現在の閲覧者数: 2023年10月の記事 - hatti元気の素 観劇 ミュージカル
fc2ブログ
プロフィール

hatti (はっち)

Author:hatti (はっち)
石川禅さん応援中!
劇団四季・東宝ミュージカル・・・時には宝塚
観劇大好きなhattiです 

記事に関係のないコメントは
削除させていただく場合が
御座います。ご了承ください。

石川禅さんのお仕事
石川禅さん
これからの予定

舞台******
ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年3月7日~29日
日生劇場
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月4日~14日
skyシアターMBS
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月19日~21日
愛知芸術劇場大ホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月26日~28日
久留米シティプラザ 
ザ・グランドホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月3日~4日(土)
熊本城ホール メインホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月11日~12日
高崎芸術劇場 大劇場
ニック役他

石丸幹二 
オーケストラコンサート2024
石丸幹二
東京フィルハーモニー交響楽団
2024年6月21日(金)
会場:東京芸術劇場 コンサートホール
ゲスト出演

舞台
ヒストリーボーイズ』
2024年7月20日(土)~28日(日)
あうるすぽっと
へクター役

********
Netflix
「モンキー・キング」
声の出演
“竜王"役 吹替=石川禅
2023年 8月19日より配信開始

Netflix
『氷がすべてを隔てても』
声の出演
アイナー役=石川禅 (3/2より配信開始)

Netflix
『サンドマン』
声の出演
第6話 吹替=石川禅

コンサート*******
★『石川禅 6th ソロ・コンサート』
2021年3月20日~21日
よみうり大手町ホール
※公演延期 ※

石川禅さんのプロフィール
FCについては
サイドバーのリンクから
ホリプロブッキング
エージェンシーへどうぞ
禅さんの舞台
石川禅さん次回は % 『COME FROM AWAY』
禅さん 出演公演
Blogランキング参加中です
見たよ 読んだよ ポチっとな!
よろしく お願いします。
4月の観劇予定

■『町田くんの世界』
■『銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件』
■『カラカラ天気と5人の紳士』
■『Le Mele~母~』
■こまつ座『夢の泪』
■『王様と私』
■『COME FROM AWAY』
大阪・名古屋
■『VIOLET』
■『デカローグ A/B』
■『アラジン』
■宝塚花組『アルカンシェル』
■『ハネムーン・イン・ベガス』
■『クロスロード』
■『Le Fils~息子~』
■『オペラ座の怪人』KAAT
■地球ゴージャス
『儚き日光のラプソディ』
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

2023年11月の観劇予定

来月分の会報誌『ラ・アルプ』を
待ち受け準備 完了!
しっかり朝夕のポスト確認の
回数増加・・開始しました(笑)

そんな劇団四季の
定期演目
B・B  L・K 
夢さめとその他・・
しっかり予定に入ってる
11月の観劇予定。

禅さんご出演演目は
年明けまでお預けなのですが
"ルパン”も"天らぶ”も
"ねじまき鳥"も予定に
組んで 11月も忙しい

イキウメさんもこまつ座さんも
入ってる11月の予定は
  こちらになりま~す


■『美女と野獣』
■『すずらん通りの青い鳥』
■『スター~悪魔と契約した男~』
■『夢から醒めた夢』
■『レディ・マクベス』
■『天使にラブソングを』
■『さだまさし 50th Anniversary2023』
    ~なつかしい未来~
■『ライオン・キング』
■『LUPIN』複数回
■『宝塚  月組『フリューゲル』
■『ねじまき鳥クロニクル』
■『ガラスの動物園/消えなさいローラ』
■『無駄な抵抗』
■『ハリーポッターと呪いの子』
■『月とシネマ』
■『連鎖街の人々』


チケットが取れなくて
諦めた『ロスメルスホルム』
『ベートーベン』
抽選にはずれて一般瞬殺演目や
『シェルブールの雨傘』
『イザボー』も 危うい状況で
粘っては見るけれど
どうなる事やら・・・(爆)
さらには 日程がつまりすぎて
行けないよ~と言う
『テンペスト』@少年社中
『夜叉ヶ池』@花組芝居さん
年末のお出かけ厳しい
公演スケ (泣)

これも 演劇の神様の采配か?
欲張って 見たい公演リストに
上げてはみるけど 
日程も なにげに値上げが続く
チケ代 + 手数料が 痛い!




プレミア音楽朗読劇『VOICARION XVII』~スプーンの盾~ ナビザさんからメール

ナビザさんからのメール
久しぶり (笑)

抽選先行が始まる前に
チケ取れてしまうと エントリーも
しなくなるし(汗)

行けそうな日が 決まっていて
そこが落選だと厳しいだろうなぁ
あたれ~~~と念を込めて
同日日程で 2回いれたら両方当たった!

同行者探しを始めよう(笑)
決済期限までに・・

出演者キャスト見て悩んでて
ソワレしかないという結論で
エントリー

その方が当選し易いのかも(汗)


  『アラジン』見てから・・流れます




『ハリウッドは大騒ぎ』10・29 マチネ


231029111901528.jpg

          @シアターグリーン
            BIG TREE THEATER
231029111907820.jpg


池袋!
ミュージカル座さんの新作!
ご出演に・・・
メイン・キャストの他

2つの組での上演で
拝見出来たのは 月組さん
今日は 2公演で
ソワレは 千穐楽という
マジギリなスケジュールでした



     月組      星組
 
ジョン・クーパー(ハリウッドの映画スター)  
・・・・・・・・・・松原剛志  
アリシア(ジョンの妻
・・・・・・・・・・清水彩花

アッカーマン(アリシアの弁護士)
・・・・・・・・・・照井裕隆

ダイアナ(ジョンの弁護士)
    会川彩子  /  井坂 茜
ケイト(アリシアの親友)
    藤澤知佳 /  長谷川ゆうり
キャサリン(映画女優 ジョンの友人)
    響れおな /  水越里歌
ラングドン(TVキャスター)
    清水 廉  / 免出知之
オリビア(TVリポーター)
    橋本和奏 / 木下祐花
ヘッダ(芸能評論家)
    今宮多力香 / 野沢美喜
マーゴ(ジョンとアリシアの家政婦)
     マジメイト大槻  / 後藤真采呂
カーラ(ジョンのパーソナル・アシスタント)
      加藤 瞳 /  三善玲奈
ウォーレン(アリシアの弟)
      鈴木淑久 / 芹澤拓真
ボビー(ユーチューバー)
     曽根大雅 / 丸山真矢
リサ(ユーチューバー)
        光岡あかり / 藤井千夏
サブリナ(映画ファン)
鶴田香耶 / 織本恵茉
クリスタ(映画ファン)
    吾妻真優 / 細山 凛
ペギー(映画ファン)
   山口優花 / 加藤瑞季
ミランダ(映画ファン)
  Amika  /   井野海咲

カルロス・ジアンカーナ
    (映画プロデューサー)
・・・・・・・・伊藤俊彦

       (敬称略)

新作ミュー 
そして キャッチコピーは

=この夫婦 お お おかしすぎる?=

コメディ方向のおかしさかと
思ったらちょっと思っていたのと違う

ラブラブで結婚した二人
そして 10年後
夫が俳優として成功をし
名声を手にした時
突然の妻からの離婚訴訟が
起こされる!

舞台は 法廷劇、
妻は 夫からのDV
不倫とこれまでの
耐え忍んだ生活を申し立てる

夫は そんなことはないと
対立 

この夫役に
松原さん
妻役に清水さん

夫 妻側に 弁護士がつき
真実を追っていきます

裁判は 夫の仕事にも
大きく影響を及ぼし

この弁護士には 
照井さんと今川さん

観客を  陪審員でも
あるかのように 
話しかけたりして
ちょっとだけ
客席巻き込み型かも

裁判が進むにつれ
どちらが優勢か?

世論を巻き込み
今の世 ユーチューバーも
興奮気味に 事件を伝えます

映画界の裏側の一面も取り入れ
大物プロデューサーが
実は・・といった
今の事件も反映させて(爆)
嘘か 真実か 
DVは あったのか
夫の不倫は?


有名俳優の 離婚劇を
見て思いついたとおっしゃる
ハマナカさんの中では
ハッピーエンドで終幕!
231029113708819.jpg
休憩なしの 2時間10分
小さな空間の中で

歌う 踊る!

ほぼ全員がこれを演ると
劇場のキャパあまり大きくないので
なかなかのバタバタ感!(爆)

そんな中 
松原さん 清水さん
照井さん 伊藤さんなどは
動きが違うと実感!

舞台で映える動きというか
ピタ ピタっと動きが
キマるのね
歌の発声も聞き易い。
離婚裁判を起こした
お お おかしすぎる夫婦は


某・有名俳優の事件を
ヒントに作り上げた新作ミュー
ほんとはおかしくはない
夫婦だった(爆)
照井さんの 舞台奥での
チョイ芝居に 笑ってしまったり
松原さん 正統派の
ハリウッド・スター ☆
ポーズ決めも様になってる
ちょっと他の演目を
思い出したりしちゃったけどネ


インタビューされて
ニュースに取り上げられたり
裁判の証人に呼ばれたりが
忙しいキャストさんたち

ったるい高校生が なんっかツボ(爆)

照井さん スーツ姿に
ピンクのリュック 
キック・ボードで舞台を
横切るシーンには
何だ 今の!って感じ(笑)



カテコでは 清水さんに
キックボードを
渡してた

渡された清水さん
渡されたので それに乗って
はけようとしたけれど
最初 ちょっとバランス崩してた。
乗り出したら 大丈夫だっけど
一瞬 ヒヤッとしたじゃないか~

最後まで気を抜けない
『ハリウッドは大騒ぎ』でした

次回公演
『すずらん通りの青い鳥』
こちらの公演のチケットも
取れたから楽しみに
してるんだけど
またまた 傾向と対策
変わりそうな予感がする (笑)


『チャーリーとチョコレート工場』10・28マチネ

231028120654006.jpg

 2度めの『チャーリーと
チョコレート工場』

231028141830528.jpg


今回も 小野クンでした

二箇所で 抽選にエントリー
行ける日を優先だったので
Wキャストのグルーブ夫人が
両方見られただけ
子どもたちは
ほぼ同じ・・
そして 2回共2階席(笑)
チケットが取れなかった方から
すれば・・・
贅沢と言われそうですが
オペラ駆使して集中して
きましたよ(笑)

チャーリー一家の衣装は
パステル調で優しい色合い

でもおじいちゃんたちのベッドカバーは
カラフルです~(笑)


ウオンカさんの衣装は
あちこちで紹介されて
いて想像も付きそうな
シュッとしたロングジャケットが
メインです
シマシマのパンツは
靴まで包み込み一体化。

Wキャストのグルーブ夫人
前回のほのかさん 明らかに
着込んで 膨らんでましたが
森さんはナチュラルに
まろやかに~ふっくりと (笑)

岸さん演じるソルト氏
ロシアのお金持ちで
黄金色のロングコートは
ふわふわです
娘に振り回される
甘いパパ

リスさんに悪いナッツと
判断され 廃棄されて
しまった娘の後を追って
助けにいくぞ~って
飛びこむシーンがあるんだけど
何度も躊躇してから 飛び込んだ。
客席から笑いが起こる

彩吹さんティービー夫人
緑のスタイリッシュな
ドレス
文字で説明が
難しい 難しい~~(笑)
ところで 野菜売りって
彩吹さん?!

