現在の閲覧者数: 2018年04月の記事 - hatti元気の素 観劇 ミュージカル
fc2ブログ
プロフィール

hatti (はっち)

Author:hatti (はっち)
石川禅さん応援中!
劇団四季・東宝ミュージカル・・・時には宝塚
観劇大好きなhattiです 

記事に関係のないコメントは
削除させていただく場合が
御座います。ご了承ください。

石川禅さんのお仕事
石川禅さん
これからの予定

舞台******
ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年3月7日~29日
日生劇場
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月4日~14日
skyシアターMBS
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月19日~21日
愛知芸術劇場大ホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月26日~28日
久留米シティプラザ 
ザ・グランドホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月3日~4日(土)
熊本城ホール メインホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月11日~12日
高崎芸術劇場 大劇場
ニック役他

石丸幹二 
オーケストラコンサート2024
石丸幹二
東京フィルハーモニー交響楽団
2024年6月21日(金)
会場:東京芸術劇場 コンサートホール
ゲスト出演

舞台
ヒストリーボーイズ』
2024年7月20日(土)~28日(日)
あうるすぽっと
へクター役

********
Netflix
「モンキー・キング」
声の出演
“竜王"役 吹替=石川禅
2023年 8月19日より配信開始

Netflix
『氷がすべてを隔てても』
声の出演
アイナー役=石川禅 (3/2より配信開始)

Netflix
『サンドマン』
声の出演
第6話 吹替=石川禅

コンサート*******
★『石川禅 6th ソロ・コンサート』
2021年3月20日~21日
よみうり大手町ホール
※公演延期 ※

石川禅さんのプロフィール
FCについては
サイドバーのリンクから
ホリプロブッキング
エージェンシーへどうぞ
禅さんの舞台
石川禅さん次回は % 『COME FROM AWAY』
禅さん 出演公演
Blogランキング参加中です
見たよ 読んだよ ポチっとな!
よろしく お願いします。
4月の観劇予定

■『町田くんの世界』
■『銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件』
■『カラカラ天気と5人の紳士』
■『Le Mele~母~』
■こまつ座『夢の泪』
■『王様と私』
■『COME FROM AWAY』
大阪・名古屋
■『VIOLET』
■『デカローグ A/B』
■『アラジン』
■宝塚花組『アルカンシェル』
■『ハネムーン・イン・ベガス』
■『クロスロード』
■『Le Fils~息子~』
■『オペラ座の怪人』KAAT
■地球ゴージャス
『儚き日光のラプソディ』
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

『1984』 4・30マチネ


@新国立劇場・小劇場

休憩なしの2時間もの。
このところ 長いか短いか?(笑)

髑髏城の七人 3時間45分の翌日
バリータークで上演時間 約半分。
翌日の お月様へようこそ 90分で
本日も2時間!

S0014904.jpg


でも内容は濃い!
近未来・2050年
思考を制限され
コントロールされる世界。

人々の思考を見張り管理する。
管理社会にそぐわない人間は
抹殺されてしまう。

あたかも最初から存在しないかのように。


[出演]
ウインストン・・・・・・・・・・井上芳雄
ジュリア・・・・・・・・・・・・ともさかりえ

パーソンズ・・・・・・・・・・森下能幸
パーソンズ夫人・・・・・・宮地雅子
サイム・・・・・・・・・・・・・山口翔悟
オブライエン・・・・・・・・神農直隆
マーティン・・・・・・・・・・武子太郎
チャリントン・・・・・・・・・曽我部洋士
党員・・・・・・・・・・・・・・堀元宗一朗

Child ・・・・・・・・・・下澤実礼
(青沼くるみ・本多明鈴日) (敬称略)
※未確認なのですが多分

小さなテーブルとイス
手元を照らす灯り。

赤い表紙の本に
ウインストンは書き始める。

これは手元が壁に大きく
映像で写しだされ
まず日付・・4月30日

クシャクシャと消して

大き目の文字で

1984


ウインストンが
思考犯罪として罰せられる事を
覚悟の上 書き残そうとした事実。

大国 3国が世界を牛耳る
その時代

二重思考
ニュー・スピーク(新言語)
テレスクリーン
市民監視
思考警察 真実省 平和省
などのセリフが飛び交い
フラッシュバックが繰り返される
舞台構成。

この後も 両サイド斜めに仕掛けられ
映像で映し出されたり
中央奥には 党のシンボルマーク
スローガンも映し出される。

映像もうまく使う。
サイドスペース
ここが マジック・ミラーの鏡の部屋に
なり ジュリアとの密会の間になったり
ウインストンの幼いころの家になったり

透けて見える時には
謎の人物が意味ありげに
通り過ぎることもある。

思考を管理されるという事は
個人間の愛情も意味のないもの。

反社会的な行為とされている。

思考犯罪者だと 自覚し
考えを整理し 社会を冷静に見る。
その行為自体が・・・犯罪。

白く塗りつぶされた部屋
拷問シーンもある。

愛・・を否定され
党への忠誠への
転向を強いるのだ。

身体的に痛めつける。
大きな音による責め苦
ネズミ・・・。

自らの信念を奪われる未来

絶対君主

ビッグブラザーは見ている

井上くん演じる ウインストン
思考し 何が正しいかを
自由に言える世界に
変化するきっかけになりたい
真っ直ぐな青年が 思考の渦に
翻弄されてた。
彼に愛を誓うジュリア
彼よりも 現実を見ているのかな?
しかし 彼女って細い!
どこ見てるのよ!って
言われそうですが・・(爆)


二人の他の 登場人物は
味方か? 敵なのか?
そちらの興味も ちゃんと
残して・・・(笑)

アンティックな品を扱う
曽我部さん演じるチャリントン
党と対立しそうな立場の男
謎が深い(笑)


一瞬 反ビックブラザーの
組織 兄弟愛同盟の中枢人物かと
思いきや ビッグブラザー側の
重要人物
ウインストンの思想転向への
矛先は厳しい。

ラスト 党に都合の悪い人物の
抹消を仕事に開いていた
ウインストン

未来のためにと書いた本は残ったが
ウインストンの名は・・・。

実在の人物ではないんでしょう?

そう 言わせているラスト。

難解だ!







『お月さまへようこそ』4・29マチネ 


?Welcome to the Moon?
Artist Company 響人第11回公演

15269.jpg
@シブゲキ

パンフレット 売り切れで
後日発送のため 皆さまが
申込書を記入しているので、
狭い受付がかなりの列が出来てた。
なので まだ手元に パンフがありません。


『お月様へようこそ』
出演
海宝直人 
宮澤エマ 
西川大貴 
吉田沙良 
中村翼 
/ 畠中 洋 (敬称略)

この脚本 6本のオムニバス

赤いコート
まんまるい月の下。
パーティから抜け出して来た
青年ジョンと
これからパーティ会場に
入ろうとする女性メアリー

ジョンが必死に声をかけ
スキ!と告白、
赤いコートを着ていた君に
恋をした・・・と。
月の下 語らう二人。

暗転の中
今までジョンとメアリーが
座っていたベンチが
片付けられて 小さな
角テーブルと椅子

『どん底』へと
貧しい二人の会話
恋人を励ます女性
ふがいない自分に嘆き
謝る青年
容赦な取り立て人?
畠中さんがドアの前に立ち
図書館の貸し出し券を奪って行く
次は青年の魂をも買いに来る。

詩人の彼を 懸命に庇う彼女
誌を書くための鉛筆が
ようやく届く・・が
それは折れてしまっていた。
削って たとえ一行でも
書き始めようを立ち上がる・・・。

こんな風に短編が次々と
演じられていきます。


今一つ 登場人物の会話
行動には 理解出来ない部分など
あるのですが、優しい目で
登場人物を見つめている。

理解されない
他人に分かってもらえない孤独

分かり合える人と
出会った時に
言葉は あれほど澱みなく
出てくるのだろうか?

『星降る夜に・・・』
女友達と会話している彼女
聞いているのかいないのか
わからない彼女に
突然悟るんです。

時間を無駄にしているんじゃないかと。
向こうの椅子の男性と
話すべきだと。
彼 ドエトフスキーに似てるわ
どこが?(爆)

いきなり 彼女は
相手の女性 (大きな人形なんですが)を
持ち上げて 舞台袖から
出されてきた段ボールの箱に
叩き込む感じに詰め込んで
蓋をしてしまうのです。

話のきっかけにする
つもりか テーブルの上の
コップの水を
自分の頭に かぶってから
つかつかと男性に近づいて
話しかけるのです。



『西部劇』

『喜びと姑息な衝動』

『お月様へようこそ』

登場人物
ご出演の皆さまが
入れ替わり立ち代わりで
忙しい。
休憩なしの 90分。
無口なバーテンダーな畠中さん
似合いすぎ!(笑)

こちら オムニバス形式の本なので
こちらが劇に入ろうとすると
もう終わってしまう そんな部分もあって
じっくりという見方は難しいかも。

15268.jpg



そうそう 開幕時
エマさんが出てきて
ムーン・リバー♪
そして 開演アナウンスして
くれたんですが、
その後の 劇が始まるまでの間
かなり長かった~(笑)



