現在の閲覧者数: 2015年08月の記事 - hatti元気の素 観劇 ミュージカル
fc2ブログ
プロフィール

hatti (はっち)

Author:hatti (はっち)
石川禅さん応援中!
劇団四季・東宝ミュージカル・・・時には宝塚
観劇大好きなhattiです 

記事に関係のないコメントは
削除させていただく場合が
御座います。ご了承ください。

石川禅さんのお仕事
石川禅さん
これからの予定

舞台******
ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年3月7日~29日
日生劇場
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月4日~14日
skyシアターMBS
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月19日~21日
愛知芸術劇場大ホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月26日~28日
久留米シティプラザ 
ザ・グランドホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月3日~4日(土)
熊本城ホール メインホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月11日~12日
高崎芸術劇場 大劇場
ニック役他

石丸幹二 
オーケストラコンサート2024
石丸幹二
東京フィルハーモニー交響楽団
2024年6月21日(金)
会場:東京芸術劇場 コンサートホール
ゲスト出演

舞台
ヒストリーボーイズ』
2024年7月20日(土)~28日(日)
あうるすぽっと
へクター役

********
Netflix
「モンキー・キング」
声の出演
“竜王"役 吹替=石川禅
2023年 8月19日より配信開始

Netflix
『氷がすべてを隔てても』
声の出演
アイナー役=石川禅 (3/2より配信開始)

Netflix
『サンドマン』
声の出演
第6話 吹替=石川禅

コンサート*******
★『石川禅 6th ソロ・コンサート』
2021年3月20日~21日
よみうり大手町ホール
※公演延期 ※

石川禅さんのプロフィール
FCについては
サイドバーのリンクから
ホリプロブッキング
エージェンシーへどうぞ
禅さんの舞台
石川禅さん次回は % 『COME FROM AWAY』
禅さん 出演公演
Blogランキング参加中です
見たよ 読んだよ ポチっとな!
よろしく お願いします。
4月の観劇予定

■『町田くんの世界』
■『銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件』
■『カラカラ天気と5人の紳士』
■『Le Mele~母~』
■こまつ座『夢の泪』
■『王様と私』
■『COME FROM AWAY』
大阪・名古屋
■『VIOLET』
■『デカローグ A/B』
■『アラジン』
■宝塚花組『アルカンシェル』
■『ハネムーン・イン・ベガス』
■『クロスロード』
■『Le Fils~息子~』
■『オペラ座の怪人』KAAT
■地球ゴージャス
『儚き日光のラプソディ』
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

『貴婦人の訪問』本日 東京楽!


あれほど開幕を待っていたのに~

始まってみれば アッという間
なんて早いんだっ!

もう東京公演 千穐楽です。
お目出度うございます。

猛暑日の公演から
今日の空をみると 
秋の気配漂う雨模様。
季節は移り変わっています。

暑さを乗り越え 熱い舞台!

舞台の熱さのほうが勝ったと
思わせる熱演続きに感謝しか
ありません。

さぁ 『貴婦人の訪問』東京公演 

  禅・クラウス校長
   ラスト観劇! 行ってきます。

『貴婦人の訪問』8・30マチネ

貴婦人の訪問 @クリエ公演
前楽となってしまいました。

静まり返った会場に
お馴染みになった音楽が
鳴り響く・・。

いつもの事だけど
この演目 禅クラウスが出て来ると
目が離せません。
ご贔屓ってそういうもの(笑)

特にこの舞台の校長先生
倫理・道徳も守らねば・・
そう思いながら崩れてゆく弱さ

人間の業 苦悩 
それを見せつけてくれるので
さらに目が離せない度数
急上昇。



おれたち人間はなんて救いがたい
存在なんだろうなぁ~
何億という金が頭ん中に焼き付いて
離れれないんだよ。


アルフレッド
自分に命の為に戦え!

神よ~ みえま~~す。
・・・あたりからが泣き声だった~。

地獄の門が開くぞ~~♪
絞り出すような 祈りの声。

地獄の門が開くゾ~~♪
のロングトーン!
あのシーン この目に
焼き付けて置かなくちゃ!

モラルの殿堂
町の人々に心の奥にある
欲望の炎~♪

酒に酔いながら 赤ちゃんを
預けられる・・
今日もちゃんとお花のない方に
赤ちゃんの頭がくるように
抱き直していた。
昨日からだと思うけど・・
今日もってことは偶然じゃなく
小さなところでも変わっているようだ。

マスコミを相手にしてから 
サッサと捌けて行くヨハネスに
今日は 大きな声で呼び止めていた。
これまでは止める仕種だけだったのに。
最近 小さな声でヨハネスと
聞こえた事はありましたが
これほどはっきり言うのは
初めて聞いた。
前楽でこう来ますか?

祐さまアルフレッドと
クレアの和解シーンというか
回想シーンにも見える
思い出の森で出会った二人
クレア~クレアと祐さまの
呼びかけも泣いている。

愛の歌の後は・・・
祐さま ふっと消えていって
クレアはアルフを探してる。


まだまだ深化中なんですね。
色々な見方が出来る作品を
さらに深化させてゆくキャストさんたち
 
 彼らこそ奇跡~♪(笑)


盛り上がったカテコ
昨日は アルフ×クレア
     禅クラウス×マチルデ
  端っこで マティアス×ゲルハルトの
カップルでしたが・・(笑)
今日は マティアス×ゲルハルトに
 ヨハネスも並び 3人で
ピっとしたポーズ!
なかよく捌けてゆきました~。



まだ キャナル 中日公演が
あると言っても
残りの公演回数 けっして
多くはありません。

深化の先を見たい!
そう思って名古屋の大楽チケットを
取ってしまったんですが 
それでも足りなそう。

DVDで残して欲しいと
こんなに思った作品はありません。


『貴婦人の訪問』8・29ソワレ

針のない時計 
風除けに窓にツギハキ
そんな街の舞台セット。

赤いスカートのレーナを先頭に
(今日は璃乃ちゃん)
暗い表情の町の人々が
貴婦人の訪問を歓迎する。
大富豪の彼女が町の救世主!

クレアを迎える大役に選ばれたは
昔の恋人 アルフレッド。

歓迎パーティ
マティアス市長
マダムに~~♪
なぜか調子がいま一つ
遠慮がち?

どうやらマチネで
エヘン虫にやられ
このマダムに~~♪が
おかしなことになったらしく
尾を引いてるのかも。


堂々としたマティアス市長
時々見せるお茶目さが
憎めません。
アルフにしたら 
かなり酷い友人だけど。

男4人のシーンは
相変わらず 聴き応えあり
ここだけ聴いていても
充分満足しちゃうくらい。


禅・校長と二人
クレアにご提案をしに行く時の
校長と市長の間がなんとも
言えない和みの雰囲気を
作り出します。

あのシーン ずいぶんと深刻
町がすでにクレアの支配下に
なっている事実
急に立ちいかなくなった工場は
彼女に潰されていた事実が
明らかになるシーン
ここは激しい怒りの校長なんだけど
なだめ系の市長との対比が
なんともいえない。
そして迫力のクレアさま。


最近、後ろに控える
谷口さん 港さんのボディガードと
クレアの交流が感じられる。
決してお金で雇われた主従関係
だけじゃない気配が見えて来た
気がします。


2幕、酔っ払い校長
レーナから赤ちゃんを預けられ
ヨチヨチする禅校長
舞台端っこに座ってあやしてます。
再び立ち上がり・・赤ちゃんの向き
頭を反対側に抱き直しました。
レーナに挿してもらった白い花が
胸にあるので今までの向きでは
赤ちゃんの顔が花に当たりそうだなと
思っていたのですが、反対向きなら
その心配はない(笑)
ちいさな事だけど気になっていたら
今日は反対抱きに。
禅校長 気がついてくれたのかな?

黒豹と聞いて 想い出を探るような
アルフレッドの描写もあり奥が深い。
クレアのデスクにも
精悍な黒豹の置物にも
愛おしげに触れるクレアです。 

クレアの飼っていた黒豹が
逃げ出した時
署長と共に黒豹を追い詰めるのは
警察官じゃない町の人々。
ガスマスクをつけ銃を持つ 
2発の銃声 一発は黒豹に
もう一発は・・アルフレッドに
向けて放たれたのかも。

町の人々にも背を向けられて
アルフレッドに 命を守るため戦えと。
諦めの決意を語るアルフフレッドに
人間でなんて
自分が殺人者になってゆく
良心なんて無力だ~と絶叫

今日は泣いてた
茫然自失に
地獄の門に向けて
歩きだした。

自分を責めて自虐的だったり
哀しみを表に泣きVerだったり
怒りが見えたり。

見る回によって
芝居の流れで変わる。
回を重なる事にいろいろな
感情をこめて来る気がする
禅・クラウス校長

友人たち3人が早めに
大金の魅力に、負けて
アルフレッドを裏切る中
クラウスだけが 最後まで
良心を信じたいと願い
叶わぬと諦め酒に逃げる。
人間の弱さを演じる禅さん
魅せてくれます。


マチルデもプレビュー公演あたりでは、
良妻賢母 アルフレッドを愛してる
大人しい妻だったのが
愛されていなかった事実を知らされて
変貌が数倍怖くなってる。

命掛けて守りたいの♪
そのマチルデが
アルフレッドの死をもたらす有罪に
罰を受ければいいのよ と
挙手をする。
オズオズと手をあげる校長に比べ 
潔い手の上げ方だ。

亡骸は 黒 豹と同じく
二人のボディガードの手によって
クレアは亡くなったアルフレッドを
手にしたという事か。

見送るマチルデ
メタル調のドレスに身を包み
冷たい笑み。

祐さまのアルフレッドも
ますます情けない雑貨屋亭主。
友人たちの間を逃げ回る。
ダメダメな男な祐様も新鮮です。
しかし死を覚悟してからは
キリっとして男らしい。

ゲルハルトに自殺を勧められて
歌いだす曲はロングトーン使って
聞かせてくれます。

会場からも大きな拍手。
クレアさまのソロにも
勿論 大きな拍手。

スタンディング・オベーション!!
カテコも盛り上がります。
4回は有ったでしょうか。

禅教授 春野マチルデのエスコートが
定番ですが いろいろ遊びを仕掛けます。

大きく腕を回し誘うのは多く見るけど
今日は 腕を差し出す前に
眼鏡を外しました(笑)
おっという表情で反応してマチルデさま
笑顔で腕を組み捌けていかれました。

下手 禅クラウスとマチルデ
中央から 二人を
追うように 山口アルフレッドと
涼風クレア

上手に捌けて行くのは
マティアス市長・ゲルハルト
そして 牧師様

袖に消える前 今井マティアスと
今ゲルハルトがちょこっと腕を
組んで捌けてった(笑)
気が付いたお客様からは
笑いが起きていました。

本当に 見ていて
雰囲気のいいカンパニー!


