現在の閲覧者数: 2023年01月の記事 - hatti元気の素 観劇 ミュージカル
fc2ブログ
プロフィール

hatti (はっち)

Author:hatti (はっち)
石川禅さん応援中!
劇団四季・東宝ミュージカル・・・時には宝塚
観劇大好きなhattiです 

記事に関係のないコメントは
削除させていただく場合が
御座います。ご了承ください。

石川禅さんのお仕事
石川禅さん
これからの予定

舞台******
ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年3月7日~29日
日生劇場
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月4日~14日
skyシアターMBS
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月19日~21日
愛知芸術劇場大ホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月26日~28日
久留米シティプラザ 
ザ・グランドホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月3日~4日(土)
熊本城ホール メインホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月11日~12日
高崎芸術劇場 大劇場
ニック役他

石丸幹二 
オーケストラコンサート2024
石丸幹二
東京フィルハーモニー交響楽団
2024年6月21日(金)
会場:東京芸術劇場 コンサートホール
ゲスト出演

舞台
ヒストリーボーイズ』
2024年7月20日(土)~28日(日)
あうるすぽっと
へクター役

********
Netflix
「モンキー・キング」
声の出演
“竜王"役 吹替=石川禅
2023年 8月19日より配信開始

Netflix
『氷がすべてを隔てても』
声の出演
アイナー役=石川禅 (3/2より配信開始)

Netflix
『サンドマン』
声の出演
第6話 吹替=石川禅

コンサート*******
★『石川禅 6th ソロ・コンサート』
2021年3月20日~21日
よみうり大手町ホール
※公演延期 ※

石川禅さんのプロフィール
FCについては
サイドバーのリンクから
ホリプロブッキング
エージェンシーへどうぞ
禅さんの舞台
石川禅さん次回は % 『COME FROM AWAY』
禅さん 出演公演
Blogランキング参加中です
見たよ 読んだよ ポチっとな!
よろしく お願いします。
4月の観劇予定

■『町田くんの世界』
■『銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件』
■『カラカラ天気と5人の紳士』
■『Le Mele~母~』
■こまつ座『夢の泪』
■『王様と私』
■『COME FROM AWAY』
大阪・名古屋
■『VIOLET』
■『デカローグ A/B』
■『アラジン』
■宝塚花組『アルカンシェル』
■『ハネムーン・イン・ベガス』
■『クロスロード』
■『Le Fils~息子~』
■『オペラ座の怪人』KAAT
■地球ゴージャス
『儚き日光のラプソディ』
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

『ファースト・デート』 1・30 マチネ

65947.jpg


@シアタークリエ

確かこの演目 見たことあるゾ(笑)
そう思って ・・・MyBlogで検索かけたら
2014年の公演 見てる!

中川アッキーと新妻セイコちゃん
そしてウェイターには
キーヨ(今井さん)だった
古川クン 藤岡クン
未来さん 昆ちゃんもいた。

細かいとこは 流石に忘れてるけど (笑)



CAST
アーロン・・・・・村井良大
ケイシー・・・・・桜井玲香
レジー・・・・・・・植原卓也
アリソン・・・・・・音 くり寿
ゲイブ・・・・・・・オレノグラフィティ
ローレン・・・・・・保坂知寿
ウェイター・・・・長谷川初範
(敬称略)

これだけ 時間が経てば
キャストも当然 全部変わってて

とある バー?!
真ん中にはカウンター席

上手後方
下手サイドに
テーブル席が用意されて

アーロンのブラインド・デート
お相手はケイシー


婚約してたアリソンに
振られ・・心配した
親友のゲイブの応援もあって
この出会いの場
生真面目タイプで
女の子と軽く遊ぶ感じではない

スーツでかっちり決めて
マスターからファーストデート?と
バレて 一言アドバイスが。(笑)

現れたケイシー
革ジャン 獣柄のミニスカ。
アーロンとは あまりにタイプが
違い会話もぎこちない。

後方テーブルには
保坂ローレンと
植原レジーが お客らしく
かけている

ときにさり気なく 捌けたかと
思うと 別キャラで
袖から飛び出してきたり
ローレンは スカーフ付けて
羽織もの付けて・・・
別人役になり
階段を降りてくる(笑)

下手横のテーブルには
アリソンとゲイブが
控えて お客になりきり・・・

ときに このメンバーで
全員歌う!


豪華メンバーの
バック・コーラス?

植原・音・保坂 オレノグラフィティ
そこに長谷川さんですから~


二人の会話に アリソンが
でてくると アリソンとして
会話のまわりで動く
音さん

ゲイブもそんな感じで
複数の役をこなす

植原レジー
もう 思いっきりの
振り切り演技
ここまでやる?(笑)

ついTDVのヘルちゃん
ダンスレクチャーを思い出して
しまったじゃない
さらにレベルアップしてたけど(笑)

初めて出会う
デート模様

過去の恋も
これまでの生き方も
会話の中から見えてくる

合わないと思った
相手が ちょっと気になり
だんだん気になり

軽いコメディ仕立ての
植原レジーとマスターの
これからも暗示する
ハーピーエンド♪

何度もカテコ
ステンディングの舞台
65948.jpg

休憩なしで魅せてくれました。

宝塚 星組『ディミトリ~曙光に散る、紫の花~』 1・29 マチネ

65914.jpg


@東京宝塚劇場

JCBカード貸切公演
嬉しい当選
見やすい良席でした!


─並木陽作「斜陽の国のルスダン」より─
こちらの原作より

NHKオーディオドラマで
放送された ドラマチックな大作
『斜陽の国ルスダン』が
礼さんディミトリで
宝塚舞台に花開きます

王族 人質 女王即位
亡き王の遺言により
女王の夫となり
互いを信じ合い
真実の愛を得たと
思ったが 運命はその時を
許さない・・・。

国に攻め入って来る
ジャラルッディーン

戦いのシーンなども
宝塚舞台らしく
毎回ですが衣装も素敵(笑)



主な配役
ディミトリ・・・・・・・・礼 真琴
ルスダン・・・・・・・舞空 瞳
ジャラルッディーン
・・・・・・・・・・・・・瀬央 ゆりあ
アヴァク・ザカリアン
・・・・・・・・・・・・・・暁 千星
物乞い・・・・・・・・・美稀 千種
タマラ女王・・・・・・白妙 なつ
エルズルム公・・・・大輝 真琴
チンギス・ハン・・・輝咲 玲央
イヴァネ・ザカリアン
・・・・・・・・・・・・・・・ひろ香 祐
ニノ・・・・・・・・・・・・紫 りら
ソポ・・・・・・・・・・・音咲 いつき
庭師・・・・・・・・・・・朝水 りょう
ギオルギ・・・・・・・・綺城 ひか理
バテシバ・・・・・・・有沙 瞳
アン・ナサウィー・・天華 えま
エレネ・・・・・・・・・・澪乃 桜季
ヴァラム・・・・・・・・夕渚 りょう
ベカ・ジャケリ・・・天希 ほまれ
ガンベダオバ(リラの精)
・・・・・・・・・・・・・・小桜 ほのか
アスラン・・・・・・・天路 そら
カルマリク・・・・・・・遥斗 勇帆
ニコロス・・・・・・・蒼舞 咲歩
イルマ・・・・・・・・・七星 美妃
サバ・・・・・・・・・・朱紫 令真
シャルヴァ・・・・・・希沙 薫
ミヘイル・・・・・・・極美 慎
セルゲイ・・・・・・・碧海 さりお
アルセニ3世・・・・颯香 凜
カハ・・・・・・・・・・夕陽 真輝
ムルマン・・・・・・・天飛 華音
メムナ・・・・・・・・・奏碧 タケル
カティア(女官長)
・・・・・・・・・・・・・・水乃 ゆり
スィクヴァルリ(リラの精)
・・・・・・・・・・・・・・・・瑠璃 花夏
シブルズネ(リラの精)
・・・・・・・・・・・・・・・・詩 ちづる
幼少ルスダン・・・・・・乙華 菜乃
幼少ディミトリ・・・・・・美玲 ひな
タマラ王女・・・・・・・藍羽 ひより
(敬称略)

第二幕は
疾走感あふれるショー
メガファンタジー
『JAGUAR BEAT-ジャガービート-』
65913.jpg


まさに走り抜ける感じの
時間で あっという間。
何が起こった♪?! (笑)

