現在の閲覧者数: 2010年02月の記事 - hatti元気の素 観劇 ミュージカル
fc2ブログ
プロフィール

hatti (はっち)

Author:hatti (はっち)
石川禅さん応援中!
劇団四季・東宝ミュージカル・・・時には宝塚
観劇大好きなhattiです 

記事に関係のないコメントは
削除させていただく場合が
御座います。ご了承ください。

石川禅さんのお仕事
石川禅さん
これからの予定

舞台******
ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年3月7日~29日
日生劇場
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月4日~14日
skyシアターMBS
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月19日~21日
愛知芸術劇場大ホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月26日~28日
久留米シティプラザ 
ザ・グランドホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月3日~4日(土)
熊本城ホール メインホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月11日~12日
高崎芸術劇場 大劇場
ニック役他

石丸幹二 
オーケストラコンサート2024
石丸幹二
東京フィルハーモニー交響楽団
2024年6月21日(金)
会場:東京芸術劇場 コンサートホール
ゲスト出演

舞台
ヒストリーボーイズ』
2024年7月20日(土)~28日(日)
あうるすぽっと
へクター役

********
Netflix
「モンキー・キング」
声の出演
“竜王"役 吹替=石川禅
2023年 8月19日より配信開始

Netflix
『氷がすべてを隔てても』
声の出演
アイナー役=石川禅 (3/2より配信開始)

Netflix
『サンドマン』
声の出演
第6話 吹替=石川禅

コンサート*******
★『石川禅 6th ソロ・コンサート』
2021年3月20日~21日
よみうり大手町ホール
※公演延期 ※

石川禅さんのプロフィール
FCについては
サイドバーのリンクから
ホリプロブッキング
エージェンシーへどうぞ
禅さんの舞台
石川禅さん次回は % 『COME FROM AWAY』
禅さん 出演公演
Blogランキング参加中です
見たよ 読んだよ ポチっとな!
よろしく お願いします。
4月の観劇予定

■『町田くんの世界』
■『銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件』
■『カラカラ天気と5人の紳士』
■『Le Mele~母~』
■こまつ座『夢の泪』
■『王様と私』
■『COME FROM AWAY』
大阪・名古屋
■『VIOLET』
■『デカローグ A/B』
■『アラジン』
■宝塚花組『アルカンシェル』
■『ハネムーン・イン・ベガス』
■『クロスロード』
■『Le Fils~息子~』
■『オペラ座の怪人』KAAT
■地球ゴージャス
『儚き日光のラプソディ』
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

★コクーン歌舞伎 第11弾上演決定!!


渋谷・コクーン歌舞伎
第十一弾の上演が決定!と
公式HPに発表になりました。

 「佐倉義民伝(仮)」
  演出:串田和美
  出演:中村勘三郎 ほか
  2010年6月上演

またまた 楽しみな事です。

10年3月の観劇予定


仕事は忙しいけど・・・・
行けるだけは行こうと
お休みには、マチソワも入れて
ギッシリな観劇予定!
入れすぎだっちゅう話で、
一体、いつ休んだらいいの?
まぁ勝手にしてよって?
そうですよねぇ~

はい わかりました~。(笑)

3月の観劇予定
■ シャンハイ・ムーン
■ アイーダ(四季)
■ それぞれのコンサート
   (ゲスト 井上芳雄)
■ 上海バンスキング
■ エビータ(四季)
■ ブルーウォーター
■ ライオン・キング(四季)
■ フランク&フレンズ
■ ヘンリー六世
■ ディートリッヒ
■ レベッカ@中日
■ サ・ビ・タ
■ 薔薇とサムライ
■ エクウス(四季)

『レベッカ』@中日。
本当は千穐楽を
見たかったけれど、
年度末の最後の日で
お休みするのはやはり無理。

中日劇場さん
何故、こんな日に千穐楽を
組むかなぁ~ (爆)

楽以外なら行くけど、禅さんの楽公演が、
見届けられないじゃん!

 ・・・とそこだけが残念な
  3月の予定で~す。(笑)



『ハプスブルクの宝剣』2・27マチネ

東京宝塚劇場に来ました

  珍しい~(笑)

『ハプスブルクの宝剣』
『BOLERO』~ある愛~

原作は藤本ひとみさんとの事
『ハプスブルクノ宝剣』

エリヤーフー・ロートシルト/
エドゥアルト・フォン・オーソヴィル
・・・・・・・・・・・・・・・柚希礼音

マリア・テレジア
アーデルハイト
・・・・・・・・・・・・・夢咲ねね

フランツ・シュテファン
・・・・・・・・・・・・・鳳稀かなめ

ジャカン・・・・涼 紫央

マリア・カロリーナ・フクス伯爵夫人
・・・・・・・・・・・・京三紗

サヴォイア公子オイゲン
・・・・・・・・・・・・一樹千尋

モシェ・ロートシルト
・・・・・・・・・・・・・・英真なおき

サラ・・・・・・・・・・万里柚美

ラディック・ジリンスキ
・・・・・・・・・・・・・・彩海早矢

グレゴール・バチャーニ
・・・・・・・・・・・・・・夢乃聖夏

アンドラーシュ・オルツィ
・・・・・・・・・・・・・・紅ゆずる 他
     (敬称略)


この舞台の主題歌は
シルヴェスター・リーヴァイさん。

ユダヤ人のエリヤーフーは
有望な若者。
恋人のアーデルハイトは
名門の娘 
互いに惹かれるが
周囲からは認められない。

行き違いからアーデルハイドの
婚約者を傷つけてしまい
追われる身となる。

自らも傷つき 九死に一生を得た
エリヤーフーは、
ユダヤの生まれを捨て
エドゥアルトとして生まれ変わり
ハプスブルク家のために働き
認められるようになる。

自分の居るべき場所を求め
生きるエドゥアルド・・・
一気に物語に引き込みます。

ユダヤ人の信仰や、
愛するアーデルハイドに
瓜二つなマリア・テレジアに
寄せる思い。

フランクとの変わらぬ友情
いろいろな人間模様を
上手く織り込んで、
ドラマチックな舞台に
仕上がっています。

時代背景が近いので
侍従の衣装から
『M!』のアマデゥスを連想したり
『M・A』のカリオストロっぽい
衣装だなぁと思ったり (笑)

トップの柚木さん
低めの声で、しっかりと
謳い上げてくれます。

夢咲ねねさんも可愛らしい。

『BOLERO』の方は
宝塚らしい華やかな
ダンス・ショー

あの繰り返しの曲です
どうもこの曲BOLEROは・・・
眠くなるんです(笑)
華やかなショーだったのに
記憶が一部飛んでます(爆)

トップさん他 見せ場
大階段の羽を背負ったところは
しっかり見せて頂きましたけどね(笑)

『クレイジー・フォー・ユー』 2・24ソワレ

すでに一昨日の事になりましたが
波乱含みマチソワのつづき・・(笑)

スペシャル・カテコで盛り上がった
劇場を後にして
大急ぎで浜松町に向かおうと駅に
行ってみると なんか様子が変。
品川駅での人身事故のため列車
STOPだそうです。

なんという事だ~と(爆)

マチネも人身事故のため遅れて
開演時間に間に合うか
ヒヤヒヤしたのに~
またですか?(爆)
でも、内回りだけのストップだったので
外回りに乗って・・・最小限の遅れですんだ?
食事を軽く手早く済ませて・・・
間に合いました~♪

