現在の閲覧者数: 『モンテ・クリスト伯』1・12名古屋千穐楽 - 石川禅さん
fc2ブログ
プロフィール

hatti (はっち)

Author:hatti (はっち)
石川禅さん応援中!
劇団四季・東宝ミュージカル・・・時には宝塚
観劇大好きなhattiです 

記事に関係のないコメントは
削除させていただく場合が
御座います。ご了承ください。

石川禅さんのお仕事
石川禅さん
これからの予定

舞台******
ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年3月7日~29日
日生劇場
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月4日~14日
skyシアターMBS
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月19日~21日
愛知芸術劇場大ホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月26日~28日
久留米シティプラザ 
ザ・グランドホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月3日~4日(土)
熊本城ホール メインホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月11日~12日
高崎芸術劇場 大劇場
ニック役他

石丸幹二 
オーケストラコンサート2024
石丸幹二
東京フィルハーモニー交響楽団
2024年6月21日(金)
会場:東京芸術劇場 コンサートホール
ゲスト出演

舞台
ヒストリーボーイズ』
2024年7月20日(土)~28日(日)
あうるすぽっと
へクター役

********
Netflix
「モンキー・キング」
声の出演
“竜王"役 吹替=石川禅
2023年 8月19日より配信開始

Netflix
『氷がすべてを隔てても』
声の出演
アイナー役=石川禅 (3/2より配信開始)

Netflix
『サンドマン』
声の出演
第6話 吹替=石川禅

コンサート*******
★『石川禅 6th ソロ・コンサート』
2021年3月20日~21日
よみうり大手町ホール
※公演延期 ※

石川禅さんのプロフィール
FCについては
サイドバーのリンクから
ホリプロブッキング
エージェンシーへどうぞ
禅さんの舞台
石川禅さん次回は % 『COME FROM AWAY』
禅さん 出演公演
Blogランキング参加中です
見たよ 読んだよ ポチっとな!
よろしく お願いします。
4月の観劇予定

■『町田くんの世界』
■『銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件』
■『カラカラ天気と5人の紳士』
■『Le Mele~母~』
■こまつ座『夢の泪』
■『王様と私』
■『COME FROM AWAY』
大阪・名古屋
■『VIOLET』
■『デカローグ A/B』
■『アラジン』
■宝塚花組『アルカンシェル』
■『ハネムーン・イン・ベガス』
■『クロスロード』
■『Le Fils~息子~』
■『オペラ座の怪人』KAAT
■地球ゴージャス
『儚き日光のラプソディ』
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

『モンテ・クリスト伯』1・12名古屋千穐楽


当たり前だけど・・
大阪よりも 近い!(笑)

栄下りて・・・と毎度の中日劇場コースではなく(笑)
オアシス21複合施設の方に下り立ち


本日は『モンテ・クリスト伯』
名古屋公演千穐楽

箱が変わると 舞台も変わる
日生劇場で積み重ね
大阪を経て・・芝居的に出来上がって
来たと思える舞台でした。

これは大阪でも思った事ですが
初日の歌うだけ?(爆)の
細切れ感だけが伝わって来た
あの日から変貌を遂げてきたと
思います。

お目当て 禅さんの
ヴィルフォール検事を
オペラで表情を観たり

台詞の微妙な間の違いや
テンポの変化が面白く

村井ファリアの変化も大きかった。

岡本モンデゴも
欲望の奴隷だけじゃない
魅力あるヒール

最後の エドモンとの対決
非業の最期で
メルセデスにも 悲しい過ちと
流され立つ瀬がない

魅力があるから
悪役だと切って捨てれない。

坂本・ダングラールも
金の盲者ですが 愛嬌がある

岸・ジャコボも 信頼すべき
エドモンを支える友人。

なりたいのは友達だ!
それに対する応えには
初日の頃はなかったエドモンの仕種 
ジャコボの方に触れるようになり
はっきりとポンと叩くようにかわり
今日はけっこう ガシっと
強めに肩に手を置いた感じで
ジャコボへの返事をしてると
見えました。


メルセデスは可憐な佇まいに
強い意志を秘める。

エドモンはひたすら・・・爽やか、
復讐のドス黒さはどこかに消えてます。(笑)
あの出ずっぱりの舞台
熱唱に次ぐ熱唱でした。

メルセデスとの愛を取り戻したと
新しい旅立ちの二人の後姿で
幕は下りますが

二人の行く末に見えるのは夜空 
明るい船出ではないのが・・・。

原作では 確かメルセデスには
なにがしかのお金を残し
この作品には出てこない人物
もう一人のエドモンを愛するエデと
船出して行くのです。

船出は希望を感じさせますが
こちらは・・・幸せな未来はちょっと疑問を
感じさせる幕切れ。

ちょっと深読みし過ぎかな?(笑)

そんなこんなで 
禅さん追っかけで
大阪・名古屋と遠征までしちゃった
『モンテ・クリスト伯』
悔いはありません。(笑)


会場では 禅友さんにもお会い出来て
終演後ご一緒に楽しいひと時
皆さま 有難うございました。

でもでも
さすがにキャナル・シティ劇場には
は都合がつかず行けませ~ん。
追っかけ隊も
長距離にはスタミナ不足で息切れ起こしてます。(爆)

遠征される皆さま
レポお待ちしてますね~♪


関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

いらっしゃいませ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
俳優
4位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りBlog
Blog開設カウンター
ブログの更新率
月別アーカイブ