現在の閲覧者数: ロックオペラ『モーツァルト』12・15ソワレ - hatti元気の素 観劇 ミュージカル

hatti元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。

TOP >  その他 演劇 >  ロックオペラ『モーツァルト』12・15ソワレ

ロックオペラ『モーツァルト』12・15ソワレ


『ライオン・キング』サバンナの地から
今度は時代を遡り・・・渋谷はヒカリエ 
『ロック・オペラ モ-ツァルト』
しかもトーク・ショー付でした。
2/15[金]18:30公演終了後の 
トークショー出演者
山本耕史、中川晃教、鶴見辰吾、キムラ緑子
         (敬称略)


この公演は
主役の ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
    アントニオ・サリエリの二役を
山本・中川のお二人が交互に演じる事が
興味を引いた作品ですが
日程の都合で どうしても本日しか
予定が入れられず・・・(泣)
チケットを入手したのが、
山本ヴォルフと中川サリエリの日。


出演
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
アントニオ・サリエリ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・山本耕史・中川晃教
コンスタンツェ・ウェーバー・・・・・・秋元才加
宿屋の主人/運命・・・・・・・・・・・・鶴見辰吾
セシリア・ウエーバー・・・・・・・・・キムラ緑子
レオポルド・モ^ツァルト・・・・・・・・ 高橋ジョージ

ナンネール・・・・・・・・・・・・・・・・菊地美香 
アロイジア・・・・・・・・・・・・・・・・AKANE LIV
フリードリン・ウエ-バー/
ヨーゼフ2世・・・・・・・・・・・・・・・・酒井敏也 
コロレド大司教/後見人・・・・・・・・コング桑田 
ローゼンベルク伯爵・・・・・・・・・・湯澤幸一郎 
アンナ・マリア・モーツァルト・・・・・北村岳子 
歌姫カヴァリエリ・・・・・・・・・・・・・北原瑠美 
ダ・ポンテ・・・・・・・・・・・・・・・・・・上山竜司 
ヨーゼファー・ウエーバー・・・・・栗山絵美 
ゾフィー・ウエーバー・・・・・・・・・平田小百合

苦悩(ダンサー)・・・・・・・・・・・・・ 高橋竜太 
苦悩(ダンサー)・・・・・・・・・・・・・・大野幸人


青山航士 田川景一 千田真司 
永野拓也 橋田 康 東山竜彦 
松之木天辺 

明日香 香月彩里 清家とも子 
塚越志保 丹羽麻由美 平井琴望 
松島 蘭 松林篤美 (敬称略)


『ロック・オペラ』だ~(笑)
曲が・・・難しい~
でも 秋元コンスタンツェが歌う
『キラキラ星』とかもあります

モーツァルトはほぼ歌い通し。

山本モーツァルト
かなり高音まで声出てます。
ちょっと癖のある声だけど好き。
中川サリエリは一幕は舞台進行を
つとめます。(爆)
中川サリエリの日だったので
もっと歌ってくれないの?なんて
思ったのですが 2幕で
大ナンバーがありました。

北原・歌姫も 
AKANE・アロイジアも
見事な歌声です。

鶴見さん宿屋の主人役で
セリフが一言だけ?
その後の運命役 
顔もわからなくなるようなメイクで
誰?状態、
ひたすら無言で立つ!
存在感あったけど…
なんか勿体ないよ~。

キムラ・セシリア
つい 東宝版の『M!』を
重ねてしまうのですが
阿知波・ウェーバーと
似た雰囲気を感じます。
線は細いけど・・したたかさは
しっかり持ってる。(笑)

秋元コンスタンツェ
ミュージカル歌唱とは少し
歌い方が違う感じですが・・
この舞台なら OK。
こちらのコンスタンツェは
夜踊り歩いたり 浪費もしない
愛情深い妻なのか?
その割には 表情がキツくて
怖い時がある。
笑顔になると可愛いのに~。

菊地ナンネール
このメンバーの中では
ちょっと印象が薄い
小柄なので モーツァルトの
姉というより妹みたい。

湯澤ローゼンベルク伯爵
白塗りメイクで悪巧み
達者な悪役振りでした。

北村アンナ・マリア
モーツァルトの母
病で亡くなってしまうのは
東宝版と同じですが
それまでの息子との関係は
こちらの舞台の方が密接に
描かれます。

苦悩
モーツァルトの苦悩
歌うモーツァルトの周りに
絡みつくようなダンスを
魅せてくれます。

高橋・レオポルド
ちょっとイメージが違う感じ。
これは市村さんのレオポルドを
観すぎのせいかも。(笑)
あの市村さんのレオプルトのイメージが
どうしても抜けないっ!

始めはアロイジアにプロポーズ
見つめるコンスタンツェ
激しい対立シーンでは
美しい蝶のドレス姿、
アロイジアはブルー
コンスタンツェはピンク
華やかに舞台を彩ります。

コロレド大司教の手で
成功の賛辞も職も奪われる・・
モーツァルトの生き方
病で倒れたモーツアルトを
サリエリが訪ねる
そんなシーンは
もちろんこちらだけなのですが
部分部分は東宝版と同じなので
ちょっとだけ混乱します。
クラシック音楽に
モーツアルトの曲に
ロックを融合させた舞台
ヴォルフガングはガッツリ
歌うけどサリエリ役 
1幕では舞台・物語の説明的枠割

もっと中川サリエリの歌が欲しい!

まぁ これって
 ・・・・・・・・単なる我儘だけどネ~(笑)

別のヴァージョンを見ろって
事でしょうけど
もうすぐ千穐楽なのでそれは厳しい。

別ヴァージョンも観たかったな。
関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可