現在の閲覧者数: 2017年10月の記事 - hatti元気の素 観劇 ミュージカル
fc2ブログ
プロフィール

hatti (はっち)

Author:hatti (はっち)
石川禅さん応援中!
劇団四季・東宝ミュージカル・・・時には宝塚
観劇大好きなhattiです 

記事に関係のないコメントは
削除させていただく場合が
御座います。ご了承ください。

石川禅さんのお仕事
石川禅さん
これからの予定

舞台******
ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年3月7日~29日
日生劇場
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月4日~14日
skyシアターMBS
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月19日~21日
愛知芸術劇場大ホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月26日~28日
久留米シティプラザ 
ザ・グランドホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月3日~4日(土)
熊本城ホール メインホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月11日~12日
高崎芸術劇場 大劇場
ニック役他

石丸幹二 
オーケストラコンサート2024
石丸幹二
東京フィルハーモニー交響楽団
2024年6月21日(金)
会場:東京芸術劇場 コンサートホール
ゲスト出演

********
Netflix
「モンキー・キング」
声の出演
“竜王"役 吹替=石川禅
2023年 8月19日より配信開始

Netflix
『氷がすべてを隔てても』
声の出演
アイナー役=石川禅 (3/2より配信開始)

Netflix
『サンドマン』
声の出演
第6話 吹替=石川禅

コンサート*******
★『石川禅 6th ソロ・コンサート』
2021年3月20日~21日
よみうり大手町ホール
※公演延期 ※

石川禅さんのプロフィール
FCについては
サイドバーのリンクから
ホリプロブッキング
エージェンシーへどうぞ
禅さんの舞台
石川禅さん次回は % 『COME FROM AWAY』
禅さん 出演公演
Blogランキング参加中です
見たよ 読んだよ ポチっとな!
よろしく お願いします。
3月の観劇予定

■『モンスター・コールズ』
■『ウィリアムのウィリアムとウィリアムたち』
■『アナと雪の女王』
■『COME FROM AWAY』複数回
■『スウィニートッド』
■『リア王』
■『千と千尋の神隠し』
■『ライオン・キング』
■『メディア/イアソン』
■『美女と野獣』
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

『レディ・ベス』10・31マチネ


ハッピー・ハロウィン!
帝劇ロンドン『レディ・ベス』も
ハロウィン・イベント


キャストはこちら。
11610.jpg


幕開け ロビンたちの登場の時
リュートを弾きながら歌うロビン
和樹ロビンは リュートの
弾き始め・・動きとオケの
音が 合ってます。

育ロビンは 早めに弾き出して
音が後から追いかけてる事が
あったなぁ。(笑)

おっと 今日はアクシデント!
弦の一本が切れてしまったようです。

押さえこんで歌を続けるロビン
最後の捌ける時
樽の上で
こんなになっちゃった!と
切れた弦をつまんでた。(笑)

昨日の公演(DVD収録)も
いろいろアクシデントがあったような
Twitterの書き込みを発見

ロビン ターザン擬き
捌けきれなくて
曲者ですか?の
キャットさんの叫びが
現実味を帯びていたらしいとか

フェリペ王子が ベスの処遇に
聖書を投げたら
床に落ちて 壊れたらしいとか

DVDは どんな収録仕上がりに
なるのか‥それはそれで
楽しみです。


酒場で トマスの
ちょっと聞いてくれから
兵隊さんたちのやめろ~。
初演ではエミリーが
樽の中に隠れて
ロビンがあっち!と言って
兵隊さんたちが去っていったけど
今季 樽に隠れるのは
トマス・ワイアットで
エミリーは ロビンが
助けようとする。
エミリーを捕らえて
兵隊たちがいなくなると
樽からトマス、
カッコいい飛び出し方を
する(笑)

助けられなかったと
悔しがるのも ロビンの
男前が上がった気が・・
少しする(笑)


聖書は 以前 オケピに落ちてしまった
事もあって ガーディナー司教
後で取って来ておくようにと
指示したような演技で
捌けたらしいと聞いた。
ちょっと見たかったなぁ~(笑)


いつもは、聖書を 割と
放り上げる感じのフェリペ王子

今日は 前に投げ出すようで
取り扱いは易しかったね。(笑)

毎日何かありそうな
生の舞台ならでは。

花總ベスも気合が入ってます。
力入ってるなぁと
ちょっと苦しそうに感じる
歌の部分もありますが。


アン・ブーリン
心地よい歌声なのですが
似たような曲調で
さらにエコーが効いていて
睡魔の関門になってて
しかもこの関門
いくつもあるし~(爆)

ここを 潜り抜ければ、
ベスを消せ♪ が待っている(笑)

禅・ガーディナー猊下
公演を重ねることに 濃い目に
なる傾向があるんだけど
今公演 さほどでもない?(爆)



本日の公演
学生団体と和服姿の団体?が
入っていたようで、
ちょっとしたシーンでも
笑い声が起こって新鮮。


カテコでは 長い裾を
バッと勢いよく捌き
ひざまずく猊下
捌いた裾が反対側に
まとわり付きそうに
なるのを左手で上手く
押さえて戻す(笑)
新たな技を取得した模様(笑)

二度目のカテコは お決まりの
両手をパッとあげてからの
細かいお手振りが見られた。


ロビンと3人の仲間たちの
お見送りイベントがある本日

終演後 正面出口で
ロビンと仲間たちの
お見送りを受けて
出口ではこんなプレゼントを
頂きました。
11609.jpg






『ラ・アルプ』11月号 到着した。

30日 到着は 珍しく早い記録!


申し込みをしたい公演があって
すぐさま 先行日をチェックしたら
4日だった。
公演番号の確認や
行ける日を 手帳と照らし合わせ
ゆっくりと 日程を考えられるのは嬉しい。

『アラジン』は先月号で
お知らせがあって 大まかな
日程調整はしてるし

今月号では
横浜『ノートルダムの鐘』
と言ってもこれは 次月の先行予定なのだ。

ことチケットに関して
先の先までチェックおく癖がついたのは
四季さんのお陰かも (笑)


『ケンジ先生』 10・29マチネ

文化庁・日本劇団協議会主催公演
日本の演劇人を育てるプロジェクトだそうな。

『ケンジ先生』 @テアトルBONBON
台風接近の予報の中
だいぶ前に取ったチケットあるもんね~
行かなくちゃ~♪

アッと 公演ポスターの
写メ忘れた~(汗)
いつもの公演と勝手が違い
パンフ(フォトブック)もなかった。

ケンジ先生は
宮沢賢治からとったケンジ
劇中では 星巡りの歌♪
も使われている。


『ケンジ先生』 キャスト
ケンジ先生・・・・・・・・・・左東 広之
クロサキ・・・・・・・・・・・・大内 厚雄
パパ・・・・・・・・・・・・・・・筒井 俊作
トシコ・・・・・・・・・・・・・・渡邊 安理
ママ・・・・・・・・・・・・・・ 林 貴子
(以上、キャラメルボックス)

おばあちゃん・・・・・・・・鈴木 めぐみ
(劇団桟敷童子)
シラキ尚子・・・・・・・・・・幸田 尚子
タカダさん・・・・・・・・・・・山崎 彬
(悪い芝居)
レミ・・・・・・・・・・・・・・・・・河内 美里
(育成対象者)
ソラコ・・・・・・・・・・・・・・・生田 輝
(育成対象者)
ネヅ・・・・・・・・・・・・・・・・池田 倫太朗
(文学座)
(敬称略)


キャラメルメンバーが中心だけど
他の劇団の方も参加。
このプロジェクトの育成対象者が
レミとソラコ役ということですね。

前回 2013年公演は
どんぐりVerで見せていただいた
とても温かい作品。


物語は 未来 2117年
子供たちはタブレットで自ら
勉強し単位を取る時代。
学校はなくなり 先生もいなくなった。

ある日、お祖母ちゃんは 骨董店で
旧型のアンドロイドを孫のレミの
誕生日プレゼントに買う。

学校が荒れた時代に
先生として作られたアンドロイドは
レミの先生として
働ける事に 喜び
レミの家にやって来るが
ママは大反対。
気の小さいパパは
おばあちゃんとママに
挟まれ何も言えない・・


レミのお友達ソラコ
ソラコの姉は トシコ
歌手になったトシコに
レミは憧れるが・・・
仕事に追われ
親友の死に立ち会えなかった
トシコは傷つき悩んでいた。


そんな 登場人物すべてに
ケンジ先生は真正面から
ぶつかる。

正論、理想 夢・・・・・

佐東さん演じるケンジ先生は
とってもピュアなアンドロイド。
人間よりも人間らしいかも。


勉強する事とは。
生きるには 何が必要なのか。

大切な何かが見えて来る
ジュワ~~っと暖かい
想いが満ちて来る。
そして…泣く!

微笑ましい笑いも
忘れていない
優しい作品だ。





『レディ・ベス』10・28ソワレ

慌ただしい マチ・ソワ間

土曜なのでマチネも12:00開演でしたが
ソワレ開始時間17:00

2時間を切って 雨模様
さらに帝劇地下のお店は
土日はお休みが多いっ!

観劇日が一緒になった
マイミクさんと 悩みながら
ちょっと出の軽食に落ち着きまして
早々と 帝劇に舞い戻る。(笑)

ソワレのキャストはこちら
11580.jpg


平野ベス×加藤ロビン
今季 このお二人から
エネルギーを感じるなぁ~。

平野ベス 歌い方が
とても ミュー寄りになってる
気がする。
力みもあまり感じなくなって
聞いていて疲れません。

加藤ロビン
歌なんて誰でも歌える

高く低く と歌うとき
ぴょんと飛び上がり
低くで 身を低くする。

ベルを助けようと 幽閉場所に
忍び込み
俺狂ってるとペタンと
まず 座り込む。

育ロビンも座り込むけど
ちょっと台詞を言ってからで
タイミングが違う。
Wキャストの面白さ

フェリペ王子は 古川クン
登場の片肌脱ぎのあのシーン
立ち上がると声(ため息)が 上がる?(笑)
皆の視線を 独り占めです。

絵になる
”天使のようなお方”と
ルナール大使も言ってて
嘘はない(笑)

結婚の話で訪ねて来た
ルナール大使
ビリヤード台の後方から回り込み
王子の後ろ側 に すっと上がり
王子の女性用コルセットを
外してあげてます。
王子の突き出した
ビリヤードのキューに
つかまり 台の上に
上がるのは
平方王子バージョンだけ

台詞の間とかいろいろ
平方フェリペと比べて
随分と違い あちらが陽なら
こちらは陰かな?
孤独な 王子様な雰囲気が
感じられる古川フェリペさまでした。


そして懸命に見ている
禅ガーディナーさまは
今日も歌声は好調。

ルナール大使と禅ガーディナー(笑)
お二人の呼吸というか
芝居の掛け合いが・・
好みのド真ん中!

