現在の閲覧者数: 2012年02月の記事 - hatti元気の素 観劇 ミュージカル
fc2ブログ
プロフィール

hatti (はっち)

Author:hatti (はっち)
石川禅さん応援中!
劇団四季・東宝ミュージカル・・・時には宝塚
観劇大好きなhattiです 

記事に関係のないコメントは
削除させていただく場合が
御座います。ご了承ください。

石川禅さんのお仕事
石川禅さん
これからの予定

舞台******
ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年3月7日~29日
日生劇場
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月4日~14日
skyシアターMBS
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月19日~21日
愛知芸術劇場大ホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月26日~28日
久留米シティプラザ 
ザ・グランドホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月3日~4日(土)
熊本城ホール メインホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月11日~12日
高崎芸術劇場 大劇場
ニック役他

石丸幹二 
オーケストラコンサート2024
石丸幹二
東京フィルハーモニー交響楽団
2024年6月21日(金)
会場:東京芸術劇場 コンサートホール
ゲスト出演

舞台
ヒストリーボーイズ』
2024年7月20日(土)~28日(日)
あうるすぽっと
へクター役

********
Netflix
「モンキー・キング」
声の出演
“竜王"役 吹替=石川禅
2023年 8月19日より配信開始

Netflix
『氷がすべてを隔てても』
声の出演
アイナー役=石川禅 (3/2より配信開始)

Netflix
『サンドマン』
声の出演
第6話 吹替=石川禅

コンサート*******
★『石川禅 6th ソロ・コンサート』
2021年3月20日~21日
よみうり大手町ホール
※公演延期 ※

石川禅さんのプロフィール
FCについては
サイドバーのリンクから
ホリプロブッキング
エージェンシーへどうぞ
禅さんの舞台
石川禅さん次回は % 『COME FROM AWAY』
禅さん 出演公演
Blogランキング参加中です
見たよ 読んだよ ポチっとな!
よろしく お願いします。
4月の観劇予定

■『町田くんの世界』
■『銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件』
■『カラカラ天気と5人の紳士』
■『Le Mele~母~』
■こまつ座『夢の泪』
■『王様と私』
■『COME FROM AWAY』
大阪・名古屋
■『VIOLET』
■『デカローグ A/B』
■『アラジン』
■宝塚花組『アルカンシェル』
■『ハネムーン・イン・ベガス』
■『クロスロード』
■『Le Fils~息子~』
■『オペラ座の怪人』KAAT
■地球ゴージャス
『儚き日光のラプソディ』
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

『クンツェ&リーヴァイの世界・コンサート』2・28マチネ

アンサンブルさんの歌声でスタート
聞き馴染みのある作品の
オープニング・ナンバーが続きます。

かなりネタばれ含みますので
ご容赦。

出演
山口祐一郎 新妻聖子 石川禅
一路真輝 土居裕子 山崎育三郎(東京公演)
スペシャルゲスト=パトリック・シュタンケ

アンサンブル
安部誠司 杉山有大 武内 耕
中山 昇 松澤重雄 横沢健司

石田佳名子 石原絵理 河合篤子
鈴木結加里 真記子 水谷祐紀
   (敬称略)








初演・初日のエリザベートの
一体なぜだ! ルイジ・リキーニ!

あのフレーズが流れます
オープニングメロディ
エリザベートから
M・A  
M!
そして R!(笑)
レベッカですね。

司会の武岡さんの進行で
次から次へとビックナンバー

レベッカから
マキシム・パ-トは勿論 
祐さんで、
幸せの風景♪
イヒの曲を歌うのは新妻聖子ちゃん
胸のあたりは白い花柄のミニドレスで登場

ドレス姿の一路さんの
ダンヴァース夫人
歌声にむらがある気がする
ちょっと音を探すようで
あまり落ち着かない
粘っこさを感じるけど
当たり前だけど涼風さんともまた違うし・・・

シルビアさんのダン夫人
嵌っていたなぁ~と遠い目(笑)


初日は観られず、やっと初の禅さん!(笑)
コンサートなのでスーツ姿で
気になった髪型は、
ちょっと不自然な感もあるウィッグ仕様でした。(爆)

皆さん 衣装替えが多い
特に女性群?(笑)
禅さん登場に んっ?
初演クリエ時に着用していたベストに
似ていたのでアレっと思ったベスト?

くすんだクリーム地に
白とくすんだエメグリーンっぽい
細く粗いチェックが走るベスト

よく見たらスーツで
パンツも同じでした。

誠実と信頼♪
この曲が聞けて嬉しい~~~
禅さんの声にイメージぴったりで
暖かくやわらかい曲
歌ってる内容はちょっと?な
所もあるんですけど・・ネ
この曲が収録されなかったので
CDの購入は まだ悩み中(笑)
一体いつまで・・・

涼風ダン夫人は SP公演のみか
観られなくて残念。

舞台はさらに変わり
M・A (マリーアントワネット)から

祐様のイリュージョン♪
リターン公演でしか聞くことが
出来なかった曲でした。

100万のキャンドル♪
流れ星の彼方に・・・・
聖子ちゃん
アシンメトリーの
ブルーグリーン系のドレスに
お召替え シルバーブラックの
ブーツ。

土居アニエスの歌声も帰ってきました
神は愛してくださる♪

もしも鍛冶屋なら♪
このシーンでは 揃いのジャケット着てたから
結局三つ揃いだったのね
普段は絶対着そうもない色のスーツ(笑)
くすんだクリーム?が地色で
粗いチェックだもの。

なぜあなたは王妃なのか♪は
自国公演でフェルセンを
演じたゲストのパトリック・シュタンケ
素晴らしい歌声です。

ちょっとインタヴューもあり
聖子ちゃんが通訳
あれ もう真っ赤な
ロングドレスに変わってる!

今回日本に来て新しい日本語を
覚えた???

マジで!

どうも教えたのは育クンらしいけど(笑)
パトリック 前回公演から
ちょっと育った? (爆)

聖子ちゃんと歌ってくれた
苦しみの彼方に♪
迫力あるデュオでした。

あっという間に 一幕終り。
早っ!


2幕は 
ここは ウィーン♪と歌ってくれます。

山崎ヴォルフ黒いシャツに
赤いロング・ジャケット
細身の黒のパンツ 黒のブーツで歌う
僕こそミュージック♪

出た!
禅M!パパは衣装替え。
オーソドックスなタキシード姿で
歌ってくれたのは

M!から
心を鉄に閉じ込めて♪

市村パパの歌う歌です。
この曲もよく本舞台では聞いてなかったけど
少しずつ変化して行く難しい曲
だから 覚えてないのか。

パパの感じを出そうとしてか
禅さん 表情がクルクル変わり
眉根を寄せたり難しい表情も作りますが
M!パパの衣装も鬘もなく
黒のタキシード姿
ほぼ動きもなく歌うので
そこまでやらんでも・・・と
思ってしまったのは 内緒で。
  シ~~~っ!(笑)
まっ そこが禅さんらしいといえば
禅さんなんですけど。

歌い終わっても舞台上で
背を向けてる
土居ナンネールが登場
明るいピンク・オレンジの
ふわ~っとしたドレスで
終りのない音楽♪

それに合わせて禅M!パパも歌う
禅さんのタキシード姿も
こういう機会じゃないと
観られないよね。

聖子ちゃん・コンス
ダンスはやめられない♪
聖子ちゃんのコンス
ちょっと見たくなった。

土居・男爵夫人は
白い妖精のようなドレス姿での 
星から降る金♪
なんだろ~ きれいな歌声なのに
アニエスほどしっくり来ない気がするのは
ほんとになんでだろ~
やっぱりアニエスキャラ?