『クレージー・フォー・ユー』
本日の出演者
ボビー・チャイルド・・・・・・・・・加藤敬二
ポリー・ベーカー・・・・・・・・・・・木村花代
ランク・ホーキンス・・・・・・・・・川原洋一郎
アイリーン・ロス・・・・・・・・・・・八重沢真美
ベラ・ザングラー・・・・・・・・・・・・志村 要
エベレット・ベーカー・・・・・・・石波義人
ボビーの母・・・・・・・・・・・・・・・・・斉藤昭子
テス・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・恒川 愛
ユージーン・フォダー・・・・・・・・村澤智弘
パトリシア・フォダー・・・・・・・・西田有希


【男性アンサンブル】
荒木 勝 吉賀 陶馬 ワイス
畠山典之 厂原時也
坂本 剛 大空卓鵬
大塚道人 田中宣宗
澤村明仁 西門宇翔

【女性アンサンブル】
長橋礼佳 高橋佳織
高倉恵美 徳江みさほ
大石眞由 村上 智
山崎菜摘 村上絵里子
鈴木真理子 (敬称略)


加藤ボビー
お久しぶりな加藤さんのボビー
この役は はまり役だなぁと思う。
自然な動きが、ダンスになってるし。
その激しい動きで、当然ながら、汗が凄い
ブルーのシャツ姿の時は
かなり背中など 濡れて
部分的に色が濃くなってました(笑)

木村ポリー
今までのポリーとつい比べてしまうけど
ちょっと暗いかも。
怒りの演技が怖いっす。
ポリーの怒りは、あっけらかんとした
明るさと一緒に見せて欲しいけど
あとに残りそうな怖さと言ったら
いいでしょうか。
歌も、ちょっと平坦な印象を
受けてしまうのは、
見るこちら側が初めて
見るからでしょうか?

河原ランク×八重沢アイリーン
こちら 安心して見られるコンビ
八重沢・アイリーン
強烈キャラ 健在です(笑)

志村・ザングラー
ザングラー役を、やっちゃう志村さん!
歌、ちょっときつそうかも(笑)

お茶目な感じは 意外や意外
似合ってたりしてネ
二人ザングラーのシーンも
最後ちょっとグラスを取るタイミング
取り直してたけど間違えたのかな?

石波エベレット×斉藤ボビーの母
エベレットは飄々とした感じ
お互いの一目ぼれシーンでは、
笑いが起こります(笑)
やり手のボビー母
このシーン なぜか可愛い(笑)

お話はわかっていても
お決まりのシーンでクスクス(笑)
タップにワクワク


『クレージー・フォー・ユー』
楽しい演目です。

こちらは、特別カテコも無いので
いつのもように、普通にカテコ。
けれど客電がついても 拍手は続いて
アンコール手拍子に変わり
もう一回だけ緞帳が上がって
にこやかなキャストのお手振りカテコで幕。

この辺も、四季らしい (笑)



『放浪記』公演中止!

なんか 素直に納得してますが・・・・(笑)
主演・・・年齢が90歳ですから~

お元気でも
無理は利かないと推測されますので
お若い方でも連日のスケジュールでは
体力的にかなりの負担になるのは
わかりきった事ですものね。

残念だけど仕方ない・・・と言うか
上演発表の時の杞憂が
本当になっただけだと思います。(笑)

空いた期間の上演
 何になるんでしょ!
期間的に、もう何もいれられないか!

『ガランチード~生きた証~』2・24マチネ

東京芸術劇場、14:00開演
列車トラブルのため 着いたのは
開演ギリ5分前(笑)

スタッフさんの
~まもなく開演いたします。
お早めにお席に・・・~の声に
出迎えられてしまった!

さらに、トーク・ショーつきの日です。
ソワレ予定があるので、
時間が・・・間に合うか?(笑)

以前のTSミュージカル
『砂の戦士たち』をベースの作品との事。
ブラジルのストリート・チルドレンと
日本の劇団をシンクロさせていた前作
禅さんが出演していたけど
だいぶ忘れているし~

『ガランチード~生きた証~』

出演
(劇団)(ブラジル)
吉村/関川カツオ・・・吉野圭吾
紀元/山田・・・・・・・・坂元健児
畠野上/ゲンゾウ・・・・畠中 洋
千里/桐野ヒデミ・・・・樹里咲穂
根岸/山田ノボル・・・・岸祐二
伊藤/イチロウ・・・・・・伊礼彼方
西尾/タダオ・・・・・・・西村 直人
知田/ミノル・・・・・・・・良知真次
川上/ヒロシ・・・・・・・・川本 昭彦
平林/ヒデオ・・・・・・・平野亙
島/ヨシロウ・・・・・・・・島田 邦人
田口/シュウ・・・・・・・・上口耕平

ミュージカルだけど
TSさんのミューはセリフ多いですね。
関川・紀元に畠野上が
絡むシーンも多い。

前作の 劇団員とブラジルの孤児たちの
交錯する舞台だったのを
ブラジル移民に置き換え
戦争の残した傷跡を乗り越え
生きて行く移民たちを描く。

それを演じる劇団員たちの
現代の生き方もあわせて描くから
もう~大変!(笑)

演じる人物と 劇団員としての個人と
微妙にシンクロしてて・・・

禅さんの演った役が 吉野さん
横田さんのやった役が坂元さん
樹里さんのやったが彩輝さん
だったかと、思い出すものですねぇ~
それでも、今回は別物ですから、
この舞台に集中しましょう。(笑)

目立つのが、坂元・吉野
畠中さんのお三方で・・・
そこに絡む 伊礼君。
若い故の悩みを持つポジション?
他の方々も、それぞれの
人生を生きる。

吉野さん
セリフ多い 歌多い
カポエラも少々・・
(他の方と比べるとね)
でも決まってる!
セリフちょっと噛んでたけど・・(笑)
リーダー然として理想に燃え
いつも話すのは正論。
けれど心の奥にある
劣等感も悩みも吐き出すシーンが
激しくて・・・・魅せてくれます。

坂元さん
オープニングから抜けるような
歌声が響く。
説明のような部分も 歌っちゃう!
傍観者のようでいて当事者。
深くかかわっているようで
熱くならないキャラ。

畠中さん
歌多い
セリフ多い
カポエラも・・・もちろん
さすがTS 畠中さん
動き多くて・・・踊ってます。
やはり上手い!

樹里さん、
千里もいいけど
ヒデミ役が、印象深い
迫害の中、一人で生きて
ゆくしかない過酷な運命と
やっと掴んだ吉村との
ささやかな幸せも
踏みにじられてしまう。
救いがない気がするけれど
確かに生きていました。

伊礼君
劇団員の時のクールな
現代っ子感と
ブラジルシーンの
ハーフとしての
自分のルーツを捉えられずに
悩む姿が、対極にあるような感じ。

岸さん
劇中の紀元の問いかけ。
あなたは・・・自分は何をしたいのか?
何を考えているかわからないような
影のある根岸役
ブラジルシーンでは、
一途に大日本帝国を信じる男
現実を受け入れる事なく
狂気めいて来るのが恐ろしささえ
感じさせます。

劇団員と シンクロさせて
めまぐるしく舞台転換し、
忙しい舞台だけど
テーマが重い。

余韻を残しながらの舞台が終わり
全員並んだまま
スペシャル・カテコに突入(笑)

おや? 全員キャストがいるのに
お掃除おばさんの格好した
怪しげな人が現れた!
誰。誰なんだ???

