現在の閲覧者数: 2018年03月の記事 - hatti元気の素 観劇 ミュージカル
fc2ブログ
プロフィール

hatti (はっち)

Author:hatti (はっち)
石川禅さん応援中!
劇団四季・東宝ミュージカル・・・時には宝塚
観劇大好きなhattiです 

記事に関係のないコメントは
削除させていただく場合が
御座います。ご了承ください。

石川禅さんのお仕事
石川禅さん
これからの予定

舞台******
ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年3月7日~29日
日生劇場
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月4日~14日
skyシアターMBS
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月19日~21日
愛知芸術劇場大ホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月26日~28日
久留米シティプラザ 
ザ・グランドホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月3日~4日(土)
熊本城ホール メインホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月11日~12日
高崎芸術劇場 大劇場
ニック役他

石丸幹二 
オーケストラコンサート2024
石丸幹二
東京フィルハーモニー交響楽団
2024年6月21日(金)
会場:東京芸術劇場 コンサートホール
ゲスト出演

舞台
ヒストリーボーイズ』
2024年7月20日(土)~28日(日)
あうるすぽっと
へクター役

********
Netflix
「モンキー・キング」
声の出演
“竜王"役 吹替=石川禅
2023年 8月19日より配信開始

Netflix
『氷がすべてを隔てても』
声の出演
アイナー役=石川禅 (3/2より配信開始)

Netflix
『サンドマン』
声の出演
第6話 吹替=石川禅

コンサート*******
★『石川禅 6th ソロ・コンサート』
2021年3月20日~21日
よみうり大手町ホール
※公演延期 ※

石川禅さんのプロフィール
FCについては
サイドバーのリンクから
ホリプロブッキング
エージェンシーへどうぞ
禅さんの舞台
石川禅さん次回は % 『COME FROM AWAY』
禅さん 出演公演
Blogランキング参加中です
見たよ 読んだよ ポチっとな!
よろしく お願いします。
4月の観劇予定

■『町田くんの世界』
■『銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件』
■『カラカラ天気と5人の紳士』
■『Le Mele~母~』
■こまつ座『夢の泪』
■『王様と私』
■『COME FROM AWAY』
大阪・名古屋
■『VIOLET』
■『デカローグ A/B』
■『アラジン』
■宝塚花組『アルカンシェル』
■『ハネムーン・イン・ベガス』
■『クロスロード』
■『Le Fils~息子~』
■『オペラ座の怪人』KAAT
■地球ゴージャス
『儚き日光のラプソディ』
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 31 -

全記事

Designed by 石津 花

『メタル・マクベス』Disk1楽公演

チケットが 予想通り(笑)

平日などの希望日はなんとか
2公演GET 出来たが、
しか~~し 問題は 楽チケ

風・修羅天 楽チケは 取れずで
今回の『メタ・マク』も 頑張って
抽選先行 7か所も申し込みしても・・・
落選メールが届くばかりで、
あと一箇所 明日の結果待ちを残すのみ


あっ ついさっき
最後の頼みの綱!
落選メールが来ちゃった。



やはり無理かなぁ~

2018年4月の観劇予定

『マディソン郡の橋』 東京公演は3月21日に
千穐楽
禅さん祭りも終わり…と思うでしょ?

いや まだ大阪がある。(笑)

4月は 『マディソン郡の橋』
大阪・千秋楽公演からの
観劇スタートです。


4月の観劇予定
■『マディソン郡の橋』大阪楽
■『Take Me Out2018』
■『GEMCLUB Ⅱ』
■『トリスケリオンの靴音』
■『ノートルダムの鐘』
■『Woman~源氏物語~』
■『In This House』
■『リトル・ナイト・ミュージック』
■『100年の秘密』
■『髑髏城の秘密~修羅天魔~』
■『ノートルダムの鐘』
■『メリーポピンズ』
■『李香蘭』
■『ライオン・キング』
■『火星の二人』
■『1789~バスティーユの恋人たち』
■『ヘッダー・ガブラー』
■『バリーターク』
■『お月様にようこそ』
■『1984』


小さいキャパの劇場公演も
いくつか予定に入りました。

赤坂REDシアター

芸劇シアターイースト

DDD 青山クロスシアター

『バリーターク』も
大きな会場ではありません。

小劇場ならではの
緊迫感、濃密な空気感が
癖になりそう~(笑)



バースデー・ポストカード!

キャラメル・ボックスさんから

バースデー・ポストカード届いた!


ステキな年になりますようにって
有難うございま~す。


今年 担当されたメンバーは(笑)
坂口理恵さんでした。

唯一 FC入会の 某俳優さんって
バースデーカードは 特典にないから。
某って書いても きっとバレてるけど。(爆)


なんか嬉しいもんですね。
入会して初めて届いたカード
左東さん

二年目は畑中さん。

大切に保存してます。
先日 ポストカード ストックファイル
頂いたので そこに入れておこう。

『ラ・カージュ・オ・フォール』3・30マチネ

前々楽@日生劇場


鹿賀×市村 お二人の作り出す世界は
お二人で築き上げてきたもの、

鹿賀さん ちょっとセリフ怪しいとこ
あったけど~。
マスカラ♪
仕上げの化粧濃すぎのザザだけど。
熟年夫婦で 少しの倦怠感も漂わせ(笑)
ホモだけど。

鹿賀さん曰く ・・・僕は、普通のホモ!(爆)

アルバン
女と結婚するなんて どこで育て方を
間違えちゃったのかしら?

愛に包まれて育ち
愛の素晴らしさを充分にわかってる
ジャン・ミッシェルじゃないですか。

ダンドン議員だって
太刀打ち出来ないお二人だし


ガシェルたちの頑張りや
金ののどぼとけの持ち主
ちょっとクールな 新納シャンタル

頼りがいのある 香寿ジャクリーヌ

危険な女 ハンナ
縁の下の力持ち的な
メルセデス。

可愛いメイド?(笑)
ジャコブは
カテコで夢が叶って幸せそう。


世間の目の冷たさ
為さぬ仲の息子にまで
否定されて

それでも ありのまま生きる!
このあたりは ジ~ンと来てしまいます。

そして ダンドン議員夫妻に
ショー・デビューさせてしまう
思い切りの良さ(笑)

市村・ママ
今日はダンドン議員の
おでこをペチっとするの
かなり強めで キーヨが痛いっ!
と言うとね。
上手に動いた場所でママの手も
痛かったという動き。(笑)

森公美さんを
笑わせるシーンは
タイミングちょっと遅めで。
時間差攻撃か?
堪えきれずに笑うとこ
顔を客席に向けさせる。(笑)

阿吽の呼吸というか
上手く流れて行く舞台。

幕間には ホリプロさん
スタンプラリーの
スタンプも忘れずに貰って来た。

塩タクターの拍手の煽りも
幾度かのジャンピング指揮も
しっかり目撃。(笑)

スタンディング 多数!
歓声も飛び交い 満員の
日生劇場。
『ラ・カージュ・オ・フォール』でした。

『夢の裂け目』先行申し込みしたけど。



某出演者さんにチケットお願いしたんだけど
結果メール 29日頃までな筈。

頃だけど~。
目安だけど~。
メールが、まだ来ない。

抽選だって言うから もしダメなら
ほかに申し込まないと。

劇場扱いほかの先着始まってるんで
のんびりしてると 先行扱い期間
終わっちゃうし

結果メール来ないかな~って
キリンさんみたいに首が伸びてる。

早く結果教えて~。

『アラジン』3・29マチネ


何やら 新ジーニーに
早速 お目にかかれるらしい(笑)



本日の出演者
ジーニー・・・・・・・・・・・・・・ 韓 盛治
アラジン・・・・・・・・・・・・・・ 北村 優
ジャスミン・・・・・・・・・・・・・ 岡本瑞恵
ジャファー・・・・・・・・・・・・ 本城裕二
イアーゴ・・・・・・・・・・・・・・ 町田兼一
カシーム・・・・・・・・・・・・・・ 萩原隆匡
オマール・・・・・・・・・・・・・ 嶋野達也
バブカック・・・・・・・・・・・・ 白瀬英典
王(サルタン)・・・・・・・・・・ 吉谷昭雄


アンサンブル
渡邉寿宏 田井 啓 清川 晶
佐々木玲旺 沖田 亘 蔦木竜堂
水原 俊 川村 英 ハンドコアクアリオ
林 晃平 安東 翼 廣野圭亮

井上佳奈 渡辺智佳 濱田恵里子
石戸瑶子 駅田郁美 野田彩恵子
加藤あゆ美 (敬称略)



まず場内アナウンスが 韓ジーニー
いわゆる三つのお願い~からネ

登場したばかりですが
かっきりきっかりのアナウンス

セリフになっての間がいい!
お決まりのセリフで
かなり場内に笑いが起こる

お子様も かわいい声で
大きく笑ってる。
ちょっと小柄で親しみやすい
新 ジーニーです。


ジャスミンは、オリ・キャスの
岡本さんで安定してたし
北村アラジン だいぶ慣れて来たかも。
歌声は独特だ~、

本城さんジャファー
コミカルさも忘れない怖さ
悪人メイクの 眉がすごい事に
なってた(笑)

悪人笑いや
変装おじさんは高い声で
ジャファーに戻る時の
声音の切り替えの見事さにも
思わず笑いが起こる。

町田イアーゴ
表情がずっと~イアーゴ!(笑)
ジャスミンの真似をする時だけじゃなく
今日は お母さんの口癖まで
女声になってた。

吉谷さんサルタン
人の好さはわかるけど
優しいのはわかるけど
ちょっとだけ威厳不足かな?(笑)

