Z-Angle』メンバーズ・ギャザリング

まずは1日目
行って参りました~♪
劇場で良くお会いする禅さんファンも
もちろんいらっしゃって・・・・・
これも嬉しいこと。

でも平日、しかも午後の開始時間、
来られる方は絞られてしまい
若干少なめ?

忙しい合間のイベント開催は嬉しいですが
参加も大変ですよ~(笑)

いつものように良くおしゃべりする禅さん

中日劇場での公演を終えたばかりで
まだ声が戻っていない・・と言いながらも
曲を披露してくれます。

今日は、お友達OKで会員限定イベでは
なかったのですが、
和やかなイベントの雰囲気は
禅さんワールド!

会員に連れて来られたお友達(笑)
こんな事やってます~♪
よろしかったらZ-会に
入ってねアピも・・・(笑)

恒例になった質問コーナー
時計を見ながら答えて行きます
舞台の役への思いを熱く
語ってくれたり・・

?と考えながら
間をおいて・・・『ないっ!』
と切り捨ててみたり
緩急自在かも (笑)

ベージュの愛用の手帳も手元において
 (前回までは黒皮)
覗き込んだり?

予定通りの2時間
あっという間の2時間×二回でした~♪

夜イベントもあったので
せっかく会場まで行ってるので
そのまま2回目も居座りです(爆)

質問が違うので、トーク内容が
変るんです
・・・・・同じような質問が重なると
お話が被る事もあるけどネ

二回行っても、大丈夫な
禅さんのメンバーズ・ギャザリングなのでした。

これってファンだから・・と
言われれば一言もありませ~んが(笑)


笑顔・笑い声が絶えない会場内
う~~~ん この雰囲気がたまんない(笑)
 
 よしっ!  明日も行っちゃうゾ(爆)

『石川禅メンバーズ・・・』いよいよ明日

いよいよ明日!明後日と禅さんの会
Z-Angleのメンバーズ・ギャザリング開催です

東京の舞台が昨年末で終ってしまって
その後は 大阪・名古屋の地での舞台でした。
次回の東京での舞台と言うと
7月開幕の『ダンス・オブ・ヴァンパイヤ』

あまりにも先が長いので、
大阪『エリザ』も名古屋『レミゼ』も
遠征決行(笑)

それも日帰りっ!

でもね さすがに回数は通えません(爆)


その舞台切れを補うような
タイミングのM・G開催で
めっちゃ テンション上がってますが・・?(笑)

 
ただ 平日なので、お仕事を休まないと
行けません 
それも2日レンチャンだけど

禅さんのため~♪

かなり強引に休みをもぎ取りました(爆)


ゴメン 職場のみんな!
頑張って午前中はお仕事するからね
 
 いつもの事だとあきらめて~
 
       おっとっと~(爆)

このイベントが終ってしまうと
7月まで、会うチャンスはなさそう・・・
 やっぱ無理しても行っておこうと
思ってしまうわけですよ(笑)

3ヶ月の間・・・・
新役のお稽古 全力投球かな?

その頃には 会報も出してくれそうだわ~(笑)




ミュージカル『COCO』

前日、ル・テアトル銀座に行った際
速報チラシを貰って気になっていた作品
詳細情報がちらほら出てまいりました(笑)


ミュージカル『COCO』
ココ・シャネルの生涯を描いたミュージカル
出演 鳳欄 湖月わたる 岡幸二郎 大澄賢也
   今陽子 鈴木綜馬
演出・翻訳  G2 
        (敬称略)

会場    ル・テアトル銀座

上演期間 09年7月6日(月)から
        7月20日(月・祝)

7月の『ダンス・オブ・ヴァンパイヤ』で
アブロンシウス教授の講義を受けに
帝劇に通う予定なのですが・・・・
こちらも捨てがたい(笑)

 
 一回だけでも 行けたらいいな!

『回転木馬』 CD 赤版・白版

赤版
ジュリー・ジョーダン・・・・ 涼風真世
ビリー・ビグロウ ・・・・・・・・・石川禅
キャリー・ピパレッジ・・・・ 吉岡小鼓音
イノック・スノウ・・・・・・・・・ 林 アキラ
ジガー・クレイギン・・・・・・ 市村正親
ネティー・ファウラー・・・・ 清水菜穂子

白版
ジュリー・・・・・・・・・・・・・・鈴木ほのか、
ビリー・・・・・・・・・・・・・・・・宮川浩、
キャリー・・・・・・・・・・・・・佐渡寧子、
スノウ・・・・・・・・・・・・・・・・岸田智史、
ジガー・・・・・・・・・・・・・・・・早川正、
ネティ・・・・・・・・・・・・・・・・荒井洸子
          (敬称略)

このキャストで1996年の公演
見られなかった公演です
キャストの違いが、面白い~。

CDで聞くだけの印象でも
かなり違う感じですね

石川禅さんビリー
時々、このミュージカルの中から
♪ひとり言~を歌ってくださいます。

役者人生のターニング・ポイントに
出会えた作品で、特にこの曲は
思い入れ深いものだそうですが、
7分をも超える大曲・・・
昨年9月にHNKで放送された番組に
出演の時も 長い曲なので
取り上げられないと思っていたら
OKが出たと思いっきり全国に向かって
生放送で歌った曲でもあります。

涼風さんとはこの頃からご夫婦役だし~(笑)
市村さんとも共演でしたね~


宮川さんビリー
また声質もタイプも違うビリー
岸田さんのスノウ
ほのかさんのジュリー
そして 早川ジガーですよ。

こちらのメンバーも
超~~気になるし
もし タイム・スリップ出来るなら
絶対 両方見てやるのに
 (笑)

ちょっと CD聞きすぎちゃたかな(笑)
勝手に脳内でメロディが流れる

天王洲銀河劇場で、
その『回転木馬』現代版?が
開幕しました。
かなりの時を経ての再演

新しいビリーとジュリー
そしてスノウやジガーに
会えるのは今月末

 少しリセットして置いたほうが
   いいでしょうね? (笑)