『ブロードウェイ・ミュージカルライブ2015』8・29

@新国立劇場 中劇場
マチネ公演 13:00開演
終わったのは 16:00近くなっていました。

出演

上原理央
川平慈英
坂元健児
宝田明
館形比呂一
中河内雅貴
畠中洋
平方元基
福井晶一
宮原浩暢(LE VELVETS)
島田歌穂
高世麻央(OSK日本歌劇団トップ スター)
土居裕子
悠未ひろ
吉沢梨絵

一和洋輔
桐生園加


アンサンブル
大音智海 斎藤准一郎 中村詞文
藤井凛太 郎 藤岡義樹 堀江慎也
安達星来 石井亜早実 ☆大塚加奈子☆
今野晶乃 橋内愛子 吉元美里衣 (敬称略)

コンサートならではの楽曲
本舞台ではない歌だけを切り取った
STAGE・・・ですが、
あの曲をこの方が歌うの?
あ~この曲 もう一度聞きたかった!
という選曲もあり
川平さん進める出演者へのQ&A
トーク時間も面白かった~。

上原くんが歌う『オペラ座の怪人』
ミュージック・オブ・ザ・ナイトは
四季の舞台で見たくなります。
バリトン・ヴォイスが嵌ります。

川平さん
司会と本間さんとのタップ
これは外せない!んですね。(笑)
雨に歌えば♪
歌穂さんもタップに加わって
素敵なショー。

出演者とのトークのなか
坂元・福井・吉澤のお三方
福井さんが四季所属だった事を
失念した?マジ知らなかった?(爆)
BBのビーストで、アイーダのラダメスで
ウエストサイドのトニーじゃん。

四季見ない方はそうなの?っていう
認識でも無理ないけど(笑)

サカケンさん
リトル・マーメイドより
アンダー・ザ・シーで登場して
くれました。上は赤い衣装で
微妙にセバスチャン(笑)
手バサミチョキチョキが可愛いかったです。

ミス・サイゴンからの曲でも
美声炸裂。

宝田御大
南太平洋とラ・マンチャからの曲を
メドレーにして。

舘形さんは
ラ・カージュからの曲を
ダンスの振り付き
~ありのままの私~
だいぶ曲のアレンジが効いてますね。

中河内クン
グリーから
やはり得意のダンスつき、
アンサンブルさんを
従えて決めてくれます。

畠中さんも上手い
けど・・地味目だなぁ~(爆)
レントから
上原くんと一緒にでした
『魔法にかけられて』からの
ソロもあったけど
曲はいまいち知られていないかも。

平方くん
ラ・マンチャの男 から
ひとかけらの勇気
なんかソフトな印象の歌に
なってる気がする
こんな歌い方もあるね。
安蘭さんで聴いた時のほうが
力強かったなぁ~(笑)

福井さん
やはり BBからの
愛せぬならば♪ これ最高。
もう一度ききたいと思っていた曲。

宮原さん
レ・ミゼからStars。
ラ・マンチャの男から
ラ・マンチャの男♪
素晴らしい声
低音が響き甘い感じ。
どちらの曲も歌い上げてくれて
ただしステージで聴く歌だなぁと
そんな感想でした。



歌穂さん
レ・ミゼからのオン・マイ・オウン♪ 
そしてキャッツからのメモリー♪ 
どちらも聞き惚れた!

高世さん
OSKの方なんですね
お初にお目にかかりました。
衣裳・・宝塚のイメージの
鮮やかなブルー
光ものたくさん(笑)
『ジキ・ハイ』から時が来た!

でも~鹿賀さん 石丸さん
そして 禅さんで聴きなれてしまうと
女性版はちょっと物足りない。

悠未さんもエリザから
最後のダンス・・
こちらも東宝版で上演して
千穐楽を迎えたばかり
男性版の意識がのこり
勿体ない。
長身の悠未さん
素敵だったけど
お二人とも選曲が難しい気がする
宝塚・OSKと考えると
魅力を生かしたいと考えると
こんな選曲になるのかと
思ってみたり。

土居さん
星の王子様からや
ウエストサイドからの曲
これは福井さんとデ゙ュオでしたが。

面白かったのが
歌穂さん 土居さん 吉澤さん
3人の曲

アスペクツ~
ジーザス~
Song&Dance からの曲を
それぞれに歌い
終盤に 3曲が絡み合う

歌穂さんのジーザス!
私はイエスが判らない♪
なかなか聞けるもんじゃないですから~。(笑)

アンサンブルさんの
見せ場も用意され

四季 『春のめざめ』から
 マジでファック♪
久しぶりにこの曲を聞きました。
これには一和さんが出演してたな。

歌われた曲を全部は書けてないけど
印象に残ったものを思いだしながら。



ラストは全員のコーラスもあって
気が付くとなかなかいいお時間(笑)

いそいで有楽町移動しなくでは。


   『貴婦人の訪問』が待っている。




『BWML2015』&『貴婦人の訪問』

ブロードウエイミュージカル・ライブ2015
@新国立劇場 中劇場(初台)
終演後は 有楽町・ギュレンの町へ(笑)

素敵なタイトルどおりのコンサートで
ミュージカルの名曲ばかり

歌穂さん サカケンさん
元基くん 福井さんも
吉澤梨絵さんも
土居さんもいる。

意外なあの方があの曲を!
このお歌が 似合うな
本舞台でも見て見たいとか
この曲は 禅さんもコンサートで
歌ってくれたなぁとか
 どんな感想なんだか(爆)

そして急いで移動
今日のギュレンの町の人々も
熱かったです。
でも さすがにこのスケジュール
少しだけお疲れも見える気が。

禅さんの最初の出だし
文豪ゲーテにも愛された町~♪の
 文豪~のとこマイクが入ってなかった?

エッとなったので 書いておこう(笑)

じっくり 公演ごとの記事も
書く予定なんだけど・・・
明日も ギュレンの町に
おでかけなんです~。

 Blog記事 書けるかな?
 書けるといいなぁ 

 でも順番からすると
マチネの BWML2015 からになるし~

  頑張ろう~(笑)

WOWOWで デスノ!


『デスノート』 The Musical
10/17(土)よる8時 放送決定

浦井健治×小池徹平篇
 柿澤版も11月の放送予定だ!


10月3日午後8時から放送。
『嵐が丘』 
山本×堀北の二人の
出演したSTAGE

9月の放送予定中
見たいと思ったのは
『メアリーステュワート』だけ
地味なラインナップと思っていたら

Ⅰ0月に嬉しい放送決定が きたー!(笑)

『貴婦人の訪問』8・27ソワレ

 
宝塚『王家に捧ぐ歌』終演
今度は ギュレンの町へ・・(笑)


王家の予定があったけど
『貴婦人の訪問』を増やしたいので
無理に予定をいれたソワレでした。

毎回、毎回が全力投球
涼風クレアさま マチネ公演あったんですよね?
そう聞きたくなる程のパワー。
その安定感・怖い~と言う第一印象の
プレビュー公演のクレア様 
その時点でも貴婦人役にピッタリでしたが
回を重ねることに 復讐も止む無しの
深い悲しみを負ったクレア様が
深みを増してくる。

祐さまアルフフレッドとのハートのマークに
込められた愛は消えない。
研ぎ澄まされた舞台空間が
忘れられない。

何度見せてもらっても
この舞台 ハズレが・・ない。(笑)

禅さんクラウス校長
自分の心との戦い、

見る間に大金に転ぶ
署長や牧師
大義名分を盾に
仮面のまま アルフレッドを
追い詰める市長など
こちらのコンビネーションも
隙間なく見事。

呼応しあうように組み立てられた
シーン 大好きです。
3人の意見に 必死に歌う
禅・クラウス校長

町の人々に 
心の奥をのぞいてみろ♪と
酔って忠告する 禅・クラウス校長。

彼は ただの酔っぱらいです♪
レーナから赤ちゃんを預けられ
よしよししていますが・・
レーナに挿してもらった胸のお花が
赤ちゃんの顔をツンツンしてますよ~(笑)
そんな風にみえるけど
座席の角度のせいかな?

