現在の閲覧者数: 『とりあえずお父さん』12・8マチネ - hatti元気の素 観劇 ミュージカル

hatti元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。

TOP >  その他 演劇 >  『とりあえずお父さん』12・8マチネ

『とりあえずお父さん』12・8マチネ

  @銀河劇場 

休憩無しの2時間
昨日もそうだったし・・・
最近このタイプの上演ものが
多い気がする。


出演
グレッグ   藤原竜也
ジニィ    本仮屋ユイカ
シーラ    浅野ゆう子
フィリップ  柄本 明
      (敬称略)


ベッドの中から
目覚ましに伸びる手(笑)
グレッグが起きて来る

どうやらジニィの部屋らしい。
ジニィはお出かけの用意。
何気ない二人の朝の様子から
始まる舞台。

残念な事に 台詞が
聞き取れない事が多かった。

会場からは けっこう 
笑いも起こるし
聞き取れないのって
自分だけなのかなぁ。

割と後方席だったこともあると
思うのだが、舞台進行も
動きから予想するように
なってしまうし
何よりコメディの
面白いところが伝わらない。
それ以前の話しで
ストーリーを追うのに
精一杯になっちゃう。

グレッグは彼女の
元彼の影が・・
とても気になる。
とても年の離れた彼だったらしい。

でも~~~時々しか
台詞が分からないので
舞台を追いかけているのに
疲れてきた。
途中から 意識がとんだ! (爆)


フェイリップとシーラ夫妻の
登場シーンになって 

柄本フェリップは感情を
大きく表す役
浅野シーラは反対に
落ち着いたイメージで
対照的で面白い

お互いに不貞を疑っている
夫婦の所に
グレッグが訪ねて来る

ジニィの両親と思い
結婚の許しを得るための
来訪だったが 
柄本フェリップは
妻シーラの浮気相手では
ないかと疑う

疑いの中 交わされる会話が
笑いを呼ぶらしいが・・
台詞が届き難いのは変わらずで
柄本フェイリップの動きやら
それをかるくやり過ごす
浅野シーラの会話で少し
笑えたくらい。

藤原グレッグも今までにない
役だったのでもっとしっかり
見たかったな。

カテコ スタンディングも
ちょっとだけど出た舞台。

もっと舞台に入り込めたら
違ったろうなぁと
残念な思いの残る舞台に
なってしまいました。
関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可