現在の閲覧者数: 2018年01月の記事 - hatti元気の素 観劇 ミュージカル
fc2ブログ
プロフィール

hatti (はっち)

Author:hatti (はっち)
石川禅さん応援中!
劇団四季・東宝ミュージカル・・・時には宝塚
観劇大好きなhattiです 

記事に関係のないコメントは
削除させていただく場合が
御座います。ご了承ください。

石川禅さんのお仕事
石川禅さん
これからの予定

舞台******
ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年3月7日~29日
日生劇場
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月4日~14日
skyシアターMBS
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月19日~21日
愛知芸術劇場大ホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月26日~28日
久留米シティプラザ 
ザ・グランドホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月3日~4日(土)
熊本城ホール メインホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月11日~12日
高崎芸術劇場 大劇場
ニック役他

石丸幹二 
オーケストラコンサート2024
石丸幹二
東京フィルハーモニー交響楽団
2024年6月21日(金)
会場:東京芸術劇場 コンサートホール
ゲスト出演

********
Netflix
「モンキー・キング」
声の出演
“竜王"役 吹替=石川禅
2023年 8月19日より配信開始

Netflix
『氷がすべてを隔てても』
声の出演
アイナー役=石川禅 (3/2より配信開始)

Netflix
『サンドマン』
声の出演
第6話 吹替=石川禅

コンサート*******
★『石川禅 6th ソロ・コンサート』
2021年3月20日~21日
よみうり大手町ホール
※公演延期 ※

石川禅さんのプロフィール
FCについては
サイドバーのリンクから
ホリプロブッキング
エージェンシーへどうぞ
禅さんの舞台
石川禅さん次回は % 『COME FROM AWAY』
禅さん 出演公演
Blogランキング参加中です
見たよ 読んだよ ポチっとな!
よろしく お願いします。
2月の観劇予定

■『ハリーポッターと呪いの子』
■『夜は昼の母』
■『ジョジョの奇妙な冒険』
■『アラジン』
■『中村仲蔵』
■『インヘリタンス』前・後編
■『不思議の国のエロス』
■『テラヤマキャバレー』
■『月の岬』
■『骨と軽蔑』
■『ボディガード』
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

『髑髏城の七人~下弦の月~』1・31マチネ

一月ラストの観劇はこちらでした。

『髑髏城の七人』
~下弦の月~
13363.jpg

若いメンバーの下弦の月

今日は撮らなかったので
前回も上げた写真あげときます。(汗)

あっ 千葉さんとか 中村さんいるけどネ (笑)
裏切り渡京さんも 若いっ!
上弦では 粟根さん演じる役、
伊達さん頑張ってて
まったく違う渡京さん。

台詞の間の取り方なども
違うのはあたり前だけど
若さを感じる。

宮野捨之介・・
いい意味で芝居がかって来た。
でも 贋鉄斎とのやり取りなどでは
現代風の軽さはそのままに。

木村・兵庫も
軽さだけじゃない。
おめぇたち! がわんこ状態になって
よしよしと ご褒美なんて
あげるしね。(笑)

中村・贋鉄斎
生き生きと 剣花道に
励んでおられます。(笑)

贋鉄斎の庵
生駒の 逃げながらの
一太刀 マジ取れなかったのか?
捨之介とのやり取り
アドリブっぽかった。

極楽太夫
ちょっと キャピキャピ度が
上がってないか?(笑)

前回が 聖子姐さんで
色っぽかったから、
無意識に比べてそう思うだけ?
いや 嫌いじゃないですけどね。

沙霧で見慣れていて
やっと霧丸に慣れてきたとこで
見納めは ちょっと残念な気もします。


2バージョンある 月シリーズも
本日 MY楽で。

でも~ 極~のチケットも手配済みだけら
それまで しばし IHIステージアラウンド
劇場とも お別れ。

しかし この劇場
最前席と 5列目に座った時以外は
舞台がスッキリ見えた事がなくて
今日は マシな方
前の方の頭が被ったのは
両サイド側で センターは
少しだけ下の方が切れた感じで
見られた。
段差はあるのに 観難い不思議。

化粧室も2回メインで
エスカレーターの設置は無し
これも 劇場としてのポイント低い。

回転客席のために
他を犠牲にしたとしか・・。

今まで 2回も機構トラブルが
あって 一回は途中までしか
見られなかった。
舞台がきちんと見られないのは
ストレス大きいですからネ

~極~シリーズも 3回
行く予定だけど

見易いといいなぁ

それが一番!


2018年2月の観劇予定

明けましてお目出度う御座います
ってご挨拶したばかりの気がするのに
もう 一か月過ぎようとしてるっ!

スタートもゆっくりの1月予定は、
『髑髏城の七人』~下弦の月~まで
上弦の月が 雪の影響で
ちと遅刻はだkつたけど(笑)
あとは見られなくなる演目もなく
無事に終わり。

で迎える 2月
気になる上演作品は少な目?
・・・と思っていたのに
いつの間にか増えていた。 (爆)


2月の観劇予定
■『マタ・ハリ』
■『近松心中物語』
■『ライオン・キング』
■『カラフル』
■『FAN・HOME』
■『アラジン』
■『MUSASHI』
■『ジーザス・C・スーパースター』
■『ビフォー・アフター』
■『ブロードウエイと銃弾』
■『密やかな結晶』
■『モンスターズ・コンサート』
■『アンフェアな月』
■『モジリ兄とヘミング』
■『マディソン郡の橋』複数回
■『シャンハイ・ムーン』


ちょっと毛色の変わった演目もあって
楽しみな2月

四季演目は 予定にあるけれど
宝塚公演が 予定にない。
チケ取れ難いんだよね~~。

3月になれば、 花組『ポーの一族』が
予定にはあるんですが・・(笑)


キャパ的にあまり大きくない劇場での
観劇予定も入りました。

『ビフォーアフター』
『カラフル』
『モジリ兄とヘミング』

そうそう お久しぶりな
『銀河劇場』の予定もあります
キャラメル・ボックスの
岡田達也さんがご出演という
事で 『アンフェアな月』
切れ者の刑事役との事で
プロマイド付のチケットに
しましたよ(笑)


『ビフォーアフター』も
同じくキャラメルボックスの
多田さんのご出演舞台と言うのが
剣劇を決めたきっかけ。
『アジアン・エイリアン』
『他重人格』
先日の『ティアーズライン』と
立て続けに見てるなぁ。
ご縁があるのかも。

そんな事言いながら
『マディソン郡の橋』
今月末には いよいよ
プレビュー公演が始まりますからね
ツイでも お稽古だよ~とか
衣装合わせだったよ~とか
タイタニックのスチール撮りとか
近況の様子を呟いてくれて
期待値 UP UPしてます(笑)


禅さん祭り 開催間近!





四季会報 『ラ・アルプ』

劇団四季 会報誌 『ラ・アルプ』
毎月 ●日に到着しましたって
記事にしてたんだけど‥(笑)

劇団四季 チケ・システム変更
会員区分けが細かくなり
会費の値上げ
紙媒体の会報だけでなく
WEB版も用意された様です。

新システムでのチケ取りは
これから 初体験する予定。

会員割引料金での購入に
枚数制限が始まったり
お友達にORチケットを送付する
方法も少し変更になったり
急遽行けなくなってしまった
チケットの公式への戻しも
紙チケットが可能になったり
かなり大がかりな変更でした。

ネット回線 発売日初日なんて
ちっとも回らなかったものなぁ
新システムになって
サクサク取れるようになる・・
なんてことはないよね(笑)

これからのチケ鳥
まだ その日が来てないので
不安なところもあるのですが
無事に希望日 取れますように!


・・で 会報誌の到着時期は どうなるのか?
これからは、月末までに届かなくても
WEB版を見れば 事足りるでしょ?
と言われそうだけど。(笑)

あっ 今日30日現在
まだ アルプは

届いてませ~~~ん。(笑)




キャラメル・ボックスさんの次々回作

次回公演は 『夏への扉』

震災の時 翌日の『夏への扉』のチケ
どうしても会場に行けずに断念した
作品で、チケも取れて・・・・
ふと気づくと ツイで

『無伴奏ソナタ』再演!だって。

多田さんのクリスチャンは続投
管理社会の犠牲になった
音楽の申し子役
DVDも持ってます
前回公演も観ています。

どうやら 少し キャスト変更も
あるみたいだけど再演は嬉しいな。

問題は日程!
5月16日から5月20日

15日から初日を迎える
『シラノ・ド・ベルジュラック』と
丸被りじゃないですか。
5月15非から 5月30日ですから。
キャラメルさんの公演日程
詳細はわかないけど
20日までに 『シラノ・・・』予定が、
この週だけで 3公演ある!
禅さんが出ていると
思わず チケ申し込んじゃうからなぁ。(爆)

ソワレ マチネ 上手く日程を合わせて
どこかに 予定を入れられるのかな‥(汗)
詳細が分かるのは、 3月のハテナ気象台。

トライアスロン・パス
使えるなら どこか入れなくちゃ!(笑)

『シラノ・ド・ベルジュラック』兵庫公演

兵庫県立芸術文化センターでの
『シラノ・ド・ベルジュラック』公演が
発表になりました。

そして Zさんからの
チケ案内も到着!

全4公演!
どこか遠征出来るかな?

