現在の閲覧者数: 2011年06月の記事 - hatti元気の素 観劇 ミュージカル
fc2ブログ
プロフィール

hatti (はっち)

Author:hatti (はっち)
石川禅さん応援中!
劇団四季・東宝ミュージカル・・・時には宝塚
観劇大好きなhattiです 

記事に関係のないコメントは
削除させていただく場合が
御座います。ご了承ください。

石川禅さんのお仕事
石川禅さん
これからの予定

舞台******
ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年3月7日~29日
日生劇場
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月4日~14日
skyシアターMBS
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月19日~21日
愛知芸術劇場大ホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月26日~28日
久留米シティプラザ 
ザ・グランドホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月3日~4日(土)
熊本城ホール メインホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月11日~12日
高崎芸術劇場 大劇場
ニック役他

石丸幹二 
オーケストラコンサート2024
石丸幹二
東京フィルハーモニー交響楽団
2024年6月21日(金)
会場:東京芸術劇場 コンサートホール
ゲスト出演

舞台
ヒストリーボーイズ』
2024年7月20日(土)~28日(日)
あうるすぽっと
へクター役

********
Netflix
「モンキー・キング」
声の出演
“竜王"役 吹替=石川禅
2023年 8月19日より配信開始

Netflix
『氷がすべてを隔てても』
声の出演
アイナー役=石川禅 (3/2より配信開始)

Netflix
『サンドマン』
声の出演
第6話 吹替=石川禅

コンサート*******
★『石川禅 6th ソロ・コンサート』
2021年3月20日~21日
よみうり大手町ホール
※公演延期 ※

石川禅さんのプロフィール
FCについては
サイドバーのリンクから
ホリプロブッキング
エージェンシーへどうぞ
禅さんの舞台
石川禅さん次回は % 『COME FROM AWAY』
禅さん 出演公演
Blogランキング参加中です
見たよ 読んだよ ポチっとな!
よろしく お願いします。
4月の観劇予定

■『町田くんの世界』
■『銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件』
■『カラカラ天気と5人の紳士』
■『Le Mele~母~』
■こまつ座『夢の泪』
■『王様と私』
■『COME FROM AWAY』
大阪・名古屋
■『VIOLET』
■『デカローグ A/B』
■『アラジン』
■宝塚花組『アルカンシェル』
■『ハネムーン・イン・ベガス』
■『クロスロード』
■『Le Fils~息子~』
■『オペラ座の怪人』KAAT
■地球ゴージャス
『儚き日光のラプソディ』
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

『レ・ミゼラブル』6・5ソワレ

浜松町から、急いで移動。
『レ・ミゼラブル』SP公演です!

敢えて●回目とは書きません(笑)
20110605レミゼソワレキャスト表


塩タクターの姿をオケピに見て
レ・ミに来たと実感したりして。。

オープニング やはり目がいく
囚人マリウス君 本日のふらつき加減
加速してま~す
バルジャンが呼び出される時は
お隣と耳打ち 囚人テナ君とも
お話してます。
ほらほら~ そろそろ怒られますよ(笑)
御帰りの支度・・奥に捌けるころ
一人こちらに振り向く囚人マリウス君でした。

宿屋の客 大勢の中に紛れて、ころ合いを
見計らい 鞄を手にバルジャンの方へ・・・

鞄を叩きつけてました。
後方席だったので、その時のアドリブは
わからずに残念でした
 本編にはなんの影響もなし(笑)
工場ではファンテーヌたちの争いを
面白がって見てます
市長が登場するとサッサと小走りに
後ろに退散する後姿・・ちょっと子供みたいかも(笑)

一日の終わり
後列…照明が作りだす一日
朝・・・・夕暮れ
途中眩しそうに
振り向くのは禅ベガーズと
齋藤ベガーズ?
SPの二人だけかも

禅警官・岡警官ともう一人 
三人の警官・・
禅警官だけが
話かけられる確率高し!
一言二言 お返事してますね

禅・裁判官 今日も勢いよく
木槌を叩きます。

ベガーズ・シーン
そろそろ岡アンジョと
禅マリの出番

誰が導くか♪誰がこの国を♪

若声炸裂です。
ほんと声が・・・若いです。
見た目も頑張ってます(笑)
革命に燃える若者、
絵になるシーンだと思いませんか?(笑)

コゼットとの出会いで
ぽ~~っとなるあのお顔は・・(笑)
他にな~~んにも目に入ってない!
ジャベールから逃れて姿を消した
バルジャンとコゼットに気づくと
すぐに後を追い駆け出すマリウス。

橋の向こうで 橋上にいるエポに
コゼットの行った方向を教えて
貰っているのですが、
どうもエポは 嘘を教えてるらしい。
お隣の人は後から 
反対方向を指差してるものネ
舞台中央、
照明のスポットの光の中では
ジャベールとテナルディエの
お芝居が続く・・・鳳テナ妻も
斉藤テナのエスコートで
捌けてゆくその姿
濃い~~です。

鹿賀ジャベールのStars!
これも素晴らしかった。
もちろん自殺♪もで~す。

砦の戦いに傷ついたマリウス
必死に助けようとする今井バルジャン
 彼を返して♪
染み入るような優しさと
慈しみに溢れた歌。

今日の禅マリウス君
怪我をして倒れ落ちる時
いつもより下水道口から
離れた位置に倒れてしまいました。

うめき声をあげる禅マリウス。
マリウスが生きている事に感謝の
十字をきる今井バルジャン
下水道まで引きずるのに
下水道口まで一回では
連れてこられずに苦労してました。

