現在の閲覧者数: 2010年01月の記事 - hatti元気の素 観劇 ミュージカル
fc2ブログ
プロフィール

hatti (はっち)

Author:hatti (はっち)
石川禅さん応援中!
劇団四季・東宝ミュージカル・・・時には宝塚
観劇大好きなhattiです 

記事に関係のないコメントは
削除させていただく場合が
御座います。ご了承ください。

石川禅さんのお仕事
石川禅さん
これからの予定

舞台******
ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年3月7日~29日
日生劇場
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月4日~14日
skyシアターMBS
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月19日~21日
愛知芸術劇場大ホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月26日~28日
久留米シティプラザ 
ザ・グランドホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月3日~4日(土)
熊本城ホール メインホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月11日~12日
高崎芸術劇場 大劇場
ニック役他

石丸幹二 
オーケストラコンサート2024
石丸幹二
東京フィルハーモニー交響楽団
2024年6月21日(金)
会場:東京芸術劇場 コンサートホール
ゲスト出演

********
Netflix
「モンキー・キング」
声の出演
“竜王"役 吹替=石川禅
2023年 8月19日より配信開始

Netflix
『氷がすべてを隔てても』
声の出演
アイナー役=石川禅 (3/2より配信開始)

Netflix
『サンドマン』
声の出演
第6話 吹替=石川禅

コンサート*******
★『石川禅 6th ソロ・コンサート』
2021年3月20日~21日
よみうり大手町ホール
※公演延期 ※

石川禅さんのプロフィール
FCについては
サイドバーのリンクから
ホリプロブッキング
エージェンシーへどうぞ
禅さんの舞台
石川禅さん次回は % 『COME FROM AWAY』
禅さん 出演公演
Blogランキング参加中です
見たよ 読んだよ ポチっとな!
よろしく お願いします。
3月の観劇予定

■『モンスター・コールズ』
■『ウィリアムのウィリアムとウィリアムたち』
■『アナと雪の女王』
■『COME FROM AWAY』複数回
■『スウィニートッド』
■『リア王』
■『千と千尋の神隠し』
■『ライオン・キング』
■『メディア/イアソン』
■『美女と野獣』
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 3031
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

『エレガンス』1・31マチネ

SISカンパニー公演
実は今日SISカンパニー
さんの
次回作のチケット先行発売初日!
なんとか GET出来たので
心置きなく、舞台が見られます(笑)

まずは、プログラムを買いました。
小ぶりな作りで、
表紙はチラシと一緒です。


会場 : 紀伊国屋ホール
出演者

鶴岡真紀子・・・・・・・渡辺えり
川上あい子・・・・・・・木野花
川上れい子・・・・・・・梅沢昌代

宮 優・・・・・・・・・八島智人
原悦太郎・・・・・・・中村倫也 
イ・スミン・・・・・・コ・スヒ
     (敬称略)

粗筋は、昔はフィギアの一流選手で
今はコーチになっている真紀子

シンクロ選手だったあい子は
真紀子とコンビを組んで
漫才の経験もあるがいまは
スイミング・スクールの経営
だが、上手く行かず破綻寸前

アルバイトの イ・スミンと共に
事務所明け渡しの作業中

そこに訪ねて来る
スポーツ・ライターとして
あい子たちの本を出した
事のある 宮優は
クールで人情などは無関係?
トコトン、友達には
なりたくないと思わせる奴(笑)

あい子の妹 れい子に
あい子の状況を知らせて
呼び出す。
ビジネスで成功
社長になっているれい子だが
あい子との間には、深い亀裂がありそう。

さらに宮は、3人が揃ったところへ
なにやら 曰くありげな若い青年
原悦太郎をあい子達のところに
連れてくる・・・・・・・

ここからのお話、
あい子 真紀子 れい子
個性の強い3人様が
ぐんぐん引っ張って行きます
客席降りもけっこうありますね

悦太郎が何も知らない設定で
自然な演技
濃い空気の薄め役(笑)

そして宮は、スパイスのような
役割かも知れません。

最後にイ・スミンさん
熱演で、上手く笑いを誘います。

思う事を素直に伝える難しさを
言葉の壁があるからこその
説得力で伝えてくれました。
前向きに終るエンディングは
と~~ても好み。

渡辺えりさんの強烈なキャラクターが
一番印象に残ったかな。
対抗するのが コ・スヒさん?
いや 八島さんも負けてないし~・・・(笑)
木野花さんも、ドンと受ける。
梅沢さんも 飄々と存在感を示して
中村さん さわやか系?

買い求めたプログラムに
キャストのこの舞台に対する言葉が
載っていたのですが、
終演後 その言葉が納得出来て
頷いていました。


結局 み~~んな良かった。(笑)

楽しい舞台でした。

『ライオンキング』 1・30マチネ

去年・・・といっても前回見たのは、
11周年記念日の前日で,
何も変わったこ事のなかった
12月19日だったのですが、(笑)
キャストがまたまたけっこう変わってます。


本日のキャスト
ラフィキ・・・・・・・・・・・・金原美喜
ムファサ・・・・・・・・・・・・内田 圭
ザズ・・・・・・・・・・・・・・・・明戸信吾
スカー・・・・・・・・・・・・・・金森 勝
ヤングシンバ・・・・・・・・小林 翼
ヤングナラ・・・・・・・・・・伊藤優佳
シェンジ・・・・・・・・・・・・玉石まどか
バンザイ・・・・・・・・・・・・本城裕二
エド・・・・・・・・・・・・・・・小原哲夫
ティモン・・・・・・・・・・・・中嶋 徹
プンバァ・・・・・・・・・・・川辺将大
シンバ・・・・・・・・・・・・・田中彰孝
ナラ・・・・・・・・・・・・・・・岡本瑞恵
サラビ・・・・・・・・・・・・・渡邉万希子

【男性アンサンブル】
今村真悟 天野陽一 山下啓太
加藤龍登 井上隆司 島村幸大
大竹康平 星野光一 文永 傑
金光基成 柳木 優 虎尾信弘
片山崇志 山本 道

【女性アンサンブル】
英 陽奏 手塚宏子 小林英恵
久居史子 池田祐子 鄭 雅美
谷井里衣 村上侑希 宮尾有香
中村友香 井藤湊香 小松陽子
         (敬称略)


明戸ザズ 金森スカー 
中島ティモンが
戻りキャストですね。  
岡本ナラは、お初です。

毎回お初キャストがいるというのも
凄いかも・・・(笑)
金原ラフィキも、歌安定、
金森スカー さすがの役作りで
細かいところも見せてくれてる


それなのに~~

なぜか集中出来なかったよ~(爆)
型どおり進んで 型どおり歌って
型どおりに終ってしまったようで
物足りない感じ。


贅沢な話ですが、回数を
見過ぎてるのね きっと!
自分の中で盛り上がりに欠ける。

めくり慣れた絵本を見るような
感覚と言ったら良いでしょうか?
次の次までが読めてしまうから・・・


スカーの食べ損ねた朝食のネズミ君
スカーに投げられて
客席正面からは見えない舞台袖に
しばし捨て置かれてだけどチラ見え。

どうするのかなぁと気にしていたら
気がついたスタッフさんが
サッと片してた(笑)

・・・・などと余計なところに
気を回してるから舞台に集中
出来ないんだろうが・・・(爆)

いかん 次はもっと集中しようと
反省のhatti なのでした。(笑)

『ガス人間第一号』TV放送!


