現在の閲覧者数: 2011年08月の記事 - hatti元気の素 観劇 ミュージカル
fc2ブログ
プロフィール

hatti (はっち)

Author:hatti (はっち)
石川禅さん応援中!
劇団四季・東宝ミュージカル・・・時には宝塚
観劇大好きなhattiです 

記事に関係のないコメントは
削除させていただく場合が
御座います。ご了承ください。

石川禅さんのお仕事
石川禅さん
これからの予定

舞台******
ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年3月7日~29日
日生劇場
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月4日~14日
skyシアターMBS
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月19日~21日
愛知芸術劇場大ホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月26日~28日
久留米シティプラザ 
ザ・グランドホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月3日~4日(土)
熊本城ホール メインホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月11日~12日
高崎芸術劇場 大劇場
ニック役他

石丸幹二 
オーケストラコンサート2024
石丸幹二
東京フィルハーモニー交響楽団
2024年6月21日(金)
会場:東京芸術劇場 コンサートホール
ゲスト出演

********
Netflix
「モンキー・キング」
声の出演
“竜王"役 吹替=石川禅
2023年 8月19日より配信開始

Netflix
『氷がすべてを隔てても』
声の出演
アイナー役=石川禅 (3/2より配信開始)

Netflix
『サンドマン』
声の出演
第6話 吹替=石川禅

コンサート*******
★『石川禅 6th ソロ・コンサート』
2021年3月20日~21日
よみうり大手町ホール
※公演延期 ※

石川禅さんのプロフィール
FCについては
サイドバーのリンクから
ホリプロブッキング
エージェンシーへどうぞ
禅さんの舞台
石川禅さん次回は % 『COME FROM AWAY』
禅さん 出演公演
Blogランキング参加中です
見たよ 読んだよ ポチっとな!
よろしく お願いします。
3月の観劇予定

■『モンスター・コールズ』
■『ウィリアムのウィリアムとウィリアムたち』
■『アナと雪の女王』
■『COME FROM AWAY』複数回
■『スウィニートッド』
■『リア王』
■『千と千尋の神隠し』
■『ライオン・キング』
■『メディア/イアソン』
■『美女と野獣』
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

げきぴあ&『ミュージカル』@禅さん!


うれぴ~♪
思わず壊れてます。(笑)

ロミ・ジュリ公式HPやツィには
なかなか禅さん情報はあがらず・・・

稽古場でロミオを取材の時にちらっと
写り込みしたり 遠くからの
ショットだったりでしたが
『げきぴあ』さん ツボを心得てます。
初めて まともな稽古場禅さんの
写真が上がりました(笑)

若~~~い主役を中心にするのは
当たり前かもですが、

リピーターは脇役についているっ!
     ほんとか???(爆)

そこんとこ、もう少し
スポット当ててくれてもいいと思うゾ

ちなみに、『ミュージカル』
来月・・・あもう明日には今月になっちゃうのね
9月5日発売号には キャピュレットご夫妻の
対談記事が掲載予定らしい。

  まだ見てもいないのにこれは買いっ!(笑)




『My・Blog』開設6周年・・・


・・って何も特別な事はありませんが
気がつけば、6年も経ってるんだと。

初記事UPは 下記の時間でした。
 2005-08-26(21:52)

今日はもう30日だし~
てっきり開始は29日だと思い込んでいたら
カウンター設置日が29日だったような?
そのカウンターの数字も
おもいも寄らない大きな数になっています。
これも、遊びに来てくださる皆様のおかげです。

石川禅さん応援しましょ!と
立ち上げたBlog
こんなに続けて来られた事に
感謝の気持ちでいっぱいです。

禅さんの応援と観劇日記を
続けて行けたらしあわせ!(笑)
Blogを通じて素敵な観劇友さんも増えました。
これも嬉しい事。

みなさま 引き続きよろしくお願いいたします。

『9月の観劇予定』


8月も早くも この日付
観劇予定の記事UPもOKかな?(笑)

石川禅さん 出演の舞台
『ロミ・ジュリ』いよいよ開幕月、
張り切ってゆきましょう~♪

9月の観劇予定
■『マンマ・ミーア』
■『ドラキュラ』
■『ロミオとジュリエット』
×6回
■『100年のI love You』
■『思い出を売る男』
■『くるぶし』
■『ライオン・キング』
■『キネマの天地』
■『わらいの町』
■『スリル・ミー』
■『オリビアを聞きながら』
■『朱雀家の滅亡』
■『髑髏城の七人』

定番四季 『マンマ・・』 
『ライオン・・』『思い出・・』を押さえ 
キャッツは今月はお休み。
『100年の・・・』には 
今井清隆さん・原田優一さんが、ご出演です。
『キネマの天地』井上さんの作品
『わらいの町』東京セレソン
・・・宅間さんの東宝とのコラボ!

オリビアを聞きながら・・には
柳瀬大介・亮介ご兄弟が。
 
話題?の『スリル・ミー』は
ダブルの片方ヴァージョンしか
チケットが取れませんでした(涙)

髑髏城の七人も外せませ~ん。

そのうえに本命
『ロミジュリ』があるから忙しい。
 もう~~ たいへんっ!

 え いつもだって?


う~~~ん そうかもしんない(爆)



声優・石川禅 捕獲!

ザ・プリテンダー~仮面の逃亡者~

古い(1996年)アメリカ発の
人気TVシリーズ

第一シーズン11話
 『ファックス爆破魔』

この回の吹替えに石川禅の名前
ビデオが出ていたのは知っていても
廃盤になっていて、なかなか
見つかりませんでした。

しつこく網を張って
ネットで時々検索したりして

 声優・禅さん!やっと捕獲。(笑)


ネット情報によると、吹替え担当は
ハッチソンと記載してあるサイトと
カーチスとなっているサイトがある。
どっちの役を当ててるんだろ。

ほんのちょっとだけで
クレジットすら出ない作品もあるし・・
これもテロップの確認を見たけれど
役名があるのはレギュラーキャスト?だけ。
多分 カーチスの方だと思う
禅さん 声でも化けるからなぁ~(笑)



 聞いて見ても自信がないっ!(爆)


『身毒丸』8・28マチネ

白石・撫子×藤原・身毒丸を見て
藤原身毒のファイナル公演を見て・・・
今日は、新たな『身毒丸』
@天王洲アイル 銀河劇場


出演
撫子・・・・・・・・・・・・大竹しのぶ
身毒丸・・・・・・・・・・矢野聖人
小間使い・・・・・・・・蘭 妖子
仮面売り・・・・・・・・石井愃一
父親・・・・・・・・・・・・六平直政 


マメ山田 飯田邦博 福田 潔
澤 魁士 塚本幸男 プリティ太田
鈴木彰紀、平山遼 羽子田洋子
難波真奈美 池島優 佐野あい
多岐川装子 石澤美和 茂手木桜子
岡部恭子 

せんさく・・・・・・(Wキャスト)
     中島来星、若林時英

自信はないけど・・
本日多分 中島君だったと思う。

 ※ 当日のせんさくは若林君だったと、
 後日コメントで教えていただきました。
 間違えてしまいごめんなさ~い。
 

 尾関陸(身毒丸アンダースタディ)
     (敬称略)

撫子役が変わった事と
演出が変わった事で
今までと同じ世界を残しながらも
やはり雰囲気が違う。

大竹撫子
けだるそうな表情で仮面を
とる撫子・・・・買われた母親

艶っぽいけれど
ねっとりとした白石撫子よりは
サッパリ系に思えた。

ところが地獄からの身毒丸への
執着、愛憎は狂気を含んでいる。

演出の変更もあるけれど
身毒丸のたらいの湯浴みは
健在でした。

どうしても撫子を受け入れない身毒丸。
追い詰められてゆく撫子

呪いで身毒丸の目を奪い・・・・・

大竹・撫子の創る身毒丸の舞台ですね~

白石さんの独特の世界とは
まだ違う撫子を魅せてくれます。

身毒丸・・・新人の矢野クン
健闘しています。
でも経験がない分、台詞が弱い。
激しい言い回しはガナる感じになって
しまうのが惜しいです。

舞台で見る矢野君
 とても細かった~


仮面売りの石井さん
父親の六平さんは、バッチリと
脇を締めます。

ネタばれですが・・・・・・










乳母車に乗った六平さんは
衝撃~~~~!

子連れ狼の大五郎のようです。(笑)

パンフはホリプロさん
お得意の変形サイズ 1500円
ほんと 保存し難いったらありゃしない(爆)

   でも買ったけどさ!


