現在の閲覧者数: 『Mitsuko』6・25マチネ - その他 演劇
fc2ブログ
プロフィール

hatti (はっち)

Author:hatti (はっち)
石川禅さん応援中!
劇団四季・東宝ミュージカル・・・時には宝塚
観劇大好きなhattiです 

記事に関係のないコメントは
削除させていただく場合が
御座います。ご了承ください。

石川禅さんのお仕事
石川禅さん
これからの予定

舞台******
ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年3月7日~29日
日生劇場
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月4日~14日
skyシアターMBS
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月19日~21日
愛知芸術劇場大ホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月26日~28日
久留米シティプラザ 
ザ・グランドホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月3日~4日(土)
熊本城ホール メインホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月11日~12日
高崎芸術劇場 大劇場
ニック役他

石丸幹二 
オーケストラコンサート2024
石丸幹二
東京フィルハーモニー交響楽団
2024年6月21日(金)
会場:東京芸術劇場 コンサートホール
ゲスト出演

舞台
ヒストリーボーイズ』
2024年7月20日(土)~28日(日)
あうるすぽっと
へクター役

********
Netflix
「モンキー・キング」
声の出演
“竜王"役 吹替=石川禅
2023年 8月19日より配信開始

Netflix
『氷がすべてを隔てても』
声の出演
アイナー役=石川禅 (3/2より配信開始)

Netflix
『サンドマン』
声の出演
第6話 吹替=石川禅

コンサート*******
★『石川禅 6th ソロ・コンサート』
2021年3月20日~21日
よみうり大手町ホール
※公演延期 ※

石川禅さんのプロフィール
FCについては
サイドバーのリンクから
ホリプロブッキング
エージェンシーへどうぞ
禅さんの舞台
石川禅さん次回は % 『COME FROM AWAY』
禅さん 出演公演
Blogランキング参加中です
見たよ 読んだよ ポチっとな!
よろしく お願いします。
4月の観劇予定

■『町田くんの世界』
■『銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件』
■『カラカラ天気と5人の紳士』
■『Le Mele~母~』
■こまつ座『夢の泪』
■『王様と私』
■『COME FROM AWAY』
大阪・名古屋
■『VIOLET』
■『デカローグ A/B』
■『アラジン』
■宝塚花組『アルカンシェル』
■『ハネムーン・イン・ベガス』
■『クロスロード』
■『Le Fils~息子~』
■『オペラ座の怪人』KAAT
■地球ゴージャス
『儚き日光のラプソディ』
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

『Mitsuko』6・25マチネ

サブ・タイトル
~愛は国境を越えて~
会場 青山劇場 

明治の時代、異人さんが
珍しい時代に愛だけを
信じて海を渡った日本女性
青山光子の物語をミュージカル化

ヒロイン Mitsukoには
安蘭けいさん
リヒャルトには
マテ・カマラスさんです。

出演者
光子・・・・・・・・・・・・・・・・・・安蘭けい
ハインリッヒ・・・・・・・・・・マテ・カマラス
青年 リヒャルト
/ジョニー・・・・・・・・・・・・・ジュリアン
    (Wキャスト 辛源)
イダ役・・・・・・・・・・・・・・・・AKANE LIV
成人リヒャルト・・・・・・・・増沢 望

親戚/カール・・・・・・・・・・・・大木智貴
喜八/ドラモンド・・・・・・・・大谷美智浩
スタイン/親戚/教授・・・・・角川裕明
ローマ法王/親戚・・・・・・・・笠嶋俊秀
バービック・・・・・・・・・・・・・香取新一
レーマン/ハンス・・・・・・・・・神敏将
執事/カメラマン・・・・・・・・・高原紳輔
バトラー/親戚/ケルテース・・武内耕
フンボルト・・・・・・・・・・・・・・中山昇
家庭教師/ゲルロフ・・・・・・・山崎義也
 
昭憲皇后/親戚
/エリーザベト(二幕)・・・・池谷京子
百合子・・・・・・・・・・・・・・・・・・大月さゆ
親戚/オルガ・・・・・・・・・・・・・・河合篤子
エリザーベト(一幕)
/イーダ・・・・・・・・・・・・・・・・・・木村晶子
リリー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・首藤萌美
はる/親戚・・・・・・・・・・・・・・・・園田弥生
マーガレット/親戚・・・・・・・・本田育代
ツネ/森田・・・・・・・・・・・・・・・・未来優希


子役
リヒャルト/カール・・・・・・・・坂口湧久/小島一華
ゲロルフ/イーダ・・・・・・・・・関萌乃 / 小島一華    
ハンス/オルガ・・・・・・・・・・・・吉井乃歌/小島一華
         (敬称略)

以前のコンサート形式の『Mitsuko』の
メンバーが・・・

安蘭けいさん
マテ・カマラスさん
増沢さん

アンサンブルには帝劇でよく
お目にかかる方が
たくさん~(笑)

中山昇さん 竹内耕さん
河合篤子さん 木村晶子さん
子役には坂口湧久クンもいますね~

お話としては、成年リヒャルト(増沢)に
母を語らせるという手法をとっているため
少し物語の流れが寸断されるかも。
リヒャルトの今の活動も取り上げて
あちこち話が飛んでしまい
ドラマチックな『Mitsuko』の
生涯を描き切れていないような気がします。

安蘭・Mitsuko
おきゃんな骨董屋の娘から
ハインリッヒについてゆくと
決めるまで一気に進んで
しまいますが舞台では仕方ないのかも。
後方にしつらえたスクリーンには
美しい桜、恋の舞台には充分。
親の反対も押し切って
ハインリッヒの元へ
飛び出すMitsuko
客席から登場のシーンもあって
通路よりの席だったので
横を通り過ぎて・・・
ちょっとドキドキしました~♪

マテ・ハインリッヒ
マテさん少しお疲れなのかも?
声が掠れてしまった部分がありましたが
それでも強い歌声です。
台詞部分も頑張ってます。
とても込み入ったところは
増沢さんが後ろに立ち
ピンチヒッターを・・(笑)

ジュリアン・リヒャルト
年上のイダを愛する青年
一途な感じで好演でした。
後の日本人留学生百合子の
恋人ジョニーも演じています。
リヒャルトは
少年 青年 成年と3人が
キャスティングされてる
この辺 ちょっと紛らわしくて
青年と成年のリヒャルトは
同時に舞台に立つし~(笑)
回想の形をとるけれど、
不自然な感じをうけます。
もう少しすっきりした感じに
なると良かったかもネ
青年リヒャルトを訪ねて来た
日本からの留学生百合子
その恋人ジョニー(ジュリアン)

若い国籍の違う恋人たちに
母の恋を語る形を取るからだけど
ここも少し紛らわしいでしょ?(笑)

細かい点はさておいて、
他国で夫を愛し生き抜いた女性
 
 クーデンホフ・ミツコ

その生涯をワイルドホーンさんの
美しいメロディに乗せて
舞台上で魅せてくれました。


カテコでは安蘭さんから
一言ご挨拶もあって
華やかな舞台でした。





関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

いらっしゃいませ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
81位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
俳優
7位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りBlog
Blog開設カウンター
ブログの更新率
月別アーカイブ