アブダラ王子の
とてもチャーミング・・に続いて

王 : チャーミングで

とても従順だと・・ 間髪入れず
王 :チャーミングで~

と言ってたけど
従順のあとの チャーミングには
少し間が欲しいな
従順だと言えなくて チャーミングを
言い換えるのだから(笑)

今まで見られたキャスト
微妙に変わっているのに
いつもお目にかかる三人組
と言いたくなるメンバーです。

齋藤オマール
山下オマール
町田オマール
嶋野オマール

白瀬バブカック
藤田バブカック

西尾カシーム
松島カシーム
乾カシーム
萩原カシーム

どなたが来ても しっくり
来ちゃうのが不思議なくらい (笑)

他の役では
歴代 お名前を受かべても
思い出せない方もいますが・・(爆)

魔法の絨毯
企業秘密のフライング(笑)

幻想的な星空
何度みてもため息もの。

この演目 リピートして悔いなし
四季のロングラン・作品は
リピートがデフォになってて
惰性でチケ鳥しちゃう作品も
ないこともない・・でもないけど爆)
『アラジン』次回も楽しみ~と
予定を見たら ほぼ 2か月後
東京3周年記念公演!
抽選じゃなかったから
しっかりチケ取れた。

やっぱ 定期演目だわ。







『メリー・ポピンズ』3・28マチネ

DSCF4816.jpg

@シアターオーブ

DSCF4813.jpg


ホリプロさん先行抽選で当選した
早期確保のお席

だけ~~ど 2F席(爆)

シアターオーブさんの2F席
階段がかなり急で怖い。
ホリプロさんスタンプラリー
参加中なので 休憩時は
頑張って下までおりました。

その分 前の方の頭が被ることは
少なくて この演目だと
めぐさんポピンズが
目の前を飛んでった~♪
照明の効果とかもよくわかったし
次回は1Fからみられるから・・いいか(笑)

確かにめぐさんの滞空時間が長かった~~。

濱田ポピンズ×柿澤バートの本日
山路パパと木村ママ
マイケル 憲史郎君と
渡邊おとはちゃん。

二人とも達者で
小生意気で好奇心旺盛な
姉 弟 いい感じに小さいから
逆に目立つ


遠いお席なので
オペラは忘れない!
アンサンブルの照井さん
銀行マンもしっかり見つけたよ。
武藤さんは ちょっとわからず。
齋藤准くんは 本日の出番はソワレ
こちらも見られなかったのは
惜しいけど

次回 見られるんだろうか?
wキャスト見たいため
平原さんと大貫さんの日で
チケ 取ってるよ。


噂のカッキーの逆さタップとか
めぐさんフライングだけではない
見どころが とにかくたくさんあって
目が足りない(笑)

山路パパ
疲れた風なシーンも
可愛く弾けてるシーンも
見逃せない。

古いカラーイメージの
ワン・シーンの色使いが
とても綺麗。

ディズニー映画の
あのリマスター感というか
ちゃんとあるんです。

ほのかさん
二役ともメイクで化けてて
怪演と言いたい(笑)

会場の盛り上がりも
半端なくて ショースト気味な
シーンが2回もあった。

カテコは撮影OKとアナウンス
されていたけど ここから撮影OK
とか きっかけがあるわけではなく
スマホ出すタイミングが遅れた。
DSC_0133.jpg


いつも舞台は撮影禁止がデフォ
のでカテコになっても
撮ってもいいのかな?と
不安になっちゃう。

せっかく撮影OKなのに
撮れなかったので楽しかったけど
ちょっとだけ 愚痴~~

DSCF4819.jpg


ごめんね~~(笑)



『ロマーレ』3・27ソワレ



~ロマを生き抜いた女 カルメン~

@東京芸術劇場
プレイハウス
DSC_0131.jpg


珍しくソワレ…
貸切公演だから~
DSC_0133.jpg

でも おけぴじゃない!
ルクサ KDDI の合同貸切で
別ルートからの購入でしたが
おけぴさん ご用意の
よりみちMAPも付いている
ロマーレ人物相関図
頂きました。



出演
カルメン・・・・・・・・・花總まり
ドン・ホセ・・・・・・・・松下優也

スニーガ中尉・・・・・伊礼彼方
ガルシア・・・・・・・・KENTARO
ローレンス・・・・・・・太田基裕
(衛兵マヌエル)
ジャン・・・・・・・・・・福井晶一
老人・・・・・・・・・・・団時朗

衛兵
一洸 (レメンダート)
神谷直樹(ダンカイーレ)
千田真司(ケンカ相手)
中塚皓平(ペドロ)
宮垣祐也(マリオ)

カルメン 情熱的で自由な女の
イメージがあって~
劇中でも自由って言っているけれど
あまり自由に感じなかった。

ドン・ホセもカルメンも

スニーガもガルシアも
全員 何かに縛られている。

福井さん演じる ジャン
学者で カルメンについて
調べて彼女の足跡を
訪ね歩く
ストーリテラーでもある。

やっと巡り合えた老人が
彼女の真実を知ると言うが・・・。


カルメン
花總さんのイメージと
少し違って ちょっと無理をしてる感。
宝塚時代のカルメンは
残念ながら 拝見していないから?

ただ 後々カルメンを演った女優さん
思い浮かべると
これからはお顔が浮かんで来るかも。

今までは
「カルメン」 大地真央さん
「Calli~炎のカルメン~」
浅海ひかるさんのお二人が
思い浮かぶのです。
濱めぐさんも演ってた~

松下・ドンホセ
破滅に向かって生きる。
それって どんな人生?
カルメンと知り合った不幸!

過ちとはいえ ケンカ相手を
死なせてしまうし
真面目に伍長にまでなるのに
カルメンを追って密輸団にって
きっと思い切った事もできるって事で
ラストにつながるのか~。
複雑な人物像 難しいね。

ガルシアKENTAROさん
荒くれ男の 密輸団ボス
荒くれてたっ(笑)!

ダンスのシーンで
ボス 舞台端っこで
踊らないけど
後で 靴音タンタンと鳴らす
決めシーンは やはり決まるっ!

福井・ジャン
学者肌の 物腰の柔らかな
研究熱心なフランスの紳士でした。

カルメンをテーマにすると
悲劇にしかならないからなぁ~

楽しい気分で帰宅とは
いかないけど。(爆)







劇団新感線『メタル・マクベス』Disk1

張り切ってチケ鳥に臨み
兎にも角にも 2公演GET
これで忘れずに 入金済ませて
一安心。

さらに さらに出来るなら
出来る事なら お煎餅が
欲しいんだけどなぁ~(笑)

楽は 現在 3か所から ご丁寧な落選メール
受け取りました。

なので 4~6か所目のプレガに
二次抽選もあるから
全て楽日のみエントリー中
7箇所目 当たる確率少ないから
これもエントリーしておこうっと(笑)

明日は そのうち一か所の
発表があったかな?

『ライオン・キング』20周年記念日公演

落選メールが来てしまった。
記念日公演は 会員対象の
抽選販売

四季さん 会員抽選先行で
全て売ってしまうらしくて
この後の 会員先着先行では
楽公演の扱いはなく
プレガなどへも 出ない。

今までだって通いつづけた
ロングラン公演の楽や
話題作の初日なども
この方式になると
忘れずに応募はしてるのに、
当選っした事がない。

あっ 一度だけ あったかも。
あれは、追加公演だtった。

いずれにしても 落選してしまうと
他の方法がないのは辛いなぁ
厳しい一般でも トライする覚悟は
あるんだけど

『キャッツ』の11月11日とか‥
『ライオン・キング』も
一周年記念日から
ほぼ毎年 忘れずにチケ手配
して来たのに~
20日は これで全て完売か。

望みは絶たれたっ!。
ワン・チャンス切り 悲しい。

JRさん窓口に回すとか

もう少しだけ チャンスをください。



『1789~バスティーユの恋人たち』スタンプラリー!


とうに確保済の
『1789~バスティーユの恋人たち~』

東宝さんで、スタンプラリーの企画が
発表になっていますね。

スタンプが揃うと
「メインキャストのスチール写真ソロカットパネル」
「メインキャスト 14名の舞台写真セット」

かなり早くに押さえ済が2公演はあって
リピート観劇はするけれど‥・

このスタンプラリー
Wキャストさんの組み合わせ
フルコンブ観劇しないと何もない。

半分の 4公演分のスタンプで
舞台写真だけとかあったらいいのに!(笑)


ここまで来ては 良席は きっと無しだろうし。
フルコンブするには SかAで
8公演見ないとダメって
ちょっと回数多いし ハードル
高くないですか?