『ムサシ』の上演時間

さすが蜷川さん
期待に応えて・・・長いです (笑)

 『ムサシ』

休憩15分で 3時間30分
彩の国さいたま芸術劇場

1時30分開演だから 5時は・・・
たぶんまわりそうだ

またまた帰り道 家までダッシュか(笑)

『女信長』観劇決定~

降板劇のあった某演目の(爆)
公演中止に泣いた・・・中川君の次の舞台が

  『女信長』

出演 黒木メイサ、中川晃教
   河合龍之介、TETSU (Bugs Under Groove)、
   市瀬秀和、黒川恭佑、細貝圭、真島公平、
   篠田光亮、山崎銀之丞・有森也実・石田純一

   松山メアリ 篠山輝信 鯨井康介 
   松本有樹純 久保田創 平田裕一郎 
   塚田知紀 中川浩行 木村智早 
   香子 清家利一  (敬称略)

会場  青山劇場    
 09年6月5日(金)から6月21日(日)

    大阪シアターBRAVA!
 09年6月26日(金)から6月28日(日)


新聞連載小説の舞台化との事
気になって思わず 押さえてました

観劇スケジュールに 一公演追加!
まぁ 7・8月の『ヴァンパイヤ』祭りの
時期じゃないのが幸いして・・・・
見に行けそうで~す

 あ~あ 6月公演で ホントよかった~(笑)


『春のめざめ』延長決定!

やっぱりね~(笑)
開幕前と言うのに 約2ヶ月の期間延長
8月30日までのチケットが発売予定です。

た・だ・し~
キャストは相変わらず不明 
この辺も お見込みのとおり(笑)

『ニューブレイン』3・20マチネ

シアタークリエ
劇団四季を退団、本格復帰作
一作目の石丸幹二さん主演の
ミュージカルです

キャスト
ゴードン・シュイン・・・・・・・・石丸幹二
リサ / ホームレスの女・・・・マルシア
ロジャー・・・・・・・・・・・・・・・・・畠中洋・
リチャード・・・・・・・・・・・・・・・パパイヤ鈴木
ローダ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・樹里咲穂
ミミ・シュイン・・・・・・・・・・・・初風諄
ミスター・バンジー・・・・・・本間ひとし

医師・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・友石竜也
牧師・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・田村雄一
ナンシー・・・・・・・・・・・・・・・・・中村桃花
           (敬称略)

一台のピアノ
周りを取り囲む病院にあるような
区切りのカーテン
ベットが現れるとそのまま病室

このカーテンを使い場面転換を
したり・・・・カーテンに添って
廻り盆がクルリと動き
街頭シーンになったり
シンプルな舞台です

ネタばれ嫌なかたは・・・
 ここからUターン よろしく!


続きを読む

『マルグリット』3.19トーク・ショー

約10分くらいの休憩を挟んで・・
いよいよトーク・ショーの始まりです

司会はTBSのアナウンサー
自己紹介で・・・確かハスミさん?
ゲストは 春野寿美礼さん
     田代万里生さん

実はマルグリットの舞台は
八百屋舞台である事などを
明かしてくれます。

そして二人の登場

まずは、今公演を終えたばかりですが
      いかがですか?

春野さん・・・マルグリットとして舞台の上で生きられて
       幸せ・・

田代さん・・・濃い~~~アルマンとしての時間を
       過ごさせていただいてます?・・(笑)
    

濃い~と言う話でしたが
ラブ・シーンが多いですね~ (笑)
(二人・・顔を見合わせる)
 
見所として・・4人での歌のシーンがありますが・・

二人でお答えで
メロディが違うのを、それぞれ歌うのが
大変だったそうです

ハスミアナウンサー
春野さんが、初めての女優! 
田代さんが、初めてのミュージカル挑戦
だったとの話に移ってゆきます

ハスミアナウンサー
二人の歌唱力に驚いた・・・
気になるのはエンディング後なんですが、
あのあと二人はどうなるんですか?

実はマルグリットは死んでなかったとか(会場笑)

田代さん・・光の中に去ってゆくので・・決して暗くはないと
   思ってます 希望に向かってというか・・・


Q お二人の印象は?
田代さん曰く 
  柔らかくて明るいけど        
  可愛い天然ちゃんだとの暴露話も・・(笑)

春野さん曰く 
  誠実で優しい人
  でもマイペース人間だとの評
  そこに助けられている部分もあるとか
  
開演前に『マルグリット』を観に行って
自分に出来るだろうかと不安になった事や
向こうのスタッフさんとの逸話とか
共演の寺脇さんは舞台外では
笑わせてくれるとか(笑)
今日は、実はTVの春の新番組収録に行ってるんですよ
・・としっかり新番組の番宣までやってま~す
さすが局アナ(笑)

いいコンビぶりのお二人
カンパニー内のいい雰囲気をも
垣間見られるトーク・ショーでした

あっという間に、時間が過ぎてゆきますね
巻きが入ったようで、まとめに入ります

お二人とも、
日本初演 大好きな作品
まだ29日まで公演が続くので
見にきてね!とご挨拶

舞台の裏話 聞けちゃって
またまた お得気分 いっぱ~いの
今日の公演でした (笑)



『マルグリット』3・19マチネ

再びの『マルグリット』@日生劇場
再びのトークショー付(笑)

トーク・ショー目当てにチケットを
追加購入などしていませんが、
なぜか縁があります。
それだけイベントが・・・・
増えてるんですよね?きっと!

