現在の閲覧者数: 2012年12月の記事 - hatti元気の素 観劇 ミュージカル
fc2ブログ
プロフィール

hatti (はっち)

Author:hatti (はっち)
石川禅さん応援中!
劇団四季・東宝ミュージカル・・・時には宝塚
観劇大好きなhattiです 

記事に関係のないコメントは
削除させていただく場合が
御座います。ご了承ください。

石川禅さんのお仕事
石川禅さん
これからの予定

舞台******
ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年3月7日~29日
日生劇場
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月4日~14日
skyシアターMBS
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月19日~21日
愛知芸術劇場大ホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月26日~28日
久留米シティプラザ 
ザ・グランドホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月3日~4日(土)
熊本城ホール メインホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月11日~12日
高崎芸術劇場 大劇場
ニック役他

石丸幹二 
オーケストラコンサート2024
石丸幹二
東京フィルハーモニー交響楽団
2024年6月21日(金)
会場:東京芸術劇場 コンサートホール
ゲスト出演

舞台
ヒストリーボーイズ』
2024年7月20日(土)~28日(日)
あうるすぽっと
へクター役

********
Netflix
「モンキー・キング」
声の出演
“竜王"役 吹替=石川禅
2023年 8月19日より配信開始

Netflix
『氷がすべてを隔てても』
声の出演
アイナー役=石川禅 (3/2より配信開始)

Netflix
『サンドマン』
声の出演
第6話 吹替=石川禅

コンサート*******
★『石川禅 6th ソロ・コンサート』
2021年3月20日~21日
よみうり大手町ホール
※公演延期 ※

石川禅さんのプロフィール
FCについては
サイドバーのリンクから
ホリプロブッキング
エージェンシーへどうぞ
禅さんの舞台
石川禅さん次回は % 『COME FROM AWAY』
禅さん 出演公演
Blogランキング参加中です
見たよ 読んだよ ポチっとな!
よろしく お願いします。
4月の観劇予定

■『町田くんの世界』
■『銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件』
■『カラカラ天気と5人の紳士』
■『Le Mele~母~』
■こまつ座『夢の泪』
■『王様と私』
■『COME FROM AWAY』
大阪・名古屋
■『VIOLET』
■『デカローグ A/B』
■『アラジン』
■宝塚花組『アルカンシェル』
■『ハネムーン・イン・ベガス』
■『クロスロード』
■『Le Fils~息子~』
■『オペラ座の怪人』KAAT
■地球ゴージャス
『儚き日光のラプソディ』
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

お世話になりました♪


年の瀬、大晦日・・・・
いよいよ今年も終りです。

30日まで粘って観劇、
 まぁコンサートだけど(笑)
楽しい観劇締めでした。

遊びにいらしてくださる皆様のおかげで
このBlogもこの記事を書いて2012年
   乗り切りました。(笑)


何を書こうか?
毎日 無い頭をひねっておりますから~(爆)
それでも好きな舞台の事を
書き続けて行けたらいいなと思います。

皆様に感謝とお礼を込めて
今年一年
  
     有難うございました。

そして来年もよろしくお願いいたします。


『ONE-HAERT MUSICAL FES』12・30マチネ

暮れも押し詰まった 師走30日
日曜日の昼 (笑)

正月の準備やら 忙しいこの日
シアタークリエでの公演
豪華キャストが揃っての
5周年のお祭り!

日によって出演者が違うのがこの公演
出演者が違えば 曲が同じでも
歌う人が変わる。
連日でも見たくなる観客泣かせの舞台。

本日の出演
石川禅 伊礼彼方 岡田浩暉
武田真治 新納慎也 
マテ・カマラス チョン・ドンソク
    (敬称略)

お祭りに相応しいステージでした。
ただクリエに出演したことのない
SPキャストが全日程出ると言うのが
ちょっと不思議でしたが・・・(笑)
まして お国の言葉で歌うため
曲の世界に入り難い、
軽く聞いてしまい この辺の曲は
あまり印象には残らない気がします。

まず冒頭にはビデオのコメント
ウエディング・シンガーの井上君
ウエディングシンガーの仕事が
ラスベガスで入ってしまったので
クリエには行けない。
でも~楽しんでネみたいな?(笑)

それを受けて
新納くん ご本人がいないのを
幸いと、井上君をいじる(笑)

その新納くん
ウエディング・シンガーからの曲
どっちが上手いか 魅力的かは
あえて聞きませんが
その結果で 僕のこれからの
ご機嫌がかわるのだとか。(笑)

真琴つばささんは
スーザンを探してからの曲

彩乃かなみさん 新納くんと
『グレイ・ガーデンズ』からの曲

伊礼君は 『GOLD』からの曲

黒のコート 黒ずくめの
武田君を中心に
伊礼くん 新納くんの
ドレス姿まで見られる
ご機嫌なシーンもありますよ~(笑)

昆ちゃんと 
『ミー・マイ』から
ランベス・ウォーク♪

レベッカからも もちろん
歌われます。

圭吾ちゃんのヘルベルトやファベル
見たかったなぁ~♪
でも、マテ・ヘルベルトもあそこまで
振り切って演ってくれたら 天晴れです。
ファベルも担当してたし~
冷たい視線のイヒに
強引にダンス仕掛けてる。(笑)

シルビアさんダンヴァース

禅フランクの
誠実さと信頼♪

この曲はCDに収録されていないので
聴くことが出来て嬉しい。

そう言えば、『レベッカ』のCD
まだ買ってなかったっけ。
この曲が入ってなくてガッカリ
したの思い出しちゃったよ。

禅マキシム 千弘ちゃんイヒ
マテ・ファベルと
お祭り舞台でしか見られない。
しかし 禅マキシム
トレンチコートをお召しでしたが
サイズが大きい?
バランスが変にような・・・?(笑)
最後は 千弘ちゃんイヒを
お姫様抱っこで
決めの振り返りポーズ。(爆)


ダンヴァース夫人はWキャスト
どちらもご出演でしたから
涼風さんもダンヴァースの曲で、
クリエにマンダレイの御屋敷が蘇りました。

千弘ちゃんは 
『この森で天使はバスを降りた』からも
歌ってくれました。 懐かしい~

岡田さん 武田さん
BBブラザーズ 復活
武田シンディはサックス演奏も。
決まってました。超カッコイイ!

涼風さん 昆さん
『ハムレット』から

覚えきれない曲の数々
盛り沢山なクリエで上演された作品を
メインに構成された

SPゲストのマテさん
『MITSUKO』から
 グンソクくんは
『モーツァルト』から。

シルビアさん
『アイ・ガット・マーマン』から
上手い 楽しいステージング。

曲の順番はたぶん 違ってると
思うのですが・・思い出した順です。


第二幕

クリエの上演作品からは
ちょっと離れて
いろいろ 楽しい企画
『ダンス・オブ・ヴァンパイア』
伊礼アルフ(教授の声も)
マテ・ヘルベルト(笑)

教授 いるのに~(笑)

禅さん 昔懐かしい
『回転木馬』から
♪ひとり言 この曲はフルで歌うと
7分もあるので ちょっと短い
コンサートバージョン

白のパンツ 茶と赤のボーダーシャツ
腕の部分は ちょっと変則なボーダーだったけど
チンピラ ビルの歌を 
回転木馬の世界を作り出し
聞かせてくれました。

その時の舞台のジュリーも
そこにいるのに~(笑)

そのジュリーを演じた涼風さんと
意外なナンバー
『ウエスト・サイド物語』から
トゥ・ナイト♪

この曲がしっとりと美しい
美しい愛の世界・・・・
この曲がこんな風に聞けると
思いませんでした。

そして最後は
『ラ・カージュ・オ・フォール』から
ありのままの私♪

真琴つばささんで幕が下りました。

たくさんの歌で
覚えきれないので 抜けてる曲も
あるけど、お目当ての禅さんの
歌った曲はバッチリ!


勿論 他の作品の曲も
ほぼ見た事のある作品からなので
どの曲を聞いても 楽しい。

ミュージカルって素晴らしい。
素敵なステージで観劇納めが
出来ました。

公演は明日もあるのですが
出演メンバーが変わるので
本日とは違った舞台になるのでしょう。
明日も観たかったけれど
世は大晦日。
ちょっと家を空け難い
お正月準備が出来ない(爆)
仕方なく諦めましたで
出来る事なら このあたりの
日程は避けてくれると
良いのに・・東宝さん。

会場でお会い出来た禅友さんたちの
観劇トーク 
その後の皆でお食事のひと時も
楽しくて 有難う~と言わせて下さい。

また 来年もよろしく~(笑)

1月のWOWOW 他の演劇放送


まずは元旦 WOWOWさん
 三谷さん演出の
 『其成心中』文楽人形主演(笑)

つづいて2日
『藪原検校』@こまつ座さん
CS 衛星劇場ですが…
野村萬斎さん主演 『藪原検校』
TV放送されます。

WOWOW 帝劇公演ユーミン
『8月31日~夏休み最後の日』

3日 NHK-Eテレ
『ふるあめりかに袖はぬらさじ』
坂東玉三郎さん主演

25日 三宅祐司さん劇団復帰
『上海ローズ』の放送予定も有ります。

26日になると WOWOWさん
宝塚 星組2011年
『ノバ・ボサ・ノバ』


こいつは春から・・・縁起がいいわい

もう 見きれないくらい
お年玉たくさ~ん!(笑)



『ONE-HAERT・・・・』コンサート!