2010年 2月26日 
NHKさん
『ガス人間第一号』を
放送してくれるらしい

ベスト・ステージのTV放送欄に
載っていた予定

シアタークリエ
での上演
ちょっと切ないガス人間
ドンデン返しもあって・・・・・

小心者~傷心者
そして 焼心者~♪
同じフレーズでも、痛みが変わる

中村さんの歌声が蘇る!
あの舞台を思い出しています。

約一月も先だけど、
忘れないようにしなくては。

『血は立ったまま眠っている』1・28マチネ

会場 シアターコクーン

朝方に列車トラブルでドキッ!
午前中は仕事なので、午後ダッシュ
の予定なのに~(T_T)

チケットまだ受け取ってないので
その時間もみなくてはならず倍ドキッ!
でも昼過ぎにはさすがに平常運転してました(笑)
チケットも無事引き取り プログラムも
しっかり買って 開演時間を待ちます。

いつも入場時に渡されるチラシの
厚さがそんなに厚くなかった(笑)
目新しいところでは、
『ディートリッヒ』の本チラシ?
『ムサシ』
 ロンドン・NYバージョンチラシを
 GETで~す。

さて舞台では・・・・・

『血は立ったまま眠っている』

演 出 蜷川幸雄

出 演
森田剛、窪塚洋介
遠藤ミチロウ、金守珍、大石継太
柄本佑、冨岡弘、大橋一輝
澤魁士、鈴木重輝、鈴木彰紀、
手打隆盛、松田慎也
江口のりこ、市川夏光、蘭妖子
丸山智己、三谷昇、六平直政
寺島しのぶ (敬称略)

『IZO』で見た森田君とまた
違って思いつめたような
緊迫感がある。
テロリスト、自分の足元が
見えていないような
危うい姿。
窪塚君 お初ですが、周りを威圧する
ような感がありますね。

舞台背景となる安保闘争などは
聞いただけ・・・・
良くわからないだろうな~と
思っていたら 案の上(笑)

猥雑な世間を現すであろう
チンピラやずべ公 床屋などと
二人のテロリストが
別々の世界を見せていて
怪しい記者(大石さん)
この男は、彼に何をさせたかった?
二つの世界はリンクしているのか?
なにかを伝えたいのか?

舞台セットも猥雑(笑)
芝居が始まる前 奥を開け放つ
蜷川方式(笑)そこでは、
自販機の補給用の飲料メーカーの
おじさんが普通に作業してた!

そこから赤旗を持ち
飛び込んでくる人々

よく理解できないままに
幕を下ろして・・・・・・
あっと 幕はなかったんだっけ(笑)

寺山さんの作・・・世界観
あまりお得意の分野ではないらしいと
自覚してます(爆)
ストーリーはわかっても
伝えようとするものが
良くわからないままでした。

蜷川さんの演出も、自分の好みでは
無い部分が多く見られる舞台だったように
思います

この作品 きっと好みが分かれるだろうなぁ~
そんな思いを抱きながら帰途についた
今日の舞台でした。

10年2月の観劇予定

2月は禅さんのイベントからスタート!

2月あたまにやりますとの
案内どおり、チケットも届いて、
場所もいつものあそこ(笑)

ではでは、2月の観劇予定に・・・
■ ZーAngle・メンバーズギャザリング
    (3回参加)
■ 蜘蛛女のキス
■ 天璋院篤姫
■ THE39STEPS
■ カーテンズ×2回
■ キャッツ(横浜)
■ 55ステップス(全国公演)
■ タイム・フライズ
■ ガランチード~生きた証~
■ クレージー・フォーユー
■ ハプスブルクの宝剣

久しぶりのメンバーズ・ギャザリング!

禅さんの公演が、立て続けに入って
お稽古期間すら
充分には取れていないでは?と
余計な心配をしてしまう状態ですが、
メンバーズの会は忘れずに
開催してくれるのが嬉しい。

まだ1月に観劇予定が残ってますが、
2月のスタートを・・・
実を言えば、禅さんのイベントを
指折り数えて待っている毎日なので~す。

『象』チケ 捕獲ならず!



新国立劇場で上演の
『象』

スマップの稲垣くんが出演だからか
わかりませんが・・・・
チケットの発売が電話のみ?
さらに枚数制限もしっかりありますね

特電でさらに抽選って、珍しい~(笑)
本日がその結果発表でした。
結果も電話で確認なのよ~

各プレイガイドが同じような先行で
全部申し込めば、確率も上がるけど
ダブりの可能性も?
そんな事ないか(笑)

ダメなら 諦める
ただでさえスケジュール
いっぱいなんだから(爆)

で、ちょっとドキワクで
電話をして見たら 

玉砕でした~~(T_T)
一般では よけい取れる気がしない~




ちょっと観劇休みしています。



20日の『アイーダ』以来
ちょっと足が遠のいているのですが
深い意味はありません(笑)

この月、自分的にこれっと思った
演目と日程がなかっただけ。

間隔が空いたけれど、28日が
次の観劇日で~す。

『血は立ったまま眠っている』
シアター・コクーン

でもって 手持ちチケット確認したら
チケットが無い!
良~く考えてみたら
まだ劇場に取りにいってない(汗)

いま気がついた~
気づくの 遅すぎっしょ!自分(爆)


もう観劇当日受け取りしか
なさそうだ~
当日は、遅刻どころか 引き換え時間も
見込んで早めに行きたいけれど
午前中の仕事 抜けられないんだっけ。

当日 ばたばたと慌てる自分が見えるぞ(笑)
 

『ガイズ&ドールズ』@シアタークリエ

日程のいっぱい詰まった4月だけど
シアタークリエで、
『ガイズ&ドールズ』
高橋由美子ちゃん
笹本玲奈ちゃんが気になるなぁ~

そして最近発表になったアンサンブルには
乾あきおさんの名前が・・・・

『ガイズ&ドールズ』
2010年4月3日~4月30日

【キャスト】
スカイ・・・・・・・ 内 博貴
サラ・・・・・・・・・ 笹本玲奈
アデレイド・・・ 高橋由美子
ネイサン・・・・・ 錦織一清
ナイスリー・・・ 田中ロウマ
ベニー・・・・・・・ TETSUYA
  (Bugs Under Groove)
ラスティ・・・・・ 田川景一
ハリー・・・・・・・・・中村昌也
ビッグ・ジューリ・・ 三谷六九
カートライト・・・・・ 荒木里佳
アーバイド・・・・・・・ Kuma
ブラニガン巡査・・ 井上高志

<アンサンブル>
乾あきお 上口耕平 土倉有貴
永野拓也 中本雅俊 
秋山千夏 栗原朗子 栗原亜紀子
香月彩里 首藤萌美
         (敬称略)

この時期『レベッカ』で帝劇に
かなりの頻度で出没予定のhatti

ちょいとお隣にも足を伸ばして
見ましょうか?(笑)

でも・・・内さんって ジャニ系・・・
するとチケットが取り難いかも。

 東宝ナビザでの取り扱いが違うんだもん!