山崎シカネーダー
頑張ってましたよ~(笑)
でも~~~~
シカネーダーと言えば吉野さん
あまりの嵌り具合に
他のキャストがみな
物足りなくなっちゃう。

アンサンブルさんも活躍で
影を逃れて♪


さらに舞台は M!から
エリザベートの世界へ。

一路さんの
私だけに♪
そうそう こんな感じの
わたしだけに~♪だったっけ
思い出を手繰る感じで
聞かせていただきました。


赤いジャケットから黒い皮ジャン
白黒の横じまTを下に着こみ
山崎ルキーニだよ。(笑)
弾け気味でロックっぽくアレンジ?
チャレンジな ミルク♪
しかし 高島兄のルキーニは
とても濃いのね~と再認識した。(爆)

愛と死のロンド♪
闇が広がる♪

今季は 祐様トートと
育三郎ルドルフ
歌に不安なしのメンバーで
こちらもよかった。


なので禅ルドルフの登場は有りませんでした(笑)
祐様トートとの力いっぱいの掛け合い 
好きだったなぁ
プロモに使われてて 保存版にDLさせて
頂きましたが・・・(笑)

思いつくままに書いても
本当に ビック・ナンバーが多い。

そして曲を聞くと
衣装などがないのが
物足りなくなって
舞台を思い浮かべる。

本舞台ではお目にかかれない
キャストも楽しませて頂いたけど
なにか物足りない

やはり ミュージカル
舞台で本編を見てこそ!
そんな気がします。

衣装・髪型は?なとこもあるけど
大好きな 誠実さと信頼♪
これ 聞けるし~
M!パパの曲も
聞けるし~(笑)

結局 頑張って劇場通い。

マチソワ終了!

クンツェ&リーヴァイ・コンサートのマチソワ終了!(笑)
舞台化粧をしない禅さん、歌にお芝居が入るので、
ファンクラブ・イベントの雰囲気が少し漂う気が・・
M!の歌は難しいと改めて感じました。

携帯からなので詳細はまた後ほど。


2012年3月の観劇予定

四季の予定が意外とありますが、
禅さんの舞台もあるので
楽しみのウエィトはどちらかというと
石川禅さんの舞台に傾きつつありま~す。



3月の観劇予定
■『クンツェ&リーヴァイの世界
        コンサート』×4回
■『雪やこんこん』
■『解ってたまるか!』
■『ジキルとハイド』×2回
■『オペラ座の怪人』
■『ガラスの動物園』
■『石川禅メンバーズ・ギャザリング』
■『美女と野獣』
■『My One And Only』
■『ユタと不思議な仲間たち』
■『ガンバの大冒険』
■『幻蝶』

『雪やこんこん』ではコンさん(今拓哉さん)
久しぶりに舞台でお会い出来そうです
シャレじゃありませんよ~

並んだ演目を見てみると
四季Vs禅さん
意味のない対決ですが・・・(笑)

オペラ座の怪人
美女と野獣
解ってたまるか
ユタ・・・そして ガンバ。

だけど禅さんの舞台は4回で
そのうち1回は名古屋。
プラス メンバーズ・ギャザリング!
回数、勝ったね!(笑)

あっ MGの結果まだわからないんだった。
禅友さんのところには届いているらしいから
発送はしてくれたって事らしい。

  郵便局さん 早く届けて~!




『クンツェ&リーヴァイの世界・コンサート』初日!



いよいよ 今日は
『クンツェ&リーヴァイの世界・コンサート』
初日です。

石川禅さん出演

  初日おめでとう御座います。



クリエから始まり 大阪 博多 名古屋 と
各地をまわり 国際フォーラムに
戻ってきます。


待ちかねた初日なのに
禅さんの 『M!』パパの歌が・・・・
  まだ聞けない~~(爆)
人気公演で初日チケットが入手出来なかった~(泣)

仕方なく 明日はおとなしくお留守番です。
努力はしたんですよ 一応は!(笑)
国際フォーラム会場のSP公演も
半端ない激戦で結局チケットの入手は出来なかったし~

でも、クリエ公演と愛知(中日劇場)
公演は見られる予定。

禅友さんたちも、初日チケットの入手が
出来た方は少ないらしい。
中には当日券にチャレンジャーさんも
いらっしゃるようです。

もし 運よく当日券が買えたら
レポよろしく~♪(笑)

   人頼みになってるなぁ~(笑)



『THE BEE』チケット確保。

なんと あきらめモードで
別演目にチャレンジ。
 そちらが速攻 取れたので
ダメ元チャレンジしたら

 取れちゃった~~~~!


残席僅かの △マークだったけど
スムーズに引き取り番号表示まで進んでくれて
我ながら びっくりです。


チケットの神様が後押ししてくれたのね。(笑)


『THE・BEE』 ジャパニーズ・Ver


先行抽選申し込みしていたけど
見事ハズレ!(笑)
NODA・MAP 競争率高し!


明日はもう一般発売だし~
しかも別演目のチケ鳥予定があるし~
多分 取れないよ~。
と早々にあきらめがはいっております。(笑)


水天宮ピット アクセス・ルートまで
調べたのに~(爆)

『エビータ』2・23マチネ

珍しくキャスト発表された
『エビータ』
そしてさらにキャスト変更の
追加発表 秋エビータの回数が
増えたけれど2回目観劇も
秋エビータの合間の野村エビータに
あたっていました。(笑)
先行初日に買ったチケットなので
キャスト発表があっても意味ない~~。(笑)
予定どおりに見るだけ。
佐野ペロンから福井ペロンにこちらは
バトンタッチ 
前回とほんの一部だけ
キャスト変更ありでした。


本日のキャスト
『エビータ』 @自由劇場
エビータ・・・・・野村玲子
チェ・・・・・・・芝清道
ペロン・・・・・・福井晶一
マガルディ・・・・渋谷智也
ミストレス・・・・松元恵美


【アンサンブル】
岩崎晋也 石野喜一 澤村明仁
畠山典之 岩城雄太 加藤迪
玉真義雄 渡邊今人 光山優哉
五十嵐春 神永東吾 佐久間仁 
平山信二 小野功司 高林幸兵 
永野亮比己
 
礒津ひろみ 佐藤夏木 団こと葉 
大橋里砂 恒川愛 廣本則子
菊池華奈子 栗城唯 坂本すみれ
高野唯 花田菜美子 大岡紋
桜野あら  生形理菜 宮田愛 
         (敬称略)


野村エビータ
やはり歌声は・・厳しい気がします。
裏返りそうになってなんとか
持ち堪えたシーンがあったり

でも病に倒れてからの執念は
怖いくらいの雰囲気を感じるし
男を踏み台にのし上がる
強さやしたたかさも十二分にあるので
エビータとしてはやはり王道なのでしょう。

福井ペロン
生き残りゲームで
何気にシレ~~っと椅子に
座るシーン
福井ペロンだと
そう言う感じになるのか~と
妙に納得(笑)

これからどうする?
俺はしらない~♪
気の弱いペロンになんとか見える
ちょっとビーストを思い出したりして…(笑)


芝チェ 
安心して見ていられる芝チェ!
カテコでの拍手も一番大きかったような
気がします。

ちょっと気が散って
アンサンブルさんチェックに入る。(笑)
渡邊さん 目立つ!(笑)
高林さん 渋いっ・・・・
佐藤夏木さんも見つけやすい~♪

岩崎さん 団さんが・・
見つけにくかった。
衣装もすぐ変わるし、
葬儀のシーンは照明が暗いし~

でも~~
今公演の『エビータ』
なぜか集中して見ることが出来ず
余計な事が思い浮かんだり
途中 意識が飛んだり・・
ちょっと勿体ない見方。(爆)

  反省します~ (>_<)

『その妹』@WOWOW

市川亀次郎さん&蒼井優さん出演の

『その妹』がWOWOWにて放送!