まだ共演してくれないかな~(願望)

カテコでの一連の流れの中
一度目は 割と表情を
崩さずに厳しい表情のままで
まだ役が抜けてないのか?(笑)

しか~し 2度目になると
あのたっぷりお袖の衣装で
バッと両手を勢いよくあげて
それから お手振りになる猊下。

それを見て 思わず笑う
メアリー女王とか

お隣はフェリペ王子が先で
定位置ですが 二人で目くばせしてみたり
メアリー女王を迎える時も
ご挨拶しては 笑顔の猊下。

怖い司教様に見える
劇中ですが・・
カテコでのギャップがたまりません

か・な・り・・(笑)




『レディ・ベス』10・28マチネ


『はいからさんが通る』 や
『危険な関係』 の予定が入っていて
少し間があいた 『レディ・ベス』

土曜とあって マチ・ソワ予定を
入れてありました。
まずはマチネ公演

キャストが・・
DVD化の発表キャストその1。
11581.jpg
花總ベス × 育ロビン
吉沢メアリー に平方フェリペ。

平方フェリペ
クールヘッドを根底に
遊びに興じる。


ルナールの進言なども
聞いているのか
いないのか‥
この王子様 ぬかりない
ちゃんと聞いてるって。(笑)
クールだけど 陰湿な感じは
ないのが 平方くんっぽいかな。

ビリヤード台の上に
ルナールが上がってゆく時
キューを出し
ひっぱりあげるところは
お気に入りのシーンに
なってます。
でもでも~ 理由はとくに
ないんですけど~ネ(笑)

お目当て 禅ガーディナーさん
ご登場のシーンが 入ってくると
スイッチ切り替えなので

ある意味 贅沢な観方
他のシーンの見落としが
多いかもしれません。(爆)

今日の育ロビン
ターザンの蔦の扱いに
ちょっとだけ苦労していたように
思えましたが・・気のせい?

2階のジュリエット…
おっと 違った
ベスに差し出し伸ばす片手は
かなり遠い~。

宮廷で メアリーに誹謗された
ベス 気落ちしたベスに
お忙しいですか?と聞かれ
しっかり 頭をふり否定されてますね。

そして 星を見ていたところです
・・・と言葉を返す。

優しくて その歌声とともに
包み込むような アスカム先生。

禅ガーディナーは
ちょこちょこと出番があって
気が抜けません。

下手から 上手から
ベスの夢の中まで・・
速足で移動して キャットさんと
交錯したり 追うのが大変!

一幕ラスト
泣き崩れるベスを
かなり鋭い施栓で
見ている ガーディナー
宗教 メアリーに忠実な人

初演より その辺が強く
印象付けられる舞台。

ベスを消せ!♪ までが
思いの外 早いっ!

そして 続いてが
ワインの毒のシーン

乾杯いたしましょう
あか~~~いグラスで。

突然現れる フェリペ国王に
計画のすべてを壊されて
しまう
ルナールに倒れ掛かるように
倒れますが

どうも ここ ジャベールが
ファンティーヌを拘束する
シーンの足蹴を
おもだしてしまう。(笑)

猊下の 心臓の病で
倒れる設定は 変わりませんが・・
倒れ方 ルナールの接し方も
変っていて
ルナール大使
彼もクールヘッドだよねぁ~と
思わずにいられません。

再演版が DVD化されるという
入れしいニュース。

DVDキャストの公演日で
ひょっとして収録ありか?とも
思いましたが カメラのお姿は
ありませんでした。


窓口でのDVDお申込みも
開始しているけれど
もしかして~
禅さんFCのほうで
取り扱いがあるなら そちらで
購入したいなぁ~と
ちょっと様子見。(笑)

東宝さんの 申込用紙だけは
しっかりと持ち帰ってるけど
まだまだ ベス@帝劇は
チケットが あるので申し込みの
チャンスはあると ゆったり構えてて

いいのか? (笑)


『レディ・ベス』マチソワ終了!

通ってますなぁ~
と自分で言う。(笑)

『レディ・ベス』マチ・ソワ
一日帝劇にいるようなもの(爆)

Wキャストの見比べが出来る
そして お席も上手と下手を
振り分けて見られた公演でした。


ソワレ公演が終わってからも
マイミクさんとお食事で
舞台の話題が途切れず・・

なんとも幸せな 一日
ちょっと疲れたけど
気持ちの良い疲れ。

禅・ガーディナーさんに
会えると元気が出る。

『デス・ノート』@WOWOWさん

2017年 9月
新国立劇場 中劇場で
上演された
『デス・ノート』再演

WOWOWさん 放送決定。

まずは 12月2日18:00
浦井ライト版
カッキー(柿澤)版は
年明けの放送となるようです。


2017年9月14日収録って
自分が見に行った日に
収録されたなんて
さらに嬉しくなってくる。


WOWOWさんのに入ってて良かった。(笑)

両ヴァージョン見られる!


『シラノ・ド・ベルジュラック』出演!

先日の 『TITANIC』に
続いて ご出演情報。


シラノ・ド・ベルジュラック
2018年5月
日生劇場にて
ラグノー役で ご出演が
発表されました。


シラノ・・・・・・・・吉田鋼太郎
ロクサーヌ・・・・・黒木瞳
クリスチャン(W)
大野拓郎 /白洲迅
ル・プレ・・・・・・・・・大石継太
ラグノー・・・・・・・・・石川禅
ド・ギッシュ伯爵・・・六角精児
ほか (敬称略)


禅さん 3月まで
シアタークリエで
新作『マディソン郡の橋』
その後 大阪公演
千穐楽は 4月1日と
遠征が難しい日程で
組んでくれて
調整が大変 !(爆)
禅さんのせいではないけど~。(笑)

その後 10月の『TAITANIC』
でも~ 間空きすぎ
何か お仕事ある筈と言う
予想通り、
一作品来ました。

2018年 5月
マディソン郡に続き
再びの有楽町通いの日々が
訪れそうです。 (笑)

『危険な関係』10・26マチネ


11499.jpg


@シアターコクーン
上演時間 休憩込み 2時間30分
11500.jpg



子爵 侯爵夫人
旦那様 女中 などの
登場人物がいる。

長椅子ソファー
庭は和の庭園のよう
生け花シーン

部屋の仕切りは
襖のような開け閉めで
ドアではない。

舞台奥に置かれた
ピアノが見え隠れ。
劇中にも使われる。

出演
ヴァルモン子爵・・・・・・・・・玉木宏
メルトゥイユ侯爵夫人・・・・・鈴木京香
トゥルヴェル法院長夫人・・・野々すみ花
ダンスニー騎士・・・・・・・・・千葉雄大
セシル・ヴォランジュ・・・・・・青山美郷
アゾラン・・・・・・・・・・・・・・・佐藤永典
エミリー・・・・・・・・・・・・・・・・土井ケイト
ロズモンド夫人・・・・・・・・・・新橋耐子
ヴォランジュ夫人・・・・・・・・・高橋惠子
家令、召使・・・・・・・・・・・・・冨岡弘
女中・・・・・・・・・・・・・・・・・・黒田こらん
(敬称略)

見た目からして 悪女の
京香さん アイメイクが強い。

ヴァルモン子爵 を演じる
玉木さん

思ったより早口台詞
思ったよりも聞きやすい
どんなふうに思ってたんだ?(笑)

京香さんと玉木さんの
二人のやり取りシーン
テンポのギャップ

舞台上に ランニング・マシーン
生着換え
鍛えられた上半身!
愛人エミリーとの
生々しいシーンを
舞台処理して・・ (笑)

野々さんの誘惑の手管
ぜ~~んぶ大人仕様。

子爵付きの執事?
佐藤アゾランの存在が
面白くて 印象に残る。
玉木子爵との
コンビーネーションの
良さも光る。

高橋さんのおっとりした
ヴォランジュ夫人は
メルトゥイユ侯爵夫人と
対比が生きている。

時代を見せずに
上流婦人との恋愛を
ゲームとして楽しむ二人

翻弄されるダンスニー騎士。


決闘が行われるのは
やはりその時代なのね。
そうは見えないけど。(爆)

女性たちのドレスなど
衣装も著名な方の担当らしく
素敵だけど‥
舞台セットと しっくり来てたとは
言いにくい気がする。

演出 衣装ともに
海外の方で
自分との感性の違いが
そう思わせるのかなぁ

消化不良の部分も残る
そんな舞台でした。


『レディ・ベス』2017 DVD化決定!

なんと なんと 晴れやかな日~♪

東宝さん
『レディ・ベス』2017年版
DVDで残してくださるそうです。

***************
以下 東宝さんHPより

定 価: 各10,000円(税抜)
発売日: 2018年5月(予定)

♪Flower version
レディ・ベス: 花總まり   
ロビン・ブレイク: 山崎育三郎
メアリー・チューダー: 吉沢梨絵   
フェリペ: 平方元基
アン・ブーリン: 和音美桜  
シモン・ルナール: 吉野圭吾
スティーブン・ガーディナー: 石川 禅
キャット・アシュリー: 涼風真世
ロジャー・アスカム: 山口祐一郎


♪Star version
レディ・ベス: 平野 綾  
ロビン・ブレイク: 加藤和樹
メアリー・チューダー: 未来優希   
フェリペ: 古川雄大
アン・ブーリン: 和音美桜  
シモン・ルナール: 吉野圭吾
スティーブン・ガーディナー: 石川 禅
キャット・アシュリー: 涼風真世
ロジャー・アスカム: 山口祐一郎

(敬称略)


内容: 本編DVD(2枚組)、特典映像DVD(1枚組)、特製ブックレット
♪特典映像につきましては、決まり次第発表いたします
**********************
・・・とのこと。

『エリザベート』もDVD化されたけど
禅フランツは残らずで
エリザ DVD買うの見送っちゃったので
『レディ・ベス』DVD化
禅ガーディナーさまが 映像に残るのは
とても 嬉しい~~~♪

しかも ベス×ロビンの組み合わせ違いで
2バージョン

当然収録日が別…
シングルキャストの方は
2公演のDVDが出る事になる。

これは 買いっ!(笑)
もちろん 両バージョン
怪っきゃないでしょ。

もう東宝さんで 受付開始
してるけど ちょっと待て!(笑)

FC扱いやってくれるのかな?
サイン付きとかで
あったら セット買いの割引も
おいといて FCから優先購入するんだけど。(笑)







宝塚花組『はいからさんが通る』10・25マチネ




@日本青年館ホール

コミック 全7巻
『はいからさんが通る』
宝塚の舞台版になる!

