現在の閲覧者数: 祝『マリー・アントワネット』初日 - hatti元気の素 観劇 ミュージカル

hatti元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。

TOP >  石川禅さん >  祝『マリー・アントワネット』初日

祝『マリー・アントワネット』初日

2006年11月1日3:00 開演帝国劇場!
会場に詰め掛けた人々の熱い期待
塩タクター(塩ちゃん)の一振りと共に・・・

 開幕で~す♪

【キャスト】
マリー・アントワネット・・・・・・・・・涼風 真世
マルグリット・アルノー・・・・・・・・ 新妻 聖子
アニエス・デュシャン・・・・・・・・・・ 土居 裕子
アクセル・フェルセン・・・・・・・・・・ 井上 芳雄
ルイ16世・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・石川 禅
ボーマルシェ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 山路 和弘
オルレアン公・・・・・・・・・・・・・・・・・ 嶋 政宏
カリオストロ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 山口祐一郎
ロベスピエール・・・・・・・・・・・・・・・ 福井 貴一
ローズ・ベルタン・・・・・・・・・・・・・・春風ひとみ
ラパン夫人・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 北村 岳子
ランバル公爵夫人・・・・・・・・・・・・・・河合 篤子
ベメール/エベール・・・・・・・・・・・ 広田 勇二
ラ・フェルテ・・・・・・・・・・・・・・・・ tekkan
ギヨタン博士・・・・・・・・・・・・・・・ 佐山 陽規
ロアン大司教/レオナール・・・・ 林 アキラ

アンサンブルキャスト
安部 誠司   家塚 敦子
池田 紳一   石田 佳名子
小原 和彦   碓氷 マキ
KENTARO   樺島 麻美
小西 のりゆき 史桜
齊藤 裕加   鈴木 結加里
島田 邦人   高島 みほ
杉山 有大   鳥居 ひとみ
砂川 直人   中川 菜緒子
武内 耕   中村 友里子
俵 和也   Belle
照井 裕隆   水谷 祐紀
中山 昇   やまぐち あきこ
松澤 重雄    
横沢 健司   (50音順)
東宝HPの紹介のとおり(笑)

物語は、原作からの切り貼り(爆)
・・・のような感ありです
3時間10分(休憩25分)にまとめるのでは、やむを得ないか。

何を中心に描きたいかが 
中途半端な気がしました
軸が揺れていると言うか、芯が一本欲しいです
じゃあ 何処をどうすればいいのかと
言われると答えに窮しますが(笑)
我満な観客の独り言です(爆)

自分の勝手なイメージで、
豪華な宮廷シーンなど思い描いていた所為で
すこし拍子抜けしました
セットは、いたってシンプル。
抽象的な使い方をされている部分も
あるし、シリアス・リアルな作品
とばかりは言えないかも・・・
でも、総合的には 好きです



ここからは ネタばれご容赦!
Read More

祐さま
客席下り…で、躍らせないで~(笑)
変にコミカル系を混ぜなくてもいいと
思うのにね

マリーとフェルセンとの愛が描かれていますが
その結果の逃亡劇はかなり省略ですね(笑)
王家の逃亡のシーン
ちっさい馬車だけ、盆でまわして
省略しすぎ(笑)
あの出来事で 絵になる場面が出来ると
思うのに、あっけないですよ~

狂言回し的な役は ポーマルシェなのですが
時々 祐さまが絡みますね
どっちやねん(笑)
どっちか一人に決めなくちゃ
いけないって事は無いのですが
祐さまの登場が、これも中途半端(笑)

まだまだ 突っ込みどころ一杯ありますよ(笑)
でも、全体的には 好きな作品に入りますね
~リピートが辛い~なんて言わずに済みそうです


祐さまカリオストロ
カリオストロの両の手から 物語が紡ぎ出される・・
あちこち ちょこちょこ登場します 
それも怪しい動きで(笑)
初日とあって 力が入ってるのか
声に余裕が感じられない感じ
曲となじんでないのかも知れません

涼風マリー
革命後の変身が、哀れを誘いますが、
マリー もっと強くても良いのでは?
マルグリットにおされ気味ですよ~
ドレス チラシで着用のドレス以外は
宝石キラキラは無さそうですね(笑)
井上フェルセン・禅ルイ16世の方が
豪華かもね…‥アレッ(笑)

新妻マルグリ
力強い女の子でした
もう~強すぎるくらい(笑)
マリーへの妬みやラパン夫人の恨みを
膨らませてゆき、アニエスの言葉にも
耳を貸さずに 革命の先頭に立つ!
けれど その結果に戸惑い・・・
マリーアントワネットを見ながら
迷いが出てくるのですね

