現在の閲覧者数: 『キネマの天地』9・18 マチネ - hatti元気の素 観劇 ミュージカル

hatti元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。

TOP >  その他 演劇 >  『キネマの天地』9・18 マチネ

『キネマの天地』9・18 マチネ

紀伊国屋サザンシアター
13:30開演

こまつ座さんの舞台
入場口ではおなじみのはっぴ姿が
見られます。

『キネマの天地』

出演
立花かず子・・・・・・・・・・麻実れい
徳川駒子・・・・・・・・・・・・三田和代
滝沢菊江・・・・・・・・・・・・秋山菜津子
田中小春・・・・・・・・・・・・大和田美帆

尾上竹之助・・・・・・・・・・木場勝己
島田健二郎・・・・・・・・・・古河耕史
小倉虎吉郎・・・・・・・・・・浅野和之
      (敬称略)

舞台上の場所は
築地東京劇場裸舞台

若い女優が顔を出す
今 売り出し中の田中小春。

助監督の島田にわがままを言う(笑)

次に現れた女優は、滝沢菊江
先輩の登場に急にしおらしくなる小春

徳川駒子が登場すると
滝沢菊江も神妙になり
さらに大女優
立花かず子の登場には
徳川駒子も大人しくなる

表面では お姉さま~♪と
慕ってみせて一見 
仲がよさそうではあるが、(笑)
辛らつな皮肉 駄目出しと
容赦がない。

新作舞台の打ち合わせのため
呼び集められた4人だったが
現れた監督は、
別の舞台の再演話を持ち出す。

この作品の上演中に
彼の妻が舞台上で亡くなっているため
4人は戸惑いながらも・・・

この後、舞台は
彼の妻が亡くなったのは実は
他殺で犯人がこの中にいると
疑い 売れない舞台俳優に
刑事の役を演じさせ
犯人探しの様子に変わって来た。

実は・・とドンデン返し
さらにドンデン返しと
二重の罠を構えて井上さんが
仕掛けてくれます。

個性の強い女優陣

監督役の浅野さんの
惚けた演技
浅野さんの持ち味が
一幕を軽い雰囲気にしたような
気がします。
喜劇監督だしネ

助監督役の古河さん
融通のきかない若い助監督
小春にもいいように言われ放題ですが
後半に犯人探しに舞台が転じてからは
かなり毅然とした態度で
聞き込みで得た情報を披露して
行きます。

大和田美穂さん
小生意気な若手女優役
とにかく共演の女優さんの
濃さに、埋もれてしまう?と
思いきや・・・・
強かな女優の顔を見せてくれました。

秋山奈津子さん
やはりただ者ではない(笑)
殺陣が得意な舞台女優


三田和代さん
和物のお母さんシリーズで
当たった女優役
和装で白塗り濃い目です。
台詞の言い方も
かなりクサイ(笑)
大女優の雰囲気を漂わせ、
演技の見せ方が
まるで違うところが見せ所
ちょっと大衆演劇っぽいかも。

麻実れいさん
舞台中央で微笑むと
それだけで目立つ

さらに面白いのは
4人の女優が余りに個性豊かな
方々だと言う事


この4人の火花が見えて
木場さんの目立たない
売れない役者演技・・・
歌舞伎風 
リアリティ溢れる 
普通の芝居

その演技が最後まで
客席を掴んで離さない。

舞台上で交わされる台詞は
機関銃のよう(笑)

一言一言が
無駄弾がないのが素晴らしい。
言葉は悪いけれど
役者バカな竹之助
役者としての本音を突いた
台詞がちりばめられている。

しかし いろいろな意味で
  
     細かいね~~~(笑)

関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可