そうそう 終演後 ロビーで
勘三郎さん見かけたっ!


『泣き虫なまいき石川啄木』チケットGET

3連続の落選だった
『泣き虫なまいき石川啄木』

ついに3度目の正直ならぬ
4度めの当選
ついでに5度目の当選!(爆)
つまり 同日が両方とも当選した!

まぁしかたねぇ~♪(笑)

取ったのが、代休予定の
月曜日でつまり平日昼なので 
友人を誘おうにもちょっと誘いにくい

さらに。発券時期も遅くて
席番号が分からないから
余計聞きにくい。

まぁ なんとかなるっしょ。(笑)


Look At Star プラス・・・・

あちこちの劇場に出没していて
本屋さんにはちょっと 
ご無沙汰だったのですが
コメントで教えていただいた
『look・at・star』プラス

城田×山崎×浦井 
ロミオとジュリエットの
お稽古場に潜入記事が掲載。

ロミオズたちのショットや
浦井クンのショットのページ
・・・・・なのですがその横には

 キャピュレット卿が!

そうです。 石川禅さんが写りこんでます(笑)
帝劇100周年記念番組といい
この雑誌といい こんなんばっかですが

禅さん 見っけ! がまた良い!(笑)

浦井君と並んでちっさい写真ですが
笑顔な禅さん。

 あの後ろ姿も禅さんだし~

気がついたらそのままレジに
並んでました~ ^_^;



『奥様お尻をどうぞ』8・24ソワレ

下北沢:本多劇場

お伽の国から現実に戻ろう~(笑)
19:00開演だから急ぐこともない
ブラブラしてからりんかい線!
発着ベルに注目だ 
注耳かな?(笑)
美女と野獣のメロディを
ちゃんと聞いたよ。

下北沢、ショートカットの
抜け道お店の中を通り劇場へ。


『奥様お尻をどうぞ』

出演
アラータ/教師/似顔絵書き屋・・・・・古田新太

医師/開発局長/協会員
村人/売店のおばちゃん・・・・・・・・・・八嶋智人

アルジャーノン/村人(ポッポ)
モニターの女・・・・・・・・・・・・・・・・・・・犬山イヌコ

なんでも屋/神様/協会員/村人・・・・・大倉孝二

王子/呪いを掛けられた男
協会員・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・入江雅人

テレビ局員/村人(リーダー)
モニターの男・・・・・・・・・・・・・・・・・・・八十田勇一 

夢子/看護婦・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・平岩紙

協会員/石屋/村人・・・・・・・・・・・・・・・山西惇

首相/魔女/魔物・・・・・・・・・・・・・・・・・山路和弘
         (敬称略)



このメンバーでケラさんが遊ぶ!(笑)

え~~~~と
え~~~~っと

え~~~~~っと・・・・・

感想はね~

ナンセンスのかたまりなので、
感想が書きにくいったら
ありゃしない。(笑)
夢の国から現実に戻れずに
ナンセンスの国へ来たみたい。

一応話らしきものはあるけど
これだって何処へ向かうのか(笑)
内輪むけの盛り上がりのような
雰囲気もなきにしもあらず・・(爆)


古田アラータ
どうも三重人格らしい
金の音がち~んと鳴ると
人格が入れ替わる設定で、
出ずっぱりの古田アラータ
シーンによっては
ブリーフ一枚で・・・(爆)
真っ赤なスーツの秘書にも
扮していたり

演出の一部で・・・
お客様のお一人にスポットが当たり
お客様のこころの声が聞こえて来る

なんでこんなお芝居を
選んじゃったのかしら?(爆)

みなさん 照れを見せずに
全力前進ですよね。

山路さん 
何やってるんですか~(笑)
魔物もそうとう凄いけど・・・・
魔女役も違和感ないってかなり凄くない?
青年座のおっさんとか
アラータにサラッと言われてましたが
井戸にホウキとか放り込まれて
慌てる姿がいいかも。(笑)


八嶋さん
想定内?(爆)
いや客席降りで熱弁ふるってた
八嶋さんですがボソとアラータが
お約束のようにかましてましたな(笑)

大倉さん
なんかいろいろやってますが、
全部大蔵さんってすぐ分かる!
なんでも屋あたりが・・・
意外と好きかも

犬山さん
突っ込み担当ですな(笑)

平岩・夢子さん
不真面目に真面目・・・(笑)

入江さん
王子さま イケてま~す(笑)  

八十田さん・山西さん
こちらも役変わりいろいろで
お忙しい


客いじりもあるし~
最後のダンスもどき
多分いっぱい練習してるよね?(笑)
前でお手本のアラータ
自分のやった振りを
真似る皆をみてマジ吹いてて・・・・
いや可笑しかったけど
そこで 自分で吹くのか?(笑)


ナンセンス・コメディ
考えるのは や~~めた。
楽しみましょ!な舞台?

だって
(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)が
多いでしょ?

     この記事。

『美女と野獣』8・24マチネ



前回の観劇時と比べ
結構キャストに変化がある
今日の『美女と野獣』でした。
ロビーに入るとお子様向けか
スタンプコーナ一周年スタンプが
置かれてる~

スタンプ

押しちゃえ!
子どもじゃないけど!(笑)

前日キャストをチェックした時は
ベル役に鳥原さんだったので
楽しみにしていたのですが
会場について見たら里咲ベルでした(笑)

あの東日本大震災の時
鳥原ベル初見で 一幕も終盤に
近いビー・アワー・ゲストで
公演中止。

それ以前も それ以後も
ず~~~っと里咲ベルでした。
里咲ベルも好きなのですが
鳥原ベルが一幕した見られてない。
遭えるといいと思うのですが、
四季の場合は運命のまま・・(笑)


本日のキャスト
ビースト・・・・・・・・・飯田洋輔
ベル・・・・・・・・・・・・・坂本里咲
モリース・・・・・・・・・林和男
ガストン・・・・・・・・・田島亨祐
ルミエール・・・・・・・道口瑞之
ルフウ・・・・・・・・・・・遊佐真一
コッグスワース・・・青木朗
ミセス・ポット・・・早水小夜子
タンス夫人・・・・・・・倉斗絢子
バベット・・・・・・・・・小川美緒
チップ・・・・・・・・・・・牧野友紀
ムッシュ・ダルク・・寺田真実


沢樹陽聖 安江洋介  林晃平
安芸雅史 熊川剣一 戸高圭介
中田雄太 菊地智弘 影山徹 


市村涼子 大石真由 成松藍
吉田千恵 千村瑠永 磯辺愛奈
森田江里佳 伊藤綾那 染谷早紀
任純姫  (敬称略)

モリースは、林モリース
自分が見るときはかなり高確率です(笑)
ルミエールには道口さん。
ルフウに遊佐さん
ミセス・ポットは早見さんだ~!!!
バベットも小川さんに変わってる。
ギャルっぽい台詞 随分目立たなく
なってる~。

ムッシュ・ダルクの寺田さん
なぜか怪しくないダルクなんだけど・・・
衣装もメイクもバッチリなのに
不思議だ!

道口ルミエール
お久し振りな道口ルミエール。
やはり下村ルミエールとと
被る雰囲気があるなぁと再認識。

飯田ビースト
何処となく親しみやすい雰囲気
福井ビーストがノーブル
佐野ビーストは
・・・王子というより王様?(爆)
歌はどなたが演じられても
聞かせてくれるから嬉しい。

魔女の変身 王子の変身
光と暗転を使って、魔法の世界を
作り出す
Disney世界でもありますね。

王子の魔法が解ける瞬間!
一瞬にして野獣から若い王子に
戻る瞬間が・・・・
やはり企業秘密だけあって
舞台に引き込みます。(笑)

きらびやかなベルのドレス。
野獣も金銀の飾りのついた衣装で
二人軽やかにダンスを見せるシーンも
よく『美女と野獣』のチラシに
使われますがこの作品の見せ場。

ビーアワー・ゲストの
スプーン・フォークやカップ
砂糖ポットからマットまで歌い踊り
両サイドから噴出す花火の
派手なシーン

そう言えば このシーンでは
ムッシュダルクがワインの
コルク・オープナーに扮してました。
マグダンスではバーテン?
マグカップをトレイに乗せて
マグダンス・メンバーに渡し
最後の方では、メンバーに
混じって踊る
ムッシュ・ダルクはお忙しい(笑)

魔法は解けて・・・・・・・・・

   happy・end

『美女と野獣』
happy endはやはりいいですね。



『Sada City 2011 』8・23


18:00@川口リリア・メインホール
また さだまさしコンサートです。(笑)

でも~
『コンサートツァー2011
 ~Sada City~

前回のまさしんぐworldとは
構成が違~う!