会場に足を踏み入れると
マルグリットが見つめてます(笑)
二度目とあって、アンサンブルさんにも
注目したり・・・・(笑)


出演
マルグリット・・・・・・春野寿美礼
アルマン・・・・・・・・・・田代万里生
オットー・・・・・・・・・・寺脇康文

ピエロ・・・・・・・・・・・・・山崎裕太
ルシアン・・・・・・・・・・・tekkan
アネット・・・・・・・・・・・飯野めぐみ
ジョルジュ・・・・・・・・・横内 正

守谷 譲 池田紳一 山田展弘
清水隆伍 山名孝幸
鈴木結加里 松岡美希 碓氷マキ
西山愛由美 本井亜弥 水野貴以
         (敬称略)

守谷(佐川守正)さん
元四季で活躍されてましたね
キャッツや李香蘭などで
朗々とした歌声・・今も
健在でした。

鈴木結加里さん
レベッカでたくさ~ん(笑)
お目にかかりましたが、
今回は 上手さを感じさせる
ソロ・シーンあり・・・・
貴族夫人の中心的人物で
脇を締めています。

さてここからは
いつものごとくプリンシバルに・・

春野マルグリット
ちっとも幸せそうじゃない!と
アルマンに言われ・・
心の奥を見透かされたような
マルグリット
オズオズと恋に踏み出す
乙女の様です
パーティでの自由奔放だった
マルグリットは、生まれ変わった?

田代アルマン
激しい恋に、われを忘れる役
誰に諌められても、
その目はマルグリットを見つめてる
そんなアルマンに見えますよ~
前回より激しさが増してる気がする~
歌い上げの部分にはオペラチックに
ある部分もありますが、熱いです。


寺脇オットー
精悍な将軍役です
ただ一つ 思いのままに
ならないのが『マルグリット』
そんな雰囲気な将軍
台詞歌(笑)も、味があって
素敵です。

山崎ピエロ役として強弱をつけて来たと
いうか、緩急をつけて来たと
前回はさほど見えなかった部分

ドイツを嫌い、ユダヤ人の
友人ルシアンを拷問に屈して
裏切ってしまう・・・
このシーンから
反勢力活動のメンバーとしての
演じ方までが、おどけたり 
シニカルに演じたり、目立つ感じに
なってました。

Tekkan・ルシアン
今日は、山崎ピエロに
目が行った分Tekkanルシアンの
比重が軽い感じで・・・(爆)
あまり印象が残らないままでした

飯野・アネット
不安げな表情の多い役です
時々見せる笑顔も寂しげな笑顔
(お母様の面差しが見える)
冒頭シーンの歌声も素直で
可愛らしい・・
これからも舞台でいろいろな
役を見せていただくのが
楽しみです


市民のリンチにより命を
奪われる『マルグリット』
激しい恋を描いたこの作品
時代の流れに飲み込まれた二人

照明の光に向かい
アルマンはマルグリットを
抱いたまま去ってゆきます
余韻の残るエンディング

美しいメロディーにのせて
その時代に遡ったひと時でした。

あっさり目のカテコのあと
場内アナウンスが流れます

~本日、春野寿美礼・田代万里生
出演のトーク・ショーがあります。
どなた様も・・・ ~


はーい 分かりました~(笑)
では・・・休憩後 またネ


『Wicked』千穐楽決定!

ロングランを続けてきた『Wicked』
千穐楽が9月6日(日)に決まったそうです。

千穐楽決定時期ってどんな見極めを
するんでしょうね~

やっぱりチケットの売れ行きに
陰りが出て来たかな?

新作の上演をしたい?

いずれにせよ、一旦は幕。
馴染んだ演目が観られなくなるのは

やはり寂しいものですね~

楽のチケットは 会員の葉書抽選に
なる予定との事

今までの千穐楽抽選、当たったことないっ
でも、一応応募だけは、してみるか・・・(笑)

『レ・ミゼラブル』3・16禅さんVer

当日の『レ・ミゼラブル』観劇記では、
さらっと触れただけの禅ジャベール
これで終わる訳が無いっ!(笑)

ましてや熱く進化を遂げている
今期の禅ジャベール

観られて良かった~♪と
しみじみ思った帰りの新幹線

思い出しながら語りつくそう~(爆)
 禅ジャベールを!

バルジャン釈放のシーン
カッカッと音がしそうな
歩みで登場の禅ジャベール
警棒さばきが素早くなってます
自主練したんだろうなぁ~(笑)

バルジャンとのやり取りも
忌々しそうな表情だったり
厳しい表情だったり
わずかな時間の場面なのに
魅せてくれます

ファンテーヌ・娼婦館から・・
逮捕をバルジャン市長に救われ
病院へ・・・・
さらに馬車の暴走シーンからの
バルジャンとジャベールの絡み
~不思議だ~
  あなたの年でどうして~♪

歌としてしっかり歌っているのに
台詞になってると・・・
前回公演より 言葉として
入ってくる感じです
これは、ここだけじゃなく
全編を通して思いました。

ファンテの死後・・・
追うジャベールに
行く手を阻まれるバルジャン

眼力鋭く睨み合う対決が
凄い迫力です

♪バルジャン
・・・・ついにまた出会ったな!~♪

低音を使い、ジャベールの執念を
魅せてくれます。
今井バルジャンも素晴らしい!

ベガーズ・シーン
凄みを利かせての
・・・・Vsテナ一味は、
駒田テナとの凄み対決
禅ジャベール
ここも低音域を響かせている気が・・
歌い方も変えてきてると思う。

♪ゴミを始末しろ 仕事に戻れ!♪
叫ぶような歌声、
駒田テナを投げ飛ばす
禅ジャベですが・・・・・
駒田テナもよろけるだけ
一筋縄では行かない。
消えたバルジャンの正体を
告げながら、勝ち誇った
笑い声を残し捌けて行きます。

ここのテナの反応も役者さんに
よって微妙に違うので見所です(笑)

スターズ
舞台は暗くなり 星がきらめく中
静かに歌い始める 
 さぁ~逃げてゆけ~♪
『スターズ』です。
間奏部分では、さっと跪き祈る、
キビキビとした動きだっ!

