現在の閲覧者数: 『エリザベート』5・6 マチネ - hatti元気の素 観劇 ミュージカル

hatti元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。

TOP >  石川禅さん >  『エリザベート』5・6 マチネ

『エリザベート』5・6 マチネ

待ち兼ねた My初日!
そして・・・・・・
噂のTトートではありませんでした
本日は、おっきいトート閣下の日で~
お楽しみは また次回ということで・・・(笑)

本日のキャスト



前回2005年公演 禅さん楽日のキャストと
ルドルフ役が変わっているだけです
2005年9月29日 ルドルフ役は井上君でしたね(懐)

でも 今回は日生バージョン(笑)
まず、箱が小さい分 近く感じます
ルキーニの登場位置が何場面か変わり・・・・
日生ならではの『エリザ』でしょうか

一路シシィ(エリザベート)
少しイメージが変わりましたか?
今にも切れそうな細い糸のようだったのが
前回だとすれれば・・・・
今回は、表面は作られた皇后を演じていて
内面で悩み・死について葛藤している感じを
受けたので、禅フランツとのすれ違いも
くっきり見えた気がしました

祐様トート
今日も素晴らしい歌声でございました~
~最後のダンス~ 演じながらも
リズムをとるので・・歌謡ショー状態(笑)
そこで聞き惚れ・・鳴り止まない拍手ですが、
祐様トートの手がすーっと動くと 
ぴたり鳴り止みますね 観客の皆様も流石です(笑)

浦井ルドルフ
少年ルドルフが少し大きくなっただけ?に見える
浦井ルド 若く見えるっつう事で・・・(笑)
今回 特にトートに繰られている様子が
そこかしこに見えて 孤独感・悲壮感を
感じさせ 国を憂いているプリンスでした
死に向かってゆくのも自然でしたね

寿ゾフィー
厳しさが前面に出ますが、国を守る故の
憎まれ役なのです・・
妻への罪滅ぼしだと 息子フランツに
もうあなたの意見を聞く事は無いと
言われてしまうのは辛い
心を残しながら病に倒れる所で・・・
来ましたね ジーンと・・・・第1弾です

高島兄ルキーニ
この役はハマり役 ますますその感を深くしました
変幻自在の口上 台詞まわし 表情の怪しさ(笑)
今回のパートイシュルでは 大きなトランクはシシィに
運ばせて自分はなんか変な なんと言うか
〔幼稚園のお遊戯会で使うような板の草&お花〕を
運んでました~(笑) 
前回の足を痛めた時の演出を取り入れたのか?


お待たせしました! ここで禅陛下登場です
語らない訳が無い!(爆)

麗しの禅陛下 やはり追いかけてしまいます

最初の亡霊陛下から・・・
あっこの席だと・・・ルキーニさん!真ん中に立つと
禅さんが見えないんだけど~~
などという場面もありまして・・・
ここは 結構踊る?(笑) いや 動きのある場面
禅さん 頑張っております

ちょっと一言 あの~ 前の席の方~(心の中で・・)
大きな方で 頭が舞台中央にかぶるよ (泣)
でも 負けないぞー

♪わが妻エリザベート~♪
おっ~この声だよ!やっぱ禅さんの声だー
感激の一瞬でございま~す

執務室の陛下
若フランツ陛下の真面目なお仕事ぶり
皇太后の助言に、悩みながらも判を押しています
相変わらず芸が細かい・・・陛下です
もう一人の母親への却下は、仕方無く
下した裁定で、辛そうです
この表情だったねー

お見合い陛下 そして結婚式の陛下 
ダンスの場面も
とーてもスムースに進みます(笑)
若々しい陛下 目元涼しい陛下に
見とれました(笑)
素晴らしいメイク術だと・(略)

最後通告
ドアの前の場面 日生版で少しドアの位置などが
変わってますが、切なさはそのまま
手紙を受け取って・・
子どもの教育云々から えっ という
表情で手紙に見入ります
一人にして・・と言われて・・・でも結構思い切り良く
立ち去ります 決して悄然としてではありません

以前 一瞬気落ちしたような表情から
思いなおした様に立ち去る事がありましたが
今回の方が 皇帝っぽいかな

浮気のあとで (笑)
家出したシシィに~帰っておいで~♪と歌う場面では
見事な老け演技 炸裂!メイクもくまを入れて
じい様陛下に変身です

泣きどころ 夜のボート
ここは いつも寂寥感に胸が痛くなります
心のすれ違い・・・・
 
  愛している~♪

報われなくても シシィを愛しつづけ
 守ろうとする禅陛下!
悪夢の場面に続きます

病死・事故死した一族の中に シシィを探し
そして 叫ぶ声が必死です
トートに屈して シシィがルキーニに殺される時
禅陛下は 落ちた照明の中で 静かに胸に手をあてます

