現在の閲覧者数: 2013年10月の記事 - hatti元気の素 観劇 ミュージカル
fc2ブログ
プロフィール

hatti (はっち)

Author:hatti (はっち)
石川禅さん応援中!
劇団四季・東宝ミュージカル・・・時には宝塚
観劇大好きなhattiです 

記事に関係のないコメントは
削除させていただく場合が
御座います。ご了承ください。

石川禅さんのお仕事
石川禅さん
これからの予定

舞台******
ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年3月7日~29日
日生劇場
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月4日~14日
skyシアターMBS
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月19日~21日
愛知芸術劇場大ホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月26日~28日
久留米シティプラザ 
ザ・グランドホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月3日~4日(土)
熊本城ホール メインホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月11日~12日
高崎芸術劇場 大劇場
ニック役他

石丸幹二 
オーケストラコンサート2024
石丸幹二
東京フィルハーモニー交響楽団
2024年6月21日(金)
会場:東京芸術劇場 コンサートホール
ゲスト出演

舞台
ヒストリーボーイズ』
2024年7月20日(土)~28日(日)
あうるすぽっと
へクター役

********
Netflix
「モンキー・キング」
声の出演
“竜王"役 吹替=石川禅
2023年 8月19日より配信開始

Netflix
『氷がすべてを隔てても』
声の出演
アイナー役=石川禅 (3/2より配信開始)

Netflix
『サンドマン』
声の出演
第6話 吹替=石川禅

コンサート*******
★『石川禅 6th ソロ・コンサート』
2021年3月20日~21日
よみうり大手町ホール
※公演延期 ※

石川禅さんのプロフィール
FCについては
サイドバーのリンクから
ホリプロブッキング
エージェンシーへどうぞ
禅さんの舞台
石川禅さん次回は % 『COME FROM AWAY』
禅さん 出演公演
Blogランキング参加中です
見たよ 読んだよ ポチっとな!
よろしく お願いします。
4月の観劇予定

■『町田くんの世界』
■『銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件』
■『カラカラ天気と5人の紳士』
■『Le Mele~母~』
■こまつ座『夢の泪』
■『王様と私』
■『COME FROM AWAY』
大阪・名古屋
■『VIOLET』
■『デカローグ A/B』
■『アラジン』
■宝塚花組『アルカンシェル』
■『ハネムーン・イン・ベガス』
■『クロスロード』
■『Le Fils~息子~』
■『オペラ座の怪人』KAAT
■地球ゴージャス
『儚き日光のラプソディ』
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

Z-Angle 会報到着!

真面目にお仕事・・・・。
帰ってPOSTをみたら見慣れた封筒がっ!

お仕事の疲れも吹き飛ぶ
石川禅後援事務局・
Z-Angle会報です。

内容はちょっと懐かしい
『アリス・イン・ワンダーランド』の
時のエピソードを中心に
禅さんの言葉で綴られていました。

あれから 『ゴッホ』があり
『ロミ・ジュリ』があり
早くも次の『モンテ』お稽古時期になって・・・。

そうそう Z-Angle番外編は
ないだろうなぁって言ってて
ごめんなさい。
ちゃんと発行してくれたのね。

会報に 一枚挟まってました。(笑)

ミュージカル対談も
『モンテ・クリスト伯』
アフター・トークショーも
追加で チケ購入済みで、
『レディ・ベス』製作発表も応募済み
当選通知が届くことをひたすら願って
おるところですが・・(爆)

 禅さん  お知らせありがとう~♪




『MIWA』10・30マチネ


@東京芸術劇場
早めのチケット捕獲で獲れたお席
2FのA列・・・でした。

人の頭が邪魔になる事はないのですが
やはりちょっと遠いのが残念。


出演
MIWA・・・・・・・・・・宮沢りえ
赤絃繋一郎・・・・・・・瑛太 
マリア・・・・・・・・・・・・井上真央
最初の審判/通訳・・・小出恵介
ボーイ・・・・・・・・・・・・浦井健治
負け女・・・・・・・・・・・青木さやか
半・陰陽・・・・・・・・・・ 池田成志
オスカワアイドル・・・・・野田秀樹
安藤牛乳・・・・・・・・・・古田新太 

 
秋草瑠衣子 秋山エリサ 大石貴也
大西智子 川原田樹 菊沢将憲 
木原勝利 河内大和 近藤彩香
佐々木富貴子 佐藤ばびぶべ
佐藤悠玄 紫織 下司尚実
竹内宏樹 手打隆盛 土肥麻衣子 
鳥居功太郎 中原百合香 西尾夏奈子 
野口卓磨 深井順子 的場祐太
六川裕史 

声の出演
天海祐希 柄本明 大竹しのぶ 
橋爪功 美波 (敬称略)

妄想の美輪さん・・・と断りがありますが

舞台は最初から人の生まれる性別が
決まるところから。
踏み絵によって決められてゆく性別
どちらにも成れない者

生まれたMIWAには心の中に
安藤牛乳(古田)がいた。(笑)
実は アンドロギュース(両性具有者)を
MIWAが言えなかったため
これって 多分野田さんの遊びだね。(笑)

幼い子供の頃のエピソード

戦争の事 赤絃繋一郎(瑛太)との交流
赤いスポーツカー
赤木圭一郎を思い起こさせるシーンだし
野田さん演じるオスカワアイドルも
謎の人物(笑)
隠れキリシタン 三島由紀夫と
思わせるシーンもある。

いろいろと詰め込んだ作品になっている。
MIWAの働く店にいるボーイ(浦井)や
半・陰陽(池田)たち

世間の偏見がまだまだ厳しい時代
仲間に勇気付けられ 家族に
真実を話したボーイは
家族・・・母親の視線に
耐え切れず・・・自殺
そんな重さも含んで言葉が
機関銃のように飛んで来る。

本役だけでなく
あちこちに顔を出すキャストたち
浦井くんのフリフリブラウス
黒ストッキング姿も
ここでしか見られないだろう (爆)

青木・負け女
吹っ切れた風だけど
このキャストの中では
大人しく見える(笑)

野田さんは野田さん
しゃべりも動きも・・全部(笑)

わけワカメな野田さんの役に
古田さん あんたはだれ~~~!
叫ぶシーンに会場がウケてる(笑)

古田さん演じるインパクトの強い
あのビジュアル(笑)
金髪の美輪さんに似せて
イエローヘアに濃いブルーアイシャドウ
最後には MIWAもその姿に・・・

しかし 舞台を追っていて
豪華な声の出演陣・・・よくわからなかった(爆)

ヨイトマケの歌♪ 愛の賛歌♪
歌がそうだったのか
ニュースの声がそうだったのか
思い返してみても・・・判らなくなってる。
 
美輪さんの歌も使われているけれど
妄想の中の美輪さん物語

この作品 本日収録のカメラが
入っている模様

TV放送かDVD発売か
楽しみにしよう~っと。

カテコも熱かったな。
スタンディングも出ていた!







あはっ パコ・・・また当選!

東宝ナビザ どうせ落選の文字が増えるだけ
そう思って別ルートにも申し込みしてた。

この公演 パコはWキャストなので
両方観ようとは思ってた
なので2公演は想定内。
某クレジットサイトでまず割引価格で取得。
3階席をくれたとこじゃないとこネ(笑)

そして東宝ナビザへ 
別のパコの日に一公演だけ。

これが珍しく当選。

別ルートの観劇日 ちょっと悩んで
万が一当選したら行けないので
さらに予備日をお願いしていたら
こちらも、確保出来ましたメールが
届きました。


大貫はきっと徳馬さんで
医師は吉田さん
ヤンキー看護婦 安倍さんと
いうところか
マギーさんは堀米っぽい。

ヤクザは山内さん続投で
淳平~って泣くのね(笑)

タイトルも変わって
キャストも変わってるけど
3公演 ・・・リピート決定っすか?(爆)


初演・再演版DVDも買ったくらい
好きな作品だから まぁいいか。


 

雑誌『ミュージカル』の特集


2013年11月・12月号は
特集:『モンテ・クリスト伯』なんだね。
禅さんの名前もあるってことは・・

絶対買う宣言!(笑)

石丸幹二、花總まり、岡本健一、
石川禅&坂元健児、
濱田めぐみ、彩吹真央 (敬称略)

石川禅さんと坂元健児さんで対談っぽい?
様子からすると モノクロページか?

11月頭の発売なら 帝劇で買えるか。

Z・インフォメーション番外編は
たぶん来ないよね(笑)


『唐版 滝の白糸』10・29マチネ


@シアターコクーン

再演が繰り返される名作
今回4度目の再演との事。

唐×蜷川×コクーン 
想像するまま 
そのままの世界感

時代を超越しているけれど
懐かしい風情の世界が
そこにありました。
これはたぶんにセリフのせい(笑)

今回は 廃屋に近い
2階建て長屋
建物の隅には 壊れたTVや
掃除機 机などが高く積まれている。

アリダが客席通路より現れ
唐突に芝居の幕開け

続いて 銀メガネの平さん
暫くは 二人のセリフの応酬

そうは言っても平・銀メガネの
台詞に アリダが合わせる感じ。

長屋には虹がかかっている。
青年 アリダの幼いころ
彼を誘拐しようとしたのが
銀メガネらしい。
覚えているかと 青年に問う。

普通こんな出会いってないよ(笑)



『滝の白糸』 

お甲・・・・・・・・・・・・・大空祐飛
アリダ・・・・・・・・・・・・窪田正孝
銀メガネ・・・・・・・・・・平幹二朗

羊水屋・・・・・・・・・・・鳥山昌克
運送屋2・・・・・・・・・つまみ枝豆
運送屋1・・・・・・・・・井手らっきょ
小人のアトム・・・・・・マメ山田
小人2・・・・・・・・・・・プリティ太田
小人4・・・・・・・・・・赤星満
小人3・・・・・・・・・・・・ミスター・ブッタマン

工事人夫・・・・・・・・・・ 澤魁士
工事人夫・・・・・・・・・・・野辺富三
工事人夫・・・・・・・・・・・谷中栄介
工事人夫・・・・・・・・・・・浦野真介
工事人夫・・・・・・・・・・・・堀源起
工事人夫・・・・・・・・・・・砂原健佑
工事人夫・・・・・・・・・・・・續木淳平
    (敬称略)

話の中から 青年の兄と
心中を図り生き残ったお甲が
浮かび上がって来る。

大空・お甲 ちょっと蓮っ葉で
威勢のいい 姐さん
真っ赤なドレスが映える。

アリダの前に現れたのは
金の無心
兄に貸してあった金を
返して欲しいと・・・
後ろに見える荒れた部屋の2階は
かつて彼女らが心中事件を
起こした部屋だ。

今のお甲は 
小人プロレスの面倒を観ている
地方巡業に出かける予定が
旅費に困っての事らしい。

金は用意してきたが
素直に渡す気にもならず
銀メガネに預かってもらうアリダ

自分にできる事は 水芸
それを見せるからお金を!
荒れ果てた廃屋で水は
思うように踊ってくれない。

ラスト近く
衣装を整え 水芸の芸人らしい
裃すがたのお甲
クレーンを使い 舞台上で浮遊する。
水が踊ってくれぬなら・・
手首の蛇口をあけましょう~と
手首を切るお甲

水芸の水のように
勢いよく吹き出す血

アリダはその下に立ち尽くす。
舞台が血に染まる・・。

銀メガネ 羊水屋
2階部分の崩れ落ちるシーン
お見事でした。

お甲の登場も 
鮮やかな赤が目に
飛び込んで来る。

上手く引出など組み上げ
階段のように降りられる
高さを創っているのも
舞台効果満点。

1時間50分を一気に見せ
ストレート・クレイには 珍しく
オール・スタンディングに近い状況
カテコの回数も多く
笑顔のキャストさんと観客の一部で
声を揃えて 蜷川さ~~~ん!と呼ぶ(笑)
蜷川さん 唐さんもいらっしゃいました。

キャストと共に カテコ!
・・・でようやく幕。 

上演時間は短くても
濃い内容の舞台でした。



東宝ナビザで『パコと魔法の絵本』当選!