親子揃って
没収されたのに
お構いなし
まだあるもんね~ 
 だって(爆)

お菓子の工場の
カラフルさ
とにかく色が溢れてる
ウンパ・ルンパの
賑やかさも忘れちゃいけない(笑)
膝を折っての素早い動き
取ったりすわったりの
体勢の変化 称賛ものです

さっさとき消えてく
ウンパ・ルンパ
中で一人だけ 取り残される
ウンパ・ルンパがいて
どうしたの?という空気の中
全然慌てないで
皆の見守る中ゆっくりと 
去っていく
最後にひとこと バイバイ
思わず拍手が・・・(笑)
ちょっとなにかするんじゃない?という
雰囲気もあるとかないとか?(笑)

ナッツ選別するリスちゃんたち
ちいさな棒の先の リスさんも
大暴れ 

鮮やかに彩られたシーンが
多く 他のキャストたちも
色に囲まれ鮮やかで
芋洗坂係長なんて
マッカなスーツで
踊りまくってたし
映像との合体も お見事

一転 最後のお部屋は
照明も落としモノクロ調
照明で見せる 光の梯子も
登ってみたくなる

エレベーターのような
箱に乗った移動は
宙を舞う感じ

スケールの大きさが
感じられる 
さすが帝国劇場の演目!(笑)
231028122706301.jpg


舞台まで 遠い2F席だったけど
前の人の頭はセーフ

スタオベからの
 モリクミさんの一言まで・・・

オペラグラス お疲れ様! (笑)

駅まで急いだけど
利用路線にトラブル

乗り換えようとした駅
直通運転取りやめ・・

急遽別路線に変更して
なんとか少しの遅れで
地元駅に帰れた (ホッ)














『終わりよければすべてよし』10・27マチネ

231027121450470.jpg
 
       @新国立劇場 中劇場

シェイクスピア作品の交互上演 
先日拝見した『尺には尺を』
当初から両作品を見たいと
思いセット券で購入しておりました。

出演キャストは2作品に
別役で登場します
今日撮った 新国くまちゃんスポット
231027123128819.jpg


この演じ分けもまた楽しみ!



キャスト
フランス王・・・岡本健一
バートラム・・・浦井健治
ヘレナ・・・・・中嶋朋子
ダイアナ・・・・ソニン
ラフュー・・・・立川三貴
ラヴァッチ・・・吉村 直
フィレンツェ公爵
・・・・・・・・木下浩之
ルション伯爵夫人
・・・・・・・・那須佐代子
リナルドー・・・勝部演之
ポンピー・・・・小長谷勝彦
デューメン兄・・下総源太朗
キャピレット・・藤木久美子
兵士1・・・・・川辺邦弘
ペーローレス・・亀田佳明
マリアナ・・・・永田江里
ピーター・・・・内藤裕志
従者・・・・・・須藤瑞己
小姓・・・・・・福士永大
デューメン弟・・宮津侑生
     (敬称略)

アンジェロだった岡本さんが
フランス王

クローディオだった浦井クン
ベートラムを演じます

ソニンちゃん
ダイアナ役 
今回も重要なお役

ひたすらバートラムに
愛を捧げるヘレナには
中嶋さん

新国立劇場の
シャイクスピア・シリーズでは
お馴染みのキャスト

でも 今回の交互公演の
2作品ではちょっと
風向きが変わるような?
ダーク・コメディの名の通り(笑)

そして2作品とも
ベッド・トリックが
使われている?

そういえば  
『キング・アーサー』でも
ベッドですり代わりが
使われていましたが
あれって気が付かないもの?(爆)


電気もない漆黒の中
相手が入れ替わっても
わからない?
あるとしないと 物語が
進みませんが (笑)

こちら伯爵夫人に 
引き取られた貧しい娘
医者の父をもち
その知識を活かす
才もある。

彼女が好きになったのは
伯爵夫人の息子
身分違いとわかっていても
諦める事が出来ない

思い切って愛を伝えるが
つれない返事・・

さて時の治世の王
フランス王は難病に
苦しみ 死を覚悟するほど

その王の難病を
ヘレナは父の残した
治療法で治す事が
出来ると申し出る

見事その病を治した
ヘレナは 褒美として
バートラムとの
結婚を願い
王はその結婚を命ずる

浦井バートラム
結婚を断ろうとして
突き飛ばされ
水に中! キャー

客席降りもけっこう
使われる作品だ


バートラムには 
本意ではない結婚
新妻ヘレナには手も触れず
戦いに出て行ってしまう

バートラムはヘレナより
戦地先で 宿屋の娘
ダイアナに惹かれ
愛を誓う・・

バートラムの後を
追ったヘレナは
ダイアナの噂を聞いて
妻である素性を明かし
ダイアナに事情を話して 
策を弄すのだ。



そんなお話を
あのシェイクスピアの
流れるような長セリフで
みせてくれる。

立川さんの佇まいは
やはりこちらの作品でも
目立つ(笑)

交互上演とあって
舞台セットが『尺には尺を』と
同じで こちらは 大きな幕
ちょっと変形型を
上げたり下げたりで
これちょっとおもしろい(笑)


けど シェイクスピア作品では
よくある事だけど

登場人物 癖のある人物ばかり(爆)
道化もよく出てくる

口先三寸のお調子者
いい加減な男がいるけど
今回は 亀田さんが
その役回り



彩の国のシェイクスピア37弾では
藤原さんのバートラムに
パローレスは横田さん

お話は同じでも
別作品のような印象

どちらもいい!
231027123113262.jpg

3時間10分の長い上演時間
まるで感じさせないで
終幕まで一気に!(笑)

スタオベでした~♪










『アラジン』10・26マチネ

231026123114170.jpg

月曜更新の週間予定キャスト
アラジン役 未定となって
いましたが・・・
25日更新で発表
立崇くんでした

道口ジーニー予定が
瀧山さんお戻り
231026123133697.jpg


    @四季劇場 海

231026124714845.jpg




本日のキャスト

ジーニー・・・・・瀧山 久志
アラジン・・・・・立崇 なおと
ジャスミン・・・・門田 奈菜
ジャファー・・・・牧野 公昭
イアーゴ・・・・・町田 兼一
カシーム・・・・・田中 宣宗
オマール・・・・・戸高 圭介
バブカック・・・・山田 充人
王(サルタン)・・増田 守人

【男性アンサンブル】
蔦木 竜堂 成田 颯太 紙谷 昇世
提箸 一平 多比良 龍一 河津 修一
川村 英 南 圭祐 遠藤 竜也
吉岡 慈夢 酒井 康樹 小林 清孝

【女性アンサンブル】
斉藤 みも 渡辺 智佳 川田 菜々子
小田島 礼奈 松山 育恵 林 美菜子
加藤 あゆ美 (敬称略)




安定の瀧山さん
長いショーでの歌は
周りのキャストさん
はぁ~~ってお顔に
なるのが納得の歌声(笑)
短いけど・・

ビッグ・フィニッシュ!
きれいな前転

タップなどは
立崇アラジンと並ぶと
省エネの感じもするけどネ

そして 初見の立崇アラジン
これまでのアラジンと
ちょっとタイプが違う感じ
厂原アラジンが続いて
いたから余計かなぁ

3人のマブダチたちに
まだ馴染みが薄いかもって
思えたのは初見なので・・(爆)

瀧山✕厂原コンビが
多くてすっかり馴染んだのも
あるのよ きっと(笑)

一幕ラストの
派手派手シーンの
タップショーでは
お一人 ステッキを
落とした方がいた
すぐ拾って
体制立直し成功!(笑)
毎回完璧には難しい生舞台 
でもやはり目立ってしまう

あと別のシーンでは
珍しくセリフのミス?が
あったようで
すぐ繋いでいたので
流れていったけど
あれって思った

久し振り感のある
町田イアーゴ
怖メイクで
邪悪なイメージを
出そうとしてるのかなぁ

牧野ジャファーと
怖さを揃えなくても(笑)
231026125052312IF_2_BURST231026125052312.jpg

舞台全体としては
いい流れで

魔法の絨毯のシーンは
やはり企業秘密で謎のまま(笑)
見ごたえのあるシーン!


もちろんスタオベ!

ジーニーの締めて終幕。
『アラジン』を見ると

   元気を貰える













『キャメロット』10・24 マチネ

231024114915658.jpg
          @日生劇場

231024114931665~2


中世イングランドの都
キャメロットを舞台にした
アーサー王のお話

別作品 『アーサー王』を
リピートしまくったので
めっちゃ比較してしまう (笑)

だって~
登場人物かぶるし
気にするなと言うのが
無理だって!


こちらには モルドレッド
ペリノアが出て来る
ランスロットは
聖杯を探しに行かないし
王妃様もさらわれたりしないし
ふうかちゃんグウィネヴィア
若く幼い印象だったかも

出演
アーサー・・・・阪本昌行
ラナスロット・・桐山照史
グィネヴィア・・唯月ふうか
モルドレッド・・入野自由
ペリノア・・・・今井清隆

マーリン他・・・辰巳千秋
モーガン他・・・咲良

石川剛 土倉有貴 平山トオル
中野亮介 深堀景介 榎本成志
柴原直樹 伶美くれあ 鈴木満梨奈
関根結花 寺町有美子
油井杏奈 金子桃子

ウォリックのトム(Wキャスト)
大河原爽介 / 及川桃利 
231024115258970.jpg


スウィング
西尾郁海 漆間良尚 (敬称略)


ブロードウェイミュージカル
『キャメロット』です

マイフェアレディの作詞・作曲家の
手になる作品

アーサー王
グィネヴィアと恋におちる
シーン ふたりとも
初々しくて若々しい!(笑)

王になってから 
ちょっとイメージ変える
坂本アーサー
王冠も似合う

辰巳さんの演じる
マーリン アニメチック(笑)
王の相談役だけど
出番ははじめの方だけ


ランスロットが
円卓の騎士になり
王妃さまと惹かれ合うのは
こちらも同じ

衣装はパステル系で
ドレスはラメ地
小さな花のモチーフを
飾ったラインがスッキリと・・
真っ赤なフードコートは
無地に見えるけれど
地模様が入ってる
(オペラグラスで確認(笑)

寝室?での王妃さま
ガウンも白に見えるけど
随分と凝ってる
一転 ランスロットとの
不義を咎められての
衣装は罪人のもの?