ご贔屓さんがご出演なら
欲しいお品だし
クリア出来るラインなのかなぁ~

ごめん
この企画には ノレない(爆)

こちらのご贔屓さんは別舞台で
初日迎えるし

そちらの舞台なら回数的には

…あら クリアしちゃうかもね。

続きを読む

『ラ・カージュ・オ・フォール』3・23マチネ



禅さん祭りの『マディソン郡の橋』が
無事に東京千穐楽を迎えたので
他の演目も見に・・(笑)

劇場に行く途中・・・
ゴジラくん いたっ!(笑)

14570.jpg
14571.jpg


今日はこちら
クリエを通り過ぎて 日生劇場です (笑)
14565.jpg
満員御礼!
14566.jpg

出演
ジョルジュ・・・・・・・・・・・・・・・鹿賀丈史
ザザことアルバン・・・・・・・・・・市村正親
ジャン・ミッシェル・・・・・・・・・・木村達成
アンヌ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・愛原実花

ジャコブ・・・・・・・・・・・・・・・・花井貴佑介
ムッシュ・ルノー・・・・・・・・・・・林アキラ
フランシス・・・・・・・・・・・・・・・日比野啓一
ルノー夫人・・・・・・・・・・・・・・・園山晴子
ハンナ・・・・・・・・・・・・・・・・・・真島茂樹
シャンタル・・・・・・・・・・・・・・・新納慎也

メルセデス・・・・・・・・・・・・・・・大塚雅夫
デルマ・・・・・・・・・・・・・・・・・高木裕和
フェードラ・・・・・・・・・・・・・・・・美濃 良
オデット・・・・・・・・・・・・・・・・・土器屋利行
モニク・・・・・・・・・・・・・・・・・・渡辺崇人
ロ・シン・・・・・・・・・・・・・・・・・富山 忠
ニコル・・・・・・・・・・・・・・・・・・附田政信
クロクロ・・・・・・・・・・・・・・・・・佐々木誠
ビテル・・・・・・・・・・・・・・・・・・・松谷 嵐
アンジェリク・・・・・・・・・・・・・・白石拓也

榎本成志 丸山泰右 森山純
提箸一平 井戸陽平 下道純一
福山健介 精進一輝

髙橋 桂 多岐川装子
浅野実奈子 首藤萌美

ジャクリーヌ・・・・・・・・・・・・・・香寿たつき
エドワール・ダンドン・・・・・・・・今井清隆
マリー・ダンドン・・・・・・・・・・・・森公美子
(敬称略)
14567.jpg


ジョルジュとザザ
鹿賀さんジョルジュ
言い回しも歌も 鹿賀節全開(笑)
ちょっと早口っぽくて
セリフが聞き取りにくいとこあった(爆)

軽いステップを踏むとこ
ちょっと心配しちゃう感じの
ステップ。

市村さんザザも 濃い~~~(笑)
マスカラ♪も 今この時も
ありのままの私♪ は
泣きが入った歌い方で
釣られて ホロリっ!

新ミッシェル 確かにミッシェルとして
馴染んでた・・
歌も癖のない感じで
ちょっと印象の残らないかも。

周りの パパママたちが
濃すぎますから~ 無理もない(爆)

吹っ切れてる今井ダンドン議員
香寿ジャクリーヌ!
なんとも気風の良い
いい女 だし(笑)

森公美さん 市村ザザに
笑わせられ 舞台奥に顔を
向けて堪えてるのに
その顔を 客席の方に
向けられるのは お決まりかな?(笑)

こちらも豊満ボディの
華やか衣装や
あまりのびっくりに
あられもないお姿とか‥(爆)

ガジェル そしてアンサンブルの方々の
パフォーマンスも変わらず素晴らしい。
中には ず~~~~っと続投の方も
いらっしゃいますから(笑)

3時間超える上演時間ですが、
指揮者の塩田さんの煽りから
始まって ノリノリで 勢いのある
舞台なので 一気に駆け抜ける感じ

塩タクター ジキハイ途中交代だったっけ
この公演の為だったのね

そして サベージ伯爵もこちらで
おしゃれな紳士になってたわ。

『マディソン』 『ジキハイ』
『ラ・カージュ』と 公演時期が
重なり過ぎじゃありませんか?


もっと回数見たいのに
どうして同じ時期になるかなぁ~(謎)




『髑髏城の七人~極~』3・22マチネ

席の見え方が気になる
IHIステージ・アラウンド
14562.jpg

この劇場 いつもどこかステージの
一部分が見えなくてストレス大きいんだな。(爆)

今日は・・・前席のお二人とも
ちょっと大柄な男性、
こりゃ見え難いかなと思ったのですが
センターブロック端寄りだったので
肩と肩の隙間から なんとかセンターの
お芝居は見えて
前回のセンター位置の舞台 前ノメラーさんに
遭遇した時よりは 良いかも。
VACでお願いした席だったのに
最後方から数えて 4列目だった(爆)
少し前のめり気味になられると
半分見えなくなる時もありましたが
姿勢を戻してくれたので
スタッフさんに泣きつかずに済みました。
もう ほんとこの劇場で 見やすさは期待
出来ないなぁ~
14563.jpg

14564.jpg
上演時間はこんな感じ
さすが新感線!


『修羅天魔~極~』

極楽太夫/雑賀のお蘭・・・・・・天海祐希
兵庫・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・福士誠治
夢三郎・・・・・・・・・・・・・・・・・・竜星涼
沙霧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・清水くるみ
カンテツ・・・・・・・・・・・・・・・・三宅弘城
狸穴二郎衛門・・・・・・・・・・・・山本亨
ぜん三・・・・・・・・・・・・・・・・・梶原善
天魔王/織田信長・・・・・・・・・古田新太
迷企羅の妙声・・・・・・・・・・・・右近健一 
三五・・・・・・・・・・・・・・・・・・・河野まさと 
贋鉄斎・・・・・・・・・・・・・・・・・逆木圭一郎 
およし・・・・・・・・・・・・・・・・・・村木よし子
波夷羅の水神・・・・・・・・・・・・坊吉田メタル 
浅黄・・・・・・・・・・・・・・・・・・・保坂エマ 
清十郎・・・・・・・・・・・・・・・・・川原正嗣 
宮毘羅の猛突・・・・・・・・・・・・原慎一郎

服部半蔵ほか・・・・・・・・・・・・武田浩二 
加藤学 川島弘之 南誉士広 熊倉功 
縄田雄哉 藤田修平 北川裕貴
穴沢裕介 生尾佳子 小川慧 上垣内平 
小板奈央美 鈴木智久 鈴木奈苗 
田代絵麻 鉢嶺杏奈 森加織 渡部又吁
(敬称略)

無界屋蘭兵衛のいない髑髏城
捨之介のいない髑髏城でした。

新キャラ 夢三郎!
斬新なキャラかも (笑)

天魔王
信長の影武者設定
極楽太夫 雑賀で
武器は鉄砲
天海さん
心臓に負担かけると
心配と思っていましたが
殺陣シーンは抑えられていた。

捨之介役と極楽太夫を
ミックスして 作ったような
キャラでちょっと中途半端な印象

沙霧・三五・ 狸穴二郎衛門がいて
鴈鉄斎がいて カンテツも
いや あれだけ連呼してるし
タナカなのかも?(笑)

セットに 無界の里
離れが増えた。

白かった曼殊沙華は赤に。
曼殊沙華の間を
髑髏城に向かうのは・・

髑髏城の七人
蘭兵衛がいない
捨て之介がいない

どうやって七人になるのかと
思っていたら

極楽太夫
沙霧
兵庫
三五
カンテツ

清三郎とぜん三 が
加わって七人でした。
ちなみに カンテツは
今回は 武器が鉄砲なので
鉄砲鍛冶です。
でも何でも 研いじゃうけど(笑)

効果音が 小気味よい
いのうえ歌舞伎。

今日は 前の方の頭で
あまり良くは見られなかったけど。
IHIステアラのスクリーン機構も
効果的に使っています。

燃え上がる髑髏城
赤い照明に紙吹雪を散らし
それが まるで火の粉のように
見えて美しさえ感じました。

これでストレスなく
舞台が見られたら言う事
無いんだけどなぁ~



『マディソン郡の橋』3・21東京千穐楽


もうこの日が来てしまった。
東京公演 千穐楽。

FC会に申し込みしたチケット
残念ながら落選だったので
プレガなど申し込める所はすべて
申し込みしたけど玉砕(泣)
一般発売も繋がらず
それでもわずかな望みに
キャンセル待ちにトライ
やっと確保した一枚のチケットでした。

後方ですが 視界良好
オペラグラスも忘れずに
集中!(笑)


フラニーが戦争花嫁として
このアイオワに来た時の歌から
バドと子供たちが
インディアナポリスに
出かける様子

今日も マイケルはドア閉めて
なんで閉めるんだ~って
時間がない 置いてくぞ~みたいに
いいながら キャロラインを待ち
空を眩しそうに見上げるバド

駆け足!とキャロラインを
蹴る真似をしながら
フラニーに向き直ると
甘々なバド
今日も しっかりとハグしてから
出かけて行きました。


ちょっと感情の機微に疎い
しかも自覚してる歌もあるし
まっすぐにフラニーを
愛してるバド。

繊細で 分類不可能な人
いままで出会ったことのないタイプ
初めて味わう感情に戸惑う
フラニー

バドからの電話に
答えるフラニーの口調が

ポーチで寝るなよ
ベッドにいけ~という
バドの優しい電話も
フラニーを止められない。

フランチェスカー~~~の声
今日もさらにハイテンション
はい 伝えます!が子供みたいな
言い方になって
じゃねと電話を切られると
早っ! って言ってた。

フランチェスカと二人
台所で 一緒に手伝い
美味しいコーヒーを
入れてくれるロバート
故郷ナポリの香も持っている
ロバートと 奇跡の出会い
バドは何時に夕飯だ?って
聞くだけだものね
お手伝いはまったくなさそう。

舞台手前では
バドと子供たちのシーン
奥は ロバートとフラニー

舞台下手 半分だけで
演じられるシーン

両サイド 暗幕で覆い
センターだけの舞台だったり
熱気はあるけど 派手じゃない。

ロバートのトラックも
ベンチみたいで
祐様ロバートは少しだけ
ハンドル回す手の動きは
あったけど・・・
4人家族の乗った
バドの運転する車は
音だけで表現
車は影も形もない(爆)
危ない! フランチェスカと
バドが彼女を庇った時
ライトらしき照明は見えたかな。