この歌声が聞きたかったんだと
一人うなずき・・・(笑)
うなずき禅さんの真似っこ(爆)


一幕も終わり際
三角行進に加わるシーン
サッシュをゆっくりと巻く姿に
つい、見とれてしまいます
すみませ~ん 思いっきり
贔屓目線で・・・(笑)

2幕も
こんな感じで・・(笑)

砦のスパイ・ジャベール
高い所からの登場で
ちょっと禅ジャベの足元を心配したりして・・
マリウスの銃で撃たれるシーンと
比べれば、心配しすぎですけど・・ネ(笑)

ガブローシュに正体を告げられ
学生たちに囚われても、
居直ったようなジャベール
歩き方もこの辺では
なんと表現したらいいのかなぁ
肩を聳やかし・・のし歩くような
威嚇するような自信に
あふれたジャベールなのです
ちょっとだけ台詞が怪しかった部分が
あったみたいだけど・・(笑)

エポニーヌの死
一瞥するだけのように、
表情の変化を見せずにいて・・
すべてが確固たる信念の行動

その固い信念を
バルジャンに救われると言う
思い掛けない事態に
戸惑うジャベールがいます
この戸惑いが、自殺へと繋がる

♪やるのはナイフか~?♪
含み笑いぽかった前回から変り
今日は はっきりと笑っています

自殺シーンでは、
冷静なジャベールに感じました
精神的に追い詰められたというよりも
自分の信念を貫くための死なのだろうと。

橋から飛び降りる時
髪のシケも綺麗に解け
洸の渦に飛び降りるジャベール


完璧・禅ジャベールVerの
 『レ・ミゼラブル』

禅さんの出役で、これだけ
見方が変ってしまう
前にマリウス編書いてるし~(笑)

ご贔屓目線全開な
もしくは禅壊なとも言う・・
『レ・ミゼラブル』レポでした(爆)


『レ・ミゼラブル』前半組カテコ!

熱い舞台でした~♪
奥から次々と駆け出してくる
キャストたち・・・・・

最後に登場の今井バルジャンと
出迎える禅ジャベのハグ・・・
すぐあとになにかちょっかい出してた
今井バル!(笑)
こんな微笑ましいシーンは
なかなか観られない気がするゾ

お花投げも終わって
今井バルジャンが話し始めます
自分と聖子エポを除いて
ほとんどのキャストは名古屋での
樂を迎えます・・・・と司会っぽく
進行を始めます。
そして、カンパニーをまとめる人気者と
駒田テナを紹介

駒田テナ
名古屋生まれの自分なので
中日劇場の舞台に立てるという事は
とても幸せです
また他の演目でも戻ってこられたら・・・
駒田一をよろしく~(笑)
そして、まだまだ『レミゼ』は続きます
これからもよろしく~
で、今井さんは司会がうまくないので、
ここから私がやらせていただきます。(笑)
これには会場も・・・(爆笑)
笑いながら失敬な・・と言う声が(キーヨ?)

松原アンジョルラス
今回アンジョルラスを演じるのにも
アンサンブルの皆に助けられた
どの役でも舞台での気持ちは一緒だと・・

阿知波テナ妻
初演からこの役を演じていると
紹介され
当時良くこの役をやろうと思ったのか?
どうしてエポニーヌやコゼットじゃなかったか?
でもこの役だったから今も演じ続けられて
いる・・
この後・・・博多?
どうも他のV演目と勘違いしたようです


昔の僕をみるような・・と紹介(笑)

小西マリウス
2007年から他の役も演じてきて 
この役に対しての思い入れも出てきて
またやらなければいけない事も
見えてきた・・・
 

  なんかわかる~
  演じ方が違ってきていると思うし~


辛島コゼット
『レ・ミゼ』初めて観たのが
この劇場でした
それも千穐楽公演でバルジャンが
今井さんでした~
 (僕を選んだの?)って聞いてます(笑)
頑張ってコゼットを演じて行きたいので
東京にも・・ちょっと言葉がおかしくなってる(笑)

今井ファンテ
今この時代にも、強制送還されたり
親と暮せない子がいたり
現代にもおなじような事が・・
時代をうつすこんな作品に
出演できて幸せ。

禅ジャベール
15年前・・・初舞台でした
(プルベール上野さんを呼ぶ)
この役で・・この衣装を着たかもしれない
そして次 3年後・・ついでだからと
(小西マリウスを呼ぶ)
この役でした 会場は大うけです(笑)
そして今回ジャベール、
自分に取って 
この中日劇場『レミゼ』がスタンダード!
さらに・・話は続く(笑)

これからも『レ・ミゼ』をこれからも
よろしくと〆ましたが

駒田さんにちょっとした
ミニ・トークショーだったと
言われてました

駒田テナ、続けて時間も少なくなって
きたけれど、この作品は、アンサンブルが
大事です
代表して伊藤グランからも挨拶。

隅っこで遠慮がちに挨拶をはじめ
見えないんじゃ?

駒田テナ 伊藤さんに向かって
~素人じゃないんだから~ 
と容赦ない突っ込み(笑)

指揮を務めたビリーさんも楽ですと
紹介して会場内大きな拍手に
包まれる中の終幕となりました。

と~~~っても熱くて
挨拶もたくさんの素敵な
前半組楽日のカーテンコールでした!

禅さん応援団の皆様ともお会いできて
名古屋遠征 悔いなし!


『レ・ミゼラブル』3・16マチネ

中日劇場で公演中の
ミュージカル『レ・ミゼラブル』
応援中の石川禅ジャベール見たさに
名古屋の地までおでかけです(笑)

この機会を逃すと7月の
『ダンス・オブ・ヴァンパイヤ』まで
お預けですから~

本日のキャスト
remiz 0316キャスト

『レ・ミゼラブル』
ず~と見続けているミュージカルだけど、
今期の舞台は・・・熱い!

今井バルジャン
もとより好きな役者さんですが
バルジャンの今井さんは、人間の
温か味を感じさせるバルシャンで
歌声も好き。
本日は、彼を帰して♪の最後が、
引っかかった感じでしたが、
こらえて力技 (笑)
強引にひっぱり伸ばす・・・
つらそうに聞こえましたが
禅ジャベールとの歌対決は
凄いですね
こちらもある意味 力技。
二人とも一歩も引かない!

