現在の閲覧者数: 2016年04月の記事 - hatti元気の素 観劇 ミュージカル
fc2ブログ
プロフィール

hatti (はっち)

Author:hatti (はっち)
石川禅さん応援中!
劇団四季・東宝ミュージカル・・・時には宝塚
観劇大好きなhattiです 

記事に関係のないコメントは
削除させていただく場合が
御座います。ご了承ください。

石川禅さんのお仕事
石川禅さん
これからの予定

舞台******
ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年3月7日~29日
日生劇場
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月4日~14日
skyシアターMBS
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月19日~21日
愛知芸術劇場大ホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月26日~28日
久留米シティプラザ 
ザ・グランドホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月3日~4日(土)
熊本城ホール メインホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月11日~12日
高崎芸術劇場 大劇場
ニック役他

石丸幹二 
オーケストラコンサート2024
石丸幹二
東京フィルハーモニー交響楽団
2024年6月21日(金)
会場:東京芸術劇場 コンサートホール
ゲスト出演

********
Netflix
「モンキー・キング」
声の出演
“竜王"役 吹替=石川禅
2023年 8月19日より配信開始

Netflix
『氷がすべてを隔てても』
声の出演
アイナー役=石川禅 (3/2より配信開始)

Netflix
『サンドマン』
声の出演
第6話 吹替=石川禅

コンサート*******
★『石川禅 6th ソロ・コンサート』
2021年3月20日~21日
よみうり大手町ホール
※公演延期 ※

石川禅さんのプロフィール
FCについては
サイドバーのリンクから
ホリプロブッキング
エージェンシーへどうぞ
禅さんの舞台
石川禅さん次回は % 『COME FROM AWAY』
禅さん 出演公演
Blogランキング参加中です
見たよ 読んだよ ポチっとな!
よろしく お願いします。
2月の観劇予定

■『ハリーポッターと呪いの子』
■『夜は昼の母』
■『ジョジョの奇妙な冒険』
■『アラジン』
■『中村仲蔵』
■『インヘリタンス』前・後編
■『不思議の国のエロス』
■『テラヤマキャバレー』
■『月の岬』
■『骨と軽蔑』
■『ボディガード』
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

『ウエスト・サイド物語』4・30マチネ

本日は 四季劇場 秋です。

『ウエスト・サイド物語』
生オケが嬉しい公演で
キャスト変更を
見込んでのリピートでしたが

惜しいっ(笑)

20160430ウエストサイドキャスト

2・3日だけマリア役が変わって
いたようですが今日は山本さんに
戻っていました。

小野田トニーも 出演時期が
見に行った日と少しだけ
ずれて見られなかったし・・・

結局 3回目も ほぼ同じキャスト。
作品を見るという観点からは
安定の舞台でいいのでしょうか
リピート=変化を楽しむ
東宝さんのWキャッストの罠に 
いつも乗せられている身としては
3回みたら 一回くらい別キャストに
当たらないかなぁと思ってしまう。

四季の場合 前売りの売りは
キャストのわからない状態で販売が
デフォ。

見たいキャストが来たら
前日予約という手もあるのですが
仕事都合や 他の観劇予定を
入れてしまっていたりで
これも出来ないのは辛いです。

新演出 すこし慣れて来た。
シャープに感じるところが多く
ドックやシュランク警部と
ジェット団&トニーの関わりが
アッサリとしか見えないように思う。


半面 人種差別 移民などの
社会問題は 強めに浮き上がって見えて
ラストのトニーの亡骸を運びながらの
和解も素直に受け取れない面も。

別キャストで見られたら
この感想は また違ったものに
なったかもしれないなぁと。(笑)

これから 全国公演のチケ発売がある。
地元公演が予定されているから 
チケット取り 頑張ろう。

地方公演だとね
大体キャストが変わるから~

  それも楽しみなの。










『ラ・アルプ』5月号到着!


『ウエスト・サイド物語』を見て帰宅

すると~ 
はいっ 5月号 
前月末に着・・・間に合いました!(笑)

5月は 見たい舞台のチケ発売
連休明け 8日が最初

複数回 行きたい公演があるので
日程調整は慎重にしなくてはね(笑)

早速 見たい公演の
公演スケジュールチェックしちゃいました。

リトマ LK  複数回
それに ガンバ ウエスト全国か~

チケット扱い開始日も
自分のスケジュール帖に
書かないと 忘れそうだ~(汗)

四季だけじゃないんだから~

『スヌーピー・ミュージアム』



六本木 Zeppブルーシアターに向かう途中
あら?これ何!

20160427.jpg

当日は 開演時間もあり
通り過ぎながら、しっかり写メだけして(笑)

帰宅後 ちょっとググる。

期間限定の スヌーピー・ミュージアム。
カフェもあるのね?
前売り券を買って行くらしい。

フナッシーカフェは当日券で入ったけど
こんな期間限定のイベントと言うべきか?
多いなぁと。

ちょっと行ってみたいけど
観劇予定が 詰まってて~
厳しいな。 (汗)

『リトル・マーメイド』夏劇場 千穐楽決定。


名古屋上演決定!
10月からは 二都市同時上演
さらに福岡
キャナルシティ劇場での上演決定!

・・・・と思ったら やはり
東京は ロングラン終了しての
福岡なんですね。

東京・千穐楽が決定しました。
一周年記念公演 
二周年記念公演

これから 3周年記念公演も
チケット狙っていたんだけど・・・

千穐楽公演はやはり抽選なんだろうか?
落選しちゃうとね
一般枠など 無いのが四季

見られない~!

今から心配しても仕方無い
来年の4月初旬まで公演は続くので
取り敢えずの回数を次期発売時に
押さえて・・・っと
あと何回見られるんだろう

 どのキャストに巡り合える?(笑)



『ナミヤ雑貨店の奇蹟』4・27マチネ

  @Zeppブルーシアターroppongi
キャラメル・ボックスで舞台化され
2013年に初演・・・

今回もキャラメル・ボックスさんからの
キャスト参加は多いけれど
新たなメンバーで再演の舞台。
原作が 東野圭吾さんの本。

出演
桐生敦也・・・・・・・・多田直人
太田翔太・・・・・・・・松田凌
伊勢崎幸平・・・・・・鮎川太陽

皆月暁子/水原セリ・・・菊池美香
松岡克郎/浪矢敏郎
/小塚繁和・・・・・・・・鯨井康介
松岡健夫/安中玄太
/外島英輔・・・・・・・・石橋徹郎

皆月良子/川辺ミドリ・・大森美紀子
松岡加奈子/浪矢頼子
/武藤晴美・・・・・・・・・岡内美喜子
沼田静人/浪矢貴之
/苅谷創一・・・・・・・・・左東広之
松岡栄美子/川辺若奈
/小塚公子・・・・・・・・・・小林春世
館林寛子/水原タツユキ
/田村英世・・・・・・・・・・金城あさみ
松岡重造/浪矢駿吾
/富岡信二・・・・・・・・・・近藤利紘

浪矢勇治・・・・・・・・・・・川原和久
         (敬称略)

まわり盆を使って
ナミヤ雑貨店が店内と
外から見た状態と変わる

舞台サイドにベッドが出たりで
キャラメルさんの作り・・
成井さんだし、当たり前か(笑)

で今日ね 気付いたんだけど
ナミヤ雑貨店の看板の下に
いろいろ書いてあるテント布みたいなやつ
たばこ 雑貨 印紙 切手の文字の次に
ポストン君のマーク!!
現代のシーンもあるけどこの建物 
商売止めて随分たつのよね?
33回忌の台詞も出て来るし・・
〒マークならわかるんだけど
ポストン君マーク出来たの
そんな古くないんじゃ?(爆)
こんなマークね
yyuubin ma-kue


ってつまんないとこ気になってました。
初演の時は気になってないから
〒マークだったかも・・

そこは置いといて~(笑)
緻密に練られた構成

浪矢勇治の初恋から
ナミヤ雑貨店に悩み相談を
する様になったいきさつ

施設で育ち 盗みをして
追われる三人組が
迷い込んだ 
廃屋ナミヤ雑貨店

過去 そこは あらゆる人の
悩み事相談に乗っていた
浪矢勇治の店だった。

相談の手紙を送った人々の
人生 生きる意味 重さ
前向きになる勇気も貰えるような
そんな作品

すべて凝縮されていて
若い三人組
良いコンビになってました。
三人が育った施設には

魚屋ミュージシャンは
病気になった父親のため
夢を諦めた方がいいのか悩む

親を亡くした武藤晴美は
安給料の会社勤めの
傍ら 自立したいと 
ホステスとして働く
ホステスのを本業をした方が
良いのか悩む
悩み事を相談した彼・彼女らも
関わりをもっているのだ。

しかし 今、ナミヤ雑貨店・浪矢勇治に
出したはずの手紙は
時空の捻じれにより
若い三人組が受け取り
放ってはおけないと
返事まで出してしまうから
ややこしい。(笑)

音楽の道で成功したい
魚屋ミュージシャンに
ネット配信もあるんじゃね?と
いうような内容の回答をしちゃう。
返ってきた出紙には
ユーチューブって何ですか?(笑)

雄治の33回忌に
雄治の願いである
告知文をネットに出すのは
ひ孫?


期間限定で悩み相談の
過去への扉がなぜ開くのか?

この辺はわかり難いけど
強引に納得・・・でいいかなと
思えちゃう。(爆)

今回 皆月暁子と
水原セリの二役を演じたのは
菊池美香さん
セーラー服が似合い(笑)
亡くなった魚屋ミュージシャンの
残した曲を歌うシーンもあり
歌を聞いているのに・・
菊池さんだとわかるまで
ちょっと時間がかかりました。

息子役 初演で確か
阿部さんだったけど
今度は佐東さん。

二人は持ち味違うけど
その違いも楽しめました。
役にはどちらも嵌っていて
やはり初演も思い出す。

岡内さんも年齢の幅の広い
3役をこなしていた。
彼女の武藤晴美役
嫌味がなくていいなぁ~

おこりんぼの多田さんも
かなり 嵌ってる!(笑)

川原さんは ちょっと
気難しい勇治に見えたかも。


笑いもあるけど 泣きどころも
忘れちゃいない。

劇中で描かれるのは
悩みながら懸命に生きる人々
やはり ほっこりするなぁ。




『花組』と『月組』チケ取れた~


宝塚公演のお話です。

毎公演 チケ取りに苦労するんですが、

東京宝塚劇場での公演
花組『ME And MYGIRL』
月組『NOBUNAGA』
抽選先行で当選来た~~!

でも~
宙組『エリザベート』は落選メール
ここの先行はず~~~っと落選ばかりだっ!

