現在の閲覧者数: 2016年07月の記事 - hatti元気の素 観劇 ミュージカル
fc2ブログ
プロフィール

hatti (はっち)

Author:hatti (はっち)
石川禅さん応援中!
劇団四季・東宝ミュージカル・・・時には宝塚
観劇大好きなhattiです 

記事に関係のないコメントは
削除させていただく場合が
御座います。ご了承ください。

石川禅さんのお仕事
石川禅さん
これからの予定

舞台******
ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年3月7日~29日
日生劇場
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月4日~14日
skyシアターMBS
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月19日~21日
愛知芸術劇場大ホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月26日~28日
久留米シティプラザ 
ザ・グランドホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月3日~4日(土)
熊本城ホール メインホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月11日~12日
高崎芸術劇場 大劇場
ニック役他

石丸幹二 
オーケストラコンサート2024
石丸幹二
東京フィルハーモニー交響楽団
2024年6月21日(金)
会場:東京芸術劇場 コンサートホール
ゲスト出演

舞台
ヒストリーボーイズ』
2024年7月20日(土)~28日(日)
あうるすぽっと
へクター役

********
Netflix
「モンキー・キング」
声の出演
“竜王"役 吹替=石川禅
2023年 8月19日より配信開始

Netflix
『氷がすべてを隔てても』
声の出演
アイナー役=石川禅 (3/2より配信開始)

Netflix
『サンドマン』
声の出演
第6話 吹替=石川禅

コンサート*******
★『石川禅 6th ソロ・コンサート』
2021年3月20日~21日
よみうり大手町ホール
※公演延期 ※

石川禅さんのプロフィール
FCについては
サイドバーのリンクから
ホリプロブッキング
エージェンシーへどうぞ
禅さんの舞台
石川禅さん次回は % 『COME FROM AWAY』
禅さん 出演公演
Blogランキング参加中です
見たよ 読んだよ ポチっとな!
よろしく お願いします。
4月の観劇予定

■『町田くんの世界』
■『銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件』
■『カラカラ天気と5人の紳士』
■『Le Mele~母~』
■こまつ座『夢の泪』
■『王様と私』
■『COME FROM AWAY』
大阪・名古屋
■『VIOLET』
■『デカローグ A/B』
■『アラジン』
■宝塚花組『アルカンシェル』
■『ハネムーン・イン・ベガス』
■『クロスロード』
■『Le Fils~息子~』
■『オペラ座の怪人』KAAT
■地球ゴージャス
『儚き日光のラプソディ』
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 3031
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

『大正浪漫探偵憚』7・7マチネ

~君影草の設計書~

キャラメルボックス公演の時
たしか案内をいただいた作品
多田さん出るし 森めぐさん出るし・・。

他のキャストさん 
ゴメン ほとんど存じ上げない(爆)

でも なにやら面白そう
公式HP見るとね
スピード感あふれる推理舞台。
大正七年の 大正浪漫に
生きた和製シャロックホームズの
お話と聞いて 観にきましたよ。(笑)


出演者
北早翔太役・・・・・・・・・・・・北村諒
南澤譲役・・・・・・・・・・・・・・廣瀬大介
絡役・・・・・・・・・・・・・・・・・多田直人
  (演劇集団キャラメルボックス)
原西洋平役・・・・・・・・・・・松本慎也
  (Studio Life)
田中三郎役・・・・・・・・・・・・栗原功平
  (スーパーエキセントリックシアター)
山田寅次郎役・・・・・・・・・・・八島諒
猿飛太役・・・・・・・・・・・・・納谷健(劇団Patch)
青山凛子役・・・・・・・・・・・・・森めぐみ
  (演劇集団キャラメルボックス)
鮎川秀五役・・・・・・・・・・・・・大川敦司
佐々木一役・・・・・・・・・・・・・栗田学武
沢村綾美役・・・・・・・・・・・・・清水彩可
西森匡司役・・・・・・・・・・・・・來河侑希
  (はっぴぃはっぴぃどりーみんぐ)

川井西次役・・・・・・・・・・・・・・岩﨑大
  (Studio Life)
赤本壮介役・・・・・・・・・・・・・廣川三憲
  (ナイロン100℃) (敬称略)

舞台セット ユニークだけど
もう少しだけ 工夫が欲しい気がする。

事件が起こる
天才探偵は不在
助手の二人が 僕たちの出番と
謎を解いて行く。
そんな話で コメディ寄りの作り方
助手の二人とも
台詞・発声がまだまだ拙いように思える。

大声を出しても言葉は届いて来ないから。

君影草の設計書
ロマンチックなサブタイトルだけど
どうやらこれ マイナンバー制度の事?
その計画を差しているらしい。
出張中の名探偵が居なくて
謎解きのトレーニング?
助手当てに謎解きの手紙を
送って来るのは 
本事件の謎解きのヒントらしい(笑)