新妻エポ
ちょっと強がるエポ
そして恋するおんなの子ですね
オンマイ・オウン
切なく謳い上げてくれました。

辛島コゼット
安定した高音で、無垢なコゼットを
演じてくれます
エピローグ頬を伝う涙
キレイでしたよ~

小西マリウス
熱演でした! 
舞台上で 感情の変化がわかる
マリウスになってる。
あっさり風味だったのが
熱い男になってますね
カフェ・ソングは
合格ラインはもう少し・・・
なんと言っても禅マリ
慣れてしまっているので
ラインが高い(爆)
上から目線でゴメ~ンね ^_^;

駒田テナ
こちらもあくどくて
濃いテナルディエになってます
以前からその気配はありましたが
中日ではさらに進化してます

阿知波テナ妻
まさにテナルディエの妻!という感じ
デフォルメせずに
目先の欲にかられて生きている様が
よくわかります
コゼットをバルジャンに渡した時のお金
借金を返すんだよっ!とテナに
怒鳴ってましたたけど(笑)

松原アンショ給仕さんの
見てる前でこれ見よがしの
スプーン隠し!
何も言えずに、松原給仕の負け!(笑)
仲間を呼びに行っちゃいました~

吉井ガブローシュ
どこかで見た名前だと思ったら
ボーイ・フロム・オズで
タップ踊っていた吉井君ですか?

レミに登場とは驚きました。
タップの見せ場がなく残念です(笑)

今井ファンテ
儚げな様子はあるのですが、
お歌が・・
歌い方が・・
ゴメンなさい ^_^;
ちょい苦手です

松原アンジョ
赤いタイで学生に埋もれていない(笑)
伸びのある歌声、ちょっと不安定に
感じるとこもあったけど、いい感じ。


中日劇場でのキャストスケジュールでは
キレイに前半組と後半組に分かれていて
ほとんどのキャストが、本日で出番終了!

禅ジャベールも 本日で中日劇場での
出番を終えま~す
コレを禅友仲間では・・禅楽と申します(笑)

『エリザベート』では、禅楽なのに
ご挨拶など無くて 寂しい思いをしましたが
本日は・・・本公演もカテコも大満足 (笑)

長くなるので この辺にして・・・・
カテコの様子は 覚えているとこだけ
別記事でまとめる事にしま~す。

『ジーザス・C・スーパースター』3・15マチネ

名古屋『レ・ミゼ』の遠征を明日に
控えてるのに~浜松町に出没(笑)

『ジーザス・・・』エルサレムVerです。
本日の出演者
ジ-ザス・クライスト・・・・・・・・・ 金田俊秀
イスカリオテのユダ・・・・・・・・・・・金森 勝
マグダラのマリア・・・ ・・・・・・・・ 伊藤志保
カヤパ(大司教)・・・・・・・・・・・・・ 金本和起
アンナス(カヤパの義父・・・・・・吉賀陶馬ワイス
シモン(使徒)・・・・・・・・・・・・・・・・ 本城祐二
ペテロ(使徒) ・・・・・・・・・・・・・・・飯田達郎
司祭・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・阿川建一郎
司祭・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・伊藤潤一郎
司祭・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・佐藤圭一
ピラト(ローマの総督)・・・・・・・・・村 俊英
ヘロデ王 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 星野光一

男性アンサンブル
赤瀬賢二 上出匡高 染矢裕
武智正光 二見隆介 小野功司
キム・チャンホ 山本伸夫 安東翼
松田逸平 近藤聡明 片山怜也
半谷諒 玉真義雄

女性アンサンブル
石倉康子 ソン・インミ 板垣麻衣子
小嶋由夏 上篠奈々 村上智 
澤村圭子 室生慧 キム・ミンヨン
ジョン・ジョン 森未央 松尾千歳
         (敬称略)

荒涼たる荒野が広がる舞台
ジャポネスク版よりも 直感的に
舞台を見ることが出来ます


・・・舞台を転げ廻る迫力!
群集の救いを求める力
ジーザスに失望し 
十字架にかけろ!と叫ぶ
圧倒的な力

この動に対して・・・・・
静かなる王の
舞台の上の7日間


金田ジーザス
力強く突き抜ける歌声でした。
鞭打ちのシーンでの
不自然だった向きをかえるところ
随分と自然になりました

金森ユダ
エルサ版では、ユダの最後は
蟻地獄に飲み込まれて
行くかのように沈んでゆく・・・・。

裏切り者として神に選ばれて
しまったユダの悲しみが
伝わって来ます

伊藤マリア
柔らかめの歌声 声質は好み
ソプラノ部分は 佐渡さん系?
あまり目立たない印象かなぁ

村ビラト
かなり力が入っていたような(笑)
村さん特有の包容力のある歌声・・
ジーザスとの対峙が十二分に聞かせて
くれました

星野ヘロデ王
キラキラ衣装でメイクバッチリ!
横割れ衣装でしたが、動きはまぁ
おとなしく・・・・(笑)
あくまで下さま比較ですよ~
足を上げちゃうようなシーンはなし(笑)
ジャポ版の見得をきったりとは
でも動きが変わっても・・
この役の美味しいとこ
上手く生かして目だってくれます

上演時間が短い この作品
帰宅して時間もたつのに
なぜか 金森ユダの
~私は理解が出来ない~♪ とか
~ジーザス・クライスト
  ・スーパースター~♪ とか
あの声が蘇ってきます

不思議に ゲッセマネ・・じゃないんだなぁ~

 なぜだろ?


やっちゃった~!

どうしようかと悩みつつも・・・・
目の前で、誘惑されるとねぇ~
弱いんです!


某サイトで見つけた先行販売に
『・・・ヴァンパイヤ』数えて100回目の公演が
あるじゃないですか~(笑)

『ダンス・オブ・ヴァンパイヤ』
Z-会に複数枚 お願いして
あるのですが、某日を頼み忘れてた
これ幸いと

  思わず・・・・ポチッとな!


やっちゃいました~ (^_^;)
どこが悩んでるちゅうねん!!(爆)

東宝さんが何かやると発表したわけでもなし
『M・A』の200回公演も、華麗にスルーだったしネ
でもでも
とりあえずチケットを押さえて
特別カテコを、
ちょっとばっかり期待してみる(爆)


『恋のたわむれ』当選!