日替わりメニュー日替わりキャストで
禅さんご出の今日。

 初日 お目出度うございます。

なのに~チケットが手に入りませんでした。
年の瀬 忙しいこともあり 早めに諦めムード。

禅さんのFCでダメだったし~
一応 抽選先行 何度もチャレンジした結果
すべて NG!
初日公演 潔く諦めて 家でお正月準備(笑)

それでも、禅友さんのおかげで 
3回だけの出演日のうち
一公演だけは見られることになり 大感謝です。

その楽しみは 30日
日替わりで31日もご出演ですが
メンバーが違い曲も変わるらしいのですが
大晦日は、家を空けるのは
憚られ、申し込み段階で諦めた~(T_T)

30日がただ一度のチャ~~~ンス  
 
      オ-バーだけど!(笑)

『シラノ』トリプル・キャンペーン


『シラノ』
出ましたね~ あちらこちらから得チケっ!

①特典DVD

②サイン入りプログラム 抽選!

③若手キャストお見送り

トリプル・パ~~~ンチ繰り出して来ましたよ (笑)

別の某サイトからは 
ペア・チケットの売り込みです。

と思ったらさらにさらに某所で
トーク・ショー とバックステージツアーの
発表がありますね

案内役はクリスチャン!

チケット追加で買わないでも
日程が合えば参加できるのは
お見送りとトークショーかな(笑)


対象期間中にキャンペーン開催サイトから
チケットお買い上げしないといけませんが
それにしても盛り沢山な企画です。

 





『組曲虐殺』12・26マチネ


ちょっとアクセス面倒な銀河劇場ですが・・・(笑)
『組曲虐殺』観て来ました。


出演
小林多喜二・・・・・・・・井上芳雄
瀧子・・・・・・・・・・・石原さとみ
特高刑事 古橋・・・・・・山本龍二
特高刑事 山本・・・・・・山崎 一
ふじ子・・・・・・・・・・神野三鈴
姉チマ・・・・・・・・・・高畑淳子
     
ピアノ・・・・・・・・・・小曽根真
        (敬称略)
初演とおなじメンバーで戻ってきた
『組曲虐殺』
怖いタイトル 悲惨な内容で
悲しい結末ですが・・

彼・・小林多喜二の生き様が描かれる

絶望するにはいい人が多すぎる
希望を持つには悪い人が多すぎる

そんなことを言ってた多喜二は
至極真面目で優秀な男

言論の自由が抑圧される世に反発
ひたすら すべての人が
搾取されずにパンを手にすることを願う。

拷問の果ての死

特高刑事 二人
山本&山崎 
姉のチマ ベテランの味

可愛くて懸命な瀧子
ふじ子のように多喜二の
力になれないと悔しがる。
多喜二を支え続けた ふじ子

神野さんも上手いっ!


激しい そして静かなピアノの音に
おどけたような歌 
井上・多喜二は
歌いシーンがあまりないけれど
それでもジーンと染みてくる歌がある。

皆で歌うシーンもあり
刑事二人で歌うシーンもある

音楽劇・・そしてコントのように
可笑し味をちりばめ 笑わせる。
やはり井上ひさしさんの本!ですね。

その上での多喜二の生き様
初演観て DVD持ってるのに
わかっているのに

   ・・・泣いてしまいました。

『石川禅メンバーズ・ギャザリング』12・25



石川禅M・G 

世はクリスマスのこの日
 18:30開演!
会場は いつのもの 
禅さんお気に入りの会場

真っ白のシャツ姿の禅さん
昨日の『ちよだシーズン・コンサート』
凄い熱唱だったので・・
少し声がお疲れ?
先日千穐楽を迎えた
『アリス・イン・ワンダーランド』からと
クリスマスの曲は昨日のコンサで
お稽古も出来たからこの曲かと? (笑)

持ち歌だけじゃなかった
禅さんヴァージョンの
アリスからの曲は 嬉しい。
クリスマス・ソングも素敵だった。

喉をかばっているのか
乾燥しているのか お水を飲みながら
会員の方の質問票を読み上げ
答えて行く形の お答え・・
声が囁くようで 聞き取れない部分が
あって、質問も時間切れだったし
そこは、ちょっと残念~~~。

最近はおっしゃらなくなりましたが
MGの内容はネット禁とはっきりと御自身で
言った時期もあったので 
歌った曲目などについて記事の
まとめに悩みます。


会場の雰囲気はいつものように
柔らかな穏やかな雰囲気で
素敵なクリスマスのお時間でした。

昼の部 吾郎ちゃんの舞台を見て
夜の部 禅さんのM・G

昼の部も行きたかったけれど
吾郎ちゃんの舞台のチケ
当たってたからなぁ~・・(笑)


『恋と音楽』12・25マチネ

@PARCO劇場
パンフレットを買おうと並んだら
サンプルパンフの傍に 張り紙。
舞台写真追加 袋とじ?

こんなような内容で いったい何と
思ったのですが、パンフには
確かに舞台写真ページがあります。
そして袋とじ・ページもついています

これから袋とじ・・開けてみようと思います。(笑)



『恋と音楽』
演出 河原雅彦

出演 
田代幸雄・・・・・・・・・・・・・稲垣吾郎 
 
エリコ・・・・・・・・・・・・・・・・真飛聖 
中川弓・・・・・・・・・・・・・・・大和田美帆 
刈岡聖也・・・・・・・・・・・・・菅原永二

村岡昇司・・・・・・・・・・・・・浅野和之 (敬称略)

演奏:
佐山雅弘(pf). 高橋香織(vin.)
バカボン鈴木(b.) 仙波清彦(perc.)



『恋と音楽』
ミュージカルなのか・・・
確かに歌はあるけれど
ダンスも少しはあるけど
演じるのは5人 +α
 
演出の河原さんも演出家の役で
・・突然出て来ます。(笑)
パンフの袋とじは 出演者に名前の出てない
河原さんの舞台写真が載っているから?
舞台中のアドリブっぽいシーンで
河原さんが言ってたけどほんと?(笑)

終演も稲垣吾郎さん
確かに歌い踊るけど・・・

稲垣さん初ミュ-ジカルと話題ですが
この作品 ミュージカルらしき作品と
言っちゃってもいいですか?(爆)

お話は まぁ判りやすい
人気脚本家?の田代は
新作ミュ-ジカルを書き上げて
もうキャスティングを決める段階。
プロデューサーの村岡と懸命に探すが
田代の思う主役がいない。

そんな彼の部屋に 現れたえりこ
魅力的な謎の女。

途中バンドさんたちまで
一役買って舞台上。

あのね 舞台奥にバンドさんたち
いるけど 前に出て舞台セットの
椅子に座ったり 舞台袖で弾いたり・・・

アイドル歌唱の吾郎さん
真飛さん お歌がゆらぐ。

浅野さん・・まんま!(笑)
歌もそのままの浅野さん
セリフの声 そのまま歌います。
ダンスの動きもします。
でもシカの真似が絶品!

大和田さん
一番歌声が通ると思う
一音一音 正確に拾う歌い方は
ミュージカルに不可欠なもの。
キャッツアイのような
目立つ衣装もあって元気です。


1幕終り間近の時間帯
休憩のアナウンスが入ります。

でも確か・・会場扉などの上演時間は
この作品は上演時間115分 
休憩はは有りません って
書いてあったよ~?

そこで 河原監督
すべてドット柄の衣装で登場して
紛らわしいアナウンス流さないで~なんて
言ってます。
あなたの演出・・の筈ですが?(笑)

はい 舞台は続く。
ドット柄の衣装の男に
悪い奴はいないそうです。(笑)
会場を巻き込み
オーディション会場を作り出します。

このオーディション・タイム
どうやら アドリブで繋いでる?
ちょっとキツどうな
大和田さん&菅原さん

浅野さんの鹿のまねはここで出た!(笑)

真飛さん
キャラ掴みにくいかも。
だって エリコって田代の夢に出て来る
理想の女 幻の女でしょ。


そして終盤
別人格であって同一人物のような
微妙なキャラをこなしてらっしゃいました、

音楽は軽い乗りやすい曲が多いかも。

ストーリーと音楽
共に 軽く楽しめる作品という印象。


クリスマスなので 吾郎ちゃんのカテコの
一言が 

クリスマス 来てくれてありがとう
終演後も、まだクリスマスの時間は
残っています 楽しんでね~♪ 
僕はこれから仕事なんで・・行きま~す。

なんか ホワっとしました。(笑)






『レ・ミゼラブル』・・・あぁ無情。


ちよだシーズンコンサート
石川禅さんが歌う『レ・ミゼラブル』の曲を聞いて
『レ・ミゼラブル』モードになったところで・・・(笑)
余韻に浸りながら禅友さんとお茶。
映画公開にあわせて
こんな素敵なカプチーノ。