今日は素晴らしい公演だったと思うと
次の回に さらにその上の舞台を
見せてくれる。

舞台の面白さを十二分に
楽しませてくれるキャストさんたち

人間だもの 
疲れる事もある 調子の悪い事もある
気分ののらないこともある筈なのに、

今回 基本がブレない。 
作品が だんだんと色味を増し
鮮やかになって深みを帯びてくる
そんな感じですね。

アルフレッドとクレアの
愛の揺らぎ

アルフレッドとマチルデの
愛の存在。

アルフレッドの友情の形
人間のエゴ 金銭欲、
うわべの付き合いが露呈して
誰にでも愛される
アルフレッドが ターゲットに。
彼が死ねば 大金が入る。

クレアが もし もし仮に
マチルデを指名したら 町の人々は
マチルデを追い詰めた事でしょう。

アルフレッドの死に 大金を残して
去ってゆくけれど 
町の人々すべてに復讐してやる、
みんな娼婦にしてやると言ってたクレア

メタル化した服装の彼らは
心を捨てたクレアと同じ・・・
金を使い果たし落ちる先はどこ?
クレアの復讐は完結したのか?

駄目だ 考えてどうするんだ♪
駄目だ 忘れろ もうやめろ~♪

アナザーストーリーが出来ちゃいます。(爆)

クレアの訪問によって
露わにされてゆく
町の人々の変貌もクッキリと見せる。
マスコミ相手の中山ヨハネス牧師さまの
エンターテイメントぶりも最高。

禅さん出演作という事で
リピート決定。
早めのチケット手配で複数回
取る事が出来て大正解。

悔いのないよう 劇場に通います。
東京クリエ公演

手持ちチケットあと3枚!


『王家に捧ぐ歌』8・27マチネ

目の前にクリエ
『貴婦人の訪問』を通り過ぎ
お隣の東京宝塚劇場へ。

宙組公演
『王家に捧ぐ歌』~オペラ『アイーダ』より

凰希かなめさんサヨナラ公演
『白夜の誓い』で
凛音さん 朝夏さんのお二人の舞台
拝見してはいるのですが
宝塚公演は5組もあって
観劇回数が多くないので
先の公演でもストーリーを
追うのに目いっぱい 手一杯で
お二人とも初見に近いかも・・(汗)


主な配役
ラダメス(エジプトの若き武将)・・・・・ 朝夏 まなと
アイーダ
/(エジプトの囚人、エチオピア王女)・ 実咲 凜音
アモナスロ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 一樹 千尋
ファラオ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 箙 かおる
ネセル・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 寿 つかさ
ファトマ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 美風 舞良
ヤナーイル(囚人)・・・・・・・・・・・・・・ 大海 亜呼
ワーヘド(女官)・・・・・・・・・・・・・・・ 純矢 ちとせ
フィブラーイル(囚人)・・・・・・・・・・・ 花音 舞
イトネーン(女官)・・・・・・・・・・・・・・ 花里 まな
エジプトの戦士(伝令1)・・・・・・・・・ 天玲 美音
カマンテ(エチオピア王家の元家臣)・ 七生 眞希
タラータ(女官)・・・・・・・・・・・・・・・・ 綾瀬 あきな
ウバルド(アイーダの兄)・・・・・・・・・ 真風 涼帆
ヘレウ(神官)・・・・・・・・・・・・・・・・・ 凛城 きら
メウ(神官)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 松風 輝
ケペル(ラダメスの戦友)・・・・・・・・・ 愛月 ひかる
エチオピアの戦士(歌手)・・・・・・・・ 星吹 彩翔
アウウィル(女官)・・・・・・・・・・・・・・ 瀬音 リサ
女官・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 愛白 もあ
サウフェ(エチオピア王家の元家臣) 蒼羽 りく
女官・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 結乃 かなり
エジプトの戦士(伝令2)・・・・・・・・・・ 風馬 翔
エチオピアの戦士・・・・・・・・・・・・・・ 美月 悠
女官・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 花咲 あいり
マーリス(囚人)・・・・・・・・・・・・・・ 桜音 れい
エチオピアの戦士・・・・・・・・・・・・ 星月 梨旺
エジプトの女・・・・・・・・・・・・・・・・ 愛咲 まりあ
エジプトの戦士・・・・・・・・・・・・・・ 春瀬 央季
メレルカ(ラダメスの戦友)・・・・・・・ 桜木 みなと
アルバア(女官)・・・・・・・・・・・・・ 彩花 まり
アムネリス(エジプト王ファラオの娘)・ 伶美 うらら
マーユー(囚人)・・・・・・・・・・・・・・・ 真みや 涼子
エジプトの戦士(伝令3) ・・・・・・・・・和希 そら
女官・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 瀬戸花 まり
ユーニユー(囚人)・・・・・・・・・・・・ 美桜 エリナ
イブリール(囚人)・・・・・・・・・・・・ 小春乃 さよ
ターニ(女官)・・・・・・・・・・・・・・・ 遥羽 らら
エジプトの戦士・・・・・・・・・・・・・・ 瑠風 輝
伝令・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 瑠風 輝
              (敬称略)
そんな状態なのと お顔とお名前が
一致するお方も少ないし~ネ

真風さんはすぐわかった(笑)
懸命に追ったストーリー  

なぜかと言うと・四季版の
『アイーダ』を先に見てしまって
いるのでつい思い出してしまう。

アイーダを題材にして
これだけ違う舞台は楽しいですね。

朝夏さんラダメス
宝塚らしいラダメスだなと言う
宝塚さんならではのラダメス。

凛音アイーダ
お名前の通りの
凛とした雰囲気が素敵な方
このお役では
特に娘役さんにあるようなソプラノ
聞かせますのお歌でなくて聞きやすかった。

伶美・アムネリスさまは
ちょっとその傾向はありましたが・・(笑)
でも強い発声もあって印象に残ります。

そして衣装が・・・ザ・宝塚。
期待に応えてくれます。

そして劇中での曲
戦いは新たな戦いをうむだけ~♪
聞いた事のあるメロディだなぁと
思っていたら

以前見た安蘭さん主演の
『アイーダ』も 宝塚さんと同じ系統
こちらで曲を聞いていたんですね。
音楽の力って凄いな。

四季版では 二人共に
アムネリスの命令で
石棺のなかに埋められるのですが
こちらは地下牢
そこにアイーダが忍んでいる。

四季版を先に見たせいか
あちらの設定のほうがしっくり
来る感じがしました。

奴隷にされた 
敗戦の国の王女アイーダと
制服した勝軍の将ラダメスと 
婚約者・ファラオの娘アムネリスの
トライアングルはそれだけで
ドラマがある(笑)


『ダンス・オブ・ヴァンパイア』リーくんBlog更新


待ってましたっ! 製作発表 その③
伯爵さまのあいさつから
禅アブロンシウス教授の挨拶までのまとめです。
あ~眠い。 のリーくん 頑張った。


でも また来週って・・(汗)

もっと頻繁に更新してくれても
 いいと思うんだ。 Byヘルちゃん風




楽しいTDV動画を見せていただいた後は
準備して・・有楽町・ギュレン。

『王家に捧ぐ歌』も楽しみ~♪


貴婦人の訪問 とんでもない♪を考える。

とんでもない♪

とんでもないっ♪と耳に残る
貴婦人の訪問で 歌われる曲

とんでもない♪の繰り返しが
まず印象に残るのですが・・・

よく聞いてみると

とんでもない  ~正気じゃない
とんでもない  ~信じがたい
とんでもない  ~狂ってるんだ
 
とんでもない  ~残酷なんだ
とんでもない  ~従うもんか
とんでもない  ~許せるもんか

プレビュー公演含め 9公演くらい見て来て
だんだんとそんな言葉も聞き取れて
覚えてくる。
でも、この順じゃないかも?
そしてこれで全部じゃなかったみたい。
まだ繰り返しがあって
なんて女~♪ 
やりたい放題なんて言葉もあった。
覚えきれないの悔しい~。

演者さんたちは 振りがついてりから
動きと一緒になると逆に覚えやすくなるという
事もあるのかな?

本当にとんでもない~♪ 歌詞だった(笑)

同じメロディでの繰り返しって 
混同して来ないですか?
覚えの悪い自分だけか (笑)

あのワン・シーンでもこんな感じだから
電話での会話シーンも
覚えたい気はいっぱいあるけど
重唱になってしまい
いまだに聞き取りが無理。

互いに会話してるとこは
まだ良いの(笑)
一人そんな事は考えるな!と
たしなめるクラウス校長を置いて
階段上にあがった他3人が

~奴には通じない♪
皆にいいふらすかも♪

そう歌っているのは3人一緒だから
なんとか聞き取れる
でもその後は 4人が4人とも
自分だけの歌詞を歌っていて
一瞬でいいから 聖徳太子の耳が欲しい
 

やはりここでは歌詞カード付
 ライブ録音盤の CDの登場でしょ?
禅さんの声が響いてくると
もうたまりません。(笑)

東宝さま
発売決定のお知らせまだですか~? (笑)

Blog設立 10周年


2005年8月26日
初めての記事をあげて

いつの間にか 10年。

禅さん応援して10年。

FCの入会も 2005年1月。
なんて中途半端、
禅さんとこの更新月8月だよ~(笑)