同じ痛みを感じているのだと ここでも目が離せません
日生版『エリザベート』

満足の My初日 背筋を伸ばしてみ続けて・・・
  
    すこし 疲れました(笑)
Read More







そうそう! 書き忘れました
カテコの拍手が素晴らしく 出演の皆様も幾度となく手を振って
応えてくれました。中でも禅陛下の笑顔は、本当に嬉しそう!
祐様閣下とイチロエリザお二人のアンコール2回で幕となりましたが
まだまだ会場の拍手が鳴り止まず・・・・・
5分以上続いていましたが、幕は上がらず・・・・

 日生さんとの根競べに負けた(爆)
関連記事
Return
* by tiro
私も本日同公演の観劇でした!
さすがに、禅陛下のレポが素晴らしいですね♪
そうだった、そうだった~と読ませていただきました☆
最後のシーンで胸に手を当てるのは見逃したので、今度見てみますね。
しかし、カーテンコールは根負けしてしまいましたね(笑)

* by まいまい
実はまだ全然エリザモードではないのですが、皆さんのレポを読んでいるうちにだんだんエリザモードになってきました~
浦井ルドはまだ大人になりきってない感じのもろさがいいですよね。
今回は2回とも禅陛下の予定なので、またしっかりメイク(オイ)と演技を見たいと思います!
今年はBESTMUSICAL2で禅さんの歌声にちょっとやられ中なので去年とは違った見方が出来そうです。
楽しみ~

* by hatti
> tiro さま
同じ公演だったのですね ♪
あまりに禅さんよりなので、レポとしては
どうなのかな?
オペラも必需品ですし・・・(苦笑)
tiroさんのレポのように突っ込み満載に
書いて見たいで~す
最後のカテコは もう一押しだったかも
知れません 惜しい事した!(爆)


> まいまい さま
浦井ルドは、少年のイメージを残した
繊細な感じもあるし、素敵な皇太子ですよね
禅陛下のお歌は、CDとはまた違うし
想定年齢によって劇中でも違って
来るので、ちょっと注目して見てくださいね(笑)
爺さまメイクのままのカテコ 笑顔が癒し系な
ところもお勧めポイント!(笑)

* by mioka
私も、シシィが刺されたところで胸に手を当てる
陛下がすごく切なくて、
いつも暗がりの中、じーーーーっと見つめてます。
見ててすごく辛いんですけど、目が離せない!

今回の陛下はとってもナチュラルメイクで
凛々しくて素敵ですよねー。
私はもう謁見できないけど、またレポ読ませていただいて、
にやつきたいと思います(笑)

* by うーさま
さすがに禅陛下をよくご覧になられていますね~。
今回はお会いできませんが、
去年の記憶とレポで再生できそうです。
刺されたところで胸に手を当てるのですね。
痛みが伝わってくるようでいいですね…。

* by ヌヌ
本当に素敵なレポでしたぁ~!!
今回不参加なエリザですが楽しく読ませてもらいました♪
悪夢での禅さんの動きはさすがですね☆
そこで禅さんのみを注目した事がなかったので(失礼)
観たい!!っという衝動に駆り立てられました!!
また観劇しましたらぜひぜひレポ読ませてください☆

お疲れ様でした! * by くまのすけ
さすがhattiさん!
おいらはSDトートに引っ張られすぎました(f^^)
でも悪夢での陛下、シシィが刺された時に胸を押さえるところはしっかり観ましたよ!
シシィを本当に愛していたんだな~と思いますね、あのシーンは。

あ、TBありがとうございました!

* by hatti
> mioka さま
禅陛下の舞台が見られるのは とても
嬉しくて ついつい禅陛下を追ってしまいます

照明が落ちていたって 禅陛下しっかり
なりきってますからね(笑)
ファンモード ヒートアップ過ぎ (イタタ・・・)

> うーさま さま
昨日2回目の謁見?許可が下りて
いたので、また行ってしまいました~
シーンの雰囲気や相手によって お芝居が
変わるので、どうしても禅陛下に目が行きます
胸に静かに手を当てながら捌けて行くのが
見えると・・・感情移入 
そのせいで トート閣下とシシィのシーンが
いつもさっとしか見られません(爆)

> ヌヌ 様
思いっきり禅陛下モードの観劇になって
しまい すこしだけ 反省 
でも禅陛下から目が離せず次回もきっと
同じように 禅陛下ばかり追っかけの
自分が見えます
ピンポイント観劇も なかなか良いものですよ(笑)