ほんと 来年の『レ・ミゼラブル』では
禅ジャベには会えないのだと
寂しくもなった今日でした。

『ちよだシーズン・コンサート』12・24

14:00開演@日経ホール

大手町駅から直ぐのホール
千代田区主催のコンサートに
石川禅さんがGUEST出演

可愛らしい
ちよだのもり少年少女合唱団と共演です。

第一部
ちよだのもり少年少女合唱団

第2部
石川禅
~素晴らしきミュージカル~

第3部
クリスマス・ステージ
石川禅&ちよだのもり少年少女合唱団


およそ2時間のコンサート
思いの他 禅さんのコーナー
お時間たっぷり。

自身がご出演された
ミュージカル作品から
そして大すきだとおっしゃる
ミュージカル作品からと言う事で

レ・ミゼ M・A ミス・サイゴン
レベッカ ジキルとハイド
そしてラ・カージュ・オ・フォールから
チョイスされてのセットリスト。

コンサートなので、
作品の衣装はもちろんなし(笑)
クリエ・コンサートでもお召しだった
タキシード姿で熱唱
ハンドマイクで歌うのですが・・・
歌う直前に役の世界に入るのがわかります。

レミの歌では 舞台の動きをしたような
錯覚に陥ってしまうほどでした。
禅さんは立って歌っているのですが
ジャベのコートの裾を跳ね上げ
跪く姿が見えた気がした・・・・。

芝居の動きがない分
丁寧に歌われていて、感情の高揚感も控えめ。
コンサートならではの歌になっている感じ。
こんな機会ならではのお歌だと思いました。

ちょっと緊張されている?
出が合わなくて やり直し
歌い直し(笑)
ごめんなさ~いと謝る禅さん
司会進行の方にも
おちゃめな禅さんと言われてた(笑)

第3部は
可愛い子供たちと共演
クリスマスソングを歌ってくれます。
子どもたちを振り返ったり
舞台前をゆっくりと移動したり
しながらのクリスマス・ソング

素敵な クリスマス・プレゼントでした。(笑)



でも~明日もね
Z-Angle イベントがあるから
明日も素敵なクリスマス・プレゼントを期待しちゃって
いいでしょうか?(笑)

お歌は・・ない時もあるし
本日いっぱい歌ってくれたのでどうかな?
 どんな構成のイベントになるのかな?

クリスマスの日のZ-Angleのイベント
思い出深い日になりそうな予感! 

明日は『ちよだコンサート』


明日は、千代田区主催
『ちよだシーズンコンサート』

珍しい予定?
いえいえ 石川禅さんがご出演なのです。
会場は 日経ホール

行って来ま~す。

チケットも発売初日に千代田区まで
買いにいったけれど
プレイガイドでの取り扱いがない事や
公共の主催ということもあって
ほとんどPRなしなので
多分まだ余裕あると思うなぁ

入場料 1000円。


普段禅さんの出ているミュージカルを
見ようと思ったら 桁違いのチケットだから~
このお値段で
禅さんの歌が聴けるチャンス!(笑)

『祈りと怪物』12・23マチネ

シアターコクーン。
 13時開演

開場受け取りにしていた
『祈りと怪物』蜷川版のチケットに
引き取りも出来て・・
KERA版 祈りと怪物を見て来ました。

上演時間 長いっ!(笑)

DVC00406.jpg

以前 一日がかり10時間の作品とか
6時間の作品とか見てるので
まぁね ありかとは思いますが、
帰りの電車の時間が気になるよね
特にソワレだと。

今日も カテコが終わるまで
待ちきれずに飛び出して行く人いたし~
一考の余地あるんじゃないでしょうか?

~ウィルヴィルの三姉妹~
 KERA・Version 

出演
ドン・ガラス・・・・・・・・生瀬勝久
トビーアス・・・・・・・・・小出恵介
ヤン・・・・・・・・・・・・・丸山智己
マチケ・・・・・・・・・・・・安倍なつみ
パキオテ(白痴)・・・・大倉孝二
テン・・・・・・・・・・・・・緒川たまき
ヤルゲン・・・・・・・・・大鷹明良
アリスト・・・・・・・・・・・マギー
パブロ・・・・・・・・・・・・近藤公園
レティーシャ・・・・・・・夏帆
ローケ・・・・・・・・・・・三上市朗
コロス長/市長・・・・・久保酎吉
エレミヤ・・・・・・・・・・峯村リエ

メメ・・・・・・・・・・・・・犬山イヌコ
ダンダブール・・・・・・山西惇
ベラーヨ・・・・・・・・・池田成志
バララ・・・・・・・・・・・久世星佳
ジャムジャムジャ-ラ
/ドンドンダーラ・・・・・木野花
グンナル(司祭)・・・・・西岡徳馬

原金太郎、楠見薫、加藤弓美子
野中隆光、日比大介、皆戸麻衣
猪俣三四郎、水野小論、中林舞
       (敬称略)

役名が書いてある皆様
合唱隊(コロス)としても
市民としても登場されます。


架空の町 ウィルヴィル
横暴で好色な権力者
市長はいても彼の思うまま。
彼には3人の娘と108歳になる母
使用人夫婦 忠実な執事

あまり人望のない司祭さま
権力者の家に居候する若者
なにか事情がありそう。

休憩2回を含む構成で
先はどうなるのだろうと気にはなる。

でも集中力を維持出来るかが勝負?(笑)

生瀬さん 怖い権力者だった。
小出君 ピュアな青年
成志さん壮絶。
木野花さん化けた(笑)
安倍ちゃん 鼻っ柱が強そうな
勘違いお嬢様 合います。
久世さん 存在感あり
西岡さんとのシーン 面白い!
山西さん 胡散臭い~(褒めてます)
大鷹さん堅実。
三上さんも良い味出してる。
久保さん 勿体ない気が・・・
緒川さんも目に付く。
近藤さん チャラいよ~
でも権力に憧れる気持ちもわかる
トビーアスに最後まで優しいのがイイ。

舞台進行 照明&映像を上手く使い
幻惑させるようなワン・シーン
印象に残る。

2階建てのセット
上手く ガラス家の居間や
使用人地下室
広い庭や 墓地 街角など
使い分けています。

同じ作品を蜷川さんも手掛けるのか
キャスト違うし 蜷川マジックで
全く違うテイストの作品になりそう

こちらも楽しみになりました。

願わくは もう少しだけ
上演時間が短いとうれしいな (笑)

『レ・ミゼラブル』チケット先行抽選

某プレイガイドでの先行発売
バルジャン役はキムさんの日ばかり?

某クレジット会社の貸切公演
抽選ですが 祐さまバルシャンの日です。

これは申し込みしておこう(笑)
ファンテ・ジャベもエポニーヌもOK。

アンジョルラス テナ夫妻や
コゼットは、判らないけど
まずは一枚とおもった
貸切公演なのですが・・・抽選とな?

ここでもチケットの神様のご機嫌次第らしい。

でもここで取れたら追加は・・・ ないかも。

『助太刀屋助六』12・21マチネ


時代劇っ!(笑)
なんたって猿之助さんですから~
髷が似合うし~ @ル・テアトル銀座。


出演者

助太刀屋助六・・・・・・市川猿之助

竹村美祢・・・・・・・・ 朝海ひかる

堀口路之丞・・・・・・・ 吉沢悠

虎松・・・・・・・・・・・・ 忍成修吾
竹村新之助・・・・・・・・石橋直也

竹村源左衛門・・・・・・ 鶴見辰吾
榊小次郎・・・・・・・・・上山竜司
竹村源吾・・・・・・・・・細見大輔

片岡左京太夫・・・・・・治田敦
不破勘解由・・・・・・・市川猿三郎

堀口八十右衛門・・・・篠原正志

市川郁治郎/市都治朗/浅野彰一
五味良介/山村賢/坂井虎轍
小菅達也 他 (敬称略)


梁を、むき出しにしたような
舞台セットの柱が見える

拍手に迎えられ
猿之助・助六が登場。
二手に分かれた路
どちらに行こうかと迷う所から
舞台は始まる。

文無し・土産物さえ買えない助六
助太刀屋で人稼ぎしてから
故郷の母の元へ帰ろうと決め
町へ向かう
助太刀屋の仕事はないかと
探していると
侍達の争いに往き合う
助太刀はいらないと
いわれながらも
弱い若侍 新之助を助ける。

聴けば彼は、新しく藩の剣術指南に
抜擢された竹村源左衛門の次男。
源左衛門には昔世話になり
恩もある
新之助の姉 お美祢は
武家の娘として美しく
成長していた。

よくあるお家騒動というか
悪家老片岡(治田)が藩の実権を
握るための悪巧みに
利用され非業の最後を迎える
父源左衛門と兄源吾

その時代劇に猿之助さんが
助太刀いたしやしょう~♪と
買って出る。
美しいお美祢にいいところも
魅せたい(笑)

ところが・・・
お美祢は兄の敵ともいえる
堀口八十左衛門の実弟
路之丞に心惹かれている。

竹村と堀口 両家の争いを
収めるため 二人には縁談も
起こるが・・・・・・。


歌舞伎ならではの猿之助さんの動き
若いキャストが揃った中に
猿三郎さんや治田さんが
おぬしも悪・・な悪役 (笑)

舞台近くの・・それも通路席
幾度もキャストさんが
駆け抜けたり・・捌けて行ったり
目の前に 草履を脱がれたり・・(笑)

猿之助さん
亀ちゃんと言いたくなるけど、
玉かんざしをつけた姿で
跳ね回る(笑)
殺陣が多い舞台ですが
若手の殺陣は力強くて
でも時々ずれてるのがわかったり(爆)
助六の殺陣は喧嘩風で
歌舞伎の殺陣!

