現在の閲覧者数: 花組芝居『怪誕身毒丸』12・4ソワレ - hatti元気の素 観劇 ミュージカル

hatti元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。

TOP >  その他 演劇 >  花組芝居『怪誕身毒丸』12・4ソワレ

花組芝居『怪誕身毒丸』12・4ソワレ


花組芝居 初日でございます。
阿形のチームでございます。
 
        @下北沢駅前劇場

この作品 上演時間は約2時間
7:00開演の今日
帰りは 9時05分発の新宿行きに
乗れたよ~♪(笑)


阿【阿形】            吽【吽形】

谷山知宏・・・・・ 母親カーリー・・・・・加納幸和
小林大介・・・・・・継子シッダルタ・・・ 丸川敬之
大井靖彦・・・・・・実子インドラ・・・・ 秋葉陽司
堀越涼 ・・・・・・嫁女ヤマ・・・・・・・美斉津恵友
北沢洋・・・・・・・爺ブラフマー・・・・ 磯村智彦
横道毅 ・・・・・・婆サラスヴァティー・・松原綾央
磯村智彦・・・・・・司法神ヴァルナ・・・ 北沢洋
【両組共通】    ナーガ・・・・・・・・桂憲一

神々  秋葉陽司 松原綾央
    美斉津恵友 丸川敬之 
          (敬称略)

入場時に プログラムと思ったのでが
ふと目に付いたのは
『怪誕身毒丸』の販売用台本です。
すぐそばに加納座長がいらして
ちょっとだけ順番待ち・・・・(笑)
ニコヤカに サインを入れてくださいました。

今回ご用意頂いたお席
サイドではありましたが最前席。
キャパの多くない劇場のため
手を伸ばせば役者さんに触れる(笑)

そんな距離でした。

そして開演
土色っぽい袴をつけた
黒の揃い装束

役が母親であっても
嫁女であっても
神々であっても同じ衣装で
演じ通します。

唯一 ナーガだけワン・シーンだけ
銀糸の衣装になりますが、


銀の蓮花の舞台の中
香の焚く中で
汗を滴らせながらの熱演

これは 花組芝居ならではの舞台だなと
思いながら魅せて頂きました♪


関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可