実は・・現役マリウス見てるし
隠れ禅さんファンの期間も
あるけど ここでは入れずに・・ネ

禅さん応援中と書いてるけど
禅さんの舞台だけに限定しないで
勝手にあれこれ書いて
だから続けて来られたのかな。

これからもまだまだ 

 禅さ~~ん!
なんて言いいながら 
時間があれば劇場に足がむくと
思います。
舞台のエネルギーが
元気の素なのは変わりません。


最近は 皆さま
手軽な ツィの発信に
移っていく傾向が感じられ
当時のBro友さんも
閉鎖されたり 更新されず
そのままの方もいらして。

そんな中 お気楽な 
このBlogに遊びに来てくださる
皆さまに感謝の一言をお伝えしたくて・・・
Blog設立10年の記事を書いてます。

  ありがとうございます。

禅さんのご迷惑になってなければ
いいなぁと ちょっと気になってますが
まぁ 10年も書いて来ちゃったし 
 
禅さん応援中~~が続く限り
このBlogも綴って行きたいと
思っています。

これからも よろしくお願いいたします。(^o^)/





『青い種子は太陽のなかにある』8・25マチネ

蜷川さん演出の 
予想通りの長い演目です。
2回の休憩はさんで 3時間30分

タイムスケジュールは 確か
終演16時25分の予定になっていたと
思いますが・・
カテコ終わって 実際に会場を出たのは
16:30過ぎだったと思います。

開演前の開場に流れている音楽が
東京オリンピックの五輪音頭♪や
こんにちは赤ちゃん♪
アカシアの雨がやむとき♪などの曲
その時代設定なんですね。

幕が上がると ずいぶんと傾斜の
きつい八百屋舞台で
なにやら文章じゃ現しがたい
オブジェのようなものがある。
便器もあった (爆)

舞台となるスラムの人々
登場時にいろいろなものを持つ。
神棚だったり 行商人のような
背負子。顔無しのような頭から
かぶる着ぐるみ?

舞台の上のオブジェのような
ものと合わさって賑やかな舞台
お相撲さんのような人もいる。
不思議で猥雑な世界をつくりだす。

蜷川さんっぽいなぁと
思ってみたり(笑)

字幕が用意されていて
歌うシーンなど 歌詞が流れます。
亀梨くん初め 充希ちゃん
花菜さん マルシアさん 
戸川さんたち皆で歌うシーンも
あります。 なんと六平さんまで
歌ありでした。(笑)
勝手にストプと思い込み
してたけど・・
パンフよく見たら音楽劇って
ちゃんとかいてあった(笑)


出演
賢治・・・・・・・・・・・・・・・・・・・亀梨和也
弓子・・・・・・・・・・・・・・・・・・・高畑充希
彌平・・・・・・・・・・・・・・・・・・・六平直政
サリー・・・・・・・・・・・・・・・・・・マルシア
おりん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・戸川昌子
市役所の役人/乞食・・・・・・・・大石継太
月子・・・・・・・・・・・・・・・・・・渡辺真起子
マリー・・・・・・・・・・・・・・・・・花菜
老貴族・・・・・・・・・・・・・・・・山谷初男
早瀬鶴吉/乞食・・・・・・・・・鳥山昌克
鳥飼い・・・・・・・・・・・・・・・つまみ枝豆
肉体美の男/花ちゃん・・・・辻本知彦
老貴族・・・・・・・・・・・・・・・外山誠二
鳥飼い・・・・・・・・・・・・・・・冨岡 弘
ラッパ・・・・・・・・・・・・・・・・妹尾正文
朝鮮人の工事人夫/乞食・・塚本幸男
市役所の役人/乞食/男・・・・新川將人
ラッパ・・・・・・・・・・・・・・・・・総源太朗
怪力/早瀬の付人・・・・・・・・澤 魁士
怪力・・・・・・・・・・・・・・・・・駒木根隆介
怪力・・・・・・・・・・・・・・・・・野辺富三
怪力・・・・・・・・・・・・・・・・・ミスター・ブッタマン
鳥飼い・・・・・・・・・・・・・・・野澤 健
ラッパ・・・・・・・・・・・・・・・・手打隆盛
市役所の役人/乞食・・・・・・松田慎也
市役所の役人/乞食・・・・・・永野拓也
ラッパ・・・・・・・・・・・・・・・・・西嶋友哉
犬・・・・・・・・・・・・・・・・・・・中西 晶

夜の女/乞食/マリーの友人など。

市川夏江 羽子田洋子 エミ・エレオノーラ、
加藤弓美子 笹野鈴々音 小澤美和 
内田亜希子 吉田玲菜 舩山智香子
石瀬みづほ 山田麻里名 瓜谷はるみ
前原麻希  中村貴裕 上野俊彦
柴崎吉織 塩崎知道 中村宗人
内田 貴 木村孝蔵 (敬称略)

≪ミュージシャン≫
伊藤修平(チェロ)
加藤久幸(ドラム)
北川淳人(ベース)
黒田晃年(ギター)
神佐澄人(キーボード)
伊勢賢治(サックス/パーカッション)


スラムの貧しい人々のための
開発事業で新しい文化住宅が建つ
事になった。

亀梨くん賢治
仕事り慰めに吹いていた健治は
楽器に合わせ歌声が聞こえて
驚くが・・
歌を合わせてきたのは
朝鮮人工事人夫だ。

忙しい仕事の帰り
同じ時間にいつも出会う
弓子とも言葉を交わし親しくなる

ある時、健治は先日知り合った
工事人夫が 建設現場で
事故に遭い亡くなり
事の発覚を恐れた現場監督や
市役所の役人たちが彼を
建設物のコンクリートに埋めて
しまったのを目撃してしまう。

人に離しても信じて貰えず
苦しむ賢治

そんな彼に忘れるようにと言う
弓子 父 彌平。

代議士の早瀬に直訴に行っても
口封じに割の良い仕事を
紹介され 受けいれてしまう。

工事現場の彼の埋められた場所に
太陽のマークをつけ
忘れまいとする賢治。

なんか賢治を見てて
某日比谷で公演中の
クラウス校長を思い出した。

結末は違うけれど・・・
悪を見過ごすことが出来ず
苦しむ どうすることも
出来ず 流される

あちらは受けいれ
その後は描かれずに
幕なのですが、

『青い種子は太陽のなかにある』の
賢治は おりんの日招き♪を聞いて
再びスラムの人々に
真実を訴えかける。

哀しい結末に向かって・・・。

一幕、白状するとね
途中でちょっと意識がとんで
しまっているのですが(笑)
でも、亀梨君の哀愁を帯びた歌声 
舞台で登場に客の目を
ひきます。

一人でも場を埋められる
華がありますね。

充希ちゃん
可愛いくて大人しく見える弓子
ラストに向かって 最大の見せ場。

恋人より 兄弟のように
見えた気はするけど・・(笑)
ガッツリとストプレと思い込んでいただけに
歌の多い舞台にちょっとビックリでした。

  @オーチャードホール
サイドの桟敷席のような位置
視界を遮るものもなく
近さもあり 観やすいお席で
ラッキー!

スタンディング・フィナーレ。

『貴婦人の訪問』8・24マチネ

再びのシアタークリエ!
すっかり『貴婦人の訪問』に嵌っております。

 訪問 訪問 訪問~!
って歌ってくれるし・・・って何か違う?(笑)

舞台では こわい破滅への訪問者が
出てきますが 見せていただくこちらは
ポジティブに!(笑)
良い舞台を見る事が出来れば幸せっ!

なんて熱い舞台なんでしょう。
この舞台 日を追ってますます
深みを感じるように進化して来たように
思います。

見逃してしまうと惜しいシーン
もう一度見たいシーンが本当にたくさんで
贅沢な舞台だなぁと思います。

余裕でクレジット♪
元気でアルフレッド♪など
ちょっとノリの良い曲もあるし
笑いの起こるシーンもある。
アンサンブルさんも
大活躍、
若い日のクレア 飯野さんも
アルフレッド寺元クンも
こちらでは町の人だったりで
踊ってます。
ダンス・とんでもない♪
これも印象に残るなぁ~
あちら版PVのダンサブルな振りつけとは
だいぶ違いますが・・(笑)


20億ユーロで正義を買う
大金の力で 町を・・・人の命すら
支配しようとするクレア
心なんてあれば邪魔よと
言い切るクレア

涼風クレア
復讐目的のでも哀しみを
抱いたクレア 今日も
迫力が凄い事になってた。

遠い昔に クレアを傷つけた
アルフレット
クレアの訪問に
マチルデも裏切るアルフレット
手の動きが だいぶ変わって来て
幻のマントが見えなくなって来ました(爆)
しかし 舞台を駆け回っていらっしゃいます。
元気なアルフレッド♪ (笑)

アルフレットを愛し
夫婦として暮らして来ても
愛されなかったマチルデ。
薄味だったマチルデも
ラスト近くの豹変が怖くなって来ました。
クレジットで買い物に狂奔する
町の人々に暴れるアルフレッドを
止めるマチルデ。
確か プレビューではなかった
シーンだったと思います。


幼馴染みで友人なのに
保身・理由をつけてアルフレットを
裏切るゲルハルト署長
市民からの間違い電話に
うるさ~~い。
かなり高圧的だわ~(笑)
でも様になる今署長。
銃を持ち 逃げた黒豹狩り
生き生きとしてませんか?