吉沢悠 路之丞は
武士の鑑 
骨太で男気のある役。
朝海お美祢の心を奪う
美味しい役でした。(笑)

次の舞台『遠い夏のゴッホ』で 
禅さんと共演なのね

楽しみだわ~♪

新之助役の石橋さんは
コミカルな面も見せてくれて
彼の出番では笑いが多い。

見得のフリで大げさに捌けたら
猿之助さん 
歌舞伎役者の前で
ようやるわ~  ・・・・って
ちゃんと演出でしょ?(笑)

鶴見さん源左衛門も
渋くて格好いい、

時代劇の世界をしっかりと
魅せてくれる
そこに猿之助さん助六が
力いっぱいに演じる。

G2さんらしい遊びもあって
ちょっと変わった時代劇。

何も知らずに来てみれば
本日はトーク・ショーの日。

早くにチケットをとってしまうので
偶然当たるなんで・・嬉しい~

朝海さん 吉沢さん 忍成さん
3人のゲスト
進行役は 確か篠原さんだったと思う
武士の姿のままだし~(爆)

この舞台で 他の役で演じたい役は?
旅行でお勧めは?
開演前は何をしてる?
お肌の手入れ方法とか?

用意した版にはさんだ用紙を
懸命にめくって質問してました。

ちなみに

お肌の手入れ
パックしたり・・当たり前すぎてる?
開演前 化粧して
 ウオーミングUPして ・・
普通なんですね?
真面目に答えちゃった~と朝海さん(笑)

やりたいお役は・・・
朝海さん 
渋くて格好いい源左衛門役
吉沢さん 
出来るかどうかはおいといて~助六役
忍成さん
即答 そば屋(笑)


その忍成さん
旅行では 未だ行った事は
ないけれど フィンランド。
ガラスの天井の暖房の効いた部屋で
オーロラを見たい。
寒いとこじゃダメなのねと朝海さん
 できればあったかい方が・・・

 なんか、いい雰囲気のカンパニーかも。

『私のダーリン』@東宝HP更新


ビジュアル出ました!
禅さんの役は
~隣の獣医の独身男~

大まかなストーリーも
紹介されてますが・・・・

夢子(黒木)の夢の世界は
妄想・理想 空想みんなあり?

売れない小説家の夫(玉野)
隣の獣医の独身男
謎の職業の夫婦(坂元・愛音)
出版・編集者(町田・愛原)
便利屋従業員(古川・村井・大河)
こんなキャスティングらしい。

今からハチャメチャな香りが
漂って来ますぅ~(爆)


禅さんってば・・・何やらされるの?(笑)


『ライオン・キング』14周年記念公演



1998年12月20日に開幕した
『ライオン・キング』
ロングラン公演を続けて
本日14周年公演でした。

入場時にこんな記念品の
プレゼントがありました。



本日のキャスト
ラフィキ・・・・・・・・・・・・・金原美喜
ムファサ・・・・・・・・・・・・内海雅智
ザズ・・・・・・・・・・・・・・・田中廣臣
スカー・・・・・・・・・・・・・金森勝
ヤングシンバ・・・・・・・・早矢仕優弥
ヤングナラ・・・・・・・・・・満薗梨奈
シェンジ・・・・・・・・・・・・吉田夏子
バンザイ・・・・・・・・・・・白瀬英典
エド・・・・・・・・・・・・・・・中村智志
ティモン・・・・・・・・・・・・中嶋徹
プンバァ・・・・・・・・・・・川辺将大
シンバ・・・・・・・・・・・・・飯村和也
ナラ・・・・・・・・・・・・・・・熊本亜記
サラビ・・・・・・・・・・・・・小野さや香

アンサンブル
権頭雄太朗  平田郁夫  近藤聡明
宇龍真吾  山下純輝  中田雄太
相良昌彰  高城将一  酒井良太
吉田龍之介  廣野圭亮  玉城任
練子隼人

安士百合野  有村弥希子  あべゆき
松本昌子  石丸かおり  干場綾子
江國冴香  畠山桃子  大石眞由
石原真里奈  石栗絵理  愛沢えりや
        (敬称略)


14年も見続けてる?と
やはりマンネリ気味(爆)

記念公演と言えども
サバンナの大地に感動することも
キリンの動きに驚くこともなく
プライドロックのせり上がりさえも
当たり前の風景に・・・

これってちょっと勿体ないなぁ~
・・・・・と自分に言ってみる。(笑)

飯村シンバ
今日の飯村シンバ
良い表情してた。
求める時は必ずいると~♪
真っ直ぐ未来を見つめるような・・
そんな感じだったなぁと。

田中ザス
声がなんか雰囲気違うけど
誰だっけ?と
キャスト表確認してしまった(爆)

金原ラフィキ
面白みのあるラフィキで
ちょっとタメすぎたりの
時もあったようだけど
声の伸びもあって
気持ちのよい歌唱
サークル・オブ・ライフが
キチンと響いてくれて
サバンナの世界に行けるから
ここ大事。(笑)

熊本ナラ
他作品でも主要キャラをつとめる彼女
真面目で賢明なキャラ作り
明るさが足りないかも。

金森スカー
役作り少し変えて来たのかも?
かなりヘタレっぽいスカーになってた。
でもって ここ一番 凄味を見せる。
カテコはとてもニコヤカでしたけどね。
 

そのカテコ
とても四季らしい特別カテコ。
最近は地味になったの?

8周年などは フジTVアナウンサ-が
guestとして登場したり
イベントっぽさがもっとあったけど
記念品配布と
アニヴァーサリーパネル出して
ナンバー歌って・・
拍手・スタンディングで終わり。

シンバとナラの顔見合わせは 
可愛いかったけどネ(笑)



『スゥィニー・トッド』再々演。


市村正親×大竹しのぶ
あの二人が帰って来る!(笑)

芳本美代子 柿澤勇人 安崎求
斉藤暁 武田真治 

阿部裕 岡田誠 越智則英
小関明久 さけもとあきら
中西勝之 中山昇 ひのあらた
水野栄治 秋園美緒 家塚敦子
菅原さおり 髙橋桂 多岐川装子
福麻むつ美 三木麻衣子
            (敬称略)

城田君 田代君の後は
柿澤君ですか。

アリスイン・ワンダーランドで
ハッちゃけていたエル・ガトくんが・・
恋する青年 (笑)
いや 似合いそうです。

阿部さん さけもとさん ひのさん 
中山さん 福麻さん 家塚さん 
秋園さんなど、御馴染みキャストさんが
並びます。

新しい舞台のニュースを聞くと
ワクワクして来る~♪


『ちよだシーズン・コンサート』@石川禅!


『アリス・イン・ワンダーランド』
終わってしまいました。

楽しかったあのシーン
お馬さんパカパカな禅さんには
逢えませんが頭切り替えて、

今度はコンサート!


ちよだのもり少年少女合唱団と
ご一緒にコンサートにご出演です。

 12月24日(月・祝)
 会場 :日経ホール


第2部が禅さんコーナー。
~素晴らしきミュージカル~
何を歌ってくれるんだろう?

なんたって紹介文には
石川禅さん(ミュージカル歌手)
  ・・・・ですから。(笑)

クリエで開催予定の
『ONE-HAERT・・・・』も
楽しみですが こちらもね。



『レ・ミゼラブル』チケット案内


映画でも話題の
『レ・ミゼラブル』

舞台版は、帝国劇場で
2013年5月3日開幕が予定されています。

早いところで もう受付開始ですか?(笑)
某プレイガイドより
12月20日(木) 11:00 ~受付開始の
メールが届きましたが・・・・・

現在、キャスト・スケジュールが分かりません。
20日から扱い開始はどうも
キム・バルジャンっぽい。

某四季さんでは当たり前の状況なのですが
東宝さんでは珍しい事
新演出の『レ・ミゼラブル』
本音を言うと観たいキャストさんが
少ないので(汗) この状況では・・・
ちょっと二の足を踏んでしまいます。


某クレジット系では 
1ヶ月ほど後の1月20日に扱い開始らしい。
ここでチケっと買うと演目によっては
お得価格だし。

せめてそれまでに
キャスト・ローテが出てくれることを
祈ります。

なんと言っても落選続きの
東宝ナビザさんの受付予定は
さらに遅い二月だし
何より取れる気がしないんですけど~。(笑)

まずは キャストスケジュール!
早めの発表を お待ちしています。

『アリス・イン・ワンダーランド』12・16日千穐楽

本日 大千穐楽です。
@大阪 梅田芸術劇場

楽モードの自由度の高い舞台
なんせワンダーランドだし・・・
なにがあってもOK?(爆)

