現在の閲覧者数: 『マリー・アントワネット』11・12マチネ - hatti 元気の素 観劇 ミュージカル

hatti 元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。

TOP >  石川禅さん >  『マリー・アントワネット』11・12マチネ

『マリー・アントワネット』11・12マチネ

友人の都合に合わせてチケ取ったら
レンチャン観劇になった~(汗)
本音は、禅さん見られるからOK(笑)

いちおう 今日のキャストご紹介
ma1112

さて5回目だし,禅さんバージョン
そろそろ行こうかぁ~(笑)

禅ルイ16世登場シーンを順番に・・・・

朝の挨拶シーン
落ち着きがない、ちょこまかとした登場
いかにも自信がなさそう(笑)
涼風マリーに お話があると言われると
ビビッてますね
無理難題を言われるのが、わかってるのね
~私が何かしたのか~と聞くのには
つい笑ってしまいます
靴を履き替えに行くのにほっとしたように
捌けてゆく~

ギロチンの発明

新しい発明に、嬉々としている
子どものような面も感じるけど
マリーとのギロチンの両側に立つシーン
表情が対照的だ

首飾り事件
貴族たちへの挨拶が、微笑ましい・・と
しておきましょう(笑)
邪気のない笑顔だ~
客席みながら、驚いたふうで 
いっぱい・・は定番だね(笑)
マルグリットにマリーが非難された時、
~逮捕しろー~のセリフ、
ルイ16世にしては語気荒いです
マリーの為ならルイはこういう
一面も見せるのでしょうか?

皇太子の死
国の行末 息子の病に 
先が短いと歌う姿、優しすぎますね
王妃の嘆きに、共に嘆く余裕すら
与えられずに、吐き出す一言が
~人の子の親はいないのか~~~

女たちの暴動・・
涼風マリーのおびえる様子に
かける一言 ~大丈夫だよ~
包み込むように優しい
子どもたちと逃げるようにいい
自分は残ると告げる時は
懸命に自分と戦っているようです
パリに護送されると・・舞台奥に
はけるシーン 照明が落ちた中でも
しっかり子どもたちをかばって
抱きかかえています

国王一家の逃亡
今一歩のところで 逃亡に失敗
収監されるシーン
1幕のふがいなさが嘘のよう(笑)
フランス国王だ!
鬘の髪は乱れていても
凛とした感じの国王です

捕らわれの国王一家
収監された家族とのひと時
玩具をつくり子どもに与える
~鍛冶屋になりたい~
家族への愛が見えるこの歌は
禅さんの優しい歌声で
より響いて来るみたい
娘をだきかかえ 添い寝する父
本当に生きる時代を間違えたのですね

禅ルイ16世 このあと
ギロチンにかかり処刑されたと
語られるのみ・・・・
お芝居の要素が、とても濃い役
凡庸でも、優しくて人間らしい・・
禅さんの作り出す ルイ16世
舞台の上で 生きています

ところで この舞台 終演後のカテコが
すこし変わっています
何が変わっているかと言うと
えっとキャストの紹介順序がです(笑)

ボーマルシェ・が、自ら挨拶をして
ラパン夫人・春風ローズ・・・ロアン司教など
そして禅ルイ16世・土井アニエスだったかな
間にアンサンブルさんが入ります
高島オルレアン・井上フェルゼン
マルグリッド 涼風マリー・・・
そして最後に カリオストロ
こんな順番だったっけ?

これには、何故か違和感
舞台のタイトルロール・マリーが
トリでは 無いのです
マルグリットでもない
この舞台『M・A』だよね(笑)

でもその後の並びでは
涼風マリーを真ん中に両隣り
禅ルイとマルグリット
その横に 井上フェルセン・高島オルレアン
土井アニエス ボーマルシェはどこだっけ(笑)
カリオストロは、 上手端の方に移動します

この並びが舞台のプリンの役並びのようだから
あの変則カテコわかってやってるの?
カテコ自体は、大きな拍手の嵐!
送り出し音楽に席を立ち始める方々も
ちらほら見られる中 大多数は待機。
音楽の終了と共にまた拍手

半数くらいのスタンディング・・
再度のカテコまでありました~♪
関連記事
* by sugar
こんばんは~。私も今日行ってきました♪
平日マチネということで帝劇前に観光バスが連なってて
先行きがやや懸念されましたが(笑)、終演後の雰囲気
はhattiさんが感じられたのと同じ?少なくとも先週とは
空気の温度が少し違う感じでした。先週は寒かった(笑)。
こうやって何とかこの氷河期を乗り切って、いい作品
になってほしい(祈)。

