現在の閲覧者数: 2015年05月の記事 - hatti元気の素 観劇 ミュージカル
fc2ブログ
プロフィール

hatti (はっち)

Author:hatti (はっち)
石川禅さん応援中!
劇団四季・東宝ミュージカル・・・時には宝塚
観劇大好きなhattiです 

記事に関係のないコメントは
削除させていただく場合が
御座います。ご了承ください。

石川禅さんのお仕事
石川禅さん
これからの予定

舞台******
石丸幹二 
オーケストラコンサート2024
石丸幹二
東京フィルハーモニー交響楽団
2024年6月21日(金)
会場:東京芸術劇場 コンサートホール
ゲスト出演

FC企画イベント
石川禅60Thバースデーパーティ
2024年6月22日
12:00 18:00
俺のフレンチ(都内)

舞台
ヒストリーボーイズ』
2024年7月20日(土)~28日(日)
あうるすぽっと
へクター役

舞台
『ミセン』
2025年1月~2月
大阪
愛知
東京
へクター役

********
Netflix
「モンキー・キング」
声の出演
“竜王"役 吹替=石川禅
2023年8月19日より配信開始

Netflix
『氷がすべてを隔てても』
声の出演
アイナー役=石川禅 (3/2より配信開始)

Netflix
『サンドマン』
声の出演
第6話 吹替=石川禅

コンサート*******
★『石川禅 6th ソロ・コンサート』
2021年3月20日~21日
よみうり大手町ホール
※公演延期 ※

石川禅さんのプロフィール
FCについては
サイドバーのリンクから
ホリプロブッキング
エージェンシーへどうぞ
禅さんの舞台
石川禅さん次回は % 『ヒストリーボーイズ』
禅さん 出演公演
Blogランキング参加中です
見たよ 読んだよ ポチっとな!
よろしく お願いします。
5月の観劇予定

5月の観劇予定
■『クロスロード』
■『メディスン』
■『COME FROM AWAY』高崎
■『ゴースト&レディ』
■『ハムレット』
■『デカローグC』
■『湯を沸かすほどの熱い愛』
■『アラジン』
■『この世界の片隅に』
■『ロミオとジュリエット』
■『ナビレラ』
■『アナと雪の女王』
■『美女と野獣』
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 3031
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

『ミュージカル・ミーツ・シンフォニー2015』 5・2ソワレ

 @東京芸術劇場 CONCERT・HALL


<出 演>
オーケストラ:読売日本交響楽団
指揮:梅田俊明

出演者
安蘭けい、中川晃教、新妻聖子、平方元基

ゲスト
ジョン・オーウェン=ジョーンズ、
COLLABRO(コラブロ) (敬称略)


ホリプロさん公式ページより
お借りしました。
予定演目はこんな感じでしたが・・・

☆「メモリー」安蘭けい 『キャッツ』より
☆「トゥモロー」/安蘭けい 『アニー』より
☆「僕こそ音楽」/中川晃教 『モーツァルト!』より
☆「君の瞳に恋してる」/中川晃教 『ジャージー・ボーイズ』より
☆「Gold」/新妻聖子 『GOLD~カミーユとロダン~』より
☆「Bring Him Home」/ジョン・オーウェン=ジョーンズ 『レ・ミゼラブル』より
☆「Stars」/COLLABRO(コラブロ)『レ・ミゼラブル』より
☆「サンセット大通り」/平方元基 『サンセット大通り』より
☆「Phantom of the Opera」
/ジョン・オーウェン=ジョーンズ、新妻聖子『オペラ座の怪人』より
☆「Till I Hear You Sing」
/ジョン・オーウェン=ジョーンズ 『ラブ・ネバー・ダイ』より

演奏順は変動するようで HP紹介とは
違いました。

普段聞けない 安蘭さん メモリー♪
                トゥモロー♪
『ウエストサイド物語』からの曲もあったり
中川×新妻のデュエット
硬質な新妻さんと柔らかい声で歌う
中川クンの歌声は 聞きなれない感が
あって貴重なものをきいたのかな (笑)

ジョン・オーウェンの歌う 「Bring Him Home」♪
素晴らしかった。
つい先日 コルムさんのも
聞いたけど また印象の違う
「Bring Him Home」 
強いエネルギーを感じる歌かな?