いや 今年1月に
『私のダーリン』で当選して以来の
赤文字脱却、(爆)

今何月だ?(笑)

もちろん 『ワイルドホーン・メロディズ』や
『ワン・ハート』 『二都物語』 
『モンテ・・』 『クリ・コレ』と
申し込みは欠かしませんが
すべて落選の文字が輝いていた。
結果 別口ですべて手配して
なんとかチケ確保

ほんと大変なんだからネ(笑)

そんなに大変なら 最初から
申し込まなければいいんだけど、
落選がわかってから 
他を手配ではチケット入手が怪しくなるし
別口の申し込み締切もナビザ発表を
待っていたら間に合わないから
悩みつつ申し込みしてあるんですが・・

あら ビックリ!当選ですって!?
しかも最前席ですか。(笑)

もう一か所の取り消しもきかないしなぁ~



 東宝ナビザ・・・付き合い難いなぁ~。(爆)


『ロミオとジュリエット』大千穐楽


見には行けませんでしたが
大千穐楽を迎えた

『ロミオとジュリエット』

お目出度うございます。

長丁場の舞台 
コンディションを整えるのも
大変だったかと思いますが
無事 大楽を迎えられて
本当に良かった~♪

城田くんロミオ 卒業宣言もあったらしいと
ツイで観ましたが もっと見たかったなぁ。

死のダンサー トリプルになって
三人三様のタイプの違う死
これも楽しませて頂きました。

そしてわずかのソロ曲に
父としてのドラマを込めて歌う
禅さんのあの曲、
これが目当てだったけど・・娘よ♪
初演と少しアプローチを変えてきた。

禅さんだけでなく2年の時間は
続投の皆にも変化をもたらし、
新たなキャストを加え
新たな『ロミ・ジュリ』を届けてくれました。

千穐楽公演こそ 観に行けなかったけど
遠征したし~(笑)

悔いなし 『ロミ・ジュリ』!

お疲れ様でした。

ミュージカル『バイトショウ』10・26 マチネ

@座・高円寺

扉座さん公演
正式には
劇団扉座第54回公演 
厚木シアタープロジェクト
ネクストステップ第4回公演
ミュージカル『バイトショウ』と言うらしい(笑)

柳瀬さんからの公演案内で
観劇決定でした。
大型台風の行方が 気が気ではありませんでしたが
雨も少し降っているけれど交通機関は通常通り。
どうやら予定通りの開演。

ミュージカル『バイトショウ』

出演
柳瀬大輔 五十嵐可絵(客演)
 
中原三千代 有馬自由 犬飼淳治 
高橋麻理 鈴木利典 岩本達郎 
鈴木里沙 上原健太 川西佑佳 
新原武 江原由夏 鈴木崇乃 
松本亮 松原海児 比嘉奈津子 
早川佳祐 塩屋愛実

瀧川駿(客演) (敬称略)

一言で言っちゃうと
久保薗チエの女優への道?

おじさんに連れられて初めて観た
ミュージカル 
たまたま楽屋まで入れて一大決心。

高校では演劇部・・・裏方だけど。
アングラ劇団に所属して 夢を追う

恋をして 苦労の日も乗り越え
バイトをしながら 小さな店で歌う。

客演の 柳瀬さん 五十嵐さん
元四季の方
流石のお二人 脚本の中でも
某ミュージカルのシーンは
それをパロってる。

でもこのノリは あまり好みではない。
回想シーンのように語るチエと
学生時代のチエ
二十歳代のアングラ劇団時代のチエ
演じる人が違うところは違和感。

二人にした意味は?
内容はかなりリアルっぽくて
芝居にしたい内容だったのかも。

登場するキャラの人物像がアッサリ気味
あまり印象に残らないかな。
サンキュさんとカナは少しだけ
覚えてるけど・・
まぁ そこすら覚えなかったら
何も残らんから~

柳瀬さん クラブのマネージャーとか
歌の先生とか 某劇団の主役スターとか
いろいろ演じてらっしゃったけど
中途半端な気がしてならない。
楽しそうには演じていらっしゃいましたが。


ミュージカルと言っても
客演との歌のレベルも差があって
バランスが悪いとういうか・・・
舞台の流れとして落ち着かない。

じゃあ どうすればいいの?
と言われても感覚的なものなので 
答えがなくてごめんなさい。

でも・・・う~ん いろいろ 勿体ない!








『ウィキッド』10・25マチネ




今日は 定期演目『Wiked』

1ヶ月から2か月の間に一回ペースで
ロングラン作品を順番に見てる感じです。

キャストも未定のまま会員先行で
押さえているので選ぶことも出来ずですが
なかなか効率良い方かもしれません。
前回見た時の エルフィー
ちょっとアッサリ気味だったので
樋口エルフィー楽しみ。
渡辺オズ陛下も来ましたよ~(笑)

夏劇場の荒川スカットルも
気になるけど~今日持ってるチケは
こちら。


本日のキャスト
グリンダ・・・・・・・・・・・苫田亜沙子
エルファバ・・・・・・・・・・樋口麻美
ネッサローズ ・・・・・・・・保城早耶香
マダム・モリブル・・・・・・・中野今日子
フィエロ・・・・・・・・・・・飯村和也
ボック・・・・・・・・・・・・山本道
ディラモンド教授・・・・・・・前田貞一郎
オズの魔法使い ・・・・・・・渡辺正


アンサンブル
賀山祐介 白倉一成 田井 啓 
清川 晶 須永友裕  見付祐一 
光山優哉 分部惇平 伊藤源

石野寛子 小澤真琴 熊本梨沙
栗城 唯 間尾 茜 増山美保 
芦澤瑞貴 花田菜美子 渡部真理子
         (敬称略)

樋口エルフィーと
苫田グリンダが良い感じ!

苫田グリンダ ますます弾けてる。
ぶりっ子とエルファバを思う
しっとりとしたシーンが際立って見えて
グリンダのキャラとして魅力的。

樋口エルフィーも
グリンダとの友情も見えて
歌声も力強く 弱い部分も
見えて伸びが良くて
ストレスがない(笑)
メリハリの利いたエルファバだわ~。

前回よりも生き生きとした舞台
そんな印象を受ける。
本日はが規制団体が客席を埋め
開演前の賑やかさといたら
頭痛がしてくるほどだったけれど
開演アナウンスが聞こえて来て
いざ開演となると
大きな拍手が沸き起こります。

学生さん なぜか開演時に
拍手するのよね~。(笑)
別に悪い事じゃないけれど
普段はない事だけけに
変な感じが抜けない。

上演中は静かだったので
ホッとした~(笑)

楽しみだったオズの陛下は
想定の範囲内(笑)

歌いかた セリフの間の取り方
渡辺さんだ~と思う。
ロマンスグレーの陛下衣装は
なかなかお似合い。
ちょっと動きがぎごちないけど・・・ネ(笑)

エルファバ・パパに白倉さん
暫くぶりな感じがします。

中野・モリブル先生は
キャラ違いな感じ
お上手なだけに自分の中の
イメージとのズレが気になります。

飯村フィエロ
ダンスも軽やかで王子キャラ
シンバも演じた事があるので
『ライオンキング』のパロディ・シーンが
ピッタリはまる(笑)
 
『オペラ座の怪人』
『美女と野獣』
『アイーダ』のパロディ・シーンも
浮き出して来て
笑いが起きたりして
良いスパイス(笑)

彼女とは知り合いだったの♪
遠い目をしてそう語るグリンダ、

深い友情を結んだ二人の
後悔をしない選択は
二人を別々の道に・・・・
何度もリピートした作品ですが、
毎回印象に残るシーンが違う。

カテコ 
笑顔全開のキャスト!(笑)
何度も何度もカテコでスタンディングが
繰り返される。

カテコでピョンと跳ねながら
お手振りの苫田グリンダに
可愛い~♪の声。
さらに繰り返されるカテコでは
投げキス・・ふっと客席の飛ばす。
わ~と歓声 
前方の小さなお子ちゃまを
観ながらのお手振り。


良い舞台でした~♪


Musical『ザ・ビューティフル・ゲーム』

何回か 公演チラシをいただく機会があって
出演者 ちょっと気になるじゃん?と
思っていた作品。


ミュージカル
『ザ・ビューティフル・ゲーム』
会場 : 新国立劇場 小劇場
2014年1月31日(金)~2月11日(火・祝)

出演
ジョン・ケリー・・・・・・・・・・馬場徹
メアリー・マクガイア・・・・・・・大塚千弘
デレック・コープランド・・・・・・平方元基
クリスティン・ワーナー・・・・・・フランク莉奈
ジンジャー・オショーネシー・・・・藤岡正明 
ベルナデット・・・・・・・・・・・野田久美子
ダニエル・ギレン・・・・・・・・・小野田龍之介
プロテスタント少女・・・・・・・・谷口ゆうな
トーマス・マロイ・・・・・・・・・中河内雅貴

オドネル神父・・・・・・・・・・・吉原光夫

逢沢 優 浅川文也 伊藤典子 北川理恵
北村 毅 高橋卓爾 藤岡義樹 宮垣祐也
             (敬称略)


『ロミ・ジュリ』に出てる莉奈ちゃんと平方君。
千弘ちゃんも出るし 藤岡君 中河内君 馬場君
『レ・ミゼ』 バル・ジャベ 吉原さん
テナ夫人だった ゆうなちゃん(笑)

あと高橋卓爾さんもいるな~と思っていたら 
響人さんから公演のご案内が届きました。

来年の 1月末から2月にかけて上演だし
スケジュール的にも多分・・・(笑)
新国立小劇場だと キャパ小さいので
お願いしておいた方が確実かな?