チケットが取れてから
コミックを読み返してしまった。(笑)

純粋で明るく 行動的
何をやっても憎めない?(笑)

そんな花村紅緒がヒロイン
自転車に乗り 剣道では
幼馴染の蘭丸をやり込める。
そんな紅緒に突然の縁談が・・・


主な配役
伊集院 忍・・・・・・・・・・・・ 柚香 光
花村 紅緒・・・・・・・・・・・・ 華 優希
伊集院伯爵・・・・・・・・・・・ 英真 なおき
伊集院伯爵夫人・・・・・・・ 芽吹 幸奈
花村 政次郎・・・・・・・・・・ 冴月 瑠那
如月・・・・・・・・・・・・・・・・ 鞠花 ゆめ
牛五郎・・・・・・・・・・・・・・ 天真 みちる
青江 冬星・・・・・・・・・・・・ 鳳月 杏
花乃屋 吉次・・・・・・・・・・ 桜咲 彩花
狸小路伯爵・・・・・・・・・・・ 舞月 なぎさ
鈴木・・・・・・・・・・・・・・・・ 和海 しょう
ラリサ・・・・・・・・・・・・・・・ 華雅 りりか
ばあや・・・・・・・・・・・・・・・ 新菜 かほ
鬼島 森吾・・・・・・・・・・・・ 水美 舞斗
図師・・・・・・・・・・・・・・・・ 桜舞 しおん
印念中佐・・・・・・・・・・・・・ 矢吹 世奈
北小路 環・・・・・・・・・・・・ 城妃 美伶
青江 須磨子・・・・・・・・・・・ 春妃 うらら
有明・・・・・・・・・・・・・・・・・ 峰果 とわ
高屋敷 要・・・・・・・・・・・・・ 亜蓮 冬馬
藤枝 蘭丸・・・・・・・・・・・・・ 聖乃 あすか
野路・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 和 礼彩
丸葉・・・・・・・・・・・・・・・・・ 翼 杏寿
北原・・・・・・・・・・・・・・・・・ 太凰 旬
(敬称略)

11485.jpg


コミック 7巻の 長いお話を
2幕 2時間30分(休憩込み)の
舞台にまとめたので
かなり駆け足でしたが
重要な箇所は漏れなく
描かれていたかと。

柚香さん演じる 伊集院忍
オキャンで酒乱?な紅緒の
華さんも お似合いの風情

冬星さんは カッコ良過ぎて
反則~
牛五郎さんは しっかりと
笑いをとり
環さん 吉次さんも
コミックの世界を再現
鬼島もワイルド(笑)

シベリアでの戦闘時
結婚式に起きた大震災

ラリサの死は 割とあっさりと
走り抜けてしまったけれど
尺が足りないけら
無理もないかなぁと思う。

でもこんな明るい舞台
好きだなぁ~。

残念だったのは 会場のお席
日本青年館ホール
初めてのお2階席
それも前方だったのですが
前の手すり棒が 舞台にかかる。

え~~っとね
映像を見て 画面に
横に一本 ちょっと太いノイズが入ったまま
見続ける・・そんな感じ。
そして 前の方も 同じく見えないらしく
上演が始まると 頭を前方に
出しちゃうので 役者さんに被る。
加えて その見えない対策らしく
椅子を嵩上げしている。
座ると足のつま先しか届かない
なので ぶらぶら状態で
ず~~~っと見る。
これ疲れます。

舞台自体はよかったと
思うけれど ストレスなく
見られたら もっと良かったと
思い返してしまう。

危険防止の為 2Fの前方柵の
設置はやむを得ないと思いますが
劇場だからこそ基本の
舞台を見る環境を
もっと重視して欲しいと思う。

世田谷パブリックシアターで
2Fサイド席になった時
同じく手すりが被ってしまうので、
スタッフさんにご相談したら
お席をかえてくれたことがありました。

まぁね この公演 人気公演なので
振替る お席なんて空いてないと
思いますが・・・。

最近出来たホールなのに
お化粧室も数は少なめ
客席は2Fからなのに
エスカレーターもないし。
ロビーは余裕がありません。

来年の公演予定
『タイタニック』に
ご贔屓さんが出演予定なので、
このホールに複数回は通うことに
なると思われますが・・・

ちょっと今から 心配(爆)





『レディ・ベス』10・24マチネ

本日も帝劇『レディ・ベス』
マチネ一回公演

Wキャストはこちらの日

11475.jpg

祐様のα波の出ている歌声の
後方で 子役ちゃんたちの
登場シーンです。
ヘンリー八世や
キャサリン妃と 幼いメアリー
アン・ブーリンと幼いベスが
登場します。
ただし祐様の歌で説明してるので
台詞は無し。

アン・ブーリン役 和音さん
ひたすら似た曲調の歌
こちらの方も α波が
出ていそう・・
時々 意識が途切れます。(爆)

短縮に向けて
割愛 し易いかと思うのは
素人考え・・・・のようで
アンの出番 冒頭シーンで
増えてたし ラストも増えてる。
ベスとロビンの出会いの
壊れた馬車のシーンは
短めになり、
別れ際に ベスのロビンへの
お挨拶は 流れ者さんから
詩人さんに変ってる。、


メアリー女王と
ルナール と ガーディナー
~良い助言をありがとう~
までのくだり
ここも一部 セリフに変更
短くなってる。
圭吾ルナールさん
あまり歌わなくなった。(爆)

フェリペ王子の登場時
一斉にフェリペ王子に
オペラ・グラスが上がるので
一緒にオペラ構えて
下から 人の間をすり抜け
王子に近づく ルナールさんを
追う(笑)

飽きた! とビリヤードの
キューを
投げるのをキャッチ
その後の キューの扱いが
見事に決まり美しい。

お歌はベスを消せ! で
まとめて聞かせて貰い
立ち姿のスマートさに
見惚れ 出てくると
目が奪われるお方。

短縮されて 3時間
休憩もいれてだから
DVDに収まるよね(笑)

でも 高貴な生まれのベスに
淫売! とか
地獄に堕ちろ~など過激な
台詞は言わせたままだから~
この辺 変えてるという
選択支はなかったのか?

未来メアリーの
悪魔と踊らないで♪
相変わらずの迫力。
そして上手い。

禅ガーディナー司教さま
メアリー女王の前に立つ
直前 初演ではお酒を持って
呷っていたけど
今回はお薬に。
閣下の思わしくない心臓は
再演までの3年に悪化したようです。

酒臭いっと言う仕草もなくなった
ルナールとガーディナーとの
会見はシーンは怖さが増す
ベスを亡き者にしようとする
シーンは やはり印象に残る。
ガーディナーさまを追っかけ再生
したい程。(笑)

メアリー女王の元で カトリックを
守る立場の司教には
ベスの存在自体が
敵対勢力。

王子をこの国に
送り込むルナールに
とってはメアリー女王の
王冠を脅かすベスが邪魔

理不尽な時代に生きる
二人でもあります。
アスカム先生の
星のお告げの心地よい
声の響きや
キャットさんの
ベスさま や はいっ!
曲者ですか?の
短い台詞に 反応して
しまうけど 今期のキャットさま
初演より暖かさが
増した養育係になってる。

禅・ガーディナーの
大仰にも思える台詞に
一人うなずく・・(笑)

ベスとロビンの恋物語の感が
濃くなった 再演ですが
つい ベテラン組さんに
目が行く。

アンサンブルさんも
トマス・ワイアットや
ラストの白い司教さまの中山さん

ベスの馬車の御者の港さん
ハリーさま他の竹内さん
あちこちご活躍の 山名さん

キャサリン妃の秋園さん
エミリーの真記子さんなどなど。

あちこちみたいのに~

禅ガーディナーさまが出てくると
そちらばかり見ちゃうし・・・

目が足りないっ!(爆)


『髑髏城の七人』チケット先行

VACさん扱い先行

”月髑髏”

予想通りの 一勝一敗
上弦の月 が当選
下弦の月 落選という結果。

前期は 下弦が取れて
すぐに 上弦を
他のサイトで押さえたんだっけ。

まぁ 今回 下弦は千穐楽を
申し込んだので 落選は
予想の範囲内。


クレカ系では 初日・楽日が
出る事は 珍しく
今 引っかかっているところは
え~~~上弦の月の回しか
扱ってない。 なんで~~~?
出演者の顔ぶれを見て
ひょっとしてチケの流れが
上弦 下弦では 異なるのでは?
そう思えて来た。

すると必然的に クレカ系には
出てこないのかも。

あと 一か所 先行抽選が
結果待ち。
これからの申し込みもあるし
まずは 先行抽選に
あちこち トライ。(笑)


千穐楽チケット 取れるといいなぁ。






『レディ・ベス』10・22マチネ

台風が近づき
衆議院選挙の投票日…だけど

雨の降る中
投票もちゃんと済ませ
電車の遅れもなさそうで
帝劇へを向かいます。

11348.jpg


本日は 後ろから
数えた方が早いS席センター
遠目でも センターは
千鳥配置に改装した椅子も
効果を発揮して見やすい。
アップで見たい時は
オペラグラスの出番!(笑)

だんだんと ベテラン組の
台詞の言い回しが
濃くなってないか?