某プレイガイド
配席は期待出来ないけど・・・
文句は言いませんと言ってたのが
聞こえたかな(笑)

「The Game of Love」
   ~恋のたわむれ~

当選メールが、届いちゃった~(笑)

次の手も考えてあったけど
奥の手は引っ込めましょう~

おっ! トーク・ショーが 発表になってますね
でもその日は、ダメダ~メ。(笑)


ここでちょっと負け惜しみ。 
  いいのさ 舞台が見られれば!

『雨夜の品定め』・サントリーホール

浦井君が、ちょっと変わった事に挑戦?
『回転木馬』のあとのお仕事!
秋の『ヘンリー6世』の大作も控えて
忙しい一年ですね~


サントリーホール・ブルーローズ・サロンコンサート
  -春の源氏、秋の平家-
              
会場:サントリーホール ブルーローズ
           (小ホール)
出演 
-春の源氏- 5/25日(月) 
 雨夜の品定め~『源氏物語』男の座談会
   頭中将:浦井健治
   左馬頭:猪野学、
   藤式部丞:和田京三
   女房:小野洋子

-秋の平家- 10月28日(水)
 平家物語の花美男~平敦盛と那須与一   
   狩野了一(能楽喜多流シテ方)、
茂山逸平(能楽大蔵流狂言方)、
   金子敬一郎(能楽喜多流シテ方)
                -敬称略

秋の部にご出演の方はまったく存じ上げませんが、
春の部が、どんなものかと(笑)

ただ5月は 発売日の早い演目で
すでに埋まってて 観に行くことが
出来そうもありませ~ん

気になるけど見られない~
こんな演目 多すぎますっ!

『キャッツ』3・12マチネ

千穐楽が発表され、
更なる延長公演が発表され、
新たな千穐楽が決まって・・・
注目の的?になっている

 『キャッツ』

でも追加じゃありませんよ~
当初の予定通りの観劇です

後は、当初の千穐楽週のチケット
4月中旬の一枚を残すだけになり、
ちょっと寂しい (T_T)

本日のキャスト
グリザベラ・・・・・・・・・・・・・・・ 木村智秋
ジェリーロラム
=グリドルボーン・・・・・・・・ 谷内 愛
ジェニエニドッツ・・・・・・・・ 小松陽子
ランペルティーザ・・・・・・・・ 石栗絵理
ディミータ・・・・・・・・・・・・・・・ 増本 藍
ボンバルリーナ・・・・・・・・・・ 西村麗子
シラバブ・・・・・・・・・・・・・・・・ 五所真理子
タントミール・・・・・・・・・・・・ 八鳥仁美
ジェミマ・・・・・・・・・・・・・・・・ 王クン
ヴィクトリア・・・・・・・・・・・・ 千堂百慧
カッサンドラ・・・・・・・・・・・・ 蒼井 蘭
オールドデュトロノミー・・ チェ ソンジェ
アスパラガス
=グロールタイガー/
バストファージョーンズ・・・ 田島亨祐
マンカストラップ・・・・・・・・・・ 荒川 務
ラム・タム・タガー・・・・・・・・ 武藤 寛
ミストフェリーズ・・・・・・・・・・ 金子信弛
マンゴジェリー・・・・・・・・・・・・ 川東優希
スキンブルシャンクス・・・・・・ 嶋崎孔明
コリコパット・・・・・・・・・・・・・・ 花沢 翼
ランパスキャット・・・・・・・・・・ ユ ホンチョル
カーバケッティ・・・・・・・・・・・ 齊藤太一
ギルバート・・・・・・・・・・・・・・・・ 入江航平
マキャヴィティ・・・・・・・・・・・ 金久 烈
タンブルブルータス・・・・・・・ 大森瑞樹
         
              (敬称略)

まだまだキャスト変更があって
お初キャストがいらっしゃいます(笑)
グリザベラ・シラバブ・タントミール
カーバ ・ タンブル ・マキャもですね

木村グリザベラ
お初の違和感をとても感じたグリザ?
声質と歌い方が・・グリザっぽくないかも

五所シラバブ
動き・笑顔も子猫って感じで
可愛らしい~♪

荒川マンカストラップ
兄貴なマンカストラップのはず・・
でも、動きが重い感じ?

マキャビティがデュト様を連れ去り・・・
追いかけるところとか・・
通路を駆けて捌けるシーンで
特にネ

武藤・タガー
こなれてきた分 歌い方に
癖が出たのかなぁ~
ミストファリーズって歌ってるし~?
カテコ後の タガー〆も
ちょっと決まりがまだ甘い!(笑)


西村・ボンバル
なぜか西村ボンバル
メイクが恐い(笑)
でも~本日お客さまに
ゴロゴロニャーン♪
してるのを目撃!
可愛いったらありゃしない(笑)

大森カーバ&蒼井カッサ
デコボコ・コンビですね
かなりの身長差があるみたい
リフトなどは安定感あり

金子ミスト
ダンスは素晴らしい
歌は、今日は乱れ気味だったかも(爆)

入江ギルバート
グロ・タイとの戦いのシーン
なかなかの迫力でしたが、
舟から降りるのは 側転しながらじゃなく
普通に降りてました
キャストに拠って変わるんですね~

川東マンゴジェリー
百々マンゴーや武藤マンゴーよりも
若いというか 幼いというか・・・(笑)
元気のいいマンゴー

全体的にも 元気のいい舞台

客席のノリも良いし
ちょっと危なかったけど、
タガー〆まで 拍手も続いたし~
本日の握手
石栗ランペと金子ミストの
お二人でした~♪

歌舞伎『十二夜』気になる公演


松竹歌舞伎『十二夜』
歌舞伎×シェークスピア×蜷川

ロンドン 東京 大阪・・・と公演が
決まった~

ロンドン 3月24日~28日
東京 6月7日~28日
大阪 7月5日~27日

出演
斯波主膳之助
/獅子丸実は琵琶姫・・・・・・尾上菊之助 
織笛姫・・・・・・・・・・・・・・・・・・中村時蔵 
右大弁安藤英竹・・・・・・・・・・中村翫雀
大篠左大臣・・・・・・・・・・・・・・中村錦之助
麻阿・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・市川亀治郎
役人頭嵯峨雁覚兵衛・・・・・坂東亀三郎
従者久利男・・・・・・・・・・・・・・尾上松也
海斗鳰兵衛・・・・・・・・・・・・・・河原崎権十郎
従者幡太・・・・・・・・・・・・・・・・坂東秀調
比叡庵五郎・・・・・・・・・・・・・市川圓蔵
舟長磯右衛門・・・・・・・・・・・市川段氏四郎
右大弁洞院鐘道・・・・・・・・・市川佐團次
丸尾坊太夫 捨助・・・・・・・尾上菊五郎