紗幕に現れた Sada City
アルバムのあの温もりのある絵が
描かれています。

歌声で幕が上がると
ステージのバックには
Sada Cityの象徴
ノッポの時計台が・・
それと美術館・プラネタリウム
図書館の建物も・・

新アルバム sada・city に
メインを持って来た曲構成です。
バンド・メンバーの衣装まで
Sada Cityの住人っぽい?
黒ベースの衣装の方は見当たらず
倉田さんなんて赤!(笑)

まっさんトークは、
まさしんぐworldのトークと
若干被るかな? 

震災から後 何か出来ないかと
NHKさんの『生さだ』収録明けに
そのまま飛び出し 被災地を訪ね
避難所を回った話など。


朝早くに佐賀を立ち被災地へ
帰郷は11時を過ぎていたらしい。
ギター一本で歌う歌に
泣いてくれる人々、
笑わせながら人の繋がりや
命の大切さを語ります。

指揮者の佐渡さんと交流があり
音楽家は無力と佐渡さんは
おっしゃったけど
無力ではない 微力!
少しでも力があるのなら
出来ることをしようと。

まっさんらしい語り口でのトーク。

トークの合間に?
曲の数々・・・  嘘・ウソ(笑)


泣きたい時には笑え
    『強い夢は叶う』


幸せをありがと
ぬくもり届きました。
    『birthday』

懐かしい~
『パンプキンパイとシナモンティ』
『案山子』 も歌ってくれました。

まっさんがいつも絶賛
素晴らしい歌詞の・・・
『北の国から』も忘れずに。(笑)


9回裏に 150キロの
直球勝負! みたいな
構成だからネと
アンコール曲も熱唱!


さらに続くアンコール拍手に
もう~ 他の方のコンサート
行った事ないの?
こんなサービスが普通だと
思ってないよね?(笑)

そう言いながらもさらにもう一曲
歌ってくれる まっさんでした。

休憩なし構成に戻っているのに
終演 9:00少し前。
やっぱりこの時間になってる。

 これが まさしクオリティ!(笑)



『父と暮らせば』8・23マチネ



紀伊国屋サザンシアター

二人芝居・・・
辻さん やっぱ凄い

栗田さん
しっかり食いついてるッ!

『父と暮らせば』
全くの初見です。

映画もつい先日WOWOWさんで
放送してくれたので録画はしたものの
こちらの舞台をまっさらな
状態で見たい気がして
まだ見ていませんでした。

キャスト
福吉竹造・・・・・・・・辻萬長
福吉美津江・・・・・・栗田桃子
    (敬称略)

もう3度目になると言う
このお二人の

こまつ座
 
  『父と暮らせば』

粗末な家。雨が降れば
雨漏り 雨粒を受ける器が
家中に並ぶ。

雷を怖がる桃子
座布団を頭に押入れに隠れ
桃子を呼び寄せる父
そんな父との会話で始まる
『父と暮らせば』は
台詞が広島弁だ。

以前は平気だった稲光りを
それほど恐れるのは
父娘が、被爆体験を持ち
稲光りを見ると原爆投下の
哀しい光景を思い出すからだと
言う・・・・・



父竹造(辻萬長)は
冗談ばかり言うひょうきん者?
明るい父は娘の幸せを願う

娘に思いを寄せる青年が
いると察して応援団長を
買って出る

そんな父娘の会話から
浮き出してくるのは、
美津江と父竹造 二人の会話で
語られる 原爆投下の日の様子

折悪しく故郷に帰っていた
幼馴染の友が亡くなった様子

その母の恨み言 

友も その母も  
・・・と多くの命が一瞬に奪われた

太陽が二つ見えた
そんな体験を語る父

倒れた家屋の下敷きになり
逃げられない父
助けようとする娘
娘だけでも逃そうとする父
実は父は亡くなっていたのだ。

娘は父を見捨てたと後悔する。
生きているのが申し訳ない。
うちは幸せになってはいけんのじゃ。

頑なに顔を伏せ 幸せから目を
逸らす娘をつつむ父の想い。

原爆投下・・・・
二度と繰り返さない為にも
語り継がなければいけない事を・・
被爆の様子を伝えられる作品、
ず~~ッと演じ続けて欲しい
作品だと思う。

演じるお二人の会話だけなのに
生きるという事について
考えさせられます。

ラスト、涙を溢れさせた
大きく手を振る美津江の笑顔が・・
とても印象に残りました。

『ロミオとジュリエット』衣装合わせ。


安崎神父さまのつぶやき・・・・
今日 一日がかりでロミ・メンバーは
衣装合わせらしいです。


他のキャストは豪華でカラフルな
衣装だけれど・・・・・・
神父さまは、黒の法衣なので、早々と終わり
あとはOFFらしいです(笑)

・・・と思ったら公式でも呟いてましたね(笑)
  @衣装合わせ

豪華な衣装・・
早く衣装付きキャストさんの写真
見たいなぁ~

特に・・・・
本音はキャピュレット卿が見たいんだけど・・・ (笑)





『キャッツ』8・21マチネ

サマーキャンペーン中の『キャッツ』
特製うちわのプレゼント!
たしか昨年も貰った記憶が・・・(笑)

片面 キャッツたちが踊る!
片面にはジェリロの誘い顔と
CATs夏に感動の力・の文字が。


本日のキャスト
グリザベラ・・・・・・・・・・・・・・佐渡寧子
ジェリーロラム
=グリドルボーン・・・・・・・・・朴慶弥
ジェニエニドッツ・・・・・・・・鈴木釉佳之
ランペルティーザ・・・・・・・・石栗絵理
ディミータ・・・・・・・・・・・・・・団こと葉
ボンバルリーナ・・・・・・・・・・西村麗子
シラバブ・・・・・・・・・・・・・・・江部麻由子
タントミール・・・・・・・・・・・原田真由子
ジェミマ・・・・・・・・・・・・・・・小笠真紀
ヴィクトリア・・・・・・・・・・・斉藤美絵子
カッサンドラ・・・・・・・・・・・大口朋子
オールドデュトロノミー・・米田 優
アスパラガス=グロールタイガー/
バストファージョーンズ・・金森勝
マンカストラップ・・・・・・・・武藤寛
ラム・タム・タガー・・・・・・李涛
ミストフェリーズ・・・・・・・・岩崎晋也
マンゴジェリー・・・・・・・・・・龍澤虎太郎
スキンブルシャンクス・・・・劉昌明
コリコパット・・・・・・・・・・・横井漱
ランパスキャット・・・・・・・中島康宏
カーバケッティ・・・・・・・・・丹下博喜
ギルバート・・・・・・・・・・・・・新庄真一
マキャヴィティ・・・・・・・・・桧山憲
タンブルブルータス・・・・・光山優哉
       (敬称略)


佐渡グリザ
お久し振りな佐渡グリザ。
グリザと言えば、メモリー♪
歌に不安はないけれど
歌い方が柔らか過ぎる気がする。

ボンパルには西村さん復帰。
怖いメークも戻って来ました(笑)
コンビのディミには団こと葉さん
団ディミも優し気に見える
気性の激しい猫さんなんだよね。

李祷タガー
硬派なタガーに見えるけど・・
ご無用~~~♪
李祷ヴァージョンで展開。
この辺 演じる人によって
いろいろ変化が面白い。

モーニング・ティは濃い目?♪
ギリギリまで反抗して
あっち行ったり こっち行ったり。
シラバブにかるく叩かれてた(笑)


劉・スキンブル
本当に表情が出て来たなぁ~
余裕も見える感じ。

瀧澤・マンゴ
動きが軽くて、
側転が・・手を使わずに
宙転になってる。

石栗ランペとの
コンビネーションも良い感じ。

マンゴとランペのコンビは
新しいコンビだと
段取りをこなすのに
精一杯の事があるから~(笑)

金森グロ・タイ
ガスのヨロヨロ具合が
激しい~(笑)
グロタイとのギャップが一番
大きいのが金森グロ・タイだよね。

つい先日まで エルサレムで
シャウトしてた人とは別人に
化けてます。

武藤・マンカストラップも
生真面目兄貴のリーダー猫

岩崎ミストも
ミスト・ダンス キレがあって
グレイト・マジシャンには
異論あるけど・・・(笑)
可愛い黒ネコさんでした。

ネコ・メイクをしていても
どの方かが分かるキャストが
多くて、楽しめた公演でした。

カテコ・・横浜公演では
タガー締めはないのが普通?
しっぽバイバイとか
好きだったのに、ちょっと寂しい。


『東雲烏恋真似琴』8・20 第二部


新橋演舞場・・・
この会場へ来たのは、
新感線の『蛮幽鬼』以来でしょうか

今回 新作歌舞伎@G2さん
野田歌舞伎 蜷川歌舞伎についで
興味を引かれた作品です。

アイーダを基にした『愛陀姫』
シェークスピア『十二夜』も
面白かったけれど
今度のなが~~い名前の
新作歌舞伎
分かりやすく面白い作品に
なっていると思いました。