禅さんご出演の舞台
千穐楽公演の見届けは
する気あったのに~~~~。

兵庫公演のスケジュール見たら、
公演時間がかなり微妙です。 (T_T)
13:00開演はまったく ないし。

梅芸さんなら 楽日はだいたい
一公演予定なので、
千穐楽の一公演見て
12時前に帰宅出来るとこだけど
今回は、会場が西宮
梅芸よりもさらに先だしなぁ~。

初日 16:30~
二日目 18:30
楽日が、マチ・ソワ
2公演 11:30 16:30。

終演時間を考えると
日帰り出来ても 終電に間に合うかと
ヒヤヒヤしながらの
地元帰着は、てっぺん超えになりそう。
2日目はさらに時間が遅いしネ
開演 18:30だよ。(汗)

楽日もね
どうせ遠征するなら 2公演とも
見たいと思うと マチネ開演までに着くには
地元 始発か! (爆)

一泊して 3公演見るのか?とかネ(笑)
欲張ったら 大変なことになりそうだ(爆)
かなりの出費になってしまう
遠征は ちょっとの列車の遅れも
怖いし まして初めての会場なら
なおの事です。

楽公演 13:00開演で
一公演だけなら きっと行ったと
思うんだけど‥

ここは、冷静に考えてみよう~。

遠征は無理! 無理!
時間的にも きっと大変だよと
自分に よく言い聞かせて おります。(笑)



『Shakespeare’s R&J 1・28マチネ

@シアタートラム

13387.jpg


厳格なカトリック系学校
男子寮で 学生4人が
夜に 禁断の書 『ロミオとジュリエット』の
本を元に 演じ始める・・・・
ちょっと風変りな舞台でした。



【出演】

矢崎広  柳下大  小川ゲン  佐野岳
(敬称略)

出演者 4人だけ
役名は 学生1 学生2 学生3 学生4

そして 一人が取り出した本を
興味深げに 順繰りに
声に出して読み・・

最初は、本を持った一人のまわりを
取り囲み 読むだけだったのに

だんだん長椅子を動かしてみたり
本も 投げっこをしての台詞になり・・・。
カーテンの影から
顔を出してみたり
赤い布を使って ショール風に使うかと
思えば マント風にしてみたり
ジュリエット役の時は
ロングドレスの代わりに腰に巻く。

学生が 禁止された本を
演じながら読むという設定が
貫かれていますから
授業を受けていた制服のまま
ロミオ 乳母 マーキューシオ
ベンヴォ―リオも出て来て
台詞を 読み継いで・・と言う試みは
面白いと思いましたが
劇中劇が あくまでも
学生4人の台詞だけ
セットも学校の一室で
変化はなし。

『ロミオとジュリエット』の
世界は中途半端に描かれた
印象が残る?
でも 全部通してるんですよね(笑)

ロザラインも名前はちゃんと出て来るし
ジュリエットとの出会い
親の勧めるパリス伯との結婚話
乳母の一人語りでは
笑いも起こっています。
ロレンス神父のもとでの
結婚式も
ティボルトを殺害 追放になる所も
使者が届かずジュリエットが命を
落としたと思い込み毒をあおるシーンも
ちゃんと読まれるんですが、

学生の夜中に遊びで演じる
『ロミジュリ』 それも男ばかりで
作る一幕。
どこをメインに見れば
良いんでしょうね?(爆)

矢崎ロミオ・・他の役も
柳下ジュリエット・・・他の役も(笑)

小川さん 佐野さんも然り。
慌ただしくシーンは移り
休憩なしの2時間、
一気に走り抜けますが
雰囲気は変わらずなので
少し辛い…
途中で少し集中力切れして
しまったのでした。(爆)

パンフ 1500円
見た目は写真集のような
装丁だけど 和綴じ風

パンフも少し変わってる!




『天は赤い河のほとり』@宝塚宙組

コミック 確か全28巻だったと思う
さらに番外編もある長い物語。

”王家の紋章” と似た設定だった
記憶があるけれど‥
どのあたりを舞台に
持ってくるのかな?
宝塚さんはその辺お上手だし
見たいなぁ

チケット取れたら コミック
読み直してみようかな。

問題はチケットが取れるかどうか。

東京公演のチケが 動き始めている。
一番早いのがクレカ系貸切公演。
日程が決められるので
行ける日なら申し込んだ方が
チャンスが広がる。

当選しましたメール 下さい!
待ってます。(笑)




『ジキルとハイド』歌唱披露


『ジキルとハイド』
制作発表
歌唱披露の動画を見た。

嘘の仮面♪
あんな人が♪

なんだろ? ピアノだけだから?
迫力がなくて~

玲奈ちゃん
前回のエマ役がイメージが
こちらに残っていて
なんか違う気がしてしまう。

曲は聞こえていても
飛びぬけて聞こえていた
禅さんの声がないのが
寂しい。

二桁見に通った前回公演だけど
今期はかろうじて 2公演。

『マディソン郡の橋』の公演中なので・・・
そちらで予定が埋まっちゃったの(爆)

『秘密の花園』1・25マチネ

13380.jpg


@東京芸術劇場シアターイースト


うん 唐十郎さんだね(笑)

コクーンでの上演で
拝見した作品が多いように思う
『ビニールの城』は 抽選先行で
落選 そのままチケ取れなかったっけ

この作品は、1980年に本多劇場の
こけら落とし書下ろしですって。
舞台に組まれたセット
何かを思い出すなぁと
思ったら『クヒオ大佐の妻』の
舞台セットとどこか似ているんだ~。


出演
いちよ/もろは・・・・・・・・寺島しのぶ
アキヨシ・・・・・・・・・・・・柄本佑
かじか・・・・・・・・・・・・・・玉置玲央
千賀・・・・・・・・・・・・・・・川面千晶
医師・・・・・・・・・・・・・・三土幸敏
女・・・・・・・・・・・・・・・・和田瑠子
中年男・・・・・・・・・・・・・福原充則
殿・・・・・・・・・・・・・・・・・池田鉄洋
大貫・・・・・・・・・・・・・・・田口トモロヲ
(敬称略)

13379.jpg


日暮里にある安アパート
キャパレーで働く いちよと
ポン引き・大貫の夫婦
そこへ 若い男アキヨシが
入り浸りになって 2年
なんの見返りのないまま
アキヨシはイチヨに
給料もほぼ渡してしまっていた。

あの森
坂の上のあの森…
二人だけに通じる何かが
ありそうな?
夫もこの状況に慣れてしまい
アキヨシの給料袋を狙う。

いちよのつとめる店の 殿
いちよに言い寄る
殿の甥っ子のかじかの
狂乱ぶりも激しい
不可思議な人間模様

ある日 アキヨシに転勤の話。
そして いちよの懐から抜け出せない
アキヨシに 急な転勤命令。

その話を聞いたいちよは
首を吊る・・・

いちよとアキヨシ
そして大貫
おとなのお伽噺のような
何とも奇妙な作品。


前方席には休憩時に
防水シートが配られる。

2幕 雨振りのシーンから
始まる

寺島さん二役の もろはも
登場して さたお話がどこへ
転がって行くのやら
まったく読めない~。

お部屋の中に、船まで
持ち込んで来るし~

唐十郎さんの あの世界に
あの芝居空間に
連れていかれました、

寺島さん いちよ と もろはの
演じ分けが見事だし

柄本さんの生真面目さが
見えてくる アキヨシ

芝居中・・素で噴き出す
シーンもあったような?(笑)

田口さん
惚けた生き様の大貫だった。

玉置さんの ぶっ飛んだかじか
池田さんの 殿
2幕は 水に濡れながらの
熱演で 防水シートは必需品です。

終演後 ちょっと ぼ~~として
現実に戻るのに時間かかったわ。(爆)





『シークレット・ガーデン』貸切公演

石丸さん×花總さんご出演の
『シークレット・ガーデン』

子供の頃に読んだ事のある
『秘密の花園』 のお話が
元らしい。
コリン メアリー(Wキャスト)も
マーサ(昆)も デュコン(松田)も
キャスティングされてるし。

ただ ミュージカルでは
伯父である アーチボルトと
リリーがメインになるとも
言われているらしいので
ミュージカル作品として
生まれ変わる『秘密の花園』
なんだと思う (笑)
楽曲ともに素敵な舞台が
見られるのでは・・・と今から楽しみです。

禅さん ご出演ではないけれど
気になる公演だったので
チェックしていたら
某クレカ系で 半館貸切公演の
先行先着開始だって。

コリン役 メアリー役の子役ちゃん
Wキャストなど キャスケはまだ不明でも
まずは 一公演!

半館貸切公演なので
日にちは選べないけど、
流石に6月はまだまだ余裕(笑)
行ける日だったので
早々と押さえてしまった。

あと半分は別のところの
募集が かかるのね。
お席は 中通路より前が確約。

東宝ナビザさんでの抽選先行は
3月になってからの受付開始で
当選確率がと~~~~っても低いので
あちらで取れる気がまったくしないから、
こちらで申し込むのさ。(笑)

『TERROR ~テロ~』 1・24マチネ


@紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA


舞台上に並ぶ5脚の椅子
途中 廷吏が 上官のため
水差しを運んできたりしますが、
余計なセットはなし

裁判長 入廷します と
廷吏の言葉に
入ってくる裁判長
暗幕をくぐって出て来たり・・・。

ドア一枚欲しかったなぁ~と
そんな余計な事考えて
しまったほど何もない。(笑)


『テロ』 と言うタイトル
そして 森さん演出で
どんな舞台が生まれるのか?
ワクワクしながらの観劇

お席も 昨日のように
舞台が見えないという
アンラッキーにも当たらず
ストプレなので セリフを絞られると
聞き取り難いところはあったけれど
引き込まれましたよー。
13375.jpg


ストーリー
ハイジャックされたルフトハンザ機には
164名の乗客

犯人は、この飛行機を
7万人が集まるサッカースタジアムに
落とし注目を浴びようとしていた。
このままでは 大惨事を招いてしまう。

事態を解決しようと
軍から招集された優秀な
空軍士官

上司の命令に逆らい
サッカースタジアムにいる
7万人の命を救おうと
ハイジャックされた飛行機を
自らの判断で ミサイル撃墜したのだ。

罪のない 164名の生命を
奪ったと この法廷での
裁判劇となる。

・・・・と前知識を仕入れていったら
開演と同時に現れた
今井・裁判長が一言、

今は、すべて忘れてくださいっ!