スペシャルかカテコ 飛び入りです。
近くに来ていたという駒ちゃん(駒田一さん)
ホウキを持つと掃きたくなるって・・・
クコール劇場 長かったもんね(笑)

さらにゲストが・・・
カポエラ指導の先生方3人。
キャストの皆さんとの
カポエラ対決もあったりしてネ
本編の重さを忘れさせるくらいの
カテコ。
面白かった~~ 

でも急がなくちゃ!
ソワレには、
『C・F・Y』が待っている。(笑)

『レベッカ』@中日トークショー

ミュージカル『レベッカ』の
CD発売を記念?して
アフタートークイベントが決定

ミステリートーク?
3月7日(日)12:00
舞台終演後、トーク・ショーを予定

出演は
『わたし』役・大塚ちひろ
ダンヴァース夫人役・シルビア・グラブ、
演出家・山田和也のお三方。

『レベッカ』のサイン入りCDの当たる
抽選会もあるとの事。

『レベッカ』を見るため
中日まで遠征するけど
手持ちチケットの日付は
ちょっと違うようです。(笑)

忘れ物!

USBメモリーを職場のPCに
挿したままだったのを
今気がついたっ

Blog記事を書こうとしたら
USBメモリーが見当たらない。
ちょっと別ファイルを見るのに
職場のPCに挿したんだった。(汗)

Blog記事の下書き 全部そこに
入ってるからなぁ~

USBメモリーに書き止めておき
一気にこぴぺでUPなhatti

肝心のUSBを忘れたら
手も足も出ませ~ん。
また書き直すのもメンドイのが
一番の理由だったりしますが・・・・(笑)

と言う事で
『ガランチード』観劇録は明日のUPの
予定でございま~す。 <(_ _)>

『ガランチード』&『C・F・Y』

演目違いマチ・ソワだったのですが、
なんと波乱続き。

地元駅で、人身事故により運転見合わせ!
きちんと時間を見てバスに乗ったのに
駅で足止めです。

運転再開の見込みがだんだんずれてゆく
間に合うのか?

別路線の最寄り駅への行こうかと
タクシー乗り場にいっては見たものの
こちらも行列。

そのうち運転再会のアナウンスが流れ
結局35分遅れで出発

劇場までギリ間に合う時間
事実劇場に着いたのは5分前!(笑)

 あ~良かった。

『ガランチード』
本日はスペシャル・イベントありで
会場を後にしたのは5時30分頃

『クレージー・フォー・ユー』を
見るため浜松町へ移動しようと
駅へ行ったら様子が変?
なんと山手線が 人身事故のため
運転見合わせ!!

こんな事ってあるの~♪
ワタシにも~♪(爆)
このフレーズが
心の中に 浮かびましたよ~

運よく止まったのは内回りだけ?
反対周りは動いています。

ホームを変えて浜松町駅へ着いたのは
開演30分前
食事時間がない~~~(T_T)
と言いつつもしっかり
ホットドックと珈琲を
タリーズで・・・・・・(笑)

四季劇場にも無事時間前に着きました。

しかし、一日2度も 人身事故の
影響で列車トラブルの影響を
受けるとは びっくりだわ!

『タイム・フライズ』2・23マチネ

THEATER1010
この劇場の所在地は、北千住
センジュ・・・センジュウ・・・千10
1010。
上手い! とは思ってたんですが・・・
さらにこの劇場の入ってるのは、
丸井の中なんですよね
マルイといったら 〇I〇I
0101 あれ ひっくり返せば
1010ですね(笑)
ちょっと強引か~

行って来ました。


本日の演目は、
ミュージカル座創立15周年の
記念公演ですって。
『タイム・フライズ』
本日千穐楽公演でした。

出演
五十嵐大輔・・・・・中本吉成
哲平・・・・・・・・・・・・松原剛志

神崎勝・・・・・・・・・菊地まさはる
五十嵐大作・・・・上條 恒
江口隼人・・・・・・・麻田キョウヤ
古賀光・・・・・・・・・国友よしひろ
芹沢富士雄
/企業幹部・・・・・・佐野信輔
加藤隆志・・・・・・・尾花宏行
中丸修・・・・・・・・・櫻井太郎
富田登・・・・・・・・・松下祐士
吉田/機動隊長
/人事部長・・・・・北村がく


森下信子・・・・・・・会川彩子
板坂ひとみ・・・・・狩俣咲子
劔持和子・・・・・・・黒澤尚子
知念明海・・・・・・・佐々木由布
杉山知子・・・・・・・藤澤知佳
花村千秋・・・・・・・三辻香織
石森ツネ子・・・・・武者真由
田川静子・・・・・・・山口絢
水島春江/哲平の姉・・坂本幸
 他のみなさん(敬称略)

メインを演じるのは
大輔 哲平の大学生二人
ただ今、二人とも
バイトをこなしながら
就職活動の真っ最中

哲平(松原)は、しっかり者キャラ
大輔、憎めない今時の若者?

その二人がなぜか 全共闘の
集会の、ど真ん中にタイムスリップ
消防訓練中?
ウルトラマンになって
 ありえない~(笑)
タイムスリップ自体 現実的じゃないし~
まぁ お芝居ですから~、


携帯もないダイヤル式赤電話に並ぶ人
ビラ作りのガリ版切りに驚きながらも

学生運動の同士たちと
行動を共にしていくうちに
いつしか共感してゆく。

大輔役 中本さん
哲平役の松原さん
幼馴染みの設定だけど
松原哲平のほうがきっと年上だね(笑)

松原さん さすがの歌声を響かせてました。
中本さん 声質がちょっと篭もるけれど
素直な歌い方でした。
 
タイムスリップした後の世界の
学生たち 菊池さん演じる
神崎が、落ち着いて理性的。
もう少し 感情というか 闘志を
見せてくれてもいいかもネ
台詞の言い方が優しい。

五十嵐大作役の上篠さん
豪快なキャラか?
ちょっと周りから浮いてる感が
かえって面白い~

大人役を多く演じた
北村がくさん
やけに言葉がパキパキと
聞こえる・・
そっか四季仕込みだったねと
思い出したりしてみた(笑)

鉄パイプで組み上げたようなセットは
バリケードになったり
学校の屋上になったり

占拠された学校に踏み込む
機動隊は 客席から
飛び込んで来る演出もありでした。

学校側の不正を正す
学生運動だったけれど
沖縄基地問題やら戦争問題も
語らせます。

いろいろ詰め込み過ぎで?
ちょっと中弛みするように感じて
しまったのが残念!

帰りにハミング出来るような
インパクトのある曲が
あると良いんだけど
メロディライン 一回見ただけじゃ
全然残らなかったのも
同じく残念。

客演ゲストさんに興味があって
観劇決定しましたが
舞台のテーマも地味だけど
全体的にも地味に感じた
作品でした。

ちなみにミュージカル座の
次回作は・・・・
 
 『ひめゆり』
THEATER1010
10年7月8日(木)から13日(火)

出演
キミ・・・・・・・・・知念里奈 
上原婦長・・・・井料瑠美
滝軍曹・・・・・・・岡幸二郎
桧山上等兵・・・原田優一 
 (敬称略)

チラシGETでございます。(笑)







『ファンタスティック・フォー』@地上波

10年 2月26日(金)
日本テレビの金曜ロードショー
21:00~22:54 

「ファンタスティック・フォー:銀河の危機」
の放送が予定されています。

出演
【キャスト】
リード・リチャーズ
(ヨアン・グリフィス)…石川禅
スーザン・ストーム
(ジェシカ・アルバ)…宮島依里
ジョニー・ストーム
(クリス・エヴァンス)…神奈延年
ベン・グリム
(マイケル・チクリス)…天田益男他。

なぜ記事にしたか・・・
お分かりですね(笑)

リード・リチャーズの声担当が
石川禅さんで~す。

活躍の場は舞台中心の禅さんですが
吹替えも数多いのですよ~

先日も『ナイト・オブ・ザ・スカイ』が
(マルシェリ大尉の声は禅さん)
放送されましたが、
またまた 禅さんの声が聞ける
チャンスで~す。
声だけなのが、残念だけど・・・(笑)

あ~~~~~っと
忘れちゃいけない!
この日って もしかして
NHKの舞台放送
 『ガス人間第一号』
放送日? だよね
時間が30分くらい被ってるじゃん

禅さん吹替えの映画は
DVD持ってるし 
『ガス人間・・・』の方を
録画予約しながら
禅さんの声を リアルで聞く?(笑)


『LUCKY・DAY』?