アルフレッドを追い詰める
先鋒にたつマティアス市長
押し出しは立派で 
でもどこか愛嬌があるキーヨ・マティアス
若い頃は偽証の片棒を担いだ事は
棚に上げるご都合主義。
アルフレッドのお店に最後通告を
しに来た時に持って帰るパンパース(笑)

大金の魔力にあからさまに
転ぶヨハネス牧師
コロッと欲望に負け、
マスコミの取材に応ずる様子は
どこか笑えるようでいて
校長に浴びせる視線は鋭い。

倫理と道徳が・・と言いつつ
誘惑に抗えないと諦めの
クラウス校長

20億ユーロが
もし寄付されたらと
4人の男たちの歌う

ダメだ忘れろ♪
歌っている歌詞は
現実的でかなりひどい
内容ですが・・(笑)
このシーン 
4人の男たちのスポットを浴びた姿
カコイイ~~ってなります。

市長はヨハネスに電話
ヨハネスと相談中にゲルハルトから
禅クラウスが遅れて入り 4人で 電話。
3人とひとりで・・・掛け合い
そして4人で別々の歌詞を歌う。

なぜかここはクラウス校長の声が
ファンの欲耳で聞いているせいか
耳に飛び込んでくるのですが・・(笑)
他の3人さま それそれにパートが
分かれて、歌うので歌詞があまり聞き取れない~。

校長先生の言う事に
あいつはヤバいと
仲間外れ・・ですよね。
やっぱり CD出して歌詞カード
付けて下さ~い。

結局 仲間外れにされるのも怖い
町の人々の変貌を止める事も
出来ず 私刑に賛同する。

アルフレッドとの絡み
アルフレッドの覚悟を決めた決断に
友を裏切る自らの行く末を見る。
地獄の門が開くゾ~~と
歌って捌けるシーンではスタスタと
歩いているように見えても
ふらつき地獄の門に
引き寄せられているような捌け方です。

そういえば 禅校長、 市長と二人
クレアを訪ねてご提案をするシーン
センテンスの区切りが
変なとこが出て来たけれど・・
メリハリをつけるためなのかなぁ~

黒豹の死
お悔みもうしあげ・・から
仕方ありませんでした
黒豹は猛獣・・・から一気に
大声で感情を爆発させるような。
意味ありげ


登場人物に 誰一人として
いい人がいない舞台。(爆)

でも悪役だけじゃない登場人物を
見せてくださる嵌りキャラのキャストに
とても惹きつけられる。

カテコでは 役を離れて笑顔の皆さま
祐さまアルフレッドと涼風クレア様が
ラストでペアになるので
マチルデ様は禅さん担当
大仰に腕を回してエスコートしたり
手を取って駈け出してみたり・・
楽しそう(笑)


 今日も 満員御礼 の
 立札が出ていました。


『貴婦人の訪問』8・23マチネ


本日は イープラスさん貸切公演
でもカーテンコールの後のご挨拶以外
連日の熱い舞台です。

涼風クレア・祐様様アルフレッド
マティアス ゲルハルト
ヨハネス・・そして
悩める禅クラウス。

連投の舞台なのに
皆さま パワー全開だね。

日を追う事にこの舞台の
吸引力が強くなる気がする。
あのシーン このシーン
歌い継ぎ ギュレンの町に
居させてくれます。

ふと現実の戻ることがない舞台
復讐のお話なので
あれこれ考えたりはあるんですけど
あっ 歌を外した~とかの
心配がない(笑)

あっ ちょっとはね
台詞噛んだり 言いよどんだりは
有る事はありますが
芝居の流れを壊すところまでは
行かない。

若い時の思い出
町の人たちの仕打ち
恋人の裏切り

大金の力で 町を追い詰め
工場を閉鎖して経済的に
追い詰めて 町の人達の 
心まで思い通りにしようとするクレア
恋人だったアルフレッドに
死をもたらすクレア

正義は金で買えるのか?

二人の森では
遠い日を思い出す。
若い時の恋を
そして裏切られた苦い思いを。

死ぬまで忘れない!
死んでも許さない!
 
暗くて 救いようのない話では
有るけれど だんだんと回数を
見ていくうちに ギュレンの町が
本の中の出来事 
寓話にようで・・マチ・ソワまで
こなせるようになりました。(爆)

禅さん出演舞台なので作品を
知る前に チケットの用意は
お願いしてしまう。

だから完売チケットでも
劇場通いしているのですが

禅クラウスが ただ一人
壊れて行く町の人を止めよう
そしてそれが無駄とわかると
酔って現実から逃げる

誘惑に負けてしまう良心
ちょっと情けないけれど人間的。
 
そんな役どころなのが嬉しい。
弱さもあって人間だもの

禅さんらしいアプローチで
人間クラウスを演じてくれているもの。

今日は 貸切公演なので
終演後 祐さまから
イープラス連呼のご挨拶が
ありました(笑)

涼風クレアを紹介する祐様アルフ

クレア財団のクレア会長から
ご挨拶を・・みたいな紹介のしかた(笑)

熱い公演の後の 和みのひと時
満席てスタンディングの 
今日の『貴婦人の訪問』でした。


『ダンス・オブ・ミュージカル』製作発表動画!

待ってましたっ!

製作発表動画
リーくんBlogで来た~~~と思ったら
 つづく・・・と途中まででした(爆)

今 途中経過  
 報告リポートその②で~す。


なおも漁っていると
エンタステージさんが
インタ部分をほぼUPして
くれたではありませんかぁ~


 ありがとうございます。
 
という事で 
祐さまの挨拶も・・・
禅さんの まるごと緑茶 のお話も
収録してくれています。

写真では行くつかのメディアで
取り上げてくれていましたが

動くアブロンシウス教授が見られるのは
嬉しい~~♪
 
    




『100万回生きたねこ』8・21マチネ

2013年公演からキャスト変更あり。

前回の今井朋彦さん・大貫さんはご出演なし
満島さんから 深田さんにバトンタッチ。


【キャスト】

ねこ                成河
女の子/白いねこ        深田恭子 

王さま/メスねこ         近藤芳正   
船のり/ぼう(泥棒)/メスねこ 田口浩正     
どろ(泥棒)/メスねこ     石井正則
老婆/王妃/メスねこ     銀粉蝶          
手品使い/沈没船の幽霊
/メスねこ            藤木孝

江戸川萬時  加賀谷一肇  鈴木竜
川合ロン  皆川まゆむ  清家悠圭
鈴木美奈子  山口真美  西山友貴


【バンド】
トウヤマタケオ 中村大史 権頭真由
BUN Imai      (敬称略)



ミュージカル
『100万回生きたねこ』
となっていますが、
歌も台詞もあまり多くありません。

構成はキャッツを思い出す。
あちらは詩集からですが
こちらは絵本

幾つかの寓話を舞台に乗せた
感じの作品で 
パフォーマンスというか
独特の動きが特徴かな?


成河さんねこ

前回の森山君もですが
人間 ここまで動けるんだね~と
あっけにとられるような状態 (笑)

女の子に飼われたり
王様に飼われたり
老婆に飼われたり 
でも100万回死んでも
飼い主を愛する事がなかった。
泣きもせず傲慢になったねこ

ある時 野良になったねこが
出会ったメスねこたち
100万回死んだというと
ちやほやされるが、
一匹のしろいねこだけ・・
彼女だけは 関心を示さない。

そんなねこが気になり
そっと言う
そばに行ってもいいかい?

けれど しろいネコは
死んでしまい・・
今まで誰の死にも悲しむことの
なかったねこが
大声をあげて泣き出す。

そして後を追うように 死んでしまい
もう生き返る事はなかった。

これらの話を とにかく特徴のある
動きで表現してゆく
初演を少し 思い出した(笑)

『キャッツ』は圧倒的なダンスと歌で
ストーリーはあまり気にせずに
押し切られる感じ(爆)だけど
 
こちらの作品は
ダンスも爆発するような
派手さはなくストーリーに
盛り上がりは少ないと思う

高い壁に椅子を止めて座る王様
天井から顔をだす
どろ と ぼう (笑)

兵隊さんだちの行進の
動きも変わってる。

個々のパフォーマンス能力の
高さで絵本のようなシーンを
再現してはくれるのですが 
本当に淡々と進むので
作品としても印象が薄いのが惜しい。

前回も なんか書いてますよ(笑)
何年後かに、この舞台を思い出せるだろうか

でも再演をみると
やはり蘇って来る部分がある。

『十二夜』の流れるような
シェクスピア台詞から 
『アドルフに告ぐ』の
難しい役ところ

こちらは殆ど ダンス・メイン
演じる幅が広いお方だ。


きっと 成河ねこは後になっても
思い出すだろうなと・・・。

『貴婦人の訪問』8・20ソワレ

さびれたふるさと 彼女は訪ねる~♪
ソワレ公演が始まった。

レーナは夜公演も青木璃乃ちゃん
顔色が悪いと 校長先生を心配し
良い事があると信じようと
この芝居の中 唯一の
穢れない良心のシンボル。

いつものように 意識せずとも
校長先生を 追っています(笑)

とんでもないっ! ♪
マティアス ヨハネス
クラウス ゲルハルト
アンサンブルさんたちと
4人で・・踊るシーン

4人がみなちょっとずつ
特徴があって面白いです。 (笑)

電話シーン
マティアスの電話の相手
ヨハネスが ゲルハルトが加わり
考えるだけ 話し合いだけならと
大金が入った時を想像する。

遅れた話に加わるクラウスが
倫理と道徳 人間らしさを忘れるなと
止めると3人は話しにならないと・・
話の輪から外そうとする。

駄目だ 考えてどうするんだ♪
そう歌うながらも 
福祉手当・・
雨漏りの庁舎を嘆き
火葬場が出来ると

歌う彼らに ひとり
駄目だ ダメだと
歌い続ける校長

4人の熱い歌声に痺れます。

また別のシーン
工場を買占め閉鎖
町の経済破綻は 実はクレアの仕業。

希望が見えず
自分もアルフレッドを
追い詰めてしまうだろうと
心の葛藤に酔い潰れる

マスコミの取材
町の代表のような牧師
校長先生に近づいてくる牧師に 
両手を広げ校長先生を
身を持って庇ってくれる
レーナ。

余裕でクレジットと買い物に
浮かれる町の人々に 
これから起こる出来事を
予言のように叫ぶ歌声

其れとは 別人のような
レーナに歌う

優しいね~♪

白い花を差出す
澄んだ声のレーナと
掛けあいで歌うシーン

本当に優しいシーンに
なってて好きです。

クレアの復讐のターゲットは
アルフレッド?
いや 本当は町の人々なのかも
知れないとも思えて来た。



アルフレッドの死に
金を残し去ってゆく彼女

ラスト ヘリコプターの音
ひらひらと舞い落ちて来る札。

喜びの表情で札を目で追う署長
そして掴む。
市長・マティアスも牧師までも。
このシ―ンで一人 
顔を伏せ加減な校長だが
今日は差し出した手に札が落ちてきて・・

町の人々に同意してしまった弱さに
札に手を伸ばす事はなかった札が
手に乗った。

あのシーンで校長が、
黒い手袋をした手に札を持つ姿を見た。

これも生舞台の面白さ
意図しない偶然。

まだまだ 続く
『貴婦人』禅さん祭り!