まっさらな状態で 舞台からの
情報で 評決をお願いしたいって
言い出しました。(笑)

観客が 参審員という立場で
舞台上で行われる裁判に
参加し 評決を下す。

『TERRO~テロ~』


演出 : 森新太郎

出演
弁護人・・・・・・・・・・・・・・橋爪功
裁判長・・・・・・・・・・・・・・今井朋彦
コッホ少佐・・・・・・・・・・・ 松下洸平
フランチェスカ・・・・・・・・ 前田亜季
ラウタ―バッハ中佐・・・・ 堀部圭亮
廷吏・・・・・・・・・・・・・・・ 原田大輔
検察官・・・・・・・・・・・・・・神野三鈴
(敬称略)



裁判長の静かなせりふから
弁護人 監察官
証人による それまでの状況など
詳しい事件内容が
暴かれていく。

164人の乗客の中に
夫がいて 命を奪われたと
主張する妻もいる
涙ながらに 残された娘の事
そして 他に方法が
なかったのかと訴える。

人の生命が
人数で 天秤にかけられていいのか

その人数はどんな尺度で
決まるのか?

非常時であれば 止むを得ない
7万人の命を救った

164人の命を奪ったからと言って
決して犯罪ではない

弁護人 検察官の
証人尋問などから
二転三転・・・
どちらが正しいのかを
判断しろと 観客に迫って来る。


コッホ少佐が犯罪を犯すような
人物ではなく
優秀なエリート・コースを
歩いてきた人物だと
証言の中などで明らかにされ
判断力にも優れ
事態のに認知力も高い。

いや たった一人だからと
見捨てられる生命など
どこにもない

人として生きる上で
何が大事なのか?

被告人である
コッホ少佐の思いも
検察官の質問に答える形で
語らせます。

ハイジャックされた飛行機の
中の様子は 見えなかったと



軍人として信じる正義を
信じて7万の人命を守るため
撃墜したと
今もその正義は変わらない
そう答えるコッホ少佐に
もし乗客の中に
コッホ少佐の 妻子が
乗っている事があったとして
それでも あなたは
撃墜したのか?と
鋭く詰め寄る検察官。

一つ 一つのセリフに
観客側も気が抜けない(笑)
あとで 評決を下さなくては
いけないのですから。


休憩を入れて

神野・検察官の 最終論告

橋爪・弁護人の 最終弁論

そして 観客・参審員の
評決のため 10分の
議決タイム。

この間に 観客たちは
入場時のチラシと一緒に
渡された赤い用紙を
有罪・ 無罪 の箱に投票、

その票数で 本日の
判決が 下される、

本日は 無罪という
判決でした。

裁判長は 無罪とした
理由を語ります。


日によっては 有罪
その判決の日には
有罪とされた理由が
述べられるのでしょう。

台詞の中で
参審員に 問うのです。
皆さん 考えてみてください。
過去にも このような事件が起き
このような判決が出ているのです。

検察官は あの事件を例に
出したが 一方で この事件では
こんな結果だったのだと
例えを出して互いに正当性を語る、

この 検察官の 応酬は
見応え 聞き応えあります、


有罪 無罪 どちらも正当だと
思えて来る
時代性と世論
国家の在り方 軍の特殊性などで、
結果が変わって来るのでは?

つまり 正解が出ない深い問題を
舞台に載せた。

日によって 有罪・無罪と
判決が変わるのも
そのことを表している気がいる。

もう一度見たら
本日とは また違う
結果を投じるかもしれないからね。







『髑髏城の七人』~上弦の月~1・23マチネ


@IHIステージ・アラウンド・TOKYO
12:30開演

昨日の雪で 一面の銀世界
裏道などは 降雪そのまま深くて
車が出るかどうか。
タイヤ・チェーン どこにしまったっけ?(爆)

時間を見ながら・・・
もうこりゃ歩いた方が時間読めるかもと
雪道を 出発。
いつもの駅より一つ手前の駅まで
約一時間かかりましたが
乗ろうと思っていた電車 10分遅れ。
これに乗れれば 間に合う筈と
乗り込んだけれど 乗換駅が満線のため
停止信号で止まりながらの ノロノロ運転
乗り換え線は さほど待たされずに
乗れゆりかもめに乗り換え
結局 12時30分に市場前駅。

朝食抜きなのに
お昼もOUTだわ。

スタッフさんに案内されて
入場は 天魔王の
後ろの鎧が踊りだして終わるあたり。

捨之介のあの荒地での
おにぎりで鉄軌兵を釣ろうと
見せて 霧丸を 髑髏党に
差し出す 裏切り渡京さんは
しっかり見られましたけど~

サイドブロック後方席で
おやおや 斜め前の若いお方
軽い前のめりが定位置ですか。

そしてその前の方が被るらしく
首ふりが激しい。
横から覗く感じでオペラ使ってると
突然真っ黒になります。
センター部分で、お芝居されると
まるで見えやしません。

無界の里の あの門が
すっぽり隠れますから
役者さん然りデス。(爆)

聖子姐さんの 極楽大夫の
お歌サービスも
見えませんでしたね。

仕方なく お声だけ聴くと言う・・・(爆)

一幕終って 何も口にしてないと辛いので
特製あんぱん と期間限定アイス(笑)
13364.jpg

この撮影も 幕間に (笑)
13363.jpg

席に戻り際 スタッフさんに
見え難いんですが…とご相談
二幕 開幕前に 目の前で
前のめり 首振りのご注意アナウンスを
してくださったので
2幕前半は 一応 背もたれには
注意していたらしいのですが
首振りは相変わらず・・

少しは見られるかと
思っていたら 途中から
戻りました。(爆)
無意識なのかも。

舞台見えないから
こちらも集中出来ず
ラスト近くまで そのままなので、
思い余って 肩をチョンと。

それで 直してくれたのですが
もう そこからは すぐカテコだし
一回のカテコ後には
さっさとお帰りになられました。

突然 視界はよくなったのですが・・
もうカテコだし(爆)

捨之介 天魔王 蘭兵衛さん
霧丸 兵庫まで
皆さん 生き生きと
演じていて 役に馴染んでる来てる。

そうは思ったけれど 舞台が
見えないと 当然入り込めないから
こんな感想になってしまった(汗)


いい舞台を見た!と
思えないまま 開場を後に
するのは勿体ないけど
前方席に当たっても
見難いと思ったし
あの会場の作りからして
観客に優しくないから
仕方ないね。

『ひかりふる路』1・21マチネ

~マクシミリアン・ロビスピエール~

@東京宝塚劇場
13333.jpg

13327.jpg


11:00開演なんです。

早い!(笑)
宝塚&歌舞伎 によくある上演時間
他の公演と マチソワ組み難いったら
ありゃしない。(爆)

頑張って 10:15分頃には
劇場に着きました
この時間だと お店もまだ開店前
昼食にも早いので 幕間で食そうと
サンドイッチも忘れず買って来た。

主な配役
マクシミリアン・ロベスピエール・・・・・望海 風斗
マリー=アンヌ・・・・・・・・・・・・・・・・・真彩 希帆
ジョルジュ・ジャック・ダントン・・・・・・・彩風 咲奈
タレーラン・ペリゴール・・・・・・・・・・・夏美 よう
カミーユ・デムーラン・・・・・・・・・・・・沙央 くらま
ルノー夫人・・・・・・・・・・・・・・・・・・・梨花 ますみ
マリー=アンヌの母・・・・・・・・・・・・・舞咲 りん
オランプ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・舞咲 りん
ルノー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・奏乃 はると
クレール・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・早花 まこ
テロワーニュ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・沙月 愛奈
ポーリーヌ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・千風 カレン
ジャン=マリー・ロラン・・・・・・・・・・・・透真 かずき
マノン・ロラン夫人・・・・・・・・・・・・・・・彩凪 翔
ジョゼフ・フーシェ・・・・・・・・・・・・・・・真那 春人
ジョルジュ・クートン・・・・・・・・・・・・・・久城 あす
ルイ=マリ・スタニスラス・フレロン・・・煌羽 レオ
ブランシュバイク公・・・・・・・・・・・・・・煌羽 レオ
ルイ・アントワーヌ・ド・サン=ジュスト・朝美 絢
イザベル・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・愛 すみれ
ジャック・ピエール・ブリソ・・・・・・・・・桜路 薫
マリー=アンヌの父・・・・・・・・・・・・・桜路 薫
ジャン=ランベール・タリアン・・・・・・・天月 翼
コロー・デルボワ・・・・・・・・・・・・・・・・橘 幸
モーリス・デュプレ・・・・・・・・・・・・・・・橘 幸
ガブリエル・ダントン・・・・・・・・・・・・・・朝月 希和
モニーク・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・妃華 ゆきの
ピエール・ヴェルニョー・・・・・・・・・・・真地 佑果
鳥売り・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・華蓮 エミリ
フィリップ・ル・バ・・・・・・・・・・・・・・・永久輝 せあ
ビョー=ヴァレンヌ/ルイ16世・・・・・叶 ゆうり
オーギュスタン・ロベスピエール・・・・綾 凰華
エレオノール・デュプレ・・・・・・・・・・・星南 のぞみ
フランソワ・ビュゾー・・・・・・・・・・・・・・叶海 世奈
デュムーリエ将軍・・・・・・・・・・・・・・・鳳華 はるな
マリー=アンヌの妹・・・・・・・・・・・・・夢乃花 舞
ダヴィッド・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・諏訪 さき
新聞売り・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・諏訪 さき
ポール・バラス・・・・・・・・・・・・・・・・・陽向 春輝
シャルロット・ロベスピエール・・・・・・・野々花 ひまり
リュシル・デムーラン・・・・・・・・・・・・・彩 みちる
アニエス・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・桜庭 舞
フランソワ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・眞ノ宮 るい
フランソワ・アンリオ・・・・・・・・・・・・・・縣 千
(敬称略)