新作歌舞伎
東雲烏恋真似琴
(あけがらすこいのまねごと)

 藤川新左衛門・・・・・・・・橋之助
 関口多膳・・・・・・・・・・・・扇雀
 左宝月・・・・・・・・・・・・・・獅童
 高橋秋之丞・・・・・・・・・・勘太郎
お若・・・・・・・・・・・・・・・七之助
 宇内・・・・・・・・・・・・・・・巳之助
 伊勢屋徳兵衛・・・・・・・・亀蔵
 お弓・・・・・・・・・・・・・・・萬次郎
 潮田軍蔵・・・・・・・・・・・彌十郎
 小夜・・・・・・・・・・・・・・・福助


夏 魂まつり(なつ たままつり)
 若旦那栄太郎・・・・・・芝翫
 芸者お梅・・・・・・・・・・福助
 芸者お駒・・・・・・・・・・橋之助
 太鼓持国吉・・・・・・・・国生
 舞妓よし鶴・・・・・・・・宜生
      (敬称略)

浮世草子『実話東雲烏』から
大筋を下敷きにされたそうです。

橋之助・新左衛門
堅物で融通の聞かぬ 
浮いた話のまるでない 
新左衛門が
人形師 宝月の所に
上司潮田の命を受けて
花魁小夜の人形を作ってくれと
訪ねて来る所から始まる。

人形師 宝月の家
十体ほどの人形が二階仕立ての
舞台に並ぶ様は斬新。


花魁小夜・・・絶世の美女
誰もが虜になって仕舞うほど。

遊郭ではその潮田が
小夜を身請けする話が進んでいる。

その小夜 実は多善と良い仲。
身請け話を阻止しようと
多善は新左衛門に小夜の間夫に
成りすまして欲しいと
懇願する。
新左衛門は、しぶしぶ承諾
するが初めて会った
小夜に一目惚れ!

その新左衛門は、まるで気にも
止めていないが 一途に
新左衛門を思いつめるお若

身を固める気のない
新左衛門のせめて身の回りの
世話をと奉公人として新左衛門の
家に住み込む。

勘太郎・秋の丞
新左衛門の弟の秋の丞
真面目で堅物の兄と違い
ノリの良い弟(笑)
人形の小夜にかくし芸を
見せてやって欲しいと
新左衛門に頼まれれば
芸も披露します。
その後の拗ねッぷりが
メチャ可愛い~(笑)

七之助・お若
一途に新左衛門に思いを
寄せる娘役
ひたすら新左衛門だけを
思うお若がいじらしいです。

橋太郎・蕎麦屋の嘉平
小夜の死体を見つけた時の
様子を秋の丞に話すのに
なんと見事な動き。

福助・小夜
声音の使い分け
花魁の風情
人形の小夜役での
ちょっと不気味な(笑)
動きも・・嵌ってます。

勘太郎・秋の丞
軽妙な雰囲気がいいっ!
いじけて見せたり

メチャ可愛いシーンもあって
お得かも。(笑)

獅童・宝月
天才肌の職人タイプの人形師
枠からはみ出した感じの
宝月さんも面白い。


会場からはよく笑い声が
起こります。

休憩を入れ第三部まで。
三部が舞踊。3時間近い大作舞台です。
出演陣の役もはまり役
とても楽しめる舞台だと思います。

夏魂まつりは
踊りを見せる短いものでした。

浮世絵を配した筋書き(1200円)
わずかですが稽古風景が
載っています。
ロビーでは 舞台写真も何枚かの
セットで売っていましたね。

東宝ミューや四季ミューじゃ
コレやってくれないもんなぁ~(笑)

もし扮装写真を発売してくれたら
いいのになぁ・・

石川禅さん絡みなら
  
       買うよ!

    結局ソコですか?(笑)
 
  

『ライオンキング』8・19マチネ

 
激しい雨と風の浜松町
ゲリラ豪雨とでも言ったらいいのか(笑)

めげずに劇場で
QRコードをかざします。(笑)

なんと言っても楽しみなのは
下村スカー!
入場後すぐキャスト表を
確かめてしまった。

この『ライオン・キング』
四季版のCDが新たに
レコーディングされ発売予定との
ことですが 下村スカーは
99年に発売された『L・K』CDの
レコーディングメンバーですから
中島ティモンもそうですね。
考えると凄いなぁ~


本日のキャスト
ラフィキ・・・・・・・・・・鄭雅美
ムファサ・・・・・・・・・・内海雅智
ザズ・・・・・・・・・・・・・・井上隆司
スカー・・・・・・・・・・・・下村尊則
ヤングシンバ・・・・・・中村浩大
ヤングナラ・・・・・・・・満薗梨奈
シェンジ・・・・・・・・・・孫田智恵
バンザイ・・・・・・・・・・本城裕二
エド・・・・・・・・・・・・・・朝隈濯朗 
ティモン・・・・・・・・・・中嶋徹
プンバァ・・・・・・・・・・福島武臣
シンバ・・・・・・・・・・・・飯村和也
ナラ・・・・・・・・・・・・・・熊本亜記
サラビ・・・・・・・・・・・・渡邉万希子

布施陽由 南晶人 熊谷藍
長谷川浩司 田辺容 島村幸大
望月直人 相良昌彰 小田春樹
廣野圭亮 片山崇志 前田員範
金久烈 山本道

笠原光希 松田佑子 齋藤さやか
谷真梨子 山西里奈 小野さや香
谷井里衣 秋山舞 村上絵里子
井藤湊香 磯谷美穂 愛沢えりや
        (敬称略)

下村スカーの濃さが目立つ舞台(笑)
なぜか目が行ってしまうから
仕方ないですね

皆さん、良い感じで絡んでますよ~
井上ザズとの息も合ってる。

内海さん 地味目な気がする
飯村シンバ 熊本ナラも
見慣れて来たし・・(笑)

安定感抜群、安定しすぎて
ちょっと記憶が飛んでるシーンが
あるんですけど・・(爆)
内海ムファサの
お前の中に生きている♪
夢の中で聞いてたような・・・(汗)
下村スカーの濃さはしっかり
堪能したから悔いなし(爆)


記憶が飛んでも、お話は
よくわかってるし次の台詞だって
良く分かるから 問題なし。
     ほんとか?(笑)

問題・・・実はあったんです。
シェンジたちがヌーの大群を
追い立てるシーンで 
劇場の床も一緒に揺れてる。
また地震でした。
ちょっと大きい揺れだとは
思いましたがシーンがシーンだし
会場も舞台もそのまま騒がす
続行でした。

まだまだ地震が続きますね
大事がないことを祈ります。

テンポの速いカテコはいつも通り。
なかなか拍手が収まらずに
繰り返されるカテコ。

盛り上がってた
『ライオン・キング』でした。





『三銃士』8・18ソワレその2

3度目ともなると 音楽も聞き馴染んで来る。
最初はこの歌

坂元さん演じる芸人の
歌うシーン
もっと聞きたくなります。


瀬奈ミレディの
二度と二度と~ 二度と二度と二度と~♪
逃げない~♪
印象的な繰り返し。

吉野ロシフォールの
クールな悪役っぷり!