この作品 なぜか
観れば見るほど嵌る気がする
キャラクター配役の妙。
メンバーが変わってしまったら
どうなるかはわかりませんが・・・(爆)

『アリス・イン・ワンダーランド』
大阪千穐楽
新幹線にのって来ちゃいました
会場では 東京でお会いした
禅友さんと数多く再会。
大阪の禅友さんも勿論いらしてて
団体観劇の様相を呈してました。(笑)



万里生ウサギくん
エンターティナーぶりが板について
ワンダーランドへの案内役にピッタリです。
チョコチョコ歩く姿がラブリー

芋虫くんJOY
大事な事だから2度言うよ。

ここの安蘭アリスの返し・・・
日替わりヴァージョンです(笑)
 聞きたくないんですけど~
 もういいから~
 デカいから デカいから
戸惑ったりしながらも
芝居について行く芋虫くん


安蘭アリスも
チョコチョコとアドリフシーン
太極拳もタメて
時間が長い~
笑いも取る。

エル・ガトくんもジャンプ
弾けまくり。
塩タクターの煽りも健在。(爆)
テンポの良いラテン系のメロディに
手拍子も出ます。

去りゆく車のナンバープレートは
EL GATO3 
車体に掛かれた数字の3は
よ~~く見えるけど
ナンバープレートは客席からは
なかなか見えにくいのに
凝ってますねぇ~

禅さん・白のナイト
全力疾走ですね(笑) 
ペガサスと共に階段下り 
今まで口伴奏だったところ
バンジョーかな?
伴奏つきに進化 (笑)

ナイトのアピール・ソング♪

口先だけの男とよ~くわかったと言われ
~えっ なんで????~
受けてる~(笑)

決めの仕草にも笑いが起こる
ノリが良い大阪ならではなのかも。

イカれたお茶会
アリスの欠点を書き出すゲーム
ゆっくりじっくり考えて時間の
足りない芋虫くん
今日はガトちゃんとお話しtime
帽子を持ってカードを受け取りにきた
モリス 容赦なく頭をパコーン!(笑)
カタツムリと呼び捨てる。
芋虫だけど~アピールする
芋虫くんにさらに追い打ち 
カタツムリ!(笑) 

怖がりうさぎの万里生ウサギ。
4バカ・カルテット劇場も舞台横で
開演です(笑)

帽子屋を怖がる万里生うさうさに
一緒に禅ナイトの手も震えてたぞ?(笑)

アリスの問い詰めに怖がる
万里生うさぎに
背中を よ~~~しよしよしと
さするガトちゃん
ウサギ 深呼吸!と励ます芋虫くん
よ~し どうした~んだ~~~と
仰向けに赤ちゃんをあやすみたいな
禅ナイトに あ~~☆
また大きな声のアリスに怖がるうさぎ
 よ~~~し よしよし
 うさぎ・ロングブレ~~~ス。
 
禅ナイト 仰向けに覗き込み
 あは~☆
それで?帽子屋はどこへ~?
みんなで何やってるん?
可愛い過ぎデショ (笑)

ガトちゃん 帽子屋軍団ダンス編
脱いだ上着を芋虫くんに着せかけ
踊り出す。

お約束の連れ戻しは
万里生うさぎくんでした。

モリスも本日は
楽モード全開ですね。
コートの裾をバサ~~っとしすぎ
自分の頭にかぶってしまう事 2回だし(笑)
ラップのセリフも調子いい。

濱メグ・帽子屋も
登場から一気に引き込みます。
パワフルな張りつめた歌声は
帽子屋にはまります。
あの歌声には。会場もはまる!

ハートの女王
首をはねる恐怖の妃殿下の
歌声は癒し系
温かい雰囲気で力強い。

高畑クロエ
生意気な子供っぽさを残した女の子
アパートでの寂しい生活に
強がりを見せる歌も初日からは
かなり変わったと思う。
帽子屋に不安を取り除かれた後の
笑顔が幸せそうな屈託ない笑顔や
自分を取戻した後の謝りかたも上手い。  
生意気なクロエに戻ったんだと
ホッとしたり・・(笑)
うさぎさんを追いかけて
ほんと 舞台を変けまわりました。

舞台セットに豪華なセットが
出て来るわけでもなく
むき出しの階段だったり
エレベーターの落ちるシーンも
観客の想像の助けを必要とする
舞台だと思うけれど
魅力あふれるキャラクターたちが
存分にワンダーランドに誘ってくれました。

再演予定が発表されたので
寂しさも半分で済んだ気がする
『アリス・イン・ワンダーランド』も

今日で 千穐楽!
暫し お別れです。
何回も繰り返されるカテコ
オケ・メンバーも最後は板の上。

アリスとジャックは
二人別れ別れに捌ける
カテコだけど
禅ナイト ・・あら?
アリスと一緒に反対側に捌けていった~
万里生うさうさも ついてった~(笑)

スタンディングで最後の舞台

おなじキャストでの再演されると
いいなぁ~♪

写真は、出演キャストの
 名前入りTシャツ
キャストの名前と
キャラクターシルエットが呼んでいる~~(笑)
アリスTシャツ03

普段 パンフ以外は買わないんだけど
禅ナイトの生写真セットとこれは
思わず買ってしまった。(笑)

アリス 千龝楽!

大阪公演 無事に千龝楽を迎えました。
楽しかった余韻を胸にやっと地元駅近くまで帰って来ました。
自宅まであと少し(笑)

お会い出来た禅友さん達とは、来週も多分お会い出来る予定。

楽しみは続きます。

『キャロリング』12・15マチネ

キャラメル・ボックス公演
@サンシャイン劇場

出演
大和俊介・・・・・・・・・・・阿部丈二 
折笠柊子・・・・・・・・・・・前田綾

田所航平・・・・・・・・・・・林貴子
西山英代・・・・・・・・・・・大森美紀子 

朝倉恵那・・・・・・・・・・・岡内美喜子

佐々木勉・・・・・・・・・・・菅野良一 
田所圭子・・・・・・・・・・・温井摩耶
田所祐二・・・・・・・・・・・大内厚雄 
坂本冬美・・・・・・・・・・・岡田さつき  
赤木守・・・・・・・・・・・・畑中智行 
レイ・・・・・・・・・・・・・温井摩耶 
糸山光太・・・・・・・・・・・多田直人
石田猛・・・・・・・・・・・・鈴木秀明
         (敬称略)

壊れかけた恋人
俊介と柊子

壊れかけた家族
圭子と祐二と航平

二つの物語を
これも壊れかけた会社で
繋ぎ 誘拐事件って・・・何?(笑)

ちょっと強引かも・・・だけど
お芝居なんで、と納得出来るちゃう。
 
キャラメルさんの舞台は
自然体が持ち味かなと思う
タイムスリップものも多いけれど
それでも 等身大の若者たちが
泣いて笑って・・・そして生きている。

特に今回の有川さんとのコラボ新作。
役者さんのイメージも生かした
あてがきに近い作品らしい?

たった13人の登場人物なのに
其々が主役級のドラマを見せる。

赤木・レイ 糸山たちも
壊れかけた家族のようなものかも
知れない。


クリスマスを一緒に過ごして
たどり着いた結論は・・・。
それでも希望が見えるラスト。

判っていても ジーンとしてしまう(笑)

休憩なしの2時間
その時間も忘れての
一気に見せる、
そして余韻の残る舞台でした。






『遠い夏のゴッホ』トークショー来た~!


『遠い夏のゴッホ』東京公演のアフタートークショー
2月10日(日)13時公演
終演後「安蘭けい&石川禅&彩乃かなみ」(予定)

2月14日(木)19時公演終演後
「細貝圭&鷲尾昇&和田琢磨」(予定)。

早くもトークショー・・って
ビジュアルもわからず・・・
作品の予想もつかず
様子見なファンを 早く取り込む
作戦ですか?(笑)

もう一つ ゴッホ関連で
禅さんと共にクワガタさんだった
鷲尾さん カブトムシ役へコンバート(笑)
相関図も更新されたとのツィ

クワガタは禅さんだけになったのか?

ビジュアルも含め 
これからのほんとに予想が
難しい作品ですねぇ

それでも 禅さんとこにチケットは
しっかりお願いしたので
リピートは決定ですが…  



なにか?(笑)





『アリス・イン・ワンダーランド』大阪


いよいよ明日開幕しますね~♪
『アリス・イン・ワンダーランド』
    大阪公演!

12日只今仕込中~♪ とのつぶやき!
梅田芸術劇場での公演
12日仕込みかぁ
 
初日は14日
キャストさんたちの入りは
通し稽古 ゲネは・・?