カテコでは キラキラ系衣装に
戻ってご登場 (笑)

王の息子で 王を逆恨みする
モルドレット役は
入野クンで 
インパクト強いキャラ 

ペリノア・キーヨ(今井さん)
端正な騎士の見た目で
やっぱかっこいい~~
動くとどことなく コミカルな
雰囲気を漂わすのかな?

ラスト近くに
剣をもって来て
アーサー王に捧げて
王がその剣を抜く!
シーンがあったけど
息が切れてたように見えたのは
気の所為?(笑)
立ち上がるも勢い
つけないとって感じで
お年を考えれば
無理のない事ですが(爆)

王道ミュー
先日拝見した
『キング・アーサー』とつい比べて
しまうけれど
人物の描き方の違いが
やはり面白い

オケの皆様
舞台奥 薄い紗幕の奥に
並び 楽譜台が
スケて見えてて 
皆 上手方向に向いてた。
こんな配置もあるのね~

231024115338058.jpg
上演時間 3時間超え

このチケの手配は
プレガより早い 確か公式さん扱い
抽選先行案内で申し込み
見事当選!と喜んだのですが
発券してみれば
2F席の中通路を
背にした列 
舞台遠いよ~(爆)


過去 某所でそういう事があって
その後 そこでの購入をやめた
事があるけれど

早いの扱いを謳い文句で
後方席や2F席から販売するのは
どうかと思う私は少数派?

満員御礼が出る舞台だから
仕方ないのか。



最前センター席と同じチケ代なんだと
思うとなんか得心出来ない部分も
あるのですが
前の方の頭がかぶる事は
なかったのでそこだけは
良しとしよう(爆)

カテコ なんども繰り返し
ラスト スタンディングで幕!




『尺には尺を』10・20 マチネ

231020121027932.jpg

新国立劇場 中劇場

231020123147777.jpg

同時期に シャイクスピア二作品
交互公演の一作目

『尺には尺を』

次回は 『終わりよければすべてよし』

どちらも見逃せません

出演者が 共通しているのも
また楽しみの一つ


彩の国シェイクスピアシリーズで
両作品とも拝見している
演出も違う



『尺には尺を』

出演:
アンジェロ・・・・岡本健一、
クローディオ・・・浦井健治、
マリアナ・・・・・中嶋朋子、
イザベラ・・・・・ソニン、
典獄・・・・・・・立川三貴、
バーナーダイン/紳士
・・・・・・・・・吉村直、
ヴィンセンシオ・・木下浩之、
オーヴァーダン・・那須佐代子、
判事・・・・・・・勝部演之、
ポンピー・・・・・小長谷勝彦、
エスカラス・・・・下総源太朗、
フランシスカ・・・藤木久美子、
エルボー/紳士2・・川辺邦弘、
フロス/アプホーソン
・・・・・・・・・亀田佳明、
ジュリエット・・・永田江里、
ピーター・・・・・内藤裕志、
召使い/役人/従者
・・・・・・・・・須藤瑞己、
使者/役人/従者・・福士永大、
ルーシオ・・・・・宮津侑生
       (敬称略)



治世の乱れを憂いていた領主さま
しばらく国を留守にするので
後は任せる!と信頼出来るアンジェロに
権限を与え旅に出る

残されたアンジェロは
正義を行おうと
これまでより  さらに厳しい
統治を行う

恋人たち
クローディオとジュリエット
結婚の約束を前にして
その結婚の前に
情熱のままに結ばれ
懐妊してしまう

これまでは罪にならなかったが
アンジェロは重大な罪だとして
クローディオを捉え
死刑を言い渡す

兄の苦境を救えるのは
修道女として信仰に生きる
妹イザベラだけと
使いがイザベラのもとに。
イザベラに減刑の直訴を
願い出るよう依頼をする

イザベラに会った
アンジェロは・・・
彼女に一目惚れ

と 物語は進んでいく



途中 ときに謎の神父さまが
顔を出し 手助けをするのだが
実は この神父さまの正体は!

かなり長いお話で
上演時間 およそ3時間

ここんとこ 3時間作品が
続いてるなぁ~(笑)

浦井王子ならぬ
浦井クローディオ
ちょっと出番少なめな
作品と感じますが
存在感はある!
次回はバートラム役って
書いてある・
藤原くんが演った役

ソニンちゃんのイザベラ
敢えてかな? 白い修道女の
衣装が印象的
凄い大役だわ~

岡本アンジェロと
丁々発止とやり合う
迫力満点のシーン
見応えある~

岡本さんはもう
いるだけで
役の雰囲気を纏う気がする

いるだけで・といえば
個性の強い立川さんも
佇まいですくわかる(笑)

那須さんも
意外な役だった。
メイクも濃い目なので
最初だれか分からない(爆)
次回は 伯爵婦人役だって
めっちゃ楽しみ~ 

演出が変わると
切り口が変わる
新しい出会いの3時間でした

231020121014975IF_2_BURST231020121014975.jpg


交互公演の
『終わりよければすべてよし』も
また新しい出会いになりそうです



『チャーリーとチョコレート工場』10・19マチネ

231019121106881.jpg
            @帝国劇場

チョコレート・ファクトリーに
姿を変えた帝劇~(笑)
231019121046666.jpg


231019121038483.jpg






キャスト

ウィリー・ウォンカ・・・・堂本光一

バケット夫人・・・・・・・観月ありさ

グループ夫人  (Wキャスト)
  森 公美子/ 鈴木ほのか

ボーレガード氏・・・・・・芋洗坂係長

ソルト氏・・・・・・・・・岸 祐二

ティービー夫人・・・・・・彩吹真央

ジョーじいちゃん・・・・・小堺一機

チャーリー・バケット
(トリプルキャスト)
小野桜介 / チョウ シ/ 涌澤昊生

オーガスタス・グループ
   (Wキャスト)
黒岩竜乃介/後藤レイサ

ベルーカ・ソルト
 (wキャスト)
舞咲碧音 / 三宅りむ

バイオレット・ボーレガード
   (Wキャスト)
歌田雛芽 / 土井祐杏貴

マイク・ティービー
    (Wキャスト)
鈴木弥人 / 中野晴太

相原えみり Amane 伊藤かの子
伊波 響  岩橋 大 風間無限
久信田敦子 小宮海里  塩川ちひろ
聖司朗 鈴木昌実 鈴木里菜
高瀬雄史 鶴岡政希 永松 樹
花陽みく 早川一矢 平山ひかる
船﨑晴花 (50音順)

梅津大輝 / 久保田真理 
   (スウィング)
       (敬称略)




W・トリプルのお役は
キャスト表が掲示されてます
231019121248814.jpg

貧しいチャーリーの家
おじいちゃんたちと
チャーリー と
一生懸命働くママ

優しいチャーリーは
夢見る事が好きな少年

そしてチョコレート大好き!


街ではウォンカの
チョコが大人気
ウオンカのお店のチョコは
今日も完売。
でもチャーリーは 貧しくて
買えない

野菜売りのおばさんから
家族のため 野菜を買うのです

そんな様子をみていた
ウォンカさんは・・・


ウォンカチョコレート
工場のウオンカさんが
チョコレートに 5枚の
ゴールデンチケットを入れた!
このチケットを引き当てた子は
これまで公開された事のなかった
チョコレート工場の招待を
すると言うのです。

舞台は 映画で見たあの
チョコレート工場 
映像を使い表現され

カラフルで美しい
そして ちょっとマジカルな
世界が広がる

登場人物の衣装の色彩も
とってもいろいろで

チャーリーとおじいちゃん
ママは パステル系の
パッチワーク風でカワイイ

5組の ゴールデンチケットを
当てた子どもたち

お肉好きな子

お金持ちでなんでも
欲しい!と言う子

フウセンガムが大好きな子
 
突っ張ってる子もいて・・

次々と 当選者が出て
残りのチケットは 一枚

バースディにやっと
一枚のチョコを買ってもらえる!

一幕は やっとチャーリーが
ゴールデンチケットを
引き当てるまで




第二幕は 工場での
驚く事が 繰り広げられますが
おもちゃ箱を
ひっくり返したような世界
これを作り出すのに
映像の力も大きい

演者さんと映像も
ケンカしてない(笑)


堂本ウォンカ
歌い踊り 独壇場

きょうのチャーリーは
小野クン 小柄でカワイイ

お肉好きの子の
お母さん役 ほのかさん
森クミさんとW
だいぶ
ふくよかタイプに
作ってた(笑)

バレエの動きの娘に
なんでも買って!と
言われるパパに
キッシー (岸さん)

黄色いローブ・マント
ド派手!(笑)

チャーリーのおじいちゃんに
小堺さん 
お得意のタップ・シーンも
ありま~す

ユミコさん
またガラッと変わった
見た目の ママ役

こんなユミコさん
見たことない(笑)

子どもたちは
W トリプルなので
何度も見たくなるという
罠をしかけられている
でもチケット 
お高いし 激戦で
取れないという ジレンマ(爆)

231019121451263.jpg

ナビザも全滅だったよ~
クレカ系で当選できた
2F席 

お二階のフォトスポット
231019121947242IF_1_BURST231019121947242_COVER.jpg



一階は こんな感じ
231019160718352.jpg



いくつか先行抽選 エントリー
しといてよかった
その後で もう一公演
当選メール 来た

もう一回見られる~(嬉)

この作品 塩田さんの指揮
舞台奥 高所に設置された
桶スペースで
塩タクターの とってもげんきな
ジャンプも見られます
大きく 2回も 跳んでたよ~(笑)







『多重露光』10・18マチネ

231018132407052~3


           @ 日本青年館ホール


早めの行動
開場時間前に到着したけれど
もう 入場列がかなり長く
のびてる!