KAATから山下公園

KAATから中華街入り口まで 歩いて直ぐ
中華街の門が見えてくる。
IMG_9434.jpg


その信号を反対に曲がると 山下公園へ行けて 氷川丸も見えて来る (笑)
IMG_9447.jpg

いつもなら 終演後 トンボ帰りだけど
今日は 早い終わりだったので 公園まで行ってみた。

公園ではガーデン・なんとかイベント(笑)
薔薇が綺麗だった~
IMG_9435.jpg

IMG_9517.jpg



薔薇の一枚で 遊んでみた。(笑)
I_947.jpg

『バリー ターク』4・28マチネ



@ KAAT神奈川芸術劇場大スタジオ

先日の四季公演
『ノートルダムの鐘』の会場の
向かい側。

初めてこちらの会場に入りました。
お化粧室が・・階段を上がらないと
ありませんでした。
踊り場で一息入れないと
上がれない
場合によってはふらつきが
出るので要注意(爆)

そういえば・・
オーチャードホールも
モンスターズ・コンの時
息を切らして上った記憶。
エスカレーターもないし~

IHIステージアラウンドも。
ここは スタッフさんにお願いすれば
1Fのが使用出来るけど。


本日は 『バリーターク』
シアタートラムと
こちら KAAT大スタジオでの
公演がありますが・・
どちらもキャパが少なく
チケットがようやく押さえられた
公演です。

出演

男1 ・・・・・・・・草彅 剛
男2・・・・・・・・・松尾 諭
男3・・・・・・・・・小林勝也
少女・・・・・・・・・佐野仁香
(Wキャスト 筧 礼)


声の出演

小田豊 清水葉月 小山萌子 小川ゲン

(敬称略)


舞台上には かなり広い部屋。

下手奥 シャワールーム
上手奥に 冷蔵庫 レンジ
簡易なキッチン

壁には たくさんの絵が
貼り付けてある。

この部屋で 一人
語りだす 男1

男2が加わり・・・・

目覚まし時計が鳴り出すと
食事をしたり
運動をしたり
着替えたり
バリータークの話をしたり

バリーターク・・

シャワールームとキッチンの間
カーテンが開けられると
そこは 絵で描かれた人が集う
バリータークの村?

ダーツゲームのように
絵で描かれた人を選び
その人になっての
二人の会話

不思議な時間の経過
出かける事もなさそうな二人

テンポの良い会話も
ある言葉に反応して
男1は 押し黙ったり
痙攣発作を起こしたり
幻聴を聞いたり・・
(声の出演者たち)

どう話が進んでゆくのか
見当もつきません。

舞台背景も‥部屋の中としか・・

壁の向こうに 何があるのか?
壁の向こうから何が現れるのか?


男2が 反応した言葉が

自由!

二人の暮らしは
本当に生きていると言えるのか?

この部屋から出て行く事は
何を意味するのだろうか?


最後の最後
壁を叩く音

何もなかった壁
扉が開いて現れた少女
男2に気づき 驚いた顔
後ずさり、気を取り直し
キッチンの方まで部屋を見て回り
・・・からの無邪気な笑顔。

まだまだ話は 第2章が
始まりそうな気配を
残し 終わる。

i生きる!
自由 !

男3は?

どこか ぶっ飛んでる?
怖さも感じた世界
自分なりの理解で良いのかな?


そんなお芝居でした。






『メタル・マクベス』Disk1

発券出来るようになったので
VACさんで当選したチケット
発券して来た。

前回 すごい席来た!と
思ったら またまた
いつもの後方席に戻っちゃったよ。(汗)

また見えないんだろうな~。

『シラノ・ド・ベルジュラック』全員プレゼント決定


東宝さんHP
クリア・ファイル2種
缶バッジ 4種

ただし 7公演限定、

Wキャストの公演日は
該当キャストのお品が入りますって。


観劇時に配布されるので
日程を見たら 全部ソワ公演

ソワレ公演は 最初から
避けてるから どうかな?と
思ったけれど、それでも2公演あった。

クリア・ファイルの日と
缶バッジの日
どちらも頂けそう。(笑)

でも ラグノーさんクリアファイルや
ラグノーさん缶バッジは
なさそうなので 追加なし!

缶バッジに少し望みありかしら?(笑)

『髑髏城の七人』4・27マチネ

~極~のMy楽です。
千穐楽は いくつもの先行申し込みしても
取れんかった~(泣)
ので仕方ない。

なので今日がMy楽になりましたが
最前席 センブロ端という
願ってもないお席、

ほんとに役者さんたち
目の前ですから~

舞台前方に来られた時などは
手を伸ばしたら きっとタッチできる
そんな近さです。
見えなくても よいところまで見える⁉(笑)

天海・極楽太夫
花魁お目見えパレードからの
生着替え後だったか?
腰かけて 成り行きを
見守る芝居中
履物が落ち着かない様子
さりげなく 直すこと2・3回

草履のように鼻緒に
見える飾りをつけた動き易く
工夫された靴。
履くのも工夫が入りそうだわ。

鉄砲を操る女
天海さん 以前病で倒れられた
ことがあって 無理は出来ないからか
殺陣は多くはない。
でも 見せ方を十二分に
生かして ほんとに
センターが似合うお方。


竜星・夢三郎
振り幅の広い役!

花魁風の衣装やら
着流し 不死身の鎧など
衣装替えが多い・・
夢虎の衣装で出て来た時
袴の止めが甘くて 落ちかけて
必死に手で押さえながら
演技を続ける。

腰紐ではなく 黒い幅のある
マジックテープらしく見えたけど
なんとか 押さえつけながら
形を整え 駆け足で
捌けて行きました。

凄いわ~

三宅 カンテツ・・改め
贋鉄斎・・いや
タナカか?(笑)

100人切りの最中
側転までしちゃう
動きの良さ

善さんも良い動きだけどね(笑)

原さん演じる悪役
歌っちゃうスター誕生!
何がやりたかったのか(笑)


2回目の ミュー擬きシーン

砂霧と清十郎の二人
殺陣の相手が踊りだし
呆れたり 何だ?何だ?
と表情が忙しい~(笑)

空気読まずに良い声で
唄いだす猛鉄さん
さすが元四季 シンバ役者!

かなりの声量で マイクいらないんじゃ?
ってくらいの歌声
これは 演出の支持で
猛鉄さんに責任は・・・・・多分ない(笑)

前回 29列だったけど
今回は 最前席って
同じVACでお願いした席で
すごい差があるのね

見える舞台って ほんと良いですねぇ~(笑)

でもって 良い気分での帰り道。
『メタル・マクベス』の抽選結果が
届きました。
3公演申しこみ 2公演当選

楽が落選なのは・・と
しゃれじゃなく落選だろうな~と
予測付くほど まず当たらないもんね~(爆)

Disk 1も 2公演取れていて
Disk 2も 2公演確保・・

ロピート観劇しちゃう事に
なりました。


次のターゲット
『メタル・マクベス』 Disk3!


『ヘッダ・ガブラー』4・26マチネ

@シアターコクーン
SISカンパニー公演

15244.jpg



出演
ヘッダ・テスマン(旧姓:ガブラー)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・寺島しのぶ
イェルゲン・テスマン・・・・・・・小日向文世
エイレルト・レェーヴボルク・・・池田成志
エルヴステード夫人・・・・・・・・水野美紀
ミス・テスマン(ユリアーネ)・・・佐藤直子
ベルテ(テスマン家のメイド)・・福井裕子
ブラック判事・・・・・・・・・・・・・段田安則
(敬称略)

長い新婚旅行から帰ったばかり
新居の屋敷のセット

鮮やかに赤いソファーが目に付く
6から7人ほどは掛けることが
出来そうだ。

高い天井に 肖像画とシャンデリア
庭に面した窓も高い。

変形な張り出し舞台
客席前にアクト・スペースがあって
裏庭設定らしく 段田さんなど
こちらからの出入りもある。

この家の購入を手配してくれた叔母
テスマンとの近しい様子
妻のヘッダとの噛合わなさ、

ヘッダの学校の時の同級生
町の旧家のエルヴステード夫人は
義理の子供たちの家庭教師として
来たエイレルトに惹かれている。
エイレルトはヘッダの恋人だった
過去も語られる

テスマンの仕事のライバルでもある
エイレルトがこの家に来ると思い
エイレルトに関してのお願いを
しに来たのだ。
ここから事態が動き始める。
15245.jpg

寺島ヘッダ
物憂げな 何事にも満足しそうもない
人の感情の機微に敏感で、
困ったり 悲しむ様子を見て
彼女の感情も動くようだ。
自由でありたいと望み
自分に忠実 そんな彼女に見えた。

イプセンの描く女性像は
感情の動きが細やかだけど
掴みところがない感じを受ける。

夫のテス・マン
およそヘッダが夫としては
選びそうもない人物(爆)
多分 仕事熱心で
人を疑うことを知らず
家族を大切にする。
けれど 自由や 孤独が
どんなものか 分かろうとも
しない・・そんな人に見えた
小日向・テスマン

池田・エイレルト
一度は身を持ち崩した男
自分から切れた筈なのに
同級生とのつながりが
許せない。

夫の テスマンの言葉一つにも
明らかに興味なさげな反応する
ヘッダだが・・(笑)
エイレルトを煽るヘッダは
イキイキとして 魅惑的


しかし
ブラック判事のさりげない言葉に
秘めた呪縛が、ヘッダを追い詰める


言葉に覆い隠された人の思惑
隠された真実
表立って語られる事のないまま
ラストにひた走る。


会場にいる観客が
一番の真実を知っている


そんな 幕切れ!