禅友さんも観劇予定らしい
日曜日・・

 なぜか チケットあるなぁ~(笑)









『貴婦人の訪問』8・20マチネ

この演目 復讐劇なのに
群像劇 そして愛憎劇って
毎回書いてる気がするけど・・(爆)

今日の舞台も 
アルフレッド・クレアの
愛し合い 傷つけ
裏切り・・を丁寧にみせてくれた
気がします。

ヒドイ顔ね♪
そうクレアに言われる祐さま (笑)

君は変わらないねと言うアルフレッドに
私も年を取ったわよ♪ 
そう返す 涼風クレア

再会のシーン
いろいろな思いを含む。
明かされて行く昔の事件。

マスコミ 町の人々の
群衆としての事件の
扱いが 現代のそれを
彷彿とさせる気もする。


内容はヒドイけれど
プレビューでは 読みとれなかった
人の思いの複雑さを
リアルにデフォルメしているようだ。

音楽がまた 音取りのし難いメロディと
思った印象だったのに・・
回数を見る度に耳から離れなくなって来る

何かの時 ふっとメロディが
頭の中をまわり出す。


あんなに愛しあったのに~♪
 
飛んでもない~♪


地獄の門が開くゾ~♪


止めろ!
考えてどうずるんだ~♪

飢え・死に・した・ほう・がましだ~♪

OKです Okです。
・・・・・・・クレジット~♪ 

20億は正義の値段よ~♪

かえして~
私を~♪

いま思い返しても つぎつぎと
思い浮かぶじゃありませんか。

この作品の曲 めちゃ好み
CD化希望のアンケート
また書いて来よう。


『貴婦人の訪問』マチ・ソワ


けっこう重い演目ですが・・・マチ・ソワ
頑張りました!
禅さんが出ている舞台は 
どうしても無理しても予定
いれちゃうのね(爆)

でも それ以上に頑張っているキャストさんたちに
パワーをもらいました。

特に涼風クレア
なんなんだろう あのパワー!

素晴らしい2公演

充実の一日になりました。

『げきぴあ』さんTDV!


インタビュー特集が組まれています。
『ダンス オブ ヴァンパイア』vol.7

祐さま伯爵の雄姿が嬉しい~
ヴァンパイアは不滅 (笑)
画像も盛り沢山でさらに嬉しい!


順にバックナンバー掲載があるのですが
あれ・・誰か足りないゾ(笑)


神田沙也加インタビュー+ビジュアル撮影レポート
舞羽美海インタビュー+ビジュアル撮影レポート
出雲綾インタビュー+ビジュアル撮影レポート
平方元基インタビュー+ビジュアル撮影レポート
良知真次インタビュー+ビジュアル撮影レポート
製作発表会見レポート


まで遡っても 教授がいない。
あの愛らしい教授のお姿
拝見したいんですけど・・

げきぴあさ~~ん

インタビューこれから?
待っててもいい?

『ひょっこりひょうたん島』先行抽選


先行抽選申し込み、
12月公演と来年2月の凱旋公演分を
其々1公演ずつしていました。(爆)

発表日は今日でした。

でも 『貴婦人の訪問』公演中
禅さん祭り開催中なので今日もクリエ 
良い子は公演中はスマホの電源は
ちゃんと切るのです。(笑)

会員登録が無料になってから
ちょっと落選もあったので
結果が気にはなったのですが
メールチェックが遅れたら
落選って事でもないので・・
終演後に 恐る恐るメールを
確認すると

 来てました。

    当選メール!!

ちゃんとバランス良く
特設SS席と 2Fの最前
手すりに視界が遮られるS席・(爆)
抽選といいつつ 調整入ってるの?と
聞きたくなっちゃいます。(笑)

某ナビザさんは アカ一つで
申し込み制限あるし
さらに平日公演でも
当選は至難の業 
  
それと比べたらよほどでなければ
お席を用意して頂けるのは 
とても嬉しい。

ご用意いただけるとね
また次も お願いしようって気になりますから
どうしても興味が持てない公演以外は
お申し込みしてしまうんです。(笑)

という事で 12月公演 一公演
 来年2月の凱旋公演
一挙に 2公演 観劇予定が入りました。

あっ 先日ホリプロさんから
『スクルージ』当選メール
キャメルボックスさん『BREATH』も
当選メール来てたからもっと増えてた~(汗) 



『貴婦人の訪問』8・19マチネ

シアタークリエ 2公演目の
『貴婦人の訪問』
本日のお席 上手側でした。



プレビューと変わらずなので17日は
書き忘れましたが


クリエ公演出演者
アルフレッド ・・・・・・・・山口祐一郎
クレア・・・・・・・・・・・・・・涼風真世
マチルデ(アルフレッドの妻)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・春野寿美礼
マティアス(市長)・・・・・ 今井清隆
クラウス(校長)・・・・・・・ 石川 禅
ゲルハルト(警察署長)・ 今 拓哉
ヨハネス(牧師)・・・・・・・ 中山 昇

若い時のクレア・・・・・・・・飯野めぐみ
若い時のアルフレッド・・・寺元健一郎

レーナ(子役)・・・・・・・・・ 日浦美菜子
            (Wキャスト)
               (青木璃乃)
子役ちゃんは確認した訳では
ないのですが 17も今日も
日浦美菜子ちゃんでした。

アンサンブル
岩﨑亜希子  樺島麻美  河合篤子
三木麻衣子  吉田理恵 
榎本成志  木内健人 さけもとあきら
武内耕 俵和也  谷口浩久
港幸樹  山名孝幸  (敬称略)


今日の公演 
プレビューでも思った 
不思議な作品だなぁと言う・・
いろいろな見方の出来る作品と
いうのを再認識しました。

金沢・大阪と公演を重ねて
本当に いろいろな表情を
生み出す舞台になってる。
というか 役者さんがそれを
生み出してるって感じがします。
このカンパニー 凄い!

舞台は 本当に一期一会で
今日の舞台は 復讐劇は根幹で
その上にあってさらに
愛憎劇の色合いが強い。

クレアの中に 哀しみ
春野マチルデの中に
憎しみ

涼風クレア
心の凍えが伝わって来た。
その凍えの中心にいるのが
アルフレッドなんだろうと。
アルフレッドの死によって
さらに死んでしまうのか
新たに歩き始める事が
出来るのか
誰にもわからない。

一方 アルフレッドと家庭を築き 
愛を信じていたマチルデが
アルフレッドの一言で
壊れたのが判る 
その思いの深さが憎しみに
変わる瞬間が見える。

そして 判定の瞬間までの
マチルデの表情は
クレアに負けないくらい
怖い・・・

愛憎劇の側面を大きく感じた
今日の公演でした。

町の人々が泡のような
豊かさに溺れて
アルフレッドを追い詰めてゆく
理不尽さや数の正義の怖さも
少ないアンサンブルさん
がっちりと支えている。

若き日のクレアと
アルフレッドの歌声も
涼風クレアと祐さまアルフと
歌いつぐシーンも何時までも
聞いていたくなります。

祐さまアルフレッド
舞台の中のアルフレッドは
責められても仕方のない男だけど
クレアの人生を狂わせた男。
でもクレア・マチルデに あれだけ
愛され憎まれた男
体現してくれる祐さまアルフレッドです。


時効だけれど罪を償えと
迫る市長と警察署長も
金に目がくらみ友情を捨てた男たち
ヨハネス牧師までが・・

中山牧師さまも
良心を捨てている事に
理由を見つけ正当化。
そんな役まわりがきっちりと見えるし。

禅・校長の怒り 
苛立ち・哀しみ 諦め 
自分を偽善者と責め
酒に逃げても 酔う事はない。
歩みはフラフラでも 心は酔ってない
殺されるぞ アルフレッド♪
このセリフだけ 急に太い声。
素面の声。

地獄の門が開くゾ~♪と歌う校長先生は
舞台セットの影になりながら
高台の袖に捌けて行きますが
自分が自分でないような
歩き方だったように見えた。

きっといいことがあるよ♪
レーナの言葉に希望を
持つ事も出来ず・・
そうあったらいいと祈るだけの
校長の最後の良心が

きっと胸に挿し続けた
レーナから渡された白い花
良心を捨てて 質のよいジャケット姿に
身を整えた校長の胸に挿された花は
既に萎れている。

逝ってしまったアルフレッドの胸に
そっと置く。

町は 潤うけれど
舞い飛ぶ金を受け取った人々に
幸せは・・きっと来ないだろう。
そんな結末が思い浮かぶ。

物語の核はしっかりと舞台を支えてる。

そうそう この作品 ミュージカル!
歌について・・何も書いてないけれど
芝居と同じように 歌も舞台の核ですが
それも しっかり じっくりと 面白くて。

声が苦手 とか
あのシーンになるとちょっと~~と
言う事がなくて ストレスフリー(笑)