禅さんは何か熱演でしたよ。いつにもまして。
hattiさんが観られた日と違って、王妃さまは今日は悪ふざけ
の度合いが少々強うございまして(笑)、禅さんもやや
それに引きずられ気味?ちょっとオーバーリアクションで
「チャンチャン♪」という効果音がついちゃいそうなシーン
になってしまい、ちょっと微妙(笑)。
バルコニーではv-406状態(禅さんが、ですよ)でした。
禅さんに泣かれると弱いんだよなぁ(笑)。よって
こちらもv-406
収監シーンはのっけから御髪が大荒れの「き、教授!?」
状態で、禅さん一世一代のナンバーがちょっと集中力を
削がれましたが(笑)、それでもそれでも (>_<)
王妃がラブレターを託すシーン、王女に添い寝する
陛下の表情がわずかに動くのですね。察している?
そんな悲しげな優しい表情。歌が終わっても、禅さん
は目が離せないですね(笑)。

涼風さんは観る度ごとに二幕最後が凄絶になってる
感じがします。二幕は禅さんと芳雄くん、涼風さんに
ぐんぐん引き込まれてしまいます。
♪あの病気の~特徴が現れはじめてる~、自分(汗)。

* by hatti
> Suger さま
え~ 王妃さま 悪ふざけ復活ですか?
二人のリアクションオーバー気味では
ありましたが、ふざけ度はダウンしてたと
思ったのに・・・・・
涼風マリーお客さまの反応を模索中でしょうか

2幕の悲嘆ぶりは初日の比ではなく
入り込んでますよね
皇太子の死では共に演じる禅ルイ陛下にも
影響が出ない筈はなくもう涙が・・・

その禅ルイ陛下
大女のオルレアンにパリに護送・・・のシーンでも
照明の落ちた中で 子ども達をしっかり
抱きかかえて去って行きます
いつもの事だけど丁寧に演じているなぁと・・・

>禅さんは目が離せないですね 
ここは全く同じなのですが、
上手観劇が多く 禅ルイ陛下の添い寝シーン
表情が見えませ~ん
次回のチェック・ポイント教えてもらっちゃった(笑)
オペラ・ロック オンで見てまいります♪

1回だけですが… * by midori
初日あけて間もないタイミングで観劇してきました。
hattiさんのアップを時系列で読んでいくと、舞台が変わっていく様子が見えてきます!
ついe+割引に惹かれて早々に観ちゃったのですが…。
もうちょっとこなれた時期にすればよかったとチョッピリ後悔しています。
(><)
でも、禅さんはチャーミングでした♪
(^^)v
感想をアップしたのでトラバさせていただきます。

* by tiro
山口さんのファンだけれど、カテコの順番については????
と、いっぱい言いたいことがありです!(笑)
あれって、お互いつらくないのですかねぇ(^^ゞ

hattiさんの禅さんレポ読んでいて、そうそう!と頷いてしまうところが多かったです。
2幕目の、家族を守るように立っている姿がとても好きです☆

* by hatti
> midori さま
e-puls公演ですか?
キャストさんの挨拶もあったらしいですね
割引は素晴らしい(笑)
クレジット系貸切り公演もコレがとても
魅力です(笑)
これから進化してくれる舞台と信じて
期待しています。特に禅ルイ陛下に!(笑)
TB有難うございま~す♪
上手く飛んで来てくれないようです(泣)
残念で~す。

> tiro さま
ついに禅さんバージョン登場してしまいました~
席の場所や、舞台進行のタイミングで
見落としなど どうしても出て来るし~
あまり禅ルイ陛下ばかり見ていると
舞台全体が見えなくなるので、
細かい演技など、順次詰めて行く予定・・・
次回も禅さんバージョン 登場するかも(笑)
カテコは、違和感を感じたので、
触れてみましたが、
皆さんは、どう思われているか
お聞きしてみたいですね。

トラバむずかしいですね… * by midori
hattiさん>
拙ブログへのコメント、ありがとうございました!
コチラからのトラバも2回トライしたのですが、やっぱり上手くいきません。
(TT)
URLに記事のアドレスを入力しました。
MAの舞台は、この後の進化とhattiさんの感想アップを楽しみにしています♪
(*^^*)

コメント






管理者にだけ表示を許可

こんばんは~。私も今日行ってきました♪
平日マチネということで帝劇前に観光バスが連なってて
先行きがやや懸念されましたが(笑)、終演後の雰囲気
はhattiさんが感じられたのと同じ?少なくとも先週とは
空気の温度が少し違う感じでした。先週は寒かった(笑)。
こうやって何とかこの氷河期を乗り切って、いい作品
になってほしい(祈)。

