現在の閲覧者数: 『署名人』4・5ソワレ - その他 演劇
fc2ブログ
プロフィール

hatti (はっち)

Author:hatti (はっち)
石川禅さん応援中!
劇団四季・東宝ミュージカル・・・時には宝塚
観劇大好きなhattiです 

記事に関係のないコメントは
削除させていただく場合が
御座います。ご了承ください。

石川禅さんのお仕事
石川禅さん
これからの予定

舞台******
ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年3月7日~29日
日生劇場
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月4日~14日
skyシアターMBS
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月19日~21日
愛知芸術劇場大ホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月26日~28日
久留米シティプラザ 
ザ・グランドホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月3日~4日(土)
熊本城ホール メインホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月11日~12日
高崎芸術劇場 大劇場
ニック役他

石丸幹二 
オーケストラコンサート2024
石丸幹二
東京フィルハーモニー交響楽団
2024年6月21日(金)
会場:東京芸術劇場 コンサートホール
ゲスト出演

舞台
ヒストリーボーイズ』
2024年7月20日(土)~28日(日)
あうるすぽっと
へクター役

********
Netflix
「モンキー・キング」
声の出演
“竜王"役 吹替=石川禅
2023年 8月19日より配信開始

Netflix
『氷がすべてを隔てても』
声の出演
アイナー役=石川禅 (3/2より配信開始)

Netflix
『サンドマン』
声の出演
第6話 吹替=石川禅

コンサート*******
★『石川禅 6th ソロ・コンサート』
2021年3月20日~21日
よみうり大手町ホール
※公演延期 ※

石川禅さんのプロフィール
FCについては
サイドバーのリンクから
ホリプロブッキング
エージェンシーへどうぞ
禅さんの舞台
石川禅さん次回は % 『COME FROM AWAY』
禅さん 出演公演
Blogランキング参加中です
見たよ 読んだよ ポチっとな!
よろしく お願いします。
4月の観劇予定

■『町田くんの世界』
■『銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件』
■『カラカラ天気と5人の紳士』
■『Le Mele~母~』
■こまつ座『夢の泪』
■『王様と私』
■『COME FROM AWAY』
大阪・名古屋
■『VIOLET』
■『デカローグ A/B』
■『アラジン』
■宝塚花組『アルカンシェル』
■『ハネムーン・イン・ベガス』
■『クロスロード』
■『Le Fils~息子~』
■『オペラ座の怪人』KAAT
■地球ゴージャス
『儚き日光のラプソディ』
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

『署名人』4・5ソワレ

@APOCシアター
15:00公演で 『楽屋』が
演じられた会場。
基本セットは変わらず・・・
客席が取り囲むような位置に
ちょっと高めになった舞台

鉄骨で取り囲む
楽屋のように見えた部屋が
獄舎の部屋に姿を変えています。


一人の男が走り出す
なぜかタップで表現 (笑)
でも緊迫感ある!
男は囚われて

舞台は獄房の一室に変わる
囚われているのは 逃げていた
男ではなく・・・・・・。

憂国の志 二人と
政府批判の記事を発表して
咎められた時は投獄されるのを
承知で多額の金で名前を貸す
『署名人』 の三人、

憂国の志 二人との
会話も噛みあわず
日和見主義の署名人に
イラつく男
対立する 2対1

3人の会話から浮き立つのは
揺らぎ 行きつ戻りつ
変化する其々の心の動き、

木に登り 降りられなくなった猫
猫を助けるためには どうするべきか
そんなエピソードからも
腹の探り合いは続いている。



出演
松田某(憂国の志)・・・・吉原光夫
赤井某(憂国の志)・・・・香川大輔
井崎某(署名人)・・・・・・那我性哲
獄吏・・・・・・・・・・・・・ 藤井健太郎
獄吏・・・・・・・・・・・・・・ 羽吹諒
これに見事なタップを踏みながら
逃げる男? に 西川大貴
       (敬称略)
 

清水邦夫さん処女作『署名人』
明治17年頃、国事犯官房の一室。
立憲運動に身を捧げた憂国の士二人と
「署名人」という奇妙な職業をもった
下賤な男の3人 という設定

今回の舞台から それを読み取る事は
難しい気がします。
官憲の強さも無い

使われるセリフは原作に忠実。

なので 貴公は・・
貴様は・・という言葉に馴染みが
無くなっている現代に
時代設定を見せないままなので
不思議な感覚を味わいました。

最初にみせられたタップの影響か
舞台が明治の日本だと言う事が
抜け落ちてしまい
結果 そこで語られる言葉が
なぜか響いて来ない。

篭った声音で語るせいもあって
立憲運動にかかわる二人が
署名人を殺そうとする意識の変化が
判り難い。

殺されそうだと感じ
言葉を尽くす署名人
流れはわかったような気がする。
でも芝居の感動までは届かなかった。

これは 感情移入し難い
テーマの所為もあるだろうと
今更ながら 思い返してみる。

ちょっと不思議な
舞台空間だったなぁ~



関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

いらっしゃいませ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
俳優
7位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りBlog
Blog開設カウンター
ブログの更新率
月別アーカイブ