カテコのシャンシャンに
ジャガーがいたよ~


65915.jpg
65912.jpg


パンフ購入と ロビーに
置いてくれてる
TCA PRESS 1月号と2月号
2月号は 礼さんが表紙も
忘れずに・・

それと フライヤーは
『アナスタシア』と
『ファントム』 も。

『キング・アーサー』の
ロビーに置いてあるのは
ホリプロさん系列の演目

こちらでは 当然のように
梅芸さん系列の演目が
並びますね


帰り道・・
遠征のマイミクさんのつぶやき

同じ公演を拝見していたと
知ったけれど 時すでに遅し。

会えなくて残念。



『星の王子さま』 1・28マチネ

65885.jpg

@神奈川芸術劇場大ホール


出演

蛇 地理学者 他・・・・・森山開次
王子・・・・・・・・・・・・・・アオイヤマダ
飛行士・・・・・・・・・・・・小㞍健太
バラ・・・・・・・・・・・・・・酒井はな
キツネ・王様 他・・・・・島地保武/
コンスエロ・・・・・・・・・坂本美雨

ヒツジ・渡り鳥・バラたち 他
・・・・・・・・・・・・・・・・浅沼圭
点灯夫・呑み助・飛行機 他
・・・・・・・・・・・・・・・・五十嵐結也
ヒツジ・渡り鳥・灯火・バラたち他
・・・・・・・・・・・・・・・・池田美佳
夕日・渡り鳥・バラたち 他
・・・・・・・・・・・・・・・・薄田真美子
実業家・飛行機・ 他
・・・・・・・・・・・・・・・・川合ロン
うぬぼれ屋・飛行機・他
・・・・・・・・・・・・・・・・水島晃太郎
ヒツジ・渡り鳥・灯火・バラたち他
・・・・・・・・・・・・・・・・・南帆乃佳

演奏

佐藤公哉 中村大史 (敬称略)

前回公演も拝見している
衣装は変わらずひびのこづえさん
特徴のある衣装で
透かしレース地のタイツ?
こちらに身を包み
その上に 羽織もの
上着をつけたりして

でも バラ 飛行士など
実業家 うぬぼれ屋 呑助
点灯夫・・などすぐわかる

言葉で表現するのは難しい (笑)
バルーンも使われている。

そして ダンス!
ダンス!
ダンス!の
作り出される『星の王子さま』の世界。

公演しているKAATのHP
星の王子さまページで
舞台写真が見られます
会場まで通路には

すこしだけ 衣装の様子が
わかるかと。
65886.jpg

65887.jpg


しなやかに 激しく
美しく・・・可愛らしくもあり
そしてある意味
エロチシズムを感じさせるシーンも。

星の王子さまの物語を
しっかり追う

65884.jpg


公演時間 2時間15分とあるが
あくまでも 予定(笑)

終演後 規制退場のアナウンスに
したがって 劇場を後にしたのは
16:30になっていた

神奈川芸術劇場 大ホール

ちょっといつもとジャンルが
違う ダンス公演だけど

森山さんの公演は
ついつい チケットとっちゃうのよね(笑)







『キング・アーサー』 1・27 マチネ

65801.jpg

本日もこちら 新国立劇場
お席はほぼドセン!

しかも 傾斜段の付きはじめの
見やすいお席
前席のかたの頭が被らない幸せ (笑)
65803.jpg


舞台サイドの 高台で演じられる
シーンの見切れもない

禅マーリン様 ここでのシーンが
あるので ココとっても重要なのよね(笑)

本日のキャスト
伊礼メレアガン
高音のシャウト
辛そうな中にも
すこし余裕が・・・

宮澤グィネビア
頼りなげで声も小さい

自分をしっかり持った
お姫キャラには弱いかな?

太田ランスロットとの回でしたが
ハーモニーも弱い感じを受けた

甘い歌声で 一途な恋に
自分を見失うナイトは
太田ランスロット
見るからに ナイトらしく
はまり役だ。

伊礼メレアガン
復讐を忘れたかと
モルガンに詰め寄る様が
激しい~

動じない モルガンと
二人のシーン
悪の魅力が
ステージから
バシバシ飛んでくる (笑)


♪アーサーの王位も
エクスカリバーも
グィネヴィアの愛も
すべて 俺のもの!

♪神様に嫌われた男
あなたのいるべき場所に
戻してあげる

♪取り戻せ 俺のプライド!

(意訳ですが・・・)

ここの高音パートも
お見事・・
モルガンの歌声が
低めで・・不思議に
相性はいい感じ。

ここで 魅せる振りが
ダンダリ・・・♪
歌の内容と 振りのギャップで
後に記憶を残す。


細身で黒系の衣装
トウコさん そんな大柄では
なかったと思いますが・・・
舞台上 とても大きい
存在感です。

憎しみに凝り固まった
モルガンに 復讐を
諦めるように 語り掛ける
マーリンは 高台の上
東山・ケイとのやり取りも
息ぴったり・・で

孤独な狼と 鹿さんも
あの動きに 目で追ってしまう

見どころ満載の舞台

そして そして
なにやら 昨日のマチソワ共に
複数のカメラ収録があったと
禅友さんのツイ。

単なる記録用にしては
カメラ台数が多めらしい

円盤化期待していいのかなぁ
期待しちゃうよ (笑)

緑の妖精さん
あの美声とビジュアル
永遠保存したいもの(笑)

そうそう オンラインショップで
頼んでた キング・アーサーの
おまんじゅう
昨日 やっと届いたので
お早めにお召し上がり・・との
お勧めに従い 早速(笑)

はしっこにいる
グィネビアとモルガンから
頂いてみる
あっさりした甘さ

見本で マーリンが
お腹真っ白に なってたけど
グィネヴィアもモルガンも

白あんだった(笑)










『キング・アーサー』1・25 マチネ

65735.jpg


また 新国立劇場中劇場
舞台写真が販売開始と
ツイがあったので
物販行列に並ぶ(笑)
けっこう長い行列
マステも並んだついでに
買ってしまい

禅マーリンの舞台写真
GETして来ました

マーリンさまの入ったセット
カヴェイン&ケイ&マーリン セットAと
なってます
他のセットも 全部Aと
ついてるから

売れ行きによって
セットB
セットCが 追加ありでしょうか?(笑)

一枚 禅マーリン 写ってるけど
引きの写真で
お顔が見えないのがあって
惜しい!

それから キャストボードの
写真を撮る列に並び直す(笑)

実は オンラインショップで
先に申し込んだので
まだプログラム 手元にないんです(汗)

先日 トークショーで
禅さんが着てたから
(販促だよね~)
Tシャツも予定外に購入・・(爆)

公演名と 出演キャスト名とか
あったら 最初から購入なんだけど。

・・・で 本公演

65737.jpg
本日のキャスト


禅さんマーリンの登場
暗くなった客席
後方扉が開き・・・

振り向いてつい確認して
しまう・・(汗)

スポットがあたり
ゆっくりと 中通路を
下手に移動してゆく

この導線上 禅さんを追う。
舞台にあがり・・
天の声(鹿賀さん)を聞く
マーリン

幕開けだ

ちょっと大仰に思える
セリフまわしだけど
超自然との会話だもの(笑)

アーサーを探し出し
立派な王として君臨させよ

杖を高々と掲げ
一瞬離し 滑り落ちるのを
受け止め 地に刺すように
落とすのは 初日はなかった動き

とっても魔術師っぽいなって(笑)

モスクリーンのゆったりとした
ローブ 同色の衣装
お顔にもその色が映る

アイメイクにキラキラ」パウダ~で
目のまわり キラキラです(笑)

今日も 東山クン・ケイと
いいコンビネーション
見せてくれました。

ここのセリフ回しも
タメがはいったり
とても 禅さんらしい言い方に
なってきてる感じ。

安蘭さんモルガン
迫力は相変わらずの
美しさで 存在感
圧倒的。
歌詞がよくわかる~

加藤メレアガンとの
ダン・ダリ♪・・・の歌と
振りがインパクトあって
見終わった後も
頭の中で 再生されてしまうのが
こわい~(笑)
歌詞は・・・は 怖いのに
動きが軽快。

ダンサーさんたちの
切れの良い動きも
見逃せない。

動きといえば
孤独な狼さんと
鹿さん(マーリンの兄弟)たちも
独特な動き
獣っぽさもあるあの動きも
見逃せない

加藤メレアガン
騎士の任命式を頼まれ
エクスカリバーを手にする
去り際 自分の物には
ならない勇者の剣
悔しそうに投げ捨てて去る
(伊礼メレアガンは 地の上に
押し付けるように置いて去る
違いがあって どちらも
納得出来るから 面白い

運命に流されただけ
誰も悪くない・・・と
出した答えは正しかったのか

マーリンに問いかけるアーサー

精霊の国に帰ったマーリンに
アーサーの心の声は届き
メッセージを歌い届けて・・・
禅さんマーリンの歌声でラスト

困難も乗り越え
歩んでいけと
アーサーに歌いかけ

アーサーと円卓の騎士たち
剣を掲げて幕も
気持ちのよいラスト。
スピード感あふれる
2時間30分でした

う~~ん 大満足!