肩に担ぎ、禅・マリウス君を運びます
暗転の中で流れるような動きで
姿勢を変えてゆきます。
息ピタリなお二人と見ました。(笑)

コゼットの沙也加さん
可愛くて・・でもお歌がやはり厳しい。
このキャストの中では
埋もれてしまいます
コゼット・・難しいお役ですね。
エピローグのパパ・バルジャンの
胸に顔を埋めるコゼットは
愛らしい。声量が足りないのだけが
残念でなりません。

禅マリウスから目が離せないので
偏り日記になっていますが、
本日の公演、なんと言うか
静かな情熱を感じた舞台でした。
作品として落ち着いた確かさを見せ、
キャストの皆さん 役を生きてます。

これで千穐楽・・と言われても良い。
そんな公演 
この時期にこんな公演を見せて
もらえるなんて!

カテコは 禅マリウスったら
物陰にスタンバイで 準備万端。
いの一番に飛び出して来て
お花を拾い集めて
歌穂ニーヌに渡してま~す。

繰り返されるカテコ
いよいよ最後っぽくなると
率先して駆け出し
舞台奥で プリンsで
 ジャンプ!
SPキャスト全員に
若者ジャンプが定着。(笑)
みなさんお若いですから~

前回も ブラボーとココで
叫んでましたが
今日はブラボー!と叫ぶのも
忘れるくらいでした。

  素晴らしい舞台を有難う!

後で 東宝さんのHPにお邪魔したら
なんと6月5日は 革命dayだったそうです。

砦のわかものたちが命を落とした
その日だったのですね。

もう一度 素晴らしい舞台を

    有難う~







『ユタと不思議な仲間たち』6・5マチネ

四季・秋劇場・・・
『ユタと不思議な仲間たち』
南部弁の台詞がほのぼのとした空気を作る
けれど内容はシビア!

本日の出演
ペドロ・・・・・・・・・菊池 正
ダンジャ・・・・・・・柏谷巴絵
ゴンゾ・・・・・・・・・伊藤潤一郎
モンゼ・・・・・・・・・和田侑子
ヒノデロ・・・・・・・道口瑞之
ユタ・・・・・・・・・・上川一哉
小夜子・・・・・・・・奥平光紀
寅吉・・・・・・・・・・吉谷昭雄
ユタの母・・・・・・あべゆき
クルミ先生・・・・・丹 靖子
大作・・・・・・・・・・鈴木伶央
一郎・・・・・・・・・・厂原時也
新太・・・・・・・・・・赤間清人
たま子・・・・・・・・・柏円
ハラ子・・・・・・・・・齋藤舞
桃子・・・・・・・・・・・安宅小百合
      (敬称略)

父を亡くし 母の故郷に
越して来たユウタは
仲間はずれにされいじめられる

不思議な仲間とは座敷わらし・・
東北地方に伝わる子どもの幽霊?
劇中では足のない幽霊とは
一緒にしてくれるな!と
言ってますが・・・(笑)

見た目 一風変わった衣装の
ペドロ タンジャ ゴンゾ
モンゼ ヒノデロ
衣装だけじゃなく
名前も一風変わってます(笑)

登場は・・ひゅ~~どろどろ・・・
お化けの効果音そのまま(笑)

昔の飢饉に間引きされたり
飢えのため命を落とした子どもたち

あの世さも行けねぇ
この世さもいられねぇ♪
ペドロ親分の歌う悲しみの歌

生まれる事すら出来なかった
わらし(こども)たち
一人ぼっちのユタを
励まし続けます。

菊池・ペドロ親分も
板についてきた感じ。

道口ヒノデロ
お美しい~かも?(笑)
男声と優しい声の切り替えに
会場から 笑いが起こります。

伊藤・ゴンゾの暴れっぷりも
愛嬌があって可愛い(笑)
フライングも使われますが
前回公演あたりから輪を使ったものに
変わりました。
変更前のほうがダイナミックな
気がします。
クルミ先生は 丹さんの独壇場(笑)

座敷わらしたちは近代化の波に
追われて、出てゆくけれど、
ユタは友達も出来て
前向きに生きて行く。


生きているって事は
それだけで素晴らしい事
そのメッセージを伝え続けている
心あたたまる作品

夢を続けて♪
美しい旋律のこの歌は
大のお気に入り!

でも最後にみんなで歌うのは
友達はいいもんだ♪

一人はみんなの為に
みんなは一人のために
みんなは一人のために
一人のために・・・♪
(あれ? どこぞの作品の
  キャッチコピー?(笑)

この曲も覚えやすくて
素敵な曲だ。

客席降りのキャストさんたちと
歌います 
近くに来て歌ってくれたのは
大作君・・ユタのお母さんでした。

キャストさんたち
ロビーに飛び出して
観客のお見送り
握手で見送ってくれます。

前期公演から・・また
キャストが大きく変わっています。
大作君 イチロ君が若返ったし~
さよチャンも『雪ん子』で
おゆき役を頑張っていた奥平さんでした。


イチロ君 大作君
小夜ちゃん 寅吉ジッチャと
ご挨拶の握手でホッコリとした
元気を貰った気分。

さぁってと帝劇に移動。

『レ・ミゼラブル』SP公演
今日は開演がいつもより早い。

 遅刻厳禁!(笑)




THEME:宝塚歌劇 | GENRE:学問・文化・芸術 |
検索フォーム
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

いらっしゃいませ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
俳優
7位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りBlog
Blog開設カウンター
ブログの更新率
月別アーカイブ