現在の閲覧者数: ~さらばわが愛~『覇王別姫』3・26マチネ - hatti元気の素 観劇 ミュージカル

hatti元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。

TOP >  その他 演劇 >  ~さらばわが愛~『覇王別姫』3・26マチネ

~さらばわが愛~『覇王別姫』3・26マチネ

シアター・コクーン 14:00開演
会場時間を待って入場・・・
まだ開演時間まで間があるので、
舞台上では、出演者がアップ中!
最近の蜷川さん演出 こんな感じよくありますね~

舞台後部ドア?が開け放たれて
舞台装置を運んで来たらしい
トラックが見えるし~(笑)

出演者
程蝶衣・・・・・・・・・東山紀之 
菊仙・・・・・・・・・・・木村佳乃 
段小樓・・・・・・・・・遠藤憲一 
師匠・・・・・・・・・・ 沢竜二 
袁世卿・・・・・・・・・西岡馬
小四・・・・・・・・・・・中村友也
那・・・・・・・・・・・・・戸井田稔 他
           (敬称略)


入ったとたん これって蜷川ワールド?
ついつい語っちゃいます。

ネタばれ・・・お容赦くださいね~






Read More

場内は 中国っぽい提灯が飾られ
舞台まわりは赤い錦糸模様の布。

でも、舞台上には、
舞台セットがなにもありません


いよいよ 開演!
そこに一条の光・・・・
逃げる子 それを追う母
スローモーションで舞台奥から
走り出して来る
それを追うピン・スポットが、
緊迫感を感じさせてくれます

『覇王別姫』京劇の世界
舞台は、蝶衣の幼い頃から始まり  



エンディング、
思い返すように最初のシーンを繰りかえし
・・・幕を閉じます

音楽もあいまって、京劇の世界が拡がります
途中の暗転で・・・・楽屋らしいセットが現れる
そして暗転・・・蓮の花が美しいシーン! 
しかし 舞台転換 人力なんですね~
また 楽屋らしきセット
そして 大きなベットが紗幕越しに現れたり
黒子さん大活躍です

幼い頃 親に売られた蝶衣
京劇の俳優になるべく
厳しい時を経て 舞台に立つ
幼いころからそんな蝶衣を庇い見守る兄貴分の小樓
その絆は強く二人の演じる『覇王別姫』は評判となる
だが 小樓は 菊仙を愛するようになり・・・・

東山・・・蝶衣
チラシの蝶衣は美しいけれど・・・
舞台の蝶衣は思ったより男を感じさせます
小樓を、思う気持ちが一途で、
それゆえの、菊仙を疎むシーンは
冷たくて孤独です
アヘンにおぼれ狂気との狭間で 
菊仙にすがる蝶衣が、とても哀れです

木村・・・菊仙
ただただ小樓を愛する
とても女を感じさせる人でした
わが子を失いながらも 小樓を愛し
愛する人の裏切りに自らの命を
絶ってしまう・・・
菊仙もまた哀れです

遠藤・・・小樓
菊仙を愛しながら、時代の変遷の中
わが身可愛さのあまり 菊仙を切り捨てる
強いようでいて弱い小樓は、
蝶衣の思いも受けきれず、
その中途半端さが魅力かも知れません
最後の慟哭と 舞台袖の老いた小樓が
残像となって残ります 

西岡・・・袁世卿
京劇界の大物
蝶衣を見つめるその姿は・・妖しいです(笑)
その命の終わりが京劇の終わりだと
叫びながら・・・・死んで行く

中村・・・小四
蝶衣に拾われた幼子
蝶衣のもとで暮らすが、
蝶衣に批判的になり、
ついには『覇王別姫』の虞姫役を・・・
美姫でしたよ~(笑)
反目するようになった蝶衣を
あざ笑うように見る目がけっこう恐い~

蝶衣・小樓・菊仙 歌うんですね
セリフの延長の歌なので
ミュージカルのように朗々と歌うわけではありません
歌わなきゃいけないのかなぁと思ったシーンもあったり・・(笑)

日本軍人・国民党員・共産党員・劇団員などを
演じる方々・・振り付けがなんとも特別なもので
動きが半端じゃありません
宙返り 反転 言葉ではあらわせないような
回転を見せてくれます


蜷川さんが多用する客席通路での演技
今回もご他聞に漏れず・・です
幸運にも通路の席だったので
すぐ横に 木村・・・菊仙と 遠藤・・小樓が
立ち止まったりしてくれて、 軍人さんたちも
ぶつかりそうな勢いで隣を幾度も通って行きました(笑)

3人3様の愛情を描いた舞台・・と見せて頂きました
日本軍の侵略時や、中国革命時
激動の時代を京劇役者として生き抜いた
蝶衣と小樓 そして菊仙の 愛の物語。

でも、最後に感情移入してしまったのは
なぜか菊仙だったのです
小樓の裏切りを知って
すぐ隣の通路を、泣きながら去って行く
菊仙の涙が、とても綺麗だった所為なのかも
しれません。


関連記事
Return
* by ヌヌ
私も26日のソワレで観劇しました!!
本当にあの始まり方と終わり方は不思議で
でもその一瞬で世界観に入ってしまいました!!
蜷川ワールドですよね☆
愛の物語なのですが重くずっしりくる事があったり
京劇の世界観に浸ったり・・・
あっという間の2時間でした♪
でも端々でサイゴンが頭をよぎりましたけどw

* by hatti
> ヌヌ さま
同じ日の観劇・・・でもすれ違い、
ニアミスでしたね~

蜷川さんの舞台にしては 短いっ!(笑)
短くても、内容が濃いのはさすがです
そんな中 サイゴンを思い浮かべる
ヌヌさんが・・・・あの辺でしょうか?(笑)

コメント






管理者にだけ表示を許可

私も26日のソワレで観劇しました!!
本当にあの始まり方と終わり方は不思議で
でもその一瞬で世界観に入ってしまいました!!
蜷川ワールドですよね☆
愛の物語なのですが重くずっしりくる事があったり
京劇の世界観に浸ったり・・・
あっという間の2時間でした♪
でも端々でサイゴンが頭をよぎりましたけどw
2008-03-27 * ヌヌ [ 編集 ]

> ヌヌ さま
同じ日の観劇・・・でもすれ違い、
ニアミスでしたね~

蜷川さんの舞台にしては 短いっ!(笑)
短くても、内容が濃いのはさすがです
そんな中 サイゴンを思い浮かべる
ヌヌさんが・・・・あの辺でしょうか?(笑)
2008-03-28 * hatti [ 編集 ]