禅さんとこからお手紙来たよ。

石川禅さんの

メンバーズ・ギャザリング

2月の初めに開催。
しっかり申込み済み。(笑)
でチケットが送られて来ました~♪

一緒に行きたいと言ってた友人の分も
無事にいける事になり
ほっとしました~

舞台ほど、回数のないイベントでは
役になった禅さんとは
また違う顔を見せてくれるし~
とても貴重な時間で~す。

いつも劇場で会う禅友さんも
会えそうな様子。
これもまた楽しみ♪

後は当日 仕事が終ってダッシュで
駆けつける予定なので、
時間ぴったりに終わって帰れるように
祈るだけです。 (^o^)/

田舎からの上京なので、時間ギリ!
列車トラブルなどもありませんように。

祈ることたくさんあるなぁ~(笑)

チケットの神様にお願い。

最近、抽選によるチケット発売が
増えている気がするのですが・・・

本日も 2演目抽選に参加
結果がわかるまでドキドキです。

外れた場合でも、時期的にまた他の方法で
チャレンジ出来るのは大変嬉しい~(笑)


でもちょっとだけ言わせてもらうと
当選はしたけれど・・
席がわかってビックリな事もあります

先行の先行で、お稽古すら
始まっていないだろう時期に
チケット買って、見る気満々だった自分。
チケットが届いてみたら一番後方の
端っこ席だった時があって
ビックリでしたけどね(笑)

そういえば本日チケットが、到着した
某演目も、人気演目かとは思うのですが、
S席で3F最前がきたよ~(苦笑)

微妙だ~!

でもね 申し込んだ時は
何処でもいいから当てて~って
思ってるのよね 

はい チケットの神様!
贅沢は言いません~ 当ててね(笑)

観劇スケジュール、悩み中!

相変わらず 悩んでいます・・・・・。
 いつもの悩みですけどね(笑)

見たい演目があるのに
日程が組めない!
どこかに予定を入れられないか!
とまぁ そんな悩み(爆)


一番の問題は
帝劇での『レベッカ』の上演(笑)
一押し俳優の石川禅さん出演なので
目いっぱいチケ手配しちゃってる訳です。
3月 中日劇場遠征も予定ありの
4月 5月の帝劇公演を頑張って・・・
これだけでかなりの回数が埋まってる。

だって、4月は新年度
人事異動やら 職場の体制が
変わる時期なので、土日を軸に
いっぱい手配しちゃった『レベッカ』だって
無事に行けるのか不安もいっぱい!

その4月 5月にこれまた
見たいぞ~と言う作品が次から次へと
上演決定して・・・ もう~~~(笑)

『ドラキュラ伝説』これ4月
『二人の夫と私の事情』4月から5月
『ムサシ』これも5月から6月ですから
油断も隙もありません。

涙をのんで見送らなくてはならない
作品は・・・さぁどれ?
それとも
無事に全部見られるのでしょうか?(笑)


 チケット発売日が迫ってきます。


『アイーダ』1・20マチネ

濱田アイーダと阿久津ラダメスが
キャスティングされてる~

と友人から聞いていたのですが、
四季HPの~前日の出演者~を見たら
樋口アイーダにキャス変更してました。
阿久津ラダメスが来たので
オリキャスの二人で見られるかと
思ったのですが、そう甘くはなかった(笑)

樋口アイーダも情感を込めた
素敵なアイーダですが、
濱田アイーダと
比較すると 優しい~んです。
そして陰をあまり感じさせないような
感じを受けます。


本日の出演者
アイーダ・・・・・・・・・・樋口麻美
アムネリス・・・・・・・・光川 愛
ラダメス・・・・・・・・・・阿久津陽一郎
メレブ・・・・・・・・・・・・有賀光一
ゾーザー・・・・・・・・・・田中廣臣
アモナスロ・・・・・・・・石原義文
ファラオ・・・・・・・・・・前田貞一郎
ネヘプカ・・・・・・・・・ 松本昌子

男性アンサンブル
品川芳晃 田井 啓 中村 巌
黒川 輝 海老沼良和 大森瑞樹
森 健太郎 河野駿介

女性アンサンブル
大石眞由 杏 奈 長島 祥
大村奈央 小島光葉 濱田恵里子
岡本有里加  (敬称略)


阿久津ラダメス
いろんな意味で目立つ!
あれがラダメスだと初見でも
多分わかる・・・将軍さま(笑)
存在感がありますね。
一幕 眼光鋭く荒々しいラダメス
出てくると 舞台の空気が
ちょっと変わる感じがする。

CDでも聞き慣れた歌声なので、
その辺 得をしてるかな?
朗々と聞かせるのではないけど
情感溢れる歌。

アイーダを愛していると
自覚したあとは・・・
かなり情熱的で
一途なラダメス。

アイーダと共に迎える
死を受け入れる気持ちを
納得をさせてくれます。


光川アムネリス
可愛いキャピキャピな面も
みせますが、
愛を無くし 孤独な中
王の後継者としての
自覚に目覚め、凛として
二人に処刑を言い渡すシーンなど
これからのアムネリスの生き方を
想像させ、切なくなりますね

佐渡アムネ 五東アムネとも
違うタイプの新しいアムネリスを
見せてくれました。

有賀メレブ
中嶋メレブは、年齢不詳でしたが(笑)
こちらは充分に青年ですね
目端が利く、小僧っポイ
王宮で逃亡資金を隠していても
納得しちゃうかも。


田中ゾーザー
飯野ゾーザーのダンディな悪役から
するとインパクトはちょっと薄い?
歌もキチッと歌ってくれていますが
阿久津ラダメスともめるシーン
父親の威厳が・・・・・・?
並んだだけで負けそうなの(笑)
ゾーザー軍団の中でも
遠慮してるように見えちゃうボス。
がんばって~(笑)


阿久津ラダメス 樋口アイーダ
二人を軸に、アムネリスが
良いバランスで絡み
有賀メレブも台詞の間など
良い感じです。

本日は 前方席だったので
キャストの皆さんの表情まで
バッチリ。

ヌビアの民と一緒に
エジプトの空の下

『アイーダ』の愛

しっかり見て来ました。


さて次回は 3月の予定
またキャスト 変わるだろうな~

ミュージカル『ファントム』

2010年11月
赤坂ACTシアター

2010年12月
梅田芸術劇場
ミュージカル 
『PHANTOM』

大沢たかお 杏 樹里咲穂
篠井英介 ほか (敬称略)


とりあえずここまでの速報。(笑)
大沢ファントムと言えば・・・

作詞 アーサー・コビット
作曲 モーリーイェストン
こちら版(笑)
劇団四季で公演のものとは
ちょっと違います。

演出 鈴木勝秀 
   (敬称略)


チラシには 大沢ファントム
  最終章とも!
これも 惹かれる演目ですね~
 
その頃帝劇では『モーツァルト』か・・・
 
またまたチェック演目が
    増えましたよ~(笑)



『ムサシ』ロンドン・NYヴァージョン!