アンサンブルさんたちの
影コーに至るまで 好みです。

救いのないお話・・
でも舞台の上に 歌い
演じるというエネルギーが満ちている。
こんな舞台が大好きです。

 だから~
明日は マチネソワレ 両方見ちゃうゾ(爆)

『ヴァンパイア』東宝ナビザ


安定の落選でした! (爆)
やっぱりね という結果。

だから他の所で確保しておかないとね。

『ダンス・オブ・ヴァンパイア』の
チケットと言えば
某プレガ系の貸切公演
いままでも手数料っがお高い!と
言ってたのにチャージ料設定が出来て

 良いお席はお高めに。だそうです。

貸し切り公演での荒業だっ!(笑)

手数料払いもしたくないので
プレガは極力利用しない方なんですが
扱いがそこしかないと仕方なく・・・。
でもよいお席って来た事あったっけ?(爆)

定価以上払ってもお席はどこか
発券までわからずだったけど
新サービスでは
定価+手数料+座席チャージ料で
よいお席を確保・・ですか?

某旅行会社で そんなのやってて
プラチナチケットが取れた経験が
あるけど普通じゃ申し込みたくないな

絶対に利用はしません って
言い切れないのが辛いけど。(爆)

手数料なんて支払わずに入手できる方法を
あちこち苦労して探したりしているのに~

あと良席と言われる位置
じつは公演によってまちまちなの(笑)
高いチャージ料だしても
納得のいかないお席もありうるし。

これって 価値観の問題ね。

それだけ払えばいい席が取れるんだと。
どうしても見たい公演で良席が取れるとわかれば
この話のった!となるかもですね。

定価って何なの?(笑)

某ジャニ?系扱いのチケットは
未だに電話のみ 
これは多分 ナビダイヤル商法か
確認もナビダイヤルしないとだし。

公演チケット自体も徐々に値上がり傾向
ますます お金のかかる趣味に
なってゆく

金の切れ目が縁の切れ目
そんな言葉が 一瞬浮かんだぞ。(爆)

『貴婦人の訪問』8・17マチネ

生憎の雨・・それも地元では
豪雨注意報が発令されました~(爆)

場所により列車の遅延情報もあるようで
時間に遅れると大変なので
早めの出発 定刻通りのダイヤで
運行れていたので だいぶ早めの
到着となりました。

嵐を呼ぶ男? 雨男?
がいるカンパニーですが・・(笑)
対抗できる晴れ男か 晴れ女もいるようで
豪雨注意報が出た割には
さほど傘のお世話にならずに済んだなぁ~(笑)

そして久しぶりの本公演!
ギュレンの町に連れていってくれる音楽

財政危機に瀕した町の救世主と
なるかも知れない クレアを
迎える準備に余念がない人たち

迎える楽隊 合唱隊の
音程が ますます外れてた。(爆)
3・4と指揮する校長先生
なかなか様にはなってるんですが・・
ここは多分演出と言う事で
お歌の完成度は☓・・(笑)

プレビュー公演からの大きな変更は
なかったと思いますが・・
それぞれの役が馴染んで来た
感じがとても大きく
演じ方の幅も大きくなり 
メリハリの利いた印象でした。

祐様アルフレッド
手の不自然な動きが減って来てる!(笑)
シリアスな部分とコミカルな部分
両方とも見せてもらえます。
マチルデに聞かれて
事情を話す祐様アルフレッド
まるで子供ような言い方してましたよ~。

クレアに対する仕打ちは・・
確かに酷い 
結婚をして暮らしを共にしてきた
マチルデに対しても・・酷い。
酷い男なんですね~
舞台の中のアルフレッド。(爆)

保身のため 
クレアとその子を切り捨てた。
そんなアルフレッドも
祐様が演じると 愛されキャラで
そんなにひどいとも思えなく・・(略)

一方 涼風クレア
迫力のこわ~~~い涼風クレア
こちらも能面のようだったプレビューから
感情の高ぶりが大きくなったように
感じました。
若き日の恋人 裏切った恋人
子を持てなくなった恨み
帰して~と叫ぶ姿に
感情移入出来ると作品の
イメージが変わると思いますが
冷たい視線の一瞥は・・
 やはり怖~~い。

アルフレッドの側にたつか
クレアの思いを正義とするのか

享楽を貪り 何も感じないまま
感じたとしても流され
生きて行くだけの人々に
同調するのか。

市長 マティアス
警察署長 ゲルハルト
校長 クラウス
司祭 ヨハネス
この4人のキャラも
似ているように見える部分は
あっても・・非なる役

その4人の男たちの
電話による相談シーン
聞かせてくれる~
ほんと 聴き応えあります。

駄目だ!考えてどうする♪

音源で残して欲しいと
聞くたびに思ってしまう。

この4人組メンバー
全員レミ・メンバーで
エリザ・経験者!

そして・・祐さんもレミ・バルジャン 
涼風さんもエリザ・シシィ
贅沢なメンバーなんですよね。


涼風クレアの美しくも
復讐に燃える目が
思い出の森の出会いに
愛が揺らぐ・・。
二人のデュエットも美しく。

小さな女の子
レーナ(今日は日浦美奈子ちゃん)が
校長に花を差出して慰めるが
悪意の流れを止める事はできず。

やはり救いのないストーリーだけど
登場人物のキャラが明確で
膨らんできています。

本公演になって
村を追われたクレア
足を痛めて街を去る時
プレビューでは一人去っていたけれど
富豪の男と共に去ってゆくように
変更あり

踏み台の男一号か。
毛皮のコートを羽織り
葉巻をくわえていたのは
港さんでした。


誰に感情移入出来るか
それによって全く印象が違うのでは
と思う作品 

感情移入すると言っても
皆 酷い人ばかり!
復讐するため故郷を訪ねる夫人
裏切り 手ひどい仕打ちをした元恋人
友人として生きて来たけれど
金のためにはあっさり裏切る友人

何度も言いますが・・(笑)
救いのない舞台です。

でも 演者が人間として懸命に
生きてるのが見える舞台

そんな舞台が好きなので
とても魅了されました。

平日 月曜でマチネ
でも客席満員
スタンディング・オベーション!

お目当て 禅さん校長も 
とても魅力的な人物、

弱い 欲望の前に
踏みつぶされてしまう良心を
保とうと苦悩する教育者。
これは 何度でも見たくなる。

 という事で 次のチケットの日付は

        明後日です。(笑)


明日は『貴婦人の訪問』

シアター1010の
プレビュー公演以来・・・

遠征を我慢して
本公演初日と思ったら
お盆に突入で、
やっとやっと 明日
シアタークリエでの
『貴婦人の訪問』です。

一部 演出変更もある様子
あの皆さまの歌声も楽しみです。

ストーリーは 人間の業
醜い部分を抉り出し
目の前に見せつけられる感じで
よくあるハッピーエンドの
元気をもらえるミュージカルでは
ありません。


お金の魔力に
狂って行く町の人々の様
何が正義なのか?
人の在り方 良心をしっかりと
もった人ですら 葛藤しながら
流されてゆく。

数の論理 刹那主義
そして クレアの去った後を
想像しても救いは見えません。

手にした金は 永遠の力はなく
さびれた町での暮らしに
戻る事も出来ない

そう考えさせる舞台を
作り上げてくれたキャストの
方々に またお会い出来るのには
期待しかありません。

まさに 禅さんが歌う
地獄の門が開くゾ~~♪
うん このフレーズ強烈だわ!

視ているこちらは
これからリピート地獄の
門があきます!(爆)


いよいよ明日マチネが
本公演・・My初日。


『スクルージ』チケ確保

ホリプロさん先行
 やった~!

これは・・・来年じゃないよね(笑)
今年の暮れ 12月公演の
『スクルージ』 
市村スクルージ シンディクラチット
万里生っちハリー(若き日のスクルージ)
怜奈ちゃんイザベル&ヘレン 再び!

チケット取れました。
ご案内頂くと すぐ申し込みしちゃいます。(笑)

取り敢えずの一公演
子役ちゃんは加藤憲史郎君の日
Wキャストだけど憲史郎君の日が多い~。
これはもう一公演追加だな (笑)

『天使にラブソングを』出演者コメント

クリエ『貴婦人の訪問』
お盆中のため 行く事かなわず・・

未練がましく
東宝さんのHPを覗いて回る。

禅さんの次々回出演予定作
『天使にラブソングを』にいったら
キャストのコメントマーク
新キャスト蘭寿さんのコメント動画は
あるけどキーヨと禅さんが未だなかった。


『貴婦人の訪問』に出演中で
明日はクリエ初日だし
コメント映像を録る時間が
ないのかなぁ~


一緒に ドンと載せて~(笑)
  お願い 東宝さま!


『貴婦人の訪問』DVDかCDを!


『貴婦人の訪問』の
 DVD出して~と叫ぶ。

無理なら CD化を切望。

DVDでもCDでも
出してくれたら・・買います

地獄の門が開くゾ~~♪
あの血管きれそうなシーン入れて~(笑)
お財布の門も開きますから~。

このBlogに書いても
東宝さん 読んではくれないし
無駄だとは思うけど・・・
 
 一応 言わずにいられないので
 書いてみた。(笑)


公演アンケートでも
出した方がいのかな?

