現在の閲覧者数: 『TOPDOG/UNDERDOG』12・11マチネ - hatti元気の素 観劇 ミュージカル

hatti元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。

TOP >  その他 演劇 >  『TOPDOG/UNDERDOG』12・11マチネ

『TOPDOG/UNDERDOG』12・11マチネ


会場 シアタートラム
出演 

ブース・・・・・堤真一 
リンカーン・・・千葉哲也
      (敬称略)

親に棄てられて 
兄弟二人で生きてきた
リンカーンとブース

大統領とその暗殺者の
名前を貰った兄弟

貧しいアパートで二人暮らす。
詐欺まがいの方法で
生活の糧を得ていた兄は、
今は、顔を白く塗り 
リンカーンの扮装をして
暗殺されるというショーに
出ていた

弟は、夢ばかり見ていて 
職にも就かず・・・・
万引きなどを繰り返していた。
詐欺まがいの金儲けが悪い事だと言う
認識もない。

兄 千葉哲也
弟を 堤真一が演じる
二人芝居は濃密な空間を作り出す。


舞台下にはむき出しの柱が見える
煉瓦の壁 入口から階段を降りた
狭い空間には
ベッドとリクライニング椅子が見える。
粗末なコンテナの上に板を乗せると
テーブルとなる。


物語は すべてこの部屋で完結した。

人種差別やら 
アメリカ社会における兄弟の生き様が
理解しにくい面もあるけれど
すべてセリフが語る。
編訳によって 弟のセリフに
スラングが多かったのは 
ずいぶんと変更されているらしい。

二人の心の葛藤 
幼いころの思い出
トラウマなどが、何気ない会話から
こちらに伝わって来る。

ラストは衝撃的だった。

リンカーンとブース
二人の魅せてくれた世界に
引き込まれました。

演出は小川絵里子さん

アーティストカンパニー響人の
公演でも演出作品にお目にかかっている。

人間の内面を丁寧に描き出し
ジワリと魅せてくれる気がする
気になる演出家さんだ。

公演会場で配布された
『今ひとたびの修羅』の本チラシが
嬉しい

三谷幸喜さん演出の
『ドレッサー』も気になる。

またまた チェックリスト入りの
公演が見つかった(笑)



関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可