グッズ 完売のものもあって
入場してすぐグッズ列に並ぼう

 あ~~もう階段までグッズ列が伸びてる~~
入場は階段を避けて エレベーターを
使わせてもらったけど
パンフ買うには階段上まで
並ばないと買えないし
(グッズはほぼ購入しない)

いつかのように
眼の前で本日分終了とか
言われてパンフ買えない事も
あったので 不整脈心配しながら
手すりに捕まりながら
階段上がりました(汗)

無事 買えたよー♪


ホワイエ見回したけれど
上演時間の張り出しなし
かわりにこんな舞台の
ミニセットがあって
ここも写真列・・・

231018132754376.jpg

スタッフさんに聞いて
約2時間(休憩なし)との
確認だけした

奥の壁際はこんな箇所もあり
こちらもちょっと写真列が出来てる

231018132853727.jpg

どこもかしこも
列 列 列 (爆)

会場内でも開演前
写真取っている方が見えたけど
特にアナウンスもなし
静止するでもなし

開演前の舞台は 
撮影OKだったのだろうか?
写真OKなのは 幕
今日みたいに 舞台セットが
見えるのは 大体NGだったけど
舞台事に ルールが違うので
悩むところです。


出演者
山田純九郎 ・・・・・稲垣吾郎
菱森麗華 ・・・・・・真飛聖
菱森実(ダブルキャスト)
   杉田雷麟/小澤竜心
二胡浩之・・・・・・竹井亮介
木矢野理子・・・・・橋爪未萠里
山田富士子・・・・・石橋けい 
山田建武郎・・・・・相島一之
      (敬称略)


ミニセット そのままの
舞台が見えるので
その辺は 想像していただければ・・・(笑)


父は 戦場カメラマン
家は写真館

父は写真を取るために
家を出て そのまま
帰らなくなった

母が写真館を続け
父のようなカメラマンになれと
言われ育った純九郎

ある日 母の様子が
普通でなく・・
その日から 父のようになれ
とは言われなくなった


山田純九郎の人生

自分は何になりたいのか?
わからない・・

そんな純九郎を
幼馴染の二胡と
仕事繋がりの教師木矢野は
なにかと世話を焼く。


子どもの頃の
憧れたった資産家の
お嬢様 麗華が訪ねて来る

麗華の息子・実との
親子関係も見え隠れ
しながら・・・。

実役 Wキャストなんだけど
本日は どちら?(笑)
上演時間も 本日のキャストも
張り出しなしは残念

後方席だったので
自信まったくないけれど
オペラも使って
小澤クンだったと思ってる(笑)


公式HPにも キャスケ見に
いっても見つからずでした。




舞台では 純九郎の周り
いろいろ事態が動いていく。
父の動向も明らかになってくる

写真館セットで舞台転換はない
休憩なしの2時間

7名の出演者が
描き出す世界は
出口のない人間の葛藤



”二重露光”のように
角度を変えた視点を
考えさせ 混乱させる

ラスト・シーンの
記念撮影が後をひく・・・





『のだめカンタービレ』10・17 マチネ

231017113912786.jpg

       @シアタークリエ


あの ”のだめ”が舞台に!と
期待したのですが・・

でもちょっとイメージ違うかも。

231017121854388IF_2_BURST231017121854388.jpg
 
キャスト
野田 恵・・・・・上野樹里
千秋真一・・・・・三浦宏規
峰龍太郎・・・・・有澤樟太郎
三木清良・・・・・仙名彩世
奥山真澄・・・・・内藤大希
黒木泰則・・・・・竹内將人
江藤耕造・・・・・なだぎ武
フランツ・フォン・シュトレーゼマン
・・・・・・・・・・竹中直人

石井千賀 尾崎 豪 小原悠輝 堤 梨菜 
露詰茉悠 友部柚里 焙煎功一 松村桜李 

プリリン
寺戸 花/長峰くみ
(Wキャスト)
 
ごろ太
かずき/髙橋翔大
(Wキャスト)
 
カズオ
緒方朗響/松本海晴
(Wキャスト)





わざとらしさを感じてしまう
部分が多くて
登場人物のキャラも弱い

印象に残らなくて
もったいない。

樹里ちゃん 
髪を4日前に洗ったとか

千秋先輩に強引に
シャワー室に連れて
行かれたり
大切にしていた
ダンボール箱などを
捨てられたり(爆)

舞台上の 千秋さま
俺様至上主義な描かれ方
強目

シュトレーゼマンの
竹中さん 弾け過ぎて
ちょっと周りはツイていけてない?(笑)

原作に忠実っぽくても
テンション高すぎかも。

有澤クンなども
かなりハイテンションでは
ありますが・・
負けてる!(爆)


こちら客席側
個人的にですがあの
テンションに負けた(汗)
舞台に入り込めない

仙名さんも
出番確認出来たけど
すぐ分からなくなっちゃった(汗)

そんな印象のまま
終演してしまったのでした。


スタンディングも出てたけど・・ネ




2023年10月の観劇予定


ふとサイドバーを見て・・
記事UPしてなかった事に
いまさら気がついた 
9月のままだった
もう 10月
半分終わってるわ(汗)


■『アナスタシア』
■『アナと雪の女王』
■『時をかける少女』
■『ハロルドとモード』
■ 劇団☆新感線『天號星』
■『仮面山荘殺人事件』
■『ロジャース・ハート』
■『眠くなっちゃった』
■『のだめカンタービレ』
■『多重露光』
■『チャーリーとチョコレート工場』
■『尺には尺を』
■『キャメロット』
■『アラジン』
■『終りよければすべてよし』
■『ハリウッドは大騒ぎ』
■『アナスタシア』大阪

こちらにかいて置かないと
消えてしまうし
まだ『アナスタシア』の公演月(笑)
遠征もあるし・・

再びの禅ブラド 大阪公演

ここまでが 10月スケで~~~す(爆)



ケムリ研究室『眠くなっちゃった』10・15マチネ

231015121921343.jpg

      @世田谷パブリックシアター


ときはいつか どこか・・・
なんとも不可思議な世界
けっして心地よいとは言えない
世界でした(爆)
出演者全員 ゾンビメイク?っぽい

複雑な人間関係は
パンフに人物相関図が掲載されて
いることでも想像がつく

その限られた出演者が
いくつかの役を振られてる。


上演時間もかなり長い(笑)

世田谷パブリックシアターの
舞台機構トラブルによって
開幕が遅れたものの
スケジュール都合で後半
それも 千穐楽を選んだので
中止日は逃れ無事に拝見することが
出来た。


とっても豪華な!出演者たちは
こちら

出演者
ノーラ・・・・・緒川たまき 
リュリュ・・・・北村有起哉 

ヨルコ/サーカス団長
/収容所員・・・・音尾琢真 

ナスカ/メリー(白衣の女)/
修道女/市民活動家・・奈緒 

シグネ/ロボット回収員/
収容所員・・・・水野美紀

バンカーベック/門番/
キャロ/ロボット回収員
・・・・・・・・近藤公園 

ブービー/モデスク(娼婦)
修道女/市民活動家
・・・・・・・・松永玲子
 
ダグ/ナイフ投げ師/
市民活動家・・・福田転球 

アルマ/モンダリー/
メリーの同僚/モーテル従業員
・・・・・・・・平田敦子
 
アーチー/刑務官/市民活動家
・・・・・・・・永田崇人

サーカスの道化師/ノーラの父親/
娼婦を買いに来た男・小野寺修二

シグネの夫/サーカスの道化師/
刑務官・・・・・・・斉藤悠 
サーカスの道化師/刑務官
・・・・・・・・・・藤田桃子

ロミー/サーカスの道化師/
モーテル従業員の妹
・・・・・・・・・・依田朋子

ゴーガ/ポー/収容所員
・・・・・・・・・・山内圭哉 

ナンダ/マグースト(門番)/
統計庁監査員/ホフマン/
市民活動家・・・・・野間口徹 

ウルスラ/修道女/市民活動家
・・・・・・・・・・犬山イヌコ 

ボルトーヴォリ/母親/ロボット回収員
・・・・・・・・・・・篠井英介
チモニー/ロボット回収員/修道院長
・・・・・・・・・・・木野花

他に声の出演
 高野志穂 武谷公雄 小松利昌
 日暮誠志朗 (敬称略)

ロビー開場中に
忘れずに パンフ購入
パラッとみたら人物相関図

これが必要なのも
わかる配役

大きくは
サーカス
アパートの住人
中央管理局
大富豪のマフィア
娼婦仲間・・・に分類か

いつものケラさん風
プロジェクションマッピングと
舞台の融合が効果的で
出演者の紹介は 
映像でのパターン

サーカス
アパートの部屋
マフィアの部屋
車の走行など


椅子の移動など
動きがついて
踊るように 出演者が
さりげなく動き
舞台変換・・・

車も押してるのが
見えるというか
敢えてみせてる?


殺人 響く悲鳴
近未来 革命後の世界?
中央管理局の厳しい管理

ノーラの思考回路
あの考え方 
どこか不条理な・・
ケラサン作品に共通するなにかが
しっかりと流れてる。


中央管理局の厳しい取り締まりは
見た夢さえも逮捕の要因になる

ロボットが何気なく
混じってて旧型で
故障・・・(汗)
ロボット相手に
思い出を語ることは
できても
未来を作り上げることはできない
そう諭しながらドライバーで
修理してるリュリュ

壊れたロボットは
ロボット回収員に
強制的に収容されていく。

野間口さん演じる
ナンダってなんだ?笑い
ダジャレっぽい
セリフが続いたり・・

客席 ときどき笑い声も
聞こえて来る

悪夢のシーン
映像を使い ほんと
眠れない~と言いたい


夢が現か・・
でもマボロシではない世界

緒川さん✕有起哉さん
意外な組み合わせのような
印象でも意外と
しっくり来る感じ

水野さんはじめ
山内さん 福田さん
木野花さん 野間口さん

笹井さん すぐわかるわ~
役替り 激しいけど。

231015122219673.jpg

3時間30分近い上演時間
休憩は 15分
 25分予定だったけど
エスカレーター降りている時
時計は35分だったんだ~
カテコも繰り返しあったし
舞台公演で 押すのは
普通の事
ケムリ研究室 3作め
無事 拝見する事が出来ました。

ストプで スタオベ出ていました!




キャラメルボックス『クローズ・ユア・アイズ』

先日 『仮面山荘殺人事件』を
見てきたばかり・・

キャラメルボックスの方々の
元気なお姿 拝見出来て
ほっこりしてたとこですが

12月の公演スケジュール 
発表になり ご案内きた~~~♪


どれどれ?(笑)

あららら 
また~ 行ける日が 
たった2日しかないゾ

東京公演 

12/20(水)~25(月) 
    サンシャイン劇場

基本マチネで取りたいと
見てみれば 4回しかない(汗)

21日・23日は既に他公演の
予定ありでチケットも
手元になるから 行けないし

日・月のどちらかのチョイスしか
ないのか

 日曜日か
 千穐楽か

キャラメルボックスさんは
公演期間が あまり長くないので
選択肢が少ない。

抽選先行が始まるので
どっちか 決めなきゃ!(笑)


どちらの日にしようかな?