3月3日 (土) PM9:00

シアタートラムで見たのは
そんなに前の事じゃなかった。



他にも オペラ座の怪人がらみで・・
『ファントムからの招待状』
3月1日PM 9:35から

これから放送予定の
『オペラ座の怪人』25周年記念公演
IN ロンドン
の見どころを ファントムを演じた
市村さんが案内してくれるようです。


そして
『オペラ座の怪人』25周年記念公演
IN ロンドン
3月20日(火・祝) PM8:00

WOWOWさん 頑張ります~♪
見たいツボを押さえてくれて
嬉しい。



一方 NHKさん(笑)

以前も記事にしましたが
MHK-BSプレミアムで
『GOLD』の放送が予定されています。
3月26日(月)午前1時~午前5時 
【25日(日)深夜】の深夜なので要注意です。


CS放送契約中の衛星劇場では
お好みの番組放送はない模様

一か月 シビアにお休みしよう~(爆)


『Z- Angle 会報到着!』2月号

忙しい中 禅編集長 頑張ったんだね
禅ちゃん日記 一気に読んじゃった。(笑)

次号に続く・・・ってあるけど
次回はいつになるのか?


いつものように 気長に待ってますよん(笑)

な~~んて 届いたばかりに言ってたら
次号の催促に聞こえちゃう?(笑)



気になる公演『リトルショップ・オブ・ホラーズ』

DAIGOさんが初舞台!
話題を呼んだ前回公演ですが
今度はテニ・ミューから相葉君が
出演ですね。

『リトルショップ・オブ・ホラーズ』
下北沢 本多劇場
東京公演:2012年6月7日(木)
         ~6月20日(水)

【出演】
シーモア・・・・・・・・相葉裕樹
オードリー・・・・・・・フランク莉奈
オリン・・・・・・・・・新納慎也

花屋の店長さん・・・・尾藤イサオ

池田有希子 麻生かほ里 歌山ゆき
深沢敦 千代田信一 矢沢誠 
       ((敬称略)

キャストの役名は・・・確認した訳じゃなくて
前回公演からの予測で・・・たぶん?です(笑)


イープラスの先行案内が来たし~
行きたい気持ちは十分あるんだけど・・・・
ビジュアル印刷された
特別チケットらしいけど・・・・・
 
 手数料 高いっす!

そして受け取りは配送のみらしい。

配送は 手数料高くなる上に
受け取り損なうと局に出かけるか
再配達手配しなくちゃ~で面倒。


この先行で取らなくてもなんとか
なるよね。(笑)
他で取れるか・・・調べてみよう(笑)


『トリツカレ男』2・19マチネ



@赤坂ACTシアター

キャラメル・ボックスの
『トリツカレ男』


2009年に アトリエ・ダンカンの
『とりつかれ男』拝見していますが
この時は音楽劇だったし
また雰囲気違うだろうなと・・・(笑)


ストーリー
何かに夢中になる男 ジュゼッペ
走り幅跳びにトリツカレ
寝食を忘れて熱中して
世界記録を超えるほどの
力を見せる

昆虫採集やら 探偵やら
外国語も・・・・
ハツカネズミの飼育
トトはハツカネズミ(笑)

そんなジュゼッペが公演で
風船を売っていた女の子
外国から来た少女
ペチカを出会い
彼女に恋をする

彼女のために出来る事
影で力になろうと懸命に奔走する。

そんな彼女には
心に秘めた思いを寄せる人
タタンがいた

■出演

ジュゼッペ・・・・・・・・・・・・畑中智行

ペチカ・・・・・・・・・・・・・・・星野真里
トト・・・・・・・・・・・・・・・・・ 金子貴俊

タタン・・・・・・・・・・・・・・・ 西川浩幸
アンナ・・・・・・・・・・・・・・・・・坂口理恵
ビアンカ・・・・・・・・・・・・・・小林春世
フィオリーナ・・・・・・・・・・・・岡田さつき
レオナルド・・・・・・・・・・・・三浦剛
セルジオ・・・・・・・・・・・・・・筒井俊作
マルコ・・・・・・・・・・・・・・・ 左東広之
ロミオ・・・・・・・・・・・・・・・・・阿部丈二
ニーナ・・・・・・・・・・・・・・・・渡邊安理
アントニオ・・・・・・・・・・・・・小多田直樹
ピエトロ・・・・・・・・・・・・・・・鍛治本大樹
オルガ・・・・・・・・・・・・・・・・林貴子
イザベラ・・・・・・・・・・・・・・・原田樹里
アメデオ・・・・・・・・・・・・・・・市川草太



一部Wキャストで今日はRED

GREENは以下のメンバー
ピエトロ・・・・・・・小笠原利弥
ビアンカ・・・・・・笹川亜矢奈
アメデオ・・・・・・鈴木秀明
             (敬称略)

なんんでも一生懸命になる
ジュゼッペ

恋をしたジュゼッペは
彼女の幸せだけを願う


ファンタジーだよね☆
ピュアなジュゼッペ
ちょっとイライラするときもあるけど
憎めない(笑)
幼馴染のイザベラの心境がよぅわかるわ~(笑)

地域の元締め?マルコとその手下
昆虫採集の珍しい標本で
あっという間に掌を返し兄弟分って
言われても・・・
怖がるな! それ以上怖がると殺すゾ(笑)

 無理いわないで~~~(爆)

タタン先生役の 西川さん
美味しいとこ取りのカッコ良い役で~す。
2F部分を使い 事故のあった
ロープウェイを現す。
生徒たちの命を救うため
自ら犠牲になって死を選んだ
タタン先生だもの。


梯子を使い高い場所での演技が
客席からだと見難ったりするのですが、
例のシーンにつながるので
生きています。

ペチカはジュゼッペを愛している
事に気づき、タタン先生との約束どおりに

ペチカとジュゼッペは
幸せに暮らしましたとさ。

まさにそんなエンディング!
素敵なお話でした


・・・・・が
実は観劇中に地震がありました。
東京付近は震度2だった模様

東日本大震災以降
キャラメル・ボックスさんは
前説で 携帯の電源切りや
録音録画禁止 おしゃべりやめてねに
加えて 地震の時の対応についても
触れています。

震度によっては公演をやめるけれど
むやみに飛び出すことなく
スタッフの案内に従ってくださいと。
震度2 公演は止むことなく続けられ
カテコの時にその後(笑)のお知らせが
筒井さんからありまして

震源地 震度 大きな被害はなく
津波も心配ないとのこ事です。
また交通機関への影響もなく通常運転
お気をつけてお帰りくださいね と、
ご挨拶を締めました。

あっと チケット買ってね!とも
忘れずに言ってましたけど・・(笑)




『モリー先生との火曜日』2・17マチネ

@ティアラこうとう

初めての劇場でしたがホワイエなどは
ちょっと階段など段差が多く
化粧室の位置なども導線が
悪い気がしました(笑)

前回公演も気になっていたので
早々とチケットをお願いしての
今日の日です。

音楽朗読劇
『モリー先生との火曜日』

モリー先生・・・・・・・・・・光枝明彦
ミッチ・・・・・・・・・・・・・・吉原光夫
ジャニーン・・・・・・・・・ 土居裕子

ピアノ ・・・・・・・・小原孝
ヴァイオリン・・・・・真部裕

波の話朗読・・・・アンジェラ
          大西統眞
   (敬称略)



16年ぶりにTV越しに出会った
モリー先生は難病に侵されていた

恩師の病気を知ったミッチは動揺する
忙しさに飲み込まれて、自分を
亡くしている毎日。
モリー先生に会うのが心苦しい。
妻ジャニーンの後押しもあり
再会した二人

モリー先生は意外なほど
確かな死を受け入れ
穏やかな日を送っていた
逆にミッチに問いかけるのだ。

人生の意味を!
愛する人に出会えたかね?
また会いに来てくれるね?