当選の文字のある公演は
実は友人に依頼された分(爆)
よくあるパターンですよね。

まだ始まったばかり
情報を逃さないようにして
一公演の確保を目指します(笑)

北翔さん サヨナラ公演になる
『櫻花に舞え!』も気にはなるけど
先ずは手の届きそうな
宙組公演だ。

友の会などに入った方が
確実なんだろうとわかっていても
これ以上 会員登録を増やすのも
考え物

それでなくても 登録してあるとこ
充分に多いからなぁ~(汗)

『スウィニー・トッド』4・25マチネ

東京芸術劇場プレイハウス
『スウィニー・トッド』
 本日トークショーあり
某クレカ系の特典つきで
押さえた公演

後々発表になった特典は
公演パンフレットでした。

特典が何か分かってない時点で
一回目を見たので・・・
パンフ買ってしまったわ~(汗)
せっかくだから 頂いて来ましたが
パンフ 2冊目になりました。

お席は 中程通路を前にした席
今期の演出は客席降りがあるので、
すぐ目の前を 武田トバイアスが
通って行き・・舞台に上がってゆく。
病院の怖いメイクのアンサンブルさんも
こちらに向って下りて来ます。
少し脅されたような気もしなくもない?(笑)
前回の最前列とはだいぶ見え方が違う
凝った舞台セットもよく来ることが出来ました。

船乗りアンソニーに助けられ
ロンドンの街に帰ってきた
ベンジャミン・バーカー

今はスウィニートッドと名を変え
妻に横恋慕したターピン判事に
無実の罪を着せられ16年
復讐を誓っていた。

昔住んでいた フリート街で
不味いパイ屋を営むミセス・ラヴェットが
トッドが流刑にされた後の
妻 そして娘の消息を教えてくれる

そしてトッドの素性にも気付いたが
手を貸すと言いパイ屋の二階で
昔のように床屋をと
銀の床屋剃刀を出して来る。

船乗りアンソニーは
ターピンの家の窓に姿を見かけた
ジョアンナに恋をした。

トッドの復讐と 
アンソニー&ジョアンナの若い恋
トッドとミセス・ラヴェットの恋?
ターピンの横恋慕 
トッドの妻ルーシーへの思いが
形を変え 養女として育てている
娘のジョアンナへと向かう。

トバイアスのミセス・ラヴェットへの
純な思いも絡み 二転三転と。

客が店に入ると二度と出ては
来られない♪

でも~ 妻が付き添い
娘が様子を見ている客は
無事に親子3人揃って帰っていったね(笑)

ダジャレっぽく繋ぐけれど
人肉パイ 怖い事歌ってるよ~(爆)
牧師 弁護士 スポーツ選手
全部 パイにされたのね
けれど 狙っているターピンと
ビードル二人に復讐する機会は
なかなか巡ってこない。

ジョアンナとアンソニーの恋に気付き
ついに 娘ジョアンナを
精神病院に隔離してしまうターピン
そして 結婚すると言い出す。

トッドはアンソニーに手を貸して
ジョアンナを助け出し
かくまうと言うのだが・・・。
手違いから 迷い込んできた
乞食女を殺すところを
物陰に隠れていたジョンアンナに
目撃されてしまう

怒涛の展開 !?

いえ お話しは知ってますけど
やはりそう言うしかない展開です。

そして やはり芳本さん演じる
乞食女の若さが見えてしまい 
イメージが違うと思えてなりません。
乞食女にしては可愛い過ぎる。
以前演じてたキムラ緑子さんの
イメージが強すぎるのかも。
うん きっとそうだ!

恐ろしくて 哀しい結末。

どれだけの人が死んだのか?

アンソニーとジョアンナの未来は?

トバイサスは これから
どう生きてゆくのか?

結末を考えると、ドーンっと落ち込んで
劇場を後にしそうな作品なのですが
なぜか不思議に 

お芝居終り!

 という感覚なのです。

今日は終演後 すぐトークショーが
あったので余計にそう思えたかも。

トークショーは
市村さんトッド
武田さんトヴァイアス 
万里生っちアンソニーの3人

二人は 何気に出て来た~
市村さんと万里生ッち

司会の市村です。
とマイクを取り上げるけれど・・
武田トヴァイアス まだ来ない!

おーいと呼ばれて
やっと登場 武田トヴァイアス
実は司会は武田さんたっだ模様

市村さん センターの椅子に
落ち着き
改めて武田さんの紹介が。(笑)
二人を紹介し終わって・・
すかさず万里生っちが
武田真治さんで~す。(笑)

皆さん無事に紹介は終りました。


今日は 早くも なかびだったとの事
初演から続投の 市村・武田両氏に
比べて 途中参加になる
万里生ッちに質問が飛びました。

一から作る大変さは別ですが
80パーくらい作品が出来ている
ところへ入れてもらったのでと。
音楽的な不協和音?
音が取れているのかいないのか
判らないような音楽に
悩まされた?ようなニュアンスも (笑)

メイク特殊て
後で俺の楽屋へと市村さんに
言われ教えてもらったと。
傍で武田さん いいなぁ~っと
羨ましい様子 (笑)

歌と言えば・・齋藤さんが
ご苦労され様子と・・
武田さん談(笑)

人がたくさん死んで行く
復讐が描かれていて
人肉パイを食べさせるなんて
怖いお話。

本当はこの作品を見ると
落ち込んで帰りそうなのに
お客さんは笑顔で帰ってゆかれる
不思議な作品なんだと
トークでも言われてましたが
正にそんな感じだったので
深くうなずいてしまいました。

カテコのせいもあるのかな?
市村トッド 下手
大竹ラヴェット上手から

拗ねて怒ったようなラヴェットに 
恐る恐る下手から近づいて
中央に移動するトッド
近くなると しかた無いなって
笑顔になり ハグする二人
ぞろぞろと出てくる怖いメイクの
他キャストの皆さんも笑顔でお手振り。

去り際 チョコンとスカートを
つまみお辞儀をするㇻヴェットの
動きをまねて チョコンと
お茶目にお辞儀する市村トッド。

こんなん 見せられては
笑顔で帰るしかないでしょ!(笑)




『1789』4・23マチネ

~バスティーユの恋人たち~
本日のキャスト 

DSCF4627.jpg


小池ロナン
花總マリーの日でした。

オランプは沙也加嬢。

クレカの貸切公演で
お土産付き公演 (笑)

経費節約の観劇術です。
手数料無しでお土産ついて
今回はお席もよかった。
通路寄りで キャストの皆さん
颯爽と隣を走り抜けて行くのが
近いっ!

下手、岡ペイロールの
登場から 

坂元ㇻマールの
シャルロットに 嘘を教えられ
オランプちゃ~~~んと叫びながら
オランプを追って駆け抜ける
あの通路です。(笑)
しかし この舞台では
笑いを受け持ち?(笑)
てんとう虫の衣装も
催眠術にすぐかかる
素直さも納得の 
絶対秘密警察って職場は
無理なんじゃね?
そんなㇻマールちゃん。

小池ロナン
少年っぽいロナンだなぁと言う印象
オランプへの恋も  初恋っぽい?!(笑)

砕けた言葉使いが背伸びしてる様で
革命も深く考えての行動ではなく
怖い物知らずの若さの暴走みたいな?(爆)
神田オランプが割と沈着系?
恋人っぽくはないかも。

花總マリー
キャピキャピと はしゃぐマリー様
また凰稀マリーとはタイプの違う
マリー様です。

世の中を知らないまま
王宮で暮らすマリー様そのものなのかも。
フェルゼンとの恋もゲームの延長の様に
見えなくもない。(笑)

何気にアンサンブルにいる
金髪の当銀さんが目に付く
兵士から民衆への早替えもあって
つい目で追いかけてしまったり(笑)

この舞台 ダンスの振りも
ちょっと独特で 上原ダンカン
頑張ってる!(笑)
そして松澤さんミラボー伯爵の時
若者たちに交じって踊ったり
・・少し離れて見るだけになったりの
微妙なまじり具合で、
ダンスの激しさを思わせます。

子役ちゃんも ルイ・ジョセフは
二人とも シャルロットも二人
あとは齋藤さくらちゃんに当たれば
全員みた事になるのか?

楽しみで~~。
音楽も 王妃の歌う 
すべてを賭けて♪

リプライズでも歌われる 
革命の兄弟♪

サ・イラ・モナムール♪など
印象的なメロディ-が
頭の中をめぐるようになる。(笑)

これぞ ミュージカルの
リピート効果!(笑)

Wキャストの 東宝さんの罠
しっかり嵌っています。

でも 嵌ろうにもチケットが
取れない今期『エリザベート』のような
作品もありますが・・・・。

城田トートの日が取れないまま
今日の一般も玉砕だった。

クレカ貸切先行から 
出演者FC系 
東宝ナビザーブ抽選先行
先着先行は勿論の事
プレガ系も複数の
抽選 先着とも 全部参戦してるのよ。

最後の砦 一般発売の今日
12時から 『1789』なので 
時間がなく 全然繋がらず
演劇の神様は微笑んでくれなかった。

 
   頑張ったんだけどなぁ~(爆) 




『1789』4・22マチネ


~バスティーユの恋人たち~
先日18日のキャストから
オランプ役だけが変化ありの
今日のキャスト。
DSCF4624.jpg
あっ でもシャルロットと 
ルイ・ジョセフも前回とは違う。
これは全キャスト制覇出来るかな?(笑)

加藤ロナン と 
凰稀マリー様 
先日見て再びの舞台

小池ロナン花總マリーも
楽しみにしているのですが・・
2回連続だと イメージが
其々の役の出来て来ちゃうかな?

坂元さんたちの衣装は
やはり笑ってしまう。
特にサカケンさんの
赤テントウムシ!
ばらしてしまいました~。(爆)
必見かもね(笑)


夢咲オランプがお初です。
沙也加オランプを見た後だからか
より活発なオランプ

恋に落ちた加藤ロナン
俺についてこいタイプに見えるような?(笑)

古川・ロベスピエール
藁辺・レムーラン
上原・ダントン
ソレーヌも
みなキャラが濃い!
そして岡ペイロール
吉野アルトワ伯

みんなみんなキャラが濃いっ!
アントワネット様もモチロン
友人として ひとりしか出て来ない
飯野ポリニャック夫人も然り。
癖のある人物だと わかります。

今日のシャルロットは
ちょっと大人しい感じに思えたけど
子どもまでしっかりと
芝居の駒で生きてる
ルイはちょっと存在感薄いけど
そんな役だし

好みの作りの舞台だと
言いたかったのだ~(笑)

今日は シークレット・チャーム
つい買ってしまいました。

TDVは禅・教授キャラが
欲しかったから買ったけど
普通パンフ以外は買わないように
してるのに~

衣裳をデフォルメしたデザイン
当たったのはロナン。
1789.jpg

アントワネットのドレスが可愛かったけどなぁ

シークレットだから
欲しいのが当たる訳じゃないから

 もうやめておこう~っと!




『猟銃』4・21マチネ


@PARCO劇場
前方センターの良いお席(笑)



出演

中谷美紀
ロドリーグ・プロトー
   (敬称略)


送られて来た 3人の女性の手紙
それを読んでくれと言う
処分しようと思ったのだが
ふと 読んで貰おうと思った
読んだあとは破棄でてくれて
結構である という声で始まる

ある男の13年間にわたる
不倫の恋を通して

その男の妻【 みどり 】
愛人の【 彩子 】
愛人の娘【 薔子 】

三人の女性を 中谷さんひとりで
演じます。

薔子 母の死後 
明らかになった秘密を
許す事が出来ない娘

怒りの薔子

すこし投げやりなみどり

物静かな彩子

衣裳も特徴的です。
カーデガンとプリーツスカートの薔子
真っ赤なキャミ・ドレスのみどり
死装束のような真っ白な和服姿彩子
彩子は手紙の最後に
自分の死を記している。

この3人の女性を
中谷さん一人で・・・
モノローグの様に延々と女の思いが
ただただ 語られるのだ。

一言一句が 難しい内容で
綴られるから
すんなりと入って来ないのが辛い。
背景ではずっと音楽が鳴り続けますが
これが落ち着きを奪うような・・
そんな音

途中で完全に置いて行かれました。(爆)

   ダメだっ!  

