現在の閲覧者数: 『組曲虐殺』12・26マチネ - hatti元気の素 観劇 ミュージカル

hatti元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。

TOP >  その他 演劇 >  『組曲虐殺』12・26マチネ

『組曲虐殺』12・26マチネ


ちょっとアクセス面倒な銀河劇場ですが・・・(笑)
『組曲虐殺』観て来ました。


出演
小林多喜二・・・・・・・・井上芳雄
瀧子・・・・・・・・・・・石原さとみ
特高刑事 古橋・・・・・・山本龍二
特高刑事 山本・・・・・・山崎 一
ふじ子・・・・・・・・・・神野三鈴
姉チマ・・・・・・・・・・高畑淳子
     
ピアノ・・・・・・・・・・小曽根真
        (敬称略)
初演とおなじメンバーで戻ってきた
『組曲虐殺』
怖いタイトル 悲惨な内容で
悲しい結末ですが・・

彼・・小林多喜二の生き様が描かれる

絶望するにはいい人が多すぎる
希望を持つには悪い人が多すぎる

そんなことを言ってた多喜二は
至極真面目で優秀な男

言論の自由が抑圧される世に反発
ひたすら すべての人が
搾取されずにパンを手にすることを願う。

拷問の果ての死

特高刑事 二人
山本&山崎 
姉のチマ ベテランの味

可愛くて懸命な瀧子
ふじ子のように多喜二の
力になれないと悔しがる。
多喜二を支え続けた ふじ子

神野さんも上手いっ!


激しい そして静かなピアノの音に
おどけたような歌 
井上・多喜二は
歌いシーンがあまりないけれど
それでもジーンと染みてくる歌がある。

皆で歌うシーンもあり
刑事二人で歌うシーンもある

音楽劇・・そしてコントのように
可笑し味をちりばめ 笑わせる。
やはり井上ひさしさんの本!ですね。

その上での多喜二の生き様
初演観て DVD持ってるのに
わかっているのに

   ・・・泣いてしまいました。

関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可