芝居がかった感じ。
祐様の説明歌の
台詞部分も ドラマチック(笑)

涼風キャット様も
今日も 庭に忍び込んだ
ロビンに
二度とこないで~~~と
ベスが叫ぶのを聞いて

曲者ですか?と
駆け付ける。
あの言い方好きっ! (笑)


禅・ガーディナー様も
力入ってますと思える
お預かりい・た・し・ます。(笑)

抗議の 手紙ですかな?
この間の取り方も禅さんらくて
メリハリ効いてるんだけど
濃くなりすぎかも(爆)

憤怒の表情も かなり多め
ぬぁ~~~!って叫びますから。

司教さま
あまり興奮しない方が
お体のためにもよろしいです~。

ベスを宮廷に呼び
宮廷ではミサが
この荘厳なミサシーンも
印象に残るシーン。

皆で歌うミサ曲とともに
背景の リングの中に映る
ステンドグラスが美しい。

毎公演 生もの舞台
だんだん濃い目になるのは
禅さんのデフォな気もするけど(爆)
育ロビンや平方フェリペ王子たちの
言い回しが 軽いから
バランス的にズレがあるような。


今日は 平方フェリペ王子
クールヘッド!
だけど かなり情熱を
もった王子に見えるなぁ
古川フェリペ王子が
けだるい印象の
王子だから余計かな?
悪戯っぽい表情も似合う
魅力的な王子さま。


再演になって
シーンが整理され
分かりやすくなって
圭吾さんの歌がなくなって
短い台詞だけのシーンに
なったり

歌詞も 一部変更で
ラストには 新曲差し替え。

この新しい曲が
ちょっと 浮いて感じるのは
初演を見すぎたせいかも。

初演のラスト
歌詞がちょっとあれな・・だけで(爆)
今度の曲は 全体の流れから
イメージが違って
回数見ても まだ曲が
頭に入って来ない。

覚えが悪いだけね きっと。




『ハンナのお花屋さん』10・21マチネ

マチネ 11:00開始~~
早いんだ~!

到着時間から逆算して
この電車で行こうと決めていた
電車だけが 20分遅れだって

30前着予定の時間だったのですが
次の列車?と時間を見たら
間に特急があるので
このまま次の列車だと
マジ 遅刻だわ~と
特急にう飛び乗る!

公演は 昼食時間に被ってるから
開演前に パンでも食べようと
思っていたのに これどころじゃない。
列車内で 10:00
今日は 某公演のチケ発売
列車内だけど 特急だから
座れたし‥スマホ片手に
チケ確保
時間は無駄にしない(笑)

あとは開演時間までに
会場に着けるように
電車 頑張れ!(笑)

15分前に 赤坂着。

パンフも買って
化粧室も寄って 5分前
着席 ギリだった~~。


ということで 『ハンナのお花屋さん』
上演時間のお知らせなど
写メ すっかり忘れてしまいました。


主な配役
クリス・ヨハンソン・・・・・・・・・・・・・明日海 りお
ミア・ペルコヴィッチ・・・・・・・・・・・ 仙名 彩世
アベル・ヨハンソン・・・・・・・・・・・・ 芹香 斗亜
エーリク・ヨハンソン・・・・・・【晩年】 高翔 みず希
エマ・アザール・・・・・・・・・・・・・・ 花野 じゅりあ
ジェフ・ウォーレン・・・・・・・・・・・・ 瀬戸 かずや
ソフィア・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 白姫 あかり
マーガレット・パーカー・・・・・・・・ 菜那 くらら
ヘルゲ・インゲマン・・・・・・・・・・・ 航琉 ひびき
チェンリン・・・・・・・・・・・・・・・・・・美花 梨乃
グリフィス・エディントン・・・・・・・・・羽立 光来
カロリーネ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 紗愛 せいら
ローズ・ワトソン・・・・・・・・・・・・・・ 真鳳 つぐみ
サラ・ウォーレン・・・・・・・・・・・・・ 乙羽 映見
トーマス・ルイク・・・・・・・・・・・・・ 優波 慧
レスリー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 更紗 那知
アレックス・・・・・・・・・・・・・・・・・ 千幸 あき
ヨハン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 紅羽 真希
ナディア・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 雛 リリカ
ライアン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 綺城 ひか理
ヤニス・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 飛龍 つかさ
小さなクリス・・・・・・・・・・・・・・・・ 茉玲 さや那
ヨージェフ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 帆純 まひろ
アナベル・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 音 くり寿
イーダ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 糸月 雪羽
エーリク・ヨハンソン【十代の頃】・・ 泉 まいら
クララ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 咲乃 深音
ハンナ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・舞空 瞳
(敬称略)

みりおくん演じる クリス

心優しい 秀才で
貴族の血をひく
見目麗しい好青年。
従業員たち仲間と
ロンドンで お花屋さん経営
カフェも併設している。

信頼できる大学からの旧友にも
支えられ 彼を慕う仲間もいて
お仕事も 順調。
ヴィクトリアン・フラワーショーで
入賞のニュースも!

そんな折 お店のカフェに
クロアチア人のミアが
仕事を探して
祖母の知り合いだった
エマと待ち合わせ・・・

初めてクリスと出会う。
プレゼントは矢車草の花束。

この作品
いろいろと要素を詰め込み
あちこちとお話が飛びます。

伯父の口から語られる
クリスの両親のエピソード
出会いやそして回想シーン
ミアのエピソード
民族同士の敵対心。

クリスの生国デンマーク
アンデルセンの人魚姫
リトルマーメイド
自分の居場所を探す クリス
そしてミア

うさぎのサニー
(難民を助ける会のキャラ)
ミアが なりたいのは
このウサギちゃん
誰かの力になれるなら
とても素敵!

けれど ミアは エマの店も
やめなければならなくなり
身を隠してしまった。

彼女を探して
唯一のネットの掲示板に
書き込みを続けるクリス。

ミアも ハンナのお花屋さんの
Blogなどを見て
アンデルセンの名の書き込み
クリスだと気が付く。。

こう 思い返して書き出してみると
本当に 盛りだくさん

アベルとハンナの恋も
クリスが生まれて 3人で
暮らした家が
今もクリスの心のふるさと。



『ハンナのお花屋さん』
身分違いの恋
自然を愛する心

舞台セットも妖精の森のように
緑に包まれていて

ふわふわ ジワー~~(泣)

現実を忘れて・・(爆)
ラスト とても暖かい気持ちに
なれる とても優しい作品でした。



『レディ・ベス』10・20マチネ

会場について
キャスト・ボード見るまで
ベス&ロビン どちら?

フェリペ王子は平方王子でした。
11305.jpg

このところ 古川フェリペ王子が
続いて 元基フェリペは
久しぶりかも。


なんせ お目当ての
禅・ガーディナー様が、
シングルなので
いつ行っても見られる嬉しい状況
チケットをお願いする時も
行けるか 行けないかが
チョイス基準

結果 ちょっとだけ
Wキャストさんは 偏りが
出ましたが ・・・・。

本日 平野×加藤コンビ
若さを感じるコンビ(爆)

加藤ロビン
月明りの君♪
指笛で呼び出して
ベスの姿が見えると
ペタンと座り込み (笑)

そうさ 俺狂ってる!

ターザン擬きで 蔦を
揺らして 2階のベスに、
ベスの指に・・・
2回目は 触れてる!
届いてる!

初演の時も そうだった~~。
育ロビンは
ちょっと届きそうもないから
この対比も気になる。(笑)

吉沢メアリー
高音 ファルセットに
逃げるシーンはあまりなく
あの小柄で
フェリペ様にチビと
言われてしまう程なのに
歌声は迫力。

すこしハスキーなところ
寂し気な表情も
強いブラッディ・メアリー
孤独なメアリーに
あっている。

四季時代の いろいろなお役
マンマ・ミアー
夢醒め・・
赤毛のアン
コーラスライン
二人のロッテ
みんな見ているけど

ガラッと印象の違う
このお役も ハマっている。

ベスを消せ♪
るネールさんのフラメンコ・ポーズの
決めの後の 2回転猊下

長いローブの裾が
足に巻きつく。

禅・ガーデナーは
悪役に徹してて
時折みせる 憤怒の表情は
オーバーリアクションにも
見えるけど (笑)
フェリペ王子にいろいろ
邪魔されてますから
怒りたくもなるでしょう(爆)

今期の 圭吾ルナールさん
ちゃんと盃合わせてくれますが
アディオスと去り際は クール!

毒入りワイン 赤いグラスが
猊下に渡された時
ワインを断るための
一言援護はするけど・・・ネ

ガーディナーを裏切る
ラストもとっても クール (爆)

この二人のシーン
もっともっと見たくなる。
初演は もっと
アイコンタクトとか
あったけど
すっきりさっぱり
削られて 二人の
水面下の探り合いのような
シーンは見られなくなったようです。

すっきりさっぱりは
ここだけではなくて
アンサンブルさんたちも
かなり ダイエット(爆)

キャラがおとなしく見えて
想像の余地がないような。

ロビンとベスの
愛と 成長を軸にした物語
として すっきりさっぱり (笑)

今日も 無事終演。

昨日 某舞台の途中で
公演中止の憂き目を見たので
終演まで 魅せてくれるだけで
感謝!(笑)

カテコも スタンディング。

ガーディナー猊下
二度目のカテコで
あの衣装のゆったりお袖の
両手を思いっきりガバっと挙げて
勢いよくお手振り・・
厳めしい表情してた一回目カテコからno


このキャップ なに~~~~?!(笑)




『髑髏城の七人』10・19マチネ

11283.jpg

雨の降る中 早めの到着
パンフ購入
寒いけど 数量限定の
360°アイス (笑)
11282.jpg

11281.jpg



見る気満々・準備万端の
開演

新感線の 例の音楽から
発車ベル音で 気分はノリノリ♪
鳥髑髏とは 変わっている
シーンを発見しながら見入る

松ケン 捨 はこんな感じか
狸穴 生瀬さん
軽快で 決めるとこは
ちゃんと落とす。
曲者感がやはり最高。

極楽太夫
こちらは 軽快だけど
軽快過ぎて 涙の川が
似合いません(爆)
蘭兵衛さんも
暗い影を背負ってないなぁ

抜かずの兵庫
兵庫なだけど 山内さんだ~(笑)
そんな兵庫の今日のアドリブ?


あたりで

あっ!・・・・・・
突然の スタッフさん登場
暗転してるし これも演出かと
一瞬疑ってしまったけど

どうやら マジに機構故障!

背景を映したり 回転舞台を
隠したりする 巨大スクリーン
思うように動かなくなった模様

スタッフさん 大わらわで
調整中 しばしお待ちを!

客席で お客様そのまま
お待ちくださいね。

復旧しそう
動いてるよ!