休憩なしの 100分なのに
集中力が続かなかった~(汗)
 
昨日と言い 今日と言い・・・

  反省!!!!





『RHYTHM RHYTHM RHYTHM』4・20ソワレ

急遽見に行くことになりました~。

ポイントが溜まって
特典でこの公演が見られるって
案内が来たので 思い切って
行くことに・・・・。

1111.jpg

ENTERTAINMENT ORIGINAL
       MUSICAL SHOW
 
  『RHYTHM RHYTHM RHYTHM』


出演
水夏希 蘭乃はな シルビア・グラブ
東山義久 イ・ヒョン 小林遼介 
 
DIAMOND☆DOGS
 
橋本由希子 木野村温子
長澤風海 穴沢裕介(敬称略)



SHOW・GIRL からの
シルビアさんが出るっ!

でも日程的に厳しく
諦めようかと思っていた舞台
 
でも ご縁がある時はあるのね。

東山くんは 
『チヌの誓い』?え~~~っと
『ニジンスキー』以来かも。
『CLUB・SEVEN』もあったっけ(笑)

水さんも TS 『客家』以来?
蘭乃さんのお名前もあります。

歌とダンスでまとめたショー!
東山さんの出演である程度は
予想がつくと言うもの。(笑)

で なんなの?
今 これって流行なの?(笑)
コーラス・ラインの
あのダンスをここでも見るとは!
某劇場で 何回か見たのに~(笑)

さらにさらに ジキルとハイドの曲を
聞くとは~。

水さん 改めてダンスも男前
どこかの劇場で聴いた台詞・・
某劇団の癖が抜けていません(爆)

シルビアさんの歌が多く
蘭乃さん 主にダンス
水さん その中間のバランス。

DIAMOND・DOGs
そして東山さん
彼らと踊ります。

色々な曲を繋げて
2時間とちょっと。

ダンスは。様々なスタイル
フォッシ-の動きもちょっとあったし
ストリート系の動きを魅せる人も。

イ・ヒョンさん
ジキ・ハイから2曲がメインで
ダンスもちょっと。
ビアさんもけっこう踊るのねと
思いながら見ていてたら
終演になりました。(笑)

音楽の繋ぎが微妙で
次に行くのか?終ったのか?
タイミングを図る感じで
拍手が出来ないでいると
次の曲になってしまう。

ダンスは見応えあったけど
ストーリーがないから
ちょっと入り難いかも

勢い良すぎて・・
ついて いけてない?(爆)



『エリザベート』抽選先行

『王家の紋章』のチケットは
順調に確保しつつあるのですが

先着のあっという間に敗退
一縷の望みをかけた
『エリザベート』の 抽選先行

3か所から すべて落選メールが
届いてしまいました。

やはり~ネ

予想出来る結果ではありますが
プレイガイドさんでも
駄目でした。

一般なんて 空売りに近いんだろうな?

 取れる気がしない~(>_<)

『王家の紋章』チケ取!

クレカ系や 貸切公演で
なんとか押さえた『エリザベート』

それでも 東宝ナビザーブ
クレカ系先着
プレガ系先着 全滅!

1~2分で終了って
 あり得ない!

一応 抽選が3か所で 既に一カ所は
落選メール来てますが・・
残り2か所の結果発表は今日
でも~望み薄だよなぁ~

見たいキャストの組み合わせ確保に
まだまだ四苦八苦中なので
この教訓を生かせ(笑)

こちら『王家の紋章』は出来るだけ
早い時期に確保して安心したい。(笑)

先日 一カ所の先着は
希望日程と合わず断念したので
本日の先着には 力が入ります。

クレカ系は 会員でないと
申し込めないのが 若干有利かなと
思うから ここで押さえられると良いな。

デメリットはお席が 
チケットが来るまでわからない事。
でも見られないかも知れない事を
考えれば そう文句も言えないか(爆)

という事で 10:00ジャスト
希望日の2公演 GET出来ました。

以前に別サイトの貸切先行で 
1公演 本日こちらで2公演

見られるキャストの組み合わせは
 新妻×宮野
 新妻×平方
 宮澤×平方

残るは 宮澤×宮野さんだけど
もともと お目当てが
シングル・キャストの方々(笑)

だから もし取れたら・・・・くらいの
スタンスで申し込める。

東宝ナビザープさんで
いつもの如く落選でも 
あまりガッカリ感がないかもね(爆)

 うん そうしよう~っと。

外れたら もう打ち止めでもいいし(爆)

『エドウィン・ドルードの謎』4・19マチネ

@ シアタークリエ公演
リピートしちゃいましたって
もう3回目(笑)

コントが繰り広げられる?
シアタークリエ

祐さまの解説で
ストーリーは 途中までは
ちゃんとあるんです。

早口言葉を言ってみて!の
プリンセス・バファー
最後は支配人を呼びつける(笑)
今日は ナマズ絡みの早口言葉
 
ナマズ顔してと言われ
マグマ大使!とも言われる支配人
ゴメン 似てたもんでだって。
お~~い 知寿さんってば(笑)

二幕 途中になり
そこまでのお芝居でZ舞台進行が
いったん止まる。

ここで作者が亡くなってしまい
この先はわからない。
しか~し この会場の皆さまと
謎解きをし犯人を究明しようと
提案する支配人さま。

でも~エドウィンはいったい
生きているのか?
亡くなってしまったのか?
多数決で決定っすか?(笑)
壮エドウィン 出番終了。
出番がこれで終わりはありえへん!
関西弁でまくし立て
元気よく 客席通路から
ご退場の壮さん。
この時 お着替え終了
ピンク系のハデハデ豹柄スパッツ
タイガー柄のバッグ持って
大きな拍手に送られ退場。

初めてご覧になる方
2回目と言う方
3回以上と言う方と訊ねる
挙手アンケートによると
本日 リピーターかなり多めっ(笑)
この後の展開も 御存じの
方が多いのね~(笑)

あと遠方から起こしのお客様の
リサーチは開幕前
今日は栃木 静岡くらい?で
あまり遠くなかったけど
前回見た回では 上海からという
お客様がいたんだっけ。 
ビックリです。

肝心の謎?舞台上では
スルーしたまま犯人捜しというか
  投票!で決めに入ります。

これね 
真面目に 謎解きで推理して・・なんていう
もんじゃないしネ(爆)

数字が好き とか
贔屓さんが 犯人とされた時の
言い訳?の歌を
聴いてみたいとか?
絶対 犯人じゃないから投票!(笑)
これも有りらしいッス!

ジャスパーの間の手を
逃れようと 祐さま支配人に
助けを求める綾ちゃんローズ

テッテッテッと声までつけて
祐さまに近づいて

ハイっ!っと差しだしたのは飴?
あげまチュ!みたいな?(笑)

今ジャスパーが真似をして
テッテッテッ!と続いて
近づくと 蹴るというお決まりの
ギャグ(爆)
祐さま 足がたか~~く上がってた。(笑)

そして 『コーラス・ライン』風
シーンのダンスも
それまで知寿さんとか
見ていたのに祐さまが列に加わると
どちらを見ちゃうのは 何故???(笑)


本日の犯人は プリンセス・バッファ

ジャスパーを殺そうとして
間違えたとか

間違えちゃったの
確認してからにしてね? 

3回のうち 2回も彼女が
犯人だった。
そして 理由は変わってなかった(爆)

先日が 奥さん観劇してると
いう理由で 強引にダートルズ
犯人にしちゃうし。
さりげない祐さまの誘導が
そうさせる。(笑)

今日のハッピーカップルの
拍手は・・祐様
決定にお茶目に悩んだご様子。
このお茶目にと言うのがミソ
こんな可愛く悩める
祐様をみられるの
この演目だけかもネ

拍手は同じくらいだった
ヘレナとアンサンブル美女軍団
なんか理由をつけてアンサンブルさんの
彼女たちから・・
ジャンケン勝ち抜きの
ピンクドレスの彼女が決定。
え~~~と誰?(爆)

そして 男性群は
変態度に磨きのかかった
ジャスパー様でした(笑)

寸劇は、変態のジャスパー様
素なのか 演技なのか
判らないそんなあなたが好きに
なってしまったの~と
彼女に応えて 
勿論演技さ~そう見えるなら
役者には最高の褒め言葉だと。

その後 彼女は被っていた
ピンクの帽子を
ジャスパーに被せてあげる
リボン結びで赤ちゃん帽みたいに
見える(笑)帽子を被ったジャスパー
指しゃぶりの真似まで始めた。
見ていたキャスト陣、大爆笑!
会場のお客さまも やんやの喝采。

ハッピー・エンディングの
『エドウィン・ドルードの謎』でした。
カテコも多くスタンディング
最後の最後まで大きく手を振る祐様
そして下手幕から
手だけ残してまだ振ってる~~~。

今日は投票の時もSTAGE上で
あちこちに笑顔ふりまき
万遍なく視線落として
手を振って応えてた祐様
つい手を振ってしまったわ~
楽しい時間でした。

そうそう 本日の観劇時
入場したばかりのホワイエで
光枝さんお見かけしました。

G・H本番中では?と思いましたが
今日は、休演日だったのですね。
見にいらしてたんだ~
もっとグラホ 見たかったなぁ
    (浮気もの~)

プレビュー入れて
結局 3公演『エドウィン・・・』の
チケットは今日で最後。

ちょっと変わったタイプの舞台

普段の舞台では見られない
皆さまが見られた気がします。


『スウィニー・トッド』4・18ソワレ

@東京芸術劇場プレイハウス
駅からとても近いこの劇場
移動が楽です。

出演
スウィーニー・トッド・・・・・市村正親
 
ミセス・ラヴェット・・・・・・・大竹しのぶ

乞食女・・・・・・・・・・・・・芳本美代子
アンソニー・・・・・・・・・・・田代万里生
ジョアンナ・・・・・・・・・・・唯月ふうか
ターピン・・・・・・・・・・・・・安崎 求
ビードル・・・・・・・・・・・・・斉藤 暁
トバイアス・・・・・・・・・・・・武田真治

ピレッリ・・・・・・・・・・・・・・中西勝之
布地の呼び売り他・・・・・岡田 誠
市民 二番目の客他・・・神田恭兵
市民 警官他・・・・・・・・・三戸大久
フォッグ・一1番目の客
病院の医師他・・・・・・・・・中山 昇
市民 警官 他・・・・・・・・・那須幸蔵
絵描き・小鳥売り 
 上流紳士 他・・・・・・・・・・ひのあらた
警官。市民 他・・・・・・・・・・水野栄治
市民 紳士他・・・・・・・・・・・若泉 亮

市民 傍聴人 
三番目の客の妻・・・・・・・・秋園美緒
娼婦・傍聴人 他・・・・・・・・家塚敦子
花売り 囚人の妻他・・・・・・菅原さおり
市民・傍聴人 他・・・・・・・・髙橋 桂
老女・市場の子ども他・・・・多岐川装子
市民 傍聴人
上流夫人・・・・・・・・・・・・・福麻むつみ
市民・乞食仲間他・・・・・・・船山智香子
市民 食い逃げする客他・・岡本大地
        (敬称略)


市村トッドの舞台
大竹ラヴェットとのコンビ
ラストのコピーチラシ。

これがなくても・・たぶん見たと
思います。
手にしたチケット F列のちょっと端席

5列目のつもりで
会場に入ったら
オケピが出現していて
なんと F列は最前列じゃん!
西野さんの顔も見えたッ!