      神様のいうとおり・・・・

  うん こっちにしよう そうしよう (笑)

『ロジャース・ハート』10・13マチネ

231013121532876.jpg

          @有楽町よみうりホール




リチャード・ロジャースとロレンツ・ハート。
偉大な作詞・作曲家コンビを
40曲近いナンバーと共につづる・・と
ある ブロードウェイ・ミュージカル

キャスト

ロレンツ・ハート・・・・・・・林 翔太 
リチャード・ロジャース・・・・寺西拓人 
                               
ペギー・マクニール
/メアリー・・・・・・・・・・凰稀かなめ

ドロシー
/ミッシェル・・・・・・・・壮 一帆

セス/フレッド・・・・・・・玉野和紀

ジョン/ウィリアム・・・・・藤岡正明 

マイケル/エディー・フォンティーン
/トム/ウェイター・・・・・中河内雅貴 

マーガレット/エステル・ベネット
/キム・・・・・・・・・・音波みのり 
         
アンナ/ヴェロニカ・ベネット
/エマ・・・・・・・・・・音くり寿 
エリザベス/ネドラ・タリー
/ルース・・・・・・・・吉田莉々加     

         

ロバート/ジェームス・・・鯨井未呼斗  
チャールズ/ジョセフ・・・MAOTO

   スウィング 
   馬場麻衣子 (敬称略)


二人の初めての出会いから
ラジオ番組を持ち
ブロードウェイでも成功

気の合う仲間たちと別れ
思いを寄せた女性を残し
ハリウッドへ進出!

キャストのみなさま
ブロードウェイと
ハリウッドでは別役
ほぼ二役以上が振られてます。

藤岡クン 酔っ払い役が
かなりリアル(爆)
歌になると いい声で
キリっとしちゃうのが
またいい(笑)



二人の軌跡を 二人の手掛けた
40曲近いナンバーに乗せて・・・・

玉野さん・・なので
もちろん タップあり~~(笑)


凰稀さん 壮さん
そして 音さん
音波さん・・・
皆様華麗な靴音を
響かせてくれます
もちろん 男性陣もね

鯨井さん MAOTOさんも
玉野さんと共に タップ!

藤岡くんだけ ちょっと
外れる事が多い?(笑)



ハリウッドでのお仕事では
撮影シーンがあって 
こちら客席巻き込み型
撮影カメラ(模型)を
客席最前列通路におろして
お客様に

人手不足を理由にして
カメラマンをお願いしてます

カメラ回してください
嫌だったら
何もしなくてもいいんですけど~と
最後に付け足してますけど・・(笑)

愛を告白される二人
女優でスターに
凰稀さんと
壮さん
役にピッタリのお二人
ドレス姿も美しい
華やかなドレス替えも
多い。

壮さん演じるドロシーは
だいぶハッチャケ系の女性・・(笑)

ベネット・シスターズの
3人も 他の役も兼ねていて
大変忙しい~

中河内・ウエイター姿も
見られます(笑)


林ハート 自由で奔放
感情の赴くまま詞を書く

寺西ロジャース
生真面目な努力型の
作曲家

231013122525132.jpg


ブロードウェイ・ミュージカル
らしい舞台でした。


『仮面山荘殺人事件』10・12マチネ

231012131421806.jpg

       @サンシャイン劇場
kmwym

B1Fのエレベーター前には
こちらのポスター
入場したら すぐ
いつもの流れで グッズ売り場へ!
パンフ購入してから・・・

あれ?
なにかアッタゾ?
この公演パンフ付きチケットを
買っていたのでした
引換券が 出てきた(汗)
パンフ引き換えしたら2冊めと
なりました

ま いいか(笑)




ライブ配信も予定されてる
10月15日
しっかり アーカイブ付き(笑)

会場では DVD予約の受付も
あります。

この作品 初演も
拝見しているので
ドンデン返しの
結末も知っていますが
キャストも変わるし
またイメージ変わるだろうなぁと
公演案内メールも届いた時に
キャラメルボックスの
メンバーもご出演なので 
チケ確保しました

成井さんの脚本だけど
キャストかなり変わり
初演からの続投は
畑中さんお一人だけ?
役も同じなんだ!






配役
樫間高之・・・・・溝口琢矢
森崎朋美・・・・・清水由紀
ジン・・・・・・・畑中智行
 (キャラメルボックス)
タグ・・・・・・・三浦剛
 (キャラメルボックス)
森崎伸彦・・・・・原口健太郎
 (劇団桟敷童子)
森崎厚子・・・・・岡田さつき
 (キャラメルボックス)
森崎利明・・・・・北見翔
 (GROUP THEATRE)
篠雪絵・・・・・・稲田ひかる
阿川桂子・・・・・森めぐみ
 (キャラメルボックス)
木戸信夫・・・・・松崎浩太郎
下条玲子・・・・・南木春香
蒲原巡査・・・・・瀧原 光
    (NORD)
薄田巡査・・・・・上ノ町優仁
   (敬称略)


ストーリー

会社社長の山荘が舞台

森崎社長の娘朋美が 事故でなくなったのを
偲び 両親や婚約者や従姉妹など
8人の男女が集まって来る。

そこに 警官の来訪
森に銀行強盗をした
二人組が逃げ込んだ形跡があるので
十分に気をつけるようにと・・・

銃とライフルを持った
二人の男が侵入し
彼らを脅し 山荘に
立て籠もり彼らは絶対絶命
携帯も取り上げられ
外部と連絡も絶たれた

ジンと名乗る男は
亡くなった朋美の
死因に興味を示し

その場は犯人探しの様相を
呈してくるが・・
なんと第一の殺人が起こってしまう!

スリリングな展開

人当たりが良く
優しく 頭も切れる高之

事故と 自殺未遂で
2度も命を救われ
彼に好意を寄せ
結婚する予定だった朋美

このあたりの経過も
丁寧に書き込まれている


銃を突きつけられての
8人の男女の行動。


事件は解決するのだろうか?(笑)


原作: 東野圭吾

再演なので 
記憶を底を手繰れば だんだんと
思い出して来るものですね~(笑)

キャラメルボックスの
メンバーの演技は
懐かしい思いすら抱く(笑)

主演のお二人は
お初にお目にかかりますな
感じで・・
でもカンパニーに
馴染んでいる雰囲気が
感じられる

タグ(相棒)に三浦さんが
いるのも
畑中さんとのコンビが
バッチリなのは納得

畑中さん のびのび~~~(笑)
岡田さんはお母さん役
前回公演の坂口さんから
変更。

森めぐみさんもいるし・・
小説家で 事故死で
片付けられた朋美の死に
不審な点があるのではと
言い出す役
こちらも役に合ってる!

ラストの大ドンデン返しまで
一気に進行

休憩なしの2時間は
成井さんお得意の時間割らしい(笑)
231012131519265.jpg

10月12日 今日は
アフタートークもありました。

登壇者:
成井豊、溝口琢矢、清水由紀
 司会:畑中智行 (敬称略)


このトークショーで
ますます その感じが
強くなりました(笑)


最近のよくある
褒めて伸ばす?から(笑)
トークショーの中で
成井さんから
登壇者の3人を
褒めて見ようコーナー

成井さん 若手の二人には
キチンと褒める!

で3人目 劇団員の
畑中さんになると

 褒めるとこない!
そんなリアクション

椅子からずり落ちる畑中さん
そのまま・・正座して
成井さんの方を向く(笑)
このあたりは 畑中さんへの
信頼!?を見たような
感じで微笑ましくなった(笑)

初日を迎えたばかりの
再演 リピーター募集中(笑)

ネタバレしても 
楽しむ事が出来るのが・・舞台

再演でキャス変があって
生まれ変わったように
変わるのが舞台

トークショーの日を
狙った訳ではないけれど
お話が聞けて
より楽しい時間になりました。



『天號星』10・11 マチネ

231011113314751.jpg

体調不良の方複数いらして
急遽の公演中止!

手持ちチケットは今日
今日からの公演再開のツイを
確認できて 
ホッとした一瞬でした。

新宿 MILANO-za

『パラサイト』で初めて
お邪魔してから早くも3回目(笑)

一度目は 最寄り駅から
近い方が良いかとルート選択したら
乗り換えに時間がかかり・(汗)

結局新宿から歩いた方が
早いと2回めからは
そちら・・

迷う事なく到着

『天號星』再び!

そしてなんと今日は 2F席
ライト 舞台上手はかなり
見られない部分があるけど
視点がかなり変わりそうです

通路使いの多い舞台

キャストの導線もしっかり
見る事が出来る

あの流れ星シーン
しっかりと目に焼き付けて来た

今日はライビュも実施

場内 サイド中ほどのいちに
カメラが デン!(笑)


そして こういう日に限って
通路から舞台に上がろうとした
史緒里・みさきちゃん
ちょっとつまずいて
すぐ持ち直したけど
 ちょっとドキっとした

かと思うと 山本・いぶきちゃん
怪我をした後の
物干し竿を振り回す
リハビリ中(笑)

途中 落としてしまった~
でも流れを崩すことなく
すぐ立て直ししてて
流石の運動神経。

早乙女兄弟の殺陣は
もう感嘆しかない。

早乙女 銀次と
古田さん半兵衛の
落雷による入れ替わりの
話で 宵闇銀次の
キャラと半兵衛のキャラ
演じ分けが面白い
古田半兵衛は 銀次に
なっても体が言うことをきかないと
動かないのを ネタに・・(笑)

2回めの今日
なんか古田半兵衛の
あるき方まで
自然に なっているような?

成志さんも もう鉄板
粟根さんこれは粟根さんしか
いないでしょ?というネ

カナコさんの巫女さん
相棒に右近さん

村木さん 河野さんも
期待を裏切らない

wキャストではないのに
ついリピートの3時間
231011113349523.jpg

スタンディングで幕!

『ハロルドとモード』10・10 マチネ

 231010124757976.jpg

          @EXシアター ROPPONGI


混雑を避けるためが お客様を
一旦 外階段をのぼるように
案内しています。


231010155429163.jpg

会場の上に上がり そちらの入場口から
降りて来ると
1F入り口に来るので・・
階段を登る遠回りルート

不整脈が気になる自分は 
手すりにつかまりながら
一段一段・・そして踊り場では
休憩(笑)しないと上がれない(汗)

メトロでもそうして来たので
まだ動悸が落ち着いてはいない状況
スタッフさんにご相談してみると
ご案内があるまで その場で 待て!