雪組さん トップが変わって
組子さんも全然覚えて
いないので人物認識に 一苦労。

しかし 1789など
ロベスピエールや
ジャコバン党の出て着る
作品はいくつか拝見しているので
相関図は なんとなく頭に入っているので
役名で呼ばれるとわかる。(笑)

ロベスピエールの革命への
燃える思い
その理想への行く先が
希望へと繋がらず・・・・。

何のため生きるのか?

友の諫めも届かず
死を目の前にして
初めて愛を見つめることが
出来た彼が 舞台上で
生きていました。

短い上演時間の中に
よくぞ詰め込んだなって
思います。

休憩後のショーは、

SUPER・VOYAGER

客席降りがあり
ブルー系の可愛いボンボンを
持って客席を巻き込み
踊ります。
この振り 実はネット動画で
レクチャーしてくれてるので
チラっと見ておきました。(笑)

だけど~ 今日のお席が2F席で
ポンボン持ってる人
ほとんど見えなかったし
通路に来てくれる
組子さんたちも遠いし~で、
手元で ちょっとだけやっておしまい。(笑)

舞台のショー
煌びやかだけじゃなくて
振りの雰囲気が ちょっと
いつもと違う感じがしたなぁ。

もちろん ロケットとかは
いつもの宝塚で衣装も
キラキラ・フリフリ。
でも 男役さんのダンスが
すこしジャニ風味?
ジャニ舞台って
滝沢歌舞伎しか
見てないから 分からないけど
TVで見たりする ジャニ系の
彼らのダンスに似た何かが
見えたみたい。








『黒蜥蜴』1・20ソワレ


池袋から 『メトロに乗って』
永田町 通過~

20日は深夜
『メトロに乗って』再放送だなぁと
帰りは遅くなっても大丈夫なように
録画予約はしっかりして
お出かけだけど ここ通るんだった(笑)

その前に、『黒蜥蜴』
中谷×井上×成河

13329.jpg



こちらもキャスティングに
ワクワクさせてくれる。
ちょっと心配なのが
ルヴォーさんの演出。


緑川夫人(黒蜥蜴)・・・・・・・中谷美紀
明智小五郎・・・・・・・・・・・・井上芳雄
岩瀬早苗・・・・・・・・・・・・・・相楽 樹
家政婦ひな・・・・・・・・・・・・朝海ひかる
岩瀬庄兵衛・・・・・・・・・・・・たかお鷹
雨宮潤一・・・・・・・・・・・・・・成河

一倉千夏 内堀律子 岡本温子 加藤貴彦
ケイン鈴木 鈴木陽丈 滝沢花野 長尾哲平
萩原 悠 松澤 匠 真瀬はるか 三永武明
宮 菜穂子 村井成仁 安福 毅 山田由梨  
吉田悟郎 (敬称略)

ダンサー:小松詩乃 松尾 望 (50音順)



三輪×高嶋兄の『黒蜥蜴』も拝見したの
2008年 10年前なのに
あの舞台の印象がとても強いし、
まったくの別もの『黒蜥蜴』
花組芝居さんの2Verを拝見したばかり。
あれもインパクトあったわ~(笑)

・・・・ですが、こちらも
新しい『黒蜥蜴』でした。
演出は心配したほどでなく
割とオーソドックスでホっとしたりしてネ。
ルヴォーさんの演出にはついて行けない事が
時折あるので‥(爆)

緑川夫人
三輪さまの 濃くて怪しい
女王様だけではなく
美しくて脆くて 哀しい
『黒蜥蜴』でした。

井上・明智
緑川夫人を出し抜く
鋭さはあまり見えないかも(爆)
とてもカッコ良い明智さんは、
松吉になってても
すぐわかっちゃう(笑)
素の井上クンが見えたような・・・


成河さん雨宮。
雨宮は 小悪党の筈だからか
大人し目の役作りかな?

もっともっと演ってと思ってしまう。
黒蜥蜴に惹かれ 生き人形に
されたなら 思いが成就するという
シーンなどは 流石。

生き人形にされる為
緑川夫人に囚われた早苗と雨宮。
取り囲む檻はスターウオーズの
フォースの剣か?(爆)
光を放つ。

擦りガラスの影に
蠢く人の中に
井上・明智もいたけど
あそこの意味が
救い取れなかった。

13326.jpg





『偽伝写楽 2018』 1・20マチネ

@東京芸術劇場
プレイハウス

13330.jpg


出演
斉藤十郎兵衛・・・・橋本さとし
おせい・・・・・・・・・・中川翔子
喜多川歌麿・・・・・・小西遼生

浮雲・・・・・・・・・・・・壮 一帆
与七(十返舎一九)・・栗山 航(Wキャスト)
(東山義久)
鶴屋喜右衛門・・・・・・池下重大
鉄蔵(葛飾北斎)・・・・山崎樹範
太田南畝・・・・・・・・・吉野圭吾

蔦屋重三郎・・・・・・・村井國夫

おくき・・・・・・・・・・・中村美貴
おうい・・・・・・・・・・・華耀きらり
おるみ・・・・・・・・・・・大月さゆ
中山富三郎・・・・・・・染谷洸太
蔦屋手代・・・・・・・・・馬場亮成
市助・・・・・・・・・・・・・岩橋 大
(敬称略)


2010年公演のキャストから
続投の方も 変わられた方も・・
8年後の再演ですものね。

13331.jpg


当時の上演会場 青山劇場も
いまは閉めてるし

ふわふわと現実味の感じられなかった
おせい役
大和悠河さんから 中川翔子さんへ。
とっても幼い印象なのに
十郎兵衛や鉄蔵相手の
きわどい台詞もあって
そこ ちょっと違和感だったけど(笑)
絵の事しか頭にないと言うおせいに
説得力を持たせているのかも。

浮雲役 ソニンさんから 壮さん。
狂気すら見えた気がしたソニン浮雲より
世間慣れしていて諦めも見える。
まるで違う浮雲さんで
心中までの流れが・・
ちょっと 急な展開に
思えるかもしれない。

小西さん続投の 歌麿
冷静で世渡り上手
醒めた目が・・似合う!(笑)

岸さん演じてた 不器用な
イメージの 武士・太田役
岸さんからバトンタッチの圭吾さんに
なると 軽いお調子者の人物に
変って見えます。

蔦屋重三郎に
渋い 村井さん!
前回公演の 山路さんも
渋くて 良い歌声だったけど
村井さんの歌声も良いなぁ~
歌うシーンが
思ったより多くて 嬉しい
山路さんの時・・
こんなに歌ったっけ?(笑)
村井さんが出て来ると
舞台が締まる感じがする。

衣装も色彩豊か。
差し色の利かせ方や
使い方・・が好み。

舞台セット
背景に 浮世絵が
使われ 和凧や てまりなどが
浮いていたり。

和ミュージカルと言うとおり
音楽も 笛・和太鼓などが
使われ チョーンと木が入ります。

演出は 河原さんだし
脚本 中島かずきさんだもんね
納得!

絵を描く事に
取り憑かれたおせいを
解き放つ十郎兵衛に泣かされたよ。
仕込み短剣の仕掛けは
忘れてたけど~~

読めた。(笑)

いつもは胡散臭い さとっさんが、

とっても男前だっ!(笑)




宝塚宙組『ウエストサイド・スト‐リ‐』1・19マチネ

あちこち申し込んで
やっと滑り込みで取れたチケ
3Fの最後列。前のめりになっても
迷惑かけないお席。(笑)
宝塚版は 初見です。

でも 以前別公演で S席取ったのに、
3Fの最前列が来た時よりも
かえって見やすい。(爆)
あの時は 目の前にある
手摺りが 舞台前方に被って
しまってストレス。
S席値段なのに 舞台見えないって
楽しめず帰ったから。

今回はお値段もお安いし
遠いけど視界はかえっていいわ~(笑)
でも 用意してる オペラ・グラス
使っても 表情は見え難い。
オペラ使いすぎると全体が見えない
会場のせいか 台詞も
響いて聞き取りにくい気がする。