視界を遮るもの無し 役者さん近いと
ストレス・フリーの観劇でした。

なんか 初回の『スウィニー』(2007年)
再演『スウィニー』2011年と
見て来てますが・・
箱が変わってセットも変わってる?
暗さだけは・・変わりませんが。(笑)

そんな中で
万里生っちアンソニーだけは
めっちゃ明るい

ジョアンナを助けたいと
動く時の懸命さも見えるし
あの明るさは この作品の
唯一の明るさかな。

フランケン・メイクも健在
アンサンブルさんに至るまで
皆さん 作り込んでいらっしゃいます。
中山さん ひのさん 早目に
見つけた~(笑)
福間さんも割と早めに発見出来た~ってネ
ごめん 最前列なのに
オペラグラス構えてしまいました。(汗)

女乞食役 芳本さん
腰を折っていても
若い雰囲気が見えている。
声を出すと尚更・・ですね。

茶色のボサボサ髪の
中山病院の医師?なのか
病院の案内人が怖いかも。

この病院のシーンで
懐かしい『ウーマン・イン・ホワイト』を
思いだす。ジョアンナを助けに
病院に行くところ シーンが被る。

階段を使う演出は
市村さん キツイのかもと
思ったり 殺人鬼
復讐の鬼・・・の舞台で
ジョアンナの部屋は
いつもの様に狭かったし~(笑)

こちら ラスト 客席通路に
捌けて行って 客席通路
使う舞台多い気がするけど
前回もこれだったのか?
記憶にございません。(笑)

市村『スウィニー・トッド』
これでお別れなのか?

ファイナルって言ってて
特別アンコ-ル公演とか
発表になったり・・はしないかな?(笑)

カテコのラスト

二人ダンスを踊る風に
捌けていったりとサービス満点でした。

 




『1789』4・18マチネ

ちょっとしばらく振りになる帝劇(笑)
 一部メイン・キャストがWで配されているので
東宝さんの思うつぼ
リピートの予定・・・(汗)@帝劇

まず初回 こんなキャスト陣で。
DSCF4608.jpg

既に宝塚公演を拝見しているので
一部 比較してしまうけれど
トランプいない(笑)

秘密警察 3人組
ボケ担当は設定そのままですが
他の扱いは少し変わって
すこし中途半端?
登場時のインパクトは
断然こちら版(爆)
なかなかあのお姿は
見られないのではないかと(笑)


加藤ロナン
高音が多い・・・

ロナンに限らず
曲のメロディラインが特徴的で
ちょっと苦しそうに思えるシーンも
あちこちと感じられます。
ダントン上原さんまで歌が苦しそうに
思えるけど
岡さんそんな中の
安定歌唱。
吉野さんは・・・吉野さんだ~。(爆)

増田さんルイ
立川さんが 佇まいが
ちょっと違うと言うか

岡さん 吉野さんの登場になると
安心したり

貴婦人で若クレアだった
飯野さんが
ポリニャック夫人。

王妃の傍らで いかにも
王妃を利用してそうな人物に
見えるけれど あくまでも
友情の上の行動です。

圧政に苦しむ農民たち
浪費・ギャンブルに興じる
王妃たち

虎視眈々と王位を狙う
血族の弟
貴族の子弟たちが革命に
決起する公園

自由を我らに!

同じ時代を描いて
登場する人々が重なる
『M・A』がふと浮かんで来ます。
時々は ロミジュリも。
これは音楽のせいなのかなぁ。


革命の描き方はアッサリなのですが
客席から 群衆たちが飛び出してきたり
兵隊たちが出てきたりするから
『M・A』に被るのね。 
ほぼ中通路だけ
客席通路の使用も多い演出でした。

ロナンとオランプ
いつ恋におちたん?(笑)

急にお互いを思い合るし
ダントンとソレーヌも
公園のお仕事以来
恋は続いてる?

王妃とフェルゼンの恋
公園での逢瀬は 
ロナンとオランプの出会いのため
必要だったのかと思った。

シャルロットが良い仕事してます。(笑)
王妃の不倫の証拠を押さえるための
秘密警察の動きが・・
いつの間にかオランプちゃん
ターゲットになってるけど
アルトワさん 恋したのね。

オランプちゃ~~ん♪
と追いかける?マールさんも!

さすが 
タイトルどうりの事はあります
~バスティーユの恋人たち~

革命決起の公園での
若者たち み~~んな
カップルになってるしネ

舞台的と言えば
そうなのかな?

幕前の芝居が多いのも
盆を使わず セリ落ちてくる
二階部分?を使うためか
この舞台の特徴かな。

宝塚版と基本は変わらず
でも 若手革命家
ロナン・オランプと
魅力的なキャスティング

次回 別キャストでの回が
楽しみな舞台でした。

カテコも盛りあがって
スタンディングも出てました。

 

『1789』そして『スゥイニートッド』のマチ・ソワ

『1789』そして『スゥイニートッド』マチ・ソワ

日程で行けそうだと詰め込んだ
演目違いのマチ・ソワ~

同日 同じ作品のバージョン違いを
見る事もあるのですが
日程都合のマチソワの方が多い?(爆)

今日も 帝国劇場 からの東京芸術劇場
プレイハウス。

地下鉄で乗り換えなしの
20分くらい

帝劇地下乗り場から 
池袋も駅をでて目の前という
足と時間に優しい劇場(笑)

『1789』は加藤ロナン×沙也加壌
そして凰稀さんマリーでした。

帝劇のロビーの煽りも
なかなか派手!(笑)

『スウィニー・トッド』
こちらはご存じの通りの
くら~~~い作品(笑)
市村×大竹コンビ
今期でラストがキャッチ・コピーで
万里生っち ふうかちゃんもご出演
ひのさん 中山さんもご活躍。
池袋は 帰りもちょっと楽ですが
はやりソワレ公演は帰宅が遅くなって
しまう~

演目ごとの記事は 改めて
書けると

     ・・・思う・・・(笑)

『エリザベート』チケット ナビザ先行


落選ばかりの『エイザベート』
スタート時に運よく一公演がクレカ枠で
もう一公演を出演者枠でなんとか
押さえてもらい 見ることはできるのですが
なにしろ エリザフィーバー(笑)
本日もたぶん駄目だろうと
諦めの入ったチケット戦線

案の定 ログイン画面すら見られずに
終りました。
途中 チケットの動きをツイしてくれる方あり。
すでに その時点で行けそうな日
希望日はS席×とか A席△とかね

途中 フリーズ?
とうやらサバ落ちしたらしいし
そのうち 完売情報が・・・

やはりダメだった~

こういう予感だけは 当たるっ!(爆)

『1789』特製チケットケース!

絶賛公演中!につき
シャンテにてキャンペーンも開催中

お買いものして お食事して
本を買うと・・・いただけます。(笑)

スタンプ・ラリー式で
非売品特製チケットケースが・・・。
1084.jpg


こういった企画にメチャ弱なので
すぐ飛びつくっ!

『エドウィン・・・』を
見に行って 
一日でミッションクリア
スタンプ集めて頂いて来ました。

某所でお食事 
半券サービスでドリンクつけてもらい 
このスタンプラリーのスタンプ
店のポイントスタンプ
さらにシャンテカードの
ポイントと 4つのサービスでした。(笑)

『レディ・ベス』も
『アリス・イン・ワンダーランド』の
チケットケースも持ってるし~
チケット・ケースはもっと厚いのを
使用中なので たぶん保存用に
なってしまうなぁ

だけどついGETしちゃうんだよね~

『エドウィン・ドルードの謎』4・15マチネ

クリエ初の 『エドウィン・・・』でした。

プレビューで見ていましたが
皆さまの弾け方がさらに大きくなって
さらにお茶目な祐さまも見られま~す。

祐さま支配人の流れるような言い回しは
さらに流れるようにww
今日は 支配人ってば
マグマ大使 言われてたし~

帽子を入れると
2メートル超えのあの人がとか
言われるし~(笑)

そして 今ジャスパーさま
さらにご活躍で 
歌え 私の天使よ!なんて
台詞も そして
仮面舞踏会のような
仮面まで持ち出して来るし!
ジキルとハイドらしきシーンも
・・・けっこう長いゾ(笑)

知寿さんプリンセス・パファー
おばさんおばさん言われてるけど
あれはネタ。阿片窟の女主人なんて
妖しい役だけどお衣装素敵。
壮さんエドウィンとの ダンスもあるし
ローズに声をかけ 歌いだす
地獄への道~♪
これって凄い歌詞だけど
見所 聞きどころ満載だと思う。

早口言葉のシーン
支配人に早口言葉をフルも
全然 言えてない~~(笑)

壮さんの 関西弁文句が
とても 大げさになり
もう 言う事なし(笑)

エドウィンの次 
長いお髭の探偵さん
そして白いドレス姿に。
でもエドウキンは殺されたと
思う人~と挙手で採決
多数決でエドウィンが死亡した
事になり これで出番終わり?
ねぇそれっておかしくない?と
怒り出し 捌けて行ってしまいます。
大阪のおばちゃん風の私服?に着替え 
もう一度出て来てから
帰るで~と客席通路から帰って
行く演出です。

しかし あの衣装は・・凄い組み合わせだっ!
そして手に持つバッグは タイガー柄だった?
 
ミステリーと言うほどの謎は
多分・・・・ない(笑)
客の投票で犯人が変わる時点で
もうある程度想像がつく?

投票の時 入れてね~と
売り込みに通路に降りてきて
くれたパファーさんと
ハイタッチしちゃいました。(笑)

わざと取り入れた
壮さんのいかにも宝塚な動きに 
笑いが起こり 感嘆する声も。
もう無理に 某劇団と言わんでも
いいやん(笑)
そこが笑えるところだって?

対する今さんの棒台詞(笑)
あれも某劇団のセリフ術に
対する?・・(略)

それに駄目出しする支配人
投げようとする灰皿・・オッキイよ(笑)
あの長身で 小さい玩具の車で
舞台横切ったり

そうかと思うと 今ジャスパーへの
駄目だしは厳しいのに
ローズには メチャ甘

ローズ アニメ声での甘えは
反則です
・・・かと思うとね
次は一瞬で大人声に切り替え
凄いです。(笑)
ローズ・バットが名前なのに
パットを8枚も使う 貧乳とか
パットと名前を間違われ
ローズ・バットなんです!
と強い訂正が入る。
でも 謎を解く鍵の
あるものを胸から取り出すのに
わざとパットを一枚
胸から出して見せたり
笑い取りに来てますね(笑)

『モーツァルト』に反応して
赤い上着 でもペラペラを羽織り
舞台を駆け足で横切る祐さま
張り切ってて 2回も駈け抜けると
今さん ボソっと
王家でも走るんだよって
呟いてた。(笑)

コーラス・ラインの振りっぽい
ダンスシーンは皆さま
お揃いでラインダンスまで。
ラスト付近では 『ジキ・ハイ』
大きなとこでは 取り上げたミューは
この辺かな?

ストーリーについては
深く語る部分が・・見つからないし
そういう作品じゃ無いよね。
主に演じる 俳優さんの力量で
魅せて貰っている感じかな?