彩の国さいたま芸術劇場
『ムサシ』
 ~ロンドン・NYヴァージョン~
出演 藤原竜也 勝地涼 鈴木杏 
   六平直政 吉田剛太郎
   白石加代子 他 (敬称略)

5月『レベッカ』祭り中の
上演みたい
どこかで見に行けるかなぁ~
スケジュールの詳細は
ホリプロさん HPへ・・・

小栗君の名前はなさそうですが
とても面白かった演目、
ヴァージョン違いでどんな感じに
なっているのか 気になって
仕方ありません(笑)

チケット戦線勝ち抜いて
行くぞ さいたま、彩の国(笑)

ちなみに彩の国は、地元です。
上演時間もちょっとなら
長くなっても慌てなくて済みます(笑)

『タン・ビエットの唄』再演

『タン・ビエットの唄』

東京芸術劇場で再演決定!
【出演】安寿ミラ、土居裕子、畠中洋、
    吉野圭吾、宮川浩、駒田一、
    戸井勝海 川本昭彦、滝沢由佳、
    島田邦人、小林遼介、長尾純子、
    久積絵夢、彩橋みゆ(敬称略)


期間が短~い。 

8月13日(金)~15日(日)
これってお盆!
なんちゅうスケジュール
主婦としては、家を開けにくい
日程ですよ~

他は兵庫・・・など地方公演があると
TSさんの公式HPにありました。

そして10月8日~31日
紫月あさと・湖月わたる 他
  (敬称略)

このお二人を中心に
 新作ミュージカル
こちらも兵庫・阪急中ホールほか
上演予定があるようですね

まずは『タン・ビエットの唄』
土居さんの歌声に癒されたい~
安寿さんのキリっとした風情もよかった
駒田さん 吉野さん 同じ役だろうな?
畠中さん 宮川さんもいるし


あの仲間が帰って来るって感じですか
しかし東京公演 3日間とは・・・・。
TS応援団としては スケジュール調整を
なんとかしたいとは思いますが、
なぜ、お盆の3日間しか演ってくれないの?

  今から頭痛いわ!

四季『エクウス』のチケット


17日は四季『エクウス』の
会員先行チケット発売日です。

しか~~し 日程をみたら
行けそうな日が ナッシング!

やば~い かなりやば~~い。
どうしよう~
あきらめようかな?
前回公演なんてステージ・シートで
見たのになぁ~

いつも会員先行初日に
買っていたけど
・・完売じゃなければ
後でも買えるよね。

3月がこれ以上予定が入れられないのは
確定なので、悩んでも始まらない

4月以降の予定次第で 

行けるかも?


『ウーマン・イン・ホワイト』1・16マチネ

前回公演でかなり通った青山劇場
WIW

懐かしい気がします(笑)

『ウーマン・イン・ホワイト』

出演
マリアン・ハニカム
    ・・・・・・・・・笹本玲奈
ウォルター・ハートライト
    ・・・・・・田代万里生
ローラ・フェアリー
   ・・・・・・・・大和田美帆
フォスコ伯爵・・・・・岡幸二郎
白い女・アン・キャスリック
    ・・・・・・・・・・和音美桜
パーシヴァル・グライド卿
・・・・・・・・・・・・・・パク・トンハ
フェアリー氏・・・・・光枝明彦

佐山陽規 秋園美緒 家塚敦子
池谷京子 板垣辰治 今泉由香
岩田元 大峯麻友 岡田誠 
神田恭平 小関明久 鈴木結加里
俵和也 中川菜穂子 三木麻衣子
南智子 山田展弘 石丸椎葉(子役)
     (敬称略)

主な配役が、マリアンとフェアリー氏以外
キャスト・チェンジです。

ご存知のとおり 2007年に日本初演。
パーシヴァル卿を演じた石川禅さんを
応援中なので、出演されない今回の再演は
たった一回の観劇で終わりそうですが、
ここまでキャストが変わるとね
別演目を見ているかのよう・・(笑)


♪どこからはじめましょ~
      悲しい歴史です~♪

禅パーシヴァル卿の歌声が
思い出される。
前回は、回数を見たので、
なおの事です。
ハートライトの声は別所さんで
インプットだし~
初演キャストの印象がとて強い。

玲奈マリアン
上手いっ!
安定していると思うし・・・・

だけど、全力で走ってない?
ソロになると ガッツリと
聞かせてくれるんですが
なんと言うか、遠慮してそうな
歌い方に感じた。


田代ハートライト
若々しい・・(笑)
別所さんが初見ですからネ

ハート・ライトの甘い歌が
さらっと流して聞こえます。
あまり情感がこもっていないような?
うらぶれたハートライト
あれっ 記憶に無いぞ?(爆)

パーシヴァル卿との殴り合い
前回公演より控えめに感じましたが
う~~ん 確かではありません。

大和田ローラ
沙也加ローラに似ているようにも
思える部分がある歌声。
高音もよく聞こえていると思うのですが
若干歌い方が荒い感じを受けました。

深窓の令嬢の雰囲気は
沙也加嬢の方が似合っていたかも?

岡フォスコ伯爵
仲良しのネズミ君は籠の中、
籠を持ったままのお歌です。
ずぅ~~っと最後まで
籠の中でした。

玲奈マリアン嬢との
口説きシーンやエスコートシーン
あまりマリアンに夢中になっているとは
思えないクールな伯爵(笑)
無~~~理♪も綺麗に歌い上げて
上條フォスコ伯とは別の路線ですね。
客席降りではけるシーンがありました。

和音アン・キャスリック
叫ぶ・・・シーンは歌声の延長
こちらも初演の山本カナコさんを
思い出します。
狂気じみた叫び声
ちょっと怖かったよ~
それと比べると印象が薄い?