出会うと二人だけの授業が始まる・・・・


※ ALS(筋委縮症側索硬化症)
  手足の筋肉から委縮・硬化が始まり
  ついには内臓までが侵され呼吸すら
  自らの力では出来なくなり
  死に至る病
  まだ原因不明、治療法もわかってはいない。

生きる意味を問いかける作品
ワーカーホリックなミッチに
何が大切なのかを考える
きっかけをポンと投げ出す
モリー先生。

劇中で朗読される波の話

波頭は砕け散るばかり
その波は海の一部なんだ・・


どこかで似たような話を聞いたゾ
そうだ。先日のFMシアターの話だ


葉っぱは森で
森は葉っぱじゃよ

生きて行くことは死んでゆくこと
死んでゆくことは生きて行くこと

大狸の小袖さんのセリフですが
共通する思いがあるような感じが
してなりません。



出演された光枝・モリー先生
吉原・ミッチ 
土居・ジャニーン
皆さん暖かくて穏やかな
素敵な人物たちを
演じてくれました。

モリー先生もミッチも実在の人物で
この作品の原作はミッチが書いた
本なのですね。


今日は終演後
モリー先生のお子さん
ロブ・シュワルツさんが
会場にいらっしゃって
トーク・ショーまでありました。

作品を見ての感想や
モリー先生の生前のエピソードなど
こちらも穏やかに語ってくださいました。

この作品  宣伝美術の企画製作は
 『モリー先生との火曜日』上演実行員会

そして上演の収益の一部は
日本ALS協会にされるとの事です。


『エリザベート』公演チケットそろそろ・・


東宝ナビザさんの抽選先行が始まりま~す
既に数公演 押さえ済みですが・・・
 さてどうしよう~(笑)

石川禅さんとこも 一般発売近くならないと
結果が解らないし 

  悩みどころですねぇ~



5月20日あたりに観劇を入れたかったのに
貸切公演につき 申し込み不可!
クレジット系を見てもこの日の扱いがありません。


またいつかのように どこかの抽選公演に
なるのかなぁ?
レシート○千円につき 一口応募出来ます とか?

このパターンはかなり厳しい
買い物したくても近圏にそのお店が
無かったり・・・
お店があったとしても必要のないものを
買うのもなんだかねぇ~
そうまでしても応募抽選だから
外れたらそれまで!


せっかくの日曜公演
それを 全館貸切って・・・


自分勝手に一言つぶやいてみる

  これ やめて欲しいなぁ~ 
  せめて半館貸切でおさえてよ~(笑)


 

『壁抜け男』2・16マチネ

キャスト ほぼ一新!

でも~ 丹さんがいたよ♪
有賀新聞少年・新米アナウンサーもいたよ♪


新デュティユル 登場の今回です。

壁抜け男 モンマルトル恋物語』 
@四季劇場・秋


本日の出演者
デュティユル・・・・・・・・・・・飯田洋輔
イザベル・・・・・・・・・・・・・・・樋口麻美

部長・刑務所長・検事・・・・・・ 青木 朗
八百屋・娼婦・・・・・・・・・・・丹靖子
デュブール医師・警官2・囚人・弁護士
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 寺田真実
B氏・警官1・看守1・ファシスト
・・・・・・・・・・・・・・・・ 金本和起
C氏・乞食・看守2・裁判長
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・川原信弘
画家・・・・・・・・・・・・・・・・永井崇多宏
M嬢・・・・・・・・・・・..・・・・戸田愛子
A夫人・共産主義者・・・・・・・・久居史子
新聞売り・・・・・・・・・・・・・有賀光一
      (敬称略)

カーテンコールでも歌われる
メイン曲
普通の人間 真面目な役人♪

仕事が終わると家で薔薇を育てる
心優しき男、デュティユル

誇張された郵政省?クレーム処理課。
真面目にタイプを打ち仕事中の
デュティユル。

そんなデュティユルを横目にしながら
時報と共に机を抱えて退場する
公務員たち・・・
B氏 C氏 M嬢 A夫人に笑います。
いかに何でも 帰りが速攻すぎますから~(笑)


企業秘密だと思いますが
壁抜けシーン 暗転と光。
手足だけ壁から抜け出して見える。

歌で綴る舞台ですが
歌詞が独特なもの

クルクルパーとか
あほあほ・・あほんとに・・・(笑)
間抜けめ  ミジンコめ~なんて歌詞も
ありますから~

デュブール医師の歌う
リヒドコンプレックス 甲状腺なんたらかんたら。
覚えられないよ~(笑)

飯田デュテユル
ビーストのように歌い上げ系ではなく
さらりと歌い継ぐ作品
危なげなく歌っていますが
難しいんだろうなぁ~と。

部長役の方がまんまる囚人を演じてた初演
今回は・・医師役 新米弁護士 警官を
いろいろな役を演じていた寺田さんが
囚人まで演じてます。

刑務所長役 ジュディオンは
部長役の方に振られて・・
町の人にまで混じってる(笑)
皆さん 大活躍。

佐和さん演じた M嬢
戸田さんは
また違うタイプのM嬢で
だから面白い

娼婦八百屋役の丹さん
初演からの役ですが
歌が不安定?というか
声がきつそうな感じ。

佐和さんの娼婦役は
どうだったんだろう?
ちょっと気になる (笑)

樋口イザベル
ソプラノがメインのイザベルの曲
樋口さんの得意なキーでは
なさそうだけど綺麗に
聞かせてくれています。

画家役には永井さん
貫禄があります~(笑)

久しぶりの『壁抜け男』
モンマルトルの街角で
怪盗ガルガルの登場

壁抜けのからくりは町中では
よく見ると単純にすり抜けたり
ファスナーを開けて
通り抜けたり・・してますが
賄賂OKの警官まで巻き込み
大騒動 

甘い恋のひと時はあっという間に過ぎ
壁を抜けられなくなったデュテユル。

そうそう・・と思い出しながら
楽しい時間でした。

今日は、四季先行で取ったチケットだけど
バック・ステージツアーイベントの日に
当たってた~。
終演後 ちょっと待って!だって。

スリッパ 忘れないでもって来たよ~(笑)

明日の予定・・『壁抜け男』


久しぶりの『壁抜け男』
2006年以来?(笑)

この演目を初めて見たのは九州!(笑)
開幕が九州でしたからねぇ~
夏の旅行を兼ねてみた記憶がある
それから東京公演になり・・・

2006年の前回公演は
千穐楽公演を見ているらしい・・・(笑)

初演キャストには
石丸デュティユル
井料イザベル
娼婦は丹さん
部長は光枝さん
新聞少年は有賀さん
そしてデュブール医師は
喜納さん・・・懐かしい~~
ビデオも買ったから
余計に覚えてるのね(笑)

久しぶりの再演
勿論 キャストは変わっているし
新しいメンバーでの
『壁抜け男』 

やっと明日観劇です。
なんと バックステージツアーも
ある日、 

スリッパ忘れずに 行ってきま~す♪

『ウィーン・ミュ-ジカルコンサート』チケット!


石川禅さんFCから・・・

 チケットが届きましたぁ~♪
 ありがとう~~~~♪

あのクリエの中だし・・・
座席はどこでも無問題!


遠征予定の中日劇場は
日程的にたぶん希望者の多い日を
お願いしたので後ろから数えた方が
早いお席でした・・・w

荷物が増えても
オペラ・グラスは忘れないように
しなければ。(笑)

『神戸はばたきの坂』・・・東京公演


『神戸 はばたきの坂』

出演/坂元健児 彩乃かなみ 
    宮川浩 戸井勝海
    萬あきら 照井裕隆 
    土居裕子 剣幸 ほか
      (敬称略)

公演日    5月6日(日) 開演14:30
公演会場   新宿文化センター 大ホール  


この作品
兵庫県立芸術文化センターで
7公演だけでした。
見られなくて残念と思っていた
TSミュージカル
東京公演が たった一公演だけ
上演されます。
早速スケジュール・チェック(笑)


  なんとか調整出来るかな? 