本舞台と同じようにハードっぽい
スケジュール

14日18:30公演終了後には、
アフタートークショー
禅さん出演予定だけど・・・
流石に楽遠征が決まっているし
さらに平日の遠征は厳しくて
行けませぬ(笑)

遠くから 祝 開幕と
全幕の公演の無事を、

   祈ろう~~お~~お~~お~~~♪(笑)

『家康と按針』12・12マチネ


@青山劇場
もうワンダーランドはないっ!
飛び跳ねる 万里生ウサウサや
カッキー・ガトちゃんにも
何より 禅ナイトにも会えないのね~
 (しみじみ・・・)

『家康と按針』
世は戦国、淀君や秀頼
石田三成 細川忠興などが
活躍する。

出演 
徳川家康・・・・・・・・・・・市村正親
ウィリアム・アダムス・・・スティーブン・ボクサー
ドミニコ宣教師・・・・・・・・古川雄輝

徳川秀忠/大谷吉嗣/兵士・・・高橋和也
島津義弘/細川忠興/ジョン
芸人/兵隊/徳川家光・・・・・・植本 潤
淀殿/娼婦・・・・・・・・・・・・床嶋佳子
小早川秀秋/豊臣秀頼/娼婦
追っ手・・・・・・・・・・・・・・・小柳友
お雪/従者・・・・・・・・・・・・・・櫻田聖子
松平忠吉/兵士/百姓/使用人
追っ手・・・・・・・・・・・・・・・・・尾関陸
秀頼(幼少期)侍祭/国松
ジョセフ・・・・・・・・・・・・・・・・藤巻雄威
  (Wキャスト)・・・・・・・大東リッキー

本多忠勝/侍大将/家臣
百姓/客・・・・・・・・・・・・・・上川路啓志
井伊直政/井伊直孝
寺沢奉行/百姓/客・・・・・・山口太郎
宇喜田氏家/兵士
木村重成/客/家臣・・・・・・鈴村近雄
黒田長政/使者/百姓/客・・瑞木健太郎
兵士/百姓/追っ手・・・・・・加藤照男
石田三成/真田雪村・・・・・沢田冬樹
毛利輝元/兵士/後藤基次
伝令/芸人/追っ手・・・・・・・雨宮良
本多正純・・・・・・・・・・・・・・小林勝也

イエズス会老人/兵士
二―ルソン・・・・・・・・・・・・デヴィット・アクトン
アントニオ/兵士・・・・・・・・サム・マークス
クワック船長/コックス
兵士/オランダ人・・・・・・・・キース・オズボーン
イートン/乗組員/兵士/
従者/ボブ・ピグル・・・・・・・チャールズ・レストン
セーリス/乗り組員/兵士・・・ジョシュア・リチャーズ
ビズカイ/乗り組員/兵士・・マイルズ・リチャードソン
           (敬称略)

後の三浦按針となる
ウイリアム・アダムズの船が
漂着したところから物語は始まる。

宗教的にイギリスと対立する
スペイン宣教師の悪意ある通訳に
あわや処刑される!と思った時 
家康の使いが現れ
舟から没収した大砲などと共に
按針たちを江戸へ召喚した。

家康と按針
二人の運命の出会い
西洋の武器や海洋術の話に
目を輝かせる家康だった。
その傍には 悪意ある宣教師に
疑問を持ち正しく言葉を伝え
按針を助けたドミニコもいた。


按針と家康の心の繋がり
関ヶ原の合戦など
揺れ動く日本

孤独な独裁者 家康
その家康に邪心なく
心を開く按針

そうそう こんなシーンも
あったなぁ~と思い出す。

ドミニコ役は 藤原竜也さんから
バトン・タッチした古川雄輝クン
英語が堪能な彼
修行中の若い宣教師
線の細い北条家末裔の若き武士
闘いに湧き上がる思いを隠せない
ドメニコが自然体。

市村・家康
按針との交流
戦国の習いによる
非情の決断
孤独感と
遠い夢を見るような
按針とのひと時


そうそう、植本潤さん
たくさんの役をこなしていましたが
女芸人の姿が一番しっくり来たかも(笑)

家光役は・・ちょっとイッチャってるようで
ちょっと怖い (爆)

イギリス商館のジョンでは
スキンヘッド・・・ハゲと言われ
自分の頭を撫でておりました~(笑)
初演を思い出しながら
舞台を追ってしまいました。

床嶋・淀殿
立居振舞決まってる!
やはり上手いっ!


死を覚悟した佇まい
和の美を感じさせる。
舞台セットも重厚さを見せる

演出は グレゴリー・ドーランさん
闘いのシーンですら
静寂感を失わない舞台。

そんな気がします。


12月12日(水)13:00開演
今日は、「名古屋おもてなし武将隊」による
おもてなし演武なるものがありました。

まったくその存在を知らなかったので
ちょっとググってみたら ・・・・(笑)
こんなBlogをしっかり発見
http://ameblo.jp/busho-tai/

しかも今日の出演の事
もうBlog記事になってます~~~♪



『TOPDOG/UNDERDOG』12・11マチネ


会場 シアタートラム
出演 

ブース・・・・・堤真一 
リンカーン・・・千葉哲也
      (敬称略)

親に棄てられて 
兄弟二人で生きてきた
リンカーンとブース

大統領とその暗殺者の
名前を貰った兄弟

貧しいアパートで二人暮らす。
詐欺まがいの方法で
生活の糧を得ていた兄は、
今は、顔を白く塗り 
リンカーンの扮装をして
暗殺されるというショーに
出ていた

弟は、夢ばかり見ていて 
職にも就かず・・・・
万引きなどを繰り返していた。
詐欺まがいの金儲けが悪い事だと言う
認識もない。

兄 千葉哲也
弟を 堤真一が演じる
二人芝居は濃密な空間を作り出す。


舞台下にはむき出しの柱が見える
煉瓦の壁 入口から階段を降りた
狭い空間には
ベッドとリクライニング椅子が見える。
粗末なコンテナの上に板を乗せると
テーブルとなる。


物語は すべてこの部屋で完結した。

人種差別やら 
アメリカ社会における兄弟の生き様が
理解しにくい面もあるけれど
すべてセリフが語る。
編訳によって 弟のセリフに
スラングが多かったのは 
ずいぶんと変更されているらしい。

二人の心の葛藤 
幼いころの思い出
トラウマなどが、何気ない会話から
こちらに伝わって来る。

ラストは衝撃的だった。

リンカーンとブース
二人の魅せてくれた世界に
引き込まれました。

演出は小川絵里子さん

アーティストカンパニー響人の
公演でも演出作品にお目にかかっている。

人間の内面を丁寧に描き出し
ジワリと魅せてくれる気がする
気になる演出家さんだ。

公演会場で配布された
『今ひとたびの修羅』の本チラシが
嬉しい

三谷幸喜さん演出の
『ドレッサー』も気になる。

またまた チェックリスト入りの
公演が見つかった(笑)



チケッ取り深く静かに進行中



東宝ミュージカル
一挙に2作品の発表がきましたが、
チェックを入れた作品の
連日の怒涛のチケ獲りに
追われております!(汗)


『ホロヴィッツとの対話』 
抽選結果 オーライ!

『マイフェア・レディ』 
 Wキャストでどちらのイライザの日か
 まだ不明で~す(笑)

四季 
『この命誰のもの』
新国立での
『長い墓標の列』

キャラメルボックス
『隠し剣鬼の爪 / 盲目剣谺返し』

『八犬伝』@コクーン

そして
『ライオン・キング』 あ~~~んど
『宝塚のベルばら・・・』

今日は 
『トゥモロー・モーニング』を
押さえてみました。

一番先の予定は なんと5月です。


そんな先の話でもなく
『レ・ミゼラブル』のチケも
扱いが始まりそう、

 なんと恐ろしい~(笑)





 








『エニシング・ゴーズ』こちらも発表


『二都物語』よりもさらに先の予定。

2013年10月7日~10月28日
演出は 山田和也さん。
公演詳細が発表されています。

こちらの公演
チケットの一般売りが
来年7月ですから・・・・(笑)


『エニシング・ゴーズ』
ホープ・・・・・・・・すみれ
アーマ・・・・・・・・玉置成美
ハーコート夫人・・保坂知寿
ビリー・・・・・・・・・田代万里夫
オークリー卿・・・・吉野圭吾
ホイットニー・・・・・大澄賢也

船長・・・・・・・・・・・武岡淳一
ルカ・・・・・・・・・・・照井裕隆
ヨハネ・・・・・・・・・小寺利光

青山航士 石川剛 板垣辰治 
小原和彦 加賀谷一肇 加賀谷真聡 
木内健人 倉田英二 坂元宏旬 
谷本充弘 俵和也 橋本好弘 
福永悠二 堀江慎也

秋園美緒 秋山千夏 石井咲 
伊藤典子 木村晶子 高橋千佳 
七瀬りりこ 丹羽麻由美 樋口綾 
福田えり 望月理世 (敬称略)


面白そうなメンバーが揃いました。
こちらにもすみれさんがキャスティング。

歌は勿論 ダンスありの作品と聞いていますが
まだ見た事なし。

これまた楽しみです。



『二都物語』キャスト発表


2013年7月18日~8月26日
帝国劇場で公演の
『二都物語』

東宝さん公式HPで
キャスト発表~~

チャールズ・ダーネー・・・・浦井健治
ルーシー・マネット・・・・・・すみれ
シドニーカートン・・・・・・・・井上芳雄
マダム・デファルジェ・・・・・濱田めぐみ
デファルジェ・・・・・・・・・・・橋本さとし
ドクター・マネット・・・・・・・今井清隆
バ-サット・・・・・・・・・・・・・福井貴一
ジェリー・クランチャー・・・・宮川浩
サン・デヴレモンド侯爵・・・岡幸二郎