三銃士の登場の パリ♪
井上タルタニアン バタバタと動き回り
アトスとぶつかる
パルトスのパンを落とす
アラミスのご婦人のハンカチを
拾う役を横取り(笑)

三銃士の3人と
一時間違いで決闘の約束。

・・・で 場所何処?
ネタばれでも笑わせてもらいます。


祐さま枢機卿の静かな歌声
美しいメロディ
聞き入ってしまいます。

マントの所為なのか
枢機卿の手は、必ずと言って
良いほどあげたまま
歩く時もなぜかそのままか
揉み手をしてるのは何故だろう(笑)

わが心は氷にあらず♪
難しい歌だし~
銀橋を移動しながら
絶叫の入るロック枢機卿
舞台に戻り アンサンブルさんの
後ろに回った時のメロディに
合わせた動きが・・
 
   祐さまだ~(笑)

瀬奈ミレディ
歌も多く 影を秘めたミレディ
枢機卿の手先となるのは・・
クリスタルの天使とは・・

瀬奈ミレディ
カッコ良いダンス・シーン。
スカートを外して投げ捨てる。
ワン・テンポ遅れるような
決めポーズ こんなところに
宝塚トップさんの動きを見ました。

枢機卿を挟んで
ロシュフォールと言い合いを
するのは小学生レベルの
バカっ! ば~~か!
いい加減にしろとばかりの
祐さま枢機卿。(笑)

シリアスなシーンと
コミカルなシーンが交互に
やって来る
コミカルシーンの方が多目に
なって来たのかもしれない。

吉野ロシュフォールと
井上ダルタニアンの殺陣
銀橋では 相変わらず
噛み付いてるダルタニアン(笑)
演出のとおりだから 変わらないよね

スペイン イギリス
フランス
戦を未然に防ごうと
する行動が枢機卿に
利用されるアンヌ王妃

バッキンガム公に渡した
首飾りを返してもらおうと
命を賭け海を渡る
ダルタニアンと三銃士。

しかし、ここでの三銃士の
脱落振りが芸人によって
語られるだけなのは
ちょっと寂しいなぁ~

港に戻ったダルタニアンの宿に?
忍び込むミレディ
首飾りの箱は争いの後
ミレディの手に!

冒険活劇のストーリーは
ちゃんとあるんですけど・・


枢機卿は失脚し、
ここで枢機卿の相手を命じられた
ロシュフォールの嬉しそうな返事と
言ったら・・(笑)

坂元ジェームズのキャラも
おねぇキャラ入ってきたような?(笑)

伊藤バッキンガム公のキャラも
真面目そうで少し天然?(爆)


そうそう 二枚舌の枢機卿
本日もしつこく坂元芸人に
上から攻撃・・されてました

ロシュフォール
背中を支えに
行きかけたけれど
間に合わず・・・(笑)

自分で手で払い・

 片付けろと捨て台詞 
さっさと舞台袖に捌けて
行かれました。

いろいろ おいおいと
思うところはあっても
まぁ いいか~
楽しんじゃえ!って見られる舞台(笑)


カテコ アラミスさん
グレーっぽい模様の入ったハンカチで
わざとらしく汗を押さえる(笑)
パラっと振ってあっと言う間にしまって
確認出来ず。(笑)
この間 薄いパープルだったけど
毎回違う気がする。

最後は井上ダルタニアンと
祐様枢機卿のハイタッチ!

さらなるアンコール・カテコでは
西野っちとオケの皆様にも拍手~♪

2度目?にスポットの当たった西野っち
挙げた手に持っているのは・・剣? 
  
   みじかっ!

アトスじゃないけど思わず言っちゃいます
振ってるタクトはあれじゃないですよね?(笑)

折れた井上ダルタニアンの剣を
借りたのか?
 
 お茶目に振ってました~♪(笑)


カテコの三銃士のミニ・トーク?
もちろん井上君も一緒です。

ご観劇有難うございました。
義援金のお知らせとご協力お願いの
井上クン

そして三銃士のご挨拶
さとしアトスは
本日の暑さが最高を記録した事を
話題に・・@練馬区37・8度?

暑さの中で さらに熱い客席のパワー
さらに芳雄君差し入れの
すき焼き弁当でパワー炸裂だって!(笑)

石井アラミスの一言薀蓄
クロワッサンについて
語った後で 後から作られた
お話らしいけど 夢のある話で
大好きだって、
岸ポルトスにもピッタリと
纏めてました。(笑)

岸ポルトス
激しい殺陣をこなすためにした
トレーニング
皆さんもやって~と言いながら
説明して・・
芳雄君と並んで
きついんですよね~と
言うさとしアトスと石井アラミス

そこに一言 芳雄ダルタニアン
僕 他の仕事は入ってまして
そのトレーニングやってないんです。
でも 殺陣は出来ます!(爆)

おいおい(笑)

26日まで また帝劇で会えるよう
お待ちしてます・・って
言ってたけど

 ごめん 多分 本日が

 My楽で~す。



『三銃士』8・18ソワレ その1


石川禅さんが、出演では無い舞台
普通は良くてリピートまで・・・
ところがなぜか 今回得チケを
ポチっとな(笑)

お弁当+お土産つき

幕の内と紙パックお茶
菓子折り(おかき)にジャム瓶と
なかなかの豪華版でして、
お席はそれなり(笑)

ダルタニアンの弾け具合と
枢機卿を挟んだ
ミレディとロシュフォールの
小学生対決&お誘いタイム(爆)

バカ バ~カ!の応酬と
今晩どう?だったかな?
・・・・・と誘いながら
倒されてしまうロスフォール
枢機卿のロック魂も
ますます進化。(笑)

ジェームスのお惚けキャラ
側転しながらの戦いも
国家機密をもらしてしまう
慌てっぷりも面白い

取り急ぎ ここまでUP!

サイン入りパンフの抽選も始まり
忘れず応募したけど・・・

     外れてた!(笑)



 

『ロミ・ジュリ』キャピュレット組。


明日は、キャピュレット組の
振付dayなのね~♪

暑さの中
石川禅さん演じる
キャピュレット卿を始めとする
キャピュレット組も
初日に向けて頑張ってますね~


公式ツイッターさんのお知らせで
『Boot』もしっかり見ましたよ♪

画像もUPしてくれて嬉しいなり~(笑)
 と明日の画像を期待してみる(爆)



『クレイジー・フォー・ユー』8・17マチネ

かなりハチャメチャ(笑)

ボビーチャイルドと
ポリー・ベーカーの恋。

アイリーンもなぜか
ランクとhappyendだし

フットライトに照らされた
母さんの思い出話が口癖の
エベレットにも恋の花が
咲いたようです。

妻に逃げられたザングラーの
片思いもテスに届いて
カテコげはしっかりと
コンビ(笑)


タップ・ダンスに乗せて軽やかに・・
女の子たちの衣装も華やかで
明るい気持ちになれる作品

『クレージー・フォー・ユー』
本日の出演者
ボビー・チャイルド・・・・・・松島勇気
ポリー・ベーカー・・・・・・・・秋夢子
ランク・ホーキンス・・・・・・志村要
アイリーン・ロス・・・・・・・・光川愛
ベラ・ザングラー・・・・・・・・広瀬彰勇
エベレット・ベーカー・・・・石波義人
ボビーの母・・・・・・・・・・・・・・斉藤昭子
テス・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・高倉恵美
ユージーン・フォーダー・・・村澤智弘
パトリシア・フォーダー・・・西田有希

ムース・・・・・・・・・・・・・・・・荒木 勝
サム・・・・・・・・・・・・・・・・・ 吉賀陶馬ワイス
ミンゴ・・・・・・・・・・・・・・・・大塚 俊
ビリー ・・・・・・・・・・・・・・・石野喜一
パーキンス/カクタス・・・坂本 剛
ジュニア・・・・・・・・・・・・・・川村 英
ピート・・・・・・・・・・・・・・・・大塚道人
ジミー・・・・・・・・・・・・・・・・村中至
ワイヤット・・・・・・・・・・・・澤村明仁
ハリー・・・・・・・・・・・・・・・・安東翼

パッツィー・・・・・・・・・・・ 柏円
シーラ・・・・・・・・・・・・・・・・柴田厚子
ミッツィー ・・・・・・・・・・・坂本すみれ
スージー・・・・・・・・・・・・・・村上今日子
ルイーズ・・・・・・・・・・・・・・藤城榮里子
ベッツィー・・・・・・・・・・・・木村知寿
マギー・・・・・・・・・・・・・・・八鳥仁美
ベラ・・・・・・・・・・・・・・・・・杉原由梨乃
エレイン・・・・・・・・・・・・・小島光葉
      (敬称略)

松島ボビー
加藤ボビーとつい比較
ちょっとカルさに欠ける気がするのは
ダンスの印象のせいかな
でも ボビーのイメージは
違和感なし!


高倉テスと光川アイリーンが
お初にお目にかかるキャストかな?