演出だと思うけれど
並んで4人が立つ。
こんな表現も成り立つのか。
もう 千穐楽だけど
書いて見る。(笑)

戸井さんと禅さん二人の
最後の願いは♪
毎回 聞いてて泣けて来る。

この地で
辛いばかりの長い人生を
仲間と生き抜いた二人。

この地に畑に横たわって
眠りたいと歌うチャーリー
フランチェスカに歌うバドは
残すのは お前への愛を
最後に♪と歌う

歌部分 芝居部分 ガッチリと
魅せてくれて
ダンス部分は 加賀谷さん担当
彩乃さんも 姉キアラ役で踊り
マリアンも・・・。

キャストの皆さん
全員 役に嵌って
牛のスティービーも9人の仲間
9人と一頭
頭だけだけど。

つまり見どころたくさんだったと
言いたかった(笑)

カテコでは スティービーも出てきて
カテコに並んだ(笑)

というのも 千穐楽なので
キャスト一人一人のご挨拶があり
加賀谷さんが持っていた
スティビーを 持ってようか?と
横から手を出し持ちたそうな禅さん

受け取って嬉しそうだった。(笑)

ご挨拶終わって ラストのカテコ
禅さんと 加賀谷さんの間
はスティービーが並んだよ~

ごあいさつで皆さん
大阪にきてね~って言うから
見収めに 大阪行くっ!(爆)




『マディソン郡の橋』3・20ソワレ

マチネ後 軽食を済ませ
戻ってきました @シアタークリエ

お天気が悪いので
満員御礼の札は室内、
14497.jpg

寒いけれど 公演は熱気に溢れています。
お芝居が熱い。

チャーリー×マージ夫妻
なんとも言えないピッタリな夫婦感。

マイケル キャロライン兄弟の
喧嘩も リアルで共感を呼ぶ。

2幕 冒頭で インディアナポリスの
品評会 会場、
なぜか 舞台上にいるバド(笑)

司会者の見事なパフォーマンスに
やってみて!と言われ
客席に向かって
演っていいの?アピをするから
ここで拍手が起こるようになった。(笑)

・・で 肝心のパフォーマンス
微妙にスピードアップしてる?
でも踊れていないって
直ぐ止められちゃうけど~。

マイケルやキャロラインも
加わってのパフォ
皆がロディオの馬の首に
ロープをかけるような振りするのに
禅バドだけは 左右に手を振るだけで
回してない。
あれでは ロープ投げられないね(笑)
次のシーンの用意があるのか
捌けて行くのも早い!

マイケルの 農業用フォークを
持ちながらの歌
キャロラインに繋ぐのに
緊張で大変なキャロラインに
カウボーイ姿の加賀谷さんが
ジャグリングのようにして
ホットドッグ?を投げ渡す。
キャロラインは 一口かじっては
手から話すのを大きな袋で
受け取るんだけど‥
マチネ?ソワレどちらか
わからなくなったけど
袋に収まらず・・床に落ちてしまったら
拾って フーフー吹いてた。(笑)

以前落ちてしまったときは
埃を払う仕草だけだったけど
細かい~(笑)

電話をかけてくる バド
フランチェスカ~~~♪
ちょっと声が裏返った
もの凄いハイテンションぶ振りに
会場から笑いが起こった。

最終審査に残った~
ヤッター ヘイ~~の
アドリブ入った! (笑)

じゃね!と電話を切られ
早っ!って言った事も
あったなぁ~


マージの フライパン返しも
失敗の回もあったなぁ~
こちらも毎回毎回
クルっと返す 職人技になってる。
歌詞は聞き取れないところも
あるけど この回数を見れば
流れはバッチリ

この公演
不倫の作品と言われて
フラニーとロバートが
惹かれ合った4日間があって。

それを封印して生きたフラニー
周りの人たちも含めての
人の生き様を描いた作品と
見えるので 周りの方々のキャラが
浮き彫りになる何気ないシーンが
とても愛おしい気がする。
帰宅が遅くなっても
残り公演 あと一回!
しっかり見ておかないと。

明日は 千穐楽だっ
荒れ模様の雪予報

負けないぞっ!

『マディソン郡の橋』3・20マチネ

本日 マディソン・・マチ・ソワ(爆)
とにかく禅バドを見られる回数が
減って来たので 内心穏やかでない(笑)

舞台上の登場人物は
その舞台だけで 消えていって
しまうから・・

もし、再演が決まっても
年数経過と言う避けられない壁、
出演者が同じ奇跡!があっても
同じ 役を演じていても
確実に同じキャラではない。

だから~ 何回でも見るの!

前々楽のマチネ
禅バド・・セリフがオカシイとこあった。
プレビュー公演でも間違ったとこ
鬼門?(爆)

キャロラインの牛
あいつは 地区大会で優・・・と
言いかけて うンって詰まってから
州大会で優勝した牛だぞ♪と
言い直してた。

涼風フラニーとの間合いは
リズミカルで、とても間がいい。
戸井チャーリーと
伊東マージの間合いも
絶品だなぁ~。

共演回数が多いだけの事ある、(笑)
先に天国に逝ってしまったり
(回転木馬)
女王陛下と臣下だったり
(パイレート・クイーン)
政略結婚の夫婦だったり
(マリー・アントワネット)
死の帝王に奪われてしまったり
(エリザベート)
今回のような甘々夫婦役は
初めてかも。
甘々過ぎて すこしウザがられないか
心配しているところです。(爆)
結局不倫で 祐様ロバートに
4っ日間は奪われてるけど。
でもラストまで 事実を知らないまま

品評会に出かけて行く直前の
スキンシップ あっさりだった
プレビューから 徐々に変わり
最近ハグをしてからだったのに
今日は フラニーの首にかけた
紺のタオルの両端っこを
チョンとして そのまま出かけていった。

ランチ持ってけ~とバドパパ。
ランチ持ったマイケル
パパがすぐ後からくるのに
ドアを几帳面に閉めるから
なんで閉めるんだよ~とか
ブツブツ(笑)

何度か電話するパパ
する度にフラニーの
様子が 変わっていく。

かえって来た時は
マイケルは、 ドア開け放しで
後から来たバドパパが
閉めてるから~(笑)

頭だけの牛のスティビー
片耳をピクピクするのが、
バド・パパのお顔を
べろ~~んで舐めるのが
可愛くてたまりません(笑)


帰って来たパパ
長時間運転 マイケルの反抗
納屋で洗濯物を取り出しながら
見せる表情は 放心したような
マイケルの事を心配してるようでもあり
フラニーの呼びかけに
我に返ってフラニーの話を
聞こうとするけど‥・・・・。


フランチェスカ~~~~
異常なハイテンション(爆)
酔っ払って一日帰宅が
延びる事を告げて
電話で続けて話そうとすると
切られてしまうタイミング
切られたバドが呆然とするほど
早くなってる。(笑)

小道具として電話が
上手く使われている

バドのお葬式の時の
無言電話…多分ロバートからと
想像させて暗転。

この辺のまとめ方
好みの終盤。

今日の公演も終わり 東京公演も終盤
祐様ロバートサポートによる
ジャンプ・カテコ
わりと恒例になった様子、

禅バドあたりからは
サポートしてもらわず
勝手に ジャンプ
最後には祐様ロバートも!(笑)



『マディソン郡の橋』東京残り3公演


明日の2回公演・・・
あっ も今日ですね。(笑)
翌日にはもう 東京千秋楽です。

早い 早過ぎるっ!

もっともっと見たい演目なのに。

明日も明後日も 日比谷通い。
目指すは シアタークリエ (笑)

一瞬で~♪

アイオワの地に連れてって
くれるキャストさんたち。
かの地で生き抜いた
隣人たちと
フランチェスカ一家
そして 旅人ロバート。

まだまだ見足りないんだ~。

だけど 3公演連続は
ちょっと キツイかもネ(爆)

『赤道の下のマクベス』3・18マチネ

14350.jpg


@新国立劇場 小劇場

3月 シアタークリエに通っている
最中なのですが
日曜・・・と言うのに クローズ貸切
どちらかの会社?でしょうか。
一般にはチケット購入ならず。

フラニーのセリフじゃないですが
早々と諦めを覚え
他の公演のチケを押さえました。

それがこれ!
奇しくも 演者9名の作品でした。
舞台は 刑務所。
BC級戦犯として捕らえられ
いつ 死刑執行されるのか
わからない状況、

舞台セット 独房部屋6室のドア
奥の高くなった場所は
首吊りの処刑台

独房前の共通巣ベース、
顔を洗い 歯を磨き
将棋代わりの石を並べ
配給されるビスケットを
頬張る。

最初は5人の囚人だったが
新たに一人連れて来られる。
一旦は無罪として釈放された男
再び囚われ 6人に

看守A 看守B その上官
ナラヤナンで 出演者
9名が揃った。

無罪と力説し
明日に希望をつなぐ者
故郷に思いを馳せる者
ただ 自分の不運を嘆く者も・・・

日本国軍人大佐
下級軍人
朝鮮人だが日本軍の下で
虐待行為をしたとされ囚われた者

泰緬鉄道を完成さえるため
捕虜を 強制労働に駆り立て
死なせたと言う罪

同房のドアから壁には
鉄道の駅名が書き連ねられていた。

演劇を目指していた若者は
ここでも マクベスの台本を
手放さない。
複雑な思いを抱える者同士が
日々の出来事の中
本音を吐露してゆく。


出演
朴 南星(清本南星)・・・・・・・池内博之
黒田直次郎・・・・・・・・・・・・・平田満
山形武雄・・・・・・・・・・・・・・・浅野雅博
李 文平(清原文平)・・・・・・・尾上寛之
金春吉(金田春吉)・・・・・・・丸山厚人
小西正蔵・・・・・・・・・・・・・・木津誠之
ナラヤナン・・・・・・・・・・・・・チョウ・ヨンホ
看守A・・・・・・・・・・・・・・・・岩男海史
看守B・・・・・・・・・・・・・・・・中西良介
(敬称略)