帰宅したら さっき届いてないと
書いた『キング・アーサー』プログラム
到着してました。

一緒にお願いした おまんじゅうも
A3ポスターも&アクリルカードも

あれ 結局 グッズ ほぼ全品
買っているんじゃないか???(笑)


もう 回数みてしまったけど
これから プログラム
じっくりと 読もう~



『ACT Guide』 2023 seoson 14

禅さんの記事が掲載
されているからと
予約済みだった
Act Guide 本日 到着!

『シアターガイド』を
思い出す装丁だった

懐かしいなぁ
シアターガイド(笑)

取材は 正月明けに
行われていたらしい
『キングアーサー』からは
浦井×伊礼×加藤 チーム

太田×平間×石川×安蘭チームに
分かれての掲載でした。

お写真 4人ショットと
太田×平間
石川×安蘭に分かれての
別ショットも掲載

舞台作り 役作りの
あれこれが・・

別ページには
『キングダム』取り上げていて
若手メンバーと
さらに演出の山田さんと
祐様の記事が~
お写真は祐さまだけ(笑)

『ジキルとハイド』では
柿澤 上川 石井 栗原さん4人
まだまだあるけど・・・

対談のチョイス 好き(笑)

『宝飾時計』 1・24マチネ

65676.jpg
@東京芸術劇場 プレイハウス

昨日はBrillia
今日はプレイハウス

池袋に来る日が続く・・
そして 禅さん出演舞台の発表
なかなか忙しい (笑)

そして 開演時間が・・ゆっくり目

65675.jpg



『宝飾時計』

出演
松谷ゆりか・・・・・・・高畑充希
大小路祐太郎・・・・成田 凌
板橋真理恵・・・・・・小池栄子 
田口杏香・・・・・・・・伊藤万理華
杏香ママ・・・・・・・・池津祥子
関一・・・・・・・・・・・・後藤剛範
雄大・・・・・・・・・・・・小日向星一 
滝本伸夫・・・・・・・・八十田勇一

〈ミュージシャン〉
バイオリン:磯部舞子
ヴィオラ:島岡万理子
チェロ:松尾佳奈
ピアノ:大谷愛

Swing・・・・・・・・・椙山さと美
(敬称略)

子役デビュー
小柄で幼い印象から
同じ役をず~~~っと
演じ続けてきたゆりか

30周年記念という公演が
打たれる事になり
初演キャストの
ゆりかに出演依頼が
舞い込む。

マネージャーの大小路
気が許せる彼とは
恋人同士だ。


ゆりかの後 同じ役を
演じた 仲間
真理恵と杏香も
出るなら・・と出演を決めた

真理恵は結婚して
今も女優を続けているが
ママが付きっきりだった
杏香は どうやら
女優をやめていまは
ひっそりと暮らしているらしい。

なかなか会えないので
杏香の出演を条件に
お願いしたのだった。


当時 相手役だった
雄大が ある日突然
姿を消して しまい
真相がわからない・・・・



オーディションの
休憩時の様子や
再会の楽屋
弁当の差し入れ
バックステージものっぽくて
プロデューサー役は
八十田さん。
テーブルが舞台手前にならび
奥で演じられた時
キャストさんが
椅子の影に隠れたりして
見えないシーンが
あったけど・・


真理恵のマネージャ
関役には 後藤さん
空気読めない男(笑)を
演じて会場に笑い声が
響くのは関山絡みの
シーンが多い。

セリフ回しは
根本さんだなぁと
思わせるテンポ感で
スピードもある

言葉にしなければ
届かない思いもある

その時の相手の気持ちを
推し量って確かめながらの
会話もある

勇太と大小路相手に
同じ会話を繰り返す・・

ラストシーン

・・ちょっと謎だった(爆)



『ダーウィン・ヤング~悪の起源~』 上演決定!


上演予定
会場はシアタークリエ
6月7日(水)~25日(日)

おっと 開演中に
禅さん バースディを
迎えるじゃありませんか~~♪
バースディ観劇
実現するといいなぁ

発表になった出演者
主演はWキャストで
ダーウィン・ヤング役
ジャニ系の方大東立樹クン

『フィスト・オブ・ノーススター』
バット役だった 渡邉クン

父 ニース・ヤング役
矢崎広


祖父 ラナー・ヤング役に
石川禅!

お祖父ちゃん役です。
お髭 ありなのかな?
ビジュアル発表も
いまから楽しみ❤


またまた 日本初演物
禅さん オリキャスが多い!

御本人コメントによると
少年期 壮年期 老年期と
演じるらしく・・・

ワクワクが止まりません。

韓国ミュージカル
日本初演で
演出には 末満さんの
お名前がある!

Trumpシリーズ 好きなんです(笑)

『ダンス・オブ・ヴァンパイア』で
ヘルちゃんを演じた植原クン

『アナスタシア』で
ディミトリを演じた
内海くんなどもいる

ますます 楽しみが
止まらない

上演決定の発表でした。

『マヌエラ』 1・23 マチネ


ちょっと空席の見える会場でしたが
舞台は熱演

65613.jpg


@東京建物BrilliaHall

今日はリピートの
『マヌエラ』でした。

初見の際 かいているので
出演者は 役名ぬきだけど・・・(爆)

珠城りょう
渡辺大
パックン(パックンマックン)、
宮崎秋人
千葉哲也
宮川浩
岡田亮輔
齋藤かなこ

磯部莉菜子 松本和宜 馬場亮成
榎本成志 松谷嵐 横田剛基
伯鞘麗名 永石千尋 平井琴望
佐藤アンドレア 平山ひかる
(敬称略)


魔都 上海を舞台に
生きる謎のダンサー
マヌエラ

日本人永末妙子(珠城)
SKDで将来を嘱望されながらも
上海にわたり・・。

そこには 得体のしれない人々が
快楽をもとめ 蠢き生きていた


影の上海の市長と
噂される 男(岡田さん)
用心棒をつれているが
ここに 榎本クンがいた。

阿片窟で富を築く
裏の顔を持つ 村岡部長
海軍士官を 案内してこの店に
彼を連れて来るが
だんだんとその正体が
現れて来て とっても熱い

上海に不妊した
堅物の海軍士官
軍人さんはキライと
そっけない態度を
取られるが・・
妙子の行き方に
惹かれる?

マヌエラの働くHallに
出入りする人々
魔都に生きる人々。

振付師の パスコラは
妙子の才を認め
謎のダンサーマヌエラとして
デビューさせる

ダンサー仲間には
ロシア人ダンサー リューバ
タップの得意なチェンもいる

しかし戦争が
人々を悲劇の渦へ
巻き込んでいく。
僅かな希望を持っていた
リューバの命さえ
奪う街


この作品も 客席降りならに
客席からの登場が使われます

通路から 舞台に
上がってゆくのは 司会者と
ピアニスト (女優さん)で
劇中 ピアノだけでなく
ダンスを一緒に踊ったり
してる。

司会者 (千葉さん)役は
この舞台の演出家でもありますが
この司会者の立ち位置が
ちょっと分かり難いかな?
リピしてるんだけど・・
それでも~(笑)

途中皆と一緒に
司会者もダンス!
頑張りますね~(笑)

65612.jpg


カテコ 何度もアンコール

スタンディングも出て
珠城さんの
”有難うございました”
の声が響き・・・笑顔の
お手振りバイバイで
規制退場の会場を後にしました。














『李香蘭 ~花と華~』 1・21 マチネ

65447.jpg

@紀伊國屋サザンシアター
Takashimaya

<65445.jpg


日中合作 音楽劇

■出演    
李香蘭・・・・・・・西内まりや
川島芳子・・・・・飛龍つかさ
(玉置成実) 
リュバチカ・・・・・玉置成実 
(黒崎真音)       
児玉英水・・・・・・中村太郎 
川喜多長政・・・・伊勢大貴 
山家亨・・・・・・・・柳瀬大輔 
甘粕正彦・・・・・・良知真次
       
山口アイ・・・・・・松本梨香 
山口文雄・・・・・・速水けんたろう       
李将軍・・・・・・・加藤靖久 
藩月華・・・・・・・明音亜弥 
長谷川一夫・・・斉藤秀翼
       
山口淑子・・・・安寿ミラ
(特別出演)

茉玲さや香 佐竹真依 森山智礼
左京里紗 大山五十和 寺島レオン
浅野郁哉 姚旭之

二胡奏者 : 王淑麗

(敬称略)
日によって 川島芳子役は お二人
本日はこちらのキャスト

★ 川島芳子役:飛龍つかさ  
リュバチカ役:玉置成実


”李香蘭” といえば 劇団四季!
なんども何度も拝見して (笑)
刷り込まれております

”李香蘭” はミュージカルで
当然のように 劇中で
夜来香 など使われて。

どうしても 頭の隅に 浮かぶのは
四季の舞台と比較してしまう
ところはあります

李香蘭 (西内)
山口芳子 (安寿)と
両方舞台上に存在して
安寿さんは 語り部のような
一面も担う。

四季公演・浅利演出事務所の
公演とは 一線を画した
日中合作そしての上演です


ー李香蘭ー
奉天省に生まれ

山口夫妻の友人であった
李将軍の養女となり
李香蘭の名を貰う

歌の才を見出され
満州国・・
満映の女優として
生きる事になり・・

中国人 李香蘭は
国を裏切ったものとして
裁判を受ける・・

作品の切り口は だいぶ変わって
裁判での表現もかなり違う。

山口芳子役に
安寿ミラさん 特別出演
その存在感が光る!