本日は 平成22年2月22日です。
タイトルのLUCKY・DAYとは?(笑)

昨年になりますが、禅さんが
NHK『魅惑のスタンダードポップス』と言う
番組に出演された時に本編では
カットされたけれど
数字にまつわるあるお話。
M・Gでも 少し触れていましたが
2についてのエピソードがあって・・・。

2と言う数字が自分にとって
LUCKYだと思っているとの事。
そのラッキーな数字
2がキレイに並んだ本日

きっと禅さん

 ラッキー・デーに違いないっ!(笑)

そういえば禅さんって誕生日も22日だった~
こんなに揃う日ってなかなか
来ないので なんとなく記事にしてみました。

ちなみに自分は 3が好き。
あっ 誰も聞いてないですね(笑)

『55ステップス』@大宮ソニック


『55ステップス』全国公演
地元近くでの上演なので、
行ってきました!

秋劇場で2008年11月と
2009年2月に見て以来
およそ一年ぶりですね

全国公演・・・
キャストもだいぶと言うか
ほとんど変わってま~す。(笑)

本日の出演者
■『ソング&ダンス 55ステップス』
【ヴォーカルパート 男性】
渡辺正・ 村俊英・ 李涛

【ヴォーカルパート 女性】
織笠里佳子 金平真弥 福井麻起子

【ダンスパート 男性】
岩崎晋也/金久烈/萩原隆匡
斎藤准一郎/徳永義満
水原 俊/前田順弘/新庄真一
花島佑介

【ダンスパート 女性】
加藤久美子/泉 春花/須田綾乃
今 彩乃/原田麦子/柴田厚子
岡村美南/小菅舞/井上佳奈/駅田郁美
(敬称略)

大宮ソニックシティホールは
およそ2000人を収容する大ホール
6:30の開演です。

おっ 音響の関係か
響きがいい感じ?
ボーカル・パートの歌
力強くしっかりと届いて来ます。
ちょっと響き過ぎな部分もあるかも・・

ミュージカル・メドレーな舞台が
ソニックの舞台に蘇ります。

嬉しいのは大好きな
『パガニーニ・ヴァリエーションズ』が
また見られた事

理由もなく好き!(笑)
無条件に好き!

加藤さん 酒田さんと魅せていただき
今回は・・・加藤久美子さんでした。

渡辺さんの 
ジーザス・・・スーパー・スターや
李涛さんの 弾けたタガー猫
そして 村さんの怪人
嬉しいナンバーが聞けます。
村ントム やはりいい声だぁ~

女性陣は
マンマ・ミアから~
キャッツから~
ライオン・キングから
素敵なメロディーが溢れて来る。

お客さま参加の ドレミの歌も
客席に降りてお誘いがあって 
お友達が舞台デビューして
おりました(笑)
そんな事があると、緊張はするけど 
忘れられない舞台になりそうですよね~

終りかと思わせて
最後の方には 『Wicked』からも。

幕がおりておとなしい拍手だった客席
二回 三回とカテコが増えるたびに
熱くなってスタンディングが増えて行く~

専用劇場とは また雰囲気の違うカテコ
全国公演ならではのカテコかも
知れません。

最後は ヒューヒューと
歓声の中 客電がついて終演です。

『55ステップス』
まだ全国公演でチャンスがありまして
次回は、川口公演でお目にかかる予定(笑)

でもキャストまた変わって
いるだろうな?



最近チョイスの演目は・・・

新国立 戦争裁判3部作
★夢シリーズ
『夢の裂け目』
『夢の泪』
『夢の痂』
3部通し券 GETについては
ちょっと記事にしたところですが
その続きがあったりして・・(笑)

★『レベッカ』帝劇5月分×○枚(笑)
禅さんとこにお願いした分
すべて確保出来たとのお知らせで
しっかり複数形(笑)
これで4・5月の帝劇に通うことが
決まりました。
4月のチケットについては
既に手元に届いてま~す。♪

でも~『レベッカ』CDはねぇ~
発売のニューすに喜んだのもつかの間
禅さんの歌が未収録だったので
あっさりと購入は見送り予定です。

ほんとCDとかなぜか少ない禅さんだわ~
生の舞台で存分に聞かせて頂きますから♪
hatti的レベッカ祭りの開催です。
お祭りついでに? 中日・梅芸の遠征も
決定で~す。 (爆)

そして他の演目もいろいろと
揃ってきました。

★『ガイズ&ドールズ』
某役者さんから”取れました~♪”
のご連絡メール来ましたよ~♪
最初、日程がいっぱいいっぱいなので
無理かなと思ってたけど、出演連絡を
いただいたので、やはり観に行く事にして
かなりタイトなスケジュールでございます。(笑)


別の某役者さんから
★『ブルー・ウォーター』
のお誘いがあって
こちらも行く事にしました。
アトリエ・センターフォワード公演です。
ますます日程きつい~(^_^;)

      けど、がんばっ!


劇団四季 会員先行で確保。
★『55ステップス』全国公演
★『サウンド・オブ・ミュージック』
日程は少し先になるけど
こちらもしっかり予定表に
席番書き入れましたよ~

友人のツテで、押さえた
★『かたりの椅子』チケット
こちらは二兎社。

★『ムサシ』は、ホリプロ先行でGET

★『二人の夫とわたしの事情』
こちらは、SISカンパニー先行で
確保済み。

これから欲しいチケットは、
4月
★石川禅&吉野圭吾ミュージカル・サロン
 @東京會舘

6月
★『スカーレット・ピンパーネル』
 こちら、抽選申し込み済み
結果は2月末
どうなるんだろ-?


7月~8月公演でチェック中のもの
★『まさかのChange?!』
★『ピーターパン』
★『ロックンロール』かな?

今月末から来月の頭にかけて
クレジット先行が始まります。

8月から『エリザベート』が
予定されていたっけ

まだキャストが発表されてませんが
もしフランツ役を禅さん続投ならば
また禅さん祭り開催かな?(笑)


NODA・MAP
★『キャラクター』は
6月~8月公演。
こちらは情報収集をしながら
チャンスを掴め!(笑)

他にも新国立劇場での演目
★『やけたトタン屋根の上の猫』
寺島しのぶ 北村有起哉
木場勝巳ほか (敬称略)
・・も観たいなぁ~
  
これなんて 11月公演。
11月公演ですってば・・・(笑)

今はまだ2月だというのに、
11月の予定・・・・を考えるなんて!
おかしいって言われるけど
観劇趣味なら、普通だよね(笑)



『AIDA』@DVD

The Musical 『AIDA』
安蘭けいさん主演、
国際フォーラムCで
公演された『AIDA』は、
DVDが発売されています。

ちょっとお高いので 悩んでいたのに
観劇のついでに寄ったお店で
勢いで買ってしまった~
衝動買い?と言うのか
確信犯と言うべきか・・(笑)

『AIDA』は、光枝さんや
宮川さんがご出演と聞いて
観劇を決めた作品
アンサンブルには
Kentaroさんも乾あきおさんもいるしネ~♪
でも乾さんは、体調不良のため
バックコーラスのみの参加になって
しまったのが残念な思い出。

宝塚はあまり見ない人なので、
安欄さんは『エル・アルコン鷹』から
2度目くらいの舞台でした。

・・・で改めてこの作品
DVDで観てみた!