民族の感性の違い
家族との関わり方も違う
舞台を、 死を待つと言う
極限状態に置いて
本音を役者に語らせる。

孤高であれと 寡黙な軍人
その軍人を上官として
接する下士官
その軍人を
全ての元凶と恨む者。

強い意志を持った
マクベスの台本を
離さない青年

それぞれの人々の
背負った何かが
明らかにされて

その日は突然やって来る。
三名の名が 読み上げられ・・

死に赴く者と残される者
その心の交流がとても哀しい。


今日は『赤道の下のマクベス』

日曜・・・と言うのに、
『マディソン郡の橋』に
行く事が出来ません。

クローズド貸切りのようで
チケットが買えない~(泣)

フラニーに甘々な バドを
見る機会が 一回減ってしまい
残念~。
その分 他の日程で
詰め込んだけど(汗)

貸切公演 一部席だけでも
解放されていれば
チケ戦線に加わるのに
本日のは クローズドらしい。
仕方なくチケ鳥諦めて、
別の演目を見に行ってきます。

『赤道の下のマクベス』
こちら かなり重そうな舞台ですが・・・。

『マディソン郡の橋』3・16マチネ

@シアタークリエ

手持ちチケが少なくなって来て
今から寂しくなってる
今日この頃です。

本日も 落ち着いた舞台
アイオワの大地で 生きた
人々・・

まず キャロラインたちを
連れて出かけてゆくバド

見送るフラニーを
最後の最後は
おでこチューだけでお出かけだったのに
中日過ぎてから?
ハグしてから 消えてくようになった。(笑)

出かけたくないとゴネるキャロラインに
自分の判断を信じなさいと

ロバートとの会話の中
マイケルの 自分で判断する
力を バドは奪ってしまうと
フラニー言わせてる

奇跡の4っ日間ののち
愛の選択に苦しむフラニー
自分の判断を信じないと。
しかし事の成り行きは
バドへの告白の直前
マイケルの騒ぎ

再びの町での再会
家族と一緒 アイスクリームを
食べにくるのも 壊れかけた
家族の絆をつなぎなおそうとする時

寄り添い手を取り合う二人は
心の表現・・

取り合った手を
家族が動き 取り囲む
あれはきっと 家族の
フラニーへの愛と信頼感。
手を離してしまうのが
フラニーの愛の選択。

ロバートと飛び立とうとする
フラニーを引き留める
出来事が重なるって
やはり飛び立てない方に
物事が動いてる。

2幕のはじめ
マイケルの フォークを使った
パフォーマンス
そして キャロラインとカウボーイの
ジャグリングのような
キャッチ・ゲーム があるのですが、
先日 キャロライン投げると
カウボーイ加賀谷、
受け損ねて 床に落ちちゃったら
何てことなさそうに拾って
ついた土を払ってた。(笑)
いとも自然な動作だったなぁ~

今日は 無事キャッチ
あちこちと小道具使いが多い
舞台だから~(笑)

思い出し き忘れたけど
14日だったか
ブランデーを開ける
祐様ロバート、
栓を抜くとき
勢いあまって派手に
こぼしてしまう アクシデントも
あったっけ。(笑)

ベテランさんが多くて
少しくらいのアクシデント
全く問題にしないっ!

笑いを誘うシーンも
嫌味なシーンはなくて
暖かい。

今日も 禅バドの美声が
響き渡って大満足な舞台。

俺にしたらお姫様♪
アリスの・・白いナイトを
ちょっぴり思い出すけれど・・。(笑)

後半 戸井さんチャーリーと
二人歌い継ぐナンバー
気が付けば・・(泣)

ロバート祐様も熱いっ!

この舞台 後半の魅せ方に
グンっと引き込まれます。

チャーリー バド
おそらく 後を追うようにマージ
手紙を残して 愛を告げて
最後を迎えたであろうロバート。

ナショナル・ジオ・グラフィックの
事務員ジニーとの
最後の電話もさりげなく泣かせる。
不倫だけど‥
それが 人の生様の中に
組み込まれていて 映画とも
また違った作品。

逝ってしまった皆も
一人残されたフラニーを
囲んでの ラスト。

このシーンも 暖かさを
感じさせてくれる。

本当に 手持ちチケットが
無くなってゆくのが寂しい。



『夏への扉』 3・15マチネ

@サンシャイン劇場
14245.jpg


高いセット
あちこちにドア
両サイドに階段もあります。

どれか一つは
きっと夏への扉。


震災の年 3月
公演チケットを取っていたのですが
前日に四季劇場 夏で
公演中だった『美女と野獣』観劇中に
あの大災害。
公演中止になり 駅まで戻っても
列車は運休のままで動く気配なし
帰宅難民となりました。
翌日 動き出した交通機関で
キャラメルさんの公演時間には
人のごった返す乗換駅でした。
自宅に向かう列車に乗れるかどうか
・・の状態で 劇場行きを諦めたのでした。

その公演が再演
あれから 7年・・・やっと見られます。
実はDVDでは見ている!(笑)


出演
ダニエル・ディヴィス・・・・・畑中 智行
ピート・・・・・・・・・・・・・・・・筒井 俊作
リッキィ・ジェントリィ・・・・・木村 玲衣
マイルズ・ジェントリィ・・・・大内 厚雄
ベル・ダーキン・・・・・・・・・原田 樹里
ジョン・サットン・・・・・・・・・井俣太良(少年社中)
ジェニィ・サットン
・・・・・百花亜希(DULL-COLORED POP)
勤勉ビーバー・・・・・・・・・金城 あさみ
チャック・フロインテンバーグ・・竹鼻 優太
マクビー・・・・・・・・・・・・・・・・・元木 諒
ハイヤード・ガール・・・・・・・・・石川 彩織
万能フランク・・・・・・・・・・・・・島野 知也
製図屋ダン・・・・・・・・・・・・・・矢野 聖
(敬称略)



大内さん以下は
主要な役を書きましたが
ほかにもいろいろ演じてらっしゃいます。

店員だったり 博士だったり
医師だったり・・・

才能あるロボット技師
ダニエルは、勤勉ビーバーや
万能フランクなど 夢のような
ロボットを作り
友人のマイルズと会社を
設立 成功を収めていたところに
現れたベル・ダーキン。

彼女の登場で ダニエルは
会社を追われてしまのです。
マイルズの娘 リッキー
ダニエルを慕っていて・・・
ダニエルもリッキーが好き
リッキー 当時11歳。

ピートは・・猫
かわいい・・・?!
ちょっと大柄ですが実は軽い。(笑)
ダニエルとリッキーに近しい
愛すべきキャラ。
時にストーリー・テラーにも
なります。

その時代 タイムスリープが
あったのかどうか?は
小説の中のお話ですが
会社から追い出されたダニエルは
手元に残った資産を
リッキーに残し この時代から
逃げ出そうと タイム・スリープ!

冷凍になり 時代を過ごし
希望の年代でよみがえるというもの。

浦島太郎状態になるダニエル
しかし このタイムスリープで
リッキーとの年の差がネ


まだまだ舞台は不思議な
ドンデン返しがたくさんあり
タイム・スリープだけじゃなく
タイム・スリップもするし、
リッキーまでタイム・スリープ
しちゃって
そして ハッピーエンドの幕!

生では見られなかった舞台は
DVDで拝見
当時のキャストさんもわかるし
ストーリーも知っていました。

ダニエル役 畑中さんは続投ですが
キャスティングが ガラッと変わり
生まれ変わっている印象。

あの役は西川さん 演ってた~
あの役は…岡田さんだった~と
思い浮かびますが
キャストが変わっても ベースに流れる
キャラメルボックスさんらしさは
健在です。

次の舞台は 『無伴奏ソナタ』!
ハテナ気象台も届いたし
さっ チケ鳥忘れないように
メモ メモ・・。

今日の舞台は カテコに
撮影OKタイム!