禅さんは何か熱演でしたよ。いつにもまして。
hattiさんが観られた日と違って、王妃さまは今日は悪ふざけ
の度合いが少々強うございまして(笑)、禅さんもやや
それに引きずられ気味?ちょっとオーバーリアクションで
「チャンチャン♪」という効果音がついちゃいそうなシーン
になってしまい、ちょっと微妙(笑)。
バルコニーではv-406状態(禅さんが、ですよ)でした。
禅さんに泣かれると弱いんだよなぁ(笑)。よって
こちらもv-406
収監シーンはのっけから御髪が大荒れの「き、教授!?」
状態で、禅さん一世一代のナンバーがちょっと集中力を
削がれましたが(笑)、それでもそれでも (>_<)
王妃がラブレターを託すシーン、王女に添い寝する
陛下の表情がわずかに動くのですね。察している?
そんな悲しげな優しい表情。歌が終わっても、禅さん
は目が離せないですね(笑)。

涼風さんは観る度ごとに二幕最後が凄絶になってる
感じがします。二幕は禅さんと芳雄くん、涼風さんに
ぐんぐん引き込まれてしまいます。
♪あの病気の~特徴が現れはじめてる~、自分(汗)。
2006-11-14 * sugar [ 編集 ]

> Suger さま
え~ 王妃さま 悪ふざけ復活ですか?
二人のリアクションオーバー気味では
ありましたが、ふざけ度はダウンしてたと
思ったのに・・・・・
涼風マリーお客さまの反応を模索中でしょうか

2幕の悲嘆ぶりは初日の比ではなく
入り込んでますよね
皇太子の死では共に演じる禅ルイ陛下にも
影響が出ない筈はなくもう涙が・・・

その禅ルイ陛下
大女のオルレアンにパリに護送・・・のシーンでも
照明の落ちた中で 子ども達をしっかり
抱きかかえて去って行きます
いつもの事だけど丁寧に演じているなぁと・・・

>禅さんは目が離せないですね 
ここは全く同じなのですが、
上手観劇が多く 禅ルイ陛下の添い寝シーン
表情が見えませ~ん
次回のチェック・ポイント教えてもらっちゃった(笑)
オペラ・ロック オンで見てまいります♪
2006-11-14 * hatti [ 編集 ]

1回だけですが…

初日あけて間もないタイミングで観劇してきました。
hattiさんのアップを時系列で読んでいくと、舞台が変わっていく様子が見えてきます!
ついe+割引に惹かれて早々に観ちゃったのですが…。
もうちょっとこなれた時期にすればよかったとチョッピリ後悔しています。
(><)
でも、禅さんはチャーミングでした♪
(^^)v
感想をアップしたのでトラバさせていただきます。
2006-11-15 * midori [ 編集 ]

山口さんのファンだけれど、カテコの順番については????
と、いっぱい言いたいことがありです!(笑)
あれって、お互いつらくないのですかねぇ(^^ゞ

hattiさんの禅さんレポ読んでいて、そうそう!と頷いてしまうところが多かったです。
2幕目の、家族を守るように立っている姿がとても好きです☆
2006-11-15 * tiro [ 編集 ]

> midori さま
e-puls公演ですか?
キャストさんの挨拶もあったらしいですね
割引は素晴らしい(笑)
クレジット系貸切り公演もコレがとても
魅力です(笑)
これから進化してくれる舞台と信じて
期待しています。特に禅ルイ陛下に!(笑)
TB有難うございま~す♪
上手く飛んで来てくれないようです(泣)
残念で~す。

> tiro さま
ついに禅さんバージョン登場してしまいました~
席の場所や、舞台進行のタイミングで
見落としなど どうしても出て来るし~
あまり禅ルイ陛下ばかり見ていると
舞台全体が見えなくなるので、
細かい演技など、順次詰めて行く予定・・・
次回も禅さんバージョン 登場するかも(笑)
カテコは、違和感を感じたので、
触れてみましたが、
皆さんは、どう思われているか
お聞きしてみたいですね。
2006-11-15 * hatti [ 編集 ]

トラバむずかしいですね…

hattiさん>
拙ブログへのコメント、ありがとうございました!
コチラからのトラバも2回トライしたのですが、やっぱり上手くいきません。
(TT)
URLに記事のアドレスを入力しました。
MAの舞台は、この後の進化とhattiさんの感想アップを楽しみにしています♪
(*^^*)
2006-11-16 * midori [ 編集 ]