実際、観た時は、後方席だったので
見落とした部分など多かったし~
DVDで観た方が、いいかもしれないと
思う仕上がりですね
暗転に次ぐ暗転で、変換されていた
舞台が・・・
DVDマジック?なのか
あまり気にならない~

ラダメス・アムネリス
ウバルド・ファラオなど、
アップ・ショットが多く使われているせいか
いつも感じる
映像として切り取られた物足りなさよりも
シーン切り替えに違和感がなくて
それぞれのシーンの伝えたい事が
良くわかるように感じました。

DVDを良く出している宝塚!
正塚さん演出だなぁと 
(んっ ちょっと違う?)

・・・変なところに納得してるhatti。
DVD映え?する舞台ですね(笑)
生舞台とはまた違った側面を
観られたように思います。

ついつい 増えてしまう舞台のDVDで
なかなか 見返す時間が取れないけれど
これは時々見返したいDVDになるのかもネ(笑)

衝動買いを悔やまなくていいのは
嬉しかったなぁ~(笑)



『戦争裁判3部作』@新国立

井上ひさしさん作

勝手に夢シリーズと
呼ばせて頂ますが、

『夢の裂け目』
2010年4月8日(木)~28日(水)
『夢の泪』
2010年5月6日(木)~23日(日)
『夢の痂』
2010年6月3日(木)~20日(日)


の3作品が新国立小劇場で、
上演が予定されています。

気になる公演として
以前記事にした事もありますが
やはり見たいとよね~と
少し割引でお得なので、
3部作の通し券をGET。

 やった~!

スケジュールがキツくなるのは
わかっていても、魅力的な舞台が
見られるだろうと期待感溢れる
チラシなと見ちゃうとね~
つい、押さえちゃう(笑)

3作品とも出演者は、個性溢れる
魅力的な方々。

仕事の予定など変わらずにと祈り
体調も崩さないよう気をつけて・・・・

観劇ライフもなかなか大変です。(笑)



NHK『東京タワー』



ミッドナイトステージ館
BS2
2月20日(土) 午前0:45~3:16(19日深夜)
『東京タワー』
 ~オカンとボクと、時々、オトン~


脚本:蓬莱竜太  演出:G2
出演
萩原聖人・加賀まりこ・石田ひかり
千葉雅子・八十田勇一・三上市朗 
新谷真弓・津村知与支・林 隆三
        (敬称略)
(2007年7月 天王洲 銀河劇場)

またまた録画したい演目発見だわ~(笑)


『レベッカ』のCDだけど・・・

よ~~く考えた!(笑)

収録出来る曲が限られるのは
わかるけど・・・・
選曲偏り過ぎだと思う。
ほとんどが 
わたしとマキシム
そしてダンヴァース。

ダンヴァース夫人は、
これから参入の涼風さんの
歌も収録です。
早く聞けるのは嬉しいけれど、
首を長くして待っていたのは
初演の聴き慣れたメンバーの声

もっともっと落とせない
ナンバーがあったと思えてなりません。
物足りない~

きっとスタジオ・ハイライトだから
物足りないんだ!

だから 購入は見送るつもりに
なってます。

禅フランクがないのも
ショックだったけど
吉野ファベルも
伊東ベアトリスの歌声も
欲しかったんだよ~。

それとも 東宝さん
エリザベートのように
スタジオ・ライブ版は お試し盤で

これから ライブ盤 2枚組み。

ついでに
初回特典 DVDで
お稽古風景おまけ映像つき

・・・・なんて考えてくれてます?

どうせ出すなら 思い切って・・・ね(笑)




『美女と野獣』@東京

四季劇場 夏 のこけら落とし公演
久々に『美女と野獣』が東京に戻って来る。

京都劇場 千穐楽決定
今度は新しい劇場 "夏”にお目見えする。

前回の東京は、赤坂ミュージカル劇場
現・赤坂ACTシアターに通ったあの頃(笑)
地下鉄の柱が『美女と野獣』仕様で、
階段を上がると劇場だった。

今度は 四季劇場"夏”

詳しい発表を待つ事にしましょう。

『レベッカ』スタジオ・ハイライト版

3月発売の『レベッカ』
スタジオ・ハイライト版CD

収録曲が発表されました。

しかし 石川禅さんの
 『誠実さと信頼』が
  
   ない~~~!
収録されるとばかり
思っていたから買う気満々だったのに
一気にテンション下がった(爆)

祐さまの新曲が入っているけど・・・
他も好きなんだけど・・・・

買うならいつでも買えるし~
ちょっと落ち着いて

 よ~く考えよ~♪
 お金は大事だよ~♪

うん  よく考えてからにする。(笑)

WOWOW『東京月光魔曲』

『東京月光魔曲』
10/3/26(金)よる11:50 放送!


出演
瑛太・松雪泰子・橋本さとし
伊藤蘭・山崎一
ユースケ・サンタマリア
     (敬称略)

シアターコクーンで公演されて
まだそれほどの期間が過ぎては
いませんが、

WOWOWさん

またやってくれま~す。
これだから 止められない!(笑)

気にはなっても、お財布事情&
時間的制約からそうそうは
見られない舞台。

それを見せてくれるから
嬉しくなってしまう。

有料放送だって 
舞台のチケット代を
考えれば、ねぇ(笑)
生のあの空気は無理としても
作品の姿はわかる。

チェックは欠かしませんよ
WOWOWさん

  楽しみだ~♪

『キャッツ』2・14マチネ


横浜キヤノンキャッツ・シアタ-

お休みのバレンタイン・デーなのに 
なぜか劇場に?
hattiの場合 これが普通なんです。(笑)

横浜キャッツ 2度目です。
出掛けに濃霧のため列車遅延
のメールでドキっとしたけど 
30分とか遅れているのは 下り・・・・
上り線はほぼ通常通りの運転で
予定どおり横浜到着!
あ~ 良かった(笑)

劇場の場所もわかってるし
ほっと一安心。
無事に猫さんたちに
会いに来られました。

本日の出演者
グリザベラ・・・・・・・・・・・・白木美貴子
ジェリーロラム
=グリドルボーン・・・・・・朴 慶弥
ジェニエニドッツ・・・・・・礒津ひろみ
ランペルティーザ・・・・・・愛沢えりや
ディミータ・・・・・・・・・・・・団こと葉
ボンバルリーナ・・・・・・・・西村麗子
シラバブ・・・・・・・・・・・・・・五所真理子
タントミール・・・・・・・・・・八鳥仁美
ジェミマ・・・・・・・・・・・・・・小笠真紀
ヴィクトリア・・・・・・・・・・原田真由子
カッサンドラ・・・・・・・・・・蒼井 蘭
オールドデュトロノミー・・橋元聖地
アスパラガス=グロールタイガー/
バストファージョーンズ・・田島亨祐
マンカストラップ・・・・・・・武藤 寛
ラム・タム・タガー・・・・・荒川 務
ミストフェリーズ・・・・・・・松島勇気
マンゴジェリー・・・・・・・・川東優希
スキンブルシャンクス・・・劉 昌明
コリコパット・・・・・・・・・・・金子信弛
ランパスキャット・・・・・・・高城将一
カーバケッティ・・・・・・・・・齊藤太一
ギルバート・・・・・・・・・・・・・入江航平
マキャヴィティ・・・・・・・・・桧山 憲
タンブルブルータス・・・・松永隆志
          (敬称略)

グリザに白木さんがキャスティング

白木グリザ
歩き方など見ていると
かなり弱々しいグリザ。
でもベテランさん
歌はしっかり聞かせてくれますね~

朴ジェリロ
コケティッシュなジェリロ
田島グロタイといいコンビに
なってる感じです。

礒津ジェニおばさん
弾けたタップと笑顔
あったかいジェニおばさん
ひなたぼっこもとても
お似合いだと思いますよ~

川東マンゴと愛沢ランペ
こちらも息が合ってそう

団ディミと西村ボンパル
迫力あるダンス
団ディミは そんなに気性が
荒そうには見えないけど・・・

西村ボンパル
ミストのマジックに
呼び出されるボンパルは 
可愛いけど・・・・
メイクが迫力~(笑)

五所シラバブ
ちょっと和の雰囲気な
シラバブですが・・・
透明な癖のない歌声ですね


稲元デュトさま
デュトさまになる前シーン
けっこうキレのある動きです~
デュトさまの方って
こんな動いてましたっけ?

