現在の閲覧者数: 『招かれざる客』11・11マチネ - hatti元気の素 観劇 ミュージカル

hatti元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。

TOP >  その他 演劇 >  『招かれざる客』11・11マチネ

『招かれざる客』11・11マチネ



ル・テアトル銀座
『招かれざる客』

出演 (パンフ掲載順)
ローラ・ウォリック・・・・・・・・・・・浅丘ルリ子 
マイケル・スタークウェッダー・・・古谷一行
ウォリック夫人・・・・・・・・・・・・・・安奈淳
ジュリアン・ファラー・・・・・・・・・・石井一孝 
トマス警部・・・・・・・・・・・・・・・・川﨑麻世 
キャドワラダー部長刑事・・・・・・不破万作

ヘンリー・エンジェル・・・・・・・・・斉藤暁
ジャン・ウォリック・・・・・・・・・・・・原田優一
リチャード・ウォリック・・・・・・・・・福永悠二
      (敬称略)

原作は アガサ・クリスティー
ミステリーの女王(笑)

とある屋敷内 
ここは、ウォーリック邸

車いすの男が 銃で撃たれ死んでいた。
男の傍らには 彼の妻ローラが
銃を持って立ち尽くす・・・・・

鍵のかかっていない庭先の窓から
その男は入って来た

 ~招かれざる客~

死んだ男に気づき 
ローラに気づき 唖然とする男に 
警察に知らせるように
電話を指し示すローラ




ここから 舞台が回り出す、

マイケルと名乗った男は いったい何者なのか?

浅丘・ローラ
セリフがちょっと弱めですが
澱む事もなく 頼りなげで
・・・庇いたくなるのが自然なイメージ

捜査に乗り出す トマス警部と
キャドワラダー部長刑事。

トマス警部
スーツをビシっと決めて
有能な捜査官
フカフカのソファ-に掛けるのに
片足をたか~~~く上げてから
組む! 
如何にもな・・仕草ですが 
かっちょいいッス(笑)

この二人のコンビ
やり取りが面白い(笑)
格好付けのトマス警部
従っているようで、なんとなく
お惚け風味のキャドワラダー刑事

ジュリアンは ローラと親しいが
秘めた関係 次々と浮かぶ新事実。
自分の身に危険が及ぶかも
知れないとわかると冷血漢に・・・。
何も知らないジャンに
都合の悪い事を話されてのアタフタぶりや
浅丘ローラをソファーに突き放すところに
おぉ~っと思った。(笑)

殺されたリチャードの介護士兼召使
ヘンリーも一癖ありそう~
つぅ~~か ご期待通り
演ってくれましたけど(笑)

ジャン・ウォリックは
知的障害のある少年。
かなりテンション高くて・・
かなり少年っぽい
演じたのは原田君で
ミス・サイゴンのクリスを見た後だしネ
何歳の設定で演じてたんだろ?
難しいところですね。

安奈・老婦人
杖を使っての老婦人役で
ローラの義母。(汗)

 そうなんですか~?

年齢の感覚がおかしくなってる。
ローラが、お嫁さんかぁ。


そうそう・・そうでした。
主役ありきですね(爆)

古谷さん 貫禄のお芝居
不破さん 斉藤さん 
流石の立ち位置です。
わざとらしい笑いを意識した
シーンも嫌味にならない。

対する川崎さんや石井さん
絡む方々のキャラが浮き上がる

ドレスを替え 衣装面でも
楽しませてくれる
事件に翻弄される美人妻でした。

しかし 浅丘ローラは細い!
安奈さんも細いけど、より以上に細い。

どこから あのパワーが生まれて来るのでしょう。

カテコ 可愛いバイバイしてました~。




関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可