現在の閲覧者数: 2011年08月の記事 - hatti元気の素 観劇 ミュージカル
fc2ブログ
プロフィール

hatti (はっち)

Author:hatti (はっち)
石川禅さん応援中!
劇団四季・東宝ミュージカル・・・時には宝塚
観劇大好きなhattiです 

記事に関係のないコメントは
削除させていただく場合が
御座います。ご了承ください。

石川禅さんのお仕事
石川禅さん
これからの予定

舞台******
ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年3月7日~29日
日生劇場
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月4日~14日
skyシアターMBS
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月19日~21日
愛知芸術劇場大ホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月26日~28日
久留米シティプラザ 
ザ・グランドホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月3日~4日(土)
熊本城ホール メインホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月11日~12日
高崎芸術劇場 大劇場
ニック役他

石丸幹二 
オーケストラコンサート2024
石丸幹二
東京フィルハーモニー交響楽団
2024年6月21日(金)
会場:東京芸術劇場 コンサートホール
ゲスト出演

舞台
ヒストリーボーイズ』
2024年7月20日(土)~28日(日)
あうるすぽっと
へクター役

********
Netflix
「モンキー・キング」
声の出演
“竜王"役 吹替=石川禅
2023年 8月19日より配信開始

Netflix
『氷がすべてを隔てても』
声の出演
アイナー役=石川禅 (3/2より配信開始)

Netflix
『サンドマン』
声の出演
第6話 吹替=石川禅

コンサート*******
★『石川禅 6th ソロ・コンサート』
2021年3月20日~21日
よみうり大手町ホール
※公演延期 ※

石川禅さんのプロフィール
FCについては
サイドバーのリンクから
ホリプロブッキング
エージェンシーへどうぞ
禅さんの舞台
石川禅さん次回は % 『COME FROM AWAY』
禅さん 出演公演
Blogランキング参加中です
見たよ 読んだよ ポチっとな!
よろしく お願いします。
4月の観劇予定

■『町田くんの世界』
■『銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件』
■『カラカラ天気と5人の紳士』
■『Le Mele~母~』
■こまつ座『夢の泪』
■『王様と私』
■『COME FROM AWAY』
大阪・名古屋
■『VIOLET』
■『デカローグ A/B』
■『アラジン』
■宝塚花組『アルカンシェル』
■『ハネムーン・イン・ベガス』
■『クロスロード』
■『Le Fils~息子~』
■『オペラ座の怪人』KAAT
■地球ゴージャス
『儚き日光のラプソディ』
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

『父と暮らせば』8・23マチネ



紀伊国屋サザンシアター

二人芝居・・・
辻さん やっぱ凄い

栗田さん
しっかり食いついてるッ!

『父と暮らせば』
全くの初見です。

映画もつい先日WOWOWさんで
放送してくれたので録画はしたものの
こちらの舞台をまっさらな
状態で見たい気がして
まだ見ていませんでした。

キャスト
福吉竹造・・・・・・・・辻萬長
福吉美津江・・・・・・栗田桃子
    (敬称略)

もう3度目になると言う
このお二人の

こまつ座
 
  『父と暮らせば』

粗末な家。雨が降れば
雨漏り 雨粒を受ける器が
家中に並ぶ。

雷を怖がる桃子
座布団を頭に押入れに隠れ
桃子を呼び寄せる父
そんな父との会話で始まる
『父と暮らせば』は
台詞が広島弁だ。

以前は平気だった稲光りを
それほど恐れるのは
父娘が、被爆体験を持ち
稲光りを見ると原爆投下の
哀しい光景を思い出すからだと
言う・・・・・



父竹造(辻萬長)は
冗談ばかり言うひょうきん者?
明るい父は娘の幸せを願う

娘に思いを寄せる青年が
いると察して応援団長を
買って出る

そんな父娘の会話から
浮き出してくるのは、
美津江と父竹造 二人の会話で
語られる 原爆投下の日の様子

折悪しく故郷に帰っていた
幼馴染の友が亡くなった様子

その母の恨み言 

友も その母も  
・・・と多くの命が一瞬に奪われた

太陽が二つ見えた
そんな体験を語る父

倒れた家屋の下敷きになり
逃げられない父
助けようとする娘
娘だけでも逃そうとする父
実は父は亡くなっていたのだ。

娘は父を見捨てたと後悔する。
生きているのが申し訳ない。
うちは幸せになってはいけんのじゃ。

頑なに顔を伏せ 幸せから目を
逸らす娘をつつむ父の想い。

原爆投下・・・・
二度と繰り返さない為にも
語り継がなければいけない事を・・
被爆の様子を伝えられる作品、
ず~~ッと演じ続けて欲しい
作品だと思う。

演じるお二人の会話だけなのに
生きるという事について
考えさせられます。

ラスト、涙を溢れさせた
大きく手を振る美津江の笑顔が・・
とても印象に残りました。

検索フォーム
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

いらっしゃいませ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
俳優
4位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りBlog
Blog開設カウンター
ブログの更新率
月別アーカイブ