現在の閲覧者数: フランケンシュタイン』11・18ソワレ - hatti元気の素 観劇 ミュージカル

hatti元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。

TOP >  その他 演劇 >  フランケンシュタイン』11・18ソワレ

フランケンシュタイン』11・18ソワレ



@グローブ座
あちこちのプレイガイドの先行抽選に
チャレンジしては玉砕 何度目かのトライ
やっとのことでチケットを確保できたのがA席・・・
グローブ座 はじめての3F席でした。
BLOG4135.jpg

A列だったけれど やはり手すりが高い。
ただし交際フォーラムとは違い
こちらにはかなり厚いクッションが
最初から用意されていました。

センター寄りと思ったら お隣は
照明さん。(笑)
時折 光を切り替える音がしたり
お隣を明るく感じたり
ちょっと珍しい体験でした。
休憩なし 予定135分の上演時間


出演者

ビクター・フランケンシュタイン/
クリーチャー・・・・・・・・・・・東山紀之
ビクター・フランケンシュタイン/
クリーチャー・・・・・・・・・・・坂本昌行
         『日替わり公演』

エリザベス・ほか・・・・・・・・・陽月 華

アガサ/クラリス・・・・・・・・・安藤 聖

クラウス/ラヴほか・・・・・・・・瀧川英次

フィリックスほか・・・・・・・・・粕谷吉洋

女性のクリーチャー・・・・・・・・木下菜津子

ウイリアム・フランケンシュタイン・・北川裕子

グスタフ/ユーアン・・・・・・・・・井之上隆志

ムッシュ・フランケンシュタイン・・・石田圭祐

ド・レイシー・・・・・・・・・・・・江守 徹
        (敬称略)


東山クリーチャー×
坂本ビクター・フランケンシュタイン

舞台には 盆が設けられて
天井からはミラーボールのような銀色に光る球体…

鳴り響く雷鳴!
照明があたると最初は見えなかった物体の中に
蠢く人の姿が浮かび上がってくる。

与えられた命・・・・・
劇的な幕開け

つなぎ合わされた傷口で
覆われた顔・体
出会った人からは侮蔑と恐怖がかえってくる。

目の見えない老人と出会い
彼は見えない故に彼を受け入れる
この触れ合いによってもたらされた
束の間の平穏に 老人から
貪欲に言葉・知識を吸収してゆく
クリーチャー
時には 異形の者であることを
忘れてしまうほど。
けれど造られた生命には
何かが欠落している


東山さん演じるクリーチャーは
動きが自在だ。
生まれ 倒れ 歩き始める。
言葉を覚え 人になってゆく。
受け入れらない哀しみ
慄き 怒り みな感じられる。

坂本さん演じる
ビクター・フランケンシュタイン
命を作り出すことが出来たという
驕りと 計り知れない彼の力に
対する恐れと・・家族に理解されない
苛立ち。

彼を教え導く 江守さん演じる
ド・メイシーや
美しいエリザベス陽月さん
墓堀りに協力する村人
井之上さんなど
回りも達者な人で固めていると思う

彼とかかわりを持つと悲劇を呼ぶ。
ド・レイシーも ウイリアムも
エリザベスも死の世界へと
誘われてしまう。

ラストの旅に
何を見ればいいのだろう。

日替わりで役が変わる
二人の対立する役

もう一度見たくなる舞台ですね。


関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可