光枝フェアリー氏
こちらも若干演技が変わってます
相手が変われば・・・当然ですが
印象が薄くなったみたいに
感じたフェアリー氏。
笑いもちょっとしか来なかったし~

パク・トンハ・パーシヴァル卿
やはり演じる人によって
印象が変わるものですねぇ
硬派なパーシヴァル卿でした
禅パーシヴァル卿の歌で聞いていた
メロディーもちょっと違って聞こえる?
パクさんパーシヴァル卿は
歌詞を切って歌うところがあるので
違和感を感じたのかも知れません
サインを強要するシーンは
激しい怒りを見せますが、
ここも演出変更でしょうか?
ローラを殴ろうと手を上げる
シーンは無くなっていたみたいです。

結婚式でもパージヴァル卿は
踊ってない~
ローラと二人 踊る皆に囲まれて
真ん中で軽くクルクル回るだけ。

キャスト変更によって
動きも少し変わっているようですね。

禅さん・別所さん
このお二人の濃い演技を
幾度となく見て来たので(笑)
見終わって感じたのは

  アッサリ感

サラッと見て終わってしまった3時間。
ちょっと内容に記憶がない部分も・・(^^ゞ

 身を入れて見てなかったらしい?

帰り際 メールチェックをしたら
ホリ・プロさんから
『ウーマン・イン・ホワイト』
ペア特別鑑賞チケットのご案内が・・


 今見たばかりなんですけど~(笑)

『月刊ミュージカル』1月号

年明けて1月号です

  月ミュー!

表紙は 『カーテンズ』の東山さん
開くと裏側はモノクロだけど
『レベッカ』の帝劇ヴァージョンチラシ

禅フランクがいるわ~(笑)

本編は宝塚公演『カサブランカ』から
舞台写真

『ハプスブルグの宝剣』のチラシも・・・

こちらは綺麗なカラー

読み物も『カーテンズ』から
東山さん 大和さん
大澄さん・綜馬さんと続いて
鳳さんで〆る。

『キャバレー』
『ファニーガール』

『キング・オブ・ブルー』の
泉見君・清水さんのインタ記事。
ここはモノクロ

中ほどに『パイレート・クィーン』
東宝さん提供の舞台写真は
帝劇ロビーに掲げてあったのと
同じようです。

『ミュージックマン』
『蜘蛛女のキス』の記事もあって


これから見る演目もちょっとあるし~
買って正解なのかな?


禅ビンガム卿の写真もモノクロだけど
禅フランクも一応いるしね(笑)

これがなかったら今月号は
スルーしたかも・・^_^;
禅さんが載ってるのが、
購入の第一条件なので~す!

『ファニー・ガール』1・14マチネ

ミュージカル『ファニーガール』
会場 : 赤坂ACTシアター

出演
ファニー・ブライス・・・春野寿美礼
エディ・ライアン・・・・・橋本じゅん
ブライス夫人・・・・・・・・剣幸
ニック・アーンスタイン
・・・・・・・・・・・・・・・綱島郷太郎
ストラコシュ夫人・・・・田中利花
フローレンツ・
ジークフェルド2世・・・阿部裕
エマ・・・・・・・・・・・・・・小山萌子
トムーキーニー・・・・・藤浦功一
レナルディ/演出家・・・遠山大輔

ミムジー・・・・・・・・秋山エリサ
キャシー・・・ヴァネッサ・ルート
ミーカー夫人
ウィンストン夫人・・小野妃香里
ポリー・・・・・・・・・・・・鴨志田加奈
オマリー夫人
/ヴァンス夫人・・・・・・・杵鞭麻衣
ジークフェルド・ダンサー
  ・・・・・・・・・・・・・・・高橋あすか
バブルズ・・・・・・・・・・・・・徳垣友子
モード・ナドラー夫人・・・中村桃花
ジークフェルドダンサー・・福田えり
メッセンジャーガール・・・山中美奈
コルネットマン・ディビス・・池島優
ヘッキー・・・・・・・・・・・・・・小原和彦
ポール・・・・・・・・・・・・・・・・加賀屋一肇
ジョン・・・・・・・・・・・・・・・・清水和博
アドルフ・・・・・・・・・・・・・・・楢原潤也
労働者・ジム(テナー歌手)・・港幸樹
        (敬称略)

春野ファニー
10歳から舞台に立つ
けれど美人ではない女の子

ポジティブ思考で
夢を諦めない、頑張り屋
それがファニー

キラキラ衣装に身を包み
自分の才能を信じる
明るい女の子から
愛を失っても顔を上げて
生きてゆこうとする女まで・・・
パワー溢れるファニーは
ちょっと変わった個性派女優
魅力的なファニーをでした。

橋本じゅんエディ
振り付け師のエディは、
ファニーが好き。
自分の信じる道を
真っ直ぐに歩くファニーとは
何時までも友達
・・・・・なのよねぇ~(笑)

恋の事になると 意気地ないエディは
ただ、ファニーの幸せを願います。
わっかりやす~~いエディ。
ちょっと怪しい気もするけど・・

会場との絡みもじゅんさん担当(笑)
一月だから 間違いじゃないけど
happy♪とじゅんさんが言ったら
会場からnew year♪と声がけ強制。
こんな感じ新感線でも演ってましたよね(笑)

綱島ニック
遊び人でカッコ良い役
ギャンブラー。
大きく失敗もすれば大きく稼ぐ事もある。

ファニーを愛したのは真実でも、
人気者になったファニーと
仕事に失敗して禁固刑まで受けた
ニックの心に溝が深まってゆく。

これ以上、傷つけあう前に・・・と
別れの選択

なんかカッコ良過ぎる気も
するけど・・・綱島さん
美味しい役ですね~

剣・ブライス夫人
この方も上手いですね~
ファニーの母親としては
若々しい感じを受けます。


田中ストラコシュ夫人
お隣のおばちゃん的キャラ
ぴたり嵌ります(笑)

阿部ジークフェルド
ダンディな辣腕?興行主役
甘い声もちょっぴり聴ける。

小野さん 徳垣さん
遠山さん 港さんたちは
アンサンブルなので
あちこち役を変えたり・・
港さんの歌声も聴くことが
出来ま~す。

とにかく 春野ファニーが
歌い踊り、喋り捲りの
3時間です~

じゅんさんエディも
そんなファニーの周りで
けっこう絡むので出番多し!

そんなファニーガールの
勝手に キーワード!

♪ゾウさんバーン!(笑)

振り付け師、
じゅんさんエディの動きと
春野ファニーの動きが
かなり違うものに見えるのは
なぜだ~~~?(爆)

当選メール届く!

『レベッカ』 
東宝ナビザから、
当選メール来ました~! 
2FのS席で微妙だけど・・・(笑)


禅さんとこの『レベッカ』の結果も
オールオッケ~!
フランクさんに、何度かお目に
かかれる事が決定です~♪

『ディートリッヒ』
某プロダクションの先行
当選メール来ました~
発券するまで席不明。
今のところチケットの神様の
ご機嫌は麗しいようです。(笑)

一番ドキドキなのが
禅さんのメンバーズ・イベント
絶対行きたいの~


チケットの神様が
ご機嫌斜めになりませんように~

M・Gのチケットは、チケットの神様に
お願いしても駄目か?(笑)

大阪『パイレート・クィーン』動画UP!