メール送信!お返事を待って・・・・
 観劇決定~~♪

また来年の観劇予定が増えたゾ。(爆)




次は『モンテ・クリスト伯』!


大阪『ロミ・ジュリ』もあと数公演残すのみ
台風の影響が懸念されますが27日
大千穐楽です。

 やっぱ雨???
禅さん雨男だものね~(爆)

記念公演とか トーク・ショー出演日とか
千穐楽とか イベントとか
とにかく雨に良く遭うので
禅友さんの間でもこれは定説ですが
ご本人は きっとその意識ないだろうなぁ(笑)

禅キャピュレット卿 頑張れ~
そして雨男に対抗する
禅友さんも頑張って~♪(笑)

先日大阪遠征して来たので
大千穐楽ではあっても 行けません。
禅さんキャピュレット卿の雄姿に
ついては・・・
皆さんのレポをお待ちしておりま~す。

本公演中の石川禅さんですが
しっかりと水面下のお仕事も!
実はスタッフAさんのお手並みか(笑)
お願いしてあった次回出演作の
『モンテ・クリスト伯』
公演チケットが送っていただきました。

『ロミ・ジュリ』の
千穐楽公演が見られなくて
沈み勝ちだったのに
現金なもので 一気に
『モンテクリスト伯』モードの

  スイッチ・オン!




気になる公演 見つけた!


ブロードウェイ・ミュージカル
『アダムス・ファミリ―』

2014年4月上演決定!!




出演
橋本さとし 真琴つばさ 昆 夏美 柳下 大
友 近 菅原永二 澤 魁士 
菊池銀河/玉沢威穏(ダブルキャスト)

鷲尾真知子 今井清隆

中本雅俊

小暮キヨタカ/鎌田誠樹/遠山大輔/岡本悠紀 
柏木ナオミ/三木麻衣子/遠藤瑠美子/可知寛子/七瀬りりこ
     (敬称略)

2014年4月7日(月)~20日(日) 青山劇場

名古屋、大阪他でも上演

『SONG・WRITERS』10・22マチネ

@シアタークリエ

上演時間 2時間30分
10列目のサイド通路より

通路を使った演出もありで
いずみんなど・・すぐ近くを
通り過ぎて行った(笑)

キャスト
エディ・レイク
(自信過剰の作詞家 )・・・・・・・屋良朝幸
ピーター・フォックス
(ちょっと気弱な作曲家)・・・・・・ 中川晃教
マリー・ローレンス
( ミュージカル女優の卵 )・・・・ 島袋寛子


ジミー・グラハム
( NY市警の刑事 )・・・・・・・・・・泉見洋平
パティ・グレイ
( クラブ歌手・ジミーの恋人 ) ・・・藤林美沙


ベンジャミン・デナーロ
( ガンビーノの手下1 )・・・・・・・・植原卓也
アントニオ・バルボア
( ガンビーノの手下2 )・・・・・・・・平野 良

カルロ・ガンビーノ
( イタリア系マフィアのボス )・・・コング桑田
ニック・クロフォード
( 音楽出版社のディレクター )・・・武田真治

[アンサンブル]
原田 治 末冨真由 大隣さやか
細川晃弘 清家とも子 吉田萌美
弓野梨佳  (敬称略)

作曲家・作詞家 歌姫のお話かと
思えが・・・
なぜかマフィア?
分かりやすいと言えば分りやすく

パティとマリーが 
ニックが本当は?
ジミーはお兄さんって?
エディの妄想の世界らしいけど
判り難いと言えば判り難い。(爆)

ダンスもあり・・軽いギャグ、
屋良君の身体能力を生かした
シーンもありで
アッキーと屋良君の
並んだアクションも観られます。
端っこで踊るイズミン。
武田クンも癖のある役作りで
そちらが面白い。
ふと思ったけど
この舞台の男性メンバー
割と小柄な方が多い気がする~。(笑)

屋良君 アッキーも
武田シンディも
そして コングさん・・横は大きいけど(爆)
藤林さんが大きく見えるもの。

ガンビーノの手下 お二人が
普通なのか 大きいのか
よくわからなくなる


そうか 演出は岸谷さんだったっけ。
天使3人組とか・・・・
地球ゴージャスのノリだ!(笑)




『エドワード二世』10・21マチネ

@新国立小劇場

帆布を渡したような幕が張られ
金屏風を思い起こさせる壁が
三方に巡らされている。

正面奥には出入り口がぽっかりと
口をあけ・・・。

場面に応じて 出現する
金色をした幾段かの階段に
守られたソファーのような玉座。

あとは後半 幽閉された
エドワード王が命を落とす
鉄製のようなベッドだけ
あとはなにもない空間です。

役者が時に応じて
自ら幕を引き 幕を開け
場面転換して行きます。

休憩15分で 3時間の上演予定
実際はほんの少し伸びていた
長い作品です。
記録用かよくわかりませんが
カメラも入っていた様子でした。


出演

エドワード二世・・・・・・・柄本 佑
王子エドワード・・・・・・・安西 慎太郎
ケント伯爵エドモンド・・・・窪塚 俊介
ギャビストン・・・・・・・・下総 源太朗
ウォリック伯爵・・・・・・・原 康義
ランカスター伯爵・・・・・・大谷 亮介
ペンブルック伯爵・・・・・・木下 浩之
アランデル侯爵・・・・・・・大鷹 明良
レスター伯爵・・・・・・・・中村 彰男
老モーティマー・・・・・・・瑳川 哲朗
モーティマー・・・・・・・・石住 昭彦
スペンサー・・・・・・・・・谷田 歩
カンタベリー大司教・・・・・石田 佳央
コベントリー司教・・・・・・小田 豊
ボールドック・・・・・・・・長谷川 志
ライトボーン・・・・・・・・西本 裕行
他・・ サー・ジョンやトラッセル
まだ役名のある役も
他役も皆さんが兼ねて
兵士 貴族たち 使者たち
従者たちなど
いろいろ演じていらっしゃいます。

王妃イザベラ・・・・・・・・・・・・中村 中
           (敬称略)

新国立劇場 シーズンもの
4作品まとめてゲットしたチケットの一枚でした。
割引が効くんだもの(笑)
良くお目にかかる役者さんは少なく
原さん 大谷さん 大鷹さん
瑳川さん 中村さんくらいでしょうか。

新国立での上演作品は
普段観ているミュージカルなどとは
違う舞台空間を作り出して
楽しませてくれるので
まっさらな状態でチケットを
取る事が多く今回もそのパターン。

そして『エドワード二世』の時代に
舞台をおいているのに・・・
全員スーツ姿。
剣を腰におき・・
ちょっとカッコウは悪いかも(爆)

ギャビストンだけ 
派手な白黒のシマシマスーツや
ギラギラのブラと羽飾りのビックリ衣装もあり
司教さまは・それなりの衣装で
殺し屋が赤いスーツ姿というのも
意表をつく感じです。

王のシンボルのお髭が
一文字に横に飛び出してる(笑)
エドワード王と実弟の
ケント伯爵もお髭付
青いスーツのエドワード王も
王冠が立派です~(笑)

時々現代風になる箇所もあっても
発せられるセリフがそれなりのもの。


そして ストーリーは敵味方
入り乱れ 今忠誠を誓った
はずの伯爵たちが挙兵したり
王に打ち破られすべて命を
落としたり・・

寵愛するのが男だったり
王に愛されない王妃が
臣下と情を通じ王を裏切ったり

王子に母であるイザベラが投獄されたりと
虚虚実実がないまぜになり
3時間越えの舞台を引っ張って
行きました。

テンションの高いエドワード王
王子エドワードの父には見えない
好き勝手をするその姿は人間だと言えば
言えるのか?(笑)
並外れたギャビストンへの
執着も変わっている。

実弟ケント伯の行動もあやふやと言えば
あやふやなもの。
貴族たちの決定は至極当然(笑)
ところが、だんだん雲行きが怪しく
なって来る・・・・・。

モーティマーの野望が
芽生え ふくらみ 破れるまで
ある意味・・モーティマーの
物語?(笑)

大谷さんも熱演
ランカスター伯爵と修道院長との
ギャップに笑いました。

谷田さんのスペンサーも
野心家で癖のある役、

原さん大鷹さんの
劇中での嵌り具合。

中村さんの王妃
凛として素敵でした。
モーティマーに利用され
謀反人となってしまう
悲しい結末でも
後姿が余韻を残す。

カテコはわりとあっさり目でしたが
ストプは こんな感じが多いかも。


『DREAM A DREAM』10・20マチネ

宝塚の舞台を観る機会は
あまり多くはありませんが…
いろいろな舞台でご活躍のOGさんが
たくさんご主演です。

@シアターオーブ
上演予定時間

ご馳走がたくさん並んだ
豪華テーブル?(笑)
どのステージも夢が詰まってる!
宝塚歌劇100周年前夜祭、
歴代タカラッジェンヌの
ソング&ダンス・ショー
日替わりメンバーもいる宝塚レビュー!
今日はこんな感じ。


ダンスが多いのは
湖月さん 朝海さん
そして 安寿さん
ダンサーとして登場した皆さま
星奈さんもダンスがメインかな

剣さんの歌のシーン
暖かくて包み込んでくれるようで
素敵でした。

未沙さん 出雲さんは
TOPSTARさんと
ダンサーさんを繋ぎ
まとめる感じか?

