現在の閲覧者数: 2015年05月の記事 - hatti元気の素 観劇 ミュージカル
fc2ブログ
プロフィール

hatti (はっち)

Author:hatti (はっち)
石川禅さん応援中!
劇団四季・東宝ミュージカル・・・時には宝塚
観劇大好きなhattiです 

記事に関係のないコメントは
削除させていただく場合が
御座います。ご了承ください。

石川禅さんのお仕事
石川禅さん
これからの予定

舞台******
石丸幹二 
オーケストラコンサート2024
石丸幹二
東京フィルハーモニー交響楽団
2024年6月21日(金)
会場:東京芸術劇場 コンサートホール
ゲスト出演

FC企画イベント
石川禅60Thバースデーパーティ
2024年6月22日
12:00 18:00
俺のフレンチ(都内)

舞台
ヒストリーボーイズ』
2024年7月20日(土)~28日(日)
あうるすぽっと
へクター役

舞台
『ミセン』
2025年1月~2月
大阪
愛知
東京
へクター役

********
Netflix
「モンキー・キング」
声の出演
“竜王"役 吹替=石川禅
2023年8月19日より配信開始

Netflix
『氷がすべてを隔てても』
声の出演
アイナー役=石川禅 (3/2より配信開始)

Netflix
『サンドマン』
声の出演
第6話 吹替=石川禅

コンサート*******
★『石川禅 6th ソロ・コンサート』
2021年3月20日~21日
よみうり大手町ホール
※公演延期 ※

石川禅さんのプロフィール
FCについては
サイドバーのリンクから
ホリプロブッキング
エージェンシーへどうぞ
禅さんの舞台
石川禅さん次回は % 『ヒストリーボーイズ』
禅さん 出演公演
Blogランキング参加中です
見たよ 読んだよ ポチっとな!
よろしく お願いします。
5月の観劇予定

5月の観劇予定
■『クロスロード』
■『メディスン』
■『COME FROM AWAY』高崎
■『ゴースト&レディ』
■『ハムレット』
■『デカローグC』
■『湯を沸かすほどの熱い愛』
■『アラジン』
■『この世界の片隅に』
■『ロミオとジュリエット』
■『ナビレラ』
■『アナと雪の女王』
■『美女と野獣』
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 3031
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

『ラヴ・レターズ』PARCO劇場上演決定。

先日も記事にしましたが・・・


『ラブ・レターズ』
~2015 25th Anniversary~

公演日程2015年6月3日 (水)
      ~2015年6月7日 (日)

   @パルコ劇場


『ラブ・レターズ』
作A.R.ガーニー
訳・演出青井陽治

出演6月3日(水) 19:00
浦井健治 & 中嶋朋子
6月4日(木) 19:00
三津谷 亮 & 蔵下穂波
6月6日(土) 15:00
坂元健児 & 吉沢梨絵
6月7日(日) 15:00
葛山信吾 & 瀬奈じゅん
        (敬称略)


出演コンビが追加発表になってました。
浦井くんと中島さん
葛山さんと瀬奈さんもです。

気になってはいるけれど
なかなか見に行けない。
そんな作品がたくさんあります。
これもその一つ。

作品が気になっても
上演してくれなければ始まらない。

まずは その上演決定!がきた。


上演期間の出演者がわかった所で
今度は チケットの発売情報
先行先着 ありそうだ~
チャレンジして見るかと
ただ今 全力準備中~ (笑)


  チケット取れるといいなっ!




禅さん公演『カウント・ダウン』

自分のBlogにセットしている
石川禅カウント・ダウン

今回はもちろん

 『石川禅ソロ・コンサート』
 
  あと二日って ご本人がツィート
してたけど  
  1日と20時間になってた~♪

   二日を切ってるじゃん ドキドキ! 



『夜想曲集』5・18マチネ

    @天王洲銀河劇場

原作:カズオ・イシグロ
(原題「Nocturnes」)
演出:小川絵梨子 (敬称略)

小川さんの演出 
心にカサっと響いてくる事が
多い気がする。
ワンシーンの切り取り方が好き。

今回の作品も モザイクのように
別々の出会いを繋ぎ合わせる。



<出演>
ヤン・・・・・・・・・・・・・・・・・東出昌大
リンディ・ガードナー・・・・安田成美
スティ-ブン・・・・・・・・・・・近藤芳正
エロイーズ・マコーマック・・渚あき
リリー・・・・・・・・・・・・・・・・入来茉里
ウエィター/看護師/水夫
/警察官/サラリーマン・・長谷川寧
トニー・ガードナー・・・・・中嶋しゅう
           (敬称略)
ストーリー
年老いた歌手 トニー
あるレストランで演奏していた
ヤンから声をかけられる。
母ともども大ファンだと。

そんな彼は 若き妻リンディに
旅先であるベネツィアで
ゴンドラからセレナーデを贈るための
伴奏者をさがしていると聞き
ヤンはその役を買って出る。

東出・ヤン
旧共産圏で育った彼は
抑圧された中でも トニーの
レコードを一枚一枚買い集める
ファンで自身もチェリストとして
生きるがさらに昔
チェリストだと名乗るエロイーズと
出会い教えを受けていた。
天才としての音の世界を
見つけるために。

安田・リンディ
トニーの妻
微妙な夫婦の会話よりも
近藤・スティーブンとの会話の
シーンでその生き方が描かれるのか。
大広間にあるブツの扱いの
やり取りはコメディの間を持つ(笑)