大阪公演中は、余り更新してなかった
公式Blog
昨日の今日と言うのに手早い更新(笑)

大阪『パイレート・クィーン』
大千穐楽の様子を 動画を2つに分けて
UPってくれています。

思い出しながら頑張ってレポ書いて
Blogのほう更新してみたけど
ちょっとしか書けてないし~
動画の方が勿論いいよね(笑)

随分カットされてるみたいだけど
UPってくれただけでも
ありがたい事なのかも・・・と
思う事にしま~す。

最後の更新と書いてありますね
最後の記述は 再演ありなのか?
と微妙なニュアンスを感じますが・・(笑)

担当者さま お疲れさまでした~

『パイレート・クィーン』1・11マチネ

大阪千穐楽!
2010年1月11日(月・祝)13:30開演
ミュージカル『パイレート・クィーン』
ついに千穐楽を迎えました。

お目出度うございます。

東京千穐楽以来の『パイレート・クィーン』
大阪まで観に来てしまいました。
開演前に早速 舞台写真入りとなった
パンフレットも忘れずに購入(笑)

昨年11月28日に稽古写真入りを買って
舞台写真入りを大阪大千穐楽に買って・・・
結局2冊のパンフが増えましたが、
どちらも欲しい禅ビンガム卿の写真が
使われているし~(笑)

さて本編ですが
グレース・ティアナン・ドゥブダラ
エリザべス女王・ダーナル
そしてビンガム卿

みなさん、セリフのニュアンスが
大きくなっていてわかりやすい。
さすがベテランの皆様、かっつりと
ぶつかり合っていらっしゃいます。
お芝居としての面白さが
増していると感じました。

スピード感溢れる見事な
アイリッシュ・ダンス
美しいメロディ。

保坂グレース
少しお疲れか?と
思うところもありましたが
それを上回る気迫で
役を演じきっていました。

涼風エリザベス女王
女王さま
かなり漫画チック・テイストが
増えてますか(笑)
禅ビンガム卿との掛け合いの
軽妙なやりとりは絶好調で、
会場の笑いを誘っています。

祐さまティアナン
ハイ・キーの歌の歌い上げ
長い公演を乗り越えて
ますます冴えてますね~
苦しそうな発声に聞こえていた
初日が嘘のようです。

宮川ダーナル
足を痛めたと聞いていた
宮川ダーナルの頑張りも凄い。
演出変更がありましたが
足の故障を感じさせないダーナルは
初見の方は気づかないのでは?と
思うほどでした。

今井ドゥブダラ族長
嵌りすぎて自然過ぎて
あの舞台の空気に一番馴染んでる
深い歌声とともに大好きなパパ(笑)

禅ビンガム卿
セリフ回し 大仰で可笑しい~♪
エリザベス女王と二人のシーンと
なると、思う存分、演ってくれてます。
保坂グレースに惑わされるシーンも
♪ライオンとトラ~のシーンも
表情の変化が凄い事になってます。
おでこピシャも良い音が聞こえてました(笑)
エリザベス女王、
ビンガム卿に対する態度とグレースに
対する態度 コロっと変わるのも
面白くて・・・
エリザベス女王、ビンガム卿を
いじめてるでしょ?(笑)

傲慢で野心家と思っていたビンガム卿
カッコ良く登場~のシーンでも
小心者な雰囲気があって・・・
終わってみれば、どこか愛嬌のある
ビンガム卿でした。

そして終幕
アイリッシュ・ダンサーズのダンスにも
大きな手拍子が起こり
アンサンブルさんのダンスも
楽しそうに思い切り踊ってます。
その踊りの後ろでは
祐さまティアナンや女王さまの
フォークダンス?腕を組んで
クルクル クルクル~
祐さまティアナンは最後は
禅ビンガム卿とまでクルクル廻ってた~(笑)
その後だっけ? 前だっけ?
禅ビンガム卿 なにを思ったのか
やたら大きくマントの翻しを・・・
手を大きくまわして
マント バサバサっ!(笑)
お隣の涼風女王陛下 
楽しそうな表情だけど
な~~にやってんだかぁって
お顔をネ ちょっとしてたみたい(笑)

カテコで女王陛下をエスコートする為
跪いて手を差し出すのですが、
友人の話によると最近は
スルーされいじけてたビンガム卿
最後の今回 手をとってくれました。(笑)
女王さまはもう片方の手で保坂グレースの
手をとり 3人で捌けてゆく・・・
上手席だったので一瞬で隠れてしまったけれど
禅ビンガム卿 スキップしてた?(笑)

またまたアンコール拍手に呼び出され
登場するキャストたち、

カテコの大きな拍手が一瞬止み
禅ビンガム卿が、1歩前に出て
進行役を・・・・と言うことで、千穐楽の
ご挨拶が始まりました。
マジ・モードな禅ビンガム卿ですが
~お名前読み上げ・・・・違った~(汗)
など、可愛い進行ぶり
会場の拍手 笑い声、途切れる事なく
メンバーの紹介へ。

帝劇ではいっさい無かったので
これは嬉しい~~♪
まして禅ビンガム卿の司会なんて
珍しいので なお嬉しい(笑)

まずは、自分からと
でも~ビンガム卿のセリフと違って
遠慮がちのしゃべりなので
聞き取りにくかった気がするけど
自分だけ?

ロンドン塔に送られたら99%
処刑されるんだけど、ビンガム卿は
・・とか
登場キャラが全部前向きなのが
良いとかお話していたようです。
最後に この衣装がまた着られたら
嬉しいと言っていたのはわかりました。

そして宮川ダーナルの紹介へ・・
足を痛めた宮川ダーナル
周りのキャストやスタッフの支えあっての
千穐楽 愛をたくさんいただきましたと
感無量。涙声になってました。

今井ドゥブダラ
こんな殊勝な宮川、初めてだよ~
と言いながら今井ドゥブダラも、
ちょっとウルっとしてた。
アイリッシュ・ダンスが楽しくて
今度は アイリッシュ・ダンサー
今井清隆でお目にかかりたい・・
~会場から大きな拍手~
   いぇー冗談です~だって(笑)

涼風女王さま
王妃役など演らせて頂いたけれど
今度の女王役が一番手強かった。
お客様のおかげで
これからも挑戦し続けて行きたい
有難うございました。と結んでました。

山口ティアナン
あの歌声はどこへ?と言うくらい
かわいらしい声で・・(笑)
お礼と幸せでした~♪と
そして 禅ビンガム卿を前に
押し出したりー 
押された禅ビンガム卿
バレーダンサーみたいにクルクル
廻ってましたが?(笑)

最後は保坂グレースに
〆てくださいと振ってましたが?(笑)

保坂さん
公演を終えてほっとした感想と
オケ・メンバー スタッフさんに感謝を
そして何よりお客さまに感謝をと
〆ました。

最後はオケ・メンバーもキャストに
混じってカーテン・コール
祐さまティアナンは、
手拍子を煽ったり、煽ったりで
煽りすぎ 手拍子止まらない、
どうするの これ?
みたいな雰囲気になってしまい
手を回し、最後一発止め(笑)
なんとか収まりました。

歓声・拍手の中 
『パイレート・クィーン』
幕を閉じました。

禅ビンガム卿が また着てみたいと
言っていた衣装ですが、
女王陛下の豪華衣装もビンガム卿の
豪華衣装もお蔵入りはもったいない(笑)

この充実のキャストで再演されたら
いいなぁと思う演目でした

そして、どのキャストも 
アンサンブルさんも
これぞ、ミュージカルと思える歌を
存分に聞かせてくれました。

ほんと CDが欲しいよ~
東宝さま、 CD発売してくださ~い。



いよいよ大阪!

