現在の閲覧者数: 『クンツェ&リーヴァイの世界・コンサート』3・5マチネ - hatti元気の素 観劇 ミュージカル

hatti元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。

TOP >  石川禅さん >  『クンツェ&リーヴァイの世界・コンサート』3・5マチネ

『クンツェ&リーヴァイの世界・コンサート』3・5マチネ

日比谷・・・通っています(笑)
エリザベートのオープニングの
ルイジと裁判官、
初演の音源だそうで
ルキーニはもちろん高島兄さん
裁判官の声は治田さんですって。

コーラスはエリザベート♪

誰も知らない真実 エリザベート♪
聞きなれたメロディから幕開けです。

モーツァルト の 奇跡の子♪

M・Aへ・・・失うものは何もない♪

そして レベッカ
夢に見るマンダレィ♪

一気にコレだけの曲
厚みのあるコーラス
一気に舞台の世界へ誘ってくれます。

この人 この曲です。
そんな紹介で祐様マキシム登場
登場順も覚えましたよ~(笑)

幸せの風景
穏やかな愛の世界を歌ってくれます。

リピートして
同じ歌 同じ構成 同じ司会 (笑)
同じ内容のMCですが・・・・
次から次と聞かせてくれる歌が
舞台の

 思い出を連れてくる♪

そんな感じ (笑)
        
じっくりと聞くと本当に舞台の
あのシーン このシーンが
蘇って来る。
ヴォルフガング&フェルセンを演じた
パトリックは・・・想像するのみ (爆)
歌もは迫力あるし 上手いっ!
どんなフェルセンだったんろう
どんなヴォルフだったんだろう。

もちろん 新妻コンスや
禅さんのヴォルフガング・パパ
一路さんのダンヴァース夫人
土居さんのナンネールなど
本役では演じた事のない歌もたくさん

ヴォルフ役だった育三郎くの
シカネーダーや
エリザのルドルフの歌も聞ける。

なんかお得感いっぱい(笑)
こう書いて見ると
特にモーツァルトからの曲に
本舞台で演じた事のないキャストさんが
チャレンジ・・の傾向が強かったのかな?

モーツァルト再演のお話は
まだ聞きませんが・・・・
次回公演 マジ抜擢キャストが
あったりして・・・(笑)

大ナンバーが多くて
聞いていて つい力が入ります。
一幕は短い印象がますます
強くなりました。

祐様マキシム
祐様トート
祐様コロレド大司教の大ナンバー
スーツ姿で歌う姿は珍しくて
マイク片手に持っているので
いつもの手の動きがあまり見られない(笑)
イリュージョン♪
あの暗くて悲しいMAの中で
歌われた曲だけど・・好きな曲


石川禅さん・フランク
誠実と信頼♪
シーン変わってルイ陛下に
もしも鍛冶屋なら♪
2曲だけだし~

だけど いいんです。
普段見られない派手な衣装が
観られるし・・
タキシード姿も観られます(笑)

M!パパの歌は
感情を乗せてだんだんと
濃くなってま~す (お約束?)
こころを鉄に閉じ込めて♪
鉄に!のとこ 力が入ってセリフ調

歌い上げ部分も思い切り・・
好きな歌声なので聞き惚れてます(笑)

モーツァルトの再演のお話は聞かないけれど
今回の舞台から本キャストが生まれたりしてネ(笑)

先日は お決まりのカテコで
あっさりと終わってしまったけど
本日は 終演アナウンスにも負けず
拍手は続く・・(笑)

もう一度幕が上がると
スタンディングも出ていました。

7日の千穐楽まであと僅か!
アッと言う間に過ぎて行きますね。
残るチケットは千穐楽公演
クリエ公演 記憶に刻み込むように
しっかりと見て来ようと思います。



関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可