そう思った矢先に
最終チェックのため
お客様は いったんロビーに
出ていただいて
復旧時間が はっきりしたら
アナウンスします。

からの_復旧が難しく
公演は中止とさせていただきます。

この最終決定まで 一時間とちょっと、
払い戻しなどの詳細は

後程 HPに掲載します。
チケットは無くさないよう
ご注意くださいね。

こんな状況下
仕方なく 帰ってきました

通常の終演からと
あまりか変わらない
帰宅時間になってました。
新感線の人気舞台だし
公演の振替は難しいだろうなぁ


珍しく 良席が取れていたのに
本当に 返す返す残念な思いしかない。

一幕直前までで見られなくなった
大震災の時の
帰宅難民からすれば 上等!(笑)


だけど 次の『月髑髏』は
後方列しか当選してない (汗)

宝塚宙組『神々の土地』10・18マチネ

ミュージカル・プレイ
『神々の大地』
レヴューロマン
~クラシカル ビジュー~
11270.jpg

そうそう 昼食時に
本日の宝塚チケットの半券を
提示したら
こんなデザート・サービスが(笑)
半券サービス該当のお店でも
サービスはいろいろです。

11269.jpg

今日は出演者
頑張って残して置こうかと
変換頑張る(笑)
宝塚の方のお名前って
素直に変換できる方
ほんと少ないから。


ロシアの大地
皇帝ニコライ二世の従妹
軍人 ドミトリー
セルゲイ大公邸に身を寄せ、
セルゲイ大公は暗殺されたが、
大公妃イリナに秘めた思いを
抱いていた。

貴族等に不満を持つ民衆、
ニコライ二世一家を心配する
イリナの願いに 屋敷を出て
ペトログラードへと向かう


出演
ドミトリー・パブロヴィチ・ロマノフ 朝夏 まなと
フェリックス・ユスポフ 真風 涼帆
大公妃イリナ(イレーネ) 伶美 うらら
皇女オリガ 星風 まどか
皇太后マリア 寿 つかさ
大公妃クセニヤ 美風 舞良
ジナイーダ・ユスポワ 純矢 ちとせ
ロフチナ夫人 花音 舞
コンスタンチン・スモレンスキー 澄輝 さやと
ヤナ 綾瀬 あきな
皇后アレクサンドラ 凛城 きら
ニコライ二世 松風 輝
ラスプーチン 愛月 ひかる
家令ポポーヴィッチ 星吹 彩翔
ラッダ 瀬音 リサ
貴婦人ベルセルスカヤ 愛白 もあ
ウラジーミル・ボルジン 蒼羽 りく
ミラ 結乃 かなり
イワン 風馬 翔
ロパトニコフ長官 美月 悠
貴婦人チチェーリナ 花咲 あいり
貴婦人バクーニナ 桜音 れい
ガリツキー将軍 星月 梨旺
ゾーヤ 愛咲 まりあ
近衛騎兵将校ベルセルスキー 春瀬 央季
ゾバール 桜木 みなと
近衛騎兵将校バクーニン 実羚 淳
公女アリーナ】 彩花 まり
ネッリ 涼華 まや
イーゴル 朝央 れん
近衛騎兵将校チチェーリン 七生 眞希
マキシム 和希 そら
ゴロヴィナ嬢 瀬戸花 まり
エルモライ【 秋音 光
貴婦人ゴンチャロワ 里咲 しぐれ
近衛騎兵将校イズマイロフ 秋奈 るい
皇太子アレクセイ 花菱 りず
近衛騎兵将校ゴンチャロフ 水香 依千
リナト 朝日奈 蒼
キリチェンコ 留依 蒔世
皇女タチアナ 遥羽 らら
貴婦人イズマイロワ 小春乃 さよ
コーリャ 穂稀 せり
ロマン・ポチョムキン 瑠風 輝
ミーチャ 優希 しおん
(敬称略)

ペニングラードでは
ロシア帝国皇后
(イリナの姉)皇女アレクサンドラに
取り入っている
怪僧ラスプーチンがいた。

怪僧ラスプーチン
とっても怪演でした。(笑)

彼を暗殺し 元の権力を
取り戻そうとするのは
ドミトリーの旧友
貴族 デリックス・ユスポフ

ドミトリー
強く 理想が高く
さわやかな青年役。

美しい大公妃 (未亡人)

優雅な舞踏会
火が揺らぐペチカ
ご婦人方の ドレスが
と~~~っても薄物です。

ユスポフは
ちょっと影のある貴族役
舞台袖近くで 一人
ドミトリーを見つめる姿に
スポットが当たり
余韻を残したり

シーンが変わっての
ドミトリーの鹿狩り?
雪の大地が見えて
そこでは、さすがに
イリナはケープを
羽織っています。

貧困にあえぐ 農民
酒場で憂さをはらす

皇帝を倒せ~~
革命が起こるか。

ドラマチックな要素を
詰め込んで
さらに怪僧ラスプーチンの
登場ですから~

ロシアが舞台の本作
ロマノフ王朝の終焉。
寒さを連想してしまうからか
舞踏会のシーンであっても
なぜか 地味な印象を受ける。

素材は揃ってる。

でもロシアを舞台にして
いるからなのか
舞踏会でも衣装が
地味目な印象。


貴族 ユスポフも
紺のストライプ・スーツが
ほとんど。
11268.jpg


その分 2幕
クラシカル・ビジューは
ザ・宝塚!


金 銀 紫 赤 黒
様々な色彩が 舞台を
彩ります。
華やかなショーの世界。
今日の指揮は
塩田さんだった。

朝夏×真風の
二人のダンスシーンが
目を引いた、


だけど 比べてしまうと
ちょっと地味目でもなんでも(爆)
お芝居仕立ての
一部の方が 好きだなぁ。

『レディ・ベス』10・16ソワレ

オケピ ルクサ KDDI
合同貸切公演、
11231.jpg

終演後に ロビンとベスからの
ご挨拶つき。
サイン入り公演パンフが
当たった座席番号が
張り出してありました。

キャストはこちらの組み合わせ。
11230.jpg




花ベス&育ロビン
メアリーとベス
父親と過ごした時間

ヘンリー王
アンに心を奪われると
再婚するため 離婚を認めていない
カトリックを捨てる。
胸に下げていたロザリオを
投げ捨てる。
それをい小さなメアリーが
手にする。

再婚したアンにも
3年後には 不義の疑いで
ロンドン塔に閉じ込め処刑
してしまいますが
ベスには 自分の読んでいた
新約聖書を 手ずから与えます。

今季の再演『レディ・ベス』では
幼いベス(子役)から 大人のベスに
入れ替わるシーンが増えました。

アスカム先生の説明する歌に
合わせ スペイン王女
メアリーの母 (秋園さん)と
幼いメアリー

アン・ブーリンと幼いベス。
ヘンリー王(後藤さん)も登場
別になくても・・わかるけど

以前は アスカム先生の歌に
集中して聞いていたけど
役者さん出てくると台詞ないのに
こちらの動きも見てしまうね。
ただし ソワレのお席が
S席だけど サイドブロックで
すぐ後ろは A席
椅子を千鳥に直してくれたけど
千鳥配置にするのはセンターだけでいいのに
サイド席は センター寄りの前の方が
大きいと センター位置が
頭に隠れて見えなくなるんです。
千鳥じゃない方が 良いんじゃないかな。


ソワレ 育君 ロビンです。
見えないシーンが 多々あったので
台詞 声に集中するしかなかったけど
マチソワすると
加藤ロビンとの台詞の
言い方の違いを感じます。

流してる感の 台詞の言い方が
育君らしいといえば らしいかも。

現代的な しゃべり(笑)
お友達3人組もだし
新太くん 張り切ってるけど。
今期の 3人組はなぜか
おとなしい印象。

フェリペ王子の散歩
道行く人の声を~♪
主従のスペイン組も
わりと軽い言い回し。

べテラン組の 芝居発声
台詞の言い回しと
時代観のキャップ。
でも 初演から
こういった作りで
ここは手を付けずに
少しだけ シリアスに
なった。

身分の違いも くっきりと
するから その効果と
受け入れられやすさを
考えているのかなぁ。

今日 ソワレも 古川フェリペ
ルナールの結婚話を進めて
いいかと聞かれるシーン

メアリーを Wkキャストの
吉沢メアリーの日は ちび!
未来メアリーの日は デブ!
どちらにも失礼な言い方(笑)
の台詞があるのですが
ソワレ公演で 未来メアリーなのに
ちびっ! って言ってた。(爆)

マチ・ソワ どっちか
分からなくなってくるの?(笑)

マイミクさんと話してたら
元基フェリペも
マチソワの時
同じ間違いをしたらしい。

複数回見ているので
気が付いてしまうものですね。

2幕の メアリーとの和解
ピエロさんの案内で
部屋に案内されたベス
ヘンリー王の肖像画の部屋で
メアリーと二人きりになりました。

初演は スーザンが案内
そのまま付き添っていたし
フェリペ王子も 陰に潜んで
様子をうかがっていた。

ヘンリー王の ガウンが
置かれていて ベスは
それを見につけてみたり

今期は ヘンリー王の帽子だけ
シーンが短くカット

国に帰る直前のフェリペ
あの女と結婚すればよかったと
いう台詞が使われているけど
フェリペの ベスへの口説きも
なくなった。

全体的に 引き離された
母の変りには キャットの愛情
知識など 帝王学は アスカムから

理不尽さや 世論のちから
真の愛情は ロビンから

苦難に立ち向かう力は
心に住む母の幻から

強さは父王から

あらゆる出来事が
ベスを 女王に育ててゆく
そんな流れが強くなった。

ベスの敵となる
禅ガーディナーも
怖い役作りに徹してる。

この作りは初演よりは好き。
今日も 吉野ルナールと
禅ガーディナーの
ベスを消せ♪

上演時間短縮といっても
3時間だし 大作『レディ・ベス』

東宝さん 花總さんご出演だし
こちら DVD化してくれまいでしょうか?

組み合わせが難しいかな?
種類を少なくとも2種類。

すると収録が別日になるよね。
禅ガーディナー シングルキャストだけど
収録が別の日になるだろうし
ベスを消せ♪は きっと
入るだろうし

だから DVDにしてくれたら
両方でも もっとでも‥(笑)
買いますよ~。




東宝さま~。








『レディ・ベス』10・16マチネ

マチネ・キャスト
11233.jpg

今更ですが 劇場ロビー
こんなコーナーが

11232.jpg

平野ベス
馬車が故障して
ロビンたちに助けを求める
シーンは ずいぶんと
すっきり。

可愛い王女様で
歌も安定
変な力みのなく
聞きやすい

ロビンと3人組の
お歌の稽古シーンの
馬の嘶きか女の声を聴いて
こちらから 様子を見に
行くように変更

以前は ベスからのお願いで
ロビンは 車軸などには
触らないって断ってた記憶(笑)
金貨のお礼も 先にきまって
台詞にあったけれど

ロビンに声をかけてきたベス
馬車を貸してくれない?
声をかける相手 間違えてるだろうって

舞台袖に消えた3人の手伝いで
舞台奥で 治ってて
侍従から治りましたと言われると
お礼を3人に渡しる。(笑)


以前は別れの挨拶の時 ロビンに
流れ者さんと言ってた気がするけど
今日は 詩人さんって
言ってた。

ベスの庭園に忍び込むにしては
ターザン登場のロビンとか
二度と来ないで~~!
と叫んで・・

駆け付けたキャットの
曲者ですか?と聞く様子の
言い方と ロビンの
去っていっ方向の
様子をうかがうのが
なぜかお気に入り (笑)

そして 時は流れて。(笑)

二度と来ないでと 言ってた
ベスと 予定のある土曜日以降に
またロビンと約束ができて
街に 男装で繰り出す(笑)
なぜおしのびだと 男装なのか
よくわからんけど‥
ベスの男装を無理があるとみるか
可愛いとみるか (笑)

宮廷で行われているミサ
ガーディナー司教たちの
歌う 荘厳なミサ曲も
毎回 聞き入ってしまいます。
皆さまのハーモニー
美しい~~~。


そして 和音アン・ブーリン
登場回数が 多い
アンのせいじゃないけど‥。
また?と思ってしまって
そのシーンになると
分かったから! って感じで
歌声の心地よさもあって
歌詞を聞こうとする以前に

・・・・眠くなったり(爆)

古川フェリペ
ちょっとけだるそうな雰囲気を感じる。
ビリヤードのミスに一言

飽きたっ!