『パイレート・クィーン』
ついに本日で千穐楽です。

用意は万端、大阪までお出かけしてきま~す。
待っててね~ ビンガム卿(笑)

新春、チケット運は?

年明け一番に まずは、
四季『クレージーフォー・ユー』の
希望日を確保できたし~

抽選先行申し込み済みが以下の作品
★『ディートリッヒ』
★こまつ座『シャンハイ・ムーン』
東宝ナビザ
★『レベッカ』
 &レベッカ製作発表イベント
★『レベッカ』4月公演禅さんとこ(笑)

友人にお願いした
★二兎社『かたりの椅子』

すべて結果待ち・・・・・
来週には明らかになる当落。
当たる事を切に祈ってます!

新春のお目出度さに
あやかりた~い。

これからも
★『ブルー・ウオーター』
★『リトルショップ・ホラーズ』も気になるなぁ~

順番に春先から初夏にかけて
予定が埋まっていきます。

今 一番先の予定はなんと8月公演
 
   何気に多忙!(笑)

『C・F・Y』チケット会員先行!


本日 四季会員先行発売日
『クレージー・フォー・ユー』
いつものように、体制を整え
 ・・イザッ

なかなか繋がら~~ん!

なんとか希望日チケをGETしたのは
15分後・・・
まずまずの成果なのかも?
友人分と平日のソワレ公演だけ
押さえて見ましたが

リピート?
キャスト次第かな~(爆)

荒川ボビー 加藤ボビーで
けっこう見てきているので
そろそろ 田鍋ボビー来るんじゃない?

とかね(笑)
四季のキャスティングって
ある意味 賭けみたいな部分があって

 こわいよ~(笑)

『ザ・キャラクター』上演決定。

続いてのチラシネタ

NODA・MAP第15回公演
  『ザ・キャラクター』

2010年6月20日(日)から8月8日(日)
会場 : 東京芸術劇場中ホール
~コトバ~の文字が渦になる速報チラシ。

NODA・MAP
次回公演が見えて来ました~。

内容はまったくみえないけど・・・(笑)

『ロックンロール』上演決定!


『ROCK‘N’ROLL』

出演
市村正親×秋山奈津子×武田真治

10年8月 
世田谷パブリックシアター

超速報らしいです(笑)
確かに8月の舞台だから
かなり早い発表・・・・

既に8月のチケットを販売してる
四季『ライオン・キング』には負けるけど(笑)


『二人の夫とわたしの事情』チラシ

チラシGET!

白いドレスの女性の頭には
帽子のように海老が・・・海老? 
手にも海老。
いったいどんな意味が?(笑)


ケラさん演出
SISカンパニー公演です。
Bubkamuraシアターコクーン
10年4月17日(土)~5月16日(日)

出演
松たか子 段田安則 渡辺徹

大森博史 皆川猿時 水野あや
池谷のぶえ 西尾まり 皆戸麻衣
新橋耐子 (敬称略)

これもチケット確保に奔走したくなる
演目です。

多分狙いに行くなっ これ!(笑)

『ANJIN~』1・7マチネ

『ANJIN』~イングリッシュ・サムライ~
天王洲アイル 銀河劇場での公演です。

出演
徳川家康・・・・・・・・・・・市村正親
ウイリアム・アダムス
(三浦按針)・・オーウェン・ティール
宣教師ドミニコ・・・・藤原竜也

徳川秀忠/大谷吉嗣/侍・・高橋和也
島津義弘/細川忠興
/ジュン/娼婦/兵隊
/徳川家光・・・・・・・・・・・・・・植本潤
淀殿/娼婦・・・・・・・・・・・・・・床島佳子
小早川秀秋/豊臣秀頼
/娼婦/追っ手・・・・・・・・・・・鈴木亮平
お雪/従者・・・・・・・・・・・・・・桜田聖子
松平忠吉/侍/兵隊
/百姓/召使/追っ手・・・・・池田絢亮
秀頼(幼少期)侍祭
/国松/ジョセフ・・・・・・・・坂口淳
・・・・・・平澤彗洸

本多忠勝/侍大将
/百姓/客・・・・・・・・・・・・・・上川路哲志
黒田長政/小姓
/百姓/客・・・・・・・・・・・・・・瑞本健太郎
宇喜多秀家/兵隊
/木村重成/客/小姓・・・・・鈴村近雄
井伊直政/寺沢奉行
/百姓/客/井伊直孝・・・・・山口太郎
石田光成/真田幸村・・・・・沢田冬樹
毛利輝元/兵隊
/後藤基次/役者/追っ手・・横堀悦夫
本多正純・・・・・・・・・・・・・・・・小林勝也

イエズス会老人・・・・ディビット・アクトン
侍/乗組員/兵隊/役者/
追っ手/兵隊/従者/追っ手
/イートン・・・・・・・セバスチャン・アーメスト
アントニオ/兵隊・・・・ジェイミー・バラード

クワック船長
/兵隊/コックス・・・・・・・ジム・フーパー
侍/兵隊/オランダ人
/百姓/召使/追っ手・・・・ディビッド・マシコ
乗組員/オランダ人
/イギリス人・・・・・・・・・・クリス・バーハム
乗組員/兵隊/セーリス
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ジョシュア・リチャーズ
乗組員/兵隊
/ビスカイノ/ウィッカム
・・・・・・・・・・・・・マイルズ・リチャードソン

演出 グレゴリー・ドーラン (敬称略)

正月の観劇初めを
飾ったのはこの作品(笑)

舞台には、雲形の吹き出しを
飛ばしたような舞台背景
吹き出しの中部分には映像を
使ったりしていても時代感を損ねず。
葵の紋を使った籏とか・・・

オーウェン按針
全体的に音が客席に届き難かったような?
後ろ向きに離されると特にその感が強い。
そんな中、オーウェン按針
日本語・英語の台詞を織り交ぜ
三浦按針の波乱の人生を
見せてくれました。


市村家康
いつもの市村さんの軽い部分を
押さえ重厚な家康路線かも。
シビアに世を見据えて生きてゆくが
常に孤独が寄り添う
死を目前にした家康と按針の
シーンは見応えがありました。
市村家康
やはり存在感とか凄い~
家康登場のシーンは、
引き付けられます。

