現在の閲覧者数: 『アンデルセン』バック・ステージツァー - hatti元気の素 観劇 ミュージカル

hatti元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。

Top Page › 劇団四季 › 『アンデルセン』バック・ステージツァー
2011-07-08 (Fri)  22:06

『アンデルセン』バック・ステージツァー

終演後 ロビーにて待機。
タイムスケジュールでは、
4時15分から5時25分予定と
書いてあって・・・・
自宅までかなりの時間がかかる
hattiとしては
遅くなっちゃう~と
ちょっと思ったのでしたが・・・
始まれば、もうお楽しみモードです(笑)

申し込み時に渡された参加証に
記載された席に着くとスリッパに
履き替え準備完了!(笑)

進行担当の方から
舞台監督さんとスタッフさん3名
照明さんなど・・・
アンデルセンの舞台についての
ナビ係りですね。

『アンデルセン』の舞台に関しての
特徴をあれこれ
実際の舞台転換のシーンを
袖幕を上げた状態で見せて
くれたけど・・・スタッフさんが
駆け回ってセットを移動してる!
女性の姿も多くてビックリです。

寸分たがわぬ段取りで時間との戦い、
手順が狂うと定位置に
収まらなくなるんだそうです。

幕が上がった状態なおかつ明るい
照明の中、ちょっと失敗は
ご愛嬌?(笑)

舞台上は一幕の学校や
市役所のあるセット。

あのオーデンセの町
ハンスが子どもたちによくお話を
聞かせていた町がそこにあって
町長さんや校長先生が
出入りする扉もあります。

建物のドアや足元通路に
質感のためか網目の
麻袋のような素材が張られていたり
階段が思いの他 急勾配で
手すりがないため、
怖い~~!と思った事
これは 李香蘭の時の
ステージ見学でも思ったけれど
やはり実際とは違う
そこを演技や照明などで
リアルの見せてくれているのが
凄いなぁと感心するばかり。

学校の教室が小さな空間で
不通に授業を受けてる子供たち
実はかなり窮屈そうだなと
思ったり・・・(笑)

人魚姫のシーンの背景幕の
上げ下げを人力・・・つまり
手動で行っていることを
実際に見せてくれます。

舞台袖の置かれている肉屋や
果物・魚屋の屋台セットを
間近で説明を聞きながら・・・
なかなか体験出来ない事ばかりでした。

班に分かれているため
まだ舞台に上がれない方々には
客席で質問コーナー

アンデルセンに使われている
照明の種類を切り替えて
見せてくれて、こちらも飽きさせません。

最後には抽選コーナーまでありました。
もちろん・・ハズレでしたが、(笑)

故意はないと思いますが 
7月7日 当選番号が7にまつわる
数が多かった気がします。(笑)

『アンデルセン』を愛して止まなかった
いわさきちひろさんの展示会が
今月末まで開催との事で
その招待券のプレゼント
若干名。当選された方良かったですね。

気がつけば 5時30分近い・・・
盛りだくさんの内容の
バックステージツァーでした。






関連記事

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可