高倉テス
ダンスの上手さはさすが。
コンタクトの黄色い女ですから・・
ザングラーへのあしらいは
けっこう優しい感じ(笑)

光川アイリーン
大人し目なアイリーンかも
ランス・ホーキングを虜にする
こんな女 こんな女♪・・・
いろいろな段取りで大変なんです
・・・と言う、その大変さが
見えてしまう気がします。

前回ムースだった白倉さんにかわり
荒木ムース復活。

雛菊の君 
ピートには大塚さん

旅公演の時二階がなくて
ドアの傍で雛菊の手入れだったけど
秋劇場ではお二階セット
お花の手入れもお二階でした。(笑)

OK牧場の決闘シーン
高場からの懸垂落ちも
ちょっと段取りっぽくて
懸垂落ちがじっかり懸垂に見えた(爆)

松島偽ザングラーと
廣瀬ザングラーの
鏡のシーンは良い間で進み
笑い声も起きて・・・・
最後の最後 松島偽ザングラー
グラスを取り落としのアクシデント。
廣瀬ザングラーとグラス合わせが出来ず!

こんな事もあるんですねぇ~

そんなこんなと細かいことはあっても
舞台は進む・・(笑
勢いのある舞台なので
3時間もある舞台なのを
忘れてしまいます。

13時30分開演
カテコもスタンディングが出て
幾度も繰り返しで、
劇場を出たのは 5時15分前。

さっ 急いで帰らないと!






ほんとかな?

どこまで ホント?(笑)

ただ今、絶賛稽古中?の
『ロミオとジュリエット』の稽古場内、

ロミオ役の山崎育くんの
『いくさぶろぐ』に気になる記事というか
写メと言うか
連日じゃあないけどUPっぷ。

大きく"禅”と名前を書いた
ヌードルが! 
これを見つけてUPって 育ロミオ
なかなかの目のつけどころじゃ
ありませんか?(笑)

まぁ年末までなが~い
お付き合いになりそうな
禅ジュリパパですっから~

しかし コレほんと????
健康オタクらしき禅さん 
ジャンク・フードの
日替わり編とは・・・・(爆)


今のマイブームが
ヌードルなのか?(笑)



『江戸の青空 弐』@世田パブ公演


G2さんから 先行抽選のご案内を
頂いて・・・お願いしようと思っていたのですが
こちら抽選なので、もしかしたら
・・・申し込み多数の場合は、
取れないかも知れない。

某所にて先行があったのですが
チケットのお値段定価だし~
日程的に微妙なので、スルー
していましたが・・・・・・。

『江戸の青空 弐』
~惚れた晴れたの八百八町~

2011年11月12日(土)~11月20日(日)
会場 : 世田谷パブリックシアター

出演 : 坂東辰之助 植本潤 松永玲子 
     戸次重幸 朝倉あき 吉野圭吾
     柳家花緑 松尾貴史  (敬称略)

気になるメンツでしょ?

そんな所に別の某所から(笑)
またまたご案内。
こちら 多少なりともお得チケで
日程も希望の公演日がバッチってな訳で

G2さん ごめ~~ん。
ポチっとな攻撃開始(笑)
無事に獲物を捕獲いたしました。


 チケ一枚 また増えた!(笑)


『響人』公演案内メール



響人UNDERGROUND第2回公演
『お月さまへようこそ』

メールご案内を頂いた
ものすご~~く気になる作品なんですが、
公演期間が、8月17日から8月22日
 
すでに別演目のチケット5作品手持ち(汗)
これ以上追加出来ない状況になってまして・・

『響人』のHP上で 公演の決定を
知った時にはこの期間中に5演目決定で
その後 マチソワ2連荘と言う
 某劇団さんがおっしゃる
異常な観劇態度?(爆)

クレージー 三銃士 キャッツ
ライオンキング G2さん歌舞伎の
手持ちチケ どの演目も随分と
早めに手配してあったもので
これでは 『響人』公演
泣く泣く諦めるしかなさそうです。

響人さん もう少し早めにスケジュール
なんとかなりませんか?

他が早過ぎると言えば
そうなんだけど・・・
この世界も早いもの勝ち?(笑)


帝国劇場開場100周年記念特集


NHK-BSプレミアムで演劇の取り扱いが
少ないと嘆いてましたが
今月のNHK-BSプレミアムで

『帝国劇場100年~夢と希望と感動の大舞台~』
21日(日)に放送予定があります。


1911年に誕生し、戦後
『屋根の上のヴァイオリン弾き』
『レ・ミゼラブル』
『ラ・マンチャの男』などの
上演を続けて来た帝国劇場。

ゲストを迎え、特集番組TV雑誌にも
掲載されています。


関連番組として
『帝国劇場100年 あの名舞台』

『墨東綺譚』(93年)
『唐人お吉』(94年)
『にごり江』(98年)
『ビギン・ザ・ビギン』(00年)

23日(火)から26日(金)に掛けて連日放送予定。

そして〆には 27日(土)に
『放浪記』奇跡の2000回公演。
森光子さんの舞台ですね

100年の歴史は凄いと思うし
今までの歴史を振り返る番組になるのは
仕方ないけど
放送を凄く期待していた作品は
放送されなくて残念なり~~。(笑)
どんな経由でこの演目が
チョイスされたんだろう?

つぅ~か この放送される演目って
今の帝国劇場に足を運ぶ人の
興味を引く演目なのかな?

ごめ~ん NHKさん
折角放送してくれるというのに悪いけど
・・・古すぎてあまり見たいと思わない!

『ガリバー旅行記』@DVD

小人の国に着いたガリバー・・・

大きい事は良いことだ~♪
戦いにも勝利してリリパット国の
危機を救い英雄のように
祭り上げられます。

それが面白くないエソワード将軍
ガリバーを敵対し、
アムロ行きま~~す?
それとも赤いトランスフォーマーか?
乗り物型ロボットに乗り
ガリバーを倒して
巨人の島に追い出します。

ガリバー危うし!

友人のため リリパット国に
戻って来たガリバー

キレて裏切るものの
主役にガリバーに倒され
最後は か弱い女性の
パンチで倒される情けない奴(笑)

このリリパット王国のエドワード将軍
声を当てているのが石川禅さん

エドワード将軍、
なかなかユニークな人物でした
自信過剰なエドワード
それにあわせた禅さんの声が・・・
コミカルでハッチャけてます~(笑)

あ~んな禅さんの声 
こ~んな禅さんの声


  思わず笑ってしまう

『青空の休暇』8・12マチネ

新宿・紀伊国屋サザンシアター
『秘密は歌う』で来たばかりの
この劇場で本日の上演は

『青空の休暇』

出演
白河周作・・・・・・・・・・駒田一
早瀬光男・・・・・・・・・・宮川浩
栗城尚吾・・・・・・・・・・井上一馬

ケイト・・・・・・・・・・・・勝部祐子
庄吉・・・・・・・・・・・・・・田上ひろし 
リチャード・・・・・・・・グレッグ・デール、
今村佳代・・・・・・・・・・藤森裕美
浩子・・・・・・・・・・・・・・米谷美穂


杉野俊太郎 中村つむぎ 肱原尚子
大西健次 吉田雄 竹浪歩 
横山雄平 鈴木彩子 増美奈子
     (敬称略)

舞台の宮川さん お久し振りだっ!

舞台のご案内いただいたけど
なぜ~~~~この時期?(爆)
前回の『タン・ビエット』も
東京公演はお盆だったっけ。
でもそこは不良主婦なんで・・・
今のうちに・・とちゃっかりと劇場へ。

明日 明後日はご先祖さまを
お迎えしま~す。(笑)



『青空の休暇』
ハワイアン・バー? 
その名も 『blue Hawaii』

若者たちが飲んで騒ぐ中
老年の3人が 片隅で
10年振りの再開を果たしている。



ネタばれ含むので
お約束で改ページで!


続きを読む

『ロミ・ジュリ』チケット到着。

『ロミオとジュリエット』のチケット
まだかなぁ~と記事を書いたら・・・
石川禅さんのところから
チケットが届きましたよ~(笑)

お願いしてあった複数枚のチケット。
初日も 千穐楽も、 
お友達と一緒に行く分も。
お席は日によってバラバラ!
バラエティに富んでいます。

キャピュレット卿を見せて
頂くには 前方席でも
オペラ・グラスは必須ですが・・・
 多分 毎回必需品になりそう?(笑)

あちら版のCDを聞き込んで
メロディはかなり馴染んでいて
キャピュレット卿のうたう
娘を思う歌はもちろん
舞踏会の曲も好み~♪


禅さんが歌うと・・・・(脳内妄想再生中) 
  
     
   きゃ~~楽しみ!