謎解き・・・推理小説によくあるように
ちょっと強引なところも ラストの
ちょっとまだ裏がありそうな幕切れも
でもこの作品には 似合っている。

キャラメル・ボックスの多田直人さん
面白いキャラを演じてた。
キャラメル作品では・・たぶんあの役っぽい
設定の出番がないだろうなぁ~

でも 見る方も そこが面白かったり
するのですよね。(笑)

カテコでは本日 誕生日を迎えるキャストさんが
いるとの事で 小さいケーキが登場
蝋燭消しは・・なし(笑)
 21歳になります。って
これからの抱負みたいなのも
ちゃんと入れて一言挨拶。

がんばれ~ 若者!(笑)





『エクウス』7・6マチネ

2回目の『エクウス』
STAGEシートでの予約。
キャストは変わりません。


本日の出演

ダイサート・・・・・・・・・・味方隆司
アラン・・・・・・・・・・・・・横井 漱
フランク・・・・・・・・・・・ 志村 要
ドーラ・・・・・・・・・・・・・大橋伸予
ヘスター・・・・・・・・・・ 中野今日子
ダルトン・・・・・・・・・・・ 星野元信
ジル・・・・・・・・・・・・・ 松山育恵
ナジェット・・・・・・・・・ 金久 烈
看護婦・・・・・・・・・・・ 小澤真琴

【馬たち】
佐久間 仁 坂本 剛 平山信二
光田健一 東 泰久 (敬称略)

列番号のないチケット。
開演時15分前には 来場して欲しいと
注意メモ付きで送られてきておりました。
以前にもSTAGE・シートで
見た事があるのでたぶん戸惑うことなく
入場できるのではないかと
あまり心配はしてなくて
無事にSTAGE・シート着席。(笑)
スタッフ通路?から舞台サイドへと
チケ番号順の入場で
STAGE上に案内してくれました。

役者さん目線の客席がこう見えるんだ
そんな景色が広がる(笑)
平日のマチネとあって 空席もあり
これも役者さんからはこう見えるのねと。
赤い座席のポツポツがとても
目につくという事もわかりました。

エクウスの舞台
SQUAREの台が載せられて
手すりが周りを囲む形
そのSQUAREの台には手動で
まわる円形部分もあり
意外な変化をみせてくれます。

質素な椅子を使い
置き方で アランの家になったり
ダイサードの診療室になったり
厩舎になったりと

キャストは 同じでも
斜め背中から見る舞台

ちょっと邪道とは思いますが
わりと好き。(笑)

目の前に 出番を待ち
座っていた役者さんが ツイと立ち上がり
鮮やかに芝居に入ってゆく。

アランの両親役 
志村さん 大橋さんの動き
味方さん 中野さんの絡みの
噛み合って心地よい。
台詞の届き方も客席で聞いた時とは
少し違っているように感じる。

馬への愛情
ジルへの愛情

馬への愛情を封じ込める
事がアランの幸せに
本当につながるのか?

何が正常なのか?

どちらが正常なのか?
どちらが幸せなのか?


難しい舞台だなという感想。

この舞台から受け取るものは
たくさんあるのだろう。

形には残らないけれど
確かに受けとったものがある。




『ME・AND・MY・GIRL』7・5ソワレ


『エリザベート』マチネの後は
お隣の 東京宝塚劇場へ。

楽しくて ちょっとホロっとさせる
『ミーマイ』宝塚花組公演
2回目観劇です。


ビル・明日海さん
サリー・花乃さんは役固定ですが
Wキャスト・・・とは言わない?
役替わりキャストなので・・・。(笑)


本日の役代わりは



頑張ってチケットを取ったのですが
宝塚の舞台を拝見する機会が そんなに
多くないので・・・
まだまだ花組の方々の 
お名前をお顔が一致した方って
 少ない(汗)

でも 今日は宝塚舞台を 生で見たいと言う
宝塚初心者さんをお誘いしての回。
ノリノリの音楽に とても楽しいと
嵌ってくれた様子です。(笑)

迷いなく サリーを愛してると
とても一途な明日海・ビル
ビルを愛してるからこそ
身を引く決心をする花乃サリー

マリア叔母もビリーを思えばこそ
サリーに辛く当たるけれど
ビルの気落ちした様子をみて
考え直す。

友人のヒギンズ教授の力を借りて
サリーをレディの生まれ変わらせる
手助けをするジョン卿も ほのぼのしてて
悪人が居ない作品。

下町で育ったようには見えないけど
元気でお茶目なビル

サリーも明るくて素直な
女の子を好演の花乃さん
女の子・・より大人だったけど(笑)

ジャクリーン役
初回は鳳月さんで 今回は柚香さん
どちらも 男役さんが演じる
女性だとわかるけれど
気が強くわがままな女性を演じてて
ビルに迫るシーンが微笑ましい。(爆)

ジェラルド役の二人も
カラーの違う役作りで
楽しい~~。

終演後の頭の中は
エリザベートの曲が
ミーマイの曲に入れ替わって
しまい
ランベス・ウォーク♪
口ずさみながらの帰り道でした。
検索フォーム
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

いらっしゃいませ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
81位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
俳優
7位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りBlog
Blog開設カウンター
ブログの更新率
月別アーカイブ