出演
トニー・・・・・・・・・・・ 真風 涼帆
マリア・・・・・・・・・・・ 星風 まどか
ベルナルド・・・・・・・ 芹香 斗亜
ドク ・・・・・・・・・・・・ 英真なおき
シュランク・・・・・・・・ 寿 つかさ
ロザリア・・・・・・・・・・ 花音 舞
ヴェルマ・・・・・・・・・ 綾瀬 あきな
クラプキ巡査・・・・・・・ 松風 輝
ビッグディール・・・・・・星吹 彩翔
チノ・・・・・・・・・・・・・・ 蒼羽 りく
グラツィエーラ・・・・・・ 結乃 かなり
ディーゼル・・・・・・・・・ 風馬 翔
ペペ・・・・・・・・・・・・・・ 美月 悠
エステーラ・・・・・・・・・ 愛咲 まりあ
スノウボーイ・・・・・・・・ 春瀬 央季
リフ・・・・・・・・・・・・・・ 桜木 みなと
インディオ・・・・・・・・・・ 実羚 淳
アニータ・・・・・・・・・・・ 和希 そら
コンスエーロ・・・・・・・・ 瀬戸花 まり
ベイビージョン・・・・・・・ 秋音 光
アンクシャス・・・・・・・・・ 秋奈 るい
テレシータ・・・・・・・・・・ 小春乃 さよ
グラッドハンド・・・・・・・・ 穂稀 せり
アクション・・・・・・・・・・・ 瑠風 輝
エイラブ・・・・・・・・・・・・ 潤奈 すばる
シャークスの男・・・・・・・ 希峰 かなた
ジェッツの男・・・・・・・・・ 優希 しおん
シャークスの男・・・・・・・ 愛海 ひかる
シャークスの男・・・・・・・・琥南 まこと
ジェッツの女・・・・・・・・・・雪乃 かさり
ジェッツの男・・・・・・・・・・鷹翔 千空
シャークスの男・・・・・・・・真名瀬 みら
フランシスカ・・・・・・・・・・水音 志保
シャークスの女・・・・・・・・・花宮 沙羅
シャークスの男・・・・・・・・・風色 日向
ジェッツの女・・・・・・・・・・・夢風 咲也花
エニボディーズ・・・・・・・・・夢白 あや
ジェッツの女・・・・・・・・・・・栞菜 ひまり
ジェッツの男・・・・・・・・・・・碧咲 伊織
ジェッツの女・・・・・・・・・・・有愛 きい
(敬称略)

いつもの 宝塚のタイム・スケジュール
25分の休憩含み およそ3時間。

13291.jpg

何度も見ているのは 四季公演、
演出は、あまり変わらない印象。
今日も聞き馴染み・・

キャラの色付けが・・弱めに感じる。
ダンスも 綺麗に踊っていて
優しい。
この印象は 今日のお席にも
よるのかもしれないけど
細かい部分が見えないのは
やはり 芝居の味わいは
薄まってしまうと。

シュランクさんや
クラプキ巡査も もっと目立つ
役に思えるんだけど
印象が薄い。

英真さんドク
独特の雰囲気もってて
いいなぁ~(笑)
やはり近いお席で見たい
S席取れるよう がんばるしかないか。(笑)




『アンチゴーヌ』1・18マチネ

@新国立劇場 小劇場
13273.jpg
中劇場へ向かう階段にはこんな風で
思わず パシャリ
13274.jpg

小劇場 これまで いろいろな形態に
変化したステージがありましたが
今回は アクター・スペースは
十字架の上!

それも 使われるのは縦長の部分が
メインとなり 横十字の部分は
捌ける前の 立ち位置だったり・・

その立っている時は
本日のお席では
お隣のお客様に被って
演者の方が 見えない
シーンがあったのが残念。

出演
アンチゴーヌ・・・・・・・・・・・・蒼井優
クレオン・・・・・・・・・・・・・・・・生瀬勝久
乳母/コロスB・・・・・・・・・・・・梅沢昌代
イスメーヌ/コロスC・・・・・・・伊勢佳世、
衛兵・・・・・・・・・・・・・・・・・・・佐藤誓、
エモン/第二の衛兵・・・・・・・・渋谷謙人、
伝令/第三の衛兵・・・・・・・・・富岡晃一郎
プロローグ/コロスA・・・・・・・・高橋紀恵、
小姓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・塚瀬香名子
(敬称略)

目の前に位置する場所に
王の椅子?
生瀬クレオンが座る事が多い。

対する 縦十字の奥まった場所に
置かれた椅子は‥
装飾も控えめ。

細いアクター・スペースの上では
収まらず アンチゴーヌも
クレオンも
客席 最前列を 台詞を言いながら
歩いてゆく事もある。

十字架形の舞台なので
四隅 Aブロック Aブロック
Cブロック Dブロックに
客席が振り分けられて
面白い視界ではありますが
どの位置に座っても
見えない場所はありそうな
ステージでした。
購入したパンフによると
十字架の上・・ではなく
交差点 人の交錯する道らしい。

浦井クンと蒼井優さんが出演された
『あわれ彼女は娼婦』でも
赤い十字架の形の照明を
思い出した。


ストーリー
王位の争いから
生命を落とした兄弟
イスメーヌ アンチゴーヌの兄たちだが、
現王のクレオンが
治世のため 兄一人だけを
手厚く弔い 弟は反逆者として
野晒しの刑とした。

妹のアンチゴーヌは、
姉のイスメーヌ 乳母の
静止も聞かず
王に逆らい、野晒の刑に処せられた
弟の弔うため一人訪れ 衛兵に囚われてしまう。

兄を弔う事を許さない王クレオンに
どんな説得をされても首を振らず
命さえも、投げ出すアンチゴーヌ

王となったために
自由を奪われたクレオン
権力の前に 流され疑問を
持たない者もいる。

精神の自由
王が失ってしまったもの。
生命をかけてもそれを
守ろうとするアンチゴーヌ

二人だけの会話劇となる
シーンが 熱い。

アンチゴーヌは
クレオン王の息子エモンと
婚約をしており
アンチゴーヌの
生き埋めの刑の執行に
彼女と共に エモンも紛れ込み
その命を絶ち
その知らせを聞いた 王妃もまた
息子の後を追ってしまった

一人残されたクレオンだけが
生き続ける。

とても近い位置で
生瀬クレオンが台詞を発すると
頭の上から 声が降って来る。(笑)
深く響く 心地良いお声。

衣装は チラシと違い
スーツタイプの現代風でした。

アンチゴーヌは 生成りの
シンプルなドレス。
纏めていた髪を
処刑時には 乱れ髪
バサっと下して登場。

伊勢さん 梅沢さんも 皆さま
芝居のピースとしてハマり
存在感あるけれど
中の二人が濃過ぎた~!(笑)



森山開次 『サーカス』再演

来年5月!
ミュージカル公演のチェックは
かなりマメな方?(笑)

あちこち見てると ミュー以外でも
時々、気になる公演が飛び込んで来るので
チェックリストが大変な事に。(笑)
森山さんの 『不思議の国のアリス』
面白かったし~
大変と言いながら リスト・インな
作品はこちら

新国立劇場 開場20周年記念
森山開次「サーカス」
2018年5月19日(土)~5月27日(日)


moriyama Kaiji "Circus"
小劇場

入れてみたのは 良いけれど・・・
チケットが買えると良いなぁ。

『TENTH』1・15マチネ


タイトルに入っている3演目
すべてに足を運び・・・
『TENTH』も3週とも 観たいと
思ったけれど
チケットは取れず (爆)
13240.jpg


唯一取れた一枚が 本日公演でした。
第二部で 歌われた曲たち
『GOLD』 『ブラッド・ブラザーズ』から
これは初演 再演とも拝見
『アンナ・カレーニナ』からも
こちらも初演・再演共に拝見。
なんならDVDまで ありますから~。

しかし 『ニューブレイン』も含め
リピはしていないからか
曲が新鮮というか目新しい感じ。(爆)

『GOLD』はTV放送されてるから
DVDにも落としてるのに・・・見直さない。
見直す暇がないというのが
正解かも。

第一部 『ニュー・プレイン』
見ているはずなのに・・
ほぼ 忘れてます。(爆)
『ブラッド・ブラザーズ』の方が
少しだけシーンが思い浮かぶ。

初風さん 樹里ぴょん
達者だし 畠中さんは
いい声でやはり上手いなぁ。

チケットは取れなかったけど
『天使はこの森でバスを降りた』の
方が 好みに合っていた舞台なのかも。

藤岡クン&万里生クン二人の
ブラッド・ブラーザーズコーナー
お菓子を持って来て
藤岡クンに食べさせるコーナーに
なってるようで お菓子は
日替わり。
今日は シュワシュワするグミで
藤岡クンのお口がいっぱいないなり
袋を取り上げた藤岡クン
残りを全部 万里生っちのお口に!

二人で モグモグ!
トークが出来ない状況に。

上手くしゃべれないまま
すこしお待ちくださいを
繰り返す 藤岡クン
万里生っちの方が少ないんだぞ~
って言いながらモグモグ。(笑)

頑張って食べ終わった万里生ッちが
話出すと・・会場から拍手が!

短い髪を金髪にして
すこしだけ 分け目が入ってる
モンチッチで 安蘭さんコンの時
言われてたけど
可愛い モンチッチだった。(笑)

藤岡ミッキー
貧しい子の役ばかりって自分で
言ってたけど どう見てもガキ大将の
雰囲気をまとってますよ。
お金持ちのお坊ちゃまには
無理があるのかもネ (失礼っ!)