ヘッダの思いには共感は
出来ないけど、じっくり魅せてくれて

寺島さん やはりいいわ!


『1789』4・24ソワレ


~バスティーユの恋人たち~

15226.jpg


ロべスピエールが古川くんから
今回 三浦くんに変わり

本日の Wキャスト
15225.jpg



シャルロット
ルイ・シャルルの子役ちゃん
3人ずつ いますが
今季は 制覇無理~~~(笑)

2公演しかチケ押さえてない。

新・ロベスピエール
日本人離れした雰囲気を
持ってる?

お歌は まだ弱いかもネ

新マリーにキャスティング
されたのは 元宝塚
龍真咲さん

宝塚では ロナン役だったのに
ワッカドレスの フランス王妃。
歌い方も変わってる?

神田オランプ
芯の強さを感じさせる
役作りは 初演そのまま。

岡ベイロール
吉野アルトワ伯

秘密警察
坂元 ラマール
岡田・トゥルヌマン
加藤・ロワゼル

増澤ルイ
続投キャストの安定の中

ポリニャック夫人
初演の飯めぐさん
嵌っていて イメージが
残ってるので 渚さんの
印象が薄目に感じてしまう。
財務担当のネッケルさんも
立川さんが濃い目で目立ったので
今回の磯部さん
やはり印象が残り難いのかな。

突っ込みどころいろいろあれど
大作ミュージカル。

楽しい3時間。

スタンディング・カテコ~♪

おけぴ観劇会
&クレカ系の貸切公演

最後には
ロナンとオランプのお二人から
一言ずつご挨拶がありました。






『火星の二人』4・24マチネ

@シアタークリエ

15228.jpg


竹生企画・・
竹中さん 生瀬さんが
ガッツリ芝居の作品です。


出演

朝尾・・・・・・・・・・・・・竹中直人
志波・・・・・・・・・・・・・生瀬勝久

さやか・・・・・・・・・・・・上白石萌音
正哉・・・・・・・・・・・・・池岡亮介
楠見・・・・・・・・・・・・・前野朋哉

素美・・・・・・・・・・・・・高橋ひとみ
(敬称略)


舞台は 朝尾家の居間。

普通 ないだろうシチュエーション
ジェットコースターからの
転落事故
事故に遭った7名のうち
2名が奇跡の生還をした。
朝尾はその一人。

しかし 事故以来
朝尾は人が変わったようになり
家族もその影響を受けていた。

息子の正哉
恋人のさやかとの関係も
どこか ギクシャクして
しまっている。

突然の来訪者が現れ
事件の事を聞きたいと言う志波。
実は 志波は 同じ事故に遭った
もう一人の生存者だと明かす。

なぜ なんの目的で
執拗に彼は朝尾を
追い詰めるのか?

もちろん 他の出演者も良いのだが
丁々発止の二人芝居に
惹きつけられる。

神経質そうな竹中さん
大きく包んでいるような妻
高橋さん。

ぐいぐいと何食わぬ顔で
押してゆく生瀬さん。

見知らぬ二人の男

ジェットコースターの
事故で助かったという奇跡
これには 何か意味がある。
そう主張する 志波

徐々に自分の事を
話し出す志波

見知らぬ二人の筈の
男たちの意外な事実が
明らかに なって行く。

休憩なしに 一気に2時間
油断すると・・・集中力が
途切れる…かもしれないなぁ。
15227.jpg

カメラが入っているという事は
DVDか期待できるかな?


カテコ 軽やかに
一人スキップする 竹中氏(笑)


『火星の二人』&『1789』

マチ・ソワでございました。
帰りは この時間になっちゃうね~(汗)

竹生企画
ちょっと変わったシチュエーションもの
お二人メインで
何というか 芝居の間とか
独特な呼吸、

途中すこし集中力キレたけど・・(爆)
高橋さんも素敵な存在感


終演後は近くの(笑)
帝国劇場に移動。

おけぴ・・・会員だけど
プレミアムじゃないんで~
クレカの方の会員様で観劇 (笑)

セン・ブロの上手通路席
遠山さんとついつい言ってしまう
当銀さん(お兄さんの方)が
兵隊さん姿で 客席降り 近かった!
新ロベスピエールの三浦君も
当たり前だけど 通って行った。(笑)

オランプちゃ~~~んと
叫びながらのサカケンさんは
下手通路だったけど
これはこれで見えるし~
盛り上がった公演で 楽しかった~♪

それぞれの記事は 思い出しながら
明日まとめよう~

明日のマチ・ソワ~♪

明日、マチ・ソワ予定が入ってた!
日比谷付近攻め(笑)

移動時間を気にしなくて
済みそうな感じ。

クリエ→帝国劇場
火星の二人と『1789』


軽い食事も済ませる事が出来そうだし
無駄のない動線(笑)


『1789』のコラボ企画もあったわね
レストランのスタンプは
直ぐもらえるんだけど
お買い物が 今どうしても
必要なもの 買っておこうと
言うものがないので。(笑)

パンフは ほぼ毎回買ってるし
公演グッズなら購買意欲を
刺激してくれるんだけどなぁ~。(爆)

5月のWOWOWなど



5月放送のWOWOWプログラム誌が
届きました。
早速 ステージ欄のチェック(笑)

個人的目玉番組は、
『アテネのタイモン』

他には TEAM・NACSさん
公演 特集?なのかな?

はっきり特集とはなっていませんが
7作品ほど 放送が予定されています。

初回放送だけではないので
録画済みの作品は
置いといて~
それでも3作品は 予約入れたい。

三谷さん『子供の事情』の
再放送予定もあるし
来月も楽しみな事です。

今月も『近松心中物語』が
あるのです。

だから WOWOWさん

止められん!

そして宝塚スカイ・ステージ

花組さん 17年全ツ
仮面のロマネスク
エキサイター があります。

キチンとこれまでの録画番組を
DVDに退避させて置かないと
HDDの余裕がなくなるのが怖い~

『チケット戦線 攻撃中(笑)



土曜なのに 観劇予定が
ありません。

でも 土曜日・・・だから
チケット発売が重なるんです。

以前から チェックの入っていた
某作品 今回は先行情報が
まったく引っかからなくて
一般発売日の申し込みになって
しまって、
でも東宝系たっだので
9時30分からの テレザにトライしたら
何故か 一発で繋がる!

希望日を 無事にGET出来た。
下手な鉄砲も数打ちゃ当たる(笑)

10時になるのを待って
今度は別作品
プレガ扱いの先着は
手数料高いので 利用せずに
ジリジリしながら 一般発売日の
本日 一公演を、GET、

ちょっと後方席のサイドになったけど
一般発売じゃ仕方ない。

キャパの小さい劇場だし
取れたら 豆粒くらいにしか
見えないって心配は無しだから

まだまだ 続く(笑)
慌てなくても大丈夫な抽選先行、
これは Wキャストなので
2公演 別々にエントリー
同じ日のマチソワ入れたので
片方しか当選しないと
キツイわ~

禅さんとこに『タイタニック』申し込み
してあるし VACさんへの
『メタ・マク Disk2』も申し込みした。


宝塚 クレカ系の抽選も
申し込んであるし

結果待ち公演が
またまた増えたけど・・

なんとかなる (笑)





『ライオン・キング』4・20マチネ

定期演目 ライオン・キング♪

だけど 19周年記念公演
落選なので 見られないんだ!
やっぱ 愚痴る!(爆)
仕方ないから 翌日公演取ったけど
キット 何にもないよね~。



あらっ? 本日の公演
新シンバに遭遇らしいです。

本日のキャスト
ラフィキ・・・・・・・・・・・ 福井麻起子
ムファサ・・・・・・・・・・・ 金久 烈
ザズ・・・・・・・・・・・・・・ 雲田隆弘
スカー・・・・・・・・・・・・・飯村和也
ヤング・シンバ・・・・・・・鍵山颯君
ヤングナラ・・・・・・・・・・若山桜子
シェンジ・・・・・・・・・・・・川良美由紀
バンザイ・・・・・・・・・・・ 小田春樹
エド・・・・・・・・・・・・・・・小原哲夫
ティモン・・・・・・・・・・・・布施陽由
プンバァ・・・・・・・・・・・ 福島武臣
シンバ・・・・・・・・・・・・・ 鈴木智之
ナラ・・・・・・・・・・・・・・・ 朴 悠那
サラビ・・・・・・・・・・・・・ 川原晶絵

男性アンサンブル】
宮野 薫 品川芳晃 菊地智弘
渡邉勝馬 小林清孝 平田郁夫
久保亮輔 片山怜也 和泉澤広野
二村誠俊 寒河江幸弘
桧山 憲 沢樹陽聖

【女性アンサンブル】
角田美紗 髙野 唯 中原詩乃
坂井菜穂 山西里奈 笠原光希
田村有香理 古田しおり
原田美欧 沙耶 吉田千那津
吉村摩耶 (敬称略)

キャスト表も写真撮ったので
一応 UP。
15188.jpg


お初にお目にかかる
シンバ 鈴木さん
優し気な面立ちからか
幼い感じもする。
若いシンバ役には
ちょうど良いのかも。

ナラに いつも負けてても
納得だわ(笑)


今までザズ役でお目にかかってた
布施さん ティモンに来ました~。
福島さんとテンポ良いセリフの
応酬が何か楽しそう。

川に流されて 魚を持って
上がって来るとこ
投げた魚 見事にキャッチ
福島プンバァ
美味しそうに完食してた。


雲田ザズ 久しぶり、
スカーの扱いをどうしたものかと
悩むムファサに
いっそ開いて敷物に…と言った後
舞台袖に捌けながら
子供の頃に頭でも
ぶつけたんじゃないでしょうかねぇ~は
アドリブじゃないらしい(笑)
今日も言ってた。

ほんとに ほんとにライオンだ♪
飯村スカーってば、
ザズの口を押えて 止めさせてた。
ジャスト・タイミングで
思わず クスっと笑ってしまったじゃないか。

ヤング・シンバの鍵山君
可愛くて ムファサに対する
表情も豊か。

ワン・バイ・ワン♪
こちらの曲もアレンジ変わった?