筒井さんの号令で スタート
舞台の一部 ちょっとだけ
演ってくれました。

14243.jpg


舞台上のいくつものドア
わかります?(笑)
#夏への扉




宝塚花組『ポーの一族』3・13マチネ

『マディソン郡の橋』に どっぷり!
のはずですが本日は休演日。

劇場は劇場でも お向かいの
東京宝塚劇場に来てしまいました。

運よく当選した 『ポーの一族』
2回目を見られました。

ビジュアルだけでも
期待値マックスの明日海エドガー
青いカラコン クルクルパーマの髪
少年ぽさ 透明感のある
エドガー・ポーツネル。

共に 孤独の旅を続ける
友人の柚香・アランも 嵌り役

ポーの世界が再現!
松明を持った村人の
お屋敷襲撃は 美女と野獣を
思い出してしまいますが・・(笑)

我らは一族♪
使われるメロディも
キャッチーな部分もあり
親しみやすい。

バンパネラ研究家の3人が
彼らと出会った時のことを
話す形で見せてくれる構成
宝塚らしい魅せ方は不変

2幕もので ショーは短いけれど
しっかりと見せてくれました。

降霊会など ちょっと取ってつけた
ような感もあるけれど
銀の銃弾を渡すための
導入部か
キング・ポーを登場させる
ためのシーンか。
海辺の小屋に近づくなという
警告は 役に立ってないけど(笑)

孤独なエドガーが浮き彫りにされる
窓から現れるエドガーも
美しいシーン。

宝塚は 美しく 楽しくて・・

宙組の『天は赤い河のほとり』のチケットも
取ってしまった。




『マディソングの橋』3・12ソワレ

禅さんお写真に釣られ
急遽増えた一公演

今日も『マディソン郡の橋』です。

普段あまり惹かれない
公演グッズも
マディソン公演タオル
禅さんが首にかけて自撮り
ツイッターに挙げるという
販促?に ノセられ買ってる!(爆)

どっぷり『マディソン』に浸ってます。
今日も ゆっくりと家を出て到着!
@シアタークリエ
30分前には劇場ロビー

すっかりお馴染みになった
音楽も…このキャストでCDが欲しいな。

それぞれのシーン
とても丁寧に作られていて
見慣れてくると 一幕では
油断すると ふわっと意識が
飛ぶようなシーンがあったり
なかったり・・(笑)
だいたい祐様の心地よい
アルファ波出まくりの
素敵な歌声・・(爆)
そして 見終わると
素晴らしい舞台を見た!と
満足出来て
カテコになってスタンディングは
もちろんの事。(笑)

そういえば 思い出し、
ソワレ公演だったから
10日公演かな?
珍しく 禅さんバドが、
~地区大会 州大会で
優・・優・優勝した牛だぞ!~
って言い方になってた。

長い公演 こんな珍しい時に
めぐり合う事もある。(爆)

11日で 中日(なかび)ですか?
あれだけ 待った気がしたのに
始まってみれば アッという間に
折り返してる。

見られる回数が残り少なくなってゆく。





『マディソン郡の橋』3・11マチネ

日曜日 一回公演
弦の静かな響きから
涼風フラニーの甘やかな歌声

兵隊さん姿 戦争花嫁
300エーカーの未開の土地
トウモロコシ栽培農家?

ラジオで聞くのも
とうもろこしの価格ばかりって
言うフラニー

映画版とすこし構成が変わり
娘と息子は 母の秘密を知らない。

バドと子供たちが
牛の品評会に出かけるところから

だだっ広いアイオワ
全国大会の行われる
インディアナポリスに
行くのにの、3日がかり。

家族の日常 非日常
フラニーの故郷 生い立ちまで
細かに描かれていて

それでいて しっかりミュージカル!
確かな表現力で 歌い
ハーモニーも美しい。
どうしても 禅さんの声が
突き抜けて聞こえてしまうのは
ファンなもんで‥お許しくだされ(笑)
しかし このメンツで
バック・コーラスって贅沢。


華やかな衣装も
豪華な 宮廷のセットも
ないけど~
だって農家だから(笑)

狭いキッチンで
氷に指がくっついた~とか
フラニーの手伝いする
ロバートさん
カポチャ 玉ねぎ~て
とても微笑ましい。

キッチンとダイニング
納屋に行くっていうけど
舞台袖に消えてく~バドっ(笑)
2Fのベッドルームなんて
ベットしか置いてない(笑)

そもそも タイトルの
『ローズマン・ブリッジ』が
映像すらも 出てこない。

カメラマンのロバート
巻き上げ式のカメラ
巻き上げてる?
手元でちょっとやってるみたい・
デジカメじゃないんだから
もっとファインダーを
しっかりのぞかないと~
ちゃんと撮れるのかと
余計な心配しちゃう。

二人の会話が 相性の良さを
感じさせて 恋に落ちた瞬間には
ピンスポ!(笑)

マリアン
今日 音響のせいか
ちょっとうるさい感じに聞こえるの
気がする。
聞こえないより 断然良いけど。(笑)

ナショナル・ジオ・グラフィック
彩乃さん 金髪ボブで眼鏡
・・すっかり変身してるけど
印象に残る。

9人が 9人とも
フルに見せ場がある。

見る回数が増えても
辛くない 満足度。

ロバートとフラニーの
不倫が取り上げられるけれど

バド マイケル キャロライン
マージ チャーリー他
全ての人々の生き様が
鮮やかになって来て
安らかに老いて
死を迎えて。
愛を残したまま
離れたロバートも

フラニー
切り取った写真の
景色が色あせても
思い浮かぶのはあなた~♪

ここの歌いあげの祐様ロバート
入り込みがすごい!

フラニーの心には
あの時 ロバートと
飛び立っていたら・・
子供たちの成長も
見届けられなくて
幸せはあったのだろうか?
確かに愛があったけれど
あの時の選択に悔いはないと歌う
ラストに泣かされる。

一人 椅子に座り
ロバートからの手紙を読む
フランチェスカを
皆で 取り囲む。

フラニーを見守ってる感が
大好きなシーンになった。

『マディソン郡の橋』追加リピチケ追加分

禅さんお写真が付くとあって
すぐに購入したチケットの日。(笑)

いえいえ ちあう 違うのお写真は
4種類あるんだけど
自分が選ぶのは禅さん・・・なのね(笑

※ お写真 祐様ソロショット かなめさんソロショット
禅さんソロショット 祐様 かなめさん以外の
キャストさん で4種類


行ける日を言って
取れるお席を見てもらって・・
お写真の希望を言って
その時点でサイドだけれど
9列目でした。!

禅さんを見るのは
この舞台下手が美味しい気がする(笑)

なので下手ブロックチョイス
普段はあまり行かないようにしてる
ソワレ。

ゆっくりお出かけ
ゆっくりお帰り(爆)

祐様 お声が少し疲れて
感じるところもあったけど
ロバート は 絶好調、

禅さんも ノリノリで
2幕あたま 加賀谷カウボーイに
踊りをどうぞ?って
言われると 客席のほうを見て
拍手が出ますよ(笑)
ぎこちない踊れなさに
足の動きを入れて
進化してる(笑)
どんな進化かは…(爆)

な~~~んにもない
アイオワの大地に
根付き生きた人々

チャーリー バド
おそらくマージも
畑に眠っている事だろう

確かに不倫を見せているけど
それだけじゃない物語。

今日も バドの最後の歌あたりから
泣かされて来た。



『マディソン郡の橋』3・10ソワレ


ソワレのお席 グンと後方に下がりました。
舞台の 上 3個の白い大きな
フレームがセットされていて
舞台進行の合わせ 並んだり
一つだけ低めに降りてみたりが、
きれいに浮き上がって見えます。

全ては このフレームの中に
詰め込まれているという事でしょうか?

アイオワの大地も
二人の4日間の愛も
この大地に生きる人も。

家族と残る選択をした
フラニー

枠から飛び立てなかった
彼女を包むフレームなのかも。

回を追って 役が自然に伝わって。
ギャァギャァと騒がしい
キャロライン
反抗期ぽく 生意気そうな
マイケル

フラニーの様子が 気になって
仕方ない人の好いマージ
無頓着そうだけど
包容力のあるチャーリー

ダンサー加賀谷。
影ロバート &牛!
だけじゃないけど(笑)

マリアン お隣のお嫁さん
事務所の彼女
可愛いCOWガールと

ほかにご注文は?
ごゆっくり!
不愛想なウエイトレスは、
このセリフで笑いが来る。(笑)

皆さんも しっかり枠にハマった。
・・・と思う

ここに来たら もらい泣きの
祐様の歌い上げシーンで
最高潮

舞台上で 皆生きていた。
そう思えるラスト

いいなぁ~

次の『マディソン』予定は

・・ あっ明日だ(爆)







『マディソン郡の橋』3・10マチネ


昨日のマチ・ソワ・・
まずは マチネ公演から。
おけぴ観劇会公演。

人物相関図が
配られました。

この物語、たった9名

一つの役を ず~~~っと
演じるのは 祐さまロバートと
涼風フランチェスカ
舞台上では フラニーと
呼ばれる事が多い
フランチェスカ

そして フラニーを連発する
ダンナさまは、
禅さん演じるバド
こちらの バドも愛称?
リチャード・ジョンソン。

フランチェスカが
兵隊さんたちと出会い
アイオワに来る様子が
歌われますが
このシーンで
兵隊さんと花嫁コンビ
石川新太×島田
戸井×伊東
加賀谷×彩乃って組み合わせ、
センターで歌うフランチェスカに
バドが現れます。

息子と娘 マイケル&キャロライン
ロバートの元妻マリアン
お隣のご夫婦は
チャーリーとマージ


加賀谷さん 実にいろいろな役
影ロバート カメラを手に持って
踊るシーンがあり

かなみん(彩乃さん)演じる
元妻 マリアンとの出会いの
エピソードもあり

フラニー・バド夫婦と
チャーリー・マージ夫婦が
助ける ご近所の若夫婦も
演じてる

ほかにも まだまだ
牛の品評会会場
インディアナ・ポリスでは
加賀谷さんの頭だけ牛とか
彩乃さんのcow・ガールとか。
この牛が・・・かなりキュート!(笑)
お耳ピクピク
バドのお顔を 大きな舌で
べろ~~ん(笑)

ラジオの曲から舞台上に
現れるクラブ・シーン
加賀谷さんMC
伊東さんが歌えば
花束持った戸井さんが
来るし コーラス隊は
キャロラインとマイケルと
・・かなみんだし。