そうそう 東宝さまに
お願いなら もう一つ
あれ 二つかな?(笑)

TDVの製作発表動画 
全編収録 期待して待ってます。
リー君 ただ今奮闘中?(笑)


前回公演の制作発表は
ユーストリームで中継してくれたじゃん
やれば出来る子(笑)

公演始まったら
クコール劇場の様子もよろしくね(笑)


『貴婦人の訪問』クリエ初日

『貴婦人の訪問』 

東京公演初日!
 お目出度うございま~す。

なんとか行きたいと
チケット頑張って取ったのに~
やはり行けなくなってしまって
哀しいけれど

せめて このBlogから 
  エールを送ります。
       
初日公演 友人がしっかりと見届けて
くれる事になり、思いは託しました!

しかし 何故にお盆に初日なんだろ?

同じように この日じゃ行けないわ
そんな方が多いと思うんだけど。

My初日は ちょっと先になりますが
後半にスパートかけて通いま~す。(笑)


『南太平洋』8・12マチネ


ハローミュージカル!プロジェクト作品
チケット代 全席指定の 4000円でした。
    @天王洲 銀河劇場

シアター1010を皮切りに
各地をまわって来て
ラストの地・天王洲銀河劇場公演です。

いつもとちょっとだけ
様子が違います。
入場時にリーフレット仕立ての
公演案内が渡されて、公演チラシの類はなし
パンフレットや公演グッズの
販売ブースもありません。
その場所は プレゼント預かり所に
なっていていつもより広々とした
感じのロビーでした。
子役ちゃんの配役表の掲示を
探しても見当たらず・・・
スタッフさんに教えて頂き、
お手数をおかけしました。


出演  
ネリー・・・・・・・・・・・藤原紀香 
エミール・・・・・・・・・別所哲也 
ルーサー・・・・・・・・・太川陽介
海軍大佐・・・・・・・・・磯部勉 
ケーブル・・・・・・・・ 渡辺大輔(藤田玲)Wキャスト 
リアット・・・・・・・・・・ 田中祥恵(中根百合香)Wキャスト 
ブラディ・メリー・・・ ちあきしん

子役ちゃんもWキャスト
ガーナ・・・・・・清水詩音(小野りり子)
ジェローム・・・伊藤悠翔 (大西由馬)
 
他 アンサンブルの皆さま (敬称略)

休憩20分込み 約2時間50分くらい
大作の部類になると思いますが・・
この作品ちょっと苦手かもしれない。
作品自体は、まぁまとまっていると
思います。

賑やかしのショーシーンもある。
藤原ネリーの宝塚か?と思うような
羽根じゃないけど背負って出て来る。(笑)
ダンスも魅せてくれます。

泣かせたいんだろうなと
思うシーンもあるし
子役ちゃんを使っての歌も
全部そろっているけど
何かがちょっと物足りない。

あっという間に流れてしまって
後に残らない、
浅い感じを受けてしまうのは
藤原ネリーのぶりっ子っぽい
人物像のせいか
別所さんの入れ込んだ濃い演技の
所以か 二人のバランスが
ちょっと??に見えるところかなぁ。

極秘任務に就くところも唐突、
戦況が厳しくなった事が
実感出来ないし~
本日は渡辺さん演じる 
ケーブル中尉の存在も
田中さん演じるリアットとの恋も
人種の違いから・・きっと悲恋
でも 中途半端な描き方だなぁ
そんな感想になってしまい

太川さん演じる 
ルーサーも 憎めないくて
ある意味キーマンだろうけど
こちらも浮いてる感じがして
仕方がない。
ちょっと勿体ないなぁ~

大きな拍手のなか
スタンディングも出ていたし
客席も2F3Fまで 埋まっていた様子

良い作品なんです。
でも求めるものが多すぎたのね(笑)


『貴婦人の訪問』@中日チケット。


本日 中日劇場公演

『貴婦人の訪問』のチケットが
到着しました。

   Zさん有難う~

さてさて 新幹線の方の
チケットもそろそろ用意しなくては。
またまたクレジットの支払いが増えるのね(汗)

シアタークリエ公演も
開幕してないのに

  忙しいこっちゃ!(笑)


『ウーマン・イン・ブラック』8・10マチネ

ちょっと地味な演目(笑)
   PARCO劇場
『ウーマン・イン・ブラック』
前回公演は2008年夏
上川隆也さん 齋藤晴彦さんの
お二人でしたが 本日は・・・ 


出演:  

The Acter・・・・・・・岡田将生
Arthur Kipps・・・勝村政信 
             (敬称略)

PARCO劇場
暗転により時が過ぎ日が過ぎてゆく。

弁護士キップスが ある老婦人の邸に
遺産整理に行った邸の出来事を
語り始める.

言葉がこぼれるのを
嫌がるかのようだ。

突然 客席から
もっと伝える事を考えて!と
強い調子で言いながら
若い男が現れる。

若い彼は、語る事が出来ないからと
弁護士が雇った役者

役者に劇中劇として
自分を演じてもらい
起こった出来事を語り
過去の呪縛から逃げ出すことが
出来たら・・と考えたのだ。
勝村さんの物言いがあまりに
聞こえないので・・聞き耳を立てた(笑)

客席後方通路から
飛び込んで来た若い彼の
声は 明るくて明瞭。
自信満々な事 (笑)

勝村キップズは役者じゃなく
弁護士・・だからと
あの語り口のようで・・

若い俳優と相談の結果
芝居の形で演ることになり
キップズが勤める弁護士事務所の
事務員・主任弁護士 
訪れた村の 地主  
泊まったホテルの亭主
死亡した依頼人 ドラブロワ夫人の
財産管理人 邸に連れて行ってくれた御者を
すべてキップスが演じる事に。 

様々な役を ひとりで演じ分ける
勝村さんが上手さを見せる。
  
若い俳優が手配した
効果音のプロの音を聞き
この効果音がるなら・・と
台詞を話すのが苦手な弁護士から
癖のある弁護士事務所の事務員へ
ちょっとエラそうな主任弁護士へ
俳優から渡された眼鏡を使うと
なりきり度が完璧になってくる。
これには若い俳優も驚く設定で
なるほどなぁ~と。

町の地主 ホテルの亭主と
次々と演じてゆく。
宿の亭主がキップスを心配して
共に行動するようにと
愛犬を呼びつけるシーンなど
客席から笑いも起こる程だ。

岡田・俳優もちょっと噛んだり
あっても少しも気にならない。
濃密な時間に惹きこまれた。


俳優の演じるキップス。
俳優の傍で興にのって
様々な人物を演じるキッブス
二人の会話で
キップスの恐怖の体験が
再現されてゆく。

時に 劇場に響く悲鳴
町の喧噪 

15分の休憩を入れて
2時間10分

恐怖の体験
お話は怖いです。

勝村さんらしいキップズ
そして その他大勢(笑)

岡田・俳優も勢いを感じて
お二人の芝居の呼吸が
感じ取れて面白くて
怖い舞台になっていました。

ストプレの常で カテコはわりと
あっさりでしたが 
もっともっと拍手していたかった。




続きを読む

『ダンス・オブ・ヴァンパイア』製作発表

明日 11日
『ダンス・オブ・ヴァンパイア』の
制作発表です。

東宝さまのオーディエンス募集に
速攻応募して見ましたが・・
100名限定 との事で敢え無く落選。

珍しくスケジュールが空いていて
これは行けと言う 演劇の神様の
お告げかと思ったのですが違ったらしい。

禅さんのツィに 11日は製作発表ですって
呟きがあったけど
当選しなきゃ行けない!

行きたくても行けないっ!

予定が空いていても行けないっ!

某プロさんは チケ買ってね作戦でしたが
買えば行けるなら・・買いましたとも。(爆)

参加券つきチケット。
 
  買うよ、あたしが~♪(笑)

『貴婦人の訪問』大阪 楽日です。

金沢公演もあっという間に終り
大阪も本日 楽日!

う~ん 行けなくて淋しい思いを
しておりますが・・・
暑い日が続く中 熱い舞台の
キャストの皆さま お疲れ様でした。

さてさて 次の地は東京
13日からの開幕です。


怖い変貌を遂げる町の
皆さまですが・・・それでも


とくに 校長先生~♪
早く会いたいな。 (笑)


『MOZU』@WOWOW

WOWOWドラマ
『MOZU』
既に再放送もされており
地上波 TBS系でも 放送されたドラマ。

なので 今更なのですが・・・
改めて出演者を見ると 
あらこのお方!
舞台でご活躍の方が
本当に多数出演に驚きます。

主演は 西嶋英俊×真木よう子

他に 香川照之 小日向文世
生瀬勝久 鶴見辰吾 長谷川博巳 
吉田剛太郎 杉村蝉之助 堀内敬子
瑳川哲朗 音月桂 品川徹 (敬称略)

先日『ジャンヌ・ダルク』で初舞台を踏んだ
有村架純さんもいらっしゃいます。

シーズン2では
蒼井優さんも出演、

シーズン1 百舌の叫ぶ夜 10回
シーズン2 幻の翼      5回

録画した筈だったのに
なぜか全部は録画されてなくて
飛び飛びになっちゃった。

今日から一挙再放送されるので
録画出来てない回を
もう一度予約チャレンジ。

検索フォーム
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

いらっしゃいませ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
81位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
俳優
7位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りBlog
Blog開設カウンター
ブログの更新率
月別アーカイブ