原田ヴィク
ホッソ~イ!
足アゲのシーンで
ちょっとだけふらついてましたが
綺麗ですね~
あのワン・シーン
切り取って絵にしたい~。

劉スキンブル
表情が豊かになってますね。
笑顔も見られます。
初めての頃の緊張した
ガチガチの劉スキンブルを
思い出しました (笑)

スキンブルについて
舞台を廻るシーン
最後は通路の方に進んでくるゾ?
マキャビティの出現で
すぐ舞台に方に戻りますが
これは横浜ヴァージョンの演出かな?

カテコも タガー〆めがないし~
送り出しの音楽がない!
ちょっと寂しいかも。

本日の握手は
磯津ジェニおばさん
回転センターブロック担当でした(笑)

グリザ&デュトさまがそれぞれ
お隣ブロックで握手。

そうだ ジュリクル席担当だった
タガーは何処で握手してるんだろ?

今度確認出来るかなぁ~
自分で握手してもらってるとね
他のところはみえないもんね(笑)

ハイっ  次回の宿題で~す。

『カーテンズ』2・13 マチネ

さむいよ~(*_*)

雪混じりの雨が降り続く中
でも頑張っておでかけさ。(笑)

『カーテンズ』
今日のお席は、初の3F。
S席なのに、どんな席設定なんだろー?
国際フォーラムの3F席 前は狭いし
舞台から遠いし、最前なのに前の仕切りが
高すぎてきちんと椅子に座ると
下半分くらい舞台が見えません。
緞帳の裾部分なんて、まったくOUT

仕方なくクッション借りました~
・・・・お前はお子ちゃまか?(笑)

少しはましになったけど
舞台手前で演技されると
やはり前のめり気味にならないと
見えないよ~ 
3Fまでも上がり難いし席の配置も
千鳥じゃないし・・・・・
これ作りの問題だと思う。
ちょっと観劇の環境が
恵まれなかったので
会場のぐちをこぼしちゃって
ごめ~~ん!

『カーテンズ』では、
前回のキャスト感想の続き。(笑)


芋洗坂係長・シドニー
悪そうでいて、憎めない
お笑い系のキャラ

カテコでは激しいダンスを
披露・・・頑張ってますね~

鳳・カルメン
敏腕プロデューサー
そして厳しくも深い母の愛
舞台での存在感はさすがです。

青山・クリストファ
ちょいお姐っぽい演出家
オタク刑事の出す演出プランに
乗り気・・・・・でいいの?(笑)

大島・オスカー
スポンサーで興行の
成功か失敗かに
ヤキモキ、
アニーの・・・え~と
大富豪のウォーバックスさんとか
あの方を思い出す
いえね、スキンヘッドなので・・つい(笑)

広瀬・ダリル
皮肉っぽいダリルは
舞台批評を書くのに
ニキのことをベタ誉め。
なにかありそうな陰の部分とか
感じられて怪しいダリルです。

カテコでは一転、別人かと(笑)
軽やかに動いてくれます。


そうだ 先日のチェックしようと
書いた石井雅登さん

今日はバッチリ 見つけて
オペラで追っかけ大成功

ペアダンスシーンでは
グレーのスーツ
アンサンブル・コーラスも
あるけれど
ダンス・シーンへの登場が
意外と多い。
彼、シンガー系だったはず。

四季以外での舞台では、今回
初めてお目にかかりました。

改めて目を向けなければ
気がつかないかも。

何気に元四季が多い舞台では
有りました(笑)

『宝塚Boys』再々演!


新星Boys誕生!
・・・・・と東宝HPに速報が出ました~♪

新星って何?
キャストが変わってる~(@_@)

再演も一部変わりましたが
今回さらにさらに変更
・・・・・つ~か
山路さんと初風さん以外
全員ですがな(笑)

『宝塚Boys』
シアタークリエ
2010年8月6日から9月1日

役は、出演者の名前の順から
推測しかありませんが
これだけメンバーが変わったら

確かに新星ですねぇ~

初演 再演も見ているけれど、
このキャスト変更は
思い切った感じです。

一般売りは6月予定。

また『Boys』に会いに行くか!(笑)

『カーテンズ』2・11ソワレ

会場 : 国際フォーラムC

ジャンルは・・・・・
バック・ステージものですね

『カーテンズ』幕があくと
舞台『ロビン・フット』が
初日を迎え上演中
そしてカーテンコール!
ところが、主役のジェシカが
急に倒れてしまう・・・・
そして亡くなってしまう

 これは事件だっ!


出演者
フランク・・・・・・東山紀之
ニキ・・・・・・・・・大和悠河
ジョージア・・・・マルシア
ボビー・・・・・・・・大澄賢也
アーロン・・・・・・鈴木綜馬
バンビ・・・・・・・・岡千絵
シドニー・・・・・・芋洗坂係長

カルメン・・・・・・・鳳蘭
クリストファ・・・青山明
オスカー・・・・・・・大島宇三郎
ダリル・・・・・・・・・広瀬彰勇
ジョニー・・・・・・・後藤晋良

安倍康律/石井雅登/北村毅
沓沢周一郎/真島邦英
森山純/浅野実奈子/磯貝麗奈
榎戸絢子 /梶田祐紀恵/首藤萌美
保泉沙耶 (敬称略)

ストーリー的には、二転三転
意外な方向へお話は進んでゆきます。

東山・フランク
古畑任三郎よろしく、事件を追って
先を読み謎を解く。
ミュージカル・オタクでもあるという
設定で、若手女優のニキには
甘~いです(笑)

大和・ニキ
え~~?な第一声!
可愛いんだけど・・・・・
なにか力が抜けているような
ふわふわしたセリフ
ドレスもふわふわ~
最後まで このキャラでしたね~(笑)
ダンスの部分も軽やかで
大和ニキ・・・淡いイメージです。


マルシア・ジョージア
ガッツ溢れる姉御?(笑)
作詞家で元女優
変死したシェシカの代わりに
急に舞台に立つことになる。
堂々の歌・ショーを見せてくれます。
綜馬アーロンとはいい感じです。(笑)

綜馬アーロン
結構歌のシーンあり
・・・・・で嬉しい~♪
伸び伸びとした歌声
やはり良いですね

主だったキャストはこんな感じで、
まだまだいらっしゃるのですが、
明日もまた『カーテンズ』
行っちゃいます~
なので続きは、その後で (笑)

アンサンブルにいる石井雅登さん
気になっていたのに
他のシーンに気をとられ
確認出来なかった~
あれっと思った時はあったけど
なにせ 動き回るでしょ?