シンバとナラの
再会のシーンで
フライングの恋人たちは
夏になってからは
無くなって・・つい
つい上を見上げてしまう
自分がいて・・(汗)

朴ナラ
シャドウ・ランド
木々は枯れ 荒れ果てた~
〇〇〇~?
あれっ つかえったみたいになって
ふるさと~♪って
聞こえて来なかったなぁ。

川は枯れ 地は渇き
今はもう見えな~い♪
・・は普通に戻ってたけど。
鈴木シンバが 優し気なせいもあって
結構 気の強いナラに見えるかも。(笑)

飯村スカー
貫禄出て来た・・・気がする。(笑)
困り顔メイクも面白い。

何度も幕が上がるカテコ
福島プンバァの
お口パクパクしながらの
バイバイに笑いも
起こってました。






『李香蘭』4・19マチネ

浅利演出事務所演出の
『李香蘭』

1514.jpg


劇団四季で 公演していた頃からの
幾度となく拝見している舞台

本日の出演者
15175.jpg


浅利演出事務所の公演で
笠松・香蘭も

殺せ 殺せ 裏切り者を!
殺せ 殺せ 憎い日本に
祖国を売った・・・♪
激しい憎しみのこもる
歌声から始まり

裁判シーンへと。
川島芳子の歌声で
物語は語られていくスタイル。
これは変わらない。

浅利さん事務所の前回公演でも
感じた事だけど 坂本・川島芳子。
低いトーンで歌うように
してるイメージで、頑張ってるけど、
坂本さんの声質が 川島芳子には
合わない気がする。


何度もみている舞台の場合
印象が残るシーン 脳裏に
焼き付いて 上書きされない事が
多々あるんですね~。
そして 初見頃の印象が
かなり強烈だったりします。


川島芳子といったら
保坂知寿さんがすぐに
思い浮かんでしまう。
濱めぐさんも演ってたけど。

今でも 思い出せるキャスト
杉本を思い浮かべると
芥川英司さん
(現・鈴木壮麻さん)
古いなぁ~(笑)

芝さん杉本の方が
回数は多いと思うのですが
上書きされてない。
芝さん杉本のシーンも
思い出せるけど
杉本のイメージは
壮麻さんの方が何故か残ってる。
近藤・杉本は手堅い感じがする。
でも 地味かな?



愛連は、五東さんでインプット
されているので?
樋口さんの愛連
とても女らしく見えました。

月月火水木金金♪
浅利演出事務所版になってからか?
水兵さんたちの
手旗信号 アクロバチックな
シーンの背景
船内のセットが無くなってるんですよね。

何もない (笑)

その昔 バクステ・イベントで
舞台後方の お船2F部分?
階段を上がり 狭いスペースで
ここで 踊ってるの?と
驚いた記憶が思い出されます。

ほんとに 無くなったの
いつからだっけ?(笑)

でも 他の印象的なシーンは
浅利さん演出だし
消える事なく 描かれていて

香蘭 この時 まだ八歳♪
ちゃんとあります。(笑)
もちろん 演じるのは
野村さん、

華やかな 香蘭のステージ、
日劇 七周り半取り囲む観客
丸の内警察署長さんのお歌も
ちゃんとあったし

警察署長と言えば
光枝さん!
どんだけ古いんだって言われそうだけど
四季ファンの方は そのくらい
見てる方 たくさんいらっしゃって、
珍しくもないんじゃないかと。

齋藤さん 山口さん
香蘭の 父 養父も
演じてらしたけど
この辺のお顔を見ると
不思議に ホッとする。(笑)

関東軍の軍人さんたち
良い声のかた 揃ってました。

若いアンサンブルさんたちの
中に 滝沢さんがいた。
見慣れた四季の方を
探してしまう悪い癖。

若いアンサンブルさん
パンフを見ても
わからない方ばかりなんだもの。(爆)

なんだかんだ言ってますが
結局のところ
ラスト付近では ホロっとさせられて
しまいます。

作品力!
15173.jpg


パンフを購入
紹介されている曲は
楽譜が載ってる

中国と日本♪

アンコール・カテコでも
歌われる曲です。









『メリー・ポピンズ』4・18マチネ


@シアター・オーブ
駅からヒカリエまでの通路
工事のためちょいちょい変更ありで
階段が増えていた。

これ 不整脈の発作が
起こりそうになってキツかった~。

DDD青山クロスシアターに
行く時も ちょっと 遠回りに
なったんだけど
早く落ち着いて欲しいなぁ。

時間は 余裕を見て動くように
しているので まぁ
何とか大丈夫だったけど。

15125.jpg
という事で 『メリー・ポピンズ』
またまた 濱めぐさんの日。
キャスト今日の場所は
平原さんと柿澤さんのところに
あるので 写真は このお二人

前回見た時とは
バート以下のメンバーが違う日を
選んでます。

大貫さんバート
駒ちゃんパパ 三森ママ
パパイヤさん 歌穂さんも。

大貫さん
やはり動きがきれいだね。
カッキーは俊敏な感じだけど
そして 大人な印象のバート(笑)

逆さタップは 見せ場!


アンサンブルさん
前回は 照さんいたけど
今日は別チーム 元四季
齋藤准くんみっけ!(笑)

役替わりたくさ~ん
銀行家では お年を召した設定で
腰曲げてた~(笑)

煙突掃除屋さんでは
めぐさんにも絡む。

おしゃべり屋さんでは
メイクがピエロさんっぽかった。(笑)



お散歩する公園が
モノクロっぽい場所から
色彩溢れるシーンに
変わるとか

おしゃべり屋さんで
アルファベット買い
皆で 踊りまくる。
会場も手拍子が起こり
ショー・スト気味!

音楽が始まるので
拍手も収まるけど
ほっといたら まだまだ
続きそうな雰囲気

そんなシーンは
ここだけじゃない。

子供たちに 夢と希望を

パパとママにも 勇気を
昔の夢を・・(笑)


6ペンスの使い道
大切なものは何か

見た目で判断してはダメ!


出来ない事はない!
やってみなくちゃ わからない。


ポップで明るい曲も
全編に流れる
チムチム・チェリー♪

メリー・ポピンズとお別れは
辛いけど 他の家族が
必要としてるでしょ?


3Fまでの フライングの
スーパー・ウーマン
メリー・ポピンズの笑顔

たくさんたくさん 元気を貰えます。

マイ楽の筈だったけど・・・
平原ポピンズの日
思わず チケ追加してしまった。(笑)





メリポピ 追加!


明日は メリポピなんですが、
キャスト見ながら 取った 2公演が
日程都合で 濱めぐさんだけ、

バートも パパ&ママ
両方見られるはずなんだけど
詰め込めば行けなくもない?
そこに お得チケが降って来たので
思わず ポチっとな(爆)
5月に入っての一公演追加です。

メリポピは増やしたんだけど
『シラノ・・・』も かなりのお得チケが・・(汗)

さすがにそのお得チケは、
完売したけど 東宝ナビザでも
△マークでまだ買える
ホリプロさん◎がまだまだある。

これだけ余裕だと
後出しイベ 後だしおまけ企画
ありそうで・・怖いんだなぁ~

禅さん絡みで責められると
速攻 踊らされます。

追加しなくちゃいけない場合の
日程を空けておくという~
変な癖がつきました。


『リトルナイト・ミュージック』4・16マチネ


@日生劇場

一週間ぶりに
何故か リピート!(笑)

周りを囲む方々が安定
メインの方々 やはりお歌は弱いのかも。
というか ソンドハイムさんの
曲が難しくて 振り回されてる・・・
の印象は変わらずだけど (爆)

栗原さん 安蘭さん
この辺で 少し余裕が感じられるかも。

安蘭さんの
ハッピーバースデー ミー♪
・・・が耳に残り
気の強いシャーロット
とっても、似合ってます(笑)


安崎さんフリード
忠実な おばあ様付きの
執事・・で なかなかの曲者
ペドラと怪しい事になってるし~(笑)

アンサンブルさんたちは
安定のハーモニー
美しい~♪

ペドラ役 瀬戸たかのさんって、
んっ? 誰だっけ?と
先日思って
瀬戸カトリーヌさんに
よく似てる・・とは、思っていたのですが
改名されて、ご本人だったのね~。
今更!(爆)