禅ルイ16世
ほんわか禅さん 周りの空気があったかい?
だた、不器用に マリーを愛している
ただ、成すすべもなく、時代に飲み込まれてゆく
子を失いながらも、国王として最後まで生きたと
思うのですが、その部分をうかがわせるのは
幽閉されながらの 子どもたちとの
わずかな触れあいしか舞台では見ることが
出来ません

禅ルイ16世の艶々声に聞き惚れるシーンも
あって嬉しいです


井上フェルセン
カッコ良すぎ!
いいとこ全部持っていっちゃうかな(笑)
完全なる騎士キャラで~す
伸び伸びとした歌声も、もちろん素敵です


山路ポーマルシェ
フットワーク軽いです
歌もじっくり聞かせるのでは、なくて・・・
でも自然にセリフとして入って来ます
テンション高~い!


土井アニエス・山路ポーマルシェ・高島オルレアン
福井ロスピエール・佐山ギヨタン・ラパン夫人

キャストさん 実力派揃い
歌に不安の方もなし(笑)

東宝さんの動画で聞かせてもらった歌も
やはり舞台の上での方が断然良いですね

世界初演の初日のカテコ
2回のカテコの後 クンツェ・リーヴァイさん
お二方が客席で紹介され 大拍手!
舞台上に呼ばれます。
演出の栗山民也さん略してくりみん?(笑)

挨拶は、涼風マリーから……
この時 衣装は最後のギロチンに
かかるシーンの衣装でしたが、
再度のアンコールの拍手
なかなか出てこないなぁ(笑)
しっかりドレスに着替えて登場!

祐さまってば、涼風マリーの通り路
黒いマントでお掃除? 風をおこして
綺麗に払ってる~(笑)
捌ける時は 井上フェルセンのエスコート!
禅ちゃん 微妙な リアクション
僕がだんなさん・・みたいな(笑)

そして場内が明るくなり 送り出しの
音楽も・・・・みんな帰らず
聞いてるんだ~~(笑)

場内アナウンス・・
 (本日はご来場有難う・・・
 拍手やまず

場内アナウンス ボリウム上がる
 (本日は・・・・・
拍手やまず もっとボリウム上がる

この辺だったか 紗幕が下がりました~

さらに場内アナウンス
 
(本日は・ さらにボリウム上がる

 拍手やまず(笑)


根負けして もう一度だけキャストさん
出てきてくれました。

笑顔のオンパレード!

ここで もう一度

  祝! 開幕
関連記事
Return
* by tiro
おぉ!
行かれたのですね~
やっぱり初日は大盛り上がりだったのですね。

ストーリー的には、ちょっと大ざっぱ。。。
という感想が多いみたいですね。
あとは好みの問題なのですか?
my初日まで少し時間があるので、チケの買い足しが悩みどころですね(笑)

* by sugar
禅さんよかったですね!!!!    
今回はメイクもv-218☆だし(登場シーンのチークが濃すぎで
一瞬笑いそうになっちゃうけど、あれは作戦?)、あの
邪気のない表情、「ピュアなまなざし(by 治田さん)」の
一々がとてもハマってました。
子供絡みのシーンも表情がよかったですね~。
私も禅さんにお姫さまだっこされたい・・・と密かに
思ってしまった私はイタすぎでしょうか(爆)。

暗く重い話の中で、禅さんだけが和みと救いでしたよ、、、
だからもうちょっと出して下さい!!! 今からでもいいから!
(あ~言っちゃった☆)。


パンフの写真は最高です!あのルイとも思えない
誘う眼差しに帝劇ロビーで腰砕けになりました(笑)。
勢いで携帯の待受にしてみましたが、それはちょっと
微妙でした(爆)。

* by hatti
> tiro さま
一応 カテコは盛り上がった(笑)
それぞれのソロシーンでも大きい拍手が来る
ウルッと来る部分もありますが、
原作を読んでいたのと、
松竹版『マリー・アントワネット』を
見ていた事から、プチショック(笑)
自分的に大事・・と思っていたシーンが
描かれてない!と思ったのですよ
禅さんも思ったほど登場しないので、
寂しいです
これは 単なる わがままデスね(笑)

> Sugerさま
禅さん 1幕では コミカルに
し過ぎじゃないですか?演出家の指示かなぁ(笑)
2幕の幽閉シーン 子どもとの絡みは良いですね~
鍛冶屋に・・のソロも本領発揮だし・・・
ギロチンにかかるのなんて見たくは無いですが
マリーのセリフだけで、片付けられるのも寂しい!
マリーと夫婦としての結びつきがこの幽閉時期に
深められたはずなのにあっさり
いつの間に処刑されたの?
ほんとにもっと出番増やして!(笑)

 ̄m ̄ ふふ * by くまのすけ
禅ルイ陛下、やたらコミカルでしたね~
ほっぺ真っ赤だし(笑)

でも、予想以上に出番が少なくて、不完全燃焼ですよ~
「もしも鍛冶屋なら」がイイだけに、もったいな~い!