『ハムレット』2・12マチネ

@シアタークリエ
ロックオペラと題された
『ハムレット』です。

出演
ハムレット・・・・・・・・・・・・・井上芳雄
オフィーリア・・・・・・・・・・・昆 夏美
レアティーズ・・・・・・・・・・・伊礼彼方
ホレーショー・・・・・・・・・・・成河(ソンハ)
旅芸人/亡霊・・・・・・・・・阿部 裕
ポローニアス・・・・・・・・・・山路和弘
ガートルード・・・・・・・・・・涼風真世
クローディアス・・・・・・・・・村井國夫

川口竜也 小西のりゆき 俵 和也 
照井裕隆 岩亜希子 木村晶子 
園田弥生 平田愛咲 (五十音順)

         (敬称略)

フォーテンブラスがいません
ギルデンスターンもいません
暗殺されそこなったハムレットからの
手紙を持って来る船長も出て来ません(笑)

オフェーリアとの愛は手紙が来るだけ?

上演時間 2時間10分
この時間からも十分推測出来るように
お話はだいぶ省略され
すっきりしたのか?
本筋が伝わりにくくなったのか?(爆)

舞台は石垣を模したようなセット
時折鏡が下りて来るときは
ガートルードのシーンが多い。
情念の赤と喪のドレスの黒の衣装

井上ハムレットは黒の上着
白いシャツ・・
現代でも違和感のない衣装
歌も存分に聞かせてくれます。

向って右手に鉄階段
デンマークの国旗が幕のように
使われていたり
大きな十字架が現れたり

ハムレット王の亡霊は
実在の阿部亡霊と
オヴァ-ラップして揺らぎながら
映し出されて・・効果的

墓堀り 旅芸人は省略されないで
登場でした(笑)

墓堀りとハムレット
ホレーショー3人の会話が
ダジャレの応酬だっ!(笑)

舞台から受ける印象は暗さ
だから照明 亡霊の映像などが
生きて来るのかも・・・
邪悪な行為に復讐を願う
亡霊の声
あまりよく聞き取れ開かったなぁ~

村井クローディアス
ロックな歌の頑張ってます(笑)
いいお声!

涼風ガートルード
ロック調のはずが
ちょっと演歌入って聞こえるのは
 なぜ?(爆)

感情を爆発させる伊礼レアティーズ
歌うキーは高めなところも多くて
心配になる程 絶叫のシーンも・・・

ソンハ・ホレーショー
そんなもんです。と歌う
悟りのホレーショー
気が付けば ハムレットの
傍にいる(笑)

旅芸人の劇中劇もほんのわずか
毒殺の芝居に
顔色を変えるクローディアス

懺悔シーンのクローディアス
復讐を遂げにくるハムレットの
シーンはあったけど
この舞台で初めて『ハムレット』を
見る方に伝わっているのだろうか
余計な心配などしちゃいました。

昆オフェーリア
狂気のシーンでは男物のシャツを
羽織っただけのような衣装 
短めの乱れヘアーの所為もあって
より幼い印象に見えるオフェーリア
客席降りもありました

山路ボローニアス
難しい歌を担当してますね。
全体的に難しいけど
軽さもった人物
カーテンの影に隠れるのはなく
床の敷物に布団かぶるように
隠れたのには笑ったけど・・(笑)

ハムレットとオフェーリアの愛よりも
クローディアスとガートルードの関係が
前面に感じられる構成に思えた

平田さんの役も判り難い役
侍女?友人?
照井さん 俵さんも目立たず・・
女性のようなふわっとした
衣装で踊ってた (笑)


様々な音楽に乗ってあっという間に
終わってしまう
カテコでは バンドさんも舞台上に
呼ばれてましたが 5人くらいで
あの音楽を生み出しているのね。

カテコも繰り返されて
スタンディングも出た舞台でした。

『ゴースト』2・10ソワレ

会場 : 六行会ホール(品川)
京急新馬場駅降りてすぐ・・・・の
地下にあるホールでした。

チケットは当日受取り
会場はお初 遅刻でもしたら
やばいっ~と
心配だったのですが、
幸いマチネ予定の『キャッツ』は
4時ころには終了
 確か19:00開演だし
十分間に合うはずだけど
とりあえず移動!

時間は十分で会場着
時間前に衣料さんをお見かけした。
お仲間にエールを送りにいらしたのかな?(笑)

会場前のホワイエ
マスクにメガネ姿だけれど
村井パパが・・奥さまとご一緒に
ご観劇でした。
『ハムレット』 本公演中ですが
よく考えたらお嬢さんの舞台なのですね。


さて本編
 『ゴースト』

ミュージカル座公演
客演のキャストは共通ですが
星組・月組に別れています。

本日ソワレのは☆組さん
GOHSTたちを案内する
天使役が村井さんでした。

ゴースト・・・・
死んでしまった方たちのお話です。

14歳の少年がプールで溺死
アイム デッド! 僕は死んだ♪
衝撃的な歌詞で舞台は始まります。

本日の出演

少年 メル・・・・・・・・ 神田恭兵
天使・・・・・・・・・・ 村井麻友美
タクシー運転手 ビル・・・横田裕市
野球選手 ジョー・・・・ 遠山大輔
紳士 ウォルター・・・・ 柳瀬大輔
おじいさん ハロルド・・ 高野絹也
おばあさん チャーミー・ 村上恵子
美大生 ジェニファー・・ 杵鞭麻衣
不良娘 ヴィッキー・・・ 福田奈実
ハトおばさん モーリ・・ 山本英美
映画女優 シルヴィー・・ 三辻香織
主婦 マーガレット・・・ 田口美緒
三人姉妹(長女) グレンダ・五大輝一
三人姉妹(次女) イブリーン・縄田 晋
三人姉妹(三女) ミルドレッド・わたりあずさ

少女・・・・・・・・・・・ 岩下依未
守護天使ミカエル・・・・・・ 渡辺万由湖
守護天使ウリエル・・・・・・ 圓山佳菜
守護天使ラファエル・・・・・ 松本ほなみ
守護天使ガブリエル・・・・・・香本真梨奈

アンサンブル
市川ゆり/岩下依未/榊 夏美/渡辺万由湖
坂本香織/圓山佳菜/吉川千晶/松本ほなみ
高橋 咲/香本真梨奈/鈴木雄太
           (敬称略)

いろいろなゴーストがいて・・・
自分の死を見つめて受け入れている人
あまりの事に信じてすらいない人

後悔ばかりの人
不遇なだけの人

遺産を争う三人姉妹?
 (五大さん 縄田さん枠で~す。)

過去を振り返り
だんだんとその背負っていたものを
見せてくる舞台。

紳士役は柳瀬さん
もう一役の老人というのが
大天使様な格好でした。
銀と白の衣装でロングスカートっぽい(笑)
おじいちゃんなセリフなのに
真っ赤な一輪のバラに水をあげてる。
裾を持ち上げながらの階段おりが
可愛いかったですよ~(笑)

おじいちゃんと言えば
高野絹也さん
赤いチェックのブレザーで
白髪…アルツハイマーの妻を
看病し看取った後に
倒れた誠実な夫役

もし生まれ変われるならば
もう一度妻と寄り添いたいと
願う優しい夫でした。

『ロミオとジュリエット』で激しいダンスを
披露してくれていた遠山大輔さん
試合休憩中に倒れた大リーガー役
モテ男&チャラ男君でした。

少年14歳を演じたのは
神田恭平さん
元気な14歳!(笑)