柳瀬大輔さんも 山家役
そして裁判長の役でもご出演
されていて・・・

音楽劇なので 音楽はある
セリフをそのまま歌に
乗せた感じで
あとから 口ずさむという
感じではなく

歌うの難しそうだ~

宝塚を退団された
飛龍つかささん
川島芳子役
男装の麗人 ピッタリで
ハマってました。

良知さんの 甘粕役
満州国にすべてをかける
軍人さんも 重みを感じる
セリフの発声も あえて
低く ゆっくりとされて
いるようだ。
そんな良知真次さん
演出・振り付けもでした。

65446.jpg


そして 二胡の演奏
素敵な音色に 癒やされました。。







『おやすみ、お母さん』 1・20 マチネ

65407.jpg

@風姿花伝シアター


風姿花伝プリデュースVol.9

出演 母セルマ・・・・那須佐代子
娘ジェシー・・・那須凛 (敬称略)



ある夜 8時過ぎ
(舞台上の時計が8時頃をさしていた)

舞台には セルマの暮らす部屋
母セルマは すこし足を引きずっている

そこへ娘ジェシーが顔だす

いらないタオルなどない?

普通の親娘の会話から
始まる舞台だが

銃はなかった?
納戸らしき部屋から
探し出し 手入れをする娘

会話の中から
日常の中で 母娘の
わかり合えない思いが
膨らんでいく。
洗い出されいく

父親は他界
娘は病持ちで
仕事につくことも出来ず
離婚して 子供とも離れて
母の元で暮らしてきたとわかる

何も出来ないといいながら
娘は部屋の中をテキパキと片付け
母に思わぬ告白をする

これまでの人生
何をやっても上手くいかない
上手くいかない事が確信となって
娘を捉えている

上手くいかないことを
終わらせるために
これだけは上手くいくはず
だから実行を決めたと。

冷蔵庫の中を
整理し 台所の鍋を
キチンを並べ直し
ソファカバーをかけ替え
形見分けの箱まで
用意してある
袋に自分の時計をするりと
滑り込ませリボンを結び
母に渡す。

冗談と思っていた母
必死の説得を始めるのだが・・・
何をどう言っても
頑なな娘は だた

だめなの 母さん!

母娘の戦い

いつもの休む時間
10時。
すがり付く母を振り切り
”おやすみ 母さん”といって
部屋に引き上げる娘

外じられたドアに
張り付き毎日一緒に
いたのにそんなに
孤独とはわからなかったと
泣き崩れる母

娘の部屋から
響く 銃声・・・

母をのこして 思い切りよく
先に逝ってしまう
娘の身勝手さが
一番 やるせない

実の母娘で
これを演じる凄さ

それを痛感した舞台。

残念な事がただひとつ
発売初日にとったお席ですが
当日お渡しで・・すこし後方
前の方のお背中が けっこう
被る状態。

床の上に倒れ込んでの
お芝居がほぼ見えなかった。

ダイニングテーブルの
ところも 母娘の間にある
お鍋などは見えなくても
椅子にかけたお二人が
見えたのは救い(笑)

上演時間は 約1時間45分
(休憩なし)


久しぶりの ”シアター風姿花伝”でした。

『キング・アーサー』 1・19ソワレ


終演後 規制退場もあり
ゆっくりと退場

ソワレ開演時間は18時
開場 17:30分

あまり時間的余裕はありません
近場で時間を過ごし
すぐ戻って来た。

65337.jpg


まずキャストボード撮影
すぐに行列できるんだもん(笑)

65333.jpg



ソワレ キャスト
65334.jpg



加藤メレアガン
平間ランスロット✕
小南グィネビア。

一目惚れのランスロット
禁じられた恋が
見えなくてはいけない

そして アーサーに
知られてはいけない

ランスロット
直球勝負 切り込みます(笑)
王妃 揺らぐ思い。

これは愛ではないと
心欺いて~♪

なんども歌われるフレーズ

キャッチーなメロディで
耳から離れない。

メレアガンも ハイキー
加藤メレアガン
歌い始めは そうでもないかと
思っていたけど
裏声も使い・・とにかく高い
シーンが めっちゃくる。

狂気のようなものを
まとったメレアガン
2幕 目のまわりに
施したメイクも黒い!

当銀パパも
いいとこで顔を出します。(笑)
アンサンブルさんと一緒に
ちらっと同じフリで動いていたり
します。

禅マーリンさまの声
めっちゃ 響く!

杖の扱いも
魔法を起こす際に
大きく動かしたり

魔術師マーリン
ここにあり(笑)

大満足の3時間

終幕です。




終演後はお目当ての
トークショー

本日の登壇者
石川禅
安蘭けい
加藤和樹 (敬称略)

これが発表されたので
優先的に ソワレ公演を
チケ確保したのです。

なにはともあれ 禅さん
トークショー 出演日ですから(笑)

トークショー
なんともほんわかと温かい。
禅さんはストロー付きボトルの
水を飲みながらの登場 (笑)

アーサーTシャツに お召し替え
長いカツラを外したばかりで
髪がぺったんこだからと
帽子着用でした。(笑)


演出の方との
エピや 舞台衣装に
つけた小物のエピ

更には コロナ禍で
久しくなかった客席通路からの
登場で生まれたエピなどなど。

あっという間に
制限時間切れ。(早いっ)

トウコ(安蘭)さんは
モルガン役衣装のまま
和樹クンも
アーサーTシャツになっていたし

公演グッズのTシャツ

これは・・・販促か???
販促なのか? (笑)

着る予定もないけど

買っておこうかな (笑)

『キング・アーサー』 1・19マチネ



禅さんご出演の
『キング・アーサー』

65336.jpg


またまた やって参りました
今日もマチ・ソワ

ソワレは 禅さん登壇予定の
トークショーまで御座います

何を差し置いても
劇場に来ちゃいますね。

マチネ キャストは
こちら
65340.jpg

伊礼メレアガン
宮澤グィネヴィア✕
太田ランスロットの回

開幕前の 幕も
カッコいい 舞台です

禅マーリンさまの
客席からのスタート
もう~言う事ない(笑)

そして 東山騎士ケイとの
やり取りで 笑いも忘れない
禅さん独特のイントネーション
若干 強くなりつつあるかも(爆)
これって通常運転ではありますが・・


アクション 憎しみ・哀しみ
突きつけて来るメレアガンや
モルガンの迫力ノ中
ちょっとした 清涼剤
肩の力が 一瞬 抜けて楽になる(笑)

魔術による不思議
グィネヴィアになりすまし
アーサーを騙しても
不幸の連鎖を生むだけ

運命 戦い
叶わぬ恋 それも唐突に!
ランスロットの グィネヴィアの
恋が どう見えるのか
アーサーとの心の繋がりが
見えるか否か
物語の印象を決める
シーン。

Wキャストなので
余計ですね

更に タイプ違いの
メレアガンも絡む。

戦いに破れ 心ならずも
アーサーに騎士の
称号を与えるメレアガン

その後 手にした
エクスカリーバー
自分のものにならない
エクスカリバーを
大地に 叩きつけるように
置く・・

加藤メレアガンが
投げ出して 去って行くのと
こんなシーンも対照的

アーサーが王として
成長するのを
見届けると鳥に姿を変え
飛び去るマーリンさまですが・・

自由になれる 魂と妖精の国に
帰ると 映像の鳥は 新国立劇場の
客席横のまで 飛んでゆくのですが
それを追わずに
暗闇の中・・・
舞台袖に捌けてゆく
マーリン様の
黒い影姿を追ってしまった・・(笑)

緑の精霊 禅マーリン
あの包み込むような歌声は
何度でも聴きたい・・

そう思っているうちに 終幕!
65335.jpg

3時間の大作でも
スピーディな舞台展開を
おっていると 長さはさほど
感じられない

ホリプロさんの
先行特典の ポストカードセットも
忘れず頂いたし

さあ」ソワレに備えよう (笑)