伊礼さん
『アンナ・カレーニナ』からの曲
再演で ヴロンスキーだった
貴公子ぶりを発揮してました。
トークになると 毒舌が
チラっと聞こえてきますが、(笑)

新妻さんとは
『ゴールド』で弟役で共演
その後 『王家・・・』では兄役
姉だ 妹だ・・と混同してきたようで、
キッパリ 妹は『王家・・・』だから
・と言われてた。(笑)

歌われた曲の本公演
『トゥモロー・モーニング』も
『キャッチ―・ミー・イフ・ユー・キャン』も
全部見てるやん。(笑)
13242.jpg



シアタークリエ
10年の公演 壁に掛けられた
ポスターを見ると
結構拝見しているなぁを
灌漑深いものがあります。

ほんと、 週替わりの全部
拝見したかったなぁ。



『お願い 編集長!』@Eテレ

昨日 禅友さんたちとの
新年会

牡蠣 ・海産物食べ放題コース。
他にも いろいろ 食べ放題

おしゃべりに花が咲き
今年もよろしく~と、(笑)
お会いできた皆さま
楽しい時間 有難う御座いました。
幹事さん お骨折り有難う
御座いました。

そこでの話題に出た
『メトロに乗って』再放送
まだ NHKさんの情報が
見つけられないって。

番組表の更新が NHKさん
割とゆっくり目なのです。


以下確認出来た事項

★再放送決定★
「ミュージカル『メトロに乗って』(芸術劇場)」を
以下の日時に再放送します。

Eテレ 1月21日(日)(※土曜深夜)
午前0時45分〜3時16分

この機会に是非ご覧ください!

正式に お願い編集長の告知が
出ています。
番組表では 時間枠の
確認だけしか出来ません
なので キーワード録画でも
石川禅で 上がってこない(爆)

20日 24:45分から27:16分まで。
リアルタイムの視聴はかなり
きつい時間帯だけど
頬をつねっても 痛くないって事
ないよね。
ちゃんと 痛い! よね (笑)

番組表から予約する →決定と
選んで行っても、 お願い編集長<タイトル>
と表示され 放送内容は不明ですが
この時間枠 間違いない!
HDDの予約残量も大丈夫なはず。

予約したっ!
予約マークも見える。

あとは 当日停電やら HDD故障のトラブルは
ないように・・・
17年ぶりの再放送なんで、

お願い 編集長!(笑)



ミュージカル座『スター誕生』 1・13マチネ

久しぶりの @中目黒キンケロ・シアター
確か 柳瀬さんご出演の
『わが町』以来だったかも。
今回も 柳瀬さんが出るので
お邪魔していますが、(笑)

ミュージカル座さんに
よくあるWチーム制

13235.jpg


星組 月組公演があり
日程的に どうしても両方は
きつかった。(汗)
柳瀬さんからのご案内でお願いしたので
星組さんの日でした。


出演者
ぎっちゃん 月組 星組
(中井義一/作曲家アシスタント)
杉浦奎介 大塚庸介
小川百合子(新人女性歌手)
水野貴以 加藤梨里香
松沼先生(松沼泰世/人気作曲家)
菊地まさはる 柳瀬大輔
花山千寿(歌の先生)
真樹めぐみ 本坊綾子
秋 紗奈江(人気作詞家)
堀 祐子 三辻香織
松 みどり(演歌歌手)
井上陽子 会川彩子
井川ヤスシ(演歌歌手の夫でマネージャー)
萬谷法英 井上一馬
ミーちゃん(鈴木美智子/新人女性デュオ)
早乃香織 新 舞美
ハーちゃん(田辺春子/新人女性デュオ)
藤田沙知 井坂 茜
愛原ゆうや 他(新人男性歌手)
横田剛基 加藤拓也
とくらはなみ(アングラ・フォークシンガー)
西 利里子 織野友貴
後藤順子(芸名:朝比奈ミキ/新人女性歌手)
曽我部英理 吉田菜々
オリちゃん(テレビっ子)
香本真梨奈 鈴木莉菜
岡ピー(レコード会社プロデューサー)
川口竜也 川口竜也
(敬称略)

主だった役が 月・星組にわかれ
岡ピー役は 川口さんが 一人で頑張る!(笑)

13234.jpg



スター誕生!
一世を風靡した TV番組
素人さんのオーディション番組
引き受けるプロダクションが
ボードを上げると プロデビューが
決まる、そんな夢のようなTV番組でした。

そんな時代の
芸能界の人間模様?!
・・・にしては、先が読めちゃう(爆)

作曲家先生
いい加減すぎっ!
売れっ子作曲家
だれかモデルいそうで
いない??

新人女性歌手って
モデルが推測されやすい
描き方だし
女性デュオもそう。
ミーとハーって(笑)

皆から満場一致でボードを
挙げられた新人
スター候補生ですが・・
地味目な印象で
ちょっと説得性に欠ける…かも(爆)
考えてみたら この役
すんごい難しいね。
スターになってない
スターオーラを持つ人だもの。

劇中でも言っているけど
上手いだけじゃ 売れない。

けれど一曲のヒットで 寝る間もなく
歌い続ける アイドルたち
売れずに リニューアル・デビューを
繰り返す若者は 夢を自分を
見失っているかのよう。
紅白復帰を願う必死の演歌歌手
強さ と哀れさもちら見えして
役にはまってた。

熟年のマネ役 井上さんは
『青空の休暇』でお目に
かかったばかりというのに・・
それも今回 役も若返り
よく動いていらっしゃいます。
パワフル~!
柳瀬さんも 川口さんも
それは言えるかな。
舞台後方に 椅子が並べられ
出演者たちが ボードを
挙げる役をする。

休憩なしの 2時間強
仕方ないんだろうけど
結構 場繋ぎの荒い
慌ただしい舞台な印象

何のために歌うのか?

ライブ会場の アングラ歌手
とくらはなみとか
もっとおどろおどろしても
良さそうな気がしたけど
変に笑いとか取らなくても~と
良い台詞言ってるのに~。

ガチョ~~ンが
分かる人 少なくなってますって (笑)

殺人的な忙しさに
ついていけなくなる女性デュオ
一人はもっと音を楽しむ
余裕が欲しいと言い
一人は 出来るだけ 上を目指し
昇りつめていかないとと
歩調が乱れ 解散へと。

●●大賞 のレースを勝ち抜くため
裏の大人たちの思惑も絡み
男女の思いも見え隠れ。

だから~ 作曲家先生
いい加減過ぎますって!(笑)

まぁ おかげ様で
ぎっちゃんと新人女性歌手は
ハッピーエンド・・・・

舞台だから これでいいの?
ほんとに?(笑)

チケット取りウイークなのです。

10日より 連続して
チケット先行発売があって
10日は 12時開演の『黒執事』を
見るため 早めのお出掛け先で
電車乗車中に トライ!
ネットはこれが出来るもんね。
とりま 先着に成功 @2作品GET
クレカの情報更新が上手くいかず
マイページからやり直して焦ったけれど
何とか希望日が取れました。

その後、確認&チェックのため
ネット覗いていたら なんと
『トリスケリオンの革靴』の
先着開始してるじゃありませんか。
勢いついてるって怖い。
押さえてしまえ?って
ポチっとな やっちまいました。

2日で 既に3作品

11日が、上手く行きますように!

ここ 電話申し込みなんだよなぁ~
ネットもつかえるけど
それじゃ割引特典が付かないから。
家電とスマホの両方使って
掛け捲って いつもとはちょっと違う
輻輳メッセ聞きながら 10分過ぎに
@3作品 先着 なんとかGET。

これで6枚増えたの?(爆)

これで ゆったりとした気持ちで
六本木まで行ける。 (笑)

夜 確認を兼ねてネット見て
あら~~~
『シラノ・・ 』 Zさんとこの結果も
未だだけど 特典付きあるじゃん(爆)

公式のレターセットも
ちと揺らいだけれど
こちらは特製羽ペンって何?

定価だし 手数料かかるし
でも サイドだけどそこそこのお席、

もしかして 公演始まってからの
生写真 もちろん禅さん!(笑)付きが
出た時のための
空き日程に入れてしまおうか。

Zさんとこの『シラノ・・・』結果
はよ欲しい!(笑)


悩みながらの今日
これは 先行抽選 12:00受付
開始 そろそろです。

焦らなくても大丈夫なんだけど
抽選先行はね

外れると メチャ焦る。(笑)


明日会員先行の方が
気合いれないと ・・って感じかも。
一般よりも 取りやすい筈だけど
油断大敵!