前回、見逃した公演
今度は見たいなぁ~

東京 6月新橋演舞場

ミュージカル『十二夜』なら
知ってる(笑)

菊之助さんの琵琶姫
と~~ても気になるの

本気でチケ鳥捕獲に
励みま~す。


4・5月のWOWOW放送!

WOWOWさ~ん 
  アリガト~~(笑) 


4月5月と初回放送・・・・期待の3作です。

三谷幸喜「グッドナイト スリイプタイト」
4月5日(日)午後4:40

NODA・MAP「パイパー」
5月6日(水・休) 午前11:30

■いのうえmeetsシェイクスピア「リチャード三世」
5月23日(土) 午後0:00



3月は再放送が多いと思ったたけれど、
こんな、目玉作品用意してました(笑)
めっちゃ 楽しみな作品たちが揃い踏み。

  一期一会の生舞台!
 
  感動は生には及ばない


それでも・・映像に残ってくれたら嬉しい
いつでもこの作品たちに逢えるものネ


東宝のラインナップ!

東宝さんの公式HPを見ると

帝劇、こんな演目が並びます。
『マイ・フェア・レディ』
『放浪記』
『ミー&マイガール』
『ダンス・オブ・ヴァンパイア』
『レ・ミゼラブル』
『パイレート・クイーン 』



『マイ・フェア・レディ』だけは
日程が取れず あきらめたけれど
他は全部 行く予定の帝劇です。

特に『ダンスオブ・・』と
『レ・ミゼ』と『パイレート・クイーン』
石川禅さんの出演予定とくれば、 
行かない訳がない!(笑)
帝劇さ~ん ご縁が続きそう


一方のシアタークリエはと見てみれば、
『ニュー・ブレイン』
『この森で、天使はバスを降りた』
『ゼブラ』
『異人たちとの夏』
『グレイ・ガーデンズ』
の各作品

こちらは、今のところ
『ニューブレイン』と
『この森で天使はバスを降りた』
までが確定!

でも~その先は微妙な線ですねぇ~
『ゼブラ』・・・は『ミーマイ』優先になりそう
『異人たち・・』の時は 『ダンスオブ・・・』
・・に行っちゃうでしょ
『グレイ・ガーデンズ』は『レミゼ』の時期
やっぱり、禅さんの舞台を取るわ(笑)
チケットの確保チェックは忘れずに!

今年の観劇予定って
禅さんの出演がわかった時点で
忙しくなりそうとは覚悟してたけど
本当に忙しいんだわ~

hattiの観劇 (東宝版)

   傾向と対策でした(笑)

『ニューブレイン』@汐留

昨日の『Wicked』
イベントがあったので
いつもより遅くなってしまい
急ぎ足で新橋駅に
向かう途中!

ニューブレイン汐留
『ニューブレイン』の公演案内が・・・・

実は来る時に気づいてたけど、
時間がなかった~

帰りも時間がないのに
歩きながらパチリ!

でも分かりますよね~♪
石丸さんなのは(笑)

ジキルとハイドの時も
柱は違うけれどPRしてたなぁ~

『ウーマン・・・』を見つけたのは
浜松町だったっけ(懐)

そう言えば『ニュープレイン』
e-plusからなにやらご案内が・・

スプリングキャンペーンが
あるらしい!

4月限定公演で
 S席スィーツ福袋付?
さらにお得って・・・

何それ? (汗)

『恋のたわむれ』そろそろ?


気になる公演として
ちょっと記事にしたこの公演
シアター1010他 

会場 : シアター1010 公演は
09年5月21日(木)から24日(日)まで

出演: 岡幸二郎 今井清隆 彩輝なお 
    紫城るい 菊地美香 治田 敦 他      
              (敬称略)
 
行ける日は?・・・と考えた日で
抽選先行、参加してみた(笑)

バカにならない手数料がかかるので
出来れば避けたいプレ・先行

公演回数が少なく
先行枠が少なく・・・
仕方なく(笑) 
久しぶりの一般発売参加に
なるかもしれないなぁ~

某俳優さんのところでも
チケットを扱っていましたが
そんな都合の良い時だお願い
するのも・・申し訳ないので
連絡はせずに
プレイガイド抽選先行に
チャレンジ。

配席は期待出来ないけれど
取れれば文句は言いませ~ん(笑)

『Wicked』3・8マチネ

前回いただいたキャンペーン・カード
忘れず持参して・・・・

おっとその前にイベントの申し込み!
今日もイベントに大当たり~♪
オズの国『Wicked』アカデミーが
ありま~す

そして グッズ交換カウンターへまわり
Wickedのポスト・カードセットの
引き換えでした。
結構時間ギリになっちゃた~(笑)

本日の出演者
グリンダ・・・・・・・・・・ 沼尾みゆき
エルファバ・・・・・・・・ 樋口麻美
ネッサローズ・・・・・・ 小笠真紀
マダム・モリブル・・ 八重沢真美
フィエロ・・・・・・・・・・ 北澤裕輔
ボック・・・・・・・・・・・・ 金田暢彦
ディラモンド教授・・ 前田貞一郎
オズの魔法使い・・・・ 飯野おさみ

