現在の閲覧者数: 『ひかりごけ』4・8ソワレ - hatti元気の素 観劇 ミュージカル

hatti元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。

TOP >  劇団四季 >  『ひかりごけ』4・8ソワレ

『ひかりごけ』4・8ソワレ

何が正しいのか?

死を前にしての極限状態での
在り様を・・・描く
そして生還した一人を
あくまで傍観者たちに過ぎない
裁判官たちが裁く事への是非!

『ひかりごけ』
出演
 船長・・・・・・・・・日下武史
 西川・・・・・・・・・中村匠
 八蔵・・・・・・・・・神保幸由
 五助・・・・・・・・・高橋征郎

声の出演
  裁判長・・・・松宮五郎
  検事・・・・・・広瀬明雄
  弁護士・・・・立岡晃

         (敬称略)

難破した船の乗組員4人
何も無い酷寒の島が舞台


日下船長は黙して語らず
五助と八蔵が愚痴のように
今の状況を語りだす

若い船員役 西川の
中村さん 頑張ってたね~♪

ネタばれのため
改ページ(笑)

Read More

仲間の一人が・・・・・
飢えと寒さのため倒れる

生き残るためにその仲間の
人肉を食べて生き残るか
食べずに死を待つか

それぞれの選択に
それぞれの結末
暗く救いのない話


4人の遭難した仲間

まず五助が倒れる!

八蔵は人肉を食べることを
拒み 後を追うように
死んでゆく・・・

のこった二人は
西川と船長
それぞれの選択の
それぞれの結末が描かれる

生き残ったのは 一人!


そして2幕では、生き残った一人を
裁く裁判の場

裁判長・検事・弁護士が
世間一般の論理などを説く・・

それに対しての被告は逆に問う
その現実を体験した者はいるのか?と
「ひかりごけ」の見える人だけが
自分を裁けるのだと・・・・

けれど 「ひかりごけ」が見えるものは
    誰もいない・・・・・

その結末もまだ怖いものがある

声が変わっているから
そう思って聞かないとわかり難いけど
裁判長 検事 弁護士の声の出演に
懐かしい方のお名前が並ぶ

 前回公演と同じ音源を使っているらしい


関連記事
Return

コメント






管理者にだけ表示を許可