までの間が少しある。
吉野ルナールに投げ渡す
ビリーヤード・キュー

空中キャッチのそのキューを
膝で折る真似をしてから
バトンのように クルクルと
回してから背中で
ピタッと止め 暗転の中に
消えてゆく。

他にも カツッっと
靴音響かせ手てらの礼とか
ファサっとマントを砂漠ところとか
一つ 一つのポーズが
様になるルナール様っ!

悪役になる 二人の
ベスを消せ♪

この二人だと
演じるうちにだんだん
濃くなるから そこも
ちょっと楽しみだったり。

今回の禅ガーディナーさま
ご高齢の設定。
台詞は しわがれ声風が多め。
でも歌になると
やはり禅さんの歌声で・・

良いわ~
これが聞きたかったってなる(笑)

祐様アスカム先生も
素敵だし~
マチネ 堪能!

カテコは 全員揃ってが2度?
オケさんに拍手

からの ロビン&ベスの
二人カテコと
送り出し音楽になってと。

これが スタンダードなのかな


今日は 欲張ってソワレ
貸切公演もだ。(爆)









『レディ・ベス』マチ・ソワ

『レディ・ベス』
本日二回公演
Wキャストの両方が一度で…
と思ったら フェリペ王子も
マチ・ソワでした。
やっと帰宅、


古川フェリペ王子
2回とも お出ましでした。


猊下は安定の
鋭い視線を飛ばし
ベスに改宗を迫り
追い詰め
ルナール大使と
悪の同盟結んだはずが
あっさりと裏切られますけどね。

この二人のシーン
目が足りない。(笑)

これから じっくりと
反芻しよう~。

2回公演だから
思い出しも、何気に大変!


『TSNTH』先着先行日


今日は 東宝ナビザさんの
『TENTH』先着発売日
14日と思っていたけ
15日になってた。


予想通り 3公演申し込んだ
抽選は 全滅

10:00
どちらにしても 繋がらんだろうし~(爆)
そう思いながらも 一応チャレンジ

予想通りの アクセス集中画面の
繰り返し 惰性でポチポチしてたら
ナンとか繋がり 希望日の×表示を
確認して すぐ撤収(笑)

もう いいや!

△になってた日は 見たいと思う
キャストが・・いない(爆)

しかし 東宝ナビザさん
購入したいチケットが
買えない事 多すぎっ!

チケット買う気満々なので
赤文字落選の並びは
見たくないんですけど(笑)

一応 『TENTH』は
3公演予定してたけれど

別ルートで押さえた
1公演だけに なりそうだ。




『アンデルセン』10・14マチネ

本当に久しぶりの
『アンデルセン』
11213.jpg
全国公演! @川口リリア大ホール

この作品って以前見たのは
2009年 と 2011年
どちらも味方ハンス
斎藤マダム・ドーロ
松島ニールス

さらに昔は…(笑)
高久さん マダムに
ニールスは 坂本さん
坂本さんは 今は指導側ですね。

11212.jpg
今日の ニールス
とても若いっ!(笑)
パンフによると新国立劇場バレエ団の
方なのですね。
キャッツにも出てらしたのか

お目見えがあっても
なかなか会えないのが
四季の宿命。(笑)

マダム・ドーロは その昔
王女サテンを演じた時のギャル台詞に
驚いた記憶のある小川さん。(爆)

バレエは、確かお得意ジャンルで
海外でもご活躍だったはず。
『美女と野獣』のパペット役では
台詞はずいぶんと気にならなく
なっていたと思い出します。
台詞もスムーズに
ギャルイントネーションは修正され
美しいバレエを魅せて
くれました。
サテン王女といえば
デニムは、 鈴木さん
演じてたね~とこちらも思い出す
今日のコンビ。

その鈴木さんのハンス
感慨深いなぁ~
と昔語りになってしまいました(爆)

Wキャストの華麗なる 罠、
ハンス役には 竹内クンも
キャスティングされてる。


劇中でハンスの生み出したお話を
村でも 街でも ハンスの話に
夢中になり
子供は学校に行くのを
忘れてしまう程だ。
アンナ役の生形さんも
バレエを魅せてくれる。

『親指姫』 『はだかの王様』

街で子供たちの仲間にいれて
もらえず 一人ぽっちだったラースを
元気にさせた
『みにくいアヒルの子』

マダム・ドーロに捧げた
『人魚姫』のお話は
バレエになって
舞台の上は 海の中
深海魚だちが踊ります。

ちょうちんあんこうさん
舞台の上手ってどこなのか
教えてくれて 有難う~ね(笑)

鈴木さんハンスを見て・・
竹内ハンスってどんなだろうって
気にななるけど、 今回は 全国公演です。
津々浦々 たくさんの都市を
回るんですね。

メインキャストに ベテランさんの
お顔も見える

リトマの グリムズビー役だった
星野さんが 校長先生だし


ハンスに手を貸してくれる
船長さんに深水さん
さりげなく 村人や町の人にも
混じって踊っていたりする。(笑)

オットー 劇場支配人は
渋谷さん
警官に川口さんがいる。

何位気に贅沢なこのメンバーで
全国まわるのね。

今日の会場
お席が千鳥配置になっていない
そして残念なことに
そんな大きくもない女性だったのに、
頭が見事に センターを
覆い隠してくれました。(汗)

舞台左右は 見えるけれど
センターでお芝居をされると
スポッと頭の影になってしまう。(爆)

少しでも見えるよう 背筋を伸ばして
見ていたので…疲れたっ!





『レディ・ベス』10・13マチネ

入場時の 特典缶バッジ
本日 ラストディ(笑)
初日に頂いた
涼風キャットさんの
二つ目でした。

シークレットだから
ダブる事があって
仕方のないことだけど、
欲しいあのお方は当たらない(爆)


本日のキャスト
11198.jpg


花總ベス×山崎育ロビン
今日は 育ロビンの
台詞の言い方が
メチャウマならぬ
メチャ軽って感じがして (笑)
特に 一般公開していない庭に
ターザン擬きで飛び込む
ロビンだから いいのか?

一般公開されてません。
この言葉をベスの館の庭などに
使うのは・・
前回も変だなぁと思ったけれど
皆様 あまり気にならないのかな。
他にもいろいろありすぎて
ここまで 気にしてられない?(笑)

街へ抜け出す
ベスとロビン
男のふりといっても

オンドリャーーー!を言わせるの
可愛そうな気が
ちょっとだけ する。(笑)

ここで中山・トマスが登場
街の人 トマス
結婚式では 貴族

戴冠式ではベスに
王冠を・・の大司教さまと
大活躍。

涼風キャットさんは
毎回 安定ししてるなぁ。
さすが!

祐様アスカム先生は
ほんと包容力に溢れた
癒されるたたずまい。

幽閉された ベスを
ロビンが 追いかけ
ベスの手を取ろうと
ターザンのように蔓にのって
手を伸ばす・・

出番を終えた蔓に似せたロープが
勝手に下手に捌けてくのが 見えるし
正しくは 回収されてるんだけどね(笑)

ストーリー展開が
早くなったように感じるけれど
上演時間 初日頃の
2時間55分を修正?
3時間になってた。
11199.jpg



禅ガーディナー
早朝 5時の男(笑)
全体的に 重々しいイメージの
台詞まわしで時に叫ぶシーン
逮捕シーンとか。
声に負担のかかる
役じゃないかなと推察。

けっこう早口で 低めトーンなので
声を潜めるシーンでは
聞き取りにくくなる場合も。

『レディ・ベス』
見どころはたくさん
というか 全部!(笑)



中でも
ルナールさんが訪ねて来て

ベスを消せ!♪のシーンが
始まると

このお二人の並び
良いなぁ~と思い (笑)
ルナールさんを見てると
ガーディナーさん
見られないし
ガーディナーさんに
見惚れていると
ルナールさんが見られない。

辛い・・ (笑)

リピート観劇しても
同じ辛さを 毎回味わう
『レディー・ベス』なのでした。

そこじゃない?






『パジャマ・ゲーム』10・11マチネ

日本青年館ホール
本日で2回目。
11180.jpg

前日 このホールで再演が
発表された『TITANIC』で、
禅さん出るんだ~

この会場に 来る回数が
きっと増えるのは確実だわ。 (笑)


今日は 『パジャマ・ゲーム』
11179.jpg

11178.jpg


2回目 北翔さんベイブと
新納シドの ハッピーな恋

7セント半の賃上げ交渉も
うまく行って ハッピー
ハッピー

次から次のダンスナンバー
ピクニック・シーン
組合活動の意気を
あげるためのパフォーマンスの
ダンスもカッコいい。

時間管理に厳しい
栗原さん演じるハインズが
歌って踊れる酔っ払い(笑)
芸達者なところを
見せてくれる。
ダンスのお相手は
工場長秘書の阿知波メイベル。


工場長命令で
パジャマ・ズボンへの
お着換えもやっちゃうし
ハインズの妻役
ちひろちゃん演じる
色気満点のセクシー美女
社長秘書グラディス
彼女に振り回されてるのも
見どころ・・
やきもち 焼かない 焼かない
焼かない
ワンちゃんのようになってます。(笑)

グラディス
・・ガオーー ZZZ。。。(笑)

セクシー美女にクラクラ
してるのは 組合委員長の
フレッツ(上口君)もですが・・

広瀬チャーリーは
とってもいい人過ぎて
キャラ的には 弱いかも~、

どことなく面白みのある
社長が佐山さんでピッタリ(笑)
キャスティングも
これ ハッピーなんじゃない?