近藤・スティーブン
サックスを吹かせたら・・
おしゃべりサックス。
あれ実際吹いてますよね。
自信を持っているのに
実力もあるのに認められないのは
この容姿のせい。
マネージャーにまではっきり言われて。
妻にも愛想を尽かされ 離婚言い出される。
慰謝料代わりに整形手術代を
妻が出すと言う??
どんな妻?(笑)

入来マネージャー
頑張って怒鳴るけど
近藤さんが吹く・・いえ
しゃべるサックス(笑)に
かき消されてしまいます。
真っ直ぐな遠慮のない
女性マネージャ-でした。


安田・リンディ-
才能も力もない自分が
それでも我武者羅に演る
それしかない。
整形手術を受けてでも
上を、目指す。
『希望はある』この言葉に
前向きで力強さを見せてくれます。

病院で隣の病室となった
二人の会話はまるでコントのような
スピードとテンポを持って
届いて来ます。
この間合い気持いい。

そして手術あとという設定で
ミイラのような包帯グルグル巻きな
お二人なので・・さらに
印象に残るシーンになったような
気がします。

東出・ヤン
唐突とした素直な居住まい。
ナチュラルだ~。
芝居臭さがない。(笑)
だから 相手に聞き難い事も
聞いちゃうっその人柄を
納得させちゃうのかも。

渚エロイーズ
音を聞く天賦の才を持つ彼女だが
その才能を磨く事は出来なかった。
彼女はヤンにその才能を見入出し
花開かせようをするが・・
結婚という選択をし彼から
離れていく。

エロイーズ 才能に恵まれて
そして翻弄された人
でも才能に恵まれず・・必死に
生きる人もいる。 
リンディのように。



中嶋・トニー
不思議な雰囲気を醸し出すなぁ
往年の歌手と言っても歌わない(笑)
往年の・・・なんだね。
才能を生かし生きて来た人か。

そんな役が立っているだけで
分かる気がする。
今まで見せて戴いた
中嶋さんの役とはかなり違う
印象の役 面白い!

トニーとヤンの出会い
紹介されるリンディ

スティーブンとマネージャーの
やり取り

回想のような
ヤンとエロイーズの出会いと別れ

病院でのスティーブンと
リンディのドタバタ騒動。

ヤンとトニーの約束から
終章へ。
やく2時間 休憩なしの
この舞台 一人になったリンディの
凛としたラストがとても素敵でした。




『レ・ミゼラブル』5・17マチネ

今期 3回目の『レ・ミゼラブル』

本日のキャスト
2015 5 17 remize 03

吉原バルジャン
岸ジャベール でした。

そして今季『レ・ミゼラブル』
My楽です。

2F席だったのですが・・・
オペラグラスを多用して
アンサンブルさんチェックにも
走ってみました。

学生たちの理想
熱く結束する学生たち
でも見ようとしないと
目に入ってこない描かれ方だ。
群像劇の筈のレミなのに。

今日のアンジョルラス 上山さん
マリウス役は 海宝君でした。

前演出家のジョン・ケアードさんは
確か当時の若者が長髪という事で
『レ・ミゼラブル』出演者は
髪を伸ばしなさいと言われたような
逸話があったと思うのでが 
新演出はそのへんのこだわりはないのかも。
マリウス 黒髪ストレート短髪。
若手の海宝君なのでさらに現代的に。

若返りキャストなのでアンジョルラスにも
これは言えるような。
アンジョルラスは赤いベストがあるのですが
上山さん いまの若者そのままの雰囲気で
なんか二人並ぶと雰囲気が似てる気がする。

オペラグラスを離してみると
初めての2Fからの舞台
セットの並びが良く見えて
舞台がとても狭く見えます。
そのセンターを使い
時々舞台袖。


エポニーヌの
コゼット~♪ 代わった~♪
みじめな今のあたしをみて~♪
上手舞台袖

学生たちに捕えられたジャベ―ルを
逃がすバルジャン
二人の
バルジャン 良いか警告だ!
違う それは違う♪ あたりも
下手舞台袖

大きく使っているように見えて
そうは見えないような感じ。

吉原バルジャン
台詞のように歌う感じが
ますます強い印象

時々 あれこんな感じだっけ?と
思うような部分も。
進化してるんでしょうね。

岸ジャベール
力強くて アツイっジャベール!
力んでいるようにも見える。

牢獄で生まれたミミズ蛆虫の感じとは
ちょっと違って暗さは見えない気がします。
ジャベールはたたき上げの刑事よね。
しつこい感じは・・ある(笑)

アンサンブルさんも暗かったけど
少しだけ確認出来た。

役的にも目立つのは菊池さんグラン
オペラグラス駆使して
探しに行ったのが照井さんレーグル(笑)
いました~
2丁の銃の手入れしてたわ~。
結婚式のダンスシーンでも
確認出来た。

一人だけ 周りの皆さまとは
オペラグラスの方向が違っていたようです。(笑)

北村さんや杉山さんも確認出来るけど
セットの一部のようにいるだけな感じで
参謀っぽいキャラだとか 
弟キャラで可愛がられてそうとかいう
人物像が注目してみても
感じられないまま・・・
今季のレミ観劇終わってしまいます。
最後まで この感想だったなぁ~

この舞台みる度に 旧演出の
名場面が蘇るのが きっといけない。
なかなか忘れられないからいけない。

 ・・・・・・・・・・・・のだと思う。


検索フォーム
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

いらっしゃいませ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
俳優
7位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りBlog
Blog開設カウンター
ブログの更新率
月別アーカイブ