さらに待機してからの入場
モギリで再びの 待て!
待ての多い日だなぁ~(笑)

手持ちチケに
氏名記載のないタイプだったからか
本人確認の列に並ぶようにご案内

購入メールも提示出来るし
身分証明もあるし
早めの行動で45分前頃には
到着していたので
慌てることはなかったのですが
本人確認に初めて遭遇しました。

入場時に 公演リーフレット!

そうだった 販売用のパンフって
なかったんだっけ。


この公演 3回目と
なります

ハロルドとモード
変わり者の二人

朗読劇なのですが
二人の会話のキャッチボールを
メインに 周りを囲む
キャストがまた達者だ~(笑)

共演者はと
お名前を見れば

出演者
モード・・・・・黒柳徹子、
ハロルド・・・・向井康二
       (Snow Man)
看護婦や恋人候補
・・・・・・・・桜井日奈子
医師・警官など・片桐仁
神父・ハロルドの叔父など
・・・・・・・・渡辺いっけい
ハロルドの母など・戸田恵子
       (敬称略)

舞台でお馴染みの
方が多く朗読劇といっても
しっかりとその世界へ
誘ってくださいます。


19歳のハロルド
79歳のモード

二人の出会いは
赤の他人の葬儀会場 

79歳の老婦人モードは
とにかく破天荒で魅力的
会場にあった

実際こんなおばあちゃん
いたら迷惑かとも思うけど(笑)

生きる!
死生観が独特
モノの見方が個性的

19歳のハロルド
精神的に落ち着かず
医師もなす術がない

何度目の自殺未遂??

その都度 母親の反応が
これまた普通じゃない。

変わった二人が出会い
共感するのに時間は
かからなかった・・・

3回目の今季
3人のハロルドに
会えたけれど

愛の物語だけど
男女間の愛というより
人間愛 絆で
結ばれた二人

そんな感じをより
強くした。

モードが とにかく魅力的
それを支える周りのキャスト

片桐さん
戸田さん
渡辺さん 
なんとも言えない安心感

戸田さんのお母さん
息子を見ているようで
全く見ていない
事件を起こすと
その反応が・・
ブラック・ユーモア?!


桜井さん
はじめまして!たったのと
周りの方々に気を取られ・
叫んでいた印象だけが残る (爆)


2020年公演では
10月10日公演
今日と同じ日て観劇
趣里ちゃんが演じていた
他に・・・
浜田さん 相島さん
秋本さん 思い出せるなぁ


横並びのテーブルに
一列に並ぶ出演者

ハロルドとモード 二人以外は
シーンごとに捌けたり 
登場したりを繰り返す

その頭上に
『ハロルドとモード』の
文字を配したボード

これがシーンごとに
上下する演出は
変わっていません


2022年には
常磐貴子さんや
小林芳正さんがご出演

毎回 黒柳さん以外の
キャストは代わってるけど

やはり 二人の 
心の結びつきが見えて来る

男女間の愛は
飛び越えてるのが
伝わって来る気がする

モードの潔い決断も
だからこそ
二人のコレまでの時間から
受け入れられるハロルドに
成長できたのではないかと
そんな思いで 劇場を後に
しました

場内に上演時間の張り紙は
前回同様 なかったけれど

231010124757229.jpg

上演時間 1時間40分
休憩なしの 上演でした。
 






『時をかける少女』10・8マチネ

231008141335242.jpg

     @日本橋公会堂ホール
       〈日本橋劇場)     

えっと ミュージカルです。
初めての劇場です(笑)

人形町か水天宮駅・・
水天宮は 乗り換えが増えるので
人形町から徒歩で。
明治座へ 行く時のあそこ駅か
階段上り きついとこだ~(爆)

しっかりと下準備
地図を用意して 
早めに家を出たのが正解 
慌てる事もなく
大通りから道一本
はいった場所に会場
見つかりました~♪



キャラメルボックスさんの
公演とは別物(笑)

原作 筒井康隆
 時をかける少女〈新装版〉

231008112405604.jpg

ミュージカルなので
オリジナル挿入歌あり
設定も違います

でも原作は同じなので
タイム・トラベラーの
深町は 存在するし 
ラベンダーの香りも
キーポイントです
キャラメルボックス
多田直人さんの織田信長が
出てくるのは新しい
一緒にセットのように
森蘭丸も登場
二人いつも一緒(笑)

公式さんの ストーリー
紹介には ここまでは
書いてない(爆)

どんな絡みなのかは
舞台を見てもらうのが一番
主に3つのグループになる
学生 時間管理局 あと
タイムトラベル先の
時代の武士たち
アンサンブルさんたち




出演者

芳山和音/イサキ 役
・・・・・・・・・田中梨瑚

深町一夫/ケン 役
・・・・・・・・・蒼木陣

朝倉吾郎 役
・・・・・・・・・小川優

神山真理子 役
・・・・・・・・・天翔愛
        [特別出演]

時間局 レーン・カラム 役
・・・・・・・・・中島来弥
        [LokuRok]

時間局 ガレイ・ラン 役
・・・・・・・・・中村嘉惟人

時間局 カナタ・ザム 役
・・・・・・・・・佐藤聖也

時間局 ノーズ 役
・・・・・・・・・梅谷心愛

時間局 ハル・レガン 役
・・・・・・・・・石岡真衣

時間局 ジルダ・ノロウ 役
・・・・・・・・・中野亜美

森蘭丸 役
・・・・・・・・・西井幸人

織田信長 役
・・・・・・・・・多田直人
  [演劇集団キャラメルボックス]

福島正美 役
・・・・・・・・・カナタタケヒロ
      [LEGO BIG MORL]

芳山杏 役
武藤令子

芳山俊太郎 役・・・田中優樹

アンサンブル
淺井奏喜  安里太志 一ノ瀬円  
上田千夏 植原ゆきな 及川ひかり
小野寺俊 小寺絢 肥沼佑紀 
佐藤寧々 下瑞穂 山本吾郎 
         (敬称略)


上演会場を見て
 えっ どこにある劇場?と
思ったけど 多田さんご出演という
ことでチェック (笑)

若手さんのお顔とお名前
まったく一致しない状態での
観劇となりましたが
天翔愛ちゃんは
ロミジュリで拝見してたと
思い出した。

舞台設定も変わっているし 
ミュージカルだから歌うしね~


アンサンブルさんたちの
ダンスなど
ちょっと中途半端に感じる
シーンもあり
衣装も地味な印象
地味というか 舞台衣装の感じが薄い。
時代を飛び越えたシーンで
イサキの和服姿の着付けも
ちょっと気になったけど
和音ちゃんのキャラは
好み(笑)


会場内に 上演予定時間
掲示ないかなと探したけど
見つからずでした。
休憩なしの 約2時間で
キャラメルボックスさん公演と
一緒 (笑)







『アナスタシア』10・7ソワレ

231007165340578.jpg
ついに 千穐楽公演

東京最後の公演 
 あ~寂しくなる。
最後なので なんども
上げてるけど幕も記念に
231007171002074.jpg
雪の舞うロシア

231007165334160.jpg




休憩中の幕
パリに来て 雪が消える

231007185544047.jpg

ちっさなアナスタシア
最後の最後 内夢華ちゃん

皇太后から贈られた
オルゴール
最後まで キーとなる

皇帝とのダンスもあるし

窓の外 皇太后の歌声に
笑顔で見つめてて
フッとさみしげな表情に
変わり俯きながらの
夢華ちゃんでした


注目してしまうこのシーン 
 
表情で魅せる柚ちゃん
  
お祈りポーズが可憐な蒼奈ちゃん

そして 笑顔からの落差で
演じてくれる夢華ちゃん

このシーンだけでも
ちっさな女優さんたち
見せ方が違う

3人とも見られて
満足じゃ~(笑)


マチネで 賢也ブラドを
見られたので 
こちらも禅ブラドらしさを
再確認した~

そうそう この動き
列車から 飛び降りたあとの
トランク持っての
逃避行は・・ほんとヨレヨレで
ディミトリとアーニャを
追いかけるの

そうそう この伸びのある
柔らかさを含んだ歌
バレエの終わったあと
アーニャとディミトリの
行く末を心配しながら
歌うシーン

あのシーン 大好きだ~
詐欺師だけど 
ディミトリを心から
心配して 温かみのある
歌声が 深く届いてくる。

万里生っちグレブ
濁声路線 定着か
怖さ 厳しさを
表現するためか
声を落として低め
さらに潰したような発生で
セリフ部分を通してる
ちょっと大仰な芝居がかって
観えるかもしれない。

はじめの頃は
あの発声は セリフの
一部分だったような
記憶があるけど・・
体調不良によりお休みが
入ってしまって 
その所為もあるのかなぁ?


追い返してしまったけれど
アナスタシアが気になり
会いにくる皇太后・・

オレンジの香水

別れの日の会話・・
パリで!

オルゴールの奏でるメロディ
アナスタシアの歌

アナスタシアと共に
過ごした日が 皇太后の
記憶と重なる。

本当の自分と
本当の幸せを見つけ
未来に向かって
あるき出すのは
アーニャ。

終幕後の幕に
アナスタシアの 名はない!


231007171002074.jpg



スタンディングの中
皇太后さまと並ぶ
禅ブラド 両手を大きく振り
笑顔のカテコ
お隣の皇太后さまも
ゆっくりとリズムをとるように
しながら お手振りタイム
なんか幸せなシーン (笑)

場内アナウンスの途切れたあと
再び幕が上がり

ラストカテコは
相葉デミと晴香アーニャ

顔見合わせながら
並んで ありがとうございました♪

相葉ディマ 
晴香アーニャ 
お姫さま抱っこして
退場 

 皇女アナスタシア

ラスト 素敵な幕切れでした。


       #アナスタシア

『アナスタシア』10・7 マチネ

231007115046655.jpg
前楽公演 シアターオーブ



231007115031289.jpg

なんとここに来て
賢也さんブラド!