瀬戸さん やけに
カレーカレーを連発してると
思ったら ラストの支配人の
ハッピー・コンビの誘導はカレー!
今日のお客様 素直~
カレーのヘレナへの
拍手が 一番多かった。(笑)

そうそう 今日は ダードルズの
奥様がいらしてると明かされ
犯人は・・ダントツで ダートルズ
反抗の動機は、
お前たちが選んだから・・だって(笑)

そして ハッピーコンビの
片割れも早々とダートルズに決まり
あれ??後は支配人
    省略って (爆)

カレーの彼女だから
終演後 ココイチ行こうとか
手作りカレーを食べさせるとか
歌ってのハッピーエンド

これまでで初めてのコンビだったそうです。
まだまだ これからも 初の組み合わせ
ありそうな・・なんと言っても 
288通りの結末が売りですから~(笑)

まァ 良いのか あれで
皆がハッピー ハッピー!


『グランド・ホテル』4・13ソワレ

 @赤坂ACTシアター

今度は  REDチーム!
情熱の赤(笑)


出演者
オットー・クリンゲライン
・・・・・・・・・・・・・・成河
フェリックス・フォン・ガイゲルン男爵
・・・・・・・・・・・・・・伊礼彼方
ヘルマン・プライジング
・・・・・・・・・・・・・・・吉原光夫
フレムシェン
・・・・・・・・・・・・・・真野恵里菜
ラファエラ
・・・・・・・・・・・・・・・土居裕子
オッテンシュラッグ医師
 ・・・・・・・・・・・・・・佐山陽規
エリザヴェータ・グルシンスカヤ
・・・・・・・・・・・・・・・・草刈民代

ここからシングルキャスト
GREEN・RED 
エリック・・・・・・・・・・・・藤岡正明
ジミーズ・・・・・・・・・・・味方良介
・・・・・・・・・・・・・・・・・木内健人

ズィノヴィッツ・・・・・・・大山真志
サンドー・・・・・・・・・・金 すんら
ローナ1・・・・・・・・・・・友石竜也
運転手・・・・・・・・・・・・青山航士
ヴィット・・・・・・・・・・・・杉尾 真
ベルボーイ・・・・・・・・・新井俊一
マダムピーピー・・・・・・真瀬はるか
トルード・・・・・・・・・・・吉田玲菜
トゥッツィ・・・・・・・・・・・天野朋子
ホテルスタッフ・・・・・・・岡本華奈

スペシャルダンサー
  ・・・・・・・・・・・・・・・湖月わたる

          (敬称略)

RED 物静かな印象の
GREENと比較して 
暑苦しい~(爆)RED

老医師も足の補助具をつけても
光枝さん 階段も手すりにつかまり
足を庇って登ってたけど
佐山さん割と普通に階段登る。
動きが軽やか。
お声は こちらも素敵!

芝居も全体的に濃い方が多い気がする
受けるシングル・キャストさんの
芝居も変わるみたい。

メイン・キャストさんの濃さに
ちょっと引いた大人しく
なった印象。

引いてなくても メインの方々が
濃いめ~なのでそう見えるのか?

エリザベータの草刈さん
お歌が・・厳しい(爆)
演技はエキセントリックな
エリザベッタには
あの台詞回しが合っているようで
キライじゃありません。
二人のエリザベッタ 
これだけ違うのね~。

成河さん
社長と仕事をしたことがあっても
大きな成果を上げた筈なのに
名前すら憶えて貰えない
ユダヤ人だから?
死を目前にして自分探し
自分の存在価値を問い直す。

自分はここにいるんだって
必死の訴えが なんか
悲しくなっちゃった。
重病のわりには こちらも
物凄く身軽だけど(笑)

吉原社長も
気弱なところと 
やけになっての
フレムシェンへの行動・・
怖いくらいのギャップ。

キャストさん 台詞を噛む人もいたり
したけど 芝居の元気さがいい。

ソロの見せ場でシーンに
立ち止まって見られるのは、
引き込まれたって事かも。

伊礼男爵
様になる男爵
金のない色男そのもの(笑)

いちいち動きが気障でも嫌味がない。
愛と死のダンサー(湖月さん)とのダンスでは
ぎこちなくて・・負けてたけど(笑)

愛と死のダンサー
まとわりつくようで印象には
残るけれど この作品に
必要なのかは疑問。

でもきっと好みの問題。
土居ラファエラ
柔らかすぎるかも。
昼に 樹里さん見たばかりだから
比較してしまうのかも

染み入るような歌声も
ラファエル役の場合は
もう少し強くてもいいかなと思ってしまう。

人生そのものの
必死さが客席に届くような
REDチームの熱さ
REDチームの方が
キャラが明確に見える方が
多いのかもしれない。

難産の末 生まれてきた希望
赤子を抱いて 舞台袖に去る
エリック 

これからの社会情勢の中
ホテルを出てゆく人々の
行く末を暗示するのは
こちらのRED版も同じ

フレムシェンとオットー
二人はパリへ
生まれて来る子どもに
希望を託して。

クリンゲライン様にお車を!
クリンゲライン様にお車を!

続いて
グルジンスカヤさまにお車を!
待つ人がいない駅へ
彼女も旅立つ

グランドホテル♪
御用件は?!

ホテルの従業員たちの
豹変はなかった・・・よね。
ヒトラーの放送もなかった。

それでも 同じ結末に
向うような予感がする。


今日も トークショー!
今日は吉原・成河・真野さん
どんなお話になるのか(笑)

成河さん
REDチ-ム 3回目という事ですが・
Wキャストなので・・時間がないんです
と話はじめ ちょっと語ると
自分で自分ツッコミ
 真面目~~!(笑)

真野さん ミューは初めて
吉原さんとの 危ないシーンに
ついてッ話題が・・・(笑)
吉原さん 優しいんですと力説、

舞台を舞台袖で見る派
見ない派

GREENチームは
割と揃って見ているらしいけれど
REDチームは二人だけだったり・
フリー?!(笑)
お芝居に対するスタンスの違いか
面白いなと思った事でした。

吉原さんは 見るとすれば・・と
前置きした上で どうやら
真野フレムシェンを
追っかけて見ている事が多いとか(笑)

成河さん マチネのトークショーでも
チラッとお話した
どちらのVerが面白いんだと
演出さんに聞いたところ
GREENは ロンドン版を再現
RED版は台本に忠実に・・の違いなんだと
両方合わせて 一つの作品かなと。

トークショーの常
あっという間の終了時間です。

お客様に一言ずつ。
皆さんのお話をまとめてみると


  両ヴァージョン見てね!に尽きるかと(笑)









『グランド・ホテル』4・13マチネ

      @赤坂ACTシアター

まずは GREENチーム


スペシャル・ダンサー
愛と死の化身?と公式には
紹介されている沈黙のダンサー

センターのライトの当たる
椅子へと静かに歩を進める。
椅子に置かれてあった小さなベル
チンとベルが打たれて
椅子を持ったキャストが・・・

グランドホテルに集まり
交錯する人物たち

前回見たのは2006年
ストーリーはおぼろげになってます。
それでも 小堺オットーだったねと
直ぐ出て来る。
カイゲルン男爵は
岡幸ニ郎さんだったし
藤木さんが独特な存在感だった(笑)

さて 新しいグランドホテルは?!

光枝さんの歌声 素敵!

出演(GREEN)

オットー・クリンゲライン
・・・・・・・・・・・・・・中川晃教
フェリックス・フォン・ガイゲルン男爵
・・・・・・・・・・・・・・宮原浩暢[LE VELVETS]
ヘルマン・プライジング
・・・・・・・・・・・・・・・戸井勝海
フレムシェン
・・・・・・・・・・・・・・・昆 夏美
ラファエラ
・・・・・・・・・・・・・・・樹里咲穂
オッテンシュラッグ医師
 ・・・・・・・・・・・・・・光枝明彦
エリザヴェータ・グルシンスカヤ
・・・・・・・・・・・・・・・・安寿ミラ

ここからシングルキャスト
GREEN・RED 
エリック・・・・・・・・・・・・藤岡正明
ジミーズ・・・・・・・・・・・味方良介
・・・・・・・・・・・・・・・・・木内健人

ズィノヴィッツ・・・・・・・大山真志
サンドー・・・・・・・・・・金 すんら
ローナ1・・・・・・・・・・・友石竜也
運転手・・・・・・・・・・・・青山航士
ヴィット・・・・・・・・・・・・杉尾 真
ベルボーイ・・・・・・・・・新井俊一
マダムピーピー・・・・・・真瀬はるか
トルード・・・・・・・・・・・吉田玲菜
トゥッツィ・・・・・・・・・・・天野朋子
ホテルスタッフ・・・・・・・岡本華奈

スペシャルダンサー
  ・・・・・・・・・・・・・・・湖月わたる

          (敬称略)


椅子が大活躍(笑)

先ずスポットライトを
浴びるのは椅子

椅子を運ぶキャストさんたち
椅子の上に乗るキャストさんたち

ホテルのフロント
移動したり分割したり
キャストター付きを最大限使う。

長期宿泊客 男爵
しかし7か月も宿泊代を
支払っていない。

常連客
付人 マネージャー
公演の度にここを定宿とする
世界的に有名なバレリーナ

初めてこのホテルに予約を
取った余命いくばくもないと
医師に宣言された客会計士。

仕事のための宿泊客
会社社長
傾いた会社を立て直す為の
合併話をまとめたい。

女優になることを夢見る
タイピストは 仕事のため
社長に呼ばれ 
このホテルに来る。

其々の事情を抱え
それぞれの人生

それまで 見知らぬ者同士だった
人が このホテルという場で
知り合い 触れ合い 
ぶつかり合い 交錯する。

出会いがあり 別れがある

男爵とバレリーナ

男爵とフレムシェン

男爵とオットー

オットーとフレムシェン

フレムシェンとブラウジング

ブラウジングは破滅への道

医師はオットーに
フレムシェンは金目当てだと
忠告するのだがが
病のため 限られた命を
精一杯生きると
二人でホテルを出て行くオットー
そして彼についてゆくフレムシェン

劇中 踊られるダンス
チャールストン
昆ちゃん 可愛らしく
幼い印象もあるから
戸井ブラウジングとのシーンが
かなり怪しいシーンに見える

希望を取り戻す事が出来たのは
彼の愛情があればこそ
彼の愛を信じるエリザベッタ
その彼はすでに命を失い
薔薇をもって彼女を
待つことは出来ない。

安寿・エリザベッタ
華やかさもあって
踊れなくなる恐怖のようなのは
あまり無いような印象で

中止にして頂戴!って
叫ぶところもそんなに
ヒステリックでも無いし~
中止なんて無理よねと
分かった上で 
言ってみただけ ・・・なのかも。

まだまだ常識的で 
独り立ちしている様な女性


流れてゆく人生に
流されてゆく 人々

懸命に生きてるはずの
人々がなぜか か細くて
弱弱しい気がするのが不思議。
そしてラスト・・
未来への希望なのか
生まれたばかりの赤子を抱いてソロ
エリックは客席通路に
おり、ホテルを去るが・・
ヒトラーの演説らしき音もはいるし
グランドホテルのこれからを暗示
してそう。


光枝さん演じる
老医師 悟ったような
思い出の中だけに
生きてるような口調も
淋しさを誘う。

物悲しい舞台に仕上がったように
思えます。

ラストのエリック
生まれたばかりの赤子を抱いて
ホテルを後にする。
考えさせるラストだと
GREENチーム
公演終演後、
今日は トーク・ショーが
ありました。

メンバーは
宮原 中川
成河 伊礼さんの4人で

W・オットーと
W・ダブル ガイゲルン男爵が
お揃いです。
本番では これは見られないゾ(笑)