ジャービス・ロリー・・・・・・原康義
ミス・ブロス・・・・・・・・・・・塩田朋子
弁護士ストライバー・・・・・原慎一郎

阿部誠司 奥山寛 さけもとあきら 菅谷孝介
武内耕 谷口浩久 寺元健一郎 松澤重雄
溝渕俊介 森山純 山名孝幸
横沢憲司

石原絵里 岩崎亜希子 樺島麻美 河合篤子
木村帆香 保泉沙耶 真記子 三木麻衣子
やまぐちあきこ (敬称略)

なんか 東宝ミュージカルと安心する舞台?
お初のすみれさんもいらっしゃいますが・・・(笑)

原康義さん 塩田朋子さんなど
ストレートプレイの舞台で
ご活躍の方の出演も楽しみです。

来年の夏の公演ですよね~。

楽しみだけど・・・
  ちょっと早すぎ~(笑)


『ジーザス・クライスト=スーパースター』12・9マチネ


本日は ジャポネスク・バージョン 
『ジ-ザス・クライスト=スーパースター』
  @自由劇場

舞台には大八車が
両そでに御神木
黒子さんならぬ
白子さんがそれを繰ります。

歌詞・メロディはそのままに
ジーザスの最後の7日間。

新しいジーザス演じる
ジャポネスク・ヴァージョン
音にもジャポネスクを取り入れています。
笙の音色も聞こえる?
白塗りメイクの出演者が
独特の世界を作ります。

本日のキャスト
ジーザス・クライスト・・・・・・・神永東吾
イスカリオテのユダ・・・・・・・芝清道
マグダラのマリア・・・・・・・・・野村玲子
カヤパ(大司教)・・・・・・・・・金本和起 
アンナス(カヤパの義父)・・吉賀陶馬ワイス
司祭1・・・・・・・・・・・・・・・・佐藤圭一
司祭2・・・・・・・・・・・・・・・・清水大星
司祭3・・・・・・・・・・・・・・・・真田司
シモン(使徒)・・・・・・・・・・本城裕二
ペテロ(使徒)・・・・・・・・・・玉真義雄
ピラト(ローマの総督)・・・・・村俊英
ヘロデ王・・・・・・・・・・・・・・下村尊則

アンサンブル
青山裕次 中村伝 白倉一成
佐久間仁 武智正光 安東翼
小田春樹 光田健一 山下純輝
小松貴行 政所和行 谷部央年

佐藤夏木 真優香 八鳥仁美
観月さら 吉田千恵 園田真名美
原彩子 光井さや 川畑幸香
提水流奈津子   (敬称略)


新・神永ジーザス
白塗りメイクの所為か
表情がわからない。
歌声は聴きやすくて豊かですが
すこし歌い急ぐところもある感じです。

ジーザスという役は
そう感情を露わにする役ではないと
思うのですが、
それでも 群衆との距離
マリアの存在、
ユダ・シモン・ペテロたちの
自分から離れて行くのが見える苦悩
死を受け入れるまでのジーザスに
あまり表情がなくて・・・
そこがちょっと残念。

芝ユダ
ジーザスからユダに役替え
金森ユダでしばらく見ていたせいか
アッサリ気味なユダ
こんな感じだっけ?と暫し考える。(笑)

村ピラト
青の隈取メイク
でも声を聞けばすぐわかる。
村さんだぁ~の歌声!(笑)

下村・ヘロデ王
雷様ヴァージョンでした。
しかし奇抜な衣装だ~(笑)
昔と言っていいのか
以前みた助六ヴァージョン
すきなんだけど 
もう見られないのかなぁ~
割と静かな客席
下村ヘロデ王の退場時だけは
拍手が起こりました。

吉賀陶馬ワイス・アンナス
高音パートの役ですが
そう高く聞こえないかも。

野村マリア
久々に野村マリアにお会いしましたが、
お声が・・・不安定
掠れる寸前 辛うじて出しているように
思えてハラハラ・・
物憂げなマリアという印象かな。

上演時間の短い作品。
アッと言う間の終演です。

途中の拍手は少なかったけれど
カテコは幾度ものアンコール・カテコ

幾人かのスタンディングも!

でも 個人的には
ちょっと熱気が足りなかったかも・・(爆)
群衆たちも意外とおとなしいし~。



『Chanson de 越路吹雪 ラストダンス』12・8マチネ


会場 : シアタークリエ 


出演

瀬奈じゅん・・・・・・・越路吹雪

斉藤由貴・・・・・・・・岩谷時子

宇野まり絵 
 記者 事務員 付き人 石井好子 ウエィトレス
 婦長 女ほか

柳家花緑
 宝塚歌劇団理事長 古川ロッパ 菊田一夫
 黛敏郎 松井八郎 渋谷森久 男Aほか

大澄賢也
 小林一三 山本紫朗 今日出海 
 内藤法美 男Bほか

別所哲也
 秦豊吉 真木小太郎 小林秀雄 男Cほか
           (敬称略)

亀有から長野・韮崎 金沢 そして東京の
シアタークリエと

公演を続けていらして・・・・
この後も 名古屋 
大阪で千穐楽公演。

出演者6名
一人ひとりがいろいろな役を
目まぐるしく演じます(笑)

花禄さん演じる役は、
かなりデフォルメキャラ(笑)
別所さん演じる秦さんもかなりのもの(笑)

大澄さん演じる内藤
初めての越路吹雪との出会い
年齢にちょっと無理が!(笑)

とにかく 6名で全部の役を
やっちゃうから凄いっ!
別所さん 大澄さん 花緑さん
宇野さんがバック・ダンサーですから~
う~ん とても贅沢です。


登場人物がまた凄い。
宝塚創始者小林一三さんや 
有名作曲家 黛敏郎さん
菊田一夫さんも出て来ます。
真木小太郎さんは マイク真木さんの
お父さんとか。

この少人数構成で
越路吹雪と言う
魅力的な人を浮き彫りにする。

2幕では 彼女の恋模様が中心で
真木さんといい感じになったり
年下の彼との恋に生きる
可愛い彼女

そんな彼女の影に日向に
いつもそばにいた
大人しくて彼女とは対照的な
岩谷時子さん
斉藤さん演じる 岩谷時子さんは、
芯の強さを秘めた大人しい方?
物静かな人となりを演じるためか
セリフも物静か
ちょっと聞き取れないシーンも
有って それが残念でした。

病の倒れた越路吹雪。
太陽のようだった彼女を
失って 泣き崩れる時子。
思わずこちらも涙せずには
居られません。

瀬奈さん
越路さんのナンバー
たくさん 歌ってくれます。
さすがに歌い方は瀬奈さんだけど・・・(笑)
あの越路さんの歌は
劇中でも言われていたけど

その時々で感じたままが歌になった
彼女だけのものなんだろうな。

3時間を超える上演時間

瀬奈さん 
しっかりと輝くスター☆
 越路吹雪でした。

『ファンタスティックス』12・7マチネ


『アリスイン・ワンダーランド』
東京千穐楽公演が見られなかったのは、
こちらのチケットを持っていたから(笑)

『ファンタスティックス』

エルガヨ・・・・・・・・・・・・・・・・・・宝田明
マット(青年)・・・・・・・・・・・・・・・松岡充
ルイザ(少女)・・・・・・・・・・・・・彩乃かなみ
ヘンリー(老俳優)・・・・・・・・・・光枝明彦 
ベロミー(少女の父親)・・・・・・・青山明 
ハックルビー(青年の父親)・・・沢木順 
モーティマ(俳優)・・・・・・・・・・島崎俊郎 
ミュート(無言)・・・・・・・・・・・・本間ひとし 
     (敬称略)

柿沢エル・ガトちゃんならぬ
宝田さんエル・ガヨに会いに
来た訳ですが

会場の 
 ~草月ホール~ 

初めての会場でした。
地図を確認したところ
まぁ なんとか行けそう。
時間がないと思っていた食事も
しっかり和風定食を食べて 
開場へは余裕の到着でした。

しかし・・ホール内に
備え付けの椅子のほかに
A列と段差ない舞台前のところに
増設された簡易椅子が置かれています。
段差なし・・がキツイ
見えにくい事 この上ありません。
前の方の肩越しと頭の隙間から
なんとか観る。
舞台端に演者さんが行くと
すっぽりと頭の影におさまり
全く見えないシーンもあって、
舞台にも集中出来ずじまいでした。

マットとルイザ 二人の恋
反対されれば燃え上がると
一計を案じた 二人の父親
ベロミーとハックルビーは
エル・ガヨに金貨を渡して
誘拐劇を計画する。
エルガヨさんの手助けには
役者のヘンリーとモーティマ。

危ない所を助けてくれる
ヒーローの登場。
このシチュエーションが
二人の結びつきを強くする。

二人の恋は実り
隣家との境にあった壁も取り払うが
近しくなったら・・
何かしっくり来ない父親たち。
イライラしてギクシャク

一言もセリフを発しない
ミュートは 出番は多い
壁だし~~~(笑) 
しかし 身のこなしが綺麗な本間さん

彩乃ルイザ
ちょっと気が強いかも?
でも夢見る少女のルイザで
可愛い~。

松岡マット
通路を通っての演出もあり
すぐ近くを通りました。
華のあるお方だぁ~♪

光枝さん 沢木さん
青山さん と元四季組(笑)