まずは 最初の登場に
ちょっとびっくり。
まじ 遅れてきたお客さんかと
思いましたもの(笑)
案内係さん蛍壌らしい制服だし~
案内するお席がステージ上

急かせる蛍壌をそっちのけ
挨拶したり 飴ちゃん口に入れたり・・

未沙さんの持っているチケットは
公演期間中有効の SSS席ですって(笑)

着席したところでお隣の席などから
立ち上がるのが
白い衣装に身を包んだメンバー
杜さんが最初にわかった。

今日はかなり後方席たっだので
だいたいの見当がついても
しっかりオペラグラスでお顔を
確認しなくては。(笑)
公演スタートです。

出演
鳳蘭 峰さを理 剣幸 
杜けあき 安寿ミラ
紫とも 湖月わたる 彩輝なお
星奈優里  朝海ひかる
彩乃かなみ 紫城るい 初風諄

/ 未沙のえる 出雲綾 /

羽純るい 大真みらん 舞城のどか
美鳳あや 南海まり  彩海早矢
大凪真生 夢華あやり 彩星りおん 
紗羽優那 紗羽優那 

<ゲストピアニスト>
 麻路さき


<ドリームゲスト>
安蘭けい (10月20日(日)~27日(日))

<スペシャルゲスト>
 瀬戸内美八  姿月あさと 
     (敬称略)

とにかく矢継ぎ早にショーが
メインも入れ替わり立ち代わり
とても忙しい印象。

彩輝さんが大人しい感じ
かなみん歌で美味しいとこ
貰ってます。
まりちゃんもちびソロありでした。

鳳さん デンと構えてさすがの存在感
その華やかさ。

峰さん 初風さんもご活躍。
和の世界のステージも
しっとりと美しく宝塚らしいものでした。

ピアノを弾いていたのが
麻路さんだった~
そういえばゲストピアニストって
書いてあったっけ

安蘭さんは
ひとかけらの勇気♪を
バッチリと聞かせてくれました。
瀬戸内さん 男前~~(笑)

皆で歌う曲も 元気が出るナンバー
手拍子を誘って会場ともに
ノリノリ!
 
さらにさらに・・・・・・本日は
『スパルタカス』トークショーが
有りました。

安寿ミラ 姿月あさと・朝海ひかる
 司会 未沙のえるさんというメンバー

一体誰が・・このメンバーをえらんだのか?
と 最初の発言 ヤンさん
おしゃべりの苦手なメンバーとの事(笑)
未沙さんにふられて
安寿さん 一生懸命に話していましたが
安寿さんTOPお披露目公演に
皆 出演したメンバーだったとか・・
その後 花から宙の初代トップになった
麻路さんのお話とか、
朝海さんは最下級性だったとか、
時の流れを感じる 伝統の宝塚です。



出演者が多い事もあり
2回の休憩を挟んで
終演が4時半近い。
それからのトークショーでしたが
興味深い内容でした。

ちょっと内輪の話になってない?と
心配そうなヤンさん
みんな ついてきてる?と
会場に尋ねる一コマもあって
なんとなく ホノボノしちゃいました。(笑)



『ロミ・ジュリ』日替わりカテコ


どうやら 禅パパ登場だったらしい(>_<)


観たかったなぁ~

毎回心待ちにして通っていた
東京では、見られず、
大阪遠征でも見られず

 あ~ぁ 残念!

『ライオン・キング』10・18マチネ


定期演目のライオン・キング!
そんな事言いながら
15周年記念公演は
禅さん出演の『モンテ・クリスト伯』なので
チケットを取っておりませんが・・・(爆)

会場 四季劇場[春]にやってきました。
通い慣れた道になっております。(笑)


本日の出演者
ラフィキ・・・・・・・・・・・・金原美喜
ムファサ・・・・・・・・・・・・内田圭
ザズ・・・・・・・・・・・・・・布施陽由
スカー・・・・・・・・・・・・・野中万寿夫
ヤングシンバ・・・・・・・・・・加藤慶士
ヤングナラ・・・・・・・・・・・山内瑞葵
シェンジ・・・・・・・・・・・・吉田夏子
バンザイ・・・・・・・・・・・・大塚道人
エド・・・・・・・・・・・・・・小原哲夫
ティモン・・・・・・・・・・・・黒川 輝
プンバァ・・・・・・・・・・・・川辺将大
シンバ・・・・・・・・・・・・・田中彰孝
ナラ・・・・・・・・・・・・・・小松加奈
サラビ・・・・・・・・・・・・・渡邊万希子

アンサンブル
蛭沼建徳 梅津 亮 名児耶 洋
酒井康樹 山下純輝 伊藤綾祐 
相良昌彰 坂本 剛 酒井良太
中村 巌 廣野圭亮 高城将一  
永田俊樹
 
海宝あかね 志賀ひかる 森田江里佳
井上智映子 趙 香順 朴 悠那
梅﨑友里絵 松尾千歳 原田美欧 
石井 絢 井藤湊香 徳永真理絵  
           (敬称略)


前回の北澤シンバ登場程の衝撃はないけど
出戻りキャストが多い気がする。(爆)
マッシュこと野中さんスカー
台詞回しが上手いなぁ~
今日のメンバー 
カクカク発声の人は目立たず、
すんなりとストーリーに入って行ける感じ。

野中さんスカーの他にも
田中シンバ 小松ナラ
そして内田さんムファサ、
金原さんラフィキも戻り組。

伸びのある歌声 金原さん
一瞬 伸ばし過ぎで
慌てて追いかけたシーンあったけど
生オケなら阿吽の呼吸みたいなのが
有るだろうけど
呼吸録音だから目立つのね~。

田中シンバ
頑張りました~
足あげなどでちょっと重い?
そう思えたシーンがあっただけど・・(笑)
流石に若さと勢いの
鋭い感じは薄れて上手さが見える。


内田さんムファサ・・好きだっ!
マッシュの次に・・だけど(爆)

結局、今日は野中さんスカーに
持って行かれた~(笑)

慌ただしいカテコ
なぜか ライオンキングの
カテコはテンポが異様に早い。

カテコでは
ハイエナトリオのテンションが
けっこう高かったようだ。(笑)



『エニシング・ゴーズ』10・17マチネ


久方振りの帝国劇場、
『エニシング・ゴーズ』

あら 開演の 
一ベル(5分前ベル)まで
エニシング~♪だわ。
かわいいワンちゃんも出演する
ドタバタ?コメディ~~。

かなり昔のミュージカルなので
ある程度の予想はついていましたが・・
懐かしい感じは
『ニューヨークに行きたい』に
通じるものが有るかも(笑)


出演
リノ・・・・・・・・・・・・・・瀬奈じゅん
ムーンフェイス・・・・・・・・・鹿賀丈史

ビリー・・・・・・・・・・・・・田代万里生
オークリー卿・・・・・・・・・・吉野圭吾
ホイットニー・・・・・・・・・・大澄賢也
ホープ・・・・・・・・・・・・・すみれ
アーマ・・・・・・・・・・・・・玉置成実
ハーコート夫人・・・。・・・・・保坂知寿

船長・・・・・・・・・・・・・・武岡淳一
ルカ・・・・・・・・・・・・・・照井裕隆
ヨハネ・・・・・・・・・・・・・小寺利光(D★D)

青山航士 石川鋼 板垣辰治 小原和彦
加賀谷一肇 加賀谷真聡 木内健人
倉田英二 坂元宏旬 谷本充弘 俵和也
橋本好弘 福永悠二 堀江慎也

秋園美穂 秋山千夏 伊藤典子 木村晶子
高橋千佳
七瀬りりこ 丹羽麻由美 樋口綾 福田えり
望月理世 (敬称略)

CLUBの歌手 リノ
リノが今夢中なのはビリー

でもビリーの憧れは 社交界の華
ホープ嬢 

ビリーの上司 ホイットニーはロンドンへ船の旅
見送りに来たビリー
仕事を言いつけられたビリーは
その船で憧れのホープ嬢が結婚すると
聞いて邪魔をしようと船に乗り込んでしまう。

船には ホープ嬢の母のハーコート婦人 
なぜか神父に化けた
ギャングのムーンフェイスも
仲間のアーマと共に乗り込んでいた。

セレブ好きの船長や
賭け事好きのルカやヨハネも
ちょっと面白いキャラだけど
これもありなの?(笑)

吉野さん
英国紳士は良いんだけど
逆さ言葉のような台詞

リノたちに
わかんない だから止めて~と
叫ばれていました。(笑)
ミョウチクリンなキャラを
作って 衣装もタンクトップだったり
ナイトガウンだったりで
ダンスになると
超がつく真面目さで踊ってる。
見た目とダンスのキレの良さの
ギャップが可笑しかった。

田代ビリー
ホープ嬢と歌の掛け合いは
ちょっと微妙だった
歌いかたのせいかな?
無理に乗り込んだせいで
ギャングに間違われて・・・
サインしあり ドヤ顔する
田代ビリーに
思わず笑いました。(笑)

ダンスシーンも多く
皆で踊ります!
ただし・・鹿賀さん 
納得の省エネモード(爆)
仕方ないでしょね~
保坂さんも大澄さんと並んで
タップ踏みますから。

このタップ・シーンがかなり
使われていて
ルカとヨハネは二人での見せ場、
照井さんと小寺さんの二人
弾けてます。

瀬奈リノのガールズを従えて
センターで踊り 
宝塚時代を思い出させる。

女性陣たちはドレスの替えが多い。
華やかですね~
リノだけじゃない
ホープ嬢も ハーコート婦人も
アーマもかなりドレス替えが
有ります。

客席通路から登場もありで
通路近いお席だったので
ハーコート婦人やホープ嬢
ビリーも通った!(笑)

可愛いワンちゃんは
ハーコート婦人に 
抱っこされ可愛い顔で
客席を見てましたよ(笑)

・・・バタバタとお話が
進んでいって いつの間にかね

ビリーとホープ壌
オークリー卿とリノ
ホイットニーとハーコート婦人が
良い感じに纏まり  the・endと
なりましたとさ。

分かりやすいと言えば分りやすい
なんでもあり と言えば・・・そうね(笑)
まさに『エニシング・ゴーズ』

でも作品としては
あまり後に残らない印象だなぁ~

このメンバーで 皆さん溌剌と楽しそうに
演じてらっしゃるけど、
ちょっと勿体ない気がする。

船の2F部分にご乗船のオケ・メンバー
指揮は塩タクター

なんか オープニングから手拍子だし
跳んでステップ踏んで
踊って・・・指揮してるんだから。
なぜか衣装も目立つシルバージャケ!