『美女と野獣』 1・18 マチネ

昔は・・(笑)
ネズミーランドによく行ったけど
最近は舞浜といえば 劇場
こちらに来てばかり

65220.jpg

@舞浜アンフィシアター


地元からのアクセスも
まぁ通える範囲内なのです。
舞浜駅で降りたら
イクスピアリの方に向かうと
美女と野獣のお出迎えがあります(笑)

65210.jpg

本日のキャスト
BB 5218

四季さん観劇後 お礼のメールを
送ってくれて 当日のキャスト表への
リンクも貼ってくれる(10日間限定だけど)
親切さ。
65213.jpg

65212.jpg

65211.jpg

新演出は 2回目
平田ベルと金本ビースト
モリースは前回菊池さんから
本日渋谷さんに。

ガストンは 金久さん
歴代ガストンと比べると
ちょっと軽い役作りに思える


歌セリフは 変わらずに
演出が変わり
舞台セットも変更なので
まだ慣れない感ありあり(汗)

モリースパパのお出かけ。
以前は 森で故障してた車
今は自転車になって自分で
漕いでるから 故障はしないし (笑)

狼さんも 作り物に変わって
なんか物足りないなぁ~って
感じてしまう。

ビーアワ・ゲストも
シーンも簡略化された
印象でちょっと寂しい。

お城の本だなも
絵に書かれているだけに
なって これまでの
図書室がない。

マグカップのダンスも
好きなシーンだけど・・・

好きなシーンだから余計に
とても短く感じてしまうんだけど
実際どうなのかはわからない。
そして なんと今日は
舞台の機材トラブルで
2幕 休憩時間が過ぎても
開幕出来ない・・・
30分ほど遅れて 2幕続行となりました

今日の公演後
舞台の裏側講座というのが
ありまして 参加申し込みして
いましたが 当然こちらも
開始遅れ。
けれど その講座内で
触れられていた
アンフィシアターの
あの独特の舞台形状で
見られるシーン
見られる角度が 広がって
いると思うから また
次回 別の角度から拝見の
チャンスを期待して・・・

しっかりとチケットは取ってありますから~(笑)

『キング・アーサー』1・17ソワレ

65199_20230118233851c88.jpg

Wキャストの多い
『キング・アーサー』
やっと幕開け出来た
2公演目

もう一組のキャストさん
初日です

マチネとはキャストが
変わっての公演

ソワレはこちらのキャスト
キャストボートの写真を
取るのも行列並ぶのが
大変
化粧室の行列と
物販の行列と
キャストボードの写真の
行列と ロビー行列が
どれがどの列なのか
判り難いゾ~

苦労のキャスボ写真(笑)
65209.jpg





いきなりの 客席登場の
禅マーリンさま

もう 登場して来るのが
わかったので 振り向き待機(笑)
直前に買えたソワレチケ
通路よりで 禅マーリン様
お通りになる通路 近かったのが
ますますラッキー ❤

禅マーリンの勇姿
ジオラマ人形にもなるそうだし
予約制らしいから 早速申込み
しておいた (笑)



劇場に響き渡る美声にも
包まれるシーンあり
東山ケイとの
絡みも面白い。
あの迫りは 何???(笑)

あのあたり アドリブも
行けそうな感じ?!

早くも2回め

加藤メレアガン
タイプの異なる
メレアガン
幸せには程遠い人生を
自分で引き寄せてしまうような・・

王妃 グィネヴィア
こちらもタイプが異なり
愛らしいお姫さま
揺れる心がわかるかも。

ソワレのお相手
大田ランスロットは
お芝居あっさりめなのかも。
でも白いナイト様
眩しい~(笑)

白いナイト・・・白いナイト
緑妖精のあの方 昔は
白いナイトだったなぁ~
いつの話?(笑)

モスグリーンのマーリン様
まだまだ 千穐楽まで
お会い出来るのが 楽しみ!





『キング・アーサー』 1・17 初日!


当初の初日予定12日から
5日遅れの17日

マチネ公演 ついに開幕!

65198.jpg


ソワソワと落ち着かず迎えた
この日 会場に向かう時間も
敢えていつもの出発時間に
して自分を落ち着かせようと
心がけて

初日 会場へ入場してからの
公演中止も経験しているので

12日初日だった日の
チケットは 払い戻し対象で
中止発表のその日
初日開幕を見越して
なんとか取ったチケットは
後方から3列目 サイド。
それでも この時間
この舞台空間に
居合わせる事が出来て
幸せ~❤



出演者

アーサー・・・・・・・・・・・浦井健治
メレアガン:伊礼彼方/加藤和樹
(Wキャスト)
ランスロット:太田基裕/平間壮一
(Wキャスト)
グィネヴィア:小南満佑子/宮澤佐江
(Wキャスト)

ガウェイン・・・・・・・・・・小林亮太
ケイ・・・・・・・・・・・・・・・東山光明
マーリン・・・・・・・・・・・・石川禅
モルガン・・・・・・・・・・・・安蘭けい

碓井菜央、加賀谷真聡、工藤広夢、
当銀大輔、⻑澤風海・大場陽介、
長澤仙明、半山ゆきの・ 新井智貴、
大井新生、岡田治己、加藤さや香、
加藤翔多郎、鹿糠友和、鈴木百花、
高島洋樹、 高橋伊久磨、高橋慈生、
田口恵那、東間一貴、内木克洋、長嶋拓也、
永松樹、西尾真由子、 花岡麻里名、
藤本真凜、MAOTO、松平和希(五十音順)

(敬称略)
マチネ 初日メンバーはこちら
65217.jpg

65206.jpg
65201.jpg


ストーリーは 有名なので
多分ご存知の方が
多いのではないだろうか?

スピーディな駆け足演出の
本作 一度では見落としも
あるのだが・・(爆)

65203.jpg

ここから ちょっとネタバレ含みで
ごめんなさい。

浦井アーサー
何も知らぬ優しい村の
若者から
エクスカリーバーを
抜き放ち 王として
歩き始める
彼は実は正当な
王の血筋を引いた
若者だったのだ。

そこには 彼を導き諭す
禅マーリン!

ネタバレになるけど
客席通路から
いきなり 禅マーリンが
登場して来て ゆっくりと舞台に
上がってゆく・・・
モス・グリーンのローブに
包まれてめっちゃ
カッコいい登場でしたわ(笑)

キラキラ ラメのアイメイク
シャドウもグリーン。

羽織るストールのような
衣装にも 金糸が一筋二筋と
光り ・・・
その歌声が会場を
包み込む!

鳥となって 彼の地へ
帰ってゆくという演出~~。


伊礼メレアガン
苦しそうだった高音が
楽に出ているようで・・
俺さまメレアガン 炸裂!
復讐に燃えて 燃え尽きる
哀しさも見える男

怒り狂う メレアガンを
軽くいなす 安蘭モルガンも
復讐に魅入られそれ以外
見えなくなってる哀しい女
復讐のため身ごもった
我が子
復讐の連鎖は
断ち切れたのか?

王となったアーサーが
民を救うため戦う が
戦いのシーンは多くはない

グィネヴィアに惹かれ
彼女は 国に あなたに
災いをもたらすと告げる
マーリンの必死の声も
届かず・・・
王妃にと迎え入れる。

婚礼の前
湖の騎士 ランスロットが
アーサー王に使えたいと
城を訪れる
その時 出会うのは
忙しいアーサーに
寂しい思いをしている
グィネヴァイア
恋の始まる
シチュエーション(笑)

姉モルガンは 異父弟である
アーサーを全ての元凶と
恨み 憎しみ
許すことは出来ないと
メレアガンと手を組み
アーサーを陥れる策を弄する

宮澤グィネヴィアと
平間 ランスロット
二人のディオが ちょっと
聞いていて苦しい・・まだ上手く
二人の許されない恋もあり
モリガンの策略に利用されるが

二人の歌 まだちょっと 調和が
取れてない? (爆)
王妃さま 不安定。
ラストの裁きのシーン
初日で固くなっているのか
セリフの大事なとこで噛んでた (汗)

アーサー王と
彼の大成を大きく見守る
魔術師マーリン
妖精の国のマーリンと
彼の兄弟である鹿と狼は
常にアーサーの側にある。
エクスカリーバーを
背中に付けているのは狼さん
絶妙のタイミングで
アーサー王に
剣をもたらす。

アーサー王の姉 モルガン
王妃グィネヴィア
グィネヴィアの 元婚約者
メレアガン 野心に溢れ
エクスカリバーも
王国も自分のものになるはずと
アーサーを目の敵にする。

王妃と知っても
愛する騎士 ランスロット
高潔な騎士
国に繁栄をもたらすという
聖杯を探すと言う
王の命を受け旅立つが・・

このあたり 陰の声は
鹿賀さまの声だ~!