男性アンサンブル
三宅克典 賀山裕介 丹下博喜
齋藤翔 白倉一成 成田蔵人
町田兼一 田中宣崇 清川品

女性アンサンブル
あべゆき 小野さや香 長島祥
増山美保 真家留美子 
有美ミシェール 間尾あかね 
花田菜美子 伊藤典子
         (敬称略)

樋口エルフィー 
お久しぶり(笑)
冒頭シーンで・・ちょっと噛みかけたけど
明るいキャラのエルファバ
これは、そのまま樋口さんの
持ち味と思う

魔女としては・・ちょっと不利?
裏声に抜く時 弱くなるのも
以前より少ない気がしたけど

ライオンの子を助け出すシーン
北澤フィエロの
~僕が本当に何も考えてないと思ってるんだね~
に、間髪いれずコックリと
うなずいてた(笑)
あわてて次の台詞
~そうじゃない~と言うけれど・・
思わず笑ってしまった

Wキャストの妙ですね
同じ台詞 同じ進行でも
イメージが違う~

沼尾グリンダ
天然な カワイコちゃんが
エルフィーとの友情に目覚め
フィエロとの恋に悩み
『良い魔女』として生きて行く・・・・
押し付けがましい良い人(笑)
なんとも憎めない魅力的な
グリンダ

歌声は綺麗に伸びてましたが
でもちょっとお疲れ気味?

小笠ネッサ
依存心が強いネッサローズ
どうも好きになれない役(爆)
今日は、小粥・山本さんに続く
新しいネッサローズ!
明瞭な語り口で、歌声もはっきり
頑張ってました

八重沢 マダム・モリブル
こちらも森・武さんに続く
三人目のモリブル先生
感想は・・・・・八重沢さんでした(笑)

あの鬘 メイクをしても
語り口 歌、八重沢さんだ~と
そしてモリブル先生としては
優しめかな?

北澤フィエロ
フィエロとして見慣れてきた~(笑)

そのフィエロを思って
エルファバの歌う
フィエロ~♪ あなたの瞳の中には~♪
あたしはいないの~♪
ただ一人 みつめてる~♪
・・・・・グリンダ~♪

シーンが進み おなじフィエロを思って
グリンダの歌う
フィエロ~♪ あなたの瞳の中には~♪
あたしはいないの~♪
ただ一人みつめてる~♪
・・・・エルファバ~♪

同じメロディを歌う
グリンダとエルファバ
二人の友情 恋の行方

悪い魔女と烙印を押され
戦いながら強く生きる
エルファバ

良い魔女として、華やかに
でも寂しいグリンダ

二人の対比がくっきりと見える
『Wicked』 緑の魔法・・・・
今日も素敵な魔法でした。

終演後、一旦ロビーに出たけれど
イベントがあるし~(笑)

その名も
オズの国『Wicked』アカデミー

申し込み時に渡された参加証の席に
案内され いよいよ開講です(笑)

司会は三宅克典さん
お猿の丹下さんも居るのに
紹介してもらえなくて
キーキー言ってますがな(笑)

アカデミーでは 一体何を?
もちろん舞台の事
オープニングの音楽がはじまり・・
お猿さん一匹 勝手に幕を
開けようとしたところに
 スト~~ップ!
三宅さんの掛け声
 お客様に挨拶もしないでと
照明さん音響さんに止めてもらい
ご挨拶から・・・

さてアカデミー 幕開けです
舞台装置についての講義?
舞台監督さんをお呼びします。
舞台の正面にいるドラゴン
実際に動かして見せてくれたり
照明のことについても
レーザー光線やプロジェクターや
いろいろな種類を使っている事など
いくつか説明してくれました

つぎは ダンス・・
アンサンブルさん登場
長島さんが Wickedのダンスの
動きの特徴についてのお話

普通のダンスの決め・ポーズとは
違う動きで綺麗にみせなくては
いけないのが難しいんだって。
あっという間にお時間が来たらしい

最後のクイズ・コーナー(笑)
ダンスを見せてくれたアンサンブルさん
たしか田中 町田 成田 
間尾 伊藤 長島さんだった。

一問ずつクイズの出題して
会場のお客様 全員起立で
応えて行く形式
出題に間違えてしまうと着席

正解をつづけて残った方に
景品をいただけると云うものでした。

難問・ 奇問もありましたよ~(笑)
次回のアカデミーもクイズ出題が
あるらしい~

もし行かれるなら
心して参加するように(笑)

う~~ん (ファンアル・アンサー) 
  しまった間違えた!

 ポスターGETならず 残念でした (笑)



『夜の来訪者』3・7マチネ

紀伊国屋ホールで公演

台詞で魅せるお芝居!
この手の舞台好きです♪

出演

秋吉兼路・・・・・・・高橋克実
秋吉和枝・・・・・・渡辺えり
秋吉千沙子・・・・・坂井真紀
秋吉兼郎・・・・・・・八嶋智人
森永良三・・・・・・・岡本健一
女中弓・・・・・・・・・梅沢昌代
警官橋詰・・・・・・・段田安則
 
 演出 段田安則 (敬称略)

7人の出演者で見せる・・・・
家族とこれから家族になる予定の
この家の娘の・・・婚約者。

金銭的にも恵まれた家族の
婚約祝いの食事後の団欒の時に
突然の来訪者。
警官を名乗るその男が、知らせる事件
聞いたことのない名前の女の名が
伝えられる。

坂井さん
ヒステリック気味
八嶋さん 異様なテンション
渡辺さん 抑え気味で
ちょうど良し?(笑)

サスペンス?
でも先をちょっと読ませてくれる
先を読んで客席からしのび笑いが・・・・

徐々に謎解きがされ
そうだったでしょ?な会場の雰囲気(笑)

この謎解きの道筋に
貧困 階級意識などが
露にされて行く・・
現代にも通じる社会の歪が見えて来ます

そして意表をつく終焉は?
それは、ここには書かない方が
よさそうですね~ (笑)

チケットは完売らしく
会場までにあった公演ポスターには
完売の白い紙が貼られている

納得~~~!





検索フォーム
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

いらっしゃいませ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
67位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
俳優
4位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りBlog
Blog開設カウンター
ブログの更新率
月別アーカイブ