歌声もしっかりと届いて来る

ガンのため まだ幼い子を残し
ここに来た主婦は
一目子供に会いたいと願う姿は
解っていても涙を誘います。


天使の案内するまま
自己紹介のように過去を語り
過去を振り返り 見つめ直し
生まれまわるなら・・・と希望を託す

現代の抱える問題を凝縮したような
一面をメンバーに語らせます。

学校教育についていけない者
不倫 エイズ問題。
孤独なホームレスや女優もまた
豊かさを求める社会の中での
暗い部分なのかも知れません。


けれど暗くならずに
未来へ希望を繋ぐエンディング。
生きる事の意味を問いかける舞台 

でも堅苦しくなく 笑いを散りばめて・・・
舞台から なにか暖かい躍動感のようなものを
感じたミュージカル『ゴースト』でした。




『キャッツ』2.10マチネ

五反田ならぬ横浜
ちょっと時間がかかるけど
十分通える範囲なので
定期演目継続中です(笑)


本日のキャスト
グリザベラ・・・・・・・・・・・佐渡寧子
ジェリーロラム=グリドルボーン・朴 慶弥
ジェニエニドッツ・・・・・・・・鈴木釉佳之
ランペルティーザ・・・・・・・・石栗絵理
ディミータ・・・・・・・・・・・滝沢由佳
ボンバルリーナ・・・・・・・・・増本 藍
シラバブ・・・・・・・・・・・・江部麻由子
タントミール・・・・・・・・・・高倉恵美
ジェミマ・・・・・・・・・・・・撫佐仁美
ヴィクトリア・・・・・・・・・・斉藤美絵子
カッサンドラ・・・・・・・・・・大口朋子
オールドデュトロノミー・・・・・青井緑平
アスパラガス=グロールタイガー/
バストファージョーンズ・・・・・橋元聖地
マンカストラップ・・・・・・・・武藤 寛
ラム・タム・タガー・・・・・・・田邊真也
ミストフェリーズ・・・・・・・・松島勇気
マンゴジェリー・・・・・・・・・龍澤虎太郎
スキンブルシャンクス・・・・・・三雲 肇
コリコパット・・・・・・・・・・入江航平
ランパスキャット・・・・・・・・高城将一
カーバケッティ・・・・・・・・・齊藤太一
ギルバート・・・・・・・・・・・安江洋介
マキャヴィティ・・・・・・・・・桧山 憲
タンブルブルータス・・・・・・・松永隆志


あつ 滝沢さん ディミで戻ってる!
増本ボンパルとのコンビ…
年末の東宝ヴァンパイア
クロロック城で赤い靴をはいて
華麗なダンスのサラの化身だったけど
早くも猫さんに。

ジェミマは無佐さん
表情の豊かなジェミマだと
思うのは王さんのイメージが
強いからかなぁ~

8000回公演を超え
まだまだ続いてる『キャッツ』
続いているからこそ?なのか
キャストが毎回 微妙に変わります。
三雲スキンブルがお初か。
軽やかだけど
お歌になると重いのかな
声質のせいか、
さわやか系じゃないかも


なぜか途中 
記憶がないんだけど・・・
マンゴとランペあたりが
スッポリ抜けてるゾ (爆)



そんな『キャッツ』
平日のせいもあって
客席にかなり余裕が見られます
開演前にちょっとパンフ売り場へ・・
キャッツ8000回記念の別冊風な本
気になって買ってみた。
会員特典で少しだけ 安くなるしネ


ふと前を見るとどこぞで見たことのある方
浅利代表その人でした。
フラフラとロビー内を視察風?
そして スタッフルームに消えた(笑)
今日はこの劇場にいたのかぁ~


『キャッツ』のカテコ
タガー一発〆が無くなって
最近は カテコ回数が多い時は
グリザベラの一人カテコが多い?
佐渡グリザの時は投げキスつきっ!
本日のラストの握手タイムも
佐渡グリザでした。

『キャッツ』&『GOHST』

演目違い マチ・ソワ

『キャッツ』&『GHOST』でした。

初めて…京急のった!(笑)
特快で品川へ そこから乗り継ぎ新馬場

早く着き過ぎたけど
遅刻より全然いいし~(笑)

感想は 順次!(笑)

『琵琶湖周航殺人歌』 BS‐TV放送録画版


先日 BS放送で録画した
刑事の石川禅さん(笑)

『琵琶湖周航殺人歌』 

原作 内田康夫
浅見光彦シリーズ
浅見光彦役は 水谷さん
名古屋章・伊藤つかさ
ほかに、仲谷昇 高橋悦史さん
音羽信子さんなどが
ご出演の懐かしい作品です。

録画したものの見る時間が厳しい・・・(汗)
でも~ちょっとだけ 頑張って見た。

浅見光彦(水谷)に協力する
刑事(名古屋)の部下役で
始まって1時間10分くらい過ぎてから
やっと 刑事(石川禅)登場!
名古屋刑事のところに
同僚と飛び込んで来て
疾風のごとく飛び出して行った~(笑)
セリフもありますよ~

火曜サスペンス劇場の作品では
2シーンは出があったけど
セリフなしだったよね・・・

どちらもほんのわずかのシーンですが
それでもチェックしたいのが 
ファン心理というもの。
   ほんとか?(笑)


ただ今禅さん、多分『エリザベート』の稽古中。
またはクリエのコンサートお稽古?で
禅さんの舞台の谷間です。

舞台の禅さんに会えない時の
パワーチャージには
これしかない?(笑)

後は声だけの吹き替え作品を
思い出したように見て見たり・・・
『アナスタシア』がすぐ思い浮かぶけれど
『エヴァ‐アフター』とか
王子様な禅さんもいい
若いマリウス声だもん!(笑)


『気になる舞台作品』・・・列挙!


頂いたチラシ群
中から気になる公演のチラシを
抜き出して・・・
別ファイルに保存

『リアル・シンク』
5月11日~6月3日
世田谷パブリック・シアター
唐沢寿明 寺島しのぶ
段田安則 神野三鈴 松下洸平

★『ブロードウェイ ライブ』
5月11日~5月13日
新国立劇場 中劇場
大塚千弘 石井一孝
大澄賢也 笹本玲奈 田代万里生

★『ダウンタウン・フォーリーズ』Vol8
5月25日 ~5月27日
さくらホール
島田歌穂 吉野圭吾
北村岳子 樹里咲穂

★『SHOW-Ism』 Ⅳ
5月21日~ 5月25日
SHIBUYA-AX
保坂知寿 水夏希
シルビア・グラブ

★『スリル・ミー』
7月
銀河劇場
新納真也 田代万里生


★『王様と私』
7月3日~7月7日
五反田ゆうぽーと
松平健 紫吹じゅん
藤岡正明 はいだしょうこ
平田愛咲 他
映画演劇文化協会主催の
全国18都市ツアー
料金設定も驚きの3500円らしい!

★『しみじみ日本 乃木大将』
7月12日 ~ 7月29日
彩の国さいたま芸術劇場
風間杜夫 大石継太 香寿たつき
吉田剛太郎

★『トロイラスとクレシダ』
8月上演
彩の国さいたま芸術劇場
山本祐典 月川悠貴

★『Songs For a New Woard』
8月1日~8月7日
シアタークリエ
濱田めぐみ 浦井健治 


★ミス・サイゴン
7月6日~9月9日
青山劇場 (プレビュ-めぐろバーシモン)
市村正親 笹本玲奈 知念里奈
新妻聖子 原田優一 山崎育三郎


★『足ながおじさん』
9月2日~9月19日
シアター・クリエ
井上芳雄 坂本真綾

★『リチャード三世』
10月
新国立劇場 中劇場
岡本健一 中島朋子 浦井健治

★『客家』
11月
銀河劇場
水夏希 吉野圭吾 坂元健児
伊礼彼方 今拓哉 畠中洋

★ANJIN(ロンドンVer)
12月 ~
青山劇場
市村正親 古川雄輝


★ミュージカルジ『シラノ』
2013年1月
日生劇場
鹿賀丈史

出演者の方はチラシ記載の方のみで
全部書けていないけど・・・さらに敬称略で(爆)


・・・・・とまぁ 
これだけ 別ファイル
(チェックリスト)に登録済な訳ですが
まだまだ これから情報解禁の作品が
ありそうだし

どの作品をチョイスする事になるのか
悩みながらのチケット取りになるんだろう。(笑)





石川禅さんの出演舞台がないって?