> くまのすけ 様
シシィ一筋の禅陛下 愛情がもろ伝わってきますよね
メイクできりっとしていても、笑顔では禅ちゃんの
あのほんわか笑顔に戻る時あり・・・(笑)
こちらこそ TB有難うございました~♪

コメント






管理者にだけ表示を許可

私も本日同公演の観劇でした!
さすがに、禅陛下のレポが素晴らしいですね♪
そうだった、そうだった~と読ませていただきました☆
最後のシーンで胸に手を当てるのは見逃したので、今度見てみますね。
しかし、カーテンコールは根負けしてしまいましたね(笑)
2006-05-06 * tiro [ 編集 ]

実はまだ全然エリザモードではないのですが、皆さんのレポを読んでいるうちにだんだんエリザモードになってきました~
浦井ルドはまだ大人になりきってない感じのもろさがいいですよね。
今回は2回とも禅陛下の予定なので、またしっかりメイク(オイ)と演技を見たいと思います!
今年はBESTMUSICAL2で禅さんの歌声にちょっとやられ中なので去年とは違った見方が出来そうです。
楽しみ~
2006-05-07 * まいまい [ 編集 ]

> tiro さま
同じ公演だったのですね ♪
あまりに禅さんよりなので、レポとしては
どうなのかな?
オペラも必需品ですし・・・(苦笑)
tiroさんのレポのように突っ込み満載に
書いて見たいで~す
最後のカテコは もう一押しだったかも
知れません 惜しい事した!(爆)


> まいまい さま
浦井ルドは、少年のイメージを残した
繊細な感じもあるし、素敵な皇太子ですよね
禅陛下のお歌は、CDとはまた違うし
想定年齢によって劇中でも違って
来るので、ちょっと注目して見てくださいね(笑)
爺さまメイクのままのカテコ 笑顔が癒し系な
ところもお勧めポイント!(笑)
2006-05-07 * hatti [ 編集 ]

私も、シシィが刺されたところで胸に手を当てる
陛下がすごく切なくて、
いつも暗がりの中、じーーーーっと見つめてます。
見ててすごく辛いんですけど、目が離せない!

今回の陛下はとってもナチュラルメイクで
凛々しくて素敵ですよねー。
私はもう謁見できないけど、またレポ読ませていただいて、
にやつきたいと思います(笑)
2006-05-07 * mioka [ 編集 ]

さすがに禅陛下をよくご覧になられていますね~。
今回はお会いできませんが、
去年の記憶とレポで再生できそうです。
刺されたところで胸に手を当てるのですね。
痛みが伝わってくるようでいいですね…。
2006-05-07 * うーさま [ 編集 ]

本当に素敵なレポでしたぁ~!!
今回不参加なエリザですが楽しく読ませてもらいました♪
悪夢での禅さんの動きはさすがですね☆
そこで禅さんのみを注目した事がなかったので(失礼)
観たい!!っという衝動に駆り立てられました!!
また観劇しましたらぜひぜひレポ読ませてください☆
2006-05-07 * ヌヌ [ 編集 ]

お疲れ様でした!

さすがhattiさん!
おいらはSDトートに引っ張られすぎました(f^^)
でも悪夢での陛下、シシィが刺された時に胸を押さえるところはしっかり観ましたよ!
シシィを本当に愛していたんだな~と思いますね、あのシーンは。

あ、TBありがとうございました!
2006-05-07 * くまのすけ [ 編集 ]

> mioka さま
禅陛下の舞台が見られるのは とても
嬉しくて ついつい禅陛下を追ってしまいます

照明が落ちていたって 禅陛下しっかり
なりきってますからね(笑)
ファンモード ヒートアップ過ぎ (イタタ・・・)

> うーさま さま
昨日2回目の謁見?許可が下りて
いたので、また行ってしまいました~
シーンの雰囲気や相手によって お芝居が
変わるので、どうしても禅陛下に目が行きます
胸に静かに手を当てながら捌けて行くのが
見えると・・・感情移入 
そのせいで トート閣下とシシィのシーンが
いつもさっとしか見られません(爆)

> ヌヌ 様
思いっきり禅陛下モードの観劇になって
しまい すこしだけ 反省 
でも禅陛下から目が離せず次回もきっと
同じように 禅陛下ばかり追っかけの
自分が見えます
ピンポイント観劇も なかなか良いものですよ(笑)

> くまのすけ 様
シシィ一筋の禅陛下 愛情がもろ伝わってきますよね
メイクできりっとしていても、笑顔では禅ちゃんの
あのほんわか笑顔に戻る時あり・・・(笑)
こちらこそ TB有難うございました~♪
2006-05-09 * hatti [ 編集 ]