 出演キャスト共々 お疲れ様です。(笑)









Zさんからお手紙来たよ『レディ・ベス』

アンサンブルさんの発表もあり
本格始動?(笑)
『レディ・ベスのチケット予約が始まります。
いえ もう始まっていると言うべきですね。
すでに2公演GETしているのだから~(爆)

応援中の 石川禅さんの会に
お願いするつもりでいるけれど、
予定が見通せない来年4月5月のお話

スケジュール帳とにらめっこしても
答えがなかなか出ない。(爆)
もうちょっとだけ予定入ってるし~。

とりあえずは・・日曜日中心に
禅さん祭り
『レディ・ベス』祭り開催かな (笑)



『ロミオとジュリエット』10・14マチネ

よいお天気です。大阪2日目。
観光も行かずのんびりと開演を待ちます。

本日のキャスト
Blog4084.jpg

本日のロミオは古川クンなんですが
写真は城田ロミオです。(笑)

古川ロミオ
すらっと甘いマスクで
いかにも女の子をキャアキャア
言わせてそうなロミオ(笑)
僕は怖い♪の
ロングトーンも頑張ってたし
でもなぜか行動が淡白に見えるのです。

女の子からのメッセージ
3人目シルビアからのメッセ 
怖そうに素早く消去が面白いけど
フェイス・ブックに募集中・・・のシーン
そうかと言っても口だけ
スマホを取り出す事はない。
何かにつけ覇気がないような
そんなロミオに見えるのは
何故なんでしょう。


城田ティボルト
昨日はピュアなロミオだったのに
今日は荒ぶる貴公子ティボルトが
そこにいました。
眼光鋭くて獣のような目で
怖いくらい。
なのになんとなく透明感を感じる。
死のダンサーが見つめる中
命を落としても不思議はない
そんなティボルトが見えて来る。
ロミオも好きだけど
ティボルトも甲乙つけ難い。


清水ジュリエット
怪我がまだ完全治癒ではないのでしょう
袖のついた衣装のまま
ただ神父さまから頂いた薬は
両手を使って飲めるように
なっていました。
でもジュリ・ママが
起きて頂戴♪と
手を取り高く上げるシーンは
上げないままで
脈がない♪と言っていました。

莉奈ジュリとは声質が違うので
やはり雰囲気が変わる。
清水ジュリの方が幼くて硬いかな。
感情の表し方がまだまだ
アッサリな感じ。

ナイフで自らを刺すシーン
大貫死のダンサーに見とれて
ジュリエット観てなかった(爆)

大貫死のダンサー
ベッドの後ろで二人を
観ている表情が・・なんとも言えない。

古川ロミオと清水ジュリエットの
シーンだけではなく
今日はとりわけ死のダンサーが
目に入った日でした。
アラベスクの決まりは
ちょっと甘いかもと思っても
高台から紐をつたって
下りる時の足のおろしが
立開脚が崩れても・・(笑)
目を奪われる存在感には
変わりない。

マーキューシオとティボルトの
命が失われるシーンでの
あの怪しい微笑みは死の微笑み!
そんなのがあったら怖いけど・・
ゾクっとした一瞬でした。

松也ベンヴォーリオ
やはり自由だ~(笑)
客席降りのアドリブもかましてくれるし。
舞台に上がる時のロミオの
手が間に合わず転ぶのも
演っていたし
反対側では 今度は遭ったら倍返し
通路に降りて
 この階段 なんやねん!
中くらい受けてました(笑)

舞踏会に冒険に行こうと
マーキューシオがロミオを
誘うシーン
 ハイ 僕は行く~~~と手を上げ
ロミオが止めとけ♪ と言うのに

行こうぜ 行こうぜ 行こうぜ・・・
いこ いこ いこ いこ!攻撃。
行くと言うまでやめない
かなり賑やかなベンヴォーリオ(笑)
通る声でセリフの届きはとても良い。

水田マーキューシオ
歌のシーン マブの女王♪
このメロディ難しいのよね~
どこか あれって思う部分があるもの(笑)
マーキューシオもなんか可哀想な奴
水田マキュ観てるとそんな気がしてくる・・
見た目・・メイクもあって怖いんだけどね。

今日のメンバー
城田ティボと大貫死のダンサーが
目に付いた公演でした。

あっ大人組は全部目に付きますよ
薄い人がいないから。(笑)
全員が自分のキャラをキッチリ
主張して役をしてそこにいてくれるので
当たり前に目立つ。

禅パパ
本日は あちらでキャピュレット家のワインを
お楽しみください♪の後。

このあとのアドリブがちょっとだけ変化
今年の家のワインは最高の出来ですよ♪と
今まで家のワインは最高ですよ だけだったのに(笑)

命をつぐなう代償
誰かが支払わねばならない♪
熱唱 観てても力が入る(笑)
声が届いてもハーモニーを
壊してない。

毎回、禅ジュリ・パパの出番には
まえもって舞台袖に目を向け
登場を待つ(笑)
禅パパをしっかりと見届けた
『ロミオとジュリエット』でした。

ロミオとティボルト 二役に挑戦の
城田君の話題性で幕を開けた今季
『ロミ・ジュリ』
本日公演でMy楽となりましたが
まだ大阪公演 27日まで続きます。
キャストの皆さん
千穐楽まで走り抜けてくださいね。

カテコは キャピュレット・ガールズと
モンタギューガールズの
ミックス・ダンス・パート
舞台の終わったばかりでも
キレのダンス。カッコ良い~~♪

禅パパのカテコ・パフォが
観たかったなぁ~

   まだ言ってる!(笑)


『ロミオとジュリエット』10・13ソワレ


一泊予定の大阪遠征。
ロミオとジュリエットはソワレ公演
梅田芸術劇場入り口では
こんなロミジュリメンバーがお出迎えです。


扉の中には・・



本日のキャスト


箱が変わり 大阪梅田、
花道という名のサイドを使った
シーンが 舞台内に収まりました。(笑)
これで死角がなくなったと思います。
歌舞伎の花道なども2F席では ほぼ見えなくて
腰を浮かす人が多くストレスですから
この舞台配置の方が好き。

城田ロミオ
フランク・ジュリエットの
バランスの良いコンビ
朝方のツィで
ロミオ10日ぶり
緊張する~と呟いてた
城田クン ピュアなロミオが
再び舞台に現れましたよ~♪

大きいのに仕種が愛らしい、
ベルコニーでの恋語り
ジュリエットの言葉に
ロミオと聞こえると
パッと顔を輝かす。

追放の裁きに気落ちして
柱の傍で泣いているロミオも
ロミオらしい。


平方ベンヴォーリオも
危なげのない親友。
そうそう ロミオを探して
客席通路から出てくる平方ベン
オーブでは尻もちをついて
いたけど 普通に舞台に上がってた。
翌日マチネの 松也ベンは盛大に
尻もちついてたから
演者によって違いがあるという事か。
また消えたっ! とロミオを探しにゆく時の
階段コケはやってましたね。
なんだよーこの微妙な階段!
ここは東京と同じですが
一歩じゃ行けねぇよ~とか
そんな事を言ってたかな?(笑)

オシャレ・ピンクゴリラの加藤パリス
開幕当初はあれっと思ったのに
なんとなくハマってきた気がする。
伯爵という身分には・・ちと疑問も
残るけれど…(笑)
あまり高貴そうじゃないし~
  失礼な・・・言っちゃいました
       ゴメンなさいデス(笑)


ロミオと神父さまのシーン
ロミオの背中から抱えに来るのを
構えてる神父さま、
グルグル回されるのは東京楽に
比べたら控え目
ちょっとふらつく動きは
演技っぽい。(笑)

加藤ティボルト
動きがいい
倒されてもバック転のようにして
立ち直るシーンは加藤ティボ。
そして クールだった加藤ティボが
かなり激しい感情を見せるように
なって来ていると思えた。
ジュリエットへの思いや
植えつけられた憎しみのため
身動き取れない悲しみ。
加藤ティボならではの表現。


未来・乳母
ソロ・シーン
自分の産んだ子じゃないけど
生みの親にもわからせたい♪

初日からテンションが高い
このシーンでしたが
公演の数が増えるに従って
声の配分が変わってきたかも。

一気に地声で伸ばしていた所
ブレスを入れてから
 あ~~~~♪と
ファルセットで歌うようになっています。
東京楽ちかくからそうだったので
安心して聞けるけれど
ちょっと物足りない気もするのは
贅沢かな?

涼風ジュリママ
こちらの安定度もさすがです。
ロミオ・ママとの掛け合いのシーン
競うような感じにさえ見えてくる。
ジュリ・ママは他のキャストが
思い浮かばないくらい。

禅・ジュリパパ
加藤ティボルト相手でも
かなり激しい
お前は我が家をつぶす気かっ!
借金清算・・・も怒鳴る感じに。

借金と歌われた時の
パリスの腕から投げ捨てる

初演途中からず~~と
演っていますが、あの仕種はちょっと
キャピュレット卿には合っていない気が・・(爆)。

マーキューシオとティボルトの
命が奪われ 裁きを~♪と歌う
大公さまとのシーンでは
激しい表情に力を込めた歌声
皆で歌っていても
ソロなのかと思えるほど聞き取れる。

ラストの
愛は残る~♪
永遠に~♪ このシーンも
歌声がよく聞こえて来る。

娘よ♪
思いを込めた禅さんならではの
一曲、妻の裏切り 自嘲
嫁ぐ日には泣くだろうと
歌い上げる 一曲の中に
毎回、ドラマを感じさせてくれる。


大阪まで遠征しても悔いなし!

今日の『ロミ・ジュリ』
個人的にメンバーの
組み合わせも好みっぽい。

2公演のソワレだったのに
疲れも見せず良い舞台を
見せてくれました。

カテコでは 世界の王♪が
流れると ロミオとマーキューシオが
ナイフで争うシーン、
加藤パリスが
ロミオのように割って止めに入ると
二人から刺されてしまい(笑)
 フォーのポーズで締め!

本当にいろいろ考えてくれま~す(笑)


続・大阪ロミ・ジュリ

連休だし~と
思い切って大阪『ロミ・ジュリ』
ソワレ・マチネと2連荘
 頑張ってみました。(笑)

日帰り遠征でバタバタな事が多いけれど
時間はゆっくりで 『ロミ・ジュリ』2公演
禅さんパパに ロック・オンの筈でしたが
そこは ロミ・ジュリ!

城田ロミオとか 平方ベンヴォーリオとか
大貫死とか大貫死とか・・
松也ベンヴォーリオとか

だって2回とも大貫死だったから(笑)
あのシーン あのシーン
そしてやっぱり禅パパ(笑)

思い出しながら少し前に帰宅。

個別感想は じっくりと後ほどに。


大阪ロミジュリ!

