現在の閲覧者数: 『淫乱斎英泉』4・5マチネ - hatti元気の素 観劇 ミュージカル

hatti元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。

TOP >  その他 演劇 >  『淫乱斎英泉』4・5マチネ

『淫乱斎英泉』4・5マチネ

池袋 あうるすぽっとでの公演

 『淫乱斎英泉』

出演:浅野和之 田中美里 木下政治
 高橋由美子 山路和弘  八代朝子(敬称略)

『レ・ミゼラブル』で遠征した
中日劇場でも 公演チラシを見かけましたが
あうるすぽっとでは12日まで。
その後 新潟 兵庫 名古屋 金沢と
公演が続きます。

時代は天保年間あたりらしい
浮世絵師のお話
たった6人で演じる物語
その6人の作り出す世界が
濃密だ!

浅野・長英
夢を追う長英
けれど 英泉・お峰の
二人との関わりから
歯車がずれてゆく・・・・

若い時代には、ちと無理が・・(笑)
お尋ね者になった晩年の
自暴自棄の長英の方が
安心してみていられる(笑)

田中・お峯
一途に長英を思う女
不幸の種を自ら蒔く女
・・・なのかも知れないと思う
兄の運命も狂わせたのは
このお峯かも知れない



木下・越後屋
時代を読みながら
生きる越後屋は、
英泉の後ろ盾


高橋・お半
愛らしくバイタリティ溢れるお半
あえて時代ものの台詞回しではない
・・・のがいい感じ(笑)

山路・英泉
前半、山路英泉の独壇場・・と
言ってもいいんじゃない?
ポンポンと畳み掛けるような
怒涛のような台詞

はちゃめちゃな英泉を
ドスを聞かせて 悪な奴
軽く茶化したりで、はみ出し者と
演じ続ける

光と影の兄弟二人
新しく踏み出す所から2幕

英泉 お峯
人格変ってませんか?
ここからはむしろ
長英とお峯の絡みが、
魅せてくれる

八代・過去を追う女
陰の女 シルエットのみで
登場 ナレーターの様に
導入部で話を引き出す

面白い存在。

浮世絵の才に恵まれた英泉
人の人生を転げ落ちる様を
見るのが楽しいと言う
トンでもない男

共感は出来なくても
とても魅力的だった (笑)



関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可