現在の閲覧者数: 『100万回生きたねこ』8・21マチネ - その他 ミュージカル
fc2ブログ
プロフィール

hatti (はっち)

Author:hatti (はっち)
石川禅さん応援中!
劇団四季・東宝ミュージカル・・・時には宝塚
観劇大好きなhattiです 

記事に関係のないコメントは
削除させていただく場合が
御座います。ご了承ください。

石川禅さんのお仕事
石川禅さん
これからの予定

舞台******
ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年3月7日~29日
日生劇場
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月4日~14日
skyシアターMBS
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月19日~21日
愛知芸術劇場大ホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月26日~28日
久留米シティプラザ 
ザ・グランドホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月3日~4日(土)
熊本城ホール メインホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月11日~12日
高崎芸術劇場 大劇場
ニック役他

石丸幹二 
オーケストラコンサート2024
石丸幹二
東京フィルハーモニー交響楽団
2024年6月21日(金)
会場:東京芸術劇場 コンサートホール
ゲスト出演

********
Netflix
「モンキー・キング」
声の出演
“竜王"役 吹替=石川禅
2023年 8月19日より配信開始

Netflix
『氷がすべてを隔てても』
声の出演
アイナー役=石川禅 (3/2より配信開始)

Netflix
『サンドマン』
声の出演
第6話 吹替=石川禅

コンサート*******
★『石川禅 6th ソロ・コンサート』
2021年3月20日~21日
よみうり大手町ホール
※公演延期 ※

石川禅さんのプロフィール
FCについては
サイドバーのリンクから
ホリプロブッキング
エージェンシーへどうぞ
禅さんの舞台
石川禅さん次回は % 『COME FROM AWAY』
禅さん 出演公演
Blogランキング参加中です
見たよ 読んだよ ポチっとな!
よろしく お願いします。
2月の観劇予定

■『ハリーポッターと呪いの子』
■『夜は昼の母』
■『ジョジョの奇妙な冒険』
■『アラジン』
■『中村仲蔵』
■『インヘリタンス』前・後編
■『不思議の国のエロス』
■『テラヤマキャバレー』
■『月の岬』
■『骨と軽蔑』
■『ボディガード』
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 3031
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

『100万回生きたねこ』8・21マチネ

2013年公演からキャスト変更あり。

前回の今井朋彦さん・大貫さんはご出演なし
満島さんから 深田さんにバトンタッチ。


【キャスト】

ねこ                成河
女の子/白いねこ        深田恭子 

王さま/メスねこ         近藤芳正   
船のり/ぼう(泥棒)/メスねこ 田口浩正     
どろ(泥棒)/メスねこ     石井正則
老婆/王妃/メスねこ     銀粉蝶          
手品使い/沈没船の幽霊
/メスねこ            藤木孝

江戸川萬時  加賀谷一肇  鈴木竜
川合ロン  皆川まゆむ  清家悠圭
鈴木美奈子  山口真美  西山友貴


【バンド】
トウヤマタケオ 中村大史 権頭真由
BUN Imai      (敬称略)



ミュージカル
『100万回生きたねこ』
となっていますが、
歌も台詞もあまり多くありません。

構成はキャッツを思い出す。
あちらは詩集からですが
こちらは絵本

幾つかの寓話を舞台に乗せた
感じの作品で 
パフォーマンスというか
独特の動きが特徴かな?


成河さんねこ

前回の森山君もですが
人間 ここまで動けるんだね~と
あっけにとられるような状態 (笑)

女の子に飼われたり
王様に飼われたり
老婆に飼われたり 
でも100万回死んでも
飼い主を愛する事がなかった。
泣きもせず傲慢になったねこ

ある時 野良になったねこが
出会ったメスねこたち
100万回死んだというと
ちやほやされるが、
一匹のしろいねこだけ・・
彼女だけは 関心を示さない。

そんなねこが気になり
そっと言う
そばに行ってもいいかい?

けれど しろいネコは
死んでしまい・・
今まで誰の死にも悲しむことの
なかったねこが
大声をあげて泣き出す。

そして後を追うように 死んでしまい
もう生き返る事はなかった。

これらの話を とにかく特徴のある
動きで表現してゆく
初演を少し 思い出した(笑)

『キャッツ』は圧倒的なダンスと歌で
ストーリーはあまり気にせずに
押し切られる感じ(爆)だけど
 
こちらの作品は
ダンスも爆発するような
派手さはなくストーリーに
盛り上がりは少ないと思う

高い壁に椅子を止めて座る王様
天井から顔をだす
どろ と ぼう (笑)

兵隊さんだちの行進の
動きも変わってる。

個々のパフォーマンス能力の
高さで絵本のようなシーンを
再現してはくれるのですが 
本当に淡々と進むので
作品としても印象が薄いのが惜しい。

前回も なんか書いてますよ(笑)
何年後かに、この舞台を思い出せるだろうか

でも再演をみると
やはり蘇って来る部分がある。

『十二夜』の流れるような
シェクスピア台詞から 
『アドルフに告ぐ』の
難しい役ところ

こちらは殆ど ダンス・メイン
演じる幅が広いお方だ。


きっと 成河ねこは後になっても
思い出すだろうなと・・・。

関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

いらっしゃいませ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
71位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
俳優
4位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りBlog
Blog開設カウンター
ブログの更新率
月別アーカイブ