引き続き がんばろう~。

『ショーガール』 vol.2 1・11マチネ

何度も会場アナウンスが
~告白しちゃいなよ、you~の部分だけ
特にテンション高く流れる!(笑)

パンフ買ってねまでを セットにして
帰り際まで 繰り返してました(笑)

@EXシアター六本木
13212.jpg


出演 川平慈英 
シルビア・グラブ

13211.jpg


日替わりゲストが 本日は
1月11日(木)15:00公演:斉藤由貴

演奏
荻野清子(ピアノ) 
一本茂樹(ベース) 
萱谷亮一(ドラム)
(敬称略)

川平さん やはり濃いっ!(笑)
ビアさん タメ張ってついてゆく。
テンパってても
バタ臭さが どこか抜けないお二人。

ホテルの部屋で カンツメ状態の
脚本家 焦っても一行も
台詞が浮かばない。
苛立つ脚本家の邪魔をするように
排水官から 気になるゴボゴボ音が。

何とかして~と脚本家の電話に
素早い登場の配管工。
音の原因を探るため 待機
・・の間に 複数の彼女に電話
デートの時間調整中。
飽きれる脚本家は ただ待つだけじゃ
退屈だろうから?(笑)
これから書く作品の
なにか良いアイディアは
名セリフはないかと持ちかける。

ルーム・サービスに
シャンパンを頼んだりしてね。(笑)

出演者二人の 筈なのに (笑)
コツコツちとドアを叩く音
ゲスト 登場。
ホテルのボーイ服に
身を包んだ斉藤由貴さんでした。

そうそう 夜の部のゲスト
三谷さん出演予定だったのに
インフルエンザのため
急遽ご出演出来なくなった模様
Twitterではお知らせしていたけど
会場横の 電光掲示は
そのまま 直しが間に合ってなかった。
上演時間の張り紙はこんな感じ

13210.jpg


そうそう 夜の部のゲスト
三谷さん出演だったのは
インフルエンザのため
急遽ご出演出来なくなった模様
Twitterではお知らせしていたけど
会場横の 電光掲示は
そのまま 直しが間に合ってなかった。

このお話は 脚本を大真面目に
やればやるほど現実離れしてゆく感じ。
特にこの二人がやると。(笑)


脚本家役のビアさんと
配管工の川平さんの
掛け合い

テンポよく畳みかけてくるのが
見ていてとても気持ち良い。

Vol1では探偵さんでしたが
今度は配管工 しかもモテモテ(笑)

ラスト近くのショー
やはりタップも入れてくれた
洒落た感じの ショー

シルビアさん 全開(笑)
絶叫かと思う 歌声まである

川平さん 少し声枯れてるかと
思うシーンあって

ビアさんも 少しだけ
声が荒れてるかな と思うところ
あったけど
あれ やってたら 無理もない

思わず 拍手したくなるって。(笑)

時間は決して長くないけど
お楽しみは十二分に伝わって来る。

『ミュージカル黒執事』 1・10マチネ

-Tango on the Campania‐
サブタイトル通り
カンパニアと言う
豪華客船を舞台に
起こる事件、
死者を蘇えらせる実験が
行われると言う

13196.jpg


女王の命により船に乗り込んだ
シエル&セバスチャンを襲う
ゾンビ化した死体

ドルイット子爵も一枚噛んで
死神や葬儀屋
死神見習いまで登場
アクションも見せる。

お笑いコンビは
受けてるけれど…
刑事?たち(笑)
ちょっと浮いてるかも?‼

どこにでも顔を出す
ドルイット子爵は 相変わらずの
キャラで 変態チックさは
失わない。(褒めてます 笑)

13197.jpg

出演者
セバスチャン・ミカエリス・・・・・古川雄大
シエル・ファントムハイヴ・・・・・・内川蓮生

グレル・サトクリフ・・・・・・・・・・・植原卓也
ロナルド・ノックス・・・・・・・・・・・味方良介
スネーク・・・・・・・・・・・・・・・・・原嶋元久
エリザベス・ミッドフォード・・・・岡崎百々子
フレッド・アバーライン・・・・・・・髙木 俊
シャープ・ハンクス・・・・・・・・・寺山武志
エドワード・ミッドフォード・・・・内海啓貴
フランシス・ミッドフォード・・・・秋園美緒
アレクシス・ミッドフォード・・・・那須幸蔵
リアン・ストーカー・・・・・・・・・・河合龍之介

葬儀屋・・・・・・・・・・・・・・・・・・和泉宗兵
ドルイット子爵・・・・・・・・・・・・・佐々木喜英


飯田一徳 大竹 尚 岡崎大樹 
落合悠介 狩野新之介 木村優希 
小池 成 辻 大樹 永田直人 
秋山翔子 内田小百香 大胡愛恵 
尾久葉優衣 齊藤恕茉 瀧本有花 
新橋 和 原 梓 廣藤梨奈 深瀬友梨
保野優奈 (敬称略)


今までの2作には
出てこなかった 婚約者エリザベス
11歳でか?(爆)
親同士で決めても
不思議ではない時代で
貴族なら珍しくもない?

アニメ声でそれっぽい雰囲気
いかにもな泣き声
親仕込みの剣捌き
なかなか見事な振りと
いうべきかも(爆)

その母親に扮した 秋園さんが
メイクも キリッと強めで
とても印象に残った。


シエルとセバスチャン
息が合い 悪態の突きあいに
思わず・・笑う(爆)

古川セバスチャン
歌声が変わった?
籠って聞こえていた今までよりも
かなり突き抜けて聞こえた。

ストーリー的には
ちょっと 中途半端な感じも
残るけど‥
映像 真っ赤な布など
視覚的にも楽しめる舞台と
思えた。

2F端っこ出来だったので
ご多分に漏れず 前の
転落防止の柵が 舞台前方に
被るのが残念
端っこだったの返って幸い
したのか 被る部分も端っこで
センターはまあまあ大丈夫で

よかった~~。

一月の 演劇関係 TV放送

昨日の記事で
NHKーEテレさんで
『メトロに乗って』 の再放送決定
と記事にしました。
再放送のお願いを
していた HNKさんで
ちゃんと Eネボタン
クリックしたからね。(笑)

ミュージカル座『メトロに乗って』は
再演もされていますが
今回の放送は 初演版。

禅さんが ご出演だったので
舞台も生で見ているし
TV放送してくれた時も
ワクワクしながら録画!
当時は ビデオテープだったけど。(笑)

そんな 1月
何気に 舞台関係の放送が
多めなのです。

宝塚スカイ・ステージ
今月のメインは花組なのかな?(笑)
『金色の砂漠』『雪華抄』の他
録画したいのが結構あるのですが、
今月は それだけじゃない。



嬉しい再放送と合わせて
NHKさんでは 最近の舞台でも
放送が決まっている作品がある。

『トロイ戦争は起こらない』
『リチャード三世』
同じ放送枠で 引き続き
二人芝居
『クレアとフェリーズ』
奈良岡萌子×岡本健一
(敬称略)


そして BSスカパーで
『24番地の桜の園』
どこか CS放送 1チャンネルでも
契約していれば BSスカパーは
見られます。

CS インターローカルTV
これも無料で
日曜に放送してくれる
キャラメル・ボックスTV
今月の作品は
『パス・ファインダー』
2週に分けての放送です。

こいつは 春から 演技が良い!(笑)
観劇オタクには
嬉しい 一年の幕開けです。



『メトロに乗って』Eテレ再放送!

100Eネを達してから
徐々に Eネを ジワジワと増やして(笑)
ついに 再放送が決定したと
ミュージカル座さんのツイート。

NHKさん 編集長
やってくれました。
今月21日ですって。
嬉しい~~

今回 再放送されるのは

2000年版
出演
毬谷友子
石川禅
沢木順
福麻むつ美 他

照井悠也
(現・照井裕隆さん)も
ご出演でした。

メトロに乗ってチラシ表10006

沢木さんは 急遽
出演が決まったはず。

ビデオ録画はしっかりしてあるので
DVDに焼き直したけれど
画質が ビデオ画質。

DVD&ブルーレイ両方で
絶対に録画する~~~! (笑)

『青髑髏』 @DVD

髑髏城の七人 ~極~の落選通知

一体何通目だろう (爆)

まぁね 申し込んだのは千穐楽だけど。
そりゃ 当選しないわ
明日は 先着だし‥まず無理だな。

他の日は 取れてるから
もう 潔く諦めるか~

落選メールを見たせいで
髑髏城・・・が 観たくなった。
それも 以前の奴!

赤か 青が好きらしい自分。
1997もいいけどね~

結局 青髑髏ののDVDを
見始めてしまい
一気に観ちゃった(笑)

天魔王と捨之介役を
同じ染ちゃんが演じてる。

着流しで あの動き!
様になると 改めて魅入った。

沙霧役に 鈴木杏ちゃんが
飛び回ってて
アップになるシーンは
芝居で魅せてくれるし

極楽太夫の聖子さんも
今回のとは 違う作り。

歳が離れすぎてるなんて
台詞はないし エロいかもネ(笑)

贋鉄斎は 逆木さんで
そこはしっかり押さえて
お弟子さんがいる。
ガンテツ役に三宅さん!
途中で 黒いテンテン
頭につけてガンテツに出世 (笑)

100人切りの活躍もガンテツ。
華麗な動きも見どころだった。(笑)

ステアラの新しい髑髏城も
花鳥風月 極と
進化して、 深化して
・・・台詞やセットの
いいところを残して 観る者の
ツボを突いてくる。
そして 出演者で
作風がかなり変わるから

結局 花~ ず~~っと
見る事になって、
今月 上弦 下弦の月を
観に行くけれど

その先の 極が 千穐楽は
チケット取れてないけど
公演が めっちゃ楽しみに
なって来た。(笑)

さらにさらに 新しい事になってそうで
天海さんが出るからか
阿修羅城の瞳を連想してしまう。

どんな髑髏城なんだろう

期待は高まる!





ホリプロさんのスタンプラリー!