なので、リピートの明日こそ
忘れずに雅登チェッ~~ク・・・(笑)



『THE 39 STEPS』2・11マチネ

シアタークリエ 
『THE 39 STEPS』

出演
リチャード・ハネイ・・・石丸幹二
アナベラ/マーガレット/パメラ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・高岡早紀
クラウン・・・・・・・・・・今村ねずみ
クラウン・・・・・・・・・・浅野和之
       (敬称略)
たった4人の舞台。
今村さん 浅野さんはとにかく
目まぐるしく役が変わりま~す。(笑)

コミックのノリですね。
全体的に受けた印象がソレ。

芝居の流れは速い。台詞も早い!
マシンガントークのようなシーン
たくさんあります。

ロンドンのある部屋に
退屈した男が一人

何かしなくては・・と
ショーを見に行き
劇場で出あった謎の女。

彼女は助けを求め彼の部屋を
訪れるが、彼の部屋で殺害
されてしまう。

彼は殺人犯として追われる
事になる・・・・・

しっかりとストーリーは
あるけれど 見せ方が
とても コミック的
これも有りでしょうね~(笑)

高岡・アナベラ
途中からマーガレット
最後にパメラと演じわけ。
早口台詞でちょっと大変そうでした。

今村・浅野のご両人は
列車内の逃亡劇では
車掌と客を
クルクルと入れ替わり演じるし~
ホテルの夫婦役なんて役も
刑事と入れ替わりながらの
進行です。

見てるこちらも目まぐるしい。
ストーリーを追うのも忙しい~(笑)

けれど このスピード感が
無くなったら、
魅力も半減しそうな感じ。

石丸リチャード
汗を光らせ熱演、

『ニューブレイン』に続き
今までに無い役ですね。

パイプをくわえたイギリス紳士
様になってましたよ~♪


『石川禅&吉野圭吾ミュージカル・サロン』

東京會舘ミュージカル・サロンVol・24

『レベッカ』本舞台中の
素敵なお二人の登場!

『石川禅&吉野圭吾ミュージカル・サロン』
わ~ 楽しみです♪

イベントの詳細は
東京會舘HPでご覧になれます。


しかし、自分の予定を見たら
ソワレが入ってる~(汗)

 たいへ~~ん
 ピンチヒッターを探さなきゃ!

野田地図『ザ・キャラクター』

第15回公演
『ザ・キャラクター』

2010年6月20日(日)~8月8日
会場 : 東京芸術劇場

出演
宮沢りえ 古田新太
藤井隆 美波

池内博之 チョウ・ソンハ
田中哲司 銀粉蝶
野田秀樹 橋爪功 (敬称略)

チケット一般売りは4月
固定ファンもいるし・・
野田マップは、見られるかどうか 
いつも緊張する~(笑)

~コトバの文字が乱舞するチラシから
ゴールドマンで出来た顔の
新チラシへ・・・

しかしいったいどんなストーリー?
見られると いいなぁ~♪

『レベッカ』千穐楽チケット!



東宝ナビザさんからメールが来ました。

・・・千穐楽珍しく当選!

とりあえず無事捕獲。
第2希望だけど、禅さん楽、
行けることになりました~♪
(皆さんも楽だけど・・・・ネ)

前回『レベッカ』は、
たしか5箇所も申し込みした挙句
全部外れた悲しい記憶 (笑)

まぁ お目当て禅さんの千穐楽挨拶は
無かったと言うことで
少しは悲しさも薄らいだ・・ような(笑)
今日は、ラッキーデー 

一気にテンションUP!
単純だなぁ~ (笑)

響人『オーファンズ~孤児たち~』公演


響人第三回公演 
上演作品は・・・
『オーファンズ~孤児たち~』ですって!


会場 ザムザ阿佐ヶ谷

日 時 2010年 4月23日(金) ~26日(月)

出 演 広瀬彰勇 吉原光夫 高橋卓爾
          (敬称略)


初回公演も日程が合わずで見損ない
2回目公演がやっと行けたと思ったら
今回 またまた行けそうもない

この公演期間にすでに4公演確定してて
どうやらこれ以上は きつい。

 行きたいのに・・なぁ~

『春のめざめ』チケット発売!



四季会員先行発売 昨日でしたが
観劇予定が、11:00開幕。

劇場に向かって移動中だし
予約電話 あきらめました。

見に行く日が、取れそうもなくて
観劇日が決まらない。

4月から5月半ばまでって
『レベッカ』月間なわけで・・・
休みは『レベッカ』の予定で
埋め尽くされております(笑)

 初日などは あまり入れない
 ソワレまで!
禅さん初日は見たいし~ネ♪

さらに4月からは仕事のシフトが
変わる可能性も高くて
尚のこと予定が決められない。

なので、まだ予約出来ていないって
珍しいじゃん 自分!

一回 四季皆勤賞
途切れてるし、もう少し様子を
見てからでも・・・大丈夫かな? (笑)

『天璋院篤姫』2・6マチネ

本当に久し振りの明治座です。

劇場へのアクセスもう忘れちゃったよ~(汗)

下調べで、人形町までは確認した!(笑)
地上に出てみると・・・????
どっち状態。適当に歩いたら
微妙に路がずれたらしく
ちょっとうろうろ(笑)
余裕を持っていたはずの時間が、
会場についたのは15分前になってた

ふ~~ 見る前から・・・疲れたゾ(笑)

『天璋院篤姫』
2月4日~24日まで
大河ドラマ 見てませ~~ん!
でも おおよその篤姫の生き方は
知ってる程度での 舞台観劇。

出演
天璋院篤姫・・・・・・・・・・内山理名
島津斉彬・・・・・・・・・・・・西岡馬
幾島・・・・・・・・・・・・・・・・香寿たつき
皇女和宮・・・・・・・・・・・・遠野あすか
勝海舟・・・・・・・・・・・・・・国広富之
滝山・・・・・・・・・・・・・・・・高橋かおり
しの(重野)・・・・・・・小林綾子
徳川家定・・・・・・・・・・・・今 拓哉
本寿院 お幸の方・・・秋野暢子
庭田嗣子・・・・・・・・・・・山田スミ子
菊本・・・・・・・・・・・・・・・本山可久子
    他のみなさん(敬称略)

あまり見る機会のない時代物
実は嫌いじゃなかったりします。(笑)

だたなぜかこの系統の舞台
時間が長いんですよね。
30分休憩が2回もあって
食事時間もそこにしっかり入る(笑)
本日も11時開演~終演約3時でした。
始まり時間もちょっといつもの舞台とは
イレギュラーだし
ちょっと舞台の進行テンポも違うし~
そして劇場内の雰囲気も違うなぁ~
開演して音楽が鳴り始めても
かなりざわついている。
話し声が止みません。
開演5分前は当然ざわざわ・・ 
口になにか運んでいる人も多く
見られますし~
ガサゴソ音もあちこちから
これが普通?(笑)

場に拠っては、花道から登場した
役者さんに拍手が起こるのも
ちょっと新鮮でした。
歌舞伎の流れからでしょうか。

内山・篤姫
理名さん演じる篤姫は
男勝りで気性が激しく聡明
己の生きる路を見据えた
強い篤姫でした。

~女の道は前へ進むしかない
引き返すのは恥じでございます。~

チラシに書かれたこの言葉
まさに篤姫。

西岡・島津公
篤姫を養女として迎え入れ
将軍家に輿入れさせる。
その思惑は時代と共に
揺れ動き篤姫とも・・・

父を許せよ!