やはり違うアプローチ
アナスタシア・オーディション
遅れて顔を出す アーニャ

失われた記憶の断片を
うたうアーニャに

肖像画の面影・・
似てないか?と
ディミトリに合図

この肖像画 禅ブラドは
アーニャから受け取った
グラスを右ポッケに収め
左ポッケから取り出すのですが

賢也さんブラドは
グラスのしまうのは早め
左の胸ポケットから肖像画を
出してました

歌・ダンス 見た目は
お髭で包まれた姿で
どちらのブラドも
パッと見は似てるけど

歌声 動きともに
表現が違い
スマートなブラド
禅ブラドも 前編通して
細身でバレエの
時の衣装など決まってる 

動きが多めで愛らしいのが
大きな違い
愛されキャラ(笑)

賢也さんブラドは
大人のモテ系の詐欺師!(爆)
ここだけでも 見る価値ありですね

本日楽日のマチネ

マチネが賢也さんブラドと
言うことは・・・・
東京 大楽になる
ソワレ公演は 禅ブラド
公演が始まってみれば
怒涛のアナスタシア公演でした
        

よく通いましたわ
STAMPラリー 特典 3個め(汗)

大阪公演も共通との事ですが
残りチケットは 2枚
特典交換は おしまい(笑)



一旦退場後
戻って参りま~す

そして 11F エレベーターに乗ろうとして
ふと気付いた ローソンの壁 キラキラ!
関係ないけど・・・こんなんなってたんだー

231007154552911.jpg







『アナと雪の女王』10・5 マチネ


231005123514959.jpg

開幕5分前まで撮影OKの舞台幕で~す


新キャストが一度に来て
ちょっとバグってます(笑)

231005122651485.jpg

アナと雪の女王 

エルサ・・・・・・森川 温子
アナ ・・・・・・・町島 智子
クリストフ ・・・・笠間 大樹
オラフ・・・・・・小林 英恵
ハンス・・・・・・塚田 拓也
ウェーゼルトン・・石野 喜一
スヴェン・・・・・中野 高志
パビー・・・・・・渡久山 慶
バルダ・・・・・・柏谷 巴絵
オーケン・・・・・中田 雄太
アグナル王・・・・阿久津 陽一郎
イドゥーナ妃・・・小林 由希子
ヤングエルサ・・・関野 菊子
ヤングアナ ・・・・柴原 紗良

【男性アンサンブル】
姜 大舜 黒田 大夢 小林 優 
葵野 貴元 寺尾 聡馬 鈴木 貴雅

【女性アンサンブル】
黒柳 安奈  塩入 彩音 土居 來未  
志賀 ひかる 海沼 千明  松下 由季
浦山 遥 (敬称略)

6月から7月にメインキャストに
新デビューの方 初見!
エルサに 森川さん
誰かに雰囲気が似ているように
思ったのですが 誰にだろう?(笑)




オーケン役も初めてキャスㇳ
中田さんオーケン
お客さまを うまくノセてました(笑)

クリストフ に 笠間さん
昨年見たアナ雪では
アンサンブルさんの参加でした

イドゥーナ妃には 小林さん
アンサンブルでは
何度も拝見していましたが
今日は お后さま

温かい母親感のある
王妃さま。

他のお馴染みメンバーに
囲まれて 安定の舞台(笑)

アナとハンス王子の
あのアクロバット系の
シーンも見応えたっぷり

氷の橋から
落ちそうになる
クリストフとアナ
このシーンも良いコンビネーション

一幕ラストは やっぱり
素晴らしい歌で暗転

歌も四季唱法なのか
誰かに似ている気がして
しまうけど・・(爆)

231005122703349.jpg

231005122529495.jpg

前方席だったけど 
ちょっとアンラッキーなのは
すぐ前に掛けたのは
身長のある男性だった事
一人だけ頭が高い

センター 奥まった所の
お芝居は すっぽりと
頭の影(泣)
見えなかったシーン
けっこうあったのが
惜しい。

でも 帰宅したら
連日 ポスト確認に行ってた
四季会報『ラ・アルプ』が
届いていたから
良しとしよう (笑)




『アナスタシア』 10・1 マチネ 思い出し

   

   @東急シアターオーブ

ロイヤル席は当選しなかったけど
前方席サイドのお席・・ 舞台に近い分
奥まった場所に行かれると
前にいる人に重なる位置で
あれ みえない~ってなったりするけど

でも この近さは いいっ!(笑) 

はるかちゃん 体調不良のため
前期ちょっとお休みして復帰の
わかなちゃんが 踏ん張ります。

万里生っちも まだ戻れてないので
堂珍さん 続投が続く

カンパニー
全員で乗り越えよう~という
感じが伝わってきて
舞台は熱い。

記憶はなくても
自分探しを諦めないアーニャ

したたかに生きる ディマ

アナスタシア・オーデション
アーニャが訪ねて来てからの
相手にしてなかった
ディマとヴラドが
アーニャの様子に 
一緒にパリに行こうと
決めてから・・・
皇女教育(笑)

ダンス・レッスン・・から
始まっていた二人の
ロマンス
バレェシーンのところで
正装したブラドの歌う


 始まりは あの日のダンス ♪


教えてないのに?
アナスタシア・・かもしれないよ (笑)
街のうわさも歌になって
丁寧につくられてる

禅ブラドのめっちゃ
動き回るのが・・・
一時もじっとしてない
ブラドさんな印象(笑)

アーニャにダンスを
教えるため ディマとレッスン
足を踏んでしまうディマ
お返しに わざと
足を蹴るアーニャ

ヴラドに咎められるのネ

アーニャ~~!
さぁ~ そんな事してないわって
とぼけた顔のアーニャ 
カワイイ~~(笑) 

ここから 本番!
ディマにかわり
テンポアップの
激しいダンスを見せてくれるのは
ブラドとアーニャです。 


悪夢にうなされるアーニャに
ディマが話す

アナスタシアを見かけた
パレード 
馬車に向かって走り
手をふったんだ。

覚えてるわ 
手をふる少年に
微笑みかけると
少年は お辞儀をしたわ

その話は・・・・してないよ

だんだんと彼女が
アナスタシアであると
わかるように

許可証 偽造?
列車に乗り脱出したロシア

そしてパリに!

ここでも 踊るブラド
チャールストン♪

その後 リリーと再会できたヴラド
リリーと恋のダンスも
激しい~~ 二人の
息切れシーン付き
これが マジ息切れなのか
演出なのか・・は劇場で
お確かめください (笑)

この劇中
グレブだけ ロマノフ家滅亡を
完遂させる事を使命と
考える ヒール的役割

堂珍グレブ 
劇中で 求められるグラブを
忠実に再現したような人物像

海宝グレブは 革命に
感情はいらないと歌いながらも
感情がこぼれてくるようなグレブ

いま 休演中の万里生グレブは
作り込んだ怖さを全面に
出したグレブだった記憶

復帰されると聞いて
再びのグレブ 
楽しみです

列車から飛び降り 
たどり着いたパリ

チャールストンで人踊り
踊る輪のなかから
一旦後ろに捌けて
下手袖から 再登場の
ブラドですが 踊ってそのまま
裏手を回って袖まで駆けて来てるから
舞台袖 姿を見せてから
息を整えてるのが見えて・・

ほんと大変な舞台(笑)
ミュージカルだから
歌メイン

出演メンバー皆素敵

そして禅ブラドの声
飛び抜けて聞こえて来るんだけど・・(笑)

たのしい時間はほんと
終るまでの時間が早く
感じられて

もう アーニャとマリア皇太后の
真実が見えてくるこのシーン

二人のガッツリお芝居

二人だけじゃなくて
登場人物たちが
浮き上がり見えてくる

殺されたと聞いても
信じられず孫娘を探す
皇太后

金になると皇女探しに
手を出す詐欺師二人

報奨金をもらうため
出会った記憶喪失の少女に
アナスタシアとして仕立て上げ
マリア皇太后に会いに行く。

彼女の生存が許せない
革命軍の将校

詐欺師の一人
グレブは 皇太后の
側近リリーと
いい仲だったりと

エピソードを加え
アニメ番とはまた違う
作品になっていて・・

見のがすと惜しいシーンが
続くので 

またみたいってなっちゃう









四季会報『ラ・アルプ』やっと到着!


月末30日頃から ポストを
気にし始め 土日挟んだので
2日からは出かけても
帰宅と同時に ポストへダッシュ(爆)
でも 空振りの連続

今日こそは・・・

『アナと雪の女王』
観劇後 帰ってみたら
やっと届いてました~

10月号!
 え~~っともう5日ですよ~
せめてもう少し早くして~~(願)

これでポストダッシュの
日々から解放されま~す



『アナスタシア』10・4 マチネ

231004.jpg

         @東急シアターオーブ



マシ通ってます(爆)
今日も シアターオーブ

連日の『アナスタシア』
連日の禅ブラド


遠征組の禅友さんとも会えた


ロビー開場 すぐ入場
STAMP・ラリーに
速攻並ぶ
流れるように
キャストボード列に並ぶ

この辺の行動は
手慣れたものになりました。

キャスト・ボード
231004124826878~2


開演前の舞台幕 雪がちらついている
ロシア
231004131633536.jpg

休憩時の舞台幕 雪はみえない
パリ
231004150059393.jpg

今日は
相葉っちディミトリと
葵アーニャ


街の浮浪者たちに
襲われて戦うアーニャ
日に日につよくたくましく
育ってる気がする

今度はこんなもんじゃ
すまないからね~♪

ジャブ ジャブ 
ストレート・・(笑)
棒をもって
ボクシングのように
ぴょんぴょん 
 かかって来なさいっ♪

 それでも かわいい(笑)



万里生っち
復帰 2公演目
ダミ声発生が多いけど
怖いグレブを創るためかな?
軍服スッキリと着こなし
アーニャに自己紹介で
おどけて見せるシーン
万里生っち オリジナル
マイ・エコー?(笑)
語彙力不足で うまく
言えなくて もどかしい



リリーは堀内さん

カワイイ系リリー
カワイイ系ブラド(笑)

ネバー・クラブ

飲みつぶれてる皆に
激をいれる リリー
すごい!

踊りの輪に
最後の最後
混ざり込んで来るブラド
このラスト 
拍手なかなか止まず
すこしショースト気味でした


皆が捌けていき
残されたリリーと
ブラド

リリーへ再びの
愛の告白
実は アーニャを
皇太后に合わせて欲しいという
お願いも一緒にね!

