現在の閲覧者数: 『紫陽花河原恋顛末』11.26ソワレ - hatti 元気の素 観劇 ミュージカル

hatti 元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。

TOP >  石川禅さん >  『紫陽花河原恋顛末』11.26ソワレ

『紫陽花河原恋顛末』11.26ソワレ

『アリス・イン・ワンダーランド』から
ワンダーランドから全く違う世界(笑)

シアター・クリーンで初日を迎えた
『紫陽花河原恋顛末』
あじさいがわらこいのてんまつ
記事のUPが遅れました。


出演

柳瀬大輔
治平・・・・・・・・・・・・・・今村洋一
小春・・・・・・・・・・・・・・上田亜希子
お三・・・・・・・・・・・・・・五十嵐可絵
米八・・・・・・・・・・・・・・田村耕一
久平次・・・・・・・・・・・・岡田基哉
あ光・・・・・・・・・・・・・・浜田えり子
吉兵衛・・・・・・・・・・・小川信太郎
お雪・・・・・・・・・・・・・上田郁代
徳兵衛・・・・・・・・・・・高畑岬

高田亜矢子 山田志保 原真礼
千葉ミハル  大部恭平 熊澤沙穂
鎌田淳一  星達也  (敬称略)


遊女小春と 治平の真実の恋を軸に
いい人ばかりの人情話?


あっ ひとり悪い人がいた!(爆)
放蕩息子で 人をだまし窮地に
陥れるという・・九平治(笑)

悪い役回りなんですが・・
この劇の中では
悪いというよりもどうしようもない奴です。
憎めない何かを感じさせてくれる。

治平は 小春との恋をあきらめ
恩ある育ての親の娘
お三との祝言を決める。

そんな折 
幼馴染の久平次に
治平に祝言の費用をだまし取られ、
祝言は破談になってしまう。

とお決まりの展開ですが、
ちょっとだけ物足りない感じが残ります。

占い師の登場が唐突な印象で
おふざけキャラ、
テンション高すぎて浮いて感じます。
あの役柄は微妙。(爆)
場内は笑い声が聞こえてきて
受けているようでしたが・・・。

心中を決意した二人と
リンクした心中もの 二人
芝居仕立てで登場しますが、
本筋から意識を分散させられたような
気がしてならない。

あと、ふと現実に戻されたのが
着物の着付け方、
おはしょりが浮いていたり
裾が乱れていたように見えました。

道行の時の 小春の衣装の裾が
乱れているなぁと見ていたら
褄を取り歩き始めて
初めて そうなのかと思う事もあり

衣装が その演目用に
オリジナルにデザインされてもので
和のテイストを感じさせるような
使われ方なら それはそのように
見せていただくのですが

歌舞伎のように 型の美しさも
同時に味わいたい欲張り派なので
目についてしまうと気になって仕方ない。(爆)
小春 お三 治平 長吉
米八 久平次 お光など
人物像はわかり易く熱演されていただけに
その辺は残念なところでした。




Read More







関連記事
Return

コメント






管理者にだけ表示を許可