この辺 とっても駆け足な
舞台作り・・

ダンスの見せ場が多い
そして キャッチーな曲♪
ダンサーさんの活躍にも
目を奪われる

フランス版を見られるなら
その違いはよく分かるが
ラストも 変更されていて
ちょっとあっさり感じるかも
しれないが 日本では
こちらのほうが受け入れ易い
印象だ。

Wキャストの 一方の初日
ソワレには もう一方の
キャストたち
こりゃ 見なくてはあかんでしょ (笑)

完売!だった 公式さんで
なんと 戻りが出てた
禅マーリンがまた見られるしと
追加しちゃった。

記念すべき 新作ミュー
『キング・アーサー』
禅マーリンの誕生に
立ち会えました(笑)

続き・・ ソワレ公演へ
さっそくリピート

GO~♪





『キング・アーサ-』 祝・初日!


開けました!
ついに幕が開きました

@新国立劇場 中劇場

初日遅れが発表されて
手持ちチケの払い戻しになって
しまうと分かった時に

体調不良の方の
回復を待って調整するなら
当初予定の 休演明けあたりの
予想をして
14日マチネチケを取ってました。

初日決定の報に
ソワレも追加して

マチソワ Wキャストの
どちらも 拝見出来た。

応援中の禅さんの
緑強めの妖精カラーの
ビジュアルもいい!(笑)

キラキラ ラメのアイメイク
こんな禅さん見たことない

あ ジェイミーの
ドラァグ・クイーンの時も
そうだったっけ


舞台途中
アーサー王の 成長を
見届け 妖精さんの国に
鳥に姿を変え飛び去ります。

ダンスあり
歌あり (当然だけど)
舞台展開は 早いけど
上演時間は 3時間。
公演の記事は これから
UPの予定ですが・・・・

詳しくは舞台 『キング・アーサー』

ご覧くださ~い (笑)

『マヌエラ』 1・16 マチネ

65027.jpg
@東京建物BrilliaHall





出演
マヌエラ(永末妙子)・・珠城りょう
和田海軍中将・・・・・・・渡辺大
パスコラ・・・・・・・・・・・パックン
(パックンマックン)
チェン・・・・・・・・・・・・宮崎秋人
司会者・・・・・・・・・・・千葉哲也
村岡部長・・・・・・・・・・宮川浩
杜月笙・・・・・・・・・・・・岡田亮輔
リューバ・・・・・・・・・・・齋藤かなこ
ピアノ演奏・・・・・・・・・磯部莉菜子

憲兵 街の男 ボーイなど・・
松本和宜、馬場亮成、
榎本成志、松谷嵐、横田剛基

ダンサー
伯鞘麗名、永石千尋、平井琴望、
佐藤アンドレア、平山ひかる (敬称略)


上海・・・
故国を捨て ダンサーとしての
夢を叶えようと上海に渡り
パスコラに見出され
そんな矢先 戦争が忍び寄ってくる

タップダンスの名手も
革命党として散る

上海の裏社会を牛耳る
ボスに 岡田亮輔さん

正体不明の男に
宮川さん
とってもダンディなんだけど
危ない男・・・だった (笑)
見応えのあるシーンに
多く登場して 狂気じみた
ラストは そうなるだろうと
なんとなく予想出来た (笑)


ダンサーの女性陣
しなやかに踊る

そして珠城さん演じる
マヌエラも・・・強く
そしてしなやかに踊る

白いドレス姿の
ラストは かなり長い
ソロ・ダンス!

65028.jpg



ストーリーとして決して
明るくはならないだろうし

リューバもパスコラも
チェンも 犠牲者
和田中尉も
村岡部長さえも
ある意味犠牲者!

戦争は かすかな希望も
奪い去り 人の運命を
狂わせていく・・・・。

千葉さんの司会者
ちょっと意外な役まわり。
演出も千葉さんなんですね~。

けど あの劇場仕様のせいか
やはり音がセリフが
届く方と飛んで来ない方が・・・(汗)
変に 声が膨らむから
言葉として聞き取れない
シーンがあったのが惜しい。




終演後は本日トークショーが
ありました。

登壇者
珠城りょう、渡辺大、
宮川浩、千葉哲也 (敬称略)

進行役には パックンさん
ボーイさん風の登場
皆にお盆に載せた
ミネラル・ウォーターを
運んで来た (笑)

からの 和気あいあいな感じの
トークショー
宮川さん 肩を震わせて笑い
千葉さん 少し チャチャを入れるような

渡辺さん 緊張気味なのも
わかる~
今日のトークショーメンバー(笑)



『キング・アーサー』 17日上演開始!

12日 初演を迎えるはずだった
『キング・アーサー』

6公演中止決定の発表を
余儀なくされ・・
いつ初日を迎える事が出来るのか


スタッフ及び関係者の皆様のお力により
ついに17日13:00回より
上演出来る見通しと
公式さんより発表がありました。

17日 当初の予定はなかったけど
上演なくても仕方ないと
覚悟を決め マチネ公演の
チケ追加してあった。
当初の座席よりめっちゃ後方だけど
1F席 取れただけでもラッキー

『キング・アーサー』の
初日を見る事が出来そうです。

PARCO 『ラブレターズ』 パンフ!


各公演 拝見した公演は
出来るだけ購入したいと思って
いても・・・ネ

『ラブレターズ』については
公演当日 会場で購入出来ない。

何回かまとめで
後からの販売形式?

禅さんと真央さんの回も
そうだったので
公演パンフは持っていなかった

ふと気になって
PARCOさんの ショップを
覗いてみたら
取り扱い始まってた。

早速 ポチッとな!

自分へのお年玉 (笑)

『キング・アーサー』 関連・・・


初日を遅らせると言う残念な発表が
あって すぐに 手持ちになかった日
最短の初日になる可能性のある公演を
抑えました (汗)

その後さらに 当日受取で
ソワレ公演を増やし開幕を
待っている・・
禅さんとこから
群馬公演の チケも
届きました。


グッズ・ショップのご案内も
初の 公式さんによる
フィギア・・マーリンフィギアが
出来るって!(笑)

いつもなら プログラムだけで
やめてる関連グッズだけど
禅マーリンさまの
アクリル・ジオラマ人形は
買っておこうか
しっかり台座もつけてね(笑)

大ポスターも 禅マーリン様の
勇姿に抗えず買い物かごに入れた。

更には キャラ化印刷だけど
記念におまんじゅう~~まで
まぁね これは食べて終わりだけどね(笑)

珍しく グッズを購入してしまった (汗)

そうそう 禅友さんがリツイして
くれてた~❤

act guide [アクトガイド]2023 Season14には
『キングアーサー』関連掲載。

キングダム関連で
祐さまも対談記事ありそうで
1月24日発売!

禅さんのお名前があったので
速攻予約してみた (笑)

発売日には きっと
開幕していると信じてる!


舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』 1・13 マチネ

64981.jpg

@赤坂ACTシアター




入ってすぐ こちら
出演キャストのわかる本棚
パシャ!(笑)

64983.jpg


上演予定時間
長いのわかってるど
記念に一枚。

長期公演なので
Wキャストが多い

そこに コロナ禍 真っ只中、
体調不良 お怪我のため
一時 お休みされた方も
いらっしゃったり
不規則なスケジュールで
上演頑張ってる 皆様です。

向井ハリーは 5月まで
石丸ハリーは7月までのご出演で
一区切り・・と公式さんから
発表があったようですね

そして2月には 6月以降の
チケ先行販売開始
キャストきになる~(笑)
目が離せません。


今日は 石丸ハリーの日
なんか ぴょんぴょん飛び跳ねたり
動きが子どもっぽさを
強調しているような感じもあって
こんなに ハリーの動きって
激しかったかと。

すでに5回目 多分(笑)
3人のハリーを制覇してるけど
こんな動きが大きいのは
初めてのような気もする

初回 ディメンターの動きが
トラブって 途中で止まったことも
あった ハリポタです。

このディメンター
かなりリアルでふわふわと
印象深いのですが
だんだんと数が減って来てる
今日は 3体のみ。

魔術の見せ場は多くて
最初は 気が付かずに
いたシーンも よく見れば!
細かいとこも一瞬があったり

スーツケースを
積み上げたり 移動したり
段取り芝居の多い舞台、

変身シーンも見どころ!
フライングもあり サービス満載。

時計をセッティングした
舞台装置

タイム・スリップ!