『降りそそぐ百万粒の雨さえも』8・10マチネ


演劇集団キャラメル・ボックス
2011サマーツアー
『降りそそぐ百万粒の雨さえも』
新国立劇場で上演中の
アナザー・フェイス公演
『ナツヤスミ語辞典』と平行上演。

『風を継ぐ者』
『裏切り御免』の
最終話と聞いていたけれど・・・
コレまでの作品を見る機会がなく
完結のこの作品で初めて
立川迅助に出会いました。
愚直という言葉を思い浮かべて
しまうほど 真っ直ぐな男


『降りそそぐ100万粒の雨さえも』

出演者

立川迅助・・・・・・・・左東広之 
沖田総司・・・・・・・・畑中智行 
土方歳三・・・・・・・・三浦剛 
三鷹銀太夫・・・・・・阿部丈二
昭島捷平・・・・・・・・大内厚雄 
室戸策太郎・・・・・・岡田達也 
清水施六・・・・・・・・筒井俊作
須崎弓兵衛・・・・・・小多田直樹

みぃ・・・・・・・・・・・・實川貴美子
とき・・・・・・・・・・・・岡内美喜子 
沖田みつ・・・・・・・・坂口理恵
昭島佐織・・・・・・・・温井摩耶 
      (敬称略)

真っ直ぐな男 迅助
完結話という事で
新撰組 戦いに破れ
組としての力が失われている
新鮮組の末期時代

自分から新撰組を取ったら
何も残らないと断言する迅助

病に倒れながらも
心は隊に残す沖田。

室戸・清水・須崎の土佐藩士
坂本竜馬の夢を実現しようと
新撰組みと敵対するが

新参の昭島、何をやらせても
迅助の上を行く幼馴染。
武士道一直線の昭島が 
土佐藩士の語る坂本竜馬の
思想に感銘を受ける

昭島の妻佐織に
仁助が恋心を抱いていたり
沖田の身の回りを世話する
みぃもひたすら沖田の身を
案じると言うストーリーも
織り交ぜている。


真っ直ぐな迅助
亡くなった沖田を
思いやる迅助 
親友のためをは言え
土方に剣を向けたと
悩む迅助
ちょっと情けない
トコまで合わせて
キャラが生きています。

勘定方の阿部さん
面白い役設定で三鷹銀太夫を
見せてくれる。
一言で言えば・・・とても現代的。
一番笑いが起きていたのは
銀ちゃんでしょう~(笑)


遡って、『裏切り御免』や
『風・・・』まで見たくなったよ(笑)

キャラメルさんは DVDも多数
発売してるから悩み中

古くからの作品は
シアターTVで録画したり
シアターTVさんが演劇放送から
撤退した後も インターローカルTVで
時折放送してくれるから
録画DVDも増えて来てるんだよね~♪




『ロミオとジュリエット』チケット



一般発売日は 7月9日でした。
そろそろ 禅さんとこに
申し込みした『ロミジュリ』の
チケット届くかなぁ~♪


禅さんと言えば、博多座
『天璋院篤姫』本公演の千穐楽、
その翌日には『ロミオとジュリエット』
歌稽古に参加とご多忙禅さんですから
チケット送付も大変そうだ。
 
でもネ そろそろ初日一ヶ月前切ったし
チケットが手元に届く時期かと
心待ちにしてま~す・・・と

 ちょっとだけ 急かしてみる(笑)

『塔の上のラプンツェル』@DVD

吹替えキャストで聞けるのを
レンタルして来ました。

吹替えキャストに気になる方が
多いけれど劇場で見る時間は無いし
コレは絶対レンタルしようと!

3月だったか 舞台『蝶々さん』を
見に行った時の事。

剣さんがネ

 吹替えしてるから見てね~♪って(笑)



『塔の上のラプンツェル』

 吹替えキャスト
ラプンツェル・・・・・・・・・・・中川翔子
(歌:小此木麻里)
フリン・ライダー・・・・・・・畠中洋
ゴーテル・・・・・・・・・・・・・・・剣 幸
スタビントン兄弟・・・・・・・飯島肇
警備隊長・・・・・・・・・・・・・・佐山陽規
ビッグノーズ・・・・・・・・・・・石原慎一
フックハンド・・・・・・・・・・・岡田誠
ショーティー・・・・・・・・・・・多田野曜平 他
         (敬称略)
小西のりゆきさんも参加されていたようですね。


まず ミュージカル舞台に
ご出演が多い方にチェックが入る!

ラプンチェルの歌担当には
小比木麻里さん
ライダー役に畠中洋さん
そして剣幸さん、ゴーデル役です。

他にも 警備隊長には佐山さんが当ててるなんて!
耳を済ませて聴いて見ました。(笑)

ラプンツェル役の中川翔子ちゃん
お上手ですね。
ラプンツェル役に合ってる!

魔法の髪を持つ王女さま
塔に閉じ込められた王女さま
母と信じた人は、彼女の髪の
魔法の力で若さを保つ魔女?
ならず者で盗人ライダーと出会い
塔の外の世界へと飛び出す・・・・
Disneyらしいお話、

ライダー役の畠中さん
若い声で声の表情が多彩です。

ゴーデル・・
敵役ですが
剣さんの華やかさを感じさせる
魅力的なゴーデル。

佐山さん・・出番すくなっ!(笑)
お声を確認する前に・・
物語が進んでました(爆)

Disney大好きだし
剣さんとのお約束?もあるので
しっかり見ました。

今の主流のリアル・アニメ
表情なども細かくて面白いですね。

一番気に入ったキャラ
馬のマキシム号・・・・

『三銃士』のジャガイモ号も好きだし
あらっ 自分馬好きだったのか?(笑) 



『太陽に灼かれて』8・8マチネ


モノレール乗り継いで、
銀河劇場です。

『太陽に灼かれて』

ミーチャ・・・・・・・成宮寛貴
コトフ・・・・・・・・・鹿賀丈史
 
マルーシャ・・・・・水野美紀
ナージャ・・・・・・・美山加恋

トラック運転手・・・・大鷹明良
モコヴァ・・・・・・・・・・竹内都子
フシェヴォロート・・春海四方 
オルガ・・・・・・・・・・・那須佐代子
キリク・・・・・・・・・・・檀臣幸
エレーナ・・・・・・・・・今陽子
リディア・・・・・・・・・鷲尾真知子

防衛隊員ブローキン・・坂本三成
ゴーリャ
/防衛隊員ミロノフ・・・前田一世
アンドリューシュ
/防衛隊員アローニン・・豊永伸一郎
      (敬称略)

軍人コトフに鹿賀さん
若いその妻マルーシャに水野さん
娘のナージャ(加恋ちゃん)が
暮らす家

マルーシャの親族も共に暮らす?
モコヴァは使用人

道を訪ねてくるトラックの運転手に
大鷹さん。

オルガやエレーナたちの
関係は分かりにくい。
物語はほぼ3人の家族と
突然戻ってきたミーチャで
進んでゆく。

軍で大佐に上り詰め
力を持つ鹿賀コトフ大佐。
品がないと劇中では
言われているが・・・・?
鹿賀さんだとそんなイメージがない(笑)
昔話を語る親族たちに
皮肉な言葉を投げるコトフだが
時の権力者に信頼され
権力を持ち平和な生活。


そんな所に マルーシャの幼馴染
ミーチャが戻って来た。


ネタばれ含みます
お嫌な方もいらっしゃると
思うので・・・・・・・つづく。

続きを読む

『ロミオとジュリエット』@稽古場から


禅さんお稽古中
チーム・キャピュレット。

この言葉をキーワードに
何かお知らせはないかと探していいるのですが、

ロミ・ジュリ ツィートの方
あっ そう来たか!(爆)

チーム・モンタギューにUPされた
画像の中に紛れ込む

 禅キャピュレット卿

 
こんな探され方してるなんて
ご存知ないでしょうが
前回も PC画面に取り込まれた
禅キャピュレット卿だったし・・

う~~ん 油断出来ないゾ(笑)





『GOLD』や『江戸の青空・弐』のNewチラシ!


『GOLD』
~カミーユとロダン~

東宝さんの公式HP更新、
石丸さん新妻さん 
お二人の背中合わせの
構図が見られますね。

新しいチラシは
それがそのままです!