シドとベイブが
アツアツ設定だけど
ちょっとラブラブ度は
さっぱりしてる。

今日は トークショー
あれ 前回は男性軍で
今日は 北翔さんの日で
こちらもハッピー(笑)
11177.jpg



音羽さん司会で
いろいろなtalk
演出のトムとの舞台つくりや
先輩方が、舞台を見に来てくれて
コートを着てるシーンなどでは、
未だ男役風に肩で風切って歩いてるよって
アドバイスくれましたという話 (笑)
楽屋話では
北翔さん 楽屋で着ている
上下揃いの白ジャージ
背中に 大きく芸道邁進の文字が。

それを着て いつも使ってる
健康棒を持ち歩く。
本来はストレッチとか
マッサージに使う棒なんだけど
持ち方が 肩に担いだりして
総長って呼ばれ出したって(笑)

Twitterにそのジャージ姿
UPされていましたが
カッコいいっ(笑)

終演後 20分くらいの
トーク・ショー これも
楽しくハッピーな時間でした♪

『レディ・ベス』10・10ソワレ

マチネ 終演
さてと
ソワレまで意外と時間少ないし
軽食(フルーツサンド)にしておいて
早くも帝劇に戻って来た。(笑)

ガーディナー缶バッジ 当たるかな~

おっと今度は 綾ベスでした。

禅ガーディナー 再演では
鬘がかわり 金髪おかっぱから
白髪の入ったパーマのかかった
おかっぱ鬘!
防止被ってるし あまりおかっぱに
見えないけどね。

缶バッジは 初演パンフの
きれいなロン毛金髪なので
これ 欲しいっ!

でも 欲しいキャストには
なかなか当たらないなぁ~
(と嘆いていたら マイミクさんが
二つあるからと交換してくれた!
わ~~い 嬉しい!)


ソワレのキャストは
11113.jpg

11170.jpg



お席は またまた最前!
といっても 今度はA席ですが。(爆)

オペラも用意してるし
盆の照明も こちらからは見える。(笑)

今季初の 綾ベス
役作りが大人っぽくなった
感じがするベス。
歌声も無理を
感じさせないで
パワフルになってる。

マチソワ続けてみると二人のロビンの
違いも くっきり!
組み合わせによっても
違うだろうし これは Wキャストの
楽しみの一つですね。

でも Wキャストと言われても
人それぞれ 自分の場合、
禅さんが絡むWキャストの場合
他を見ている余裕が
まるでなくなるから
一概には言えないけど(爆)

早くも 三公演目ですが
初演を思い出しながら
変更箇所に気がついたり
歌詞に聞き入ってみたり
していますが・・

ベスの母 アン・ブーリン
ベスを見守るような立ち位置で
かなりの登場回数なのです。
アンの歌うソロ曲が
どの曲も静かで落ち着いた
美しいメロディ・ライン
透き通ったお声で歌うシーンを
繰り返されると・・・睡魔が!(爆)

ごめんね 怒らないで
責めないで!(爆)


メアリー 2回目の未来さん
歌声は安定してて
Wキャストの吉沢さんとは
タイプの違いが こちらもくっきり。
フェリペ王子と並ぶと
かなり年上に見えてしまうし
強いメアリー。

フェリペ王子は古川くん
ちょっと歌声 荒れてるかな?
始まったばかりだけど
お疲れなのかな?

巷の噂を聞くシーン
いたずっ子のような
表情が見えたり (笑)
あの旅の衣装の
カボチャパンツが
似合っちゃうんだよね。

禅ガーディナーと
ルナール大使
二人の悪役コンビの
ベスを消せ♪
贔屓目線 炸裂
何回見ても もっと見たいって
なっちゃうの(笑)
猊下の クルクル回りは
ルナール大使のポーズを
見てから 回るので
音に合わせて
2回周りが・・ベストなのか。

3回とも 2回転 (笑)

心臓の具合は
初演時よりも 悪化してるようで
銃を突きつけられて
耐えきれなくて死亡!って
まぁ ある・・のか?(笑)

禅ガーディナー
ベスの暗殺を企てているし
悪い役だけど
ルナールに シレっと
裏切られて 旅先で
亡くなってしまうなんて
一人 とても哀れな役だ。

初演では 男色をにおわす
演出もあったけので
そこまで感じれなかったけど
今回は 傀儡のように
人に沿って生きた人かなと。

メアリーに忠実
宗教に忠実なんだと
思えるし 物語の中で
悪役としての軸だと
勝手に思ってる。

『レディ・ベス』
いつもの如く
禅さんの出演作なので
リピート回数が
跳ね上がってすから

まだまだ 通います! (宣言・・笑)








『レディ・ベス』10・10マチネ

11111.jpg


本日まずは マチネ。
入場時の特典缶バッジは
元基フェリペ!
でも~ 禅ガーディナーなら
もっとよかったなぁ~(笑)



本日のWキャストは
こんな組み合わせ
花マリーに和樹ロビン

11168.jpg

メアリーが吉沢メアリーと
元基フェリペ王子です。

今日のお席は・・・
なんと奇跡の最前席下手、

舞台への小さな階段が
ついているのが
見える席。
ただし 盆を照らす
美しい星のような照明は
まったく見え無い(笑)

男装の花ベスと ロビンが
街に出かけるシーンや
ロビンと3人の仲間たちが
ベスに会うため 旅をするシーン
前方のサイド通路から
最前通路を使う客席降りが
あるので・・・・
ここって胸を肌けた白シャツ衣装
汗ばんでいるのが
分かるくらいの近距離で
ドキムネ(死語だな~)した。
いや ホントに。(笑)

小さな階段を上がてゆく
4人 上がり方もまちまち
段飛ばしで一気にの人
下の方の段は段飛ばしてとか
一段一段 面倒がらずに
上がる人もいる。
なんか ちっさいとこだけど
面白いなぁーて見てた。

花マリー
ちょっとお歌が いっぱいいっぱいな
ところがあるかも。
もともとが 迫力のバズーカ
響かせる人じゃない

いろいろ 細かい改変があり
ベスを慈しむキャット
指導するアスカム

ベスの記憶に残る母
アン・ブーリン
メアリーとの確執

母の死刑執行人の影に
怯えるベス。

民衆の噂
スペイン大使の立ち回り
メアリーの政略結婚
フェリペ王子の
結婚式の時の
メアリーへの視線が
かなり冷たいゾ

投獄される事で
憎んでいた母を
いきなり理解しちゃうのは
ちょっと不思議なままだけど。

なぜ ベスを亡き者に
しないといけないのか?
スペイン大使に聞いて
煽られるガーディナー

二人のシーンは
見ごたえ十分で
目が離せない。

再演は 変にコミカルにせずに
真面目に真面目な悪役っぽい
ガーディナー路線
圭吾ルナールのピシっと
決めるポーズに対抗して
ガーディナー・クルクルは
残してくれて謎に嬉しい (笑)

あの クルクル 数える癖が
ついているから。(爆)

メアリーとベスの
和解のシーン
スーザンが付き添っていたのが
いなくなり
フェリペが様子を伺っていた
シーンも消えた。
二人だけで 本音で話す
シーンに生まれ変わってるね。

父に見捨てられ
母から引き離された二人。

王になるための素地は
アスカムから
母の愛情にかわる愛は
キャットから
恋や 自由を愛する心は
ロビンから 学び
決断の 戴冠式

王冠を頂いたベスと
手前の盆に
一輪のイモーテルの花を
捧げるロビンにスポットが
当たり 幕。

秋の日の 晴れやかな日

再演では ベスがメインのお話が
明確になったようだ








『TITANIC』 禅さん出演決定


もう昨日になりますね。
そろそろ何かあっても良さそうと
思っていた 禅さんの来年のお仕事
3月『マディソン郡の橋』以降
ちょっと間が空きますが

2018年10月 再演決定!
『TITANIC』にご出演と
『レディ・ベス』観劇中に
発表になっってた。

11114.jpg


一年後ですから~(笑)

でも すっかりこのペースにも
慣れっこになってる 観劇オタなので
慌てず騒がすに
スケジュール帖の 10月
行けなくならないよう
片隅に 『タイタニック』と記入。
別予定をあまり詰めないよう
注意が肝心。

今から注意かーいっ(笑)

『レディ・ベス』マチ・ソワ

一日で 2度美味しマチ・ソワ(笑)

同じ演目だと
Wキャストの場合は
大体 両方見られます。

・・・が帰宅が遅くなる(笑)

今の上演期間 13日までは
入場者には 特製缶バッジ
プレゼント。
出演者毎の
種類は 13種

禅ガーディナーが
当たるように願いながら
入場したのですが、
別キャストばかり

思わず 禅ガーディナー
どこ~~~~って
ツイッターで叫んだら(爆)
マイミクさんが 交換してくれました
感謝!