こんな台詞 上手い
決まってます!
ちょっとうるうる・・・(笑)

香寿・幾島
篤姫つきの女中
ミュージカルで活躍の
あの香寿さん
打ち掛けの上臈さま
あでやかでございました!
お得意の歌・ダンスがない役で
香寿さんを見るのは珍しい~
篤姫を包むような優しさが
感じられました。

今・徳川家定
ミュージカルで活躍のお方その2
それが今ちゃん
時代物ってこちらも珍しい~
今ちゃんの家定は、
自信のない無気力な将軍
頼りなさげでも優しい。
実は世の実情を把握している
そんなキャラ
ちょっとだけ笑いも取りに行きます。

そんな将軍さま
篤姫と心は通じ合っているのが
見えてよかったぁ~

秋野・本寿院/お幸の方
お幸の方は篤姫の実の母
本寿院は家定の母の
二役で出番はそう多くないけれど
優しい母を演じてくれました。


描かれる世界は好き。
でも舞台として見ると
冗長かも・・・と感じてしまう。

激動の時代を生きた篤姫だけど
舞台上の時間は ゆっくりと
流れているような感覚。

これぞお芝居!明治座さん
そんな感想を感じた観劇でした。


『Z-Angleイベント』2・4昼の部

ついにもう最終回、早いものです。

3日連続で通った代々木上原
禅さんの歌とトークで、
笑わせて貰ったり
泣かされたり・・・・・・・
もう終わっちゃうなんて~(泣)と
泣き笑いのZ-Angleイベントです。

いつものように禅さん登場
それだけで、ほんわかしちゃう(笑)
まのこさんも呼んでお歌の始まり 
この二人の呼吸もぴったりだね!

一曲目、もう少しで終わるという
その時いきなり止まり、

 間違えちった~ッ!(笑)
仕切りなおしとまた最初から・・・・


禅さん、なんでここで間違えるかなぁと。
すっげーくやしい~と
かなりのリアクション
これがまたなんとも愛らしく?(笑)

聞いてるこちらには
2回も聞けるなんで実は嬉しい
プレゼントだったりして・・・(笑)

曲目など詳細を書かないのは、
多分禅さんが望まないだろうと
思うから・・・・
以前は書かないでね~と
おっしゃった事もあるので

  ごめんなさい! ^_^;

素敵な時間は過ぎるのが
とても早い。
質問コーナーも全員の質問を
読めるように、時間を気にしながら
読んでいきます。

質問内容も舞台に関してが
多くて禅さんの舞台に対する
想いが聞ける。
お話は、質問が変わるので
それぞれのお話。
だから全部の日に参加したくなるのよね。


と言うことで 今回も4回開催中の
3回に参加(笑)


平日開催だったけどなんとか調整して
大満足の Z-Angleイベントでした。

当日お会い出来た 禅友さま~
楽しかったで~す。

有難うございました♪

『Z-Angleイベント』2・3夜の部


本日は、昼の部もあったのですが、
前からの予定・・・観劇があって
涙ながらに断念!

ほんとは行きたかったけど・・・
先に入った予定優先(笑)
でも夜の部には
ちゃっかり来てますから~

当然ながら 昨日と構成・選曲は同じ。
ただ舞台と一緒なのですね
歌でも、気持ちの入り方などが
違うのかも知れない。

いつも思う事ですが
禅さんの歌は役者歌です。
歌詞の思いをしっかりと
伝えてくれるように思います。

だから・・・・歌手の方の歌を
カヴァーしても、
禅さんヴァージョンになる。
印象を新たに目の前に
ポンっと出される感じです。

禅さんの声質は、年を重ねて
変化してる部分はありますが
凛とした硬質な声も
優しいソフトな印象の声も
使い分けます。

マイク無しの熱唱で
あの会場ならではの
贅沢さを堪能させて頂きました。

そしてトーク・コーナー?
質問time。
あらかじめ会場の方からの
質問を集めてあるのを
順に読み上げ応えてゆくパターン。

舞台の事が中心になりますが、
一つ一つ考えながら、話す姿は
禅さんらしさが炸裂(笑)
芝居のこだわりや失敗談などを
時に真面目に、時におどけて
語り口がおだやかで暖かい。

このコーナーも大好きです。
最後にジャンケン・ゲームで
お開きです。
でもねぇ~ 禅さんって
ジャンケン強いんだも~ん。

 勝った事がないっ!

Wickedのグリンダの台詞が
頭に浮かびました。

  ~これじゃ不公平よ~(笑)

『蜘蛛女のキス』2・3マチネ

東京芸術劇場@池袋
2007年に公演されたミュージカル版
キャストを一部変えての再演です。


出演
モリーナ・・・・・・・・・・石井一孝
蜘蛛女/オーロラ・・・金 志賢
ヴァレンティン・・・・浦井健治
モリーナの母・・・・・・初風 諄
刑務所長・・・・・・・・・・今井朋彦
マルタ・・・・・・・・・・・朝澄けい
ガブリエル/囚人カルロス
/ダンサー・・・・・・・・縄田 晋
看守マルコス
/ダンサー・・・・・・ひのあらた
看守エステバン
/ダンサー・・・・・・・・・田村雄一
アウレリオ/囚人ライモンド
ダンサー・・・・・・・・・・照井裕隆
囚人フェンティス・・笹木重人 
囚人エミリオ
/ダンサー・・・・・・・・長内正樹
囚人/ダンサー・・・・・辻本知彦
     (敬称略)


舞台は刑務所
幼児への猥褻罪で収監中の
モリーナの同房に
政治犯の浦井ヴァレンティンが
放り込まれる。

仲間を白状させるために
痛めつけられたヴァレンティンは
意識がない・・・・
これが二人の出会い。


石井・モリーナ
こんなに 台詞ありましたっけ?
モリーナ ひたすら喋り続けます。

看守達の暴力に屈して
上手く立ち回り逃げたいと願う
モリーナ
劣等感 卑屈さを見せつつも
親と早く暮らしたい願いを
かなえるため 刑務所長をと
裏取引をするしたたかな部分も
ちゃんと持っている

聞きたくないわ!
ヴァレンティンの頼みを拒むのは
聞いてしまったら裏切るしか
ない自分が見えるから。

母親を愛し、ヴァレンティンを愛し
それゆえの最後の選択。

浦井・ヴァレンティン
髭を伸ばし、鋭い眼光
浦井王子のイメチェン(笑)

初演より更にワイルドに
なっていると思います。
痛めつけられ血だらけの姿。
浦井ファンの方々には・・・・



金志賢・蜘蛛女・オーロラ
華やかな衣装で
踊りながらの蜘蛛女は幻影

モリーナの語る映画の女優
オーロラと二役
確かな歌唱力とダンス

前回の朝海さんとは
タイプの違う金蜘蛛女。

今井・刑務所長
ちょっと異質な感もある
今井刑務所長は、粘着気質が
見えるような感じを受けた。

前半 やや単調?
後半 お話は急展開のような?(笑)

裏切る事しか 道のないモリーナ


初演版は、20007年11月4日に
観劇していました。
ストーリーについて行くのが
やっとだったと言う感想でしたが?(笑)
今回は、モリーナとヴァレンティンの
心の繋がりが見えた気がします。

象徴的に出てくる蜘蛛女、
そしてオーロラの
二人を見据える視線の鋭さも
突き放していてクール
幻影のようでいて存在感もある
とても魅力的な蜘蛛女でした。
低めのハスキーっぽい歌声も
役にフィット、

前回の朝海さんの華やかさとは
また違う 
モリーナ・ヴァレンティン
二人を突き放したように
見つめ続ける・・・視線が
印象深く残ります。

リピートしないと分からないか?と
書いた記事が残っていましたが
それが正解!(笑)
2度目だから分かる部分も
多かったようです。

終演後のトーク・ショーも
素敵でした。

もう一度くらい・見てみ・・・(略)

ちょい待ちッ!
  自分のスケジュールよく見てね。

    無理だから~(笑)


偶然にもネッ友さんお二人も
同じ公演をご覧になっていたようです。

分かっていたら・・・・
お話したかったのに残念。
検索フォーム
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

いらっしゃいませ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
俳優
7位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りBlog
Blog開設カウンター
ブログの更新率
月別アーカイブ