フラニーのナポリにいた時の
回想シーンでは
フラニーは島田さん
姉のティアラ
ここにも彩乃さん登場。

ティアラの相手の
兵隊さんは、 加賀谷さんと
戸井さんですね。
お顔暗くて わかりにくいけど
多分そう。

フランチェスカの
若いころの恋人
石川新太くん
つなぎのジーンズ
招集され 兵隊さんにもなる

2幕の幕開け 客席通路から
キャストの登場があって
とても賑やか
インディアナ・ポリス!
手拍子も誘われます。
加賀谷さんとバドは
舞台上 加賀谷さんの
振り やってみて!と
言われるバド
会場からも拍手
・・・・でも ヘタレな動きは
お約束(爆)

通路から出て来る
マイケルとキャロラインに
なにか言われてそう(笑)

そして舞台奥はアイオワ
祐様ロバートと
フラニーのつかの間の
4日間が進行中。


ロバートの所属する
ナショナル・・・なんとかグラフィック(笑)
の事務員さんも 彩乃さんが
化けてます。(笑)

登場人物は これくらい
話だけに出てくる人も。

そして 今までも書いたけれど
基本 全員が 善人なんですね

18年・・アイオワの地で
過程を築き 夫もちょっと鈍感で
懸命にフラニーを思ってくれる。

16歳マイケル 反抗期。
キャロラインもマイケルと喧嘩ばかり。

ロバートとの出会いが
奇跡のようでも
家族を捨てる事は出来ない。

父親とマイケルとの確執も
フラニーを家族のもとに
引き留めた原因かも。


双眼鏡で偵察する
隣人も おせっかいで・・・
でも本気で心配してる。
暖かい人たち(笑)

たった 4日間だけど
生涯忘れえぬ愛・・
家族の愛も確かなもの。

ロバートも待っていると
言い残して去ったあとも
彼女からの連絡を待ち続けて
最後の手紙を残して
この世を去った。

一人残ったフラニーは
今も 自分に問いかけているのだ
そんな終章だけど

チャーリーも バドも
最後に♪

大地を守れと・・

生き様は受け継がれる♪
フラニーに愛を残すと
幸せなまま 去って行くバド
ここ 美声で聞かせてくれて
ここで つい泣かされてしまうなぁ~

まだ続きがある(笑)
カメラマンを引退と伝える
ロバートの歌いあげる曲

素晴らしい景色の写真が
色褪せる中
思い浮かぶのはあなた。
ここの祐様 泣いて泣いて・・
懸命に歌い上げるんだ。

カテコ おけぴ観劇会でした。
なのでちょっとご挨拶
そして 祐様の 一人ずつ
ジャンプ大会も ありました。
何度みても また見たくなる。

だから ソワレも頑張れる!(笑)








マチ・ソワ『マディソン郡の橋』


本日 充実の『マディソン郡の橋』
マチ・ソワ観劇でした。(爆)

生きる・ 愛 ・ 幸せ
家族もテーマかな?
この作品 セットはあっさりでも
内容がかなり重い・・・かも。


それを マチネ公演
そしてソワレ公演

演者さんも大変だと思うけど
見るのもけっこう消耗するのよ(笑)

舞台の世界に入り込んで
身じろぎするのも忘れて
舞台の上の世界を味わいます。

無事 2公演見届けました。
明日は クリエ・マディソン
中日(なかび)公演?

行けるだけ行くの
禅さん出演公演だし
明日のチケットもある。

明後日も 写真つき特典
もちろん禅んさんチョイスで
ソワレ 追加(爆)

3日で 4回の
マディソン公演

さすがに 行き過ぎ!の
自覚はあるけど
やめられな~い。(爆)






『フリー・コミティッド』@成河さん

『フリー・コミティッド』
会場は DDD 青山クロスシアター
こちら キャパ200席のかわいい劇場
お席が取れれば 舞台にとても近い!

チケットが取れればっ!(笑)

成河さんが たくさんの役を
演じ分けると言うので
チケット取るのも 気合入りまくり。
某所で 先行扱いがあるのか
問い合わせまでしました。


この思いが伝わったのかどうかは
謎ですが・・・本日 当選メール来た~~~。

やったね。(笑)

先日の 連続6公演落選メールの
傷が、少しだけ癒えました(単純!)
r落選メールばかりの公演も
一般で ギリ滑り込んだし。

明日は 四季公演の
会員先行もある
『ピーターパン』も
ドリーム・シートは明日から先行ね
フック船長 誰になるのかなぁ~。

観劇前に確保っ出来たらいいな。
明日は『マディソン郡の橋』 マチ・ソワなので
開演前に 出先でチャレンジしないと。(爆)





『マディソン郡の橋』缶バッジ企画

絶賛上演中!
クリエで、21日までの公演で
その後 大阪へ。

遠征組なので 大阪一公演
日帰りで行く。
新幹線チケットも用意した。

そんな折 販促企画が出た!
こりゃ 販促じゃなく 反則だわ。

前回同じような企画があって
なんだかな~って思ったんだけど
劇場ロビーで交換の交渉したり(爆)
さらには オークションで
かなりの値段で落札されてたのを見た。
ご贔屓さんのグッズが確実に手に入るなら
チケ追加もしますが
選べないのであれば
チケ追加は無理。

梅芸さんで またやるんですね ⁉

たった一日 遠征組だもの。
諦めが先に立って
逆に テンション下がる。(爆)

歌詞のように
あなたに出会えた奇跡!とばかり
ご贔屓さんの缶バッジが
貰えるなら 嬉しいけれど
シークレットでランダム
全公演 通っても 6公演しか
ないのに 11種類って。
フル・コンブも無理。
いったい どうしろと?

種類多すぎて ご贔屓さんに当たる確率
ますます低いし フルコンブも無理。
これ 販促にはならないと思うのですが(爆)
いったい 誰得?

『MUSASHI~ムサシ~』3・7マチネ

@彩の国さいたま芸術劇場

シアターコクーンでの公演に次いで
今季の『MUSASHI』2度目
DSCF4807.jpg

彩の国さいたま芸術劇場までの
道すがら
埼芸のシェイクスピア・シリーズ作品に
出演された役者さんの手形を
見ることが出来るのですが
先日の『アテネのタイモン』に
出演された方々の手形も
追加されていて、
カッキー(柿澤隼人さん)の見つけたので
写メってきた。(笑)
DSCF4796.jpg


『MUSASHI』
この舞台で 時折みせてくれる
遊び方が好き。(笑)

タンゴのメロディに合わせて
剣術の稽古。

剣術の稽古
刀の重みに 大上段に
構えても背中に刀が落ちる
白石さん
そもそも刀を抜くのに
苦労する動きで
刀を抜こうとする度に
鋼太郎さんの袖に当たりそう・・
いや 当たってた、
何度も袖を確認する
鋼太郎さん柳生。

次は背中!
切れてません!とその場を
離れてゆく白石さん(笑)

アドリブで受けて 定番化したのか
最初から この演技だったのか
定かではありませんが・・


5人6脚も もちろん・・

よく思いつくなぁ~と。
今日も 鋼太郎さん

センターで また裂きの刑?(笑)
何度も 立とうとして転ばされるの
繰り返し。
やっと 脚の紐をほどいて貰ったら、
つかつかと藤原ムサシに
歩み寄り 思いっきり

痛いっ!

って大声で言ってます。
踵を返して 溝口小次郎の前
真正面から顔の前で 思いっきり

痛いっ!って

そりゃね 言いたくもなるでしょ(笑)


大石さんの坊主も
六平さんの沢庵さんも
他の皆さんもピタっと役に
はまっていて 飽きさせません。


こんなことばかり書いていますが
幕開けの ムサシが月を背にした
決闘の場

竹がざわざわと移動する
寺への持って行き方
竹はそのまま 揺れて揺れて・・・
お芝居の世界を作り上げる。

軽さと古典の世界と
ミックスされた感じで
肩も凝らない舞台。

スタンディング 出ました。
そして会場に こんな張り紙も

13997.jpg

このシリーズはDVD化されています。
今日の収録だったのね。
楽しみです。



『HEADs UP!』3・6マチネ


@赤坂ACTシアター

初演は KAAT。
生舞台は見られませんでしたが
CS放送で流してくれたのを
見せてもらい ストーリーなどは
頭に入れてました。(笑)

TBSさんで 先行先着でチケットを
押さえたのは、去年の9月なのに
サイドで後方
前方席取れなかったなぁ~と
会場でお席を確認
珍しく 自宅プリントの
チケットでちょっとドキドキしたり。

あら後方席 ずいぶん赤い背もたれが
見えてて こちらの後ろも誰もいない(爆)
前の一列も空席・・

主催?TBSさんで 先行でこれ?
クレカ系で割り引きで見つけた方が
きっと前の方だったね。
チケット取るタイミングって
本当に 難しいわ

それで 先行なのに良席来ない
TBSさんでは この公演以降
チケット取ってない気がする。
でも 前列が開いてるので
見晴らしは 良いのは確か。(笑)
13990.jpg
13989.jpg


キャスト
加賀美賢治
(舞台監督)・・・・・・・哀川 翔
新藤祐介
(舞台監督)・・・・・・・相葉裕樹  
久米長一郎
(演出部)・・・・・・・・・橋本じゅん 
本庄まさこ
(制作)・・・・・・・・・・・青木さやか  
佐野慎也
(アルバイト)・・・・・・・池田純矢

小山田丈太郎(俳優)・・今 拓哉
滝幸男(演出部)・・・・・・芋洗坂係長
九条六平(演出部)・・・・オレノグラフィティ
飯塚浩二(照明)・・・・・・陰山 泰
児玉哲也(音響)・・・・・・岡田 誠
海老沢克実(演出家)・・・河本章宏
立川エリカ(演出助手)・・・井上珠美
池田桃子(小道具)・・・・・新良エツ子
朝倉まき(衣装助手)・・・・外岡えりか