光の中から 現れる
ザクザクと足音の高い男たち


杖を使う対決
火の飛び加減が
遠くまで飛ばなかったり
そんなアクシデントさえも
逆に楽しかったりする舞台(爆)

あれだけ詰め込んだら
仕方ないのでしょうが・・・

64982.jpg

上演時間は長い!(笑)



『ジョン王』 1・11 マチネ

64932.jpg
@シアターコクーン


本日のアーサー
禅功クンでした。
倒れた状態での
セリフ量多い 歌もある
がっつりお芝居はある

コクーン会場では
時々見せてくれる演出
後方開け (笑)

赤いパーカーに
ジーンズ姿

小栗フィリップ
開け放した扉の
向こう側から登場です。

スタートは現代
そのパーカーの上に
時代を飛び越えた先の
衣装を付けていく。

不思議な和テイスト
羽織かと思うと
ちょっと違うが・・・

飛び込んだのは
権勢を誇る ジョン王の治世
重臣たちも周りを
取り囲む


幼いアーサーに代わり
国を治めているが
アーサーこそ正当な王と
申し立て
フランス王と対立が
深まるさなか 現れたフィリップ
面白いヤツと・・・




出演
私生児フィリップ・ザ・バスタード
・・・・・・・・・・・・・小栗 旬 
ジョン王・・・・・・・吉原光夫

フランス王フィリップ2世
・・・・吉田鋼太郎
他都市公演ではジョン王)

皇太后エリナー・中村京蔵 
コンスタンス夫人
・・・・・・・・・・・・・・玉置玲央 
ルイ皇太子・・・・・白石隼也 
ヒューバート・・・・・高橋 努 
ブランシェ・・・・・・植本純米 
(フランス王・・・・・櫻井章喜)

アンジェの市民1・・間宮啓行
枢機卿バンダルフ
・・・・・・・・・・・・・廣田高志 
アンジェの市民2・・塚本幸男 

飯田邦博 坪内 守 水口テツ
鈴木彰紀 堀 源起 阿部丈二 
山本直寛 續木淳平
大西達之介 松本こうせい  

アーサー

酒井禅功/(佐藤 凌)
(Wキャスト)

(敬称略)

フランス ルイ皇太子と
ブランシェの結婚による
和平・・

幼いアーサーの暗殺
重臣たちの裏切り

凋落していくジョン王

吉原さん演じるジョン王は
傲慢 冷徹な王から 後半に向けて
卑怯者 弱さを見せての最後
共感は出来ない人物であっても
とても人間的

上昇思考の強い
小栗フィリップもまた
嫌味な部分も併せ持つ
世渡り上手なヤツかも。
独白多くて 大変そう
殺陣もスピード感あり
私生児で言葉巧みで
策略家な面があっても
かなり魅力的なキャラ (笑)

シェークスピアの書く
ストーリーって ひと筋縄では
いかない
勧善懲悪でもなくて
人の黒い部分もサラっと
見せちゃうところがありますが・・

植本さんのブランシェ
ちょっとした仕草が 板についてる
さすが ”花組芝居”の女形
アイシャドウはキラキラ・ラメ入り(笑)
歌舞伎の型ともまた違う

殺陣あり 歌あり
ジョン王も ソロ
瀕死の状態なのに
歌声はつよい!

禅巧クンも歌う
こんなに歌あるんだ~

玉置クン コンスタンス
アーサーのお母さん役
思い切りのいいシーン
髪振り乱しての
客席通路からの登場に
ちょっと驚く
このコロナ禍には
避けられてきた演出だし・・。

舞台上
時々上から 落ちてくる ”モノ”

蜷川さん演出も よくあったけど
鋼太郎さん演出も
後方開け放しといい
落とし物といい
引き継いでいる部分が
感じられる。

彩の国シェイクスピアシリーズ
おそらくこれでファイナル。

再演はあるかもしれないけど・・(笑)
これだけの作品
やはり長い(笑)
64931.jpg

小栗フィリップ
鎧・など 次々と落として
ブーツも脱ぎ捨て
真っ赤なパーカー姿に
登場した時に戻って・・・

開け放した扉の向こう
現代の渋谷の街
(多分駐車場)に
消えていった。

『チェーザレ 破壊の創造者』1・10マチネ

64898.jpg

64897.jpg
@明治座


明治座初オリジナルミュージカル

前回公演 発表になったけれど
コロナのせいで 上演されなかった
チケットも取っていたのに~

からの・・リベンジ上演
行って来ました。

明治座で 30年経って
初のオケピ使用とか?!
パンフに書かれていて
記事になる出来事なんだなぁと (笑)


惣領冬実さんの
歴史絵巻が舞台化
13巻刊行されている
コミックの舞台化で
壮大なストーリーで
登場人物も多い
しかも・・名前覚えにくい(爆)

入場時に側のテーブルに
人物相関図が置かれていました。
コミックを読んでない方には
確かに! これ必要だわ


【出演】
チェーザレ・ボルジア
・・・・・・・・・・・・・・・中川晃教
ミゲル・ダ・コレッラ
・・・・・・・・・・・・・・・橘ケンチ(EXILE)


スクアドラ ヴェルデチーム
アンジェロ・ダ・カノッサ・・山崎大輝 
ジョヴァンニ・デ・メディチ・風間由次郎 
ドラギニャッツォ ・・・・・・・近藤頌利 
ロベルト・・・・・・・・・・・・・・木戸邑弥
アンリ・・・・・・・・・・・・・・・山沖勇輝

スクアドラ ロッサ・チーム
アンジェロ・ダ・カノッサ赤澤遼太郎 
ジョヴァンニ・デ・メディチ鍵本輝 
ドラギニャッツォ本田礼生 
ロベルト・健人
アンリ・・・・・・・・・・・・・稲垣成弥


ダンテ・アリギエ-リ・・・・藤岡正明 
ロレンツォ・デ・メディチ・・今拓哉 
ラファエーレ・リアーリオ・・丘山晴己 
ハインリッヒ七世・・・・・・・横山だいすけ 
ジュリアーノ・デッラ・ローヴェレ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・岡幸二郎 
ロドリーゴ・ボルジア・・・・別所哲也 

ランディーノ教授・・・・・武岡淳一

石井雅登 植木達也 大久保祝臣 
小原悠輝 後藤光葵 高山裕生 
中島大介 溝口雄大 矢木俊也 
山川大智 渡部又吁 安里 唯 
小野田真子 篠崎未伶雅 平川はる香 
横関咲栄 (五十音順/(敬称略))




そして 出演者も豪華
中川あっきー
藤岡クンもいるし
しかし ビジュアルが
意外な仕上がりでケープ羽織って
頭まで覆ってる
歌声聞くまで
誰???状態だった。

四季を経てと紹介されている
今さん そこポイントですか?(笑)
それを言ったら 岡さんだって
元四季よ~(笑)

ボルジア家の当主を演じるのは
別所さん

あっきー以外は
レミゼ経験者とも言う(笑)
それもメインキャスト

バルジャン ジャベール
マリウスだもん(笑)

橘さんが ちょっとだけ
毛色が違うかも

ダブルというか
チーム制で 分かれる
キャスティングもあり
2・5系舞台のかたも
多い
丘山さんは FATEでギルガメッシュ王だった
かなりの変身で・・俳優さんて
・・・・・・・こわいわ~(笑)

周り舞台を効果的に使い
映像も しつこくない使い方。

アンサンブルに 石井雅登さんの
お名前 こちらの方も
元四季です~(笑)

早替えで いくつの御役だったか
気が付いただけでも
5役くらいは・・

学生の中に いたし
枢機卿の赤い衣装や
工場の工員もいたし・・・
目まぐるしい役替えだった。

あっきーの歌声は
さすがだし
ベテランさんちの
歌声は重さが違うと
改めて思う

皆さまのソロシーン
思わず 聞き入ってしまう。

そして 衣装が特徴的

岡さんが出て来ると
どこか共通点を感じる
えんとつ町のプペル』(東京)で
演じてらしたベラール様を
思うかべてしまったではないですか(笑)

思い浮かべるといえば
公演ポスターが
『タイタニック』に
とっても似ていて・・・
今も気になっている

オケのある演目なので
1から4列がなくなって 5列目最前?
前方席で見られた。

コロナ禍の影響なのか
すぐ前のお席 3席が
どなたもお見えにならないまま
視界は良好。


明治座さんも
コロナ対策で 手指消毒や
館内の飲食についての
制限や 会話規制についても
触れるアナウンス
30分の休憩を挟んで
上演時間 3時間超え
64896.jpg


明治座さんで かかる演目は
なんとなく長いイメージが
あるけど
初ミュージカルも
3時間超えてました (笑)








『キング・アーサー』初日延期!

禅さんマーリンに会えると
祈るような思いで待っていた
12日だったのですが・・・
ここに来て残念ながら
初日が延期となる事が
発表されてしまいました。

15日までは休演決定
16日は 当初のスケジュールで
休演予定です

詳細は 15日に発表になるはずの
公式さん案内を待つ。

体調不良の方の回復と共に
17日に初日の幕が
開くことを さらにさらに強く
祈るしかありません。


祈念 開幕!