ウエンツくんヘンリック。
ハイキー ロングトーン
難しいとこ 担当してる。
気の弱いピュアな感じの
青年役 他のメンバーから
したら ちょっと浮いた感も
あったけど
初見ほどでは なくなってた。
あとで- あとで♪ って歌ってる。

リピートすると
上演回数を重ねて
舞台が練れてくるのがわかる。

リメンバー リメンバー♪

流れが途切れずに
あの世界に 留まらせてくれる。


田舎でウイークエンド♪

木野花さんのお祖母さま
強くて ス・テ・キ!
孫のフレデリカを愛してるのは
よくわかる。

デジレとフレデリック
昔の恋人同士。

今は若い妻と結婚して
幸せいっぱいの筈なのに
まだ彼女はバージンのまま。

デジレと再会
でも彼女には
愛人のマルコム伯爵がいた。

デジレの母
女優の娘と一緒では
教育によくないと
孫のフレデリカを引き取り
田舎で暮らしている。

複雑な三人
女優 デジレに
フレデリックと
マルコム伯爵

フレデリックの息子ヘンリックは
若い母 アンに恋してしまい
悩んでいる。

フレデリック とマルコムの妻たち
皆が デジレの実家に集まり

一色触発・・(笑)
ロシアンルーレット

本当の思いに気づく
若い二人・アンとヘンリック

ベンチに座っている間に
人生が終わってしまった
フレデリックは
新しい人生が始まりそう

夜が三度 微笑むのを
見られなかったフレデリカと
デジレと 三人で!

笑顔で終わる作品は 良いなっ!


『宝塚スカイステージ』全プレ!

全員プレゼントの非売品、

応募して・・・
忘れ気味だったところに送られて来た(笑)

理事&5組トップさんの6枚


4月 5月は轟さん

お写真のところ
クリアファイルのような作り
何入れよう?(笑)


6月 7月は 明日海さん
という具合の 3月までの
玉城さん 望海さん
紅さん ラストが真風さんでした。

SKY・STAGE
特製カレンダー


とても す・て・き!

『石川禅 4th SOLO CONCERT』決定!

ホリプロさんHPに
禅さんコンサートのページが
出来てます!

毎年 恒例になって嬉しい
しかも 禅さん誕生月の開催なんて

FCイベントも期待してたけど…(笑)


石川禅 4th SOLO CONCERT
会場 : :イイノホール
6月30日
14:30 : 17:30

一日だけのコンサート
2公演~♪


そのうち セトリも発表もあるだろうし
ホリプロさんのチェックが欠かせない!

『ノートルダムの鐘』4・13マチネ

@神奈川芸術劇場大ホール
15123.jpg


横浜公演にやって来ました。
昨日の『新感線 修羅天魔』の
会場までの時間 あまり変わりません。

本編が短い分 早く帰れるのは
嬉しい。(笑)

少し時間がたつと表示が変わった!
15125.jpg

次回公演だって。
これも見なくちゃ!

今日はこちらだけど・・(笑)
15124.jpg
本日のキャスト
カジモド・・・・・・・・・・・・・・・田中彰孝
フロロー・・・・・・・・・・・・・・・芝 清道
エスメラルダ・・・・・・・・・・・・宮田 愛
フィーバス・・・・・・・・・・・・・佐久間 仁
クロパン・・・・・・・・・・・・・・・阿部よしつぐ


【男性アンサンブル】
寺元健一郎 山田充人 大空卓鵬
川原信弘 高舛裕一 飯村泰志
佐藤圭一 田邊祐真

【女性アンサンブル】
小川晃世 村木佑衣 吉田絢香
小島由夏


【男性クワイヤ(聖歌隊)】
永井崇多宏 白山博基 柳 隆幸
山下泰明 井上隆司 澤村楽人
高井 治 和田ひでき

【女性クワイヤ(聖歌隊)】
遠山美樹 片山美唯 青栁歌奈
土居愛実 谷 明実 北野有希依
秋山知子 織笠里佳子
(敬称略)



会場 センターは3列目が最前で

センターで 通路寄りだったけど
クワイヤの一番端の方のお顔
セットの柱に隠れてる。
これは サイドブロックからは
ちょっと見難いだろうなぁ。

音楽が始まれば シーンも蘇る。
田中カジモドに芝フロロー
そして エスメは宮田さんでした。

宮田エスメ
以前見た時よりも
強いエスメになってたかも。(笑)

芝さんは どこを切り取ってみても
芝さんだぁ
自分の考えの正しさを
微塵も疑っていない前半

エスメへの気持ちを
コントロール出来なくなり
戸惑う 後半
心がいびつだと
自分で気が付いていない
フロローが哀れに思えます。


阿部・クロパン
クロパン役は 胡散臭くて 地味っぽい作り。
それなのにどことなく役としての 華やかさが
感じられて 良い感じ。


フロローの付き人や
フィーバスの手下役を
東宝さんの舞台で よくお見掛け
していた寺元くんが演ってました。

『貴婦人の訪問』の若いアルフレートとか
ベスの ロビンと仲間たちの三人組の一人(笑)

気にして見ていたからか
直ぐ 居場所がわかる~(笑)
ちょっと反則な楽しみ方。


リトル・メーメイドで
可愛いフランダーを演じてた
卓鵬さん
こちらでは掏りを
働く悪い奴(笑)
動きは俊敏で
ジプシーがお似合いです。

久しぶりに見られた
『ノートルダムの鐘』

スタンディングも出た
良い舞台でした。






『髑髏城の七人~極~』4・12マチネ

DSCF4876.jpg

@IHIステージアラウンド

12:30開演で 終演は
16:15分くらいになってた。
さすがの長さ。
長いの普通だから(爆)
DSCF4886.jpg


今日は ライブ・ビューイングの日!
前方ブロックセンター 10席×4列
黒シートがかかっていて
お客さんを入れてません。
最前と 5列目には カメラが
デンと構えて置かれてた。

その分 舞台の半分だけは
とても見易かった(笑)
こちらのお席がちょっと上手寄りだったので
上手半分は 前のお客様の頭が
いつもどおりに被る(爆)
センターから下手側でのシーンは
まったくストレスありません。

ほんと この見難さだけは
肝心の舞台が見えないのは 致命的、
なんとかして欲しいと節に思います。

舞台本編
天海さん演じる 雑賀のお蘭
渡り遊女の極楽太夫

切符の良い そして艶やかなお蘭
花魁のお披露目シーンは
サービスだね。

夢三郎・竜星さん
変にテンション高くなく
落ち着いた感じ
舞台に馴染んで来て
夢虎がちょっと可哀想に
思えて来た。

三宅・カンテツのあの間は絶妙。
逆木・鴈鉄斎との
掛け合いも最高!

鉄砲の引き金まで
鋭く研いでしまう
それじゃ 撃てないっ!
ヤバイぞ カンテツ。

裏切り・・・正義!に 見える河野さん
猫熊 あれ可愛い???のか?(笑)

原・宮毘羅の猛鉄
無駄に踊らされ 歌わされ
宝塚歌劇か?のノリ


原・猛突 突然歌い出し
踊りだす・・猛突を中心にして
2番手 水神坊
三番手 妙声さんというところか
三人合わせて踊るし
ドレスは着てなくて鎧姿の
組子さん従えて さらに踊る。

原さん 元四季ですやん(爆)

結局 あっさりやられちゃうし
裏切り三五をして
この集団合わない言わせるし

いのうえさん どんだけ遊ぶ?(笑)

楽しいから 良いんですけど~。
梶原・ぜん三も 釜をもって
飛び回る 元気だ~。

川原さん清十郎も
嵌ってるね。



舞台が見えるって
やっぱ 良いですね♪ (笑)


『100年の秘密』4・11マチネ

思いがけず 当選した
『シラノ・ド・ベルジュラック』
制作発表に行って
終了後 急ぎ会場へ駆けつけます。
下北沢の駅 改修中で
いつも利用していた南口が
閉鎖されてる。
さて どっちへ行けば?(爆)

こちらかと見当をつけて
歩いたら 見覚えのある 旧南口の
駅前 マックのお店が見えて来た。

これなら 遅刻はしなくて済みそう
あわただしいけど 食事も済ませて
本日の演目は こちら
15112.jpg


ケラさんのちょっと長いお芝居です。
『100年の秘密』
15113.jpg


出演
ティルダ・・・・・・・・犬山イヌコ 
コナ・・・・・・・・・・・峯村リエ
チャド・・・・・・・・・・ みのすけ 
エース・・・・・・・・・大倉孝二 
パオラ他・・・・・・・・・松永玲子  
リーザロッテ・・・・・村岡希美 
メアリー・・・・・・・・・長田奈麻 
ウイリアム 他・・・・・・・・廣川三憲 
家を買いに来た客 他・・安澤千草 
家を買いに来た客他・・・藤田秀世

不動産屋・・・・・・・・・・猪俣三四郎 
ヴェロニカ・・・・・・・・・・・菊池明明
ブラックウッド家のメイド・・小園茉奈 
ケイト・・・・・・・・・・・・・木乃江祐希 
ロビン・・・・・・・・・・・・・伊与勢我無

カレル・・・・・・・・・・・ 萩原聖人 
フリック・・・・・・・・・・泉澤祐希
ポニー・・・・・・・・・・・・伊藤梨沙子
ブラックウッド・・・・・・・山西 惇
(敬称略)


舞台中央にデンと構えた
大きな楡の木

昔々 お爺様が狼に襲われた時、
昔はたくさんいたのよ
狼が・・・。

その狼に襲われた時
この楡の木が 掬いあげて
助けてくれたんですって。

それで この楡の木の周りに
家を建てたんですって。

メイドのメアリーが語り部のように
物語をつないでゆく。

ウイリアム 妻パオラ
息子のエース
娘のティルダ

エースの親友 カレル
ティルダの親友 コナ
コナを目の敵にする
同級生のリーザロッテ
そして チャド
近所に住むブラックウッドは
弁護士で この家族と親しい。
妻を亡くした後
ティルダと結ばれる。


犬山さん 峯村さん
大倉さん 山西さん
みのすけさん・・

エースと ティルダ兄妹
コナ カレル

楡の木の見守るベイカー家を
継ぐ ティルダの息子や
カレルと結婚したコナの娘
ポニーまで 話は続いていく。

誰にも言えない秘密も
楡の木は見て来た。

そんな 三時間半
衝撃のラスト!


