現在の閲覧者数: 『ヴィーナス・イン・ファー』6・13ソワレ - hatti元気の素 観劇 ミュージカル

hatti元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。

TOP >  その他 演劇 >  『ヴィーナス・イン・ファー』6・13ソワレ

『ヴィーナス・イン・ファー』6・13ソワレ


シアターコクーン
19:00開演 
休憩なしの一時間45分
二人芝居・・・・
稲垣吾郎×中越典子
   (敬称略)


パンフがモノクロっぽい仕上がりの
写真集みたい(笑)
ただし表紙はド・ピンク黒文字の
 1800円なり~

とあるスタジオらしき一室
雷鳴が鳴り響く。
濡れたコート
折れた傘を持って
飛び込んで来る彼女は女優。

暗転後 いきなりの大音量の
雷鳴に客席もちょっとビックリでした。

トーマスの演出による芝居
『ヴィーナス・イン・ファー』の
主役を探しての
オーディションは終わり
携帯で友人に連絡をし
帰ろうとしたトーマス(稲垣)の前に
現れた彼女は大幅な遅刻
遅れた理由をまくし立てるのだった。

パイプ椅子 机 長椅子
コーヒーメーカー
ジュースの紙パックが
ゴミ箱に捨てられている。

結局 彼女の言葉に乗せられ
オーディションを行いう事になり
トーマスが相手役を務める羽目になる。

徐々に彼女の芝居に惹きこまれて
ゆくトーマス。

彼女は はたして彼の求める
ヴィーナスなのか?

いったいどうなるのか?そんな興味が
途切れることなく舞台に目を向けさせる。

女王様と僕(しもべ)
奴隷であることを認める契約に
サインをするトーマス。

現実と芝居の世界を
行ったり来たり どちらの世界にいるのか
ヴァンダのセリフ一つで芝居の世界
そして現の世界へと。

イニシアチブを取るのはヴァンダ。
見事に 現実のヴァンダと
芝居の中のヴァンダを魅せてくれました。

後方席だったのでオペラグラスが手放せず
かなりの頻度で使ってしまいました。

お芝居は人数じゃない(笑)

静まり返った会場に
終わった途端に大きな拍手が
沸き起こりました。

関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可