現在の閲覧者数: 『長い墓標の列』3・11マチネ - hatti元気の素 観劇 ミュージカル

hatti元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。

TOP >  その他 演劇 >  『長い墓標の列』3・11マチネ

『長い墓標の列』3・11マチネ


新国立劇場 小ホール
このタイトルをみて全く想像の
つかなかった舞台

なのに 予習も下調べもせず(汗)

出演
山名庄策・・・・・・・・村田雄浩
 (大学教授)
山名久子・・・・・・・・那須佐代子
 (教授の妻)
矢野哲次郎・・・・・・石田圭祐
 (経済学部教授)
村上重吾・・・・・・・・小田豊
 (経済学部長)
城崎啓・・・・・・・・・・古河耕史
 (助教授 弟子)
千葉順・・・・・・・・・・北川響
 (新聞記者)
花里文雄・・・・・・・・遠山悠介
 (助手 弟子)
山名弘子・・・・・・・・熊坂理恵子
 (教授の娘)
飯村圭吉・・・・・・・・西原康彰
山名靖/警官/
写真班・・・・・・・・・・・安藤大悟
 (山名の息子 他)
小西兼夫/写真班・・今井聡
学生/警官/
新聞記者・・・・・・・・・扇田森也
新聞記者・・・・・・・・チョウ・ヨンホ
学生/近所の男・・・・大里秀一郎
林祐之・・・・・・・・・・梶原航
学生/写真班・・・・・・片桐レイメイ
学生/警官/
新聞記者・・・・・・・・川口高志
新聞記者・・・・・・・・・林田航平 
        (敬称略)


大学の山名教授の研究室
舞台セットに天を突くような本棚(笑)
上のほうは脚立使っても届かない高さです。

そのセットの前に置かれた
電話台や長テーブルなどが 
暗転の後 
卓袱台や 机と椅子に置き変えられて
山名教授の自宅に変わります。

戦時下の思想弾圧が強まる中
自らの思想を貫こうとする
大学教授と
教授を尊敬しながら
信念を変えて裏切り
教授の元から離れて行く弟子

若い助手 学生たち
とうとうと述べられる思想論
聞きなれない言葉の羅列に
お疲れモード突入(爆)

でも・・・・それでも
教授会での決定を
自らの正論で勝ち取る教授
心酔する学生たち

理想主義的自由主義的社会主義
大学の自治
ファシズムを批判

世の流れがだんだん変わって来ると
身の安全も脅かされる
学生小西は 教授に刃を向ける

弟子の裏切り・・・

村田さん演じる山名教授
その弟子の助教授 
古川さん演じる城崎の
論戦が火花を散らすようだ。

緊張の糸が切れそうになったけれど
誰がどんな思いで生きて行ったのか
あるものは戦士し
あるものは出世し・・・

実際に起きた事件から書かれた
戯曲 上演時間 3時間10分。休憩あり

題材的にとっつき難いテーマだけれど
激動の時代の生き様に
考えさせられる作品でした。





関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可