映像の使い方も
KERAさんらしくて効果的だと思う。
プロジェクション・マッピング!
大道具のドアを
映像のドアがなぞる。
窓も 壁も‥面白~い。

さすがに 年配の方の
17歳 15歳 時には4歳って
キツイところもあるけど‥
お話が どう転ぶかの方が
気になりました。(笑)

3時間オーバーが、全く気にならず。

ナイロン100°C25周年。
ステキなお芝居に出会えました。





『シラノ・ド・ベルジュラック』制作発表!

15107.jpg


オーディエンス募集
禅さんのお名前はなかったけど・・
ご出演舞台!
応募してみたら 見事当選。
整理番号は おっきい番号だったけどネ
今日のマチネ予定14:00開演だし
間に合うよね?

シラノ・チケだってもちろん
FCに お願いして確保済だし
レターセット付きチケの追加までしてるので、
会場で SPイベント付きのチケット
あったんっだけど・・・
ごめん 買えない。(爆)
これ CNさん扱いで 買えるのかな?

11:00からの受付開始で
会場への案内は 15分頃から。

前方は 各メディアさんのお席は
お決まりです。

ご案内のあった登壇者
鋼太郎さん 黒木さん
Wクリスチャン 大野&白洲のお二人
台本をもって登場、
本読みのような状態で
少しは 動きもついての
芝居のワンシーンを
みせてくれました。

鋼太郎さんのシラノ
面白くなりそう♪

鋼太郎さんのラブコールに
応えての黒木ロクサーヌと
明かされていましたが・・

演出の 鈴木裕美さんも
音楽担当の清塚さんも。
ストプですが、今回の音楽は
バックで使われるというより
芝居とのセッションする感じ
それが楽しい。
そんなお話もされていました。

各メディアの質問コーナー
制作発表 定番のコーナーが
続きます。

質問に答えて 演出の鈴木さん。

困った時の忠臣蔵が日本なら
あちらでは 困ったときの『シラノ』
と言うくらいの作品ですが
今回は 今までにない
『シラノ・・』になりそう(笑)

鋼太郎さん
小難しいより 楽しい作品
今までで一番文学的でない?
そんな仕上がりになりそう
だとのお話でした。

そして メディアの皆さまの
フォトセッション

他のこれまでの制作発表ですと
ここでオーディエンスの皆さまは
ご退場と案内されるところですが
今回は メディアの皆さまと一緒に
オーディエンスの方がも
撮影OKが出ました。

撮れたお写真 こんな感じ。

15110.jpg

DSCF4871.jpg

DSCF4872.jpg


お忘れ物のないよう気を付けて
お帰りくださいの声に送られ
・・ まだ帰れない(爆)

14:00開演の公演に急ぎ向かいます(笑)

『リトル・ナイト・ミュージック』4・9マチネ


@日生劇場


大竹さん 『にんじん』につづき
ミュージカル舞台が続きます。

さらに 『ピアフ』も控えて
いますが、大竹さんと言うと
お芝居の人の認識なんだなぁー

風間さんもそう
一人芝居などもあって
やはり お芝居の人

ソンドハイムさんの
難解な メロディライン

ミュ-ジカル初挑戦の
風間さんには・・キツイのでは?(爆)
蓮佛さんも 舞台では
お目にかかっていない方で
いきなりの
ソンドハイム・ミューですか?

でも~~~
ストレート要素の強い作品
愛のドタバタ。
木野花さんが お祖母さまです。(笑)

大竹しのぶ 風間杜夫 木野花と
このお三方が並んだら
ミュージカルって本当?って
言いたくなります。


出演者
デジレ・アームフェルト(女優)
・・・・・・・・・・・・・・・大竹しのぶ

アン・エガーマン(フレデリックの幼妻)
・・・・・・・・・・・・・・・蓮佛美沙子

シャーロット・マルコム(伯爵夫人)
・・・・・・・・・・・・・・・・安蘭けい

カールマグナス・マルコム(伯爵)
・・・・・・・・・・・・・・・・・栗原英雄

フリード(マダムの執事)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・安崎 求

フレデリカ・アームフェルト(デジレの娘)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・トミタ栞

ペトラ(エガーマン家のメイド)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・瀬戸たかの

マダム・アームフェルト(デジレの母)
・・・・・・・・・・・・・・木野 花

ヘンリック・エガーマン(フレデリックの息子)
・・・・・・・・・・・・・・・・ウエンツ瑛士

フレデリック・エガーマン(弁護士)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・風間杜夫


ノードストラム夫人・・・・・・・・・・彩橋みゆ
セグストラム夫人・・・・・・・・・・・飯野めぐみ
アンダーセン夫人・・・・・・・・・・家塚敦子
エアランソン氏・・・・・・・・・・・・中山 昇
リンドクイスト氏・・・・・・・・・・・・ひのあらた
(五十音順)

オープニング
アンサンブルの方々の
素晴らしい歌から!

ほ~~っと聞き入っていたら
メインの方々の歌になって
ちょっと聞きながら
肩に余計な力が入ってしまった。
声量は大丈夫ですが
お歌が 聞いてて疲れます(爆)

ウエンツ君も余裕なさそうで
歌い上げては いたけれど
上手く聞こえないなぁ。

その分 合間に聞こえて来る
アンサンブルさん方の
ハーモニーがとても美しい。

安蘭さんや安崎さん
栗原さんなど 歌声を
聞きたい方のここが聞かせどころと言う
シーンは無いに等しくて勿体ない。
栗原さん
豆粒の脳ミソって言われてる~。


中山さん ひのさん 家塚さん
ソロ・シーンが ス・テ・キ (笑)
飯めぐさん すこし控えめ。

ミュージカルにご出演経験の
ない方々をメインに据え
ベテラン・アンサンブルさんを
ガッツリと支えに揃えた感じ。

雰囲気の違う方を
お客様に迎えて
そんな風情に見えてしまいます。

その辺は、公演を重ねれば
変わって来るかもですね。

ミュージカル舞台、
一部の方ですが
歌を聴くのに 身構えなくて
済むようになるといいなぁ~って
次回 期待します。(笑)








『In This House』4・8マチネ

 ~最後の夜、最初の朝~
15039.jpg
@東京芸術劇場シアターイースト


出演者の少ない作品が
続きます。

今回は4人のキャストさん
パンフ販売はなし
タブロイド判新聞のような
作品紹介?
これからの他作品のチラシと
共に配られました。
15038.jpg



出演者
ヘンリー・アーデン・・・・・・・・・・岸 祐二
ルイーサ・アーデン・・・・・・・・・入絵加奈子
アニー・フリードキン・・・・・・・・・綿引さやか
ジョニー・ダマート・・・・・・・・・・・法月康平
(敬称略)



舞台には、古ぼけたある家

ずいぶん前に引っ越して
空き家になっている家の
様子を見に来た夫婦。
ある年の大晦日

ドアノブは 壊れ
雨漏りする場所も
昔のまま。
落ち着いたヘンリー
ちょっと険のあるルイーサ
二人の会話は、
すこし 棘があると言うか
特に妻のルイーサの言葉には
含むところがありそう。

雪道で 車が立ち往生してしまったと
若い二人が訪ねて来る
・・恋人同士か。

電話を貸してと頼まれるが
生憎 電話はない
スコップを借りて 車を動かそうと
するが上手くゆかない。

結局 一夜を
この家でお世話になる事に。

二人と二人
共に 問わず語りに、
それぞれの職業や
生い立ちなどを語り合う。

若い二人は 知り合った
きっかけがスピード違反とか
付き合って2年になるとか
結婚は まだ!