13種あっても
プレゼントされる公演は
7公演しかないので
コンプリートは無理。

ご贔屓さんが入手できるか
どうかも 怪しんなんて
罪つくりな東宝さんだわ。(爆)

『トロイ戦争は起こらない』10・9 マチネ


@新国立劇場中劇場

11090.jpg


出演
エクトール・・・・・・・・・・鈴木亮平 
エレーヌ・・・・・・・・・・一路真輝 
アンドロマック・・・・・・・鈴木 杏 
オデュッセウス・・・・・・谷田 歩 
カッサンドル・・・・・・・・江口のりこ 
パリス・・・・・・・・・・・・川久保拓司 
オイアックス・・・・・・・・粟野史浩 
プリアム・・・・・・・・・・・金子由之
トロイリュス・・・・・・・・・福山康平 
アブネオス・・・・・・・・・野口俊丞 
ビジュリス・・・・・・・・・・チョウ ヨンホ 

薄平広樹 西原康彰 原 一登 
坂川慶成 岡崎さつき 西岡未央 
山下カオリ  鈴木麻美 角田萌果

幾何学者・・・・・・・・・・花王おさむ 
デモコス・・・・・・・・・・大鷹明良 
エキューブ/イリス・・・・三田和代
(敬称略)

四季版・浅利さん演出で見ている作品
当たり前だが 出演者 演出も違い
箱も違いで、まるで別物。

衣装も 簡素というか
地味目だし 舞台セットも転換無しで
台詞だけを 聞かせてゆく。

メインの登場人物以外の
キャストは判別がつきにくい
キャラが立っていないと言うか
こちらが思っているイメージと
違っていて 作品に入り込めず。

花王さんだ
という事は幾何学者ね

こちらはたかおさんだから
デモコスか~

一路さんが出てくると
エレーヌ (ヘレネー)ね

谷田さんは 確かギリシャの
将軍? と忙しく考えないと
いけなくて・・(爆)

セット 衣装のせいも
多分にありそうですが
トロイの国が見えてこない。

購入したパンフレットには
人物相関図もされていたし
以前見ている作品。
ストーリーは把握してるはずなのに
なぜか 地味な舞台に思えてしまった。

終演後 トーク・ショーも
あったけれど 時間的余裕がなく
あきらめて帰ってきちゃったのも
残念。

明日 また 『レディ・ベス』なんで

気を取り直して~ いざ帝劇! (笑)








『レディ・ベス』10・8初日


ソワレ公演
時間的には余裕の会場着。
絶対に 遅刻なんて嫌だし割

こんな写メも忘れずに!
11094.jpg

11092.jpg



入場時には キャンペーン缶バッジ
ガーディナーさん欲しいけど、
頂いたのはかなめキャットさんでした。
次回に期待!(笑)

11091.jpg


さて本編
美しい星座版
斜め盆の舞台が現れ
アスカム先生の説明歌
特に変わってなさそうだけど‥
このシーンに
子役ちゃんメアリー&ベスが
先生のお歌に合わせ お芝居
お歌はなし 母のアン・ブーリン
メアリーの母も登場して
まずは目立つ改変。

歌の説明をさらに
お芝居で見せる念の入れようで
賑やかにはなるけれど
このシーンいる?(爆)
別に歌だけでもわかるよ。

ロビンの ターザンシーン
変わらず
なんか笑っちゃうんだけど。

宮廷での ベスの
母の亡霊に対しての
地獄へ堕ちろ~も
変わってなかった。
相変わらずで引っかかるなぁ


フェリペとの縁談に
メアリーの反応は
以前よりクール


フェリペの出番 少なくなった
アン・ブーリンは
最初のシーンが
逆に増えたのか?

禅ガーディナーと
ルナール閣下の駆けあい
ベスを消せ♪

二人の悪人がすっきりと
描かれるようになっている。
単純になたとも言う?(爆)

ラストの決めポーズ
圭吾ルナール
美味しっと決めて
それをみていた
が0ディナーさん
クルクルと2回転!

あっ ここ
残してくれたんだ~(笑)
またガーディナーさんの

回転数を数えてしまいそう。
音楽の拍数からして
そうそう回れそうもありませんけど
楽しみです。


とても素直に こちらが
敵役ねとわかる作りで
台詞の声も 全体的に 低く
押さえてますね。

赤いワイングラス
緑のワイングラスも出てきた(笑)

ベスを亡き者にしようとした
策略を フェリペ王に邪魔され
追い詰められる猊下

このシーンも シリアス目に
なってたなぁ。

友よ♪ と歌う
ルナールは あっさり冷たく
見殺しにする。

悪に徹してるの一人だけ

ルナールは ドライで
そんなに悪く見えなくなってるので
哀れを誘うガーディナー

まぁ 禅ガーディナー贔屓の
そこをメインに見てるので‥
そんな目線になっちゃうのです。(汗)

短縮版
あちこち削って 足して
時間以内に収めても
説明シーンはそのままだから
説明し過ぎな感じと
スピーディとは違う
駆け足感 あまり深みは
感じられない気がします。


でも 禅ガーディナーの
晴れやかな日♪ ・・が聞けるし~
(そこか?)

ベスを消せ♪が
消えてなかったし

禅ガーディナーは
シングルだから
いつ行っても見られる
歌が聞ける

やはり ・・・この舞台 通います。(笑)





『関数ドミノ』10・8マチネ

開幕を待ちわびた
『レディ・ベス』初日ですが、
初日に多い ソワレ公演
開演時間は 18:00

日中 時間が取れるじゃん?(爆)
という事で『関数ドミノ』

もしかして~次の演目
『レディ・ベス』に
気がとられていて
集中できなかったか‥(笑)
奇跡 ドミノ個体?
HIV・・どう繋がるのか?



出演

真壁薫・・・・・・・・瀬戸康史
左門森魚・・・・・・柄本時生
秋山景杜・・・・・・小島藤子
新田直樹・・・・・・鈴木裕樹
土呂弘光・・・・・・山田悠介
田宮尚偉・・・・・・池岡亮介
平岡泉・・・・・・・・八幡みゆき
大野琴葉・・・・・・千葉雅子
横道赤彦・・・・・・勝村政信
(敬称略)




前川さんの脚本
関数ドミノ2017
再演で 今回
加筆で

ごく普通の若者たちの
会話で 進む舞台

内容は全く予習せずに
行きまして・・
途中で ついて行けなく
なって撃沈しました。

ドミノっって・・・・
特殊能力なんだ。

本人も気づかない内に
自分の望むものを得るために
周りの人たちも
調整されるらしい。
ただし期間限定?

ある見通しの悪い交差点で
起こった交通事故。
横断舗装を渡っていた男に
ぶつかった車のほうが大破。

ぶつけられた男は無傷
車の助手席にいた男が
重症を負った。

説明のつかない交通事故に
保険調査員の横道は
目撃者を集め 話を聞くが

横断歩道の男は
ぶつかった瞬間
透明の箱にでも
守られたようだったと証言が出る。
だから 車のほうが大破したのだと。


仮説と言いながらも
ドミノ理論の話。
そこからのドミノか。

周りに不思議な出来事が
起こって来る・・・・。

淡々と話が進み
不気味な効果音が
場を覆う

暗い舞台に
立ち尽くす 人影。
不思議な世界感があるなぁ。


『レディ・ベス』 帝劇初日!


待っていた『レディ・ベス』
明日開幕!
公式ツイッターでも
ロビー飾りつけがUPされて
いたけれど…ガーディナーさん
かなり奥のほうかな?

舞台は 新曲の追加など
けっこう改変されているような
某記事も見かけましたが・・
禅ガーディナーのシーンは
ほとんど 取り上げられて
なくて ドキドキ
スペイン組の扱いは
どうなってるのだろう?
圭吾さんとのシーン
大好きだったから
変わらないといいな。

シングルキャストになった
アスカム先生の出番も
気になるところです。

そして セリフの不自然さに
ついては 大幅に変わっているのを
期待します。(笑)

メチャ上手さ~♪
なんて歌われてもネ
いつの時代の人さって
突っ込み入れてましたから。

6月『パレード』から
とても長く感じた 舞台の上の
禅さんが見られない日々でした。

いよいよ 明日!
劇場に向かいます。

まぁ ソワレなんで
その前に 別公演マチネ
見てからですけど~(汗)

『髑髏城の七人』~月~



『月髑髏』後期分 チケット戦線
動き始めました。

上弦の月 下弦の月 と
キャストを変えて来たので
どうしても両方見たいなと
前期で それぞれ一公演ずつ
押さえたけれど
後期分が 発売となれば
つい頑張っちゃう。

この 上弦 下弦のシリーズ
一日で両方見るって
わけにはに行かないスケジュール。
お得意の マチソワ攻撃が
出来ないこのキャスケって
悩ましいわ~。

とりあえず 2か所。

こちらで落選の時は
戦略を考えねば。(笑)

クレカ系もこれからのようだけど
先着だからね~、

出来るなら公式さん絡みで
取れると

とても とっても嬉しいんですけど。(笑)

『ライオン・キング』10・6マチネ



@四季劇場 夏

定期演目(笑)
『ライオン・キング』
1998年開幕時当初は
人気沸騰で舞台を
見る事が出来たのは
翌年 5月だった。

19年周年を迎えてさらに
このロングラン
すごいね~と改めて思う。

百々ザズ・・見るの初めてっぽい。
生オケがテープ演奏に代わっても
シンバ役者は、一体何人?
ムファサも ラフィキも
ザズも スカーも ナラも・・・。
でも 会えてないキャストが
いるし~。

今日の会場には
可愛いお客様がたくさん。

幼稚園の団体かな?
おソロの園服でした

ティモンと プンヴァの
掛け合いシーンなど かなり
受けてるて 可愛い笑い声が
聞こえてくる。


本日の出演者
ラフィキ・・・・・・・・・・・・福井麻起子
ムファサ・・・・・・・・・・・・内海雅智
ザズ・・・・・・・・・・・・・・・百々義則
スカー・・・・・・・・・・・・・飯村和也
ヤング・シンバ・・・・・・・鍵山颯君
ヤング・ナラ・・・・・・・・・高坂美都
シェンジ・・・・・・・・・・・・松田佑子
バンザイ・・・・・・・・・・・・大塚道人
エド・・・・・・・・・・・・・・・小田春樹
ティモン・・・・・・・・・・・ 黒川 輝
プンバァ・・・・・・・・・・・ 福島武臣
シンバ・・・・・・・・・・・・ 永田俊樹
ナラ・・・・・・・・・・・・・・ 町真理子
サラビ・・・・・・・・・・・・・森田江里佳

【アンサンブル】
宮野 薫 南 晶人 菊地智弘
飯泉佳一 安斎恵太 平田郁夫
塚田拓也 坂本 剛 沢樹陽聖
二村誠俊 若山展成 玉城 任
菊池貴大

海宝あかね 髙野 唯 あべゆき
守山ちひろ 山西里奈 笠原光希
田村有香理 古田しおり 大石眞由
織田なつ美 井藤湊香 田川光希
(敬称略)

かなり有能な執事さんに
見えますね(笑)

ここのところ
スカーに 歌う曲のダメ出しを
されるザズが
明るい曲で選ぶ曲が
炭坑節♪から
ほんとに ほんとに ライオンだ~♪
このシーンも 笑い声が
大きかったなぁ(笑)


黒川ティモンもしばらくぶり
台詞がとっても 軽くて
自然な感じになってる。

飯村スカー
悪人度が足りないかと
今まで見ていたのですが
今日は 何気に悪そうな
スカーに見えた(ほめてま~す)

ハイエナ・ダンスも
力強くて アレンジしてる人まで
いるみたい。(笑)

なんだかんだと 楽しく
見られる演目
カテコも多かった。

先日 予約したチケットも
届いた事だし
まだまだ定期的に通うだろうなぁ。


検索フォーム
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

いらっしゃいませ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
67位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
俳優
4位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りBlog
Blog開設カウンター
ブログの更新率
月別アーカイブ