藤原ドミニコ
按針の通訳として付き添う通訳
按針に日本の言葉やしきたりを
教えるが、実は北条家の末裔
按針が帰国を決意した時に 
按針の元を離れ、宣教師の服を
脱ぎ捨て武士に戻る

戦で大きな手柄も立てるが
家忠の世になりキリシタン弾圧が
始まり、捉えられ処刑される
ドミニコ宣教師も苦悩の人
ジーザスのような磔、
十字架にかけられ、
なにを思いながら息絶えたのか・・・

そのドミニコを見つめて
按針の叫び・・・暗転。

按針 家康 ドミニコ宣教師
それぞれが苦悩を抱え
絡み合いながら生きる。

按針を愛する
日本人妻 お雪は
たおやかで凛とした風情。

ドミニコの先輩のアントニオは
ドミニコとは対照的な生き方を
見せてくれる

家康の壮大な天下取りの戦で
息子秀忠との確執
淀殿の強さ
家光の存在感(笑)
秀頼(子役)の可愛さ
国松のけなげさ 

一瞬・一瞬を切り取るような魅せ方
暗転のなか捌けて行く按針や家康。
上演時間 3時間20分
 (休憩20分を含む)
字幕も英語での台詞には日本語字幕
・・・日本語台詞には英語字幕が流れる!

勝手に英語の台詞にだけ字幕が流れるとばかり
思い込んでいたのでこれには驚きましたが・・・

実在のイングリッシュ・サムライ
サムライよりもサムライらしく
けれど、異国の地で、望郷の思いを封じられ
どうしたらいい?と問い続けながらの
人生だった。

そんな オーウェン・三浦按針
見事に舞台で、生き抜いてくれました。

禅さんとこからお手紙来たよ。

昨年末に、Z-Angle会報が
送られて来てほんわか気分で
迎えた新年です。

例年だと新年号・・として
今年もよろしく、と
禅さんが書いたその年の干支となる
動物の絵が書かれていたりする
会報なのですが、
さすがに今年は 1月1日から
もう本舞台がありましたから
25日の東京楽の直ぐあとに
頑張って発送してくれたと思う
禅さんに スタッフさんに
ありがとう~です。

そして後を追うように次回予告の
Z-Angle メンバーズ・ギャザリングの
案内が送られて来ました。

 待ってました!(笑)

11日に大阪公演中の
『パイレート・クィーン』大千穐楽後
4月の『レベッカ』まで舞台が一息つくので、
その合間に禅さんに会えるのは
このチャンスだっ!


お仕事休まなきゃ 行かれないけど・・・

  やっぱ いっとく?(笑)

『レベッカ』@帝劇


東宝ナビザーブで

『レベッカ』

10年4月公演分の先行抽選
本日より受付開始しました。

初春の運試し?に
<一公演くらい申し込んで見よう。

落選続きのナビザだけど、
たまにはビックリするような
サプライズを期待してみる(笑)

チケット手配を忘れると
板の上の禅さんを見損なうから

チケット取れるチャンスは
すべて生かそう~~

発表は11日、結果はいかに?

『薔薇とサムライ』チケット捕獲!

☆新感線クラブの先行を申し込み忘れて
アセアセしていたのですが、
無事チケッ鳥捕獲いたしました(笑)

本日 先着先行。
明日某クレジット系 特電。
13日も某クレジット系の取り扱い開始
プレガイド直前先行も・・・・
どこかで取れるかも?

まず一番にチャレンジした先行先着で
GET出来ちゃった!
 
 2010年 春から縁起が良いんじゃない?

四季『ドリーミング』他

劇団四季 DVDシリーズ

3月末頃の発売予定なのでまだ
出来るのは予約だけですが・・・。
DVDの発売のようです 

『ドリーミング』
『エルコスの祈り』
『鹿鳴館』


キャストは不明(笑)

『ドリーミング』は先日上演中のものかな?
『鹿鳴館』もNHK放送版とは
違うキャストだろうと推測 (笑)

『エルコスの祈り』だけは、
NHKで放送したもののような気がします
同じなら買わなくても良いかな。

鹿鳴館は、清原も天骨もキャスト違い
欲しいような気もするけど・・・・・・・・
 う~~~~ん(悩)
『ドリーミング』は買おうかな?


そんなこんなで もう仕事初め。
いい加減仕事モードに切り替えなくちゃね (笑)

CD『スクルージ』

正月休み! ついついネット・サーフィン
そして、気になるものを見つけちゃうのね(笑)

その1
ミュージカル
『スクルージ~クリスマス・キャロル~』
   1999年版ライブCD

エベネザー・スクルージ・・・・・・市村正親
ボブ・クラチット 
・・・・・・岸田敏志・・(出演当時:岸田智史)
クラチット夫人
/ 過去のクリスマスの精霊・・・・・・日向薫
ハリー / 若い時のスクルージ・・・戸井勝海
イザベル / ヘレン・・・・・・・・・・・・・吉田朋代
トム・ジェンキンス
/ ジャック・イン・ザ・ボックス・・駒田一
    
(出演当時:駒田はじめ)
現在のクリスマスの精霊・・・・・・北川潤
フェジウィッグ夫人 / ベス・・・・室町あかね
ヒューゴ・ハーティ・・・・・・・・・・・阿部裕
ジェイコブ・マーレイ・・・・・・・・・渡辺晃三
フェジウィッグ/ジョリグッド・・福島靖夫
 他のみなさん (敬称略)

市村スクルージ懐かしい~。
思わず、ポチっとな(笑)
郵便局振込みしなくては・・・・

えっ ゆうちょネットって
明日の朝までお休みなの?
振込み予約もできないのか~

明日になったら忘れないように
手続きしなくちゃね (笑)




劇団四季『ラ・アルプ』1月号

四季の会報ラ・アルプが届きました。

『クレージー・フォー・ユー』
再演決定!
10年2月6日から3月20日まで公演
そしてチケットの発売が・・・・すぐだっ!

毎度の事だけど、行く日が無い!(爆)
公演期間は相当あるのに、お休みで
観劇出来そうな日は 既に埋まってるし~
チケット発売日が、近づいて来る!(笑)


『エクウス』も再演です
10年3月22日から4月10日まで

ステージ・シートの設置も前回と
同じようです。
前回はステージ・シートと
通常の客席からと2回見ましたが
今度は、日程が取れそうもなく・・・

またどっちも詰め込みマチ・ソワで
行くしかないのか

新春、3日目にこんな悩みに
襲われるとは・・・・・(笑)

いつもでしょ?って言わないでね (笑)

ステージ・シートと言えば
『エクウス』に続き
ステージ・シートのあった
『春のめざめ』
これも再演決定ですね。

悩み続ける 2010年?

こんな悩みだけど
 マジに悩んでますから~ (笑)

検索フォーム
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

いらっしゃいませ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
67位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
俳優
4位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りBlog
Blog開設カウンター
ブログの更新率
月別アーカイブ