舞台のワンシーンとしてより
コンサートの舞台の歌になっていたのかも。

これは若いグループ
COLLABRO(コラブロ)さんも、同じ
コンサートの歌になっているので
素晴らしいけど・・まるで別物。
綺麗なハーモニーで
力強い歌声だ。

でもいまだにStars♪を聞くと 
石川禅ジャベールを思いだしてしまうので
困ったもんだ。(爆)

平方くん 彼らしくて
緊張感もあまり見せず健闘してた。

サンセット大通りからの曲も
あって お稽古してるしね~って
思ったり(笑)

こんなコンサートの常としてか
女性のお二人は
肩を出したロングドレス
お召替えもあります。

聖子ちゃん 一着目
黒っぽいチュールを使った
スカート部分に
大きな淡いピンクの花をあしらったドレス
もう一着も パステル調のカラフルなお花のついた可愛いピンクドレスでした。

髪はショート・ボブ。
カチューシャっぽい黒の髪飾りがキラキラ


安蘭さん きれい目バイオレット
胸部分には シルバービーズが
キラキラ煌めく。

お召し替えの2着目
ウエディングドレスを
思わせる真っ白なドレス
まとめ髪の髪飾りも
白いお花でした。

ラストのドレスは裾部分は白
胸部分から透ける青いチュールで
覆ったような感じ
後ろは青いチュールが長くなってて

二人とも綺麗だったなぁ。

沸き上がる歓声と
スタンディング・オベーションで
幕がおりたコンサート

選曲がコルムさんのコンサートと
かなり被っていたなぁと。

ミュージカル・コンサートとなると
そうしてもこういったセットリストに
なるのね。

普段聞けないキャストでの曲
これも魅力的なだけど、
舞台で芝居の中で歌われる曲とは
歌い方が違う

ラストは全員で
One day more♪でした。

やはり 本舞台の中で聴く方が
自分は好きなのかも知れない。
そんな事を思ったコンサートでした。





『シャーロック・ホームズⅡ』5・2マチネ

@東京芸術劇場 プレイハウス


前作 『シャーロック・ホームズ』と
ちょっと趣の違いを感じる作品

ホームズを演じるさとしさん
一路さんコンビ続投の本作です。


出演者
シャーロック・ホームズ・・・・橋本さとし
ジェーン・ワトソン・・・・・・・・一路真輝
マリア・クララ・・・・・・・・・・ 秋本才加
エドガー・・・・・・・・・・・・・ 良知真次
        (Wキャスト・・小西遼生)
ティラー・バトラー/他・・・・・ 竹下宏太朗
ジェシカ/オリビア・・・・・・・・ まりゑ
エミリー院長・・・・・・・・・・・ 春風ひとみ
レスとレード警部・・・・・・・・ コング桑田
クライブ・オーウェン・・・・・・別所哲也

ニコラス男爵/他・・・・・・・・・ 香取新一 
ひのあらた 中山 昇  染谷洸太
藤岡義樹 木村晶子  遠藤瑠美子   
香月彩里   大泰司桃子 (敬称略)



クライブ・オ―エン役の別所さん
春風さんもメンバーに加わっての

 シリーズⅡ

マリア役 秋本さん
最初誰?状態でした。
そんなに舞台ではお目にかかって
いないし・・・(汗)

コングさん 竹下さんはもう
自由に舞台を泳いでる?(笑)
初見ですが 竹下さん
いきなりバンドさんの音無しに
歌い出したシーン
ミュージカル風にやってみた。(笑)

あのね 
本作ミュージカルでは無かったの?
ミュー風はないでしょ?(笑)

まったく違うキャラを二人を演じた
まりゑさんも体当たり演技。

香取さん 中山さん
ひのさんも 幾つもの役を
こなし 大忙しです。
中山さん 街の人と貴族
ギャップあり過ぎ~(笑)

謎解きが魅力の一つの
作品ですが展開が早いっ!
というか とてもコミック的な
舞台進行に思えます。

時に登場人物そのままに
時系列移動があったり。

映像の使い方も今風なんだと思いますが。
歌詞はかなりの部分事柄の説明、

一路ワトソン かなりの部分を
任されてますが ちょっとだけ
判らなかった歌詞もあったりして・・ネ
メロディもかなり複雑で
一回で覚えられる印象的な
フレーズもなかったかな。

Wキャストのエドガーは
本日 良知君の日
なので もう一回
小西エドガーの日に
もう一度見ます。
少しは曲のメロディラインも
覚えられる部分があるでしょうか(笑)


それから舞台進行の
時系列の移動にちょっと
置いてけぼりされる。(笑)

あれから10年といわれても
マリアとエドガーの二人
その場から動かず
・・・ですから演じ分けと言われても
これはキツイかも。

人物相関図を理解するのも
かなり後半部分になって
謎解きに絡めての説明歌で
明かされて来るのですが
歌詞をききながら
そうなのかと納得してしまうから
あまり驚きとかは感じない
・・・・と言うか
この二人でその設定なの?と
そちらに驚いたり・・してました。(笑)

コマ割りをみるような進行で
スピーディ、そこは気持いいっ!

歌詞の説明で 謎解き
客側では推理の必要はない。

ストレート・プレイなら
役者の台詞のやり取りから
伝えてくれるのでしょうが
ミュージカルなので歌。

その歌が説明になってしまって
後に残らない気がして
その辺 惜しい!

カテコでも自由な竹下さん
一人キスを盛んにやってた。
なんか楽しそうなカンパニーだな(笑)


検索フォーム
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

いらっしゃいませ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
俳優
7位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りBlog
Blog開設カウンター
ブログの更新率
月別アーカイブ