用意が出来ると
柳内さん司会ですぐスタート

稽古の時のこぼれ話
ミュージカル初挑戦の
宮原さんの話に
右も左もわからない自分に
アッキーがいろいろ教えてくれた。

観客対自分 で声を届ける事から
舞台上の相手との空気を
客席に届けるミュージカルとの違い
今になってすこしわかってきたような・・
アッキーの教えてくれた事も
あぁ こういう事なのかと
思い当たる事が増えて来たと
 と~~~ッても真面目な話。

頷きながら聴いているアッキー

話しを成河くんに振ると 
そうだっけ?と
とぼけ気味。
伊礼くんが チャかしたり
宮原さん 初ミューなので、
最初の頃は 伊礼くん男爵を見て
カッコいいからと真似てみたりも
あったけれど
自分なりの男爵を作ろうと
伊礼くんを見ないようにして来たと。

時間だとつけられると
伊礼くん そうなの
まだまだ・・やっちゃえば
一人10分!(笑)
成河さんそれを受けて爆笑など
どちらかというと
REDチーム 自由!..な気がする。(笑)

生真面目印象の GREENチーム
これは 出来上がった舞台の
カラーにも表れているかも

しかし GREEN!
なんとなく納得の
 カラーだなぁ思った公演でした。

『アルカディア』4・12マチネ

      @シアターコクーン
舞台は 英国ダービシャー州
    シドリー・パーク(荘園)
上演時間 ほぼ3時間、

出演
『現代チーム』
バーナード・ナイチンゲール・・・堤真一
ハンナ・ジャーヴィス・・・・・・・・寺島しのぶ
ヴァレンタイン・カヴァリー・・・・浦井健治
クロエ・カヴァリー・・・・・・・・・・初音映莉子
ガス・カヴァリー・・・・・・・・・・・安西慎太郎


対する過去からの謎を現代に運ぶ

『19世紀チーム』
セプティマス・ホッジ・・・・・・・・井上芳雄
トマシナ・カヴァリー・・・・・・・・・趣里
エズラ・チェイター・・・・・・・・・山中崇
ブライス大佐・・・・・・・・・・・・・迫田孝也
リチャード・ノークス・・・・・・・・塚本幸男
ジェラビー・・・・・・・・・・・・・・春海四方
レディ・クルーム・・・・・・・・・・・神野三鈴

オーガスタス・カヴァリー・・・・安西慎太郎
彼だけは 唯一二つの世界に登場する
  以上12名の舞台

オシャマなトマシナ
家庭教師?のセプティマスの
勉強のお時間で幕開け

執事がセプティマスに
手紙を持って来る。

19世紀組の出番
セプティマスが 妻と逢引して
いたと聞き 決闘を
申し込んで来た詩人チェイター
彼を言いくるめるセプティマス。

レディ・クルームが現れ
ブライス大佐が現れ
登場人物が揃って来る。

執事 庭園設計士もいる
この窓の外に広がる庭園の
手直しが計画されているようだ

舞台の袖近くに
庭の全景を描いた絵
そして手直し後の予想図も
見られるようになっているが
トマシナが ここに書き込みを
してしまう。

舞台一転 現代!
バーナードはシドリーパークに
逗留していたと言う
パイロンの研究のため
現代のシドリーパークで
カヴァリー家の末裔バレンタインや
クロエに話を聞いている。

そこには 同じく
パイロンの研究をしている
作家のハンナも居た。

一気に現代 
かと思うと 次のシーンでは
19世紀に逆戻りでで
現代と過去が
交錯しながら 物語は進んでいく。

出演者が 安西さん以外は
現代組 19世紀組を
はっきりわかれているので
戸惑う事はありませんが
大きな事件が起こるほどでもなし
事情の説明に追われる感じで
芝居の流れもゆっくりな印象。

すこし・・意識が怪しくなって来た(爆)

井上セプティマス
なかなかいい役どころ?(笑)
趣里ちゃん相手にワルツも踊る。

浦井くんカヴァリー
なんとせわしない役?(笑)
姿勢がず~~ッと猫背気味に見える。
騒ぎながら 部屋を横切っていったり
ペットの亀ちゃんを探してたのね(笑)

ヴァレンタイン 亀のペット
稲妻という名前らしい(笑)
亀を見つけて 床に寝転がる~(笑)

難しい長台詞を機関銃のように言う
シーンもあったね。

セプティマスも亀のペット
名前はロータス
こちらも台詞量多し!

時代が違うから もちろん
別の亀だけど 二人とも
ペットは亀なのね。

神野・レディクルーム
存在感はさすが!
いろいろな役を難なくこなして
魅せてくれます。

寺島さん 堤さん
二人の掛け合いも見所だった
なのに~ 途中がぽっかり
記憶が飛んでる!(爆)

惜しいっ!(笑)

2公演観られるように
手配してたんだけど
一公演は落選しちゃったので、
リベンジしたかったけど
日程的にも もう無理。

集中力が持たなかった自分
   反省します。

『エリザベート』東宝ナビザーブ発表

本日発表日
やはりメールは来なかった!
落選者には 音沙汰なしですから~。(爆)
クレジット枠でも あっという間に
2から3分の間に○印が×に変わってゆく
この公演

出演者さま枠も 2公演お願いしたものの
相当に配券が厳しいご様子で 
一公演については ご用意出来ず
申し訳ありませんとメールが届きました。
なんとか 一公演の確保は出来た模様。

さてこのままでは Wキャストの
片方が見られない。

引き続き TRYはして行こう(笑)
ここまで来るとねぇ~
だいぶ望み薄なんだけど。


『ジキルとハイド』4・10 大千穐楽

名古屋公演 大楽
この劇場 音が響く~
1030.jpg


石丸ジキル この役
ハードだと思うのに・・絶好調です。

大阪楽以来・・って
まだそんなに経ってない。

そして間に メグさんと
石丸さんは CONCERT!(笑)
別のお仕事してる。

そこでもジキハイ聞かせて
頂いたけど。(笑)


あくまで好みの範囲ですが。
キャストさんたちが
作品を作るジグソーの
ピースの様にあるべき場所に
ピタっと嵌った感

このメンバーで是非
再演をお願いしたいと
思った公演でもありました。

愛知県芸術劇場大ホール
早起きして新感線に乗って
やって来ました。(笑)

ハイドのテンションは
ますます高くなり・・(笑)
奇声を発するシーンが増えてた。

行動に異常なしっ!
この時のゴリラはなく
今日は ぱお~~とか?
手の動きからして
象さんだったのか(笑)
東京でも一回だけ
そんな日を見た記憶がある。


理事会で 人体実験を却下され・・
これ普通 反対するでしょ(爆)
八つ当たり気味のヘンリーに
なだめる禅ションの歌声は
毎回思うけど台詞として
歌われている歌、

ヘンリー考えろ
何が問題か~♪

正しいのなら進むしかない~♪

だが奴らは権力者だ~♪

この歌い方好きだなぁ~。
どん底で楽しそうなジョンと
ヘンリーの表情が対照的で見もの
ここでは ルーシーとの出会いがあるが
惹かれ合うのは
分離されたハイドの心

ハイドの部分の存在も
知らぬまま ジキルと信じて
愛するエマ


自らを人体実験に使った結果は
善・悪 分離は出来たけれど
悪のコントロールが出来ない。

殺人 ルーシーまでも
自らの手で・・
悲劇へと突き進む2幕

でも ハイドを命の危険も
覚悟の上で抑え込んだハイド

これまでで4人♪
意識のない4人の殺人

そして自らの殺人と
はっきりとわかルーシー

この罪はど受け止めているのか?
薬のせいだから~なのか?

これからは愛される医師として
生きてゆく ・・・幸せな結婚式

再び現れるハイドは
エマの命さえ奪おうとする。

彼を救えるのは・・・死神だけ
そんな結末は 暗過ぎるんですが
舞台の上で 
残された人びとの行く末まで
心配してしまっていたこの舞台



終演 繰り返されるカテコ。

石丸さんの書け声に
ダッシュのように 列のまま
前に出て 一礼のキャスト陣
一緒に駆け抜けてきた仲の
笑顔が並びます。

会場も スタンディング!!
ご挨拶もなく

残念ながら 再演の発表も
なかったけれど
キャスト全員からの  投げキス!

再度のカテコ
最後に捌けて行く
丸ちゃんヘンリーの
投げキスで 締め。

役を生きてくれたキャスト陣に
生きてる事に感謝!(笑)

ほんとに ラストでしょうか?

またまた 近いうちに
このキャストでお目にかかりたい。
そう思わせてくれる舞台

 『ジキルとハイド』でした。

大千穐楽
 
 お目出度うございます。

マイミクさんたちと
軽食(勝手に打ち上げ)の後
名古屋からの帰りの
新感線内で ツィなど
チェックするとあちこちで
立て続けのUP~(笑)

皆さんの そして禅さんの
お写真もたくさん!

これも楽しい思い出になりました。
お世話になった皆さま
有難うございました。


 


『ジキルとハイド』名古屋公演~

8日に始まった
『ジキルとハイド』名古屋公演 
明日はもう オオラス!
第千穐楽です。

今期公演の ほんとの最後、

何時かは来る~別れの時が~♪
あれ なにか演目違いのメロディが・・
失礼!

演劇の公演は 初日を迎え
そして楽が来る
この繰り返しです。

それでも人間が演じる生舞台
一度として同じ舞台はない。
その舞台は 客席も一緒に
参加させてもらっている。
そんな気がします。

だからこそ 一回でも
多く見たくなる。

そして 禅さん出演の舞台だと
最後まで見届けたくて
ついつい遠征しちゃう。

明日の名古屋ジキハイのチケットも買った。
新感線のチケットも買った。

今期の『ジキルとハイド』
これで終わってしまう。
人間味のある 
禅ジョン・アターソン
明日は ラスト公演
観に行くゾ~~~

 寝坊だけはしないように
  
      気を付けよう~(笑)

『たとえば野に咲く花のように』4・8マチネ

休憩無しの およそ2時間10分の作品
演出は鈴木裕美さんです。
998.jpg

キャスト一新しての再演作品です。
終戦後間もない時
ところは F県にあるダンスホール
店の名前は エンパイア・ダンスホール
満喜・珠代 鈴子はここで
働いている。場合によっては
女性も相手になるそんな店



[出演]
安田(安)満喜・・・・・・・・・・・・ともさかりえ
安田(安)淳雨・・・・・・・・・・・・黄川田将也
珠代・・・・・・・・・・・・・・・・・・・池谷のぶえ
鈴子・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小飯塚貴世江
伊東諭吉・・・・・・・・・・・・・・・・大石継太
菅原太一・・・・・・・・・・・・・・・猪野学
李英鉄・・・・・・・・・・・・・・・・・吉井一肇
安部康雄・・・・・・・・・・・・・・・山口馬木也
竹内直哉・・・・・・・・・・・・・・・石田卓也
四宮あかね・・・・・・・・・・・・・・村川絵梨
          ((敬称略 台本順)

最近店を開いたライバル店
『白い花』のオーナー安部が
弟分 直也をつれて店に現れる

戦争で婚約者を失った満喜。
仕事で成功はしても
戦争の傷から立ち直れない康雄は
自分と同じような目をした
満喜に強く惹かれる。
馬木也さん 影のある男
なんか めっちゃ似合う感じ。

婚約者のあかねに
婚約破棄を申し出るほどだが
康雄の弟分の直也は
そのあかねに思いを寄せて
兄貴分の康雄の婚約者だからと
思いを秘めていた。
婚約破棄の申し出を聴いて
ガッツポーズする直也

店に良く顔を出す太一は
いつしか珠代と心を通わせ
体だけの繋がりと言いながら
あれは・・惚れてる?(笑)


鈴子は満喜の弟 淳雨を
放って置けない。

満喜は 愛を拒絶する女
男はいらん!

