現在の閲覧者数: 『マニラ瑞穂記』4・17ソワレ - hatti元気の素 観劇 ミュージカル

hatti元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。

TOP >  その他 演劇 >  『マニラ瑞穂記』4・17ソワレ

『マニラ瑞穂記』4・17ソワレ

  @新国立劇場 小劇場

スペインからの独立運動に揺れる
フィリピン、
マニラの日本領事館が舞台

『ビューティフル・ゲーム』と同じく
会場センターにステージが作られて
客席がそれを取り囲む。
天井からは日章旗が下がる。

奈落にあたる部分に向かって
一か所だけ暗い通路が口をあける。
劇場サイドの客席通路も
出入りに使われている。

ここはマニラ 日本領事館の一室
そんな設定で舞台が始まります。

出演者

秋岡伝次郎・・・・・・・千葉哲也
高崎碌郎・・・・・・・・・山西惇

古賀中尉・・・・・・・・・古河耕史
岸本繁・・・・・・・・・・・今泉 薫
平戸健三・・・・・・・・今井 聡
梶川弥一・・・・・・・・長本批呂士
もん・・・・・・・・・・・・・日沼さくら
はま・・・・・・・・・・・・・斉藤まりえ
いち・・・・・・・・・・・・・藤井咲有里
タキ・・・・・・・・・・・・髙島レイ
くに・・・・・・・・・・・・仙崎貴子
シズ・・・・・・・・・・・・稲川実代子
さく・・・・・・・・・・・・・木原梨里子
淡路書記官・・・・・・宇井晴雄
斎藤多賀次郎・・・・梶原 航
ウィルソン大尉・・・・前田一世
長七・・・・・・・・・・・・原 一登
清平・・・・・・・・・・・形桐レイメイ
ボーイ伊藤・・・・・・・大里秀一郎
米兵ジミー・・・・・・・林田航平  (敬称略)


マニラ・日本領事館

フィリピン独立運動に揺れる時代
それ支持する日本人の志士や
からゆきさんたちが混乱する市井から避難 
この領事館に身を寄せている。

アメリカの介入など 
内乱は予断を許さず 
領事館まで 銃声が届き
命を落とすものもいる。

そんな中 昔 女衒を生業としていた
秋岡が領事館に 女たちとともに
逃げ込んでくる。
足を洗ったはずの彼だったが 
元の暮らしに戻ったと語る。
彼は独立運動に力を貸し
その基地となる瑞穂館を作ると夢を語る。
それでも日本人としての誇りを忘れない彼に
領事の高崎は尽力を惜しまない。

秋岡と相容れない 軍人の加賀
そして 領事館に身を寄せる
女たちの生き様を残酷に見せる。

とっつき難い芝居の部類に入りそう。

そして噛み砕く時間が必要だと思う。
なので 味わえるまでいかないけれど、
死と向き合ったままひたむきに
生きて行く姿には 哀しさがあふれていた。



関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可