二人のダンス・シーン
・・ちょっと休憩が

あまりにリアルで
客席から笑いがおこる

足を広げ気味の
大胆なお姿 

3人のリリー
3人ともそれぞれで
面白い

すぐ立ち直り
禅ブラドに さぁ来て
って誘うけど
禅ブラドは 横向きで
まだ はぁはぁ・・(笑)

リリーに誘われ
一呼吸おいてから
リリーに近づきながら
歌い出す歌は
そんな疲れた様子は
感じさせず劇場に
響き渡る声♪

ラスト 皇太后に
側近のように 話しかけ
叱責され 後退り
この後退りは なかなか
ほかでは見られない(笑)

そんなに悪い人では・・と
とりなすリリーに人睨み

”ほんとクズなんですー"
って 良いながら
リリーも後退りで消えていく

こんなセリフ
 初めて聞いた(笑)

231004124840054.jpg

とにかく 見どころだらけ~♪な
『アナスタシア』

早々と円盤化 及び 配信は
ございませんと 記事がでていたけれど
素晴らしい作品
素晴らしい音楽

せめて 音源だけでも
残して欲しいなぁ

出来るならあの息遣いも
のこるライブ版 CD

なので 珍しく梅芸さんへの 
アンケート書いて見ました













『アナスタシア』10・3 マチネ

231003121214622.jpg

     @東急シアターオーブ


今日のキャスト
アーニャとディミトリ
231003125043555.jpg



前回と同じだったので
スタンプ・ラリーの
スタンプはお休みだけど

3日以降に交換できますと
言われてた 特典交換だけは
してきた (小さいサイズの
  クリアファイル)


アーニャとディミトリは
同じでも ブレブ役に
万里生っち 復帰。

小さい穴スタシアの
3人目には ・・まだ
会えませんでした(笑)

毎日 毎日
なりすましとわかる
『アナスタシア』を名乗る
手紙に 悲しみにくれ
歌う皇太后さま 

その時 ちいさなアナスタシアが
窓の向こう側 別れたときの姿で
お祖母様を見つめています

今日のリトル・アナスタシア
ず~~とお祈り・・
胸に手を組み 心配気な
表情で・・
淋し気に消えてった

3人のリトル・アナスタシアちゃん
パパ皇帝と踊ったり
皇太后と別れのシーン・・
表立ったお芝居ばかりでなく
こんなシーンも

列車ではある家族の子どもと
して出てて

このシーン解りにくい
窓の向う側の出番だけど 
しっかりとしたお芝居。

今まで見た お二人
表現が違う。

禅ブラド 絶好調!
伸びの良い歌声は
もちろんの事
ダンスっも 息きらしながら
楽しそう~
勢いつけのかけ声もあり


あたふた そわそわ
アクション?(笑) 
しんみり バタバタ
バレエを見るときは
百面相さながら・・

あちらもこちらも

バレェもいいけど
禅ブラドもね

いそがしい~(笑)


リリーにめろめろ
でも何気に
ダイヤ入の時計の
次にな~って
言うシーン。

今日の朝海リリー
激しいキス・シーンが
あるのですが
お髭まわりに
ついた口紅が なまめかし~(爆)
231003125101726.jpg

癒やし系の禅ブラド
まだ 見納めにはしたくない

明日に禅ブラドの
キャスケ

行っちゃおう!








『アナスタシア』10・1 マチネ


231001115138028.jpg

           @東急シアターオーブ

日曜日 会場に来ている
禅友さんとも 会えそうな予感(笑)

 やっぱ 会えたわ~♪




もちろん今日も 禅ヴラド!(笑)

231001115605101.jpg


アーニャ相手の
アップ・デンポダンスも
リリー相手の大人のダンスも

列車でのソロも
飛び降りジャンプも

パリについてから
踊るチャールストンも
バレエを観に行く
ダンディ・ブラドも

ダンディな正装ブラドも
そして 随所で響いて来る
ええ声のブラド

ほんと 何度観ても
聴いても飽きる事が
ないのです (笑)

もっと もっとあるけど
キリがないので・・・
とにかく 禅ブラドから
目が離せない!

開演すると 動き出す
登場人物たち

おとぎ話を 

強く 何者をも
恐れない『アナスタシア』を
紡ぎ出してくれます


カテコ 繰り返され
両手お手繰りが
一番はげしいのが禅さん(笑)

お隣は麻実皇太后さまの
お手振りも けっこう
大きくて 優しい~

場内アナウンスが
始まっても拍手止まず

アナウンス後に
も一度 アーニャとディマ
出てきてくれた

ここまでがセットに
なったような東京公演(笑)

231001115622338.jpg

東京公演 カウントダウン!

禅ヴラドの残り公演の
回数 少なくなって来た




『アナスタシア』9・30 ソワレ

230930165647913.jpg

天翔けの予定前に
『アナスタシア』の予定は
入ってた (笑)

その当初からの予定の
アナスタシア ソワレ
230930165936958.jpg
もちろん禅ヴラド(笑)

行けるだけ行く!が
モットーの禅公演!
目指せ 全公演 (爆)

まぁそれは無理なのですが
全キャスト制覇が

 君にも出来る! (笑)

言われても不思議ではない
状況が生まれています
 
今日 このキャスト陣
230930171616222.jpg

葵アーニャ 踏ん張り熱演中

タイプがちょっと違うから
どっちも見たくなる~

内海ディマ
桃居楽までの 登場回数
残り少ないみたい

とても いい感じの
コンビ  ・・好き!(笑)

禅ヴラド 今日のお相手リリーは
朝海さん

こちらも3人 タイプは異なる(笑)
禅ブラドは どのリリーと組んでも
愛すべき人物 (笑)
多分 みんなが
放っておけないと
おもってしまうブラド(笑)

歌声 どんなシーンでも
声が・・届いてくる

バレェのシーン
いちいち反応が大きくて
日によって反応の仕方も
ちがう (笑)

皇太后に 叱責され
後退りで逃げるように
消えるシーンでは
笑いも誘う

詐欺師だけど憎めない
結局 皇太后の屋敷に
入り込んで
記者たちの相手まで
してますから・・(笑)


マルシアリリーは 情熱系
堀内リリー カワイイ系 
朝海リリーはちょっとクール系な
印象・・。

万里生っちの 復帰が
待たれますが 
堂珍グレブも連投
癖の少ない 正統派


皇太后 麻実さん
気品があって 
厳しく優しい・・
 
一人残らず!
家族の死の知らせに
くずおれそうになって
リリーに支えられ
けれど 舞台袖に
去り際 気を取り直すように・・・
皇太后に 戻る

アナスタシアの世界の皇太后 
体現してくださる素晴らしさ。

230930171629320.jpg



そういえば 小さいアナスタシアも
トリブル・キャストですが
なんとコレまで見られたの
二人だけ

東京楽までに会えないと
全キャスト制覇に ならない?(笑)

そうそう 大澄ヴラドも
予定はあるのです (笑)

一公演だけ・・・なのですが (汗)

      楽しみにしております 





『天翔ける風に』 9・30 マチネ

    230930122724336.jpg   

               @東京芸術劇場プレイハウス

罪と罰~
野田版を ミュージカル化!

コクーン版も拝見したなぁ~
TS版は前回も拝見してるなぁ~
230930122749427.jpg

今回の謝先生の 
『天翔け・・』だって
2013年は舞台で
2003年は DVDで・・・

そして今回の再演
10年ぶりなんですね~?

舞台の再演スパンは長い
一ヶ月公演だって 
あっという間に終わって
しまう感じ


DVDでは 香寿さん英が・・


2013年版 生で拝見
朝海ひかる/石井一孝/浜畑賢吉/
彩乃かなみ/伊東弘美/岸祐二/吉野圭吾

青山航士/笠嶋俊秀/加藤貴彦/千田真司/俵 和也
照井裕隆/平野 亙/福永吉洋/吉田朋弘/渡辺大輔
アンサンブルさんのお名前も
分かる人多かった~  



そして今季 


三条英・・・・・・・・・・・珠城りょう
才谷梅太郎・・・・・・・屋良朝幸
都司之助・・・・・・・・・今拓哉
溜水石右衛門・・・・・東山義久
志士ヤマガタ・・・・・・原嘉孝
三条智・・・・・・・・・・・加藤梨里香
甘井聞太左衛門・・・駒田一
三条清/おみつ・・・・剣幸

---志士(順不同)---
加藤翔多郎 川勝太地
川原田樹  榊海搭
高瀬育海  望月凜
吉田朋弘  

---ミュージシャン---
太鼓・・・・・・・・・・辻祐
津軽三味線・・・・匹田大智
      (敬称略)

キャストのお名前をみても
変化の幅が 想像できる

老婆殺し
取り調べ と 舞台は進み
ええじゃないか踊りも
あったあったという感じ(笑)


2幕 開幕前に
ミュージシャンの 楽しいパフォ!が
始まったよ 客席からも
手拍子が起こる (笑)

途中から アクロバットダンス?
中央幕の隙間から・・一人
二人・・・と
あれ 上は 黒Tだけど
東山くん?
そして 屋良くんだった???

お得な一時でした

本編 TSミュージカルファンデ・・っぽい
衣装が 特徴的で印象深い

玉城さんえんじる 英
自分の意思をゆらぎながらも
信じて決行

グラデーションの効いた
袴姿で 上背のあたりは
エンジ・・からの 袴は白!

理想の世を創るためなら 
人の命を奪っても許される 

殺人を実行してしまった
英は都に 追い詰められてゆく

どうしても拭えない
罪悪感も自分を責める

屋良・才谷の ちょっと飄々とした
明るさは救いかもしれない
ところ狭しと 舞台で
暴れてくれる。

東山・溜水
このお役だと 
ダンスは・・・ちょっと封印
智を己のものにしたいという
思いが・・狂鬼のようで

ベテラン剣さんの
あの物腰柔らかな感じは
金貸し老婆ではすっかり隠して・・
おみつ役では また違う顔 


英が自首を決心して  
刑に服しているときは 
衣装は白く代わっています。

殺陣も思い切りあり
謝先生のダンスでの
表現 流麗な動きを
魅せてくれる皆様。

赤旗の舞も
もちろん出て来ます
駒ちゃん演じる 聞太左衛門
旗さばき 素晴らしい~
真っ赤な旗を 二刀流!

学生たちに煽てられ
ええじゃないか運動の
矢面に立たされるシーン

逃げ惑うシーンもあり
ミュージカルなので
ソロだってある
駒ちゃんの旨さ
存分に 感じて来た

赤旗といったら某ミュージカルを
思い出すけど 駒ちゃんは 
テナ役だったネ(笑)

あちらより 旗の数
小ぶりだけど断然
多いですから~(笑)

溜水役だった事もある
今さん 司之助役に
かわり・・こちらも新しい
司之助が見られた

若いキャストも多く
様代わり・・・
230930130231766.jpg
ときは流れてゆく(笑)

『アナスタシア』@10月

 
『アナスタシア』東京楽まで
カウントダウンですね 
なので 昨日のマチソワのBlog記事
まだなのに 今日も『アナスタシア』(爆)

お目当て 禅ヴラドなので
通えるだけ通う~

連日の劇場なので
やらなければいけない事
片付けて・・・
気合いれて!(笑)




スタンプラリーも 台紙 3枚目に突入
けれど次回は アーニャ✕ディマが
今日と同じ組み合わせなので
STAMPは一回お休み
別キャストを見て押印だからネ

でもまだチャンスは残ってる・・かも。
      


検索フォーム
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

いらっしゃいませ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
俳優
4位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りBlog
Blog開設カウンター
ブログの更新率
月別アーカイブ