真っ直ぐに愛をぶつけてくる
康雄にとにかく拒絶。
強い!

そんな姉に 虚勢を張って
生きてるようなのが 弟・淳雨
黄川田くん この役に嵌ってましたよ
何処に生きる術を求めれば
いいのかわからなくなっている
淳雨・・
鈴子はそんな淳雨を
支えるようになる。

あかねの康雄への執着は
病的で、怖いけれど
在り得るんですね。
人の感情ですから
愛の裏返し 憎しみ
嫉妬 すべてが波のように
揺れて襲ってくる。

直也のあかねへの
純粋な愛もある
あかねの幸せを考えられる
一途さ 
あかねの揺れる感情に
ついに罪まで犯して
しまうけれど ほんとうに
愛って厄介!

でも 満喜の愛し方も
あかねの愛し方も
赤裸々にぶつけて来る

舞台の世界に入れました。
そんな生き方してたら
疲れるでしょ?

あんたが一番わがままだから(笑)
でも自分で自分の感情コントロール
出来ないって事あるよね。と

あちらこちらのシーンで頷ずいてしまう。
F県が舞台となっているので
台詞は方言!
でもすんなり入って来るし
趣もある。

休憩無しの 2時間10分
すっかりと舞台の世界に
行って来ました~♪


『リトルマーメイド』4・7マチネ

『リトル・マーメイド』東京公演が
3周年を迎えました。


既に劇団四季HPには 特別カテコの
様子がUPされています。

3周年お目出度うございます。
しっかり見に行きましたよ~♪
3日にも行ったばかりだったけど(笑)
でも~キャストちょっと変わってる!

本日の出演者
アリエル・・・・・・・・・ 小林由希子
エリック・・・・・・・・・・ 竹内一樹
アースラ・・・・・・・・・ 原田真理
トリトン・・・・・・・・・・・ 田島亨祐
セバスチャン・・・・・・ 荒川 務
スカットル・・・・・・・・・ 雲田隆弘
グリムスビー・・・・・・・ 星野元信
フランダー・・・・・・・・ 菱山亮祐
フロットサム・・・・・・・・ 町田兼一
ジェットサム・・・・・・・・ 中村智志
シェフ・ルイ
/リーワード・・・・・・・・ 清水大星

アンサンブル
名児耶 洋 玉木隆寛 永田俊樹
野村数幾 光田健一 劉 昌明

中田成美 山本詠美子 芦澤瑞貴
倉斗絢子 長野千紘 立川真衣
染谷早紀 (敬称略)

荒川セバスチャン
もう見慣れたけど。(笑)
スカットルより回数は少ないですよね
やり過ぎ感があるのはスカットル役の方かな
こちらはアンダーザ・シーなども
ノリノリで楽しい。

原田さんアースラも
怖いアースラ 良い感じ。

竹内エリックも
かなりの続投っぽい
板についてきて
王子さまらしい雰囲気に
見えま~す。
先日 王子さまだった
清水さん 今日は
シェフ・ルイに戻って
飛び回ってました。

星野グリムズビー
オリジナル・キャストの強み
安心して見ていられるのです。
若い二人を見守る包容力が
見える気がする。

海の世界の 恋物語
今日も無事に ハッピー・エンド。
菱山フランダーの
ツン・デレは憎めない~。

3周年なので 特別カテコ!
竹内エリックの定型版御挨拶と共に(笑)
カテコで客席に降った銀テープ




いつもの小さな銀吹雪の外に
長いリトマの公演名とアニバーサリーと
文字の入ったテープ
これは記念になりま~す。

記念カードも 頂いて・・・
こちらも 本日 ハッピー・エンド!

宝塚雪組『るろうに剣心』4・6マチネ

あのるろうに剣心が・・舞台に?
と 話題になり
チラシなどのビジュアルが出て
さらにテンションが上がった
『るろうに剣心』
行って来ました~♪


出演者
緋村剣心・・・・・・・・・・・・・ 早霧 せいな
神谷薫・・・・・・・・・・・・・・・ 咲妃 みゆ
加納惣三郎・・・・・・・・・・・ 望海 風斗
山県有朋・・・・・・・・・・・・・ 夏美 よう
井上馨・・・・・・・・・・・・・・・ 美城 れん
比留間喜兵衛・・・・・・・・・・ 美城 れん
山県友子・・・・・・・・・・・・・・ 梨花 ますみ
銀杏屋の女将・・・・・・・・・・ 梨花 ますみ
揚屋の女将 ・・・・・・・・・・・ 舞咲 りん
銀杏屋の亭主・・・・・・・・・・・奏乃 はると
関原音吉・・・・・・・・・・・・・・・奏乃 はると
井上武子・・・・・・・・・・・・・・・早花 まこ
天神・・・・・・・・・・・・・・・・・・早花 まこ
相楽左之助・・・・・・・・・・・・・鳳翔 大
高荷恵・・・・・・・・・・・・・・・・ 大湖 せしる
カトリーヌ・・・・・・・・・・・・・・ 沙月 愛奈
天神・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 沙月 愛奈
桂小五郎・・・・・・・・・・・・・ 蓮城 まこと
ベルクール・・・・・・・・・・・・・ 蓮城 まこと
比留間伍兵衛・・・・・・・・・・・ 香綾 しずる
セバスチャン・・・・・・・・・・・・ 香綾 しずる
斎藤 一 ・・・・・・・・・・・・・・彩風 咲奈
剣心の影・・・・・・・・・・・・・・ 永久輝 せあ

朝風れい 千風 カレン 透真かずき
央雅 光希 彩凪 翔 桃花 ひな 
真那 春人 笙乃茅桜  久城 あす
煌羽 レオ 杏野 このみ
星乃 あんり 月城 かなと 白峰 ゆり
橘幸 有沙 瞳 星南 のぞみ
彩 みちる  (敬称略)

皆さん 役名はあるのですが・・
一生懸命お名前・・書いてみた。



舞台は 人斬り抜刀斎と
恐れられる男の
斬り合いの場から始まる
竹林 誰ひとり見逃さず
命を奪う鋭い気合の抜刀斎
命請いする男も一刀の下に
斬り捨てる。

幕末動乱期に 人斬り抜刀斎と
恐れられた剣客
世は変わり 明治維新後 
緋村剣心と名を改め
その刀を封じ人のためになる
剣を目指し流浪の旅を続ける

父亡きあと 神谷薫が守る
神谷活心流道場に  
縁あって滞在する事になる剣心

維新の時代
桂小五郎 朱音太夫

因縁の敵 
加納惣三郎との対決 

斉藤一 相良左之助
高荷恵らの魅力的なキャラ

阿片を作り 世を変えようと
たくらむ一味も剣心を
放ってはおかない。

コミックの世界が
舞台に現れた。(笑)

・・剣心は 暗くもなく
飄々と生きてる。
見ていて負担にならない。(笑)

殺陣の姿の美しさも
なかなか決まっていて
宝塚らしい色付がなされて
上手く融合してるなぁ~

3時間を芝居の方に
ほぼ使う構成

SHOWはラストにちょこっとだけ
お芝居見たい派には
嬉しい構成!

楽しい舞台でした。

『人間になりたがった猫』4・5マチネ

春休みの恒例
ファミリーミュージカル!

『人間になりたがった猫』
会場はお子様連れがいっぱい
・・・・・・の中 
毎度のオバちゃまの一人観劇(爆)

タドベリ役に 飯田さんがいて
ちょっと驚き、スワガードに
荒木さんもちょっと意外?

ライオン・キングで
プンヴァ役の多かった印象
今の 春劇場では 
昔スワガード役だった川原さんが
プンヴァ役でご出演ですから・・
入れ替わってますね(笑)


本日の出演
ステファヌス・・・・・・・・・・ 維田修二
ライオネル・・・・・・・・・・ 分部惇平
ジリアン・・・・・・・・・・・・ 五所真理子
タドベリ・・・・・・・・・・・・ 飯田洋輔
トリバー・・・・・・・・・・・・ 増山美保
スワガード・・・・・・・・・・ 荒木 勝

アンサンブル
押田 柊 嶋野達也 小野功司
中田雄太 菊池貴大 塚田正樹
戸高圭介 

水田菜月 海野愛理 髙橋えみ
山脇麻衣 権守美加子 鈴木晶子
髙水彩圭 渡辺智佳 小菅 舞
原口明子  (敬称略)

アンサンブルの方々
お名前とお顔の一致する方が
少ない・・というかほぼ結びつきません。
それだけ若手投入という事ですか。

パンフ 500円
ファミミュはお安い値段設定です。
これによると
ステファヌスに 維田さんの他にも
星野さん、 神保さん、

スワガードに脇坂さんもキャスティング
されてイルっぽい。
見て見たいけどなぁ~
3人目の紹介なので実現するか?
もし実現しても回数が少ないか
微妙なとこ(笑)

分部ライオネル
元気はいいけど 
なぜか地でおとなしい印象を
受けてしまう。

五所さんも可愛い。
でもあまり気が強そうじゃないかも(笑)

荒木スワガード
命を救われた後のスワガード
めちゃ笑顔が多い~。(笑)
ちょっとお茶目さが足りないのか
真面目怖いスワガード。

飯田タドベリ
意外に動きの多いタドベリ役
渋谷さん 吉谷さんの持ち役に
なぜか 飯田さんキャスティング
若返ったタドベリ・・愛すべきキャラ
例の長~~病状も早口言葉のように
言ってた。
台詞の言い回しが ノリツッコミ!
そんな部分もあり笑いが起こる。
台詞なんだけど
現代のテンポでポンポンっと
来るのが良い。(笑)

ジリアンの店の食材持ち寄り
パーティで踊るシーン
一人だけ 立ち上がれずに
遅れて奥の方に戻るシーン
ほんと疲れてそうな表情で
ほんとに動けなかった?
このシーン ジリアンたちと
一緒に奥に移動しなくては
いけないシーンだったんじゃ?
と心配になるほど真に迫ってた。(笑)

例によってみんなで合唱
歌詞カードが下りて・・じゃなく
後方壁面に 映し出される。

人はみんな 誰でも 
ひとりでは生きていけないから
いつも素敵な友だちと・・・♪

小さな声で コーラス参加。
だってまわり歌ってないんだもん(笑)

そして ロビーてお待ちしてま~す 
の声とともに通路を駈け出してゆく
キャストさん

ロビーは語った返していましたが
アンサンブルさんたちの
作るお見送りロード
笑顔のお見送りです。

出口近くには・・タドベリさん発見

本当に出口直前で
飯田・タドベリさんと握手!