ホリプロさん、
先日の 安蘭コン&ベスミュー・コン
両方買うと 出演者サイン入りパンフ
プレゼントなんて企画があったのですが
今度、面白い事 始めたわ~
今度は、スタンプラリー。
期間 5か月くらいありますよ~。

ホリプロさんからチケ買って
3公演 ホリプロさん公演を観ると
グッズ売り場で使える割引券と
引き換えられるんだそうです。

でもねぇ~~~
パンフ以外は ほぼ買わないし
グッズ売り場も、惹かれないから、
割引券って頂いても使わない気がする。

ご贔屓さんのグッズが出れば
これだけは別だけど。(笑)

5作品観ると 対象公演の中から
一公演 S席相当席でご招待!
この方が 興味惹かれる。(笑)

でも お席選べず
申し込みも一般発売後と言う事は
結局 後方席になるよね。
招待じゃ 文句言えないけど
最近 前方席を狙うため
ホリプロさん以外での
チケ購入も増えて来たので

5公演は見るけれど
ホリプロさんからのチケ購入
じゃないので 5公演のスタンプは
集まらない。(爆)

『酒と涙・・』も
『ラ・カージュ・・・』も
『ジキ・ハイ』も
全部 違うとこでチケ買った。
『シラノ・・』なんて 片手以上
Zさんだしなぁ

あっ 『シラノ・・』は 保険で一枚
ホリプロさんにお願いしてた。(笑)

リピするなら ホリプロさんで
購入するけど‥(汗)
一回見られれば 良いかなって・・

でも 3公演は達成しそうだ~。

『王様の耳はロバの耳』1・4マチネ

明けましてお目出度う御座います。
本年 初詣もしてないのに~
劇場には来てしまう
13133.jpg

2018年初観劇です。(笑)


本日の出演
王様・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 内田 圭
ローストビーフ卿 ・・・・・・・・青羽 剛
アブラハムハム公爵夫人・・ 八重沢真美
黒い探偵・・・・・・・・・・・・・ 鎌滝健太
詩人チキン・・・・・・・・・・・・ 野村数幾
将軍ボイルドエッグ・・・・・・ 中橋耕平
床屋・・・・・・・・・・・・・・・・・ 鈴本 務
ニボシ・・・・・・・・・・・・・・・・神保幸由
ナタネ・・・・・・・・・・・・・・・・ 田原沙綾
陽だまりの精・・・・・・・・・・・・小林由希子
ウメボシ・・・・・・・・・・・・・・・ 松尾千歳
アンズ・・・・・・・・・・・・・・・・ 中村ひかり
スモモ・・・・・・・・・・・・・・・・・小山百合恵
ナマボシ・ミリンボシ・・・・・・ 前田員範
キリボシ・・・・・・・・・・・・・・・・村田晃一
バラの精・・・・・・・・・・・・・・・小坂華加
蝶の精 ・・・・・・・・・・・・・・・・小澤真琴
露の精・・・・・・・・・・・・・・・・・ 杉野早季
綿毛の精・・・・・・・・・・・・・・・・深沢萌華
町の女たち/朝焼けの精・・・・林 美菜子
町の女たち/夕暮れの精・・・・池浦紗都子
町の男たち/木の精/兵士・・市田繕章
町の男たち/木の精/兵士・・田川雄理
いばらの精/将軍・・・・・・・・・大川健太郎
(敬称略)

久しぶりの演目、
前回 2012年1月
観劇初めで自由劇場、
その少し前には全国公演
2011年11月で間を置かずに
観たけど それから6年ぶりぁ~。

陽だまりの精が
前回観た時と同じ
小林さんがキャスティングされてる。
王様には 牧野さんもいるけど
今日は内田さんね。

神保さん ニボシ役でいる!

若い床屋さん そうだった~と
思い出す~

幕を開ける歌♪

手を叩いて~ タン タン タタン
手を叩いて~ タン タン タタン
幕を開けよう♪

タンタン タタンの手拍子は
センターブロックの皆さま 、
教えて貰わなくても 完璧みたい・・多分(笑)
周りも 同じように習って手拍子。

王様の耳はロバの耳♪
これは 陽だまりの精がリードして
客席も練習 歌詞を書いた幕も
降りてきたしネ

一緒に歌えるし~(笑)

マジョリンの時と同じように
客席と一緒に悪い魔女たちを
やっつける歌みたいに
歌が 兵隊さんや大臣だちと対立して
ハモるんです。

ここでは 王様の言いなりの
家臣たちを 歌で追い詰めます。

勇気を出して 本当の事を云おう

王様が改心して
ロバの耳の魔法が解ける。
皆が、幸せに暮らしましたと
幕が下ります。

導入部 幕前芝居
出て来ました!
神保さんニボシ。
つかみはオッケイ(笑)

そのまま 村人たちと
一緒に ダンスなど
つい 追ってしまうなぁ。

若い床屋
鈴本さん 若いっていいな(笑)
溌剌とした舞台運び
台詞も あまり カクカクと
しないて言えていたし。

王様に 内田圭さん
古い動画で観たのは
祐様の王様とか
栗原さん王様で、
生舞台では
岡本・王様や牧野・王様で
内田さん初。

牧野さんは、リアルに
怖い王様だったけど
内田さんも 思ったよりも
視線鋭くて 威厳があり
わがままと言うよりも
理性的な印象がある。

ムファサ王で 王様演ってるけど
ムファサ王にはないマント付、
マント裁きが 素晴らしく鮮やかでした。

アブラハムハム侯爵夫人に
八重沢さん 面白過ぎ~
そして 動きがやはり
板についてる(笑)

陽だまりの精
かなり出番が多い役
森の妖精さんたちのリーダー
客席の歌唱指導も
任されているお役で
妖精たちの動きは
基本バレエなので
ピルエットなどもあって
ちょっと重そうな感じも・・。(爆)

鎌苅さん・黒い探偵
王様のスパイを自認するには
あまり悪い感じはしないかな?(笑)

青羽さんローストビーフ、
名前を聞いて近くのお子様
繰り返してましたよ

ローストビーフだって~てネ(笑)
王さまに忠実な部下で
適度に惚けて
アブラハムハム侯爵夫人を
一緒に 王様の事を話す
シーンや
森の木たちの囁きを
王様に伝える時など
笑いが起こる。

朝になるまでの 舞台シーン
森の大きな木に イルミネーションか?
ハリネズミの親子が舞台を
横切ったり
やはり 近くのお席のお子様が
反応 思わず出た声

ナニナニ~~?

チキンハートの詩人チキンさん
最後の最後に
勇気を振り絞る野村チキン

ダメダメなチキンさんと
思わせて・・ちょっといい役(笑)
リトル・マーメイドや
ノートルダムの鐘では
アンサンブルさんでしたので
お名前をお顔が一致しないまま。

若い床屋の鈴本さんも
お名前とお顔が自信なしだけど
やっと一致したかも。

なんてネ

ロビーでお待ちしていま~~すと
舞台から飛び降り 駆け出す
キャストさんたち

ファミミュー恒例
お見送り(笑)

立ち止まらないよう
スタッフさんが誘導ぢている
ロビーの人の流れに
沿って出口付近

内田王様 ハイタッチ!
向かい側には
八重沢アブラハムハム侯爵夫人。
バッチリメイクで お美しい、

笑顔の ハイタッチ!(笑)

13134.jpg

楽しい 観劇初めでした。






『ラ・アルプ』1月号 3日に到着



二日は 確か郵便物の配達は
お休みだったような?

3日 ようやく『ラ・アルプ』の
姿を確認出来た。

会費や コース選択
チケット先行の扱いなどを
把握・・・・・出来たと思う。

時々はQRチケも利用するし
全国公演も近ければ行く、

到着の遅い『ラ・アルプ』だけど
フル・コースで継続として
到着時期について変更があるかは
不明・・紙媒体の発行部数は少なくなりそう。
必要とあれば WEB版でどうぞ?と
なりそうだよね。

今までも 10枚以上は QRコードでは
発行されていなかったけれど
会員料金も・・10枚のラインか!

1000円は大きいけれど
プレガ系は さらに手数料が
上乗せだし~

そこまでの枚数は
一度に買わないから 無問題。


一月の会員先行無かったし
会報ッ到着遅れも 無問題 (笑)

来月の購入予定チケットは
『ノートルダムの鐘』

またまた 千穐楽は抽選ですって。


会員対象であっても応募数は多い、
抽選になると会員で
売り切ってしまう事が多く

ここで、落選してしまうと
ほぼ楽公演は見られない。
会員先行日の販売もない。

幾度もリピして大好きな作品
千穐楽を見送りたいのに

きっと 無理なんだなぁ~(爆)
(今まで楽公演の抽選
一度も当選無しだもんなぁ~)



四季会報 まだ~?

四季会報 『ラ・アルプ』
1日には 届きませんでした。

キャラメルボックスさんからは
年賀状来てた。(笑)

どうやら 会費値上げ と
会員規約などの変更があって
チケ扱いも少し変更
WEB版ラ・アルプも
充実するらしいのですが・・・。

公式より他のところから
早い情報が入ってくるって
なんだかなぁ~

なにより 今月の
会員先行のチケ発売情報が大事。

土日発売が多いから
まぁ本日 先行開始はないと
思いますが・・・

教えて~ 届かない 『ラ・アルプ』!!









『明けまして目出度う御座います』2018!


450-2012022408104229916.jpg

新年 お目出度う御座います。
今年もよろしくお願い申し上げます。

舞台を見て元気を頂いて
過ごした一年


そして舞台の神様は
先の先までチケットをご用意
くださるので そこまで
ひたすら 走る感じです。
走れなくなっても 歩けばいい。

禅さんの舞台の予定もネ
まずは『マディソン郡・・・・』
もう複数枚取れてるからなぁ?(爆)

『シラノ・・・』も 取ってもらえるか心配で
千穐楽は 手配しちゃったよ(笑)

手持ちの一番先付けのチケット
2018年 11月公演(四季)

観劇日記も 書く続ける事が
出来るでしょうか?(笑)

観たら メモメモ・・・頑張ります(笑)


皆さま これからも
どうぞ よろしくお願い申し上げます。

検索フォーム
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

いらっしゃいませ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
71位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
俳優
4位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りBlog
Blog開設カウンター
ブログの更新率
月別アーカイブ