そちらは別格ですっ
チェック以前に見る方向で!(笑)


新国立劇場 上演プログラム

これからの演目に
海外戯曲 春から夏へと題して
負傷者16人』
『サロメ』
『温室』
・・の三作が上演されますが

以前にも『夢三部作』で行っていた
3作通し券 (割引きあり)がありますね。

『温室』なんて 7月公演
いったい その頃何してるの 自分?


しかしチケットの発売が早いの
ミュージカルだけじゃないのね
ストプでこれだけ早いの珍しい~
そう言いながらも3公演
申し込みしてみた~

押さえておいて言うのも
なんなんですが・・・



    マジ早過ぎっですよね(爆)


2012年『エリザベート』キャストスケジュール



先日 子ルドルフ役の4人が
発表になったところですが、

帝国劇場・東京公演に次いで・・
博多座さん 梅芸さんの
『エリザベート』2012年公演の
キャストスケジュールが発表されました。

石川禅・フランツの出演日で
遠征予定が組めるかどうか・・・で
キャストスケジュールはとても
重要ですから~(笑)

大阪 前楽2公演 楽一公演
すべて禅フランツ!

ちょっと変則なスケジュール
ソワレ公演少ないですね。


九州博多座は…前楽が禅フランツ
楽は岡田フランツで
開演時間はマチネ12:00
ソワレ 17:00開演かぁ

博多は山笠の時期でも
ありますね。
だた名古屋・大阪と
遠征するとしたら 
距離的にきつい博多は
passした方がいいのか?


まだ発表されてない中日劇場が
一番行きやすいし・・・

さて 博多座はどうしよう~
悩みは尽きません(爆)


『下谷万年町物語』2・5マチネ


14:00開演 
2回休憩を挟んで
上演時間が3時間30分
う~~~ん 長いっ!
唐十郎さんの世界、
ちょっと苦手かもしんない…(爆)

下谷・しかもストリッパー小屋などの
ひしめく町が舞台。
時に突然にその場の喧噪感も
描かれるけれど・・


出演
キティ 瓢田・・・・・・・宮沢りえ
青年(洋一)・・・・・・・藤原竜也
少年(文ちゃん)・・・・・西島隆弘

お市・・・・・・・・・・・六平直政
白井・・・・・・・・・・・金守珍
男(大人の文ちゃん)
/総監をやっている役者・・石井愃一
お春・・・・・・・・・・大門伍朗
軽喜座の座長・・・・・・沢竜二
お市の部下 蘭子・・・・大石継太

軍医・軽喜座の役者 他・・原康義、
耳なしお密・・・・・・・・井手らっきょ
ヤクザ3 万年町の娼婦・・柳憂怜
万年町の娼婦・・・・・・・大富士
            (敬称略)


唐十郎さんは日にち限定で
大人の文ちゃん役は石井さん!

他にも妹尾さん 清家さん
岡田正さん 大川ヒロキさんなど
蜷川芝居でよくお目にかかる方の
お名前を発見

キャスト表をいただいたら
皆それぞれに役がとても
細かく書かれていたけど
まさにその他大勢で(爆)
あまり目立たないんだよね~
あれだけの人数が必要なのかと
考えてしまう



瓢箪池が作られ本水
びしょ濡れの役者さん
びしょ濡れの舞台

熱気はとても伝わってきます。
けれど 芝居としての熱気は
微妙かな?
膨大なセリフも・・
なぜか空回りしているようで
何を言いたいのか?
よくわからないまま。

権力の象徴?としての
警視総監の帽子
コメの配給券 サフラン
レビュー 
キティ・瓢田の存在
洋一との関係って?

よくわからないまま
3幕まで来てしまいました。

大人の文ちゃんが思い出すように
過去に誘い 
ひと時の下谷万年町
瓢箪池から飛び出し

演じられる舞台
終幕には少年の文ちゃんが
大人に戻る

水が弾け飛び 水を介して
過去と現在を行き来するのか

フィナーレ
洋一を背負い伸ばした
キティの手を求めている
文ちゃんは・・・また少年の姿でした。

鮮やかで物悲しい
色彩を感じる舞台でしたが
咀嚼できず・・・
消化不良な感は否めません。

シアターコクーン
リニューアルしても座席は変わらず 
運悪く前の方の頭が
かなり舞台にかぶり、
上手で芝居のシーンが
かなり見られなかったのと
上演時間が長かったので
本当に劇場をダッシュで飛び出し
帰らなければならなかったのも
拍車をかけたのかも・・・

満足とは言えない観劇になって
ちょっと残念でした。 

いよいよ 本日放送です。


いよいよ今日の夜、放送で~す。


NHK FMシアター
『LET IT PON!~それでええんよ~』

(松山局制作)

【放送日】
2012年2月4日(土曜日)22:00-22:50

田沼楓・・・・・・・・・・柊瑠美
小袖…・・・・・・・・・・白石加代子
今野ヒトシ…・・・・・・山口祐一郎
楓の父…・・・・・・・・石川禅
楓の母・・・・・・・・・・栗田桃子
山本…・・・・・・・・・・石住昭彦
楓(幼少期)・・・・・・児玉萌々
楓の叔母、看護師…合田絢子
楓の親戚、看護師…金沢映子
看護師・・・・・・・・・・・下池沙知
患者の女の子・・・・・・浅場万矢
患者・・・・・・・・・・・・・東迎昂史郎



研修医の楓(柊)は
あるお婆さんを担当する。

実は 彼女は気のとおくなるほど
長い事生きて来た大狸だった。
彼女の所には多くの人が訪れては
悩み事を相談してはかえってゆく・・・

そんな研修医 楓のお父さん役に
 石川禅!
またまた パパ役なんですね~♪

タヌキ役じゃなかったのね? (笑)


白石さんの怪演はある程度
想像出来たりするのですが・・(笑)
祐さんの役 今野って
どんな役まわりなんだろ?

『父帰る』でお目にかかった文学座の
栗田桃子さんがお母さん役

 
 皆さんに 今夜おにかかれます(笑)

気になる『彩の国シェークスピア・シリーズ』


『シンベリン』は第25弾なのですが
実はその次が既に発表されてま~す。


●彩の国シェイクスピア・シリーズ第26弾
「トロイラスとクレシダ」
日程:2012/8月
会場  彩の国さいたま芸術劇場(埼玉)
原作:W.シェイクスピア
翻訳:松岡和子
演出:蜷川幸雄
出演:山本裕典/月川悠貴(敬称略)

オールメール・シリーズだそうです。
コメディが多かったオールメール
初の悲劇らしい・・・・

他の出演者の方々も気になります。

 これからの詳細発表を待てっ!
    ・・・って感じですかね(笑)

『ロッキー・ホラー・ショー』2・2マチネ


これ な~~~んだ?