若いジョニーが
警官だという事

一方 ヘンリーが、若い頃
野球選手だった事。

ルイーサの父も 警官だった事
アニーのインドネシアからの
帰国を迎えにいった帰り道だったと。

家族の希望に沿って
警官になったけれど
小説を書いた事もあると
アニーが話す。

会話と歌で舞台が 流れてゆく。

新年おめでとうの挨拶が
交わされる中、

ジョニーは 来年には
アニーと結婚しているだろう
家を買ったんだと 明かす。

戸惑うアニー

どこか 会話が噛合わない二人
勝手に事を進めてゆく
ジョニーに
わかってない!と アニー

アニーが何を言ってるのか
わからないジョニー


ヘンリーとルイーサ
僕たちもあんなだったか。

繊細な4人の言葉の裏に
隠されていたものが
だんだんと形を成して行く。


じっくり しんみりと
見る作品
静かすぎる感じも
ないではないけれども
これはそういう 作品だな。

ジョニーが 真っ直ぐで一途
でもって 一番子どもっぽい
そんな様子は よく演じられていた。
道徳的で真っ直ぐな道から
外れられない。

アニー 自分を持ち
自分を見つめる事の
出来る女性
二人との会話から
ヘンリーとルイーサも
今まで 言えなかった
事実を明かす。

自分たちは なぜこの家を
何度も 訪ねてくるのか
考えてみようじゃないか。

二人の視線は
未来に向かっている。


『In This House』



今日は、開演前に
ステージ・フォト企画の日
応募してみたら 珍しく
当選しちゃった!

当選者は終演後のステージに
上がって撮影OK! やった~♪

舞台セットの
ヘンリーとルイーサが
座っていたソファに
座ってみたり
もちろん撮影もしたっ!(笑)

15031.jpg

15032.jpg

15034.jpg

15033.jpg

15036.jpg
舞台上サイドには バンドさん!

Blog掲載もOK頂きました。





『Woman ~源氏物語より~』4・6 マチソワ

ミュージカル座さん 恒例の
Wチーム編成
14897.jpg


柳瀬大輔さん
頭中将 & 末摘花役で
両チームにご出演

柳瀬・ 弟さんも
柏木 や 明役でご出演でしたが

まずは 大輔さんの両役
どちらも見たくて マチ・ソワ
マチネは 笑激!(爆)の
末摘花役でした。
14896.jpg


マチネ とソワレ間の時間つぶしが~
周り、

な~~~んにもないっ!(爆)

DSCF4858.jpg



以前 入ったことのある中華屋さん
準備中だったし。

でもイートインコーナーのある
コンビニはあったから
ステアラよりは 良いのかも(爆)

キャストの違いも分かるので
マチソワ 両方一覧で

出演者


月組 星組
カオリ・・・・・・中村萌子 山中美奈

紫の上・・・・・・堤 梨菜 野田久美子
頭中将・・・・・柳瀬大輔 森山大輔
惟光・・・・・・・齋藤信吾 今村洋一
桐壺帝・・・・・田村耕一 田村耕一
源典侍・・・・・福島桂子 福島桂子
柏木・・・・・・・平山トオル 柳瀬亮輔

藤壺・桐壺・・大嶋奈緒美 松元香保里
葵の上・・・・ 追林留梨子 川目晴香
六条御息所・・木村恵理 木村恵理
空蝉・・・・・・・・宮ヶ原千絵 桑原麻希
夕顔・・・・・・・光延真鈴 彩坂まゆ
朧月夜・・・・・・青木 萌 澤田美紀
明石・・・・・・・・富樫知美 小西萌子
女三宮・・・・・・鈴木穂佳 渡辺みみこ
花散里・・・・・・名取えりか 東田真侑
末摘花・・・・・・森山大輔 柳瀬大輔
玉鬘・・・・・・・光延真鈴 彩坂まゆ
明石の姫・・・・小松加奈 酒井翔子

敦子・・・・・・・梅津めぐみ 平塚美和子
ユカリ・・・・・・小松加奈 酒井翔子
昌平・・・・・・・石岡航太 山内 翼
加納いずみ・・ 福島桂子 福島桂子
父・・・・・・・・・・田村雄一 田村雄一
明・・・・・・・・・・平山トオル 柳瀬亮介
日下部・・・・・・柳瀬大輔 森山大輔
昌平・・・・・・・・石岡航太 山内翼

アンサンブル・・・・・菅田紗子 前田佳子
アンサンブル・・・・・・喜元 和 小林夏歩
アンサンブル・・・・・小田嶋茜子 豊川いず美
アンサンブル・・・・・・西澤舞織 狩野志帆
アンサンブル・・・・・・高木真帆 櫻井恵里佳

光源氏・・・・・・・初風 緑 初風 緑

(敬称略)

カオリは 一冊の本を読み始めた。
それは源氏物語


源氏の君と生きる
女たちの物語

桐壺 藤壺 葵の上
紫の上 (若紫)
空蝉 朧月夜 夕顔
花散里 六条御息所
カット出来ない~(笑)
丁寧に 皆様 登場します。
これだけ 出て来ると
当然駆け足になるのは
仕方ないかな。

カオリの読み進める本に
合わせて さらには
カオリの恋人やら
カオリの出生の話まで
源氏物語とシンクロ。
かなり大変。

笑撃の末摘花・・・
ちょっと言葉が出て来ない (笑)

平安調の衣装
裾を引き摺った打掛風
オレンジの細帯の衣装、

何か様子が変と思ったら
オレンジの帯 緩んでしまって
だらりの帯になってる~
すこしずつ落ちてきて
結びの白い紐が出てきちゃった。(汗)

なんとかシーンを終えて

直す事が出来たようで
一応 セーフ?!

源氏の君との出会い
ギャグっぽいセリフ
やや受け(笑)

ここの末摘花は 完全に
受け狙いの役回りです。
暫時休憩コーナー?

ほんとの休憩は 15分
ちゃんとありますけど。(笑)

ソワレの森山さんは
琴を ギターのように
構えてみたりしてたし(爆)

柳瀬さんも大きいと思いますが
森山さんも ふっくらされた方
琴をあんな風に構えて
違和感ないのか
あるのか

…わかんない
(末摘花のセリフ) (笑)


源氏の君
低音ヴォイスで歌って
さわやかな立ち居振る舞い。
平安の時代の直垂というか
あの衣装は
頭中将 惟光 帝・・・。

ヘアだけがちょっと惜しい?
そうそう
ズカ・チューシーンもあった。(笑)

源氏だけじゃなくて
女性陣も 一部 現代風
パンク風 (笑)
おすべらかし風が
2段になってたり(爆)

キチンと平安風の方もいて
不揃いなのが
すっきりしない。

末摘花の衣装については
ちらっと書きましたが
アンサンブルさん
白基調のチュールドレスの上に
ピンクの打掛風着物。

女三宮 ブルーのドレスの
上に 打掛風着物。

六条御息所も
ドレス派だった(笑)
上に羽織る打掛は
金糸織の豪華版。

葵の上 紫の上 あたりは
和服をキチンと着付けての
打掛け衣装
細帯平安風(笑)

このあたりの差に
なにか演出の意図があるのか。

長い裾の和服を羽織っての
ダンスでは 裾を踏んでしまう
シーンなども垣間見られて
裾さばきも 乱れ気味な
方が多くて、
だからこその 和洋折衷?などと
穿った観方をしてみたり (汗)

現代と源氏の時代を
シンクロさせたからかと
思ってみたり。


役替わりのキャストさんで
やはり 月 星
チームによって 少しだけ
違う色合いを見せてくれました。





『Woman 〜源氏物語より〜』 明日の予定

あっ もう12時過ぎた
今日だ~


ミュージカル座4月公演

『Woman 〜源氏物語より〜』

月組 星組の Wチーム制
だから 一日で効率的に
両チーム観ちゃおうと
欲張りました。(笑)

葵上 頭中将 桐壺帝
源典侍 柏木 六条御息所
朧月夜 女三宮 花散里
などなど
聞いたことのある名前が
ズラリ

光源氏役は 初風さん~♪


チケットが当日受け取りなので
お席もわからないし、
よけい 時間に余裕をみないとネ。

チケットが手元にない
と時間確認などするのに
とかく不便。

開演時間だけは 間違えないように
しないと・・・。

それ一番大事! (笑)


『1789 ~バスティーユの恋人たち~』開幕記念!


東宝さん 『1789』でも
シークレット缶バッジ配布やるんですね~

『メリーポピンズ』
『 リトル・ナイトミュージック』
髑髏城の七人 極
など 予定が立て込んで
Wキャストで、悩みながら選んで
先行で既に、押さえている日しか
行けません。

ましてシークレット配布は、
欲しい缶バッジが貰えない
確率が高いし そのために
チケ増やすなんて・・・
ねぇ~?

6公演配布で14種類
なら コンプリートとか思っても
プレゼント期間を全通しても
揃わないって
せめて選ばせてくれ~。
ファンの心 わかってないなぁ~

次の週は、 オリジナル付箋ですと。
まぁ 行けないから なんでもいいか。(笑)

『マディソン郡の橋』でも
シークレット しかも大阪公演だけ。
ご贔屓さん目当てに 一回は行ったのに
ご贔屓さん以外の缶バッジだった。(爆)

やっぱりネ
こちらの『1789』は

ご贔屓さん出てないし

だから この販促企画 一抜けた~!



