現在の閲覧者数: 『Doubt』12・20ソワレ - その他 演劇
fc2ブログ
プロフィール

hatti (はっち)

Author:hatti (はっち)
石川禅さん応援中!
劇団四季・東宝ミュージカル・・・時には宝塚
観劇大好きなhattiです 

記事に関係のないコメントは
削除させていただく場合が
御座います。ご了承ください。

石川禅さんのお仕事
石川禅さん
これからの予定

舞台******
石丸幹二 
オーケストラコンサート2024
石丸幹二
東京フィルハーモニー交響楽団
2024年6月21日(金)
会場:東京芸術劇場 コンサートホール
ゲスト出演

FC企画イベント
石川禅60Thバースデーパーティ
2024年6月22日
12:00 18:00
俺のフレンチ(都内)

舞台
ヒストリーボーイズ』
2024年7月20日(土)~28日(日)
あうるすぽっと
へクター役

舞台
『ミセン』
2025年1月~2月
大阪
愛知
東京
へクター役

********
Netflix
「モンキー・キング」
声の出演
“竜王"役 吹替=石川禅
2023年8月19日より配信開始

Netflix
『氷がすべてを隔てても』
声の出演
アイナー役=石川禅 (3/2より配信開始)

Netflix
『サンドマン』
声の出演
第6話 吹替=石川禅

コンサート*******
★『石川禅 6th ソロ・コンサート』
2021年3月20日~21日
よみうり大手町ホール
※公演延期 ※

石川禅さんのプロフィール
FCについては
サイドバーのリンクから
ホリプロブッキング
エージェンシーへどうぞ
禅さんの舞台
石川禅さん次回は % 『ヒストリーボーイズ』
禅さん 出演公演
Blogランキング参加中です
見たよ 読んだよ ポチっとな!
よろしく お願いします。
5月の観劇予定

5月の観劇予定
■『クロスロード』
■『メディスン』
■『COME FROM AWAY』高崎
■『ゴースト&レディ』
■『ハムレット』
■『デカローグC』
■『湯を沸かすほどの熱い愛』
■『アラジン』
■『この世界の片隅に』
■『ロミオとジュリエット』
■『ナビレラ』
■『アナと雪の女王』
■『美女と野獣』
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Designed by 石津 花

『Doubt』12・20ソワレ

~第4回響人公演~
『Doubt』  
  疑いをめぐる寓話

千歳船橋駅に近い
 APOCシアターでの公演。

初めて行く小さなホール
案内に従い2Fに上がると
高さのある舞台はなく
ホールの一角に
白塗りの椅子 柵など・・・

周りを取り囲み客席の椅子が
並べられています。

アンウンスの後、暗転・・・・

フリン神父が説教をする。

ひとりの海原に投げ出された
遭難者の心・・・
助かるために見際めた進路 
それが日を追うに従って
これで本当に正しいのか?と
芽生える疑い・・・・について。


出演
シスター・アロイシス・・・末次美佐緒
フリン神父・・・・・・・・・・・・・吉原光夫
シスター・ジェームス・・・・谷内愛
生徒ドナルドの母・・・・・・・山崎佳美

セント・ニクラウス・スクール
若いシスターと校長の会話・・
愛情を持って生徒に接するシスターと
その授業方法について
もっと厳しい規律を求める校長。

生徒に人気のあるフリン神父に
ついても話がされる。

フリン神父が黒人生徒の
ドナルドに目をかけ
特別に庇護していると
若いシスターから報告を受けた
アロイシス校長は、
フリン神父が、生徒との許されない
特別な関係を持ったのではないかと
疑いを持つ。

疑いは確信に変わり

疑いと真実! 

フリン神父と
アロイシス校長の対立
どちらに非があるのか?


末次・アロイシス校長
黒いシスター服に身を包み
化粧ッ気のない顔
規律に厳しいシスター役

その見事なまでに自信に
満ちた行動は、他を圧倒する。

吉原・フリン神父
人当たりの良い神父
穏やかな話声。

しかしアロイシス校長の
執拗な追求に苛立ち
だれもいない庭先で
鳥の鳴き声に向かい
吐き捨てる

  うるさいっ!

穏やかな物言いが
実は仮面なのか?と
思わせる一瞬。

谷内・シスター
新米シスターで
校長を前にしての
オドオドした様子など
一途に真面目なシスターでした。

山崎・ロナルドの母
久し振りの舞台での山崎さん。
ロナルドの母
規律よりも、賢く生きる
方法を選ぶ母を
演じてくれました。

きっちりと仕上げられた
会話をきっちりと
繋いで魅せる舞台、
あれほど確信に近い強さで
フリン神父を追い詰めた
アロイシス校長の
最後の一言
~わからなくなった!~

それは、自らの確信に疑いが
芽生えた瞬間

4人だけの舞台
4人のぶつかり合い
ある意味、役者同志の
戦いを思わせる舞台、
見ていて心地良く感じられます。

疑いを持つ・・・心の闇に
焦点を当てた舞台は、
明るくなれる舞台では
ないけれど 芝居として
引き込まれました。

上演時間は1時間40分と
決して長くはなかった
でも~ 中身は濃いっ!

終演後の出口には
出演はなかった廣瀬彰勇さんも
お客様をお見送りでした。


関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

いらっしゃいませ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
俳優
7位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りBlog
Blog開設カウンター
ブログの更新率
月別アーカイブ