見ればわかるのに
な~~んだ?もないけど…(笑)

書いてあるとおり 中身は
ただのポップ・コーン!って
『ロッキー・ホラー・ショー』名物???(笑)
会場で買いました。

こちらのお客様
ポップ・コーン 二個 二個も~
お買い上げいただきました~♪

と大声で叫ぶ売り子のお姉さま
可愛いブルーのミニドレス
バニーガール風。

ここからもう別世界への入り口が
開けているのでしょうか(笑)


出演者 
フランク・フルター・・・・古田新太
リフラフ・・・・・・・・・ 岡本健一
ジャネット・・・・・・・・・笹本玲奈
ブラッド・・・・・・・・・ 中村倫也
マジェンタ・・・・・・・グリフィス・ちか、
ドクター・スコット・・・・右近健一
ロッキー・ホラー・・・・・・辛源
コロンビア・・・・・・・・ニーコ


飯野めぐみ 生尾佳子
JuNGLE 皆本麻帆


エディー・・・・・・・・・・・ ROLLY
ナレーター・・・・・・・・・ 藤木孝
            (敬称略)

なにより 古田さん
楽しそうなのはなぜ?(笑)

道に迷ったブラッドとジャネット
雨に降られずぶ濡れ
車のタイヤはパンク
助けを求め 立ち寄った
お城・・・
執事が・・・不気味
アッという間に下着姿に
させられてるし~
パンクでロックなお城な面々がいる。
 
本だ~~♪
のシーンのような・・
どこかでみたような?
あれっ 違うの?(爆)

教授じゃなくて藤木ナレーターが
出て来るから・・(笑)
霊廟ならぬ実験室だし~
そこから生まれたロッキー・ホラー
金髪でムッキムキッの
辛源・マッチョ・マン 

なんなの このお城
怪しい人ばかりだし
怪しい親玉がフランク・フルター
ド派手なキラキラ・マント
黒の女性下着ファッション
ガーターベルトが事のほかお似合いって
なんか違うけど面白いから・・・いっか(笑)

ミュージカルだから
みんな歌うけど・・・
歌より コスチュームや
キャラクターのインパクトに気が取られちゃう

怖い~~~って言ってる
ジャネットの変身は注目か。


結局怪しい人たちって
異星人なのかい!(笑)

ローリーさんもなんか凄くて・・
本編の出番は多くないけど
その分カテコで 大活躍。

なかなか拍手が鳴りやみません


左へジャンプ!♪

トランシルヴァニア星雲
ちょっと行ってみたくなる(爆)




BSプレミアムで『GOLD』


録画の為の覚書
シアター・クリエで公演された舞台
放送決定!   

NHKプレミアム・シアター
『GOLD ~カミーユとロダン』

<出 演>
新妻聖子 石丸幹二
伊礼彼方 根岸季衣
西岡馬 ほか


3月26日(月) 午前1時~午前5時【25日(日)深夜】
 ※放送終了時刻未定





『エビータ』 2・1 マチネ

久々の『エビータ』
久々の 野村エビータ(笑)

自由劇場での公演です。

ペロンは誰が来るのかと
思っていたら 佐野さんでした。


本日のキャスト
エビータ・・・・・・・・野村玲子
チェ・・・・・・・・・・・芝清道
ペロン・・・・・・・・・佐野正幸
マガルディ・・・・・渋谷智也
ミストレス・・・・・・・松元恵美


アンサンブル
岩崎晋也 石野喜一 澤村明仁
畠山典之 岩城雄太 加藤迪 
玉真義雄 渡邊今人 光山優哉  
五十嵐春  神永東吾 佐久間仁
平山信二 小野功司 高林幸兵
永野亮比己

礒津ひろみ 佐藤夏木 団こと葉 
大橋里砂 恒川愛 廣本則子 
菊池華奈子 栗城唯 坂本すみれ
高野唯 花田菜美子  大岡紋
桜野あら  生形理菜 宮田愛 
        (敬称略)

野村エビータ
貫禄のエビータですが・・・・
歌うと声が掠れて安定しませ~ん。

エビータは歌で進行。
そのお歌が不安定なので
ちょっときつい。
15歳の少女、マガルディを
踏み台に利用し都会の出る
このあたりの凄味は十分
感じられるのですが…
聞いていてハラハラして
しまいます。

芝チェの安定感はさすが!
チェははまり役ですね。

佐野ペロン
ちょっとイメージが違う気が・・

デフォルトは今井清隆さんで
イメージが出来上がっているので
その後の 下村さん 金田さんと
歴代ペロン みな違う気がして
なりません 
贅沢と言えばとても贅沢な感想(笑)

渋谷さんマガルディ
落ち着きすぎ・・・
途中の将軍役は帽子を
被り顔ははっきり見せませんが
そちらの役はお似合いでした。

松元ミストレス
有望新人の起用確率の高い役?(笑)
優等生的なミストレスかな?
別の舞台で彼女を見ても
判る自信がありません。
あっ これは自分が覚えられないだけか(爆)

野村さん 芝さん 佐野さん
渋谷さん…と主軸キャストなのに
アンサンブルさんチェックに
ターゲット変更(笑)

佐藤夏木さんチェック
澤村さんチェック 
渡邊さん・・・高林さん
この辺は確認完了~(笑)
岩崎さんや恒川さん
いた? 失礼~(爆)

そのうちに・・・・
途中から頭脳は棄権モード
意識が飛んでま~す(爆)
舞台の世界に連れて行ってもらえなくて
どうも・・・・拗ねたようです(笑)

ふっと意識が戻ると
ちょっと場面が変わってる
焦るっ やばい~ の繰り返し。
こんな日もありますね
ちょっと損した気分

でもそれを取り戻そう~(笑)

今日はバック・ステージ・ツアーが
あったんです。

終演後 帰宅時間を気にしながらも
ちゃっかり参加して来ました。

舞台監督の近藤さん
参加者の人数から 
3組に分けての
舞台探検です。

一組が舞台探検中は
待ちのお客さまからの質疑応答を
一手に引き受けていました。

この『エビータ』には
大きなセリが二つあるけれど
セリを動かすのは・・
一つがコンピュータだけれど
もう一つは人力とか

自由劇場の奈落の深さとか
『エビータ』の舞台が八百屋舞台で
傾斜が5度あるとか
いろいろなお話をしてくれました

つい先ほどまで
エビータが チェが ペロンが
歌い 皆が踊っていた舞台に
上がって・・・傾斜を確認。
意外と角度があってこの上で
激しいダンスなどが行われているのだと
感心したり
センター奥の捌け口の
階段が細くて狭いのに驚いたり
照明落ちた中をはける役者さん
足を踏み外しそうです

質問のほうでは、企業秘密で
答えてもらえない質問も出たりして
アッという間に時間が来てしまいました。

もう一度 予定があるので
次回は、ちゃんと見よう~。(笑)


2012年2月の観劇予定

一か月は早いっ!
新年明けまして・・・と思ったら
もう1月も終りですね。

やっと石川禅さん出演舞台の出番(笑)
次の舞台のクンツェ&リヴァイ・コンサートの
予定を書くことが出来ます(笑)。
な~~んて言ってるけど
ヴァンパイヤ大阪千穐楽って
1月12日だったよね
そんなに経ってないじゃん(笑)

さてこのコンサートの初日は
チケ鳥戦線 あえなく撃沈
禅さんとこも東宝ナビザも
各プレイガイド先行も
ぜ~~~んぶOUTだったけれど
禅さんの舞台は出来るだけ見に行く
・・・をしっかり実行中!


2月の観劇予定
■『エビータ』×2回
■『ロッキー・ホラー・ショー』
■『下谷万年町物語』
■『キャッツ』
■『GOHST』
■『ハムレット』
■『壁抜け男』
■『モリー先生との火曜日』
■『トリツカレ男』
■『クンツェ&リーヴァイの世界コンサート』
  ×2回
■『ビューティフル・サンデー』

あちこちの劇場に出没しますが

 『GHOST』の会場って
 まだ行ったことないよ・・・・・

初めての駅 初めての会場
迷わず行けるのかちょっと心配です。


検索フォーム
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

いらっしゃいませ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
俳優
7位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りBlog
Blog開設カウンター
ブログの更新率
月別アーカイブ