* by hatti
> くまのすけ 様
禅ルイ陛下、可愛いですけど、
カリオストロと同じく 笑い担当?
って それはないですよね(笑)
Vやミーマイで好評だった客席下り
マネしてるとか・・・・(爆)
この舞台には合わないような気がします
各キャストの持ち味をもっと生かして☆
土井さんだってご本人は、印象的なのに
役の上では影が薄~い
あら~ こんなとこで毒吐いちゃった(笑)
同じく不完全燃焼です
エリザより出番多いって言ってたのに
あまり変わらないかもですね。

コメント






管理者にだけ表示を許可

おぉ!
行かれたのですね~
やっぱり初日は大盛り上がりだったのですね。

ストーリー的には、ちょっと大ざっぱ。。。
という感想が多いみたいですね。
あとは好みの問題なのですか?
my初日まで少し時間があるので、チケの買い足しが悩みどころですね(笑)
2006-11-01 * tiro [ 編集 ]

禅さんよかったですね!!!!    
今回はメイクもv-218☆だし(登場シーンのチークが濃すぎで
一瞬笑いそうになっちゃうけど、あれは作戦?)、あの
邪気のない表情、「ピュアなまなざし(by 治田さん)」の
一々がとてもハマってました。
子供絡みのシーンも表情がよかったですね~。
私も禅さんにお姫さまだっこされたい・・・と密かに
思ってしまった私はイタすぎでしょうか(爆)。

暗く重い話の中で、禅さんだけが和みと救いでしたよ、、、
だからもうちょっと出して下さい!!! 今からでもいいから!
(あ~言っちゃった☆)。


パンフの写真は最高です!あのルイとも思えない
誘う眼差しに帝劇ロビーで腰砕けになりました(笑)。
勢いで携帯の待受にしてみましたが、それはちょっと
微妙でした(爆)。
2006-11-02 * sugar [ 編集 ]

> tiro さま
一応 カテコは盛り上がった(笑)
それぞれのソロシーンでも大きい拍手が来る
ウルッと来る部分もありますが、
原作を読んでいたのと、
松竹版『マリー・アントワネット』を
見ていた事から、プチショック(笑)
自分的に大事・・と思っていたシーンが
描かれてない!と思ったのですよ
禅さんも思ったほど登場しないので、
寂しいです
これは 単なる わがままデスね(笑)

> Sugerさま
禅さん 1幕では コミカルに
し過ぎじゃないですか?演出家の指示かなぁ(笑)
2幕の幽閉シーン 子どもとの絡みは良いですね~
鍛冶屋に・・のソロも本領発揮だし・・・
ギロチンにかかるのなんて見たくは無いですが
マリーのセリフだけで、片付けられるのも寂しい!
マリーと夫婦としての結びつきがこの幽閉時期に
深められたはずなのにあっさり
いつの間に処刑されたの?
ほんとにもっと出番増やして!(笑)
2006-11-02 * hatti [ 編集 ]

 ̄m ̄ ふふ

禅ルイ陛下、やたらコミカルでしたね~
ほっぺ真っ赤だし(笑)

でも、予想以上に出番が少なくて、不完全燃焼ですよ~
「もしも鍛冶屋なら」がイイだけに、もったいな~い!
2006-11-04 * くまのすけ [ 編集 ]

> くまのすけ 様
禅ルイ陛下、可愛いですけど、
カリオストロと同じく 笑い担当?
って それはないですよね(笑)
Vやミーマイで好評だった客席下り
マネしてるとか・・・・(爆)
この舞台には合わないような気がします
各キャストの持ち味をもっと生かして☆
土井さんだってご本人は、印象的なのに
役の上では影が薄~い
あら~ こんなとこで毒吐いちゃった(笑)
同じく不完全燃焼です
エリザより出番多いって言ってたのに
あまり変わらないかもですね。
2006-11-04 * hatti [ 編集 ]