大阪来てます♪
ロミジュリソワレ見終わってホテルでまったり(笑)
カテコ日替わり面白いですね。ティボとマーキュシオが対決!!
カトパリがロミオのように止めに入ってフォー!(笑)

明日のマチネ見て帰ります♪

『劇団四季ソング&ダンス60』10・12ソワレ



~感謝の花束~ 全国公演
@川口リリア・メインホール
この会場での四季公演はとにかく
 熱いっ!(笑)
反応がいい・・拍手が大きい。


本日の出演者

ヴォーカルパート
飯田洋輔 田邊真也 飯田達郎

光川 愛 福井麻起子 松元恵美


ダンスパート
松島勇気 斎藤洋一郎 朱 涛
西尾健治 水原 俊 大森瑞樹
林 晃平 松出直也

加藤久美子  須田綾乃 井上佳奈
坂本すみれ 西田ゆりあ 原田麦子
相馬杏奈 髙田直美 (敬称略)
 

飯田洋輔さんメインというところ?
メイン・ヴォーカルっぽい位置。
もちろんそれぞれにソロパートは
有りますが聞かせどころは
キッチリ押さえてくれる
ユダ・・スーパースター
歌ってくれますから(笑)
そして 夢醒めのヤクザ
♪煉獄のおいらたちを
小節を効かせて歌い
なおかつ台詞までありますから。
見た目怖くないヤクザさんでした(笑)

ピコのいうお粗末な人生・・のセリフは
光川さんにちょっと冷たく言われてた(笑)
その光川さん 片肌抜いた女壺師、
ぼんを囲むのは 田辺さんや
西尾さんで・・あとは齊藤洋一郎君かな

本日 後ろから列を数えた方が
早いお席だったので、ちょっと自信なし。
あまりオペラも使わなかったし~。

田邊くんの 夢醒め暴走族も
傍に本役経験者の西尾さんが
いたけれど・・・
気持ち良さそうに歌って
最後のワンフレーズを西尾さんという・・(笑)

部長はどう来るのか?と
思ったら達郎さんでした。
気落ちしてガックリした部長を
慰めるのにうたいだしたのは

  アンパンマンのマーチ♪(笑)

アレンジされていて歌いだして
一瞬だけど 何の曲だけ?
と考えてしまった(笑)

サウンド・オブ・ミュージックからや
ジョン万次郎からのチョイスも
あり、次から次を歌い継ぎ
あっと言う間のステージ。

川口リリアのメインホール
ロビーは狭い事は
ない筈なのに本日ごった返しています。

グッズを買う行列
化粧室へ向かう行列が
長く伸びています。
最後尾近くでは
お並びいただいても
開演時間までにお買い求め
いただけるかわかりません。(爆)
幕間になってから早めに並んで
パンフ・60周年記念手拭い
ソング&タダンス・メイキング・DVD
GETしたのですが、
その後並んだ友人が買った時は
すでにDVDは品切れだった様子。
活気に満ちています。

終演後は 全国公演の
お約束っぽくなった 
ロビーでの出演者のお見送り。

列を並んでも押される感じで進むと
西尾さん 飯田洋輔さんの列でした。

笑顔で握手をして頂きましたよ♪
旅公演 元気に公演中!(笑)

明日は自分が旅公演
追いかけて旅立ちます。

大阪『ロミオとジュリエット』
石川禅・キャピュレット卿
 
  待っててね~♪(笑)










10・11月のWOWOWさん


『StarS』特集 CSで放送決定!
よ~~し!と思ったら
プレミアムのチャンネルだけの
放送でした。。

アンテナ外し解約しちゃって
今は e2の方。
こちらは観られなくて残念でした。



でもこちらがあるさ
WOWOWさん!

10/19(土)よる9:00
『小野寺の弟・小野寺の姉』
西田征史×片桐はいり×向井理


11/2(土)午後1:00.
生中継!!!
舞台「私のホストちゃん」
なんと生放送だって。

終了時間が変更の場合有り。
と但し書きがあります。(笑)

11/16(土)よる6:00
ナイロン100℃「わが闇」 


11/23(土・祝)よる11:00
舞台「ストリッパー物語」 
つかこうへい×三浦大輔×リリー・フランキー
      (敬称略)


宝塚関連も少し。
わりと新作を放送してくれます。

11/14(木)よる7:30
『復活』(花組2012年)


10/15(火)午後5:00
『ロバート・キャパ』
  魂の記録(宙組2012年)

10/19(土)午後5:25
『愛するには短すぎる』(星組2011年)

11/30(土)午後3:25
サン=テグジュペリ -
『星の王子さま』になった操縦士 -(花組2012年)


CSでは 衛星劇場さんで
放送になることが多い こまつ座さん

『うかうか三十、ちょろちょろ四十』
10月 13(日) 後03:30
    25(金) 前07:30の2回
予定されています。



HDDが容量不足にならぬよう
ちゃんとDVDにMOVEして置かないとネ
あの生の感動がすこしでも
こういった形で残るのは嬉しい。


『レディ・ベス』キャスト・スケジュール発表!


まだ発表されてないけど
一公演押さえたよ~って言っていたら
発表されました。(笑)

来年4月から5月帝劇公演
『レディ・べス』

石川禅さんは、シングルなので
お名前はここにはありませんが
禅さん目当てななのでリピート決定、
全キャスト制覇はするだろうなと
今から覚悟?(笑)

どんな覚悟なんだか (爆)



予約完了です!

何って?
禅さんの次々回出演作
『レディ・ベス』で~~す。(笑)

石川禅さん シングル・キャストなので
何時の回を取っても大丈夫。

お仕事都合がわからん状態でも
取り敢えずの確保。(爆)

そろそろご案内の時期かとは
思いますが なにせ 
禅さん本舞台中に等しい。

明後日から大阪で
『ロミ・ジュリ』の幕が開きますから~。

今日か明日には大阪入りですね。
新作ミュー チケットはまず
 一公演取れた!(笑)
どちらのキャストの日なのかなぁ~(笑)

禅さんからのご案内を待って
じっくり追加の日を考える事にしましょう。

遠征も視野に入れて・・・ネ(爆)



どうしましょう

さて どうしたものか?『レディ・ベス』

『レディ・ベス』の公演
早くも某サイトからのご案内は
明日からの受付開始です。
キャスケについては
詳しくは公式を・・・ってリンクが貼ってあって、
公式東宝さんではまだ発表されてないと言う。(笑)
そして公演は新年度
仕事のシフトも全く未定。

キャスト発表ないまま 14年8月公演の
チケ発売開始したどこぞの劇団と
同じ状況です。(笑)

ますます前売りが早くなって
普通なら早い筈の出演者枠
石川禅さんからのご案内もまだ来ていません。


でも確実に押さえるなら 一公演くらいは
取っておこうかな。

 

『それからのブンとフン』10・8マチネ

二日続けて井上作品
今日は音楽劇
『それからのブンとフン』
ちょっと久し振りな@銀河劇場にて。


出演
フン(大友憤)・・・・・・・・市村正親

ブン(オリジナル)・・・・・・小池栄子

女学生ブン/スクールメイツ風女の子
/かわいい悪魔/傍聴人・・・・新妻聖子

インテリブン/邦人学者/アナウンサー

/悪魔の呼び屋/裁判長/
市民/ト連ブン・・・・・・・・・・・山西惇

アサヒ書店主/ブン一号/
傍聴人/市民・・・・・・・・・・・久保酎吉

クサキ/サンスケ警察長官
/市民・・・・・・・・・・・・・・・橋本じゅん

典型的馬鹿殿様ブン
/宇宙船スペース・アロー号船長
AD/偽ブン/傍聴人/市民
/丹国ブン一号・・・・・・・・・・さとうこうじ

警官ブン/外国学者/音声係
/看守長/南ドコニカブン一号
/市民・・・・・・・・・・・・・・・・・吉田メタル

肉体労働者ブン/基地の声
/照明係/ボーイ長/ブン/弁護人
/市民/一一九九九九号・・・・・辰巳智秋

猫ブン/長官の美人秘書
/スクール・メイツ風の女の子
上品上品したご婦人①/ブン
/傍聴人/刑務所の女子所員
市民・・・・・・・・・・・・・・・・・・・飯野めぐみ

江戸期踊り子芸者ブン/通訳
/上品上品したご婦人②/ブン
傍聴人/老婆/市民・・・・・・・・保可南

修道女ブン/スクールメイツ風の女の子
上品上品したご婦人③/ブン
/傍聴人/市民・・・・・・・・・・・・・あべこ

古典的コソ泥ブン/某ホテルのボーイ
/TVカメラマン/ブン/警官/
検事/記者/一一九九九八号
/市民・・・・・・・・・・・・・・・・角川浩明

男子高校生ブン/通訳/AD/
TVカメラマン/山形東作/ブン
/傍聴人/市民
/一一九九九七号・・・・・・・・北野雄大
おかまブン/司会者なんとかかんとか
/ブン/警官/傍聴人/市民
/一一九九九六号富岡晃一郎

演奏(ピアノ)・・・・・・・ 朴勝哲
       (敬称略)

憤とブンの他は何役も兼ねて
わけがわからなくなりそう~(笑)
丸い眼鏡をかけ 小さな古机に
しがみつき原稿用紙を手作りする(笑)

裏が白い広告を自分仕様に再利用
市販の○クヨ製品は真中が折れて盛り上がり
気に入らないそうです。(笑)

そんなフン(大友憤)が書き上げた
荒唐無稽の作品が急に売れ出します。

四次元の泥棒ブンが主人公です。
彼?彼女 性別も超越し
どんな人物にも変身することが出来
どんなものでも盗み出す事が出来る。

ブンはフンの書いた原稿用紙から
飛び出して 世の中を正そうとする。
それも盗乱す事によって。

対するは警察官クサキ
出世が大事 保身に余念がない
クサキにソックリなサンスケ警察長官
ブンを捕まえなければ出世が危うく
なって来た。
なにやら美人秘書と怪しい~♪
見た目もかなりあやしい~(笑)

ピンクの尻尾の可愛い悪魔の
大好物ですね。
長官に魂と引換の取引を
持ちかける。
悪魔の黒い羽をマッサージする
じゅんさん(笑)
じゅんさんと悪魔な聖子ちゃんの
デュエットなんて珍しいシーンも
見せて頂きましたよ。

メタルさんとじゅんさんのドタバタな
絡みはもうネ 
安心して見ていられるし~(笑)

市村さんフンは創り込み完璧だし
小池栄子ちゃんのブンがまた良いっ!