真昼野ひかる(女優)・・・・大空ゆうひ  
熊川義男
(劇場付き雑用係)・・・・・中川晃教

四条あつし(トラック運転手)・・福永吉洋
望月健一郎(俳優)・・・・・・・・大竹浩一
妹尾健(俳優)・・・・・・・・・・・森内翔大
飯塚さおり(照明助手)・・・・・香月彩里
小南祐子(照明助手)・・・・・・・谷 須美子
青木知子(音響助手)・・・・・・・伊藤結花
松村ユキ(照明助手)・・・・・・・小林佑里花

大和田美帆(声の出演) (敬称略)

生のバンドさん入れてて
けっこう歌う ミュージカルみたい(笑)
いえ ミュージカルなのです。

中川アッキー 大空ゆうひさん
今さん 相葉くん 芋洗い係長は
タップを踏む。

バック・ステージミュージカル。

大俳優のたっての希望により
1001回公演 たった一日の
公演 会場は黎明会館



企画か立ち上がり 脚本依頼
公演会場を探し スタッフを集め
制作発表 お稽古 から公演
落語のバラシまでが
流れを追って
制作の彼 演出の彼

セット搬入のトラブルなども
いれて ちょっとドタバタ気味かな?
狙ってるとは思うけどネ。

今さん 78歳の老俳優
声は響き 動きも確か(笑)

上演中に なが~~~い間が
あいたと思ったら 周りから
あれ忘れてるって(笑)

セリフが思い出せない 老俳優
周りの家臣に
わしが次に何を言うか
わかるものは居るか。

プロンプいなくて
近くの兵隊さんが セリフを
教えると 聞こえなくて聞き返す
小声で言ってたのに
だんだんと大声に・・・
ありゃ客席に聞こえてるよ~と
袖から声 あなたたちの声も
聞こえてます~(笑)


でも この乗りは
内輪受け狙いな感じで
あまり好きじゃないかも。

舞監さんの扱いも
どうなのかな~

バック・ステージものって
難しいね~







『マディソン郡の橋』3・5ソワレ


本日 マチネお隣の会場で
『ジキ・ハイ』でソワレはこちら

・・・に行く前
こんなん GET!
シャンテと『マディソン郡の橋』
コラボ企画で スタンプ集めて
チケットホルダー
13991.jpg



禅さん ちっさいけどいるから~(笑)

無事に交換してから
心置きなく 『マディソン郡の橋』
こちらも キャストさん穴がない!

より一層 キャラ立ちして
アイオワの大地で 力強く
生きています。

今日も 禅さんバドが、
美声を響かせてる!
プレビュー初日の事だったけど
禅さんの歌で ロングトーンになった時
近くから 思わず言っちゃったような
上手い!の声。

だよね!って言いたくなった。(笑)

登場人物 すべて
愛おしい人々です。
頭だけの牛も・・・可愛い。(笑)

辛いばかりの長い人生
苦しいばかりの人生
一人で何ができるのか
仲間がともにある~♪

最後の願いは
大地に眠ること
この地を守れ!

大地に根を下ろし
生きてきた18年
惰性と諦めも飲み込んで。

ロバートとの出会いは
さざ波のように心を揺らす。

ロバートとフラニーの二人
だけでなく
家族のバド マイケル キャロライン
お隣の チャーリーとマージ
思い出の中のマリアン。
描かれるのはそれそれの
人生の重みなのかもしれない。

選んだ人生に悔いはないけれど

もしあの時・・飛び立っていたら・・・
いろいろ考えさせる
穏やかな終章で見るこちらも
心が少しだけザワつくかも。




『ジキルとハイド』3・5マチネ


今季 初の『ジキ・ハイ』
かなりの回数を通った前回公演は
禅アターソンのプロローグから
始まりましたが。

ジキハイ taimu テーブル


出演者
ヘンリー・ジキル / エドワード・ハイド
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・石丸幹二
ルーシー・ハリス・・・・・・・・・笹本玲奈
エマ・カルー・・・・・・・・・・・・宮澤エマ
ジョン・アターソン・・・・・・・・・田代万里生
サイモン・ストライド・・・・・・・・畠中 洋
執事 プール・・・・・・・・・・・・・花王おさむ
ダンヴァース・カルー卿・・・・・・福井貴一

ベイジングストーク大司教・・・・宮川 浩
クロソップ将軍・・・・・・・・・・・・阿部 裕
サベージ伯爵・・・・・・・・・・・・・川口竜也
アーチボルド・プループス卿・・・松之木天辺
ピーコンズ・フィールド伯爵夫人・・塩田朋子

麻田キョウヤ 川島大典 杉山有大
安福 毅 折井理子 七瀬りりこ
真記子 三木麻衣子 美麗
森実友紀 (敬称略)


2018年『ジキルとハイド』は
若い田代万里生さん
若い印象をお髭&眼鏡で
老けたものに変えて・・・
でも衣装を着けた立ち姿は
すっとしてやはり若い!

禅アターソンもスっとしてたけど・・(笑)

ジキル博士との会話や
同じく新キャストに変わった
ダンヴァース卿の福井さんが
加わった会話シーン

あれだけ回数見てしまって
CD買って・・・
慣れと言うのは怖いもので
禅アターソンの声が聞こえて来て
キーヨ・ダンヴァース卿の
お声が・・響いてくる。

新キャストさんでは 頑張っても
リピート一回だけだし。(汗)
マディソン郡の橋と公演期間
ダブってるのは、もう無理!

キーヨから変わった福井さん
優しそうなダンバース卿ですが
印象は 弱めかな。


理事会の皆様は
サベージ伯が川口さんに
代わりましたが
他の方は続投
いろいろ場意味で存在感
あります。(笑)


アンサンブルさんも続投で
事件! 事件!を迫力で聞く事が
出来るのです。

宮澤エ/エマ
どうしてなのか 落ち着いた風格が・・(汗)
お歌もまだ 手探りな部分もありそうな?

これは 役代わりして
玲奈ちゃんにも言えるかも。
直前公演が 濱めぐルーシーで。
罪な遊び♪が健康的な印象が
ついて回った。

玲奈ちゃんルーシーも
場末の女って感じは
あまりないなぁ~。
連れて来て~♪
ちょっと舌足らずな
幼い歌い方で
石丸さん相手だから 余計?(爆)
暗い印象ないし~。

玲奈・エマ とても
続投で良かったと思うのに、
役替わり・は なぜだろう。

一回見ただけで 慣れないなぁ~。(笑)

町の人々の中にいる
真紀子さん 理子さんが
ふと目に入って来る。
三木さんも かなり濃い(笑)

石丸さんの ジキル
そして変身するハイドへの
演じ分け
手の動き・・こうだったと
思い出すわ。(笑)

パンフも購入
香盤表 や 歴代キャスト表が
載っていたりは嬉しい。
いままでのチラシもあって
2005年のチラシには
本編とは扮装のちがう
禅さんアターソンがいる(笑)


禅さん出演舞台じゃないと
トーク・ショーなどチェックが甘くなりがちで
なんと ジキハイ 本日
トークショーつきだったのね。

登壇者:
笹本玲奈、宮澤エマ、田代万里生
(敬称略)

司会(演劇ライターさん)

今季から 参加のお二人と
玲奈ちゃんは 役代わり。

万里生くんの 超真面目な
ご挨拶
玲奈ちゃん 楽屋でもお歌の練習!
エマ・エマさん
石丸さん相手で
キャーってなってたけど
お稽古が始まって
いまでは ベタベタ触りまくってるとか。

ラストで ジキルが死んでしまうのに
ここで歌うなんて 無理!と最初思った

万里生っち お話は少し控えめで
彼女たちのトークを見守ってる
穏やかな感じ。

両サイドに モニターがあるけれど
指揮者の塩タクターが見えてて
石丸さんのハイドに変身すると
モニターの塩田さんも表情が・・
かわり一緒に変身してるそう。
塩田さんなら さもありなん(笑)


ただ、本舞台では無いので
マイクは通すけど
話し方がカジュアルでマイク通すから
ボヤ~と早口 何言ったの?な
シーンもあり・・惜しい!(笑)
最近 耳が遠くなったというか
聞き取りが悪くなった所為だろうけど。

そして 何よりソワレに
『マディソン郡の橋』の予定が
あったので気もそぞろ・・・

それが 一番の原因か(笑)





『ジキルとハイド』そして『マディソン郡の橋』



本日、演目違いのマチソワで
少し前に やっと帰宅。
『マディソン郡の橋』開幕中は
とても忙しい~(笑)

公演期間 まる被りの『ジキルとハイド』
こちら 禅さんアターソンはいませんが
やはり見たい公演

この時期 予定を組むと
こうなります。
会場が近いのが救い、
時間的には お食事もとれますから。

『ジキルとハイド』
新キャストさんの持ち味が反映しての
変化を感じます。

『マディソン郡の橋』は深化!
9人のキャストさんの
それぞれのキャラが鋭角に(笑)

そんな印象 スタオベ!
祐さまの キャストさん押し出しも
ありまして・・

戸井さん 伊東さんは
シェー ポーズ。(笑)

押しに負担が駆らないよう
自分から ジャンプする禅さん、

祐様はじめ 皆様 笑顔のカテコ
このカテコも 大好き。
検索フォーム
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

いらっしゃいませ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
俳優
4位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りBlog
Blog開設カウンター
ブログの更新率
月別アーカイブ