長年 主要な役を演してこられた
方が揃っています。
一人異色なのが島崎さんか?(笑)

纏めるような役周りの
 宝田エル・ガヨ

メンバー的に何の不足もない・・・はず。
お久しぶりの方にお目に掛かれるのも嬉しい。

沢木さん・青山さん テンション高く
光枝さんは いいお声のセリフを
朗々と・・・。




でも・・・でも、 なんだろう

なぜか、♪バランスが大事♪
ハートの女王の歌声が響いて来ました。

ちょっとバランスが悪い感じがして
なりません。

彩乃さんルイザと松岡マット
恋人と言うより兄弟な感じに
見えてしまうのが不思議。

誘拐させてハッピーに
・・・と言うこの物語に
素直に同意出来ないわ~

 両手をあげて同意しないと
  クビをチョン?(笑)
『アリス・・・・』を見過ぎて 
ちょっと切り替えが上手く出来ないようです。

『ファンタスティックス』
作品の世界に 入り込めなかったのが
ちょっと残念だった 今日の公演でした。




 
 

『アリス・イン・ワンダーランド』12・6ソワレ

『アリス・イン・ワンダーランド』
東京公演前楽 そしてMy楽です。

ソワレ公演
ハードな舞台 2回公演
皆さま 気力と体力で乗り切ります。

特にダンサーさん お見事です。
全員アリスの恰好をしたあのシーン
歌詞はかなりハチャメチャです
韻を踏んで遊び放題

気にしないけど 遅れた訳は~♪
どうでもいいけど 
チンチクリン♪ 
九分九厘♪
ノータリン♪ 
ミョウチクリン♪ とか

アリスが 訳わかんない?と言うけど
そりゃそうだ。
ワンダーランドっぽいけど・・・
タイトルも
♪ようこそワンダーランド

1番から 6番の鏡の国へ~まで
時間的には意外と長いのに
一気に見せてくれます。

イカれたお茶会
いっつも時間がなくて
アリスの欠点をかけない芋虫くんに
モリスは
またあなたですかって言ってた(笑)

不安消去マシンに放り込んだ
アリスの絵本が今日はモリスを直撃?
取り損なって転ぶモリス
アクシデントか
あれも演技なのか?

首をはねよ♪
ハートの女王
ロング・トーン後のアドリブ

褒めて拍手喝さいのナイトたちに
ありがと
プロになろうかしら? とニッコリ! (笑)

牢獄でのガトちゃんと
芋虫くんと禅ナイト

言いたかないけど・・
あんたほんと口だけだな・・とガトちゃん
言われた禅ナイトの
泣き顔からフッと表情が変わるのが
マンガチック(笑)

アリスが助けに来てくれて
シーっと静かにするように合図してるのに
全員でアリス~と叫ぶ
そりゃ 見つかりますって。
でも勇気百倍です。

声だけの応援から 
背中を押し出して軍団対決の
手助けする様になりました。

ガトちゃん ドサクサ紛れに
牢獄の折から離れて
後ろの階段高くまで行っちゃってる
エル・ガトちゃんも 
牢獄すぐ逃げられそうな感じ(笑)

芝居を面白くするアドリブが
たくさんのソワレ。
キャストのみなさんも楽モードか。
楽しかった~♪

マチ・ソワすると
どっちの公演で演ってた事なのか
ゴチャゴチャになって来る。

でもどちらも楽しい。
これ最強。

カテコで 安蘭アリス

また明日~ 
あっ千穐楽だっ!

・・・・・って 言ってた~

少しお休みしたら
大阪公演始まるねよ~(笑)

『アリス・イン・ワンダーランド』12・6マチネ

青山劇場
イカれたお茶会への招待状はあと2枚(笑)

7日の千穐楽は 追加変更されたため
別の公演のチケット買っちゃっていたので
見られない~(泣)

マチネのせいか、割とおとなしめな公演と
感じましたが、万里生ウサウサは
可愛いし~
Joy芋虫君もさらに遊びが出て来てる。
大きな芋虫くん
屈みながら移動してアリスの前で
すっと背を伸ばすんですが・・・
今日のアリス
そんな芋虫くんに
 デカいから デカいから・・・ って
アリス~~(笑)

柿澤エル・ガト
イカれたお茶会
椅子に丸く座るとき
芋虫君の足に片足を掛けてる~
優しい芋虫くんは
緩んでた靴ひも結び直してあげてた(笑)
そんなこんなで、またカードが書けない芋虫くんにモリスってば頭をパコーン!(笑)芋虫くんまわりをキョロキョロしてた。アリスの飲んだお茶を片づける
万里生ウサウサ
禅ナイト 舞台袖 
真っ直ぐ行って曲がってと
細かに指示出してますが
そんな遠くまで行って
ないんじゃ無いかと(笑)
帰って来た万里生ウサウサ
帽子屋が傍に来ると
ここでも怖がってると
肩を抱いてる禅ナイトです。

帽子屋軍団のダンスに
混ざって踊る気 満々
屈伸かなんかして準備してた。
しかし ここのガトちゃんダンス
アンサンブルさんと同じように
踊ってたはずが・・
ちょっと動きが キレキレすぎ(笑)
めっちゃ楽しそう。
すぐ止められて残念なくらい。
今日は芋虫くんが上着をかけて
連れ戻す役
軽くポンと頭を叩く
次 禅ナイトが ガトちゃんの耳を
つまんでた?(笑)



帽子屋さまの歌
今日も迫力、聞き惚れます。

ハートの女王の声は癒し系ボイス
 讃えよ~♪ ロング・トーンはさすが。

 女王 歌好き!♪

アドリブ入りです(笑)

アリスがクロエを探して
万里生ウサウサに問い詰める

背中をヨシヨシするガトちゃん
深呼吸~と傍で深呼吸する芋虫くん
うつむいた万里生ウサウサの
下に仰向けで慰めに入る禅ナイト(爆)

万里生ウサウサも
 あ~~~ぃ♪
可愛く答えて笑顔に・・(笑)
良い間合いだわ~。


2幕
帽子屋軍団にあっけなく捕えられる
禅ナイトたち
手をつかまれて 手錠をつけられるはずが・・
禅ナイトだけ 手錠がついてないっ!

どうした~~~(笑)

濱めぐ・帽子屋様の歌の最中
後ろの軍団の方に
ねぇねぇ これ無くていいの?と
アピールするけど相手にされず・・
祈ろう~~♪は
手錠無しのまま歌う
いつの間にか
Joy芋虫くんの 片方の手錠が
禅ナイトの手に付いてる~
おうちかえる~ 
牢に入れられる前に
ちゃんと泣きが入ってたけど
あれなら逃げられたじゃん ナイト!(笑)


ちょっと声・・お疲れな禅ナイト
高音がキツそうだったけど・・・

高畑クロエも小生意気な娘と
寂しさを歌うシーンと
何も考えられなくなってしまう
7番扉のシーン
しっかり主張してます。

2幕のハートの女王登場のゴンドラ
低空飛行です。
調子悪そうで 苦しゅうないと言いながら
咳こむ女王に
禅ナイトが セリフとは裏腹に苦しそう
芋虫くん しかも ゴンドラめっちゃ低いしと
言ってるけど そんな場合?(笑)
これから歌い始めるのは
首をはねよ~♪だよ~
ご苦労様でした♪に禅ナイト 
元気に ハイっと返事するし~(笑)

勝ち誇った帽子屋に禅ナイト
思い切りの おかちめんこ3連発(爆)

三月うさぎのモリスも
可笑しすぎ・・(笑)
最近 帽子屋さまの真似をして
コートの裾を翻すのが何気にツボ。

帽子屋軍団
実はモリスが繰っていますね
モリスが帽子屋にやられると同時に
軍団は皆倒れますから。

帽子屋さま バンザイ~
 いったい何度言ってるのだろう?(笑)

うさぎの声とは変えて演じる
ルイス・キャロルも キャラとして
しっかり存在してます。


メンバー全員
あてがきしたのかもと思えるほど
役に嵌っていて 何度も観たくなる。

そんな訳で
今日も マチソワです。(笑)

『中村勘三郎さん死去』


朝のニュース、 

いつもなら 仕事に出る前に
食事の用意などしながら
時間確認のためのTV画面なのですが
今日飛び込んで来たのは

勘三郎さんのお写真と
永眠されたというニュース。

まだまだこれからという57歳
驚きとショックにしばらく
言葉もありませんでした。

勘九郎を名乗っていた時代の
コクーン歌舞伎・・
普段足を運ぶことのなかった
歌舞伎に足を運ぶきっかけになった
舞台でした。

野田さんとの『表にでろぃ』の
熱演を魅せて頂いたのも記憶に残ります。
逝くにはあまりに早いっ。


 ご冥福をお祈りいたします。

検索フォーム
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

いらっしゃいませ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
俳優
4位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りBlog
Blog開設カウンター
ブログの更新率
月別アーカイブ