任侠の世界の女で見る事が
多かったせいか ちょっとその陰が
見えますが、憤先生のお好みとやらで
髪一つに結んだ和服姿。
しっくり来ます。

山西さんは変幻自在だし
アナウンサー役では
スクリーンにドあっぷ(笑)

久保さんも脇をピシっと〆る

飯めぐさんがご活躍、
セクシーなシーンもあったりして
なんといっても美人秘書!
猫ブンも可愛らしい。(笑)

南さん勢いあまって手に持っていた扇
舞台下に落ちちゃった。
拾いにいきなさいよ。
すかさず声がかかるっ!
ベテランさんが多いからね
こういったアクシデントにも
慌てないで指示がとぶ??(笑)
最前のお客様が
拾って手渡ししてあげていましたが。

盗みましょうよ♪
悪い人から悪い心を。
虚飾を・・・・

井上さん作品と言えば
そうでもあり 一本はちょっと違った
雰囲気もありの舞台でしたが
役者さんたちが面白おかしく
演じています。


公演終演後はトーク・ショーがありました。
ご出演は
市村正親・山西惇・久保酎吉・橋本じゅんの
4名さま

司会進行の方が進めて行きます
でも皆大人なの~(笑)
超まじめなお答えばかり。
  なに期待してるんだか?(笑)

でも井上さんの本を演る事が
嬉しいというお話が出て
毎回出来が違うんだと・・。
句読点有りなしの言いかた一つで
シーンの上がりが違ってくるから
という話に頷く皆さん、

言葉を選び、言葉で遊ぶ
井上さんの本

大変な量のセリフをこなし
役をこなし・・・今回きりの
面白い舞台が生まれました。

ほんとに舞台は一期一会
同じ役者で繰り返しても
同じものにはならない。

なにか実感出来てしまう
そんな舞台でした。




『ムサシ』10・7マチネ


@彩の国さいたま芸術劇場
相変わらずのホリプロ・サイズの
パンフでした。(笑)
ホント 保存し難いったらありゃしない(笑)

『ムサシ』再々演で
佐々木小次郎役が
溝端淳平さんに変わっています。

ムサシ上演時間

出演
藤原竜也 溝端淳平 鈴木 杏 
六平直政 吉田鋼太郎 
白石加代子 大石継太 
塚本幸男 飯田邦博 
堀文明 井面猛志 (敬称略)

メンバーの変更があまりなく
再演されている作品。


『ムサシ』 初演はこんなメンバーでした。
宮本武蔵・・・・・・・・・・・・・藤原竜也
佐々木小次郎・・・・・・・・・小栗旬
筆屋乙女・・・・・・・・・・・・・鈴木杏
沢庵宗彭・・・・・・・・・・・・・辻萬長
柳生宗矩・・・・・・・・・・・・・吉田鋼太郎
木屋まい・・・・・・・・・・・・・白石加代子
平心・・・・・・・・・・・・・・・・・大石継太
忠助・・・・・・・・・・・・・・・・・堀文明
浅川甚兵衛・・・・・・・・・・・塚本幸男
浅川官兵衛・・・・・・・・・・・高橋努
只野有膳・・・・・・・・・・・・・井面猛志
         (敬称略)

再演でロンドンNYバージョンとなる
出演
藤原竜也 勝地涼 鈴木杏
六平直政 吉田鋼太郎
白石加代子 大石継太
塚本幸男 飯田邦博
堀文明 井面猛志
       (敬称略)


出演俳優さんも多くなく
再演に当たってもキャスト変更は
ほぼありません。
なぜか小次郎役だけが変わってゆく・・。(笑)

もう皆さま ご存じとは思いますが
宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘 
赤い陽を背負い戦う二人の姿
ここから舞台は始まるのですが
勝負は一瞬!(笑)

ムサシは小次郎の手当てを頼み
去ってゆく・・・。

数年後
ある小さい寺の開山。
沢庵和尚 平心の元には
筆屋乙女・木屋まい
柳生宗矩と作事奉行と
なっていたムサシがいる。

そこへ現れたのは小次郎。
あちこち訪ね歩き ムサシを
追ってきた。

破れた決闘に納得がいかず
もう一度果し合いを申し込みに
来たのだった。
 さらにお話は続き・・
とんでもない方向へ(笑)

謡い狂いの宗矩さん
ところ構わず 謡いだす。
この謠いの動きが
剛太郎さん 様になっています。
謠いも流石。
狂言指導は野村萬斎さんですね。

決闘をする場所など
書状にしたためた小次郎からの
果たし状をなぜか全員で読む(笑)
こんな二人をなんとか
止めようと奇策を持ち出す宗矩。
柳生新陰流奥義?
二人三脚だそうな。(笑)

組んず解れつのシーン
以前よりもちょっと軽く
なったような気がするけど
やはり可笑しい(笑)

亡き父の敵打ちを
決心した筆屋乙女と
助太刀を申し出た
木屋まい達に剣術指南の
小次郎、
それを見ていた宗矩・
ムサシも加わり
タンゴ???のメロディで
すり足や引き足。(笑) 

このあたりの笑わせどころは
しっかり押さえています。

新メンバーの溝端クン
イケメンくんで動きも良いですねぇ。
若いって良いねぇ~~♪
藤原ムサシに パコパコ
叩かれてましたが・・・・。(笑)

負けずにフットワークの軽い
剛太郎さん
客席降りがあるけど
階段もとても軽い動き。

大石さん
こんな感じの役が多く
そして合う!
なんとも言えない大石さんならではの
味があります。

六平さん沢庵和尚
思い出す辻さん沢庵和尚と 
持ち味の違う和尚さんだ。
好きだけど(笑)

白石さんの怪演は
ここでも発揮されますね。
木屋まい役
ほかの誰と言われても
難しい。

再演メンバーがほぼ終結。
以前作り上げた世界
さらに深くなったように思う。

舞台セットも好きな作品。
小さなお寺と竹林
動く竹林・・あれ竹ですよね~(笑)
決闘など盛り上げる時にはザワザワと
音をだて揺れるのが効果的。

カテコもスタンディングも出てストプでは
珍しいかも。

贅沢な空間
贅沢なお芝居だったと思う

ラスト セットの上に
井上ひさしさんの写真が降りて来ました。





『ロミオとジュリエット』10・5東京千穐楽



一夜あければ・・・
『ロミオとジュリエット』千穐楽。
本日も 満員御礼の張り紙
出てました。

本日のキャスト


フラッシュが光り
大公さまにインタビュー

黒い一団に紛れていた死
コートをそっと脱ぎ捨て
密かに皆を見つめ続ける。

城田ロミオ 楽Ver
こうして楽Verで演じられるのは
凄いな。
神父さまとのシーン
遊び易いかもね?(笑)

カッキー・ロミオもここで
少し遊べたようですが・・・(笑)
ちゃんと受けてくれる神父さまだから
安心の振り

カッキーのお姫様抱っこにたいし
城田ロミオは後ろから抱きかかえ
子どもにでもするような
グルグル回し、
カッキーもそうでしたが。
城田ロミオも、特に回数が多い。

コラ~ 私はジュリエットではない!
と言って やっと降ろされた神父様
足元フラフラです。(どうもこ芝居?)

神父さま 反対に回るといいんじゃ?

心配そうな城田ロミオに
神父さま 
華麗でスピ-ディな2回転を
鮮やかに決めました。

会場からも拍手が起こります。
お芝居の流れを止めずにこういったシーンが
入れられるのは凄い。

勿論これを嫌う方もいらっしゃいますし
時として滑る事もあるし~(笑)
けれど自分的には 
これくらいの楽Verは大歓迎です。

平方ベンヴォーリオも
良家のおぼっちゃまらしい
雰囲気で 松也ベンヴォーリオとは
これまたタイプの違いが出ていて
面白かった。

怪我のため 休演してしまった
くるみジュリエット 復帰。
どうやら 怪我は肘らしいと
お聞きしましたが、
肩出しドレスには
レースらしい袖が付けられてた。
もしかしたらケープのようなものを
掛けていたのもしれませんが
後方席だったのではっきりとは
判りませんでした。

服毒のシーンも片手での演技
カテコでは 通常ジュリエットは
舞踏会のドレスなのですが
くるみ・ジュリエット ラストの
ウエディング・ドレスのまま。
あのドレスはデザインで袖があるからかな。
回数を重ねた莉奈ジュリに比較して
しまうと・・そうしてもセリフがアッサリ気味に
聞こえてしまう。
お歌も外してはないねれど
音を探しに行くような場所がちらほら。
これは歌いかたの癖なのかな?

大貫・死のダンサー
こちらも前日の記事にもしたけど
タイプの違う死。

纏わりつかれる
絡め取られる感じで
この死からも逃げられません。
3人が3様の死の表現。

これも見比べる事が出来て
嬉しい舞台でした。

繰り返し見て さらに
表現するキャラが鮮明になるのは
あるかもしれませんが
禅さんのキャピュレット卿も
役のキャラを深めてくれていると
感じた再演『ロミ・ジュリ』でした。

千穐楽カテコでは、
まず通常の挨拶を城田クンから
2度目のカテコで世界の王
見送りタイム

禅・パパ
本日は 特別?
くるみジュリエットをちょっとだけ
お姫様抱っこ。
パパ 腰が心配(爆)

終演の場内アナウンスが始まりますが
客席はほとんど動く気配なし
大きな拍手・歓声が続きます。
今回も 死のダンサーに振られます(笑)
聞いてなかったらしいちょっと
慌てた大貫さんもいいな(笑)
ロミオに顔をつけてロミオのマイクを
拝借の図 (想像してね)

再び城田クンからの観劇お礼
こんな順番だったかな。
わかんなくなっちゃった。

さらに再びの幕が上がると
一足先に楽を迎えていたメンバー
加藤パリス・東山マーキュシオ
松也ベンヴォーリオも私服で
舞台に上がりました。

この辺だっかな
また場内アナウンスが
始まったのは・・・
それでも拍手・歓声は止まず。
幕の降り際・・城田ロミオ
お隣のマーキューシオにツンツンして
エア・ナイフで刺す真似
マーキューシオも反応よく
お返しされ
ロミオなのに・・それじゃティボ
ついには倒れてるよ~(笑)

最後は場内も巻き込んでの
世界の王 歌って踊って
大団円!
千穐楽もよい舞台でした。

でも大阪公演があるからか
主要キャストからの挨拶はなしだったのが
ちょっと寂しいな。

前回公演では挨拶もあったし
動画も見せてくれた。
今回は動画のUPもほとんどないし。
特に 大人組目当てのファンは
寂しい思いがしたよ~。

御時間とお金に余裕がある方は
大阪 来てね!と
前楽カテコでも言ってたけどね。

どのキャストがいなくても禅さんが
いれば・・・・・
結局 センターは禅なのさ!
その禅・キャピュレット卿の
千穐楽を見ようとかなりの人数の
禅友さん集結(笑)

皆さんにお会い出来た事も
楽しさを倍にしてくれた。

なにせ 開幕中のご挨拶が
今度いつ? 
明日よ
明後日なの。 
しばらく来れないけど週末よ。

こんな会話が交わされますから~(笑)