『クラウディア』 @ WOWOW


放映され 録画完了・・・・ですが
オンデマンドでも配信してくれている

TVの前よりも PCの前のほうが
落ち着くのと
まだ ブルーレイに落として
ないので・・・
オンデマンドで見る事に。

しかも Wキャスト両方Ver
見せてくれちゃう大盤振る舞い

場合によっては Ver違いの作品は
一ヶ月後くらい 待つことも
あるので WOWOWのさん
グッジョブ!

コロナ禍の中
チケット取ってあったのに
見られなかった分
しっかりキャスト違いの妙
見せて貰った~

生舞台で拝見出来たのは
甲斐ジアラで・・
クラウディアは 田村芽美ちゃん

別バージョの大野ジアラ
こうだったんだ~とか
クラウディア
より幼い印象を受けたなぁとか

広瀬クン ヒコゾウも
面白い~
竜の子は平間クン



そして思うんですよね
やはり生で見たかったなぁって。

演劇舞台の
上演期間は かなり偏っていて
同じ期間中に
これでもかってくらい
作品が並び お仕事のように
連日 予定を詰め込んでも
無理なものは無理で
諦める演目が出てくる。

かと思うと スケジュール
スカスカで 幾日も
予定が入っていない(爆)

ちなみに
年末 27日に観劇納めを
して 新年は6日の
四季始めの『アラジン』 (笑)

それから 10日予定の
『チェーザレ』までちょっと休み。
本格的に チェーザレ以降が
本格的な観劇復活になりそうです。

禅さん出演の
『キング・アーサー』も
始まる事だし
これは エンジン全開と
いかなくちゃ~ね。

その間 映像で
見られるものは
映像で・・

録り貯めた円盤
見られないままなのが
とにかく多いので・・・(爆)

そうそう 小西(遼生)クンの
昔(2011年)の出演作
『黄金仮面』のDVD
オークションで見つけまして
入手

明智小五郎役です~
これもまた楽しみ~♪




『アラジン』 1・6 マチネ

64740.jpg
@四季劇場 海

年明け 最初の観劇
2023年は 四季『アラジン』で
スタートです!

開演5分前まで 撮影可の
舞台幕!(笑)

64741.jpg


開演時
ジーニーの観劇諸注意の
アナウンスが始まる頃から
照明さんの素敵なお仕事

色が変わる!
ブルー 系になるとこ
大好き~♪

本日のキャスト
ジーニー・・・・・瀧山 久志
アラジン・・・・・厂原 時也
ジャスミン・・・・木村 奏絵
ジャファー・・・・牧野 公昭
イアーゴ・・・・・嶋野 達也
カシーム・・・・・岩崎 晋也
オマール・・・・・戸高 圭介
バブカック・・・・正木 棟馬
王(サルタン)・・石波 義人

【男性アンサンブル】
菊池 貴大 濱中 湧大 髙橋 徹
田川 雄理 深堀 拓也 髙草木 健二
川村 英 南 圭祐 清川 晶
林 晃平 塚田 正樹 廣野 圭亮

【女性アンサンブル】
宮田 愛 河井 莉佳 川田 菜々子
梅﨑 友里絵 加藤 久美子
坂本 すみれ 田代 美里 (敬称略)

64742.jpg

安定のジーニー
ハマり舞台なので
長期のキャスティングですね

前回 萩原さんがキャスティング
予定だった日は
急遽行けなくなり
見逃しましたが
滝山ジーニーお帰りなさい!

牧野ジャファーと
嶋野イアーゴ
コンビネーション
バッチリ。

嶋野さん すっかり
イアーゴ役に
最近落ち着いてるような・・

石波サルタン
これまでのサルタンの中で
一人だけ?
アブダラ王子に
ジャスミン姫への

”従順”だと聞いていたが・・・
とても ”チャーミング”でと返す


従順で・・・に返事を返す時
これまでは一呼吸おいていたと
思ったのですが
今日は 早かった 。

従順で・・・
(え~~と従順・・じゃないな)
チャーミングで。

そう答えるまでに 心の声が
あると思っているので・・
なんか気になるのです(爆)

一呼吸は 欲しかったので
ちょっと残念

岩崎カシーム
お馴染み感が
出てきた
見慣れた来たとも言いますが(笑)

バブカックは 未だに
白瀬さんのイメージが
強烈で・・壊れないまま。

オマール
齋藤准一郎クンが
思い浮かぶのですが
あまり回数出会えてない

そして これからの
『CFY』のボビーに予定されて
いるので そちらで
お目にかかる事でしょうと
行く気満々です。
チケット取れますように。

初日と楽日の抽選にも
忘れずに応募してるけど
どうなります事やら(笑)

女性陣の中に
宮田さん カトクミさんを
見つけた~
ちょっと久しぶりかも。

CFYでは
宮田さんのポリーも
見たなぁ~とお顔を見ると
思い出す。

ロングラン公演の
『アラジン』

いろいろ考えながらの
観劇になりました。

まだまだ コロナの新規感染数
収まらない

あちらこちらで
公演中止の報が聞こえて来る

スタッフさんのご案内も
感染予防のご協力について
お願いを繰り返しています。

会場内でのマスク着用と
飲食の禁止
しかし 会話に関しては
大声での会話にとどまり
密を避けて欲しいとお願い。
椅子の背に貼ってあった
会話STOPの文字も
無くなっていますね。

規制退場も 本日は
なくて スタンディングで
ジーニー〆の拍手で
幕が降りました。


四季会報 『ラ・アルプ』 2023年1月号

1月4日になって
やっとやっと到着しました!

WEB版は 早めに見られるようになって
いましたが やはり画面での
閲覧は落ち着きません

見たいところの拡大も
必要だったり・・・ネ(笑)


今号 表紙は
『あなと雪の女王』

楽しみな
『CFY』の キャスト候補の
発表もあり・・・
期待が膨らむ 新しい年の
四季公演

チケ鳥状況は
CFYの 初日
千穐楽で 運試し?!

当選したら 超ラッキーな
年始め (笑)

まずは 『アラジン』の
手持ちチケがある

禅さん出演の
『キング・アーサー』は
12日からなので
推し活より ちょっと
早めの 四季活から
2023年の観劇 スタート (笑)



キャラメルボックスさん DVD


観劇にお出かけしないお正月

ついついネットショッピング(爆)

それも やはり演劇関連


TV放送されていない作品
DVDなど円盤化されていても
すでに廃盤になってる作品を探しちゃう

コレクター気質が災いして
気になると 保存したくなる
キャラメルボックスさんの
作品も然り・・・(笑)

廃盤なので 中古DVDの
お店より ヤフオクなどを
こまめに探していたけれど
なんなの あの値段設定?
なんか キャラメルボックスさんの
円盤って異常にお高い!

ようやく 2013年版の
『ケンジ先生』 まぁまぁの
価格のものを見つけた~♪


先日の 『クロノス』は
会場で 円盤予約して来たけれど

『クロノス・ジョウンターの伝説』は
前回公演の 2015年版
見損なっているのを
見たくなった

DVD なかなか出て来ないし
出ても 異常な高値

定価近い出品を 見つかるかなぁ?


2023年 新年!

新年のご挨拶 申し遅れました。

明けまして御目出度う御座います。

1日のCS放送などの番組表の
嬉しい放送予定を 急ぎUP
しましたが・・

昨年 家人を亡くしたので
御節などの料理も用意も
控えて 大人しく
家篭り

かと言っても お祝いムードの
TV放送など賑やかなSP番組が多くて
あまり見る気が起こらずに・・

昨日UPもした舞台放送予定も
リアタイではなく録画予約をする
ためにだけ。

舞台情報のチェックは
やはり欠かせない (爆)


まだ 諸手続きも残っておりますが
正月明けにならないと お休みな
ところが多く 動きがとれません。

観劇予定は チケ取れている
公演は できるだけ行けるように
スケジュール調整を頑張るしか
ありません。

禅さん祭りも 控えているし

マジ 頑張るしかない!

今年もよろしくお願いします。



2023年 新年の TV 舞台放送・・・


1日なると 翌々月の
舞台放送のスケジュールが
発表になる


衛星放送(CS)で
1月 『クラウディア』 甲斐版
『クラウディア』 大野版
Wキャスト 同日に放送

『COLOR』 成河Ver
浦井クンVerは 12月でした。

『アンタッチャブル・ビューティ』
1月の放送予定 (紅ゆずるさん主演)

2月になると
『桜文』

WOWOWのさんで
『世界は笑う』
『るろうに剣心 京都編』
オンでマンド・・
『ツダマンの世界』

少し前に発表になっていた
『歌妖曲』 もWOWOWさん

これも見られなくなった
作品が 見られそうです。





検索フォーム
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

いらっしゃいませ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
俳優
4位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りBlog
Blog開設カウンター
ブログの更新率
月別アーカイブ