現在の閲覧者数: 『ハプスブルクの宝剣』2・27マチネ - hatti元気の素 観劇 ミュージカル

hatti元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。

TOP >  その他 演劇 >  『ハプスブルクの宝剣』2・27マチネ

『ハプスブルクの宝剣』2・27マチネ

東京宝塚劇場に来ました

  珍しい~(笑)

『ハプスブルクの宝剣』
『BOLERO』~ある愛~

原作は藤本ひとみさんとの事
『ハプスブルクノ宝剣』

エリヤーフー・ロートシルト/
エドゥアルト・フォン・オーソヴィル
・・・・・・・・・・・・・・・柚希礼音

マリア・テレジア
アーデルハイト
・・・・・・・・・・・・・夢咲ねね

フランツ・シュテファン
・・・・・・・・・・・・・鳳稀かなめ

ジャカン・・・・涼 紫央

マリア・カロリーナ・フクス伯爵夫人
・・・・・・・・・・・・京三紗

サヴォイア公子オイゲン
・・・・・・・・・・・・一樹千尋

モシェ・ロートシルト
・・・・・・・・・・・・・・英真なおき

サラ・・・・・・・・・・万里柚美

ラディック・ジリンスキ
・・・・・・・・・・・・・・彩海早矢

グレゴール・バチャーニ
・・・・・・・・・・・・・・夢乃聖夏

アンドラーシュ・オルツィ
・・・・・・・・・・・・・・紅ゆずる 他
     (敬称略)


この舞台の主題歌は
シルヴェスター・リーヴァイさん。

ユダヤ人のエリヤーフーは
有望な若者。
恋人のアーデルハイトは
名門の娘 
互いに惹かれるが
周囲からは認められない。

行き違いからアーデルハイドの
婚約者を傷つけてしまい
追われる身となる。

自らも傷つき 九死に一生を得た
エリヤーフーは、
ユダヤの生まれを捨て
エドゥアルトとして生まれ変わり
ハプスブルク家のために働き
認められるようになる。

自分の居るべき場所を求め
生きるエドゥアルド・・・
一気に物語に引き込みます。

ユダヤ人の信仰や、
愛するアーデルハイドに
瓜二つなマリア・テレジアに
寄せる思い。

フランクとの変わらぬ友情
いろいろな人間模様を
上手く織り込んで、
ドラマチックな舞台に
仕上がっています。

時代背景が近いので
侍従の衣装から
『M!』のアマデゥスを連想したり
『M・A』のカリオストロっぽい
衣装だなぁと思ったり (笑)

トップの柚木さん
低めの声で、しっかりと
謳い上げてくれます。

夢咲ねねさんも可愛らしい。

『BOLERO』の方は
宝塚らしい華やかな
ダンス・ショー

あの繰り返しの曲です
どうもこの曲BOLEROは・・・
眠くなるんです(笑)
華やかなショーだったのに
記憶が一部飛んでます(爆)

トップさん他 見せ場
大階段の羽を背負ったところは
しっかり見せて頂きましたけどね(笑)

関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可