そして千穐楽
今度は会えるのは『モンクリ』初日?
大阪は行かないの?(笑)

こんな具合に禅さんの舞台だと 
リピート率が上がるのは 自分比デフォ

大阪も禅さんがいるから
 遠征するんだけどネ (笑)

『ロミオとジュリエット』10・4ソワレ

柿澤ロミオ 楽日公演。
本日はソワレ
急遽作ったと思える
満員御礼の張り紙が見えます。



明日のラスト公演を残すのみ
こうして公演を作り上げ
初日を迎え・・・・・
何かを残して楽を迎える。

その時感じ取る何か。
そのために劇場に足を
運んでいるのかもしれません。

本日のキャスト表


最初から熱い感じの
柿澤ロミオ

2F花道からの登場
柿澤ロミオは後ろ向き。
帽子を被り スマホを差出し
お誘いのメッセを容赦なく消去(笑)
汗を滴らせての
一所懸命でジュリエットを愛し抜く
ロミオでした。
一人いるジュリエットから
ロミオ♪と歌われた時の
パッと輝く表情
明るくピュアなロミオ。
世界の王のダンスも小気味いい
動きを見せてくれます。
舞台袖に捌ける賭け方も
とっても機敏。

負けずに熱き城田ティボ、
ティボルト役の時は
目つきからして違う気がします。
その存在感は突出している
気がします。
そこへあの真っ赤な真紅の衣装
薔薇模様・・・(爆)
目立つなと言う方が無理でしょう
あまり目立つとね
お話が変わってしまうのではないかと。
ティボルトの秘めた恋物語。
  違うってっ♪ と
即 ロミオに突っ込まれますね。(笑)

荒れ方もダイナミック。
そんな城田ティボルトが
叔父上のいう事は従う。
禅・ジュリパパ。
かなり声を荒げてますが・・
それでも威厳を持って
言い聞かせるジュリ・パパなのです。
城田ティボルトは初演からのティボ像を
新たにしてくれました。
ティボルト物語が出来ても
不思議ではない存在感ある
ティボルトでした。

松也ベンヴォーリオも楽モード。
ロミオ探索の時は
100倍返しと じぇじぇじぇまで出た。(笑)
会場の笑いを誘っていました。

キャピュレットの舞踏会に乗り込み
一泡吹かせようと言うマーキューシオの
言葉に やめとけ!のシーンで

傍の松也ベンヴォーリオ
行こうぜ 行こうぜ 行こうぜ
行こうぜ・・・・行こうぜ。
ほんとに何回も言ったんですって。
ロミオがわかった~と言うまでは
止めるもんかって言う勢い(笑)
あれ 暴走って言わなかった気が?
以前もカッキーロミオ
ここで噛んでたけど・・・
ここ苦手?(笑)

わかった!行ってやる
・・とロミオが言うまで
ロミオの手を取って
子どもが甘える風でこれは
これで面白い。
一人よく通る声は発声が違う。
ロミオ・ママに
たまには役にたつのね♪と
言われたのをロミオに説明する時
女形風の言いかたになってる。
積み重ねて来たものが現れるのが
舞台なのですね。

東山マーキューシオも
半端ない切れっぷり
埋もれてなかった。
キャラが全員しっかりと見える。


宮尾・死のダンサー
再演で参加の宮尾・しのダンサー
初見では 人間が踊っている
ダンサーだったのが
公演を重ねるごとに
怖くなって来た。(笑)
死の雰囲気をまとって来た気がします。
ジリジリと近づいて来て
手の中に囚われる感じの
宮尾・死のダンサー

俯瞰するように人々を見つめる
表情のない死
気がつくと闇に捕えられていた
・・そんな中島・死のダンサー

大貫・死のダンサーは
蛇のようにまとわりつく死
薄い笑みを見せながら自らの
手の中に絡め取られるのを
待つ感じで逃げられそうも
有りません。

3人3様の タイプの違う
死のダンサー
どなたの回も存分に堪能
いたしました。

安崎神父さま
結婚式のお願いに来たロミオ。
嬉しさのあまり
椅子を大きなジャンプで飛び越え
神父様を お姫様抱っこ
クルクル回す回数はいつもより多く
神父様ついに投げ出されてしまい一言
ジュリエットだっだらどうするんだ!
会場からも笑いと拍手。(笑)
ちょっとふらついていますけど
お芝居っぽい・・(笑)

中山・大公さま
今日も ビシっとベローナを
統治されていましたが
舞踏会になると仮面の下から
お髭が見える姿勢のよい執事さま

ワイングラスを運ぶ大切なお役、
二人のティボルトのグラスの返し方が
違ってそれぞれに対応する執事の
動きがツボ!(笑)

大人組 安定の仕事ぶり
乳母さん ソロお疲れのようで
ちょっとあれっと思うか所はあっても
ジュリエットへも思いを溢れさせ
客席へ届けてくれる。

涼風キャピュレット夫人は
もうこの方以外思い浮かばないくらい
憎しみ 憎しみ~♪
あのフレーズが涼風ママの声で
突然 思い浮かぶのは・・・困ったもんだ(笑)

禅・キャピュレット卿
今期 落ち着いたキャピュレット卿に
作り直して来ました。(笑)

ジュリエットの舞踏会の衣装に
可愛~~い♪より
これならパリス伯爵も気に入るだろう
こっちの方が 卿らしい。

娘よ♪
台詞歌、でもブレない。
やはりこれが禅さんの歌だっ!
娘との16年間を込めて
短いあの歌に物語を詰め込み
歌い上げるウルウル・禅さんが観られます。
何度でも見たい・聴きたい
あのシーン。

そういえばあまりわからないけど
ジュリ・パパの衣装も変わってる?
ポケットに細い黒い縁取り
袖口にも黒いたくさんのボタン。
前もそうだったかな?
真っ赤なイメーシしか
残っていない(爆)
もっと根本的に変えてくれ~(爆) 

と言う事で 前楽公演
熱く盛り上がる 楽仕様の
公演となりました。


カテコSP
普通のカテコ後 さらにカテコ
場内終演アナウンスが聞こえても
拍手は止まる事を知らない。(笑)
再び幕が上がる。

柿澤ロミオの挨拶に次いで
ダンサーズ 踊らずに場をあけて
横に位置をずらす。
宮尾ダンサー!
踊りながらダンサーズに襲い掛かる
死に襲われ倒れるダンサーズ軍団。

そこへ正義の味方
カッキー・ロミオ
ベンヴォーリオと共に
エ~~メ♪と歌う。
倒れ込む宮尾死のダンサー。(笑)

最後 カッキー・ロミオが
助け起こして幕!
いろいろ考えるものです。
拍手は終演アナウンスにも
負けずに またカテコ。

カッキーロミオが大阪公演には
出演がないので、お留守番な事
そして本日 楽を迎える
東山くんの紹介。
次を紹介しようと、
岡田・・と言いかける。
今日のパリス 加藤さんだし~(笑)

ロミオとティボルトを演じた
城田君もティボ楽
でも名前が出てこない?・・(アレッ?)

自分で 今日俺ダメだ~ だって。(笑)
いえいえ そんなところも含めて
素敵なロミオでしたよ 
カッキー!
誰かまだいるでしょう。
ほらほら 後ろから 宮尾・死が
自分を指さして 俺 俺アピール(笑)

死のダンサーじゃセリフないので
マイクつけてないからね~。
柿澤ロミオのマイクを使って一言、
これがまた 顔寄せ合って
ナナメってのご挨拶となりました。

良い前楽だった!

明日は『ロミ・ジュリ』ソワレ!

明日ソワレはもう 前楽。 
そしてカッキーロミオの楽です。
東京公演だけの出演なので
もう見られないカッキー・ロミオ

禅さん出演舞台の前楽・千穐楽は
頑張って観る事にしているので
結果 カッキー・ロミオ楽と
城タン・ロミオ楽を見られます。

日替わりカテコSPも楽しみ

ツイ情報によると
大貫死?も
ロミオ・ママも SPったらしい。


ジュリ・パパの出番は如何に?
是非とも見たいっ!(笑)

『ベスト・ステージ』9・27発売号


毎号 ジャニーズ系の掲載が
多いのてすが
今回はちょっとだけ
禅さん載るかな~と期待していました。 

『ロミオとジュリエット』きた~~~!(笑)

小さいけど 石川禅ジュリ・パパを
見つけました。
霊廟での黒い衣装のもあります。
横顔だけどネ

このシ―ンはあまり載ることがないので
ちと嬉しい(笑)

『ラブ・ネバー・ダイ』 ホリプロさん先行!

早くも先行販売が始まった
『ラブ・ネバー・ダイ』
>ラブネバー・ダイ

市村さん 鹿賀さん(Wキャスト)
お二人のファントムって
選べない~。

平原さん ミュージカル初挑戦
Wが濱めぐさんですから~
ミュージカルの歌は
台詞として歌ってくれないと
なにも響かない。
お上手な方でもそこがチャレンジ。

ラウルもWキャスト
選ぶとしたら万里生っちかな。(笑)
怜奈ちゃん 彩吹さんのメグも
タイプ違いでどちらも観たい。

鳳さん・香寿さんもしかり。

もう少し待てば 割引チケとか
特典つきチケの情報が入る・・・かも?

いや待てっ!
ある意味、今回の先行も特典付きなので
先行初日にチャレンジしましたが
まぁ繋がらない事。

午後になってからようやくです。
取れたお席は 最後列サイド。
1F席が取れただけ良いのかしら?

翌日から某サイトでも取扱いが
始まりましたがお席はやはり微妙(笑)
これからクレジット系で
割引チケが出てそちらの方が
良い席だったりしてね(笑)

特典つきの意味はですね。
期間限定でチケ購入して
発券を配送指定にした場合だけ、
特別デザインのチケットとの事、
それもWファントムそれぞれ
違うデザインなんですって。

コンビニ発券にしてしまうと
普通のチケですって。

でも これって半券を記念に
取っておく人じゃないと
意味はないかもしれませんが
『ラブ・ネバー・ダイ』
ついつい ポチりました~♪

来年の3月から4月の
予定が入ってしまった(爆)
もう これ以上増やさない方向で。

石川禅さんご出演の
『レディ・ベス』の公演期間は
4月から5月
そちらのスケジュールは
開けておかないといけないので
そうは回数行けないし~。(笑)
検索フォーム
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

いらっしゃいませ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
81位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
俳優
7位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りBlog
Blog開設カウンター
ブログの更新率
月別アーカイブ