裏面には共演の方々、

伊礼彼方・根岸李衣・古谷一行

アンサンブル
穴田有里 池谷京子 大泰司桃子 
小暮キヨタカ さとう未知子 
清水彩花 高山光乗 西川大貴
平田小百合 森山純 横田裕市
        (敬称略)


同時に入手したチラシ
『江戸の青空・弐』 三種類目。(笑)
吉野さん出演だし~
裏面に掲載の各キャストの
イラストと合成の写真が
面白い~。


写真なしの速報チラシ?
『ジキルとハイド』
『アイ・ガット・マーマン』も。


さらに『ラ・マンチャの男』
この演目は上演期間を見て
ビックリ
2012年8月3日から25日

まさしく来年、
一年先のスケジュールです。

キャストも決定
セルバンテス&
ドン・キホーテ・・・・・松本幸四郎
アルドンサ・・・・・・・・松たか子

サンチョ・・・・・・駒田一 
牢名主・・・・・・・上條恒彦
カラスコ・・・・・・福井貴一
アントニア・・・・松本紀保
神父・・・・・・・・・石渡多加史
家政婦・・・・・・・・荒井洸子
床屋・・・・・・・・・・祖父江進
   (敬称略)


しっかりと・・・・発表 早いね!


『三銃士』8・6マチネ

今日は、帝劇『三銃士』
なぜか2度目
リピートしてるし~(爆)

出演者
ダルタニャン・・・・・・・・井上芳雄

アトス・・・・・・・・・・・・・ 橋本さとし
アラミス・・・・・・・・・・・ 石井一孝
ポルトス・・・・・・・・・・・・ 岸祐二

ミレディ・・・・・・・・・・・・ 瀬奈じゅん

リシュリュー枢機卿・・・山口祐一郎

アンヌ王妃・・・・・・・・ シルビア・グラブ
コンスタンス・・・・・・ 和音美桜
ロシュフォール・・・・・吉野圭吾
バッキンガム公爵・・・ 伊藤明賢
ルイ13世・・・・・・・・・・ 今拓哉
役者/ジェームズ・・・坂元健児

アンサンブル
青山航士 安部誠司 奥山 寛
加賀谷一肇 川口竜也 島田邦人
杉山有大 橋本好弘 原慎一郎
東山竜彦 藤田光之 松澤重雄
山名孝幸 横沢健司

石田佳名子 碓氷マキ 柏木ナオミ
樺島麻美 久路あかり 鈴木結加里
水谷祐紀 安田貴和子 柳本奈都子
        (敬称略)

そして忘れてならない
ジャガイモ号!(笑)


ダルタニアンの両親も
ドクターに止められていても
チャンバラする父
旅立つ息子にプレゼントする
馬に ピンクの大きなリボンを
結ぶ母も好き!(笑)

途中、ソロがある鈴木結加里さん
船長の原慎一郎さんの歌も好き。

2度見るとさらにキャラクターが
落ち着いて来て
役に嵌って気がする。

祐さま枢機卿、
ど派手な赤い法衣。
動きも多く台詞も多く
表情の違う歌を聞かせてくれる。
衣装は、お似合いのマント姿で!(笑)
ニーハイ・ブーツ姿でも
金模様を散らした赤いマントは
ついてくる(笑)

一幕の
 ~神よ~♪
と静かに歌い上げる曲も
二幕の激しい曲も
祐さまらしい歌い方
『わが心 氷にあらず』は
パンフに歌詞が載っています。

2幕では、ロック調の曲もあって
マイクを肩にかついだり
はすに構えて歌ったり
激しく歌う祐さまは
大変そうと思ってしまう~

役者に風刺させるシーンも
二枚舌の人形枢機卿と
ご本人の対決。

看板のような枢機卿の似顔を
持った坂元役者
とぼけた雰囲気が美味しい。

嵩にかかって枢機卿に
かぶせるようにすると
のけぞる山口枢機卿

さらにかぶせる
のけぞる・・・
後ろからロシュフォールが
フォロー
背中を支えてます(笑)

ロシュフォールと言えば
三銃士との口喧嘩?

 ば~~~~~~かっ!

橋本アトスの顔の前で叫ぶ。
顔突合せて・・子どもの喧嘩か(爆)
2幕の最後の殺陣シーン
階段落ちのあるロシュフォール
殺陣もキレがあって決まる。

三銃士
岸ボルトス
クロワッサンを
かじりながら台詞を言うけど
なんて言ってるの?と
ダルタニアンが聞くと
しっかり教えてあげる
アトスとアラミス。
さすが仲間 良く分かるよね
あれがわかるって神業。
演出だけど・・ツッコミどころ。(笑)

瀬奈ミレディ
殺陣・動きがキレイ
歌詞はちょっと篭りがちなのが
残念かも。


坂元・ジェームス
バッキンガム公の従者としての
ジェームス クールで
お惚け、使いにくそうな従者(笑)


井上ダルタニアン
ますます元気!
飛び回ってます。
井上ダルタニアン
ロシュフォールとの戦い
腕に噛み付いてるし~(笑)
汗の量も多そうだっ!

顔に汗が光って目立つのが
石井アラミスと
井上ダルタニアン(笑)
石井アラミスなんて
途中で岸ボルトスが
咥えてたクロワッサンで
汗拭いちゃうから~

橋本アトスの歌う
『クリスタルの天使』
瀬奈ミレディの歌う
『男なんて』も印象に残る曲。
だんだんと 曲のイメージも
頭に入って来たよ~♪


本日のカテコ
井上ダルタニアンの司会は
定番?
三銃士の一言 
橋本アトスはいつの間にか
今日中日? アラミスが昨日?
とにかく中盤
これからもガンガンいくよ~!

石井アラミス
アンヌ王妃についての薀蓄を。
誕生日とか 夫のルイとは
同い年とか・・いろいろ。
あっ カテコでヒラヒラと
手にしていたハンカチは
薄いパーブルだったかな?

そんな石井アラミスの後
岸ボルトス
石井アラミス 楽屋では
え~っ もう出るの?
まだいいじゃん~とギリまで
のんびりしてるとバラシて
いました。(笑)

軽さもあって、取っ付き安い
そしてツッコミどころ萬歳な
この作品ですが
リピートすればするほど
嵌る気がして来た。
危ないからこの辺で止めておこうか
と思ったら、なにか東宝さんが
張り紙を出しました。

平日ソワレ公演を見たら
キャストさんサイン入りの
プログラムが当たるかも・・・
って書いてある。


得チケ案内もあったなぁ~
もう一回くらい 行っちゃう?(笑)



『くるぶし』@下北沢ON・OFFシアター

昨日見に行った『ナツヤスミ語辞典』に
ご出演だった森下亮さんが出演される
舞台なので・・・・・
多分チラシが入ったと思われます

『くるぶし』

出演
原田優一 森下亮 白石廿日
川俣しのぶ 深沢敦 (敬称略)

深沢さん演じる父親
原田君・白石さんが
息子&娘役らしい。

毎度気になるチラシ一枚
またまた見つけちゃったので
ポチッとな(爆)しちゃったけど

日程が余裕がなく
演目違いマチ・ソワが増えた!(汗)


ミュージカル『ボニーとクライド』上演決定




こんな気になる公演が
発表になってました!

ミュージカル『ボニーとクライド』

2012年1月8日(日)
     ~22日(日) 

 会場 : 青山劇場



 ボニー役未定


クライド・・・・・・・・・田代万里生

バック(クライドの兄)
 ・・・・・・・・・・・・・・・岡田浩暉

ブランチ(バックの妻)
 ・・・・・・・・・・・・・・・白羽ゆり

テッド(ボニーの幼馴染の保安官):
藤岡正明・中河内雅貴(ダブルキャスト)

ヘンリー(クライド父)
 ・・・・・・・・・・・・・・・・中山昇

シモンズ刑務所長
 ・・・・・・・・・・・・・・・・芝崎健太

クロウソン看守
 ・・・・・・・・・・・・・・・・戸室政勝

ジョンソン保安官代理
・・・・・・・・・・ヨウスケ・クロフォード

ファーガソン州知事
 ・・・・・・・・・・・・・・・・徳垣友子

アンジェラ・・・・・・・・・家塚敦子

クレア・・・・・・・・・・・・保科由里子

エレノア・・・・・・・・・・宇野まり絵

カミー(クライド母)
  ・・・・・・・・・・・・・・明星真由美

ヘイマー特別捜査官
 ・・・・・・・・・・・・・・・・岸祐二

牧師・・・・・・・・・・・・・・つのだ☆ひろ

バド保安官代理・・・・・・戸井勝海

エマ(ボニー母)・・・・池田有希子

シュミット保安官 ・・・木場勝己
         (敬称略)

またまた・・・
ボニー役・主要キャスト未定のままの
公演発表ですが・・・(笑)

既に発表されたキャスティングで
気になってます。

Wキャストもあるし~
(藤岡&中河内)
チェックが入るよね コレ(笑)

多分・・・見に行きそうな予感。


検索フォーム
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

いらっしゃいませ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
67位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
俳優
4位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りBlog
Blog開設カウンター
ブログの更新率
月別アーカイブ