ファミミュはこれが楽しい~(笑)

けど この公演 11:30開演で
まだ食事してなかったのを
思い出して めっちゃ
お腹空いてきた。
この開演時間って食事どうするか
悩むのよね~。




『ミュージカル・ミーツ・シンフォニー2016』4・2


おっと 先に『リトル・マーメイド』の
記事をあげてしまいました。

こちらのソワレ公演見て(聞いて)
来たのでした。

937.jpg



ソワレと言っても 17:00開演
土曜日とあって早めの開演時間
出演者の顔ぶれを見ると
なんとなく歌われる曲の
予想がつく?(笑)


出演
濱田めぐみ、山崎育三郎、沼尾みゆき、
ピーター・ジョーバック
ゲスト:石丸幹二
指揮:円光寺雅彦
管弦楽:読売日本交響楽団 (敬称略)

かなりの確率で予想が的中。
嬉しい聞きたいと思っていた
曲のオン・パレード!

先ずはピーターさん
サンセット大通りから

サウンド・オブ・ミュージック♪
沼尾さん 四季でマリア役
演ったものね。

濱めぐさん
次回出演の一人ミュー
『Tell・Me・On・A・Sunday』から
この曲は知らない (笑)
エビータ♪ からは有名なあの曲
歌詞は四季版だった。
カサロサーナのシーンが
浮かんで来ます。

育くんの一曲目は
 キッチュ♪
ミス・サイゴンからも
レミゼからも~
意外なのが 濱めぐさん相手の
ラダメスだよ~
僕こそミュージック♪も
忘れていない、(笑)

オペラ座からも ピーターさん

沼尾っちとのデュエットまであるし
さびしいロッテは~♪
あまりコンサートには取り上げられない曲も

濱めぐさんと沼尾っちが揃えばこれっ
『Wicked』からです。
一幕目の 二人のドレス
濱めぐさん すっきりとしたデザインの
濃いめの緑のロングドレス

沼尾さん フリルが流れた
黄色のロングドレス・・・
『Wicked』の曲になって
アッ そうね~
この曲のため?(笑)
イメージピッタリだもの。

お着替え出来ないから
黄色ドレスのままだったけど(笑)
ポピュラー♪も聞けたしね。

ちなみに 2幕は 二人とも
真っ白のドレス 素敵~!

ゲストは石丸さん!
彼が来たなら オペラ座 ラウル!(笑)

そして濱メグさんと石丸さんといえば
今は ジキ・ハイ

これも外すわけがないっ!

あんな人が♪
 
時が来た♪

歌ってくれました。
ぜ~~んぶ 読売日本交響楽団の
豊かな音楽に乗せての歌。

アンコール曲?
マンマ・ミーアからメドレー
盛り上がりますね。


なんと贅沢な!

舞台本番とは もちろん変わりますが
舞台を彷彿とさせてくれるのは
音楽のちから。

ブラボォォォー でした。


『リトル・マーメイド』4・3マチネ

今日も、銀テープ浴びて来た!(笑)

こちらは演目もプリントされていないし
短いけど。
3周年記念日を前に
特別カテコとかあるかなぁと
ちょっと期待の入り混じったチケでしたが
通常運転でした。(笑)

記念日チケも確保出来たので
間をおかず 夏劇場に行く事に
なってしまいましたが
記念日公演の特別な何か?

いつもの記念ボード挙げて
一言の定型句ごあいさつと
カテコちょっとだけの
バリエーションくらいかなと
予想してるけど

7日に記念公演を控えた
通常運転の本日のキャストは。
アリエル・・・・・・・・・・ 小林由希子
エリック・・・・・・・・・・・ 竹内一樹
アースラ・・・・・・・・・・ 鈴木釉佳之
トリトン・・・・・・・・・・・ 田島亨祐
セバスチャン・・・・・・ 荒川 務
スカットル・・・・・・・・・ 雲田隆弘
グリムスビー・・・・・・・ 岡﨑克哉
フランダー・・・・・・・・・菱山亮祐
フロットサム・・・・・・・・ 町田兼一
ジェットサム・・・・・・・・ 中村智志
シェフ・ルイ
/リーワード・・・・・・・ 白瀬英典

【男性児耶 洋 玉木隆寛 永田俊樹
野村数幾 光田健一 劉 昌明

観月さら 山本詠美子 芦澤瑞貴
倉斗絢子 長野千紘 立川真衣
染谷早紀  (敬称略)



小林さん 久しぶりにお目にかかります。
谷原さんで 続けて見た後からか
地味でおとなしい印象があって
笑顔もどことなく淋しげで。

ここのところ
三平さんアリエルに逢えてないな。

ちゃみさんセバスチャンもお休みか? 
今日はツトさんセバスチャン
と言う事は・・スカットルには雲田さんでした。

フランダーに菱山さん
これまでアンサンブルで
出演されてたけど 今日は
フランダー役で。

大空フランダーより
幼い感じの台詞回しに聞こえるなぁ
可愛いからいいんですけど~(笑)

釉佳之さんアースラ
弥生さんの演じたアースラに
似た路線かも。
すんなりと あの海の世界に
入って来てました。

岡崎グリムズビーも初見
こちらは ちょっと小うるさい
タイプのグリムズビー(爆)

誕生日パーティの前の版
叶わない夢は見ないと・・
アリエルへの暖かい思いが
見えるグリムが好きなんだけどなぁ
ちょっと足りないかも?(笑)

いろいろなキャストの
其々の演じるキャラが面白い。

こちらの思い描くキャラと
ピッタリ重なってくれると
嬉しくなるし
違うアプローチでも
こう来たか!と思う。

あまりにもキャラが違うと
思う事もたまにはありますが
さてさて 次回は
3周年記念公演

キャストはどの布陣で
来るのかな?(笑)

『ル・リアン』4・1ソワレ

 @銀河劇場
『ル・リアン』とは絆とかつながり
そんな意味の言葉だそうです。

経営体制が変わり 
上演作品も たぶん大きく変わりそうで
来る回数が 激減するであろう
銀河劇場なのですが・・・(爆)

今日は『ル・リアン』
SHOW形式の舞台

出演
村井良大  平方元基 青柳塁斗
寺元健一郎  松本拓海 

松原剛志

石毛美帆 
中西彩加 
原宏美

大貫勇輔  大空祐飛

/本間憲一(4/2のみ出演)
HIDEBOH(4/2以外の回出演)
        (敬称略)

内気な少年が
ゲームに熱中している
TV画面に 突然に
ミュージカルの曲が流れ

少年は ショー・ルアンの
世界に誘われる。

SHOW・ルアン
軽快なタップを踏む MCに
紹介され 様々な
ミュージカルや ジャズの世界が
繰り広げられる。

その世界に 魅せられ
引き込まれてゆく少年

途中 ピアノ奥田弦の
ソロピアノ・シーンもある

『ル・リアン』のテーマ曲は
この奥田クン 
なんたって若い彼が
書いているとの事


大貫さんもタップを踏むけど
ちょっと違和感
勿体ない気がしてしまう


松原さん 張り切ってますが
このメンバーの中でベテラン風味(爆)

平方クン 決め顔
決めポーズ 多し!(笑)

コントのようなシーンもあって
ダンス・メインで進行の舞台。
学校設定で
今日は 各人の特技発表らしい
大空先生に刺されたのは
寺元くん 
平方くんと一緒に練習してたと
平方君も巻き込んで発表

カエルの歌の輪唱から
平方くんを跳び箱のように
飛び越える!
その平方クン
スプーン持って
立ったままなんです。
あの背の高い平方くんを
飛び越えちゃった寺元くん
凄い!
飛び越えられた平方くんは
なんと飛び越えられながらの
スプーン曲げ成功。

仕掛けがないか 始める前に
前方のお客様に確認して
貰っていたスプーン。
見事に曲がっていた。 大成功!

もう一人行ってみようかと 
今度は 青柳クンご指名
青柳クン 宮崎アニメからの曲を
何かお願いと 
奥田くんにリクエスト
弾き出した曲 何か違うらしく
首をひねっている
奥田くん 曲を変えると
今度は行けるらしい。(笑)
その作品の名シーンを
武田鉄也のものまねで
やりま~す。
おっきな拍手でしたよ~(笑)

替わりネタなのか
仕込みなのか? 
こんなコーナーも混ぜつつ
軽快に舞台は進みます
休憩なしの 一時間40分

そんなに長くもないので
物語はあるけれど
ダンス・シーンを繋げるための
ストーリー
そんな印象の舞台と感じました。

『乱鶯』4・1マチネ 東京千穐楽


ついに東京千穐楽です。!
『乱鶯』

お馴染みの新感線の発車ベルの音楽w
新橋演舞場の椅子が ボディソニック状態
ビンビン! ベースの音が響く。

御用提灯が踊り 
激しい殺陣の捕り物シーン

血しぶきが飛ぶのも いつもの事、
柱に仕込んである血糊の飛び出しが
見えてしまったり・・・(笑)

花道を駆け足で出て来たり
花道に捌けると見せかけて
スポット 決めポーズの後
フィっと舞台袖に消えてみたり
これもすれ違いを表現の
一つか。

甘いもの大好きな 
じゅんさん・火縄の砂吉
飴からはじまり 
飴は受け取るけど
あとは間髪入れず断るのに
饅頭どうです?
お団子もあげるって言ってたよね?

不気味さもありながら
笑いのシーンになってる。

回向院あたりシーン
源三郎と火縄の砂吉の
出会いの場
行き交う通行人には
孫を連れたご隠居お婆さんで
聖子姐さんまで
駆り出されてるし~(笑)

たんげやの絵図面作りの
下調べをする源三郎。

勝之助 おりつにみつかり
勝之助の勘違いを良い事に
上手くごまかしていると
その場をさらに女将お幸に
見つかるという二重構造

色恋沙汰に見せかけようとする
おりつのとっさの知恵に
この場を収める事が出来るが・
去り際の お幸と源三郎の
勝之助・おりつへの応援ポーズ?
小さなガッツ・ポースが可愛いゾ(笑)

気が付けば 3回も見ちゃった

『乱鶯』 キャラが明確で
漢気あふれる源三郎
ほんとは十三郎
・・・が、魅力的で飽きる事がない。

舞台ラストまで勢いある舞台。

千穐楽名物 お煎餅まきも
客席にいられて良かった~♪
乱れ鶯千穐楽煎餅4

おせんべい配り 2Fか3Fの方で
配り中だけど
舞台上 まだやってる?
え~~と誰だ? っと古田さん

アイツか い~や 帰ろう(笑)
(ここはホントは名前いってたw)
今日でラストの 銀テープも降って来た。
921.jpg

そんなこんなで
目いっぱい『新感線の舞台』を
楽しませて頂きました。

それでね 楽しかったから
ついね 乱鶯まんじゅうまで
こうてもうたわ(笑)

DSCF4591.jpg








劇団四季会報『ラ・アルプ』到着!


4月号到着!

今月は今月になってしまった。(笑)

表紙は、リトル・マーメイド3周年

今月は急ぐこともなさそう~
チケットの発売が全国公演&
大阪・名古屋です。
チケット取りは一休み
して大丈夫らしい。

公演各地にお住いの方
発売日にはファイト!


その分 来月頑張る事に。
リトル・マーメイド
そして ライオンキング

ウエストサイドの全国公演が
地元会場であるから
これも・・(笑)



これで 大まかな予定がたちま~す。 
検索フォーム
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

いらっしゃいませ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
71位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
俳優
4位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りBlog
Blog開設カウンター
ブログの更新率
月別アーカイブ