『トリスケリオンの靴音』4・6マチネ

@赤坂REDシアター

小さな劇場 チケットが取れなくては
大変と早々に申し込んだら
なんと 最前のドセンターという
奇跡のお席、

14891.jpg


間近で 集中!
どっぷりと舞台の世界に
浸る事が出来ました。


出演

佐久間憲市・・・・・・・・・・碓井将大
見城和歌子・・・・・・・・・・赤澤ムック
土門忠・・・・・・・・・・・・・・粟根まこと
(敬称略)



彫金作家という 地味目な
主演キャラは 見城海山

そして その主演キャラは
名前だけしか出てこない。

たった一人の弟子 土門
そして離婚後生まれた娘
和歌子
そして 田舎町の町興しのため
彫金家の記念館設立プロジェクトに
参加して取材に来た若者 佐久間。

この三人によって
海山と 妻・十喜子が
蘇る。

彫金家亡き後
工房を守る弟子に
海山について
インタビューの形で
佐久間が語らせる
観客は大方の設定が
これで頭に入るだろう。


突然現れる 母そっくりの娘。
反目しあう 弟子と娘

若者はどちらつかずで
クッション材の役目。

物語は 当時の彫金家を
その妻の真実を
浮き彫りにして行く。

そして 弟子の思い
娘の思いも

間違いなく・・和歌子は
父の娘でもあった。

ラストのドンデン返し・・・
ちょっと ご都合主義っぽい
お芝居だからいいか?みたいな
強引なまとめにも思える。(爆)

3名の役者さんに まず出会って
タイトルを決めて・・から
物語が動き出したと プログラムに
ありましたが

当て書き!

お三方 ピッタリだった。

名前だけ登場の海山 十喜子
二人が ちゃんといるし。

佐久間だから クマちゃん
土門だから モンちゃん

粟根さんに クマ・モン
言わせたかったんかな?(笑)

素直になれない

トリスケリオン 初めて聞きましたが
三脚巴というそうで。
海外の国では 国旗にあしらわれていたり
生と死 そして再生を表しているそう

輪廻回生のようなものか。

休憩なしの 一時間45分

アッと言う間でした。

素直じゃなくて
でも その辺にも
ありそうな会話とか

笑いもあって
ホロっとさせて・・・・

ジワっと来たシーンが
一か所だけじゃなくて(笑)


時間が許せば リピしたい舞台だった~。








『GEMCLUBⅡ』4・4マチネ

14876.jpg
@シアタークリエ

出演
中河内雅貴 東山光明

木戸邑弥 多和田秀弥 
本田礼生 松田岳 
古田一紀

新垣里沙(三森すずこ)
※Wキャスト

原田優一
壮一帆 (敬称略)

14875.jpg


一回だけ予定の
『GEMCLUBⅡ』
お顔の一致しない
若手メンバーが気を吐いて
勢いは感じられるけど
エンタメ内容としては
いつもの玉野さん(爆)
心なしか タップ少ない?(笑)

いつものメンバーに
惹かれて観にきているので
安定していると言えば
・・安定してる。

原石を探す
オーナー 総支配人
チーフ という設定で
ショーに使える人材探して
メイド・カフェに行く
シチュエーションで
若手に女装させて!
まぁ 可愛い・・かも(笑)

原田さん 中河内さん
かなり踊ります。

原田さん ちょいキツそうなのを
懸命に踊ってるけど
大丈夫?って声かけたく
なって困った~(爆)

壮さん 男子の中で
同じ振りをしても
動きが トップさんですね~。

手の動きが
回転が
微妙に後追いとか
決めポーズもです。

スーツ姿が 様になるし
なんなの あの男前!(笑)

元気を貰って来ました。


お写真ついてのリピチケ
売ってたんですが・・・
行ける日程ないし
半分以上 お顔とお名前が
一致しない若手なので
お写真も決めてにならず。

本日 撮影用カメラが入っていたらしく
告知されてた。
記録用なのかな?


Wキャストだけど
一回だけで 良い事に
しておきます。


『Take Me Out 2018』 4・3マチネ

14784.jpg

野球選手のお話なんだけど
実は・・・・

スター選手のダレン
ある日 突然自分は
同性愛者であるとマスコミに
発表し チームは混乱に陥る。

何も変わらないと受け入れる者
忌避する者
世間からの風当たりも強い

それまで順調に勝っていた
チームは 内部の混乱が
現れたように 負けが多くなって来た。
ピッチャーの日本人選手
後半なぜか 崩れてしまう
試合が続く。

チームには ダレンも含め
国籍の違う者が集まり
野球に生きていた。

ダレンの事件が少し世間から
忘れられかけた頃
チームは勝つために
2軍から呼ばれたシェーン
彼は 素晴らしいピッチャーだったが
チームに、溶け込む事なく
ダレンをも嫌い
差別発言 問題発言
一旦は チームから去ることに
なったが 勝つために
呼び戻される。

そして また事件は起こる!

14783.jpg





[翻訳]小川絵梨子
[演出]藤田俊太郎

出演
メイソン・マーゼック・・…・・・玉置玲央
シェーン・マンギット・・・・・・・栗原類
トッディ・クーヴィッツ・・・・・・・浜中文一
キッピー・サンダーストーム・・味方良介
ジェイソン・シェニアー・・・・・小柳心
マルティネス・・・・・・・・・・・・陳内将
ディビー・バトル・・・・・・・・・・Spi
ダレン・レミング・・・・・・・・・・・章平
ロドリゲス・・・・・・・・・・・・・・・吉田健悟
タケシ・カワバタ・・・・・・・・・・竪山隼太
スキッパー・・・・・・・・・・・・・・田中茂弘
(敬称略)

舞台を中央に配し ベンチシートが
最前列に 文字通り背もたれもないベンチ。

舞台には、各個人のロッカーらしい
移動式ブース
これを あちこちに移動したり
舞台袖に追いやって
何にもない中央で ピンスポに
近いアクト・エリアが出来たり。


ダレンがメイン・キャラ
自分に自信を持ち
生きて行く強い男だが
メイソンと出会い 変わっていく。

栗原シェーン
コミ障っぽくキレ気味のシェーンを
演じる

Spi・ディビー 告白後の
ダレンに対して
態度を変えるキャラ。

キッピー 広平な目を持ち
まとめ役だが、シェーンに関しては・・・。

浜中トッディ
ダレンに反感を持つ
尖った男か

タケシ・カワバタは
アメリカに対する日本の
印象を語らせている
長崎・広島の原爆も
けれど 今は野球をやるだけ。

ロドリゲスやマルティネス
ジェイソンたちは
少し弱いキャラ
その他チームの人に
なってるみたい。

玉置・メイソン
野球チームの話だけど
ユニフォーム着ません。(笑)

スター選手 ダレンの会計士だ。

ダレンの明日引退しても これからの
生活に不安はないか?に

あなたを見ている僕が
いるから 引退はしないで欲しいと願う
メイソンとダレンの
二人のシーンが 印象的だった。


このお話は、
各人の心情や その動きが
よく見える部分と
理解不能な面もあって。

特に、シェーンのようなタイプは
やはり理解不能だなぁ~





四季会報誌『ラ・アルプ』本日到着


到着 2日になっちゃいましたね

今月 東京公演の作品の
会員先行はなかったので
セーフかも?
来月は 早めに欲しいゾ

あとは 全国公演の発売日程に
注意して・・・と。

某公演 近くに来るのが
発表されてるから
こちら行く予定。

『マディソン郡の橋』千穐楽!

大阪 梅田芸術劇場
ドラマシティ

遠征行って来ました~。
シアター1010
シアタークリエ

そしてドラマシティと
作品&禅さん追っかけも
一区切りです。

大人の恋愛物語と銘打って
祐さん・涼風さんのビジュアルが
前面に。

この作品だけに限った事では
ありませんが いろいろな観方が出来て
それぞれが正解。

広い土地に住まう仲間たちの
絆の話でもあり

子供たちの巣立ちの話でもある

家族の再生物語

孤独な男の真実の愛の話で

平凡な生活の中で
出会ってしまった希望の
ようなものに惹かれて
家族のもとから 飛び出せなかった
女の話

ニンゲンだもの。
悩み 苦しむ。
愛して 喜びを得る

死を迎える

全てが詰まってる。
たった9人で成立させた。

ミュージカル♪
この基本は崩さずに
曲も難しいけれど
聞かせてくれる方揃い、

椅子からずり落ちる事なんて
皆無(笑)

楽公演も 集中して
引きこまれる舞台。

千穐楽なので
カテコ一言ご挨拶ありの
プレゼント抽選会あり
再演の発表でもしてくれたら
嬉しいと期待したんですが
それはなし

代わりにと言っては なんですが・・(笑)
禅さん 劇中でも 加賀谷さんと二人
腕立て伏せを見せてくれたんですが
腕立て伏せをやりながら
カテコの一言ご挨拶。

こんな挨拶 初めて見たと
祐様に言われてた(笑)


その祐様 さらなるカテコ時に
上手舞台袖で 禅さんに対抗して?
かなりの回数の腕立て伏せを
やるという ・・・
30回は超えてた?

この舞台の奇跡かも。(笑)


大阪公演
缶バッジプレゼントも
あったんですが・・・

なんせ 11種類もあって
全通しても 揃わない。
まして遠征 一公演しかいけないので、
ご贔屓さまにはお目にかかれず~。
それが ただ一つの心残りでした(爆)
検索フォーム
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

いらっしゃいませ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
81位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
俳